バイク

モノの名前

ドリームCB250とは

ドリームCB250の特徴 ドリームCB250は、1976年から1983年まで販売されたホンダのオートバイです。軽量で扱いやすい車体、シングルシリンダーのエンジン、高い燃費性能が特徴で、初心者からベテランまで幅広く人気を集めました。 ドリームCB250の最大のの特徴は、その軽量な車体です。乾燥重量わずか119kgは、250ccクラスのオートバイとしては非常に軽量で、取り回しや走行性に優れたモデルとなっています。また、シングルシリンダーのエンジンは、力強いトルクと高い燃費性能を両立しており、街乗りからツーリングまで幅広いシーンで活躍します。 ドリームCB250のもう一つの特徴は、その高い燃費性能です。市街地走行で約25km/L、ツーリング走行で約30km/Lの燃費を実現しており、250ccクラスのオートバイとしては非常に優秀な数値となっています。また、燃料タンクは12Lと大容量のため、長距離走行にも最適です。 ドリームCB250は、その軽量な車体、シングルシリンダーのエンジン、高い燃費性能など、様々な特徴を兼ね備えたモデルです。初心者からベテランまで幅広く人気を集めたのも納得のオートバイです。
モノの名前

「FZ1」の魅力と特徴

「FZ1」のスペック 「FZ1」は、排気量998ccの直列4気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイクである。最高出力は150ps、最大トルクは106Nmを発生し、最高速度は240km/h以上とスペックは十分である。また、乾燥重量は196kgと軽量で、取り回しも容易だ。足回りには、フロントに倒立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用し、制動系にはフロントにダブルディスクブレーキ、リアにシングルディスクブレーキを採用している。 「FZ1」は、ネイキッドスポーツバイクとしてのバランスの良さが特徴だ。エンジンは低回転から高回転までスムーズに吹け上がり、トルクも十分にあるため、街乗りからツーリングまで幅広く活躍できる。足回りも適度に硬く、ワインディングロードでも楽しめる。また、ライディングポジションもアップライトで、疲れにくい設計となっている。 「FZ1」は、ネイキッドスポーツバイクとしての完成度の高いモデルである。バランスの良さに加え、スペックも十分であるため、幅広いライダーにオススメできる1台だ。
モノの名前

FTR:オフロードの面白さをもっと気軽に

FTRとはどんなバイク? FTRは、フラットトラックレースをイメージしたデザインのストリートバイクです。フラットトラックレースとは、ダートトラックを周回するレースで、アメリカでは人気の高いモータースポーツです。FTRはそのフラットトラックレースをイメージしたデザインとなっており、アップライトなライディングポジションとロングストロークのサスペンションを備えています。エンジンは、水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載しており、最高出力75PSを発揮します。トランスミッションは、6速リターン式です。車重は193kgで、シート高は810mmです。 FTRの特徴は、そのオフロード性能の高さです。ロングストロークのサスペンションと大径のブロックタイヤにより、悪路での走破性が高いです。また、アップライトなライディングポジションとワイドなハンドルバーにより、オフロードでのライディングがしやすいです。オンロードでの走行性能も高く、街乗りからワインディングロードまで、幅広く楽しむことができます。
モノの名前

「ストリートバイカーズ」の軌跡と魅力

オートバイのカルチャー誌「ストリートバイカーズ」は、1980年代に創刊され、約20年にわたって発行されました。その内容は、オートバイ本体、オートバイ競技、ライディングテクニックなど、オートバイに関する幅広い情報で構成されており、オートバイ愛好家から高い支持を得ていました。 「ストリートバイカーズ」の最大の魅力は、その記事内容にあります。同誌は、オートバイの魅力や楽しみ方を余すところなく伝えており、読者は同誌を読むことで、オートバイへの理解を深めることができました。また、同誌は、オートバイの最新情報にも詳しく、読者は同誌を読むことで、オートバイ業界の動向を知ることができました。 「ストリートバイカーズ」は、オートバイ愛好家にとってはなくてはならない雑誌であり、同誌の廃刊は、オートバイ業界にとって大きな損失となりました。しかし、同誌の精神は、現在でも多くのオートバイ雑誌に受け継がれており、同誌は、オートバイカルチャーの歴史において、重要な役割を果たしています。
モノの名前

ドリームCL450の歴史と魅力

誕生の背景と製造の経緯 ドリームCL450が誕生した背景には、当時のオートバイ市場におけるトレンドの変化があります。1960年代後半、それまで主流であったオンロードバイクに加えて、オフロードバイクやスクランブラーなどの新しいカテゴリーのバイクが登場し人気を博していました。この流れを受け、ホンダもオフロードバイク市場への参入を検討し、1968年にドリームCL450を開発・発売しました。 ドリームCL450の製造は、ホンダの熊本工場で行われました。この工場は、1964年に操業を開始したホンダ初の海外工場であり、ドリームCL450の生産以外にもさまざまなオートバイの製造を担当していました。ドリームCL450の生産は、1974年まで続けられ、この間に約10万台が製造されました。
モノの名前

不朽の名車「XS-1」の魅力を徹底解剖!

不朽の名車「XS-1」の魅力を徹底解剖! -XS-1の誕生と背景- 1970年代初頭、日本のオートバイ業界は空前のバイクブームに沸いていました。そんな中、ヤマハ発動機は、それまで培ってきた技術を結集し、新たなフラッグシップモデルの開発に乗り出しました。それが、XS-1です。 XS-1は、1976年に発売されました。同社のフラッグシップモデルとして、当時としては最高クラスの性能と豪華な装備を誇っていました。エンジンは、新開発の981cc空冷4ストローク4気筒エンジンを搭載。最高出力は95馬力、最大トルクは8.4kgmを発揮しました。また、足回りには、フロントにテレスコピックフォーク、リアにスイングアームを採用。ブレーキは、フロントにダブルディスクブレーキ、リアにドラムブレーキを採用し、優れた制動力を実現しました。 XS-1は、発売当初から爆発的な人気を博しました。その理由は、その優れた性能と豪華な装備に加え、なによりもそのスタイリッシュなデザインにありました。XS-1は、流れるようなボディラインと美しい塗装が特徴で、まさにヤマハが誇る不朽の名車と呼ぶにふさわしいオートバイでした。
モノの名前

「ER-4n」を徹底解説!

-「ER-4n」の特徴は何?- 「ER-4n」は、カスタムメイドのバランスド・アーマチュア・ドライバーを4基搭載した、ハイエンドなインイヤーモニターです。ドライバーは、高音域、中音域、低音域の3つの帯域に分かれており、それぞれが独立して動作します。これにより、非常に正確でニュートラルなサウンドを実現しています。 「ER-4n」のもう一つの特徴は、リケーブルが可能であることです。つまり、お気に入りのケーブルに交換することができるのです。これは、壊れた場合や、単に違うケーブルを試したい場合に便利です。 「ER-4n」は、非常に優れたインイヤーモニターですが、価格もそれなりです。しかし、その価格に見合った価値があることは間違いありません。音楽を純粋に楽しむために、最高の音質を追求したい方に最適な製品です。
モノの名前

YB50のすべて

YB50とは、ヤマハ発動機が1956年5月に発売したオートバイである。排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は3.2馬力。車体はプレスフレームを採用し、前輪はテレスコピック式、後輪はスイングアーム式のサスペンションを備える。トランスミッションは3速リターン式で、クラッチはハンドクラッチである。YB50は、発売当時としては高性能なオートバイであり、手軽さと乗りやすさで人気を博した。また、YB50は、日本初の量産オートバイである「YA-1」をベースにしており、YA-1の技術を継承している。YB50は、1962年まで生産され、総生産台数は約10万台に達した。YB50は、日本のオートバイ産業の発展に貢献したオートバイであり、現在でも多くのオートバイファンに愛されている。
モノの名前

夢のバイク「CBX125F」の魅力を徹底解説!

CBX125Fとは、1981年にホンダから発売された、125ccのロードスポーツバイクです。そのスタイリッシュなデザインと卓越した性能で、瞬く間に人気を集め、大ヒットを記録しました。CBX125Fの魅力の一つは、その流麗なデザインです。当時最先端の技術を駆使して開発された、角張ったヘッドライトと流れるようなカウルは、バイクの躍動感を表現しています。また、エンジンは空冷式ながら、最高出力16馬力を発揮し、トップスピードは120km/hを超えるという、当時の125ccクラスではトップレベルのパフォーマンスを誇っていました。さらに、操作性の良さと乗り心地の良さも相まって、CBX125Fは多くのライダーから愛される一台となりました。
モノの名前

デスペラード400の魅力を徹底解説!

デスペラード400とは? デスペラード400は、2019年に株式会社デイトナが発売したロードスポーツタイプのオートバイです。空冷・4ストローク・単気筒エンジンを搭載し、最高出力39psを発揮します。車重は146kgで、乾燥重量は139kgです。シート高は785mmで、ホイールベースは1400mmです。 デスペラード400の特徴は、そのスタイリッシュな外観と、力強いエンジンです。外観は、アメリカンスタイルをベースに、スポーティな要素を取り入れたデザインとなっています。エンジンは、低回転域からトルクフルなパワーを発揮し、高速域までスムーズに吹け上がります。 デスペラード400は、街乗りの通勤・通学から、週末のツーリングまで、幅広く楽しむことができるオートバイです。また、カスタムベースとしても人気が高く、自分好みのスタイルにカスタマイズすることができます。
モノの名前

トランザルプ400Vのすべて

-トランザルプ400Vの歴史- ホンダ・トランザルプ400Vは、1987年から2000年まで生産されたデュアルパーパスタイプのオートバイです。 このバイクは、当初はオフロード性能を重視したアドベンチャーツアラーとして販売されましたが、その後、よりオンロード性能を重視したモデルへと進化していきました。 トランザルプ400Vは、その優れた走行性能と信頼性から、多くのライダーに愛され、販売台数も好調に推移しました。 しかし、2000年に生産が終了し、後継車種であるトランザルプ650Vが発売されました。 トランザルプ400Vは、現在でも中古車で多くのライダーに人気のあるモデルです。 このバイクは、その優れた走行性能と信頼性から、今でも多くのライダーに愛され続けています。
モノの名前

ミスターバイクBG、中古二輪車情報が充実したオートバイ雑誌

月刊ミスターバイクBGは、二輪車雑誌の老舗である。1979年に創刊され、40年以上の実績を誇る。中古二輪車情報を中心に、新車情報やカスタム、ツーリングなど二輪車のあらゆる情報を網羅しているのが特徴だ。 ミスターバイクBG編集部には、長年二輪車業界に携わってきたベテランライターが揃っている。また、二輪車業界の最新事情に精通したフリーライターとの協力関係も幅広く、常にフレッシュな情報を発信している。 二輪車情報は、多くのユーザーにとって重要な情報だ。中古車の購入を考えている人にとっては、車種の選び方や相場を知る上で役立つ。新車を検討している人にとっては、各車種の比較検討を行う際に参考になる。また、ツーリングスポットの紹介やカスタムのアイデアなど、二輪車の楽しみ方を広げる情報も豊富に取り揃えている。 ミスターバイクBGは、二輪車ファンにとって欠かせない情報源だ。二輪車の購入やツーリングの計画を立てる際には、ぜひ参考にしてほしい。
モノの名前

「RVF」のすべて

RVFの歴史 RVFの歴史は、1980年代半ばにさかのぼります。当時は、2ストロークエンジンのバイクが主流で、4ストロークエンジンのバイクはマイナーな存在でした。しかし、ホンダは4ストロークエンジンのバイクの開発に力を入れており、その成果として1987年にRVF400を発売しました。RVF400は、4ストロークエンジンでありながら、2ストロークエンジンに匹敵するパワーとスピードを備えていました。また、そのスタイリッシュなデザインも人気を博し、大ヒットモデルとなりました。 RVF400の成功を受けて、ホンダは1990年にRVF750を発売しました。RVF750は、RVF400をさらに進化させたモデルで、最高速度は300km/hを超え、0-400m加速は10秒を切るという驚異的な性能を誇っていました。RVF750は、世界中のバイクファンを魅了し、伝説的なモデルとなりました。 その後、RVF750は1994年に生産終了となりましたが、2000年にRVF400Rとして復活しました。RVF400Rは、RVF400をベースに、足回りやブレーキなどを強化したモデルで、よりスポーティな走りを追求していました。RVF400Rは、2007年まで生産され、多くのライダーに愛されました。 RVFは、4ストロークエンジンのバイクのパイオニアとして、バイクの歴史に大きな足跡を残しました。そのスタイリッシュなデザインと驚異的な性能は、世界中のバイクファンを魅了し、今もなお多くのライダーに愛され続けています。
モノの名前

TY250Jの魅力とその歴史

TY250Jとは TY250Jとは、ヤマハ発動機が1980年代に発売したオフロード競技用オートバイである。通称「トライアル」と呼ばれ、障害物を乗り越えるテクニックを競う競技で使用される。 TY250Jは、1980年に発売されたTY250Aの後継モデルとして開発された。TY250Aは、優れた走破性と操作性を備えたオートバイとして人気を博したが、TY250Jはそれをさらに進化させたモデルである。搭載されるエンジンは、TY250Aと同じ249ccの2ストロークエンジンであるが、フレームとサスペンションを新設計し、さらなる軽量化と運動性を追求している。 TY250Jは、発売当初からトライアル競技で高い評価を得て、多くのライダーが使用した。また、そのスタイリッシュなデザインと高い走行性能から、一般のライダーにも人気が高く、オフロードバイクブームの火付け役となったモデルである。 TY250Jは、1985年まで生産されたが、その後、後継モデルのTY250Zにバトンを渡した。しかし、TY250Jは現在でも多くのライダーに愛され続け、レストアやカスタムが行われている。
モノの名前

「チャンプ80」のヒミツに迫る!

チャンプ80の歴史 チャンプ80の原点は、1932年に初代社長である田中英一氏が創業した田中金属工業所である。田中金属工業所は、当初はブリキ製品の製造を手がけていたが、1956年に石油ストーブの製造を開始した。その後、田中金属工業所は石油ストーブの製造でシェアを伸ばし、1962年には社名を田中金属工業株式会社に変更した。 そして、1968年にチャンプ80の前身となる石油ストーブ「チャンプ70」が発売された。チャンプ70は、従来の石油ストーブよりも大型で、火力も強かったため、すぐに大ヒット商品となった。チャンプ70のヒットを受けて、1970年にチャンプ80が発売された。チャンプ80は、チャンプ70よりもさらに大型で、火力もさらに強かったため、チャンプ70を上回る大ヒット商品となった。 チャンプ80は、その性能の高さから、すぐに家庭用石油ストーブの代名詞となった。チャンプ80は、1990年代まで生産され続け、累計販売台数は1,000万台を超えた。チャンプ80は、日本の石油ストーブの歴史に大きな足跡を残した名機である。
モノの名前

RG250Γとは?特徴と歴史

RG250Γの特徴 RG250Γは、1983年にスズキから発売された250ccのスポーツバイクです。角ばったデザインと高回転型のエンジンが特徴で、発売当時から多くのライダーに支持されました。 RG250Γの特徴の一つは、角ばったデザインです。当時、流行していた流線型のデザインとは一線を画すもので、その斬新なデザインは多くの人を魅了しました。 また、RG250Γは高回転型のエンジンを搭載しており、その最大出力は45馬力を発揮しました。これは、当時の250ccスポーツバイクとしてはトップクラスの性能でした。 RG250Γは、その優れた性能と斬新なデザインにより、発売当時から多くのライダーに支持されました。そして、現在でも多くのライダーに愛され続けている名車です。
モノの名前

『仮面ライダーアマゾンズ』のジャングレイダーとは?

ジャングレイダーは、『仮面ライダーアマゾンズ』に登場する改造人間です。アマゾン細胞を埋め込まれた人間の肉体を、機械の鎧で覆うことで強化された存在で、その圧倒的な戦闘能力で、アマゾンを次々と撃破していきます。 ジャングレイダーが活躍したエピソードとしては、第1話でアマゾンを撃破し、アマゾン細胞を回収したシーンが挙げられます。このシーンでは、ジャングレイダーの圧倒的な戦闘能力が披露されており、アマゾンの強さを知らしめるものでもありました。 また、第8話では、アマゾンを操る謎の組織「アマゾン研究会」のアジトを襲撃し、アマゾンを多数撃破する活躍を見せました。このシーンでは、ジャングレイダーの戦闘能力だけでなく、戦略的な判断力も発揮されており、アマゾン研究会の計画を阻止することに成功しています。 さらに、第13話では、アマゾンと決着をつけるべく、アマゾンの巣窟である「アマゾンの森」に乗り込みました。このシーンでは、ジャングレイダーとアマゾンの激闘が展開され、ジャングレイダーの必殺技である「ジャングレイダー・ストーム」でアマゾンに勝利しています。 ジャングレイダーは、『仮面ライダーアマゾンズ』の中で、最も活躍した改造人間の1人であり、その強さと戦略的な判断力、そしてアマゾンを撃破するという強い意志が、多くの視聴者を魅了しました。
モノの名前

ドリームCL350 – ホンダのオフロードバイク

ドリームCL350とは ドリームCL350とは、2021年10月に発売されたホンダのオフロードバイクです。スクランブラー風のスタイリングと、扱いやすい4ストローク単気筒エンジンが特徴です。車体はスリムで軽量なので、初心者でも乗りやすく、街乗りからツーリングまで幅広く活躍します。 ドリームCL350は、1968年に発売されたドリームCL250の後継モデルです。CL250は、当時大ヒットした映画「男と女」に登場したことで一躍有名になりました。ドリームCL350は、そんなCL250の復刻版として開発されました。 ドリームCL350のエンジンは、4ストローク単気筒348ccです。最高出力は29馬力、最大トルクは31Nmを発揮します。トランスミッションは6速マニュアルです。車重は170kgで、シート高は795mmです。 ドリームCL350は、前後19インチのホイールと、長めのストロークを持つサスペンションを採用しています。これは、オフロードでの走行性能を重視した設計です。また、アップライトなライディングポジションと、幅広のハンドルバーを採用しているため、長距離ツーリングでも疲れにくくなっています。 ドリームCL350は、街乗りからツーリングまで幅広く活躍するオフロードバイクです。初心者でも乗りやすく、扱いやすいエンジンと足回りを持っています。また、復刻版ならではのスタイリッシュなデザインも魅力です。
モノの名前

カワサキバイクマガジンで学ぶ、バイクの楽しみ方

カワサキバイクマガジンは、カワサキのバイクに関する情報を提供する雑誌です。カワサキのバイクの歴史、最新のバイクのニュース、試乗レポート、ツーリング情報など、カワサキのバイクに関するあらゆる情報が掲載されています。カワサキバイクマガジンは、カワサキのバイクに乗っている人、カワサキのバイクに興味がある人にとって、欠かせない雑誌です。 カワサキバイクマガジンの特徴は、以下の通りです。 * 無料で入手できることカワサキバイクマガジンは、カワサキのバイク販売店やイベント会場などで無料で入手することができます。 * 情報量が多いことカワサキバイクマガジンは、カワサキのバイクに関する情報を豊富に掲載しています。カワサキのバイクの歴史、最新のバイクのニュース、試乗レポート、ツーリング情報など、カワサキのバイクに関するあらゆる情報が掲載されています。 * 読みやすいことカワサキバイクマガジンは、読みやすいように書かれています。専門用語は極力使わず、平易な言葉で書かれています。 * 写真が多いことカワサキバイクマガジンは、写真が多いです。カワサキのバイクの写真、カワサキのライダーの写真、ツーリングの写真など、カワサキのバイクに関する様々な写真が掲載されています。
モノの名前

『モーターサイクリスト』の魅力とは

『モーターサイクリスト』とは、株式会社八重洲出版が1979年から発行している、月刊のオートバイ雑誌のことである。アメリカ合衆国のオートバイ雑誌『サイクリスト』を源流としており、同じく源流を同じくする『オートバイ』と共に、日本国内におけるオートバイ雑誌の双璧ともいえる存在だ。 発行人の浅井昭男は、それまでオートバイ雑誌の常であった、単なるオートバイ情報の羅列よりも、オートバイという文化や、オートバイの社会的な意義について論じるような独自の視点で雑誌作りを行い、『モーターサイクリスト』は一大ムーブメントを起こすこととなった。また、写真やイラストを使った紙面構成も斬新で、それまでのオートバイ雑誌とは異なるものとなった。 『モーターサイクリスト』は、オートバイの最新情報や、オートバイに関するイベントやカスタムの情報を掲載しているだけでなく、オートバイと社会との関わりや、オートバイの文化について論じた記事が多く掲載されているのが特徴である。
モノの名前

「MB5」の魅力

エンジンの特徴 MB5のエンジンは、水冷2ストローク単気筒で、排気量は49ccです。最高出力は6.6ps/7,500rpm、最大トルクは0.6kgm/6,500rpmを発揮します。このエンジンは、高回転域での伸びが良く、街乗りからワインディングまで、幅広いシーンで活躍します。また、燃費も良く、リッターあたり約30kmの走行が可能です。 MB5のエンジンは、信頼性も高く、長距離ツーリングにも安心して使用できます。また、メンテナンス性も良く、自分でメンテナンスを行うことも可能です。 MB5のエンジンは、その軽快な走りや、燃費の良さ、そして信頼性など、多くの魅力を備えています。このエンジンは、MB5を人気車種にした大きな要因の一つです。
モノの名前

「CRF150RII」について

CRF150RIIの特徴 CRF150RIIは、レースでの勝利を目指して開発されたオフロードバイクです。その特徴は、以下の通りです。 * 軽量で剛性の高いフレームCRF150RIIのフレームは、アルミ製の軽量フレームを採用しています。このフレームは、高い剛性と耐久性を持ち、過酷なオフロード走行にも耐えることができます。 * パワフルなエンジンCRF150RIIのエンジンは、水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンです。このエンジンは、19.8馬力のパワーと14.8Nmのトルクを発生し、力強い走りを提供します。 * 優れたサスペンションCRF150RIIのサスペンションは、フロントにショーワ製の倒立フォーク、リアにプロリンクサスペンションを採用しています。このサスペンションは、長時間の走行でも疲れにくく、快適な乗り心地を提供します。 * 強力なブレーキCRF150RIIのブレーキは、フロントにシングルディスクブレーキ、リアにシングルディスクブレーキを採用しています。このブレーキは、強力な制動力を発揮し、ライダーを安全に走行させることができます。 CRF150RIIは、オフロードバイクのレースで勝利を目指すライダーに最適なバイクです。その軽量で剛性の高いフレーム、パワフルなエンジン、優れたサスペンション、強力なブレーキは、ライダーを勝利へと導きます。
モノの名前

CBF1000の魅力と歴史

CBF1000の特徴と性能 CBF1000は、CBFシリーズのフラッグシップモデルとして2006年に登場しました。CBFシリーズは、快適な乗り心地と扱いやすさを追求したシリーズで、CBF1000はその中でも特に長距離ツーリングに適したモデルとして開発されました。 CBF1000のフレームは、軽量かつ剛性に優れたアルミニウムフレームを採用しています。また、エンジンは、998ccの直列4気筒エンジンを搭載。最高出力107馬力、最大トルク93Nmを発生します。このエンジンは、低回転域からトルクフルで、街乗りから高速道路まで、幅広いシチュエーションで快適な走りを提供します。 CBF1000には、ABSやトラクションコントロールなどの電子制御システムも搭載されています。これらのシステムは、ライダーの安全性を確保し、より安心して走ることができるようにしてくれるでしょう。 CBF1000は、快適な乗り心地と扱いやすさを追求したシリーズのフラッグシップモデルとして、多くのライダーから支持されています。長距離ツーリングに最適なモデルを探しているなら、CBF1000はぜひ検討してみてほしい1台です。
モノの名前

TY50:オフロードバイクの歴史を飾るヤマハの名車

ヤマハ TY50は、1979年にヤマハ発動機から発売されたオートバイである。オフロードバイクに分類されるが、従来のオフロードバイクとは一線を画す特徴を持った車種として知られる。TY50の歴史と特徴について解説する。 TY50は、1970年代後半に流行したオフロードバイクブームを受けて開発された。当時のオフロードバイクは、一般的には大柄で重たい車体が主流であったが、TY50は軽量でコンパクトな車体を採用していた。そのため、オフロード初心者や女性でも扱いやすいバイクとして人気を集めた。 また、TY50は、前輪と後輪のタイヤ径が異なるという特徴も持っていた。前輪は10インチ、後輪は12インチというタイヤ構成は当時としては画期的なもので、車体の軽量化と機動性の向上に貢献した。さらに、TY50は、前後にサスペンションを装備しており、悪路での走行性も高かった。 TY50は、1980年代前半まで生産され、その間にマイナーチェンジを重ねた。しかし、1980年代後半になると、オフロードバイクブームが下火になり、TY50の生産も終了した。しかし、TY50は、オフロードバイクの歴史にその名を残す名車として、現在でも多くのファンから愛され続けている。