パソコンの歴史

モノの名前

メビウスで学ぶパソコンの歴史

- シャープの挑戦 国産パソコンの歴史において、シャープの存在を忘れてはならない。1978年、シャープは世界初の8ビットパソコン「MZ-80K」を発売した。これは、日本のパソコン市場に大きな影響を与え、パソコンの普及に貢献した。 MZ-80Kは、Intel 8080マイクロプロセッサを搭載し、4KBのRAMと4KBのROMを備えていた。また、カセットテープインターフェースと、テレビに接続するためのビデオ出力端子を搭載していた。価格は198,000円(当時)で、当時のパソコンとしては手頃な価格であった。 MZ-80Kは、その価格と性能の高さから、すぐに人気を博した。また、シャープは、MZ-80K用の様々なソフトウェアや周辺機器を開発し、パソコンの普及に貢献した。 1981年、シャープはMZ-80Kの後継機である「MZ-2000」を発売した。MZ-2000は、Intel 8086マイクロプロセッサを搭載し、16KBのRAMと32KBのROMを備えていた。また、5インチフロッピードライブを搭載し、グラフィック表示機能も強化された。 MZ-2000は、MZ-80Kよりも高性能であり、ビジネス用途にも使用されるようになった。また、シャープは、MZ-2000用の様々なソフトウェアや周辺機器を開発し、パソコンの普及に貢献した。 1983年、シャープはMZ-2000の後継機である「MZ-2500」を発売した。MZ-2500は、Intel 80186マイクロプロセッサを搭載し、256KBのRAMと512KBのROMを備えていた。また、5インチフロッピードライブとハードディスクドライブを搭載し、グラフィック表示機能も強化された。 MZ-2500は、MZ-2000よりもさらに高性能であり、ビジネス用途にも広く使用されるようになった。また、シャープは、MZ-2500用の様々なソフトウェアや周辺機器を開発し、パソコンの普及に貢献した。