ミリオン出版

モノの名前

「アウトライダー」ってどんな雑誌?

「アウトライダー」の創刊と休刊 「アウトライダー」は、1978年に創刊された日本の総合雑誌である。創刊時は月刊誌として発行されていたが、1983年に季刊誌となり、1991年に廃刊となった。廃刊までの間に、合計48号が発行された。 「アウトライダー」の創刊のきっかけは、編集長の江藤淳氏による、当時の日本の社会情勢に対する危機感であった。江藤氏は、日本の社会が物質主義に走り、精神的な価値観が軽視されていることに危機感を抱き、「アウトライダー」を創刊した。雑誌のタイトルである「アウトライダー」は、社会の主流から外れた人々のことを指す言葉であり、江藤氏は、この雑誌で、社会の主流から外れた人々の声を伝えたいと考えたのである。 「アウトライダー」は、創刊当初から、社会問題や政治問題を積極的に取り上げた。また、文学や芸術などの文化的なテーマにも積極的に取り組んだ。その結果、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を得た。しかし、その一方で、「アウトライダー」は、その内容が過激すぎると批判されることもあった。 1991年、「アウトライダー」は、廃刊となった。廃刊の理由は、経営不振であった。しかし、廃刊後も、「アウトライダー」は、日本の知識人や文化人たちの間で高い評価を受け続けている。