ミントタブレット

モノの名前

ミンティア:爽快な息とおいしい味わいのタブレット

ミンティアとは? ミンティアは、アサヒグループ食品株式会社が販売しているタブレット菓子のブランドです。1993年に発売され、現在ではミント味やフルーツ味など、さまざまなフレーバーが展開されています。ミンティアは、口臭予防効果や気分転換の効果が期待できるため、ビジネスマンや学生など、幅広い年代の方に人気があります。また、ミンティアは持ち運びに便利なサイズ感であるため、外出先でも気軽に楽しむことができます。 ミンティアは、さまざまなフレーバーが展開されているため、その日の気分や好みに合わせて選ぶことができます。また、ミンティアはタブレット菓子であるため、噛むことで口の中をスッキリさせることができます。さらに、ミンティアにはキシリトールが含まれているため、虫歯予防にも効果が期待できます。 ミンティアは、爽快な息とおいしい味わいが楽しめるタブレット菓子です。ビジネスマンや学生など、幅広い年代の方に人気があります。また、ミンティアは持ち運びに便利なサイズ感であるため、外出先でも気軽に楽しむことができます。
モノの名前

カルミンについて

-カルミンの歴史- カルミンは、古代から使用されている天然の色素です。その歴史は古く、紀元前2700年頃にアンデス地方のインカ帝国で最初に使用されたとされています。その後、スペイン人がアンデス地方を征服した際にカルミンをヨーロッパに持ち帰り、ヨーロッパ各地で使用されるようになりました。 カルミンは、さまざまな用途に使用されてきました。絵画や染料、食品着色料として使用されることが多く、特に食品着色料としては、その鮮やかな赤色が重宝されてきました。また、カルミンは医薬品や化粧品にも使用されています。 カルミンは、コチニールカイガラ虫という昆虫から抽出されます。コチニールカイガラ虫は、サボテンに寄生する昆虫で、その体内にカルミンを生成します。カルミンを抽出するためには、コチニールカイガラ虫を乾燥させ、粉末状にします。その後、この粉末を水に溶かして、カルミンを抽出します。 カルミンは、自然由来の色素なので、安全に使用することができます。しかし、まれにカルミンに対するアレルギー反応を示す人がいるため、使用前に注意が必要です。
モノの名前

ベルギーミントタブレット「dills」の魅力とは?

ディルスの歴史と誕生秘話 ベルギーミントタブレット「dills」は、ベルギーで1938年に誕生しました。その誕生には、ある秘話があります。 1930年代のベルギーでは、多くの薬局が独自に薬を製造していました。その中で、ブリュッセルの薬局「Pharmacie Anglaise」の薬剤師であるアルフレッド・ジル氏は、胃腸の不調を和らげる薬を開発したいと考えていました。 ジル氏は、ミントの爽やかな香りと、消化を助ける効果に着目しました。そして、ミントを主成分とする錠剤を開発しました。これが、ディルスの原型です。 ジル氏が開発した薬は、瞬く間に人気を博しました。その理由は、ミントの爽やかな香りと、胃腸の不調を和らげる効果に加えて、携帯性に優れていたからです。 ディルスは、ポケットやバッグに入れて持ち運ぶことができるので、外出先でも手軽に服用することができます。この携帯性の高さも、ディルスの人気の理由のひとつです。 ディルスは、誕生以来80年以上経った今でも、ベルギーで愛され続けている薬です。その理由は、ミントの爽やかな香りと、胃腸の不調を和らげる効果、そして携帯性の高さにあります。
モノの名前

「アイスブレーカーズ」の美味しさの秘密

-アイスブレーカーズの由来- アイスブレーカーズは、アメリカ合衆国のキャンデーメーカーであるハーシーが製造・販売しているメント系キャンデーである。1991年に発売され、現在では世界中で販売されている。アイスブレーカーズの由来は、ハーシーの研究開発チームが、メント系キャンデーの開発に取り組んでいた際に、ある偶然の出来事がきっかけとなった。研究開発チームは、メント系のフレーバーをキャンデーに配合したところ、思いがけず爽やかな味わいのキャンデーが完成した。このキャンデーを食べた研究開発チームのメンバーは、「まるで氷を噛んでいるようだ」と口々に言ったことから、アイスブレーカーズという名前が付けられた。 アイスブレーカーズは、当初はアメリカ合衆国でのみ発売されていたが、その爽やかな味わいとユニークなパッケージが話題となり、瞬く間に世界中に広まった。現在では、アイスブレーカーズは、世界100カ国以上で販売されており、ハーシーの主力製品の一つとなっている。
モノの名前

食べてスッキリ!メンタブの魅力

北海道・北見発「メンタブ」の歴史 メンタブは、北海道北見市で誕生した、ハッカの清涼感と昆布の旨味が楽しめる健康食品です。その歴史は古く、19世紀後半にまで遡ります。当時、北見市はハッカの産地として知られており、ハッカの効能を活かした商品開発が行われていました。そうした中で生まれたのが、ハッカと昆布を組み合わせた「メンタブ」です。 メンタブは、当初は薬として販売されていました。ハッカの清涼感は、頭痛や腹痛などの症状を緩和する効果があると考えられていたからです。また、昆布には、豊富なミネラルや食物繊維が含まれており、健康維持に役立つとされていました。 やがて、メンタブは薬としてのだけでなく、健康食品としての人気を集めるようになります。その理由は、メンタブがおいしかったからです。ハッカの清涼感と昆布の旨味が絶妙にマッチしたメンタブは、老若男女問わず好まれる味でした。 現在、メンタブは北海道を代表する特産品のひとつとなっています。北見市には、メンタブの専門店が数多くあり、観光客にも人気があります。また、メンタブは全国各地のスーパーやコンビニエンスストアでも販売されており、その人気は全国区となっています。
モノの名前

FRISKの魅力を徹底分析!

FRISKとは何か? FRISKとは、世界中で人気を博している清涼菓子のブランドです。1920年代にスイスで誕生し、現在では世界100カ国以上で販売されています。日本には1955年に上陸し、それ以来、多くの人々に愛され続けています。 FRISKは、その爽快なミントフレーバーが特徴です。メントールやスペアミントなどの天然由来の原料を使用しており、食べると口の中がすっきりします。また、FRISKは、携帯性に優れているのも魅力です。ポケットやバッグに入れて持ち運ぶことができ、いつでもどこでも楽しむことができます。
モノの名前

ブラックブラックって何?

ブラックブラックとは、長い歴史を持つアメリカの伝統的なお菓子であり、甘く濃厚な風味で多くの人に愛されています。主な材料はクリーム、砂糖、ココアパウダー、バター、クルミ、塩です。ブラックブラックは、通常はお菓子として食べられるチョコレートケーキの一種で、その見た目は表面が黒く、濃厚なチョコレートの味が特徴です。ブラックブラックは、濃厚なチョコレートの風味を持ち、口の中でとろけるような食感で、多くの人の心をとらえています。