メグレ激怒する

作品名

メグレ激怒するの歴史と魅力

ジョルジュ・シムノンと『メグレ激怒する』 ジョルジュ・シムノンは、ベルギー生まれの作家であり、20世紀で最も多作な作家の1人として知られています。彼は、生涯に80作以上の長編小説、150作以上の短編小説、そして数えきれないほどのノンフィクション作品を執筆しました。シムノンの作品は、60カ国語以上に翻訳されており、世界中で1億冊以上を売り上げています。 シムノンは、1903年にリエージュで生まれました。彼は、13歳の時に学校を中退し、新聞記者として働き始めました。1922年に、彼はパリに移り住み、本格的に執筆活動を開始しました。1931年に、シムノンは、彼の最も有名なキャラクターであるメグレ警視を初めて登場させました。メグレ警視は、シムノンの作品の中で75作以上登場する人気キャラクターとなり、世界中で愛されています。 『メグレ激怒する』は、1947年にシムノンが執筆したメグレ警視シリーズの小説です。この小説は、パリの高級住宅地で発生した殺人事件を舞台に、メグレ警視が犯人を追跡する物語です。『メグレ激怒する』は、シムノンの作品の中でも特に人気が高く、何度も映画化されています。 『メグレ激怒する』の魅力は、なんといってもメグレ警視のキャラクターにあります。メグレ警視は、一見すると無愛想でぶっきらぼうな人物ですが、実は非常に洞察力に優れており、事件の真相を解き明かす天才的な名探偵です。また、メグレ警視は、人間味あふれる人物としても描かれており、読者は彼に親近感を抱くことができます。 『メグレ激怒する』は、シムノンの代表作であり、世界中で愛されている名作です。この小説は、ミステリー小説ファンはもちろん、シムノンの作品を初めて読む人にもおすすめです。