ヤマハ発動機

モノの名前

「SR125」:ヤマハのクラシカルな一台

SR125の特徴は、そのクラシカルなスタイルとシンプルな構造です。全体的なデザインは、1950年代のオートバイを彷彿とさせるもので、丸みを帯びた燃料タンク、クラシックなサドルシート、スポークホイールなどが特徴です。また、メッキ処理されたパーツも多用されており、クラシカルな雰囲気をより一層引き立てています。 シンプルな構造もSR125の特徴です。エンジンは空冷4ストローク単気筒で、排気量は125ccです。最高出力は10.5馬力で、最大トルクは10.3Nmです。トランスミッションは5速で、クラッチは湿式多板クラッチです。足回りは、フロントがテレスコピックフォーク、リアがスイングアームです。ブレーキは前後輪ともドラムブレーキです。 SR125は、そのクラシカルなスタイルとシンプルな構造により、幅広い層から支持されているオートバイです。特に、クラシックなオートバイに興味がある人や、シンプルなオートバイを求めている人におすすめです。
モノの名前

ドラッグスタークラシック400:始動と操作方法

ドラッグスタークラシック400の歴史 ドラッグスタークラシック400は、ヤマハ発動機が製造・販売していたクルーザータイプのオートバイである。1996年に発売され、2008年まで生産された。 ドラッグスタークラシック400は、1985年に発売されたドラッグスター400の後継車種として開発された。ドラッグスター400は、アメリカンスタイルのクルーザータイプであり、そのスタイリッシュなデザインと乗りやすい操縦性で人気を集めた。ドラッグスタークラシック400は、ドラッグスター400の基本設計を踏襲しつつ、よりクラシカルなスタイルに仕上げられている。また、エンジンや足回りの改良により、走行性能も向上している。 ドラッグスタークラシック400は、発売当初から人気を集め、年間販売台数1万台以上を記録した。しかし、2000年代後半になると、より大型のクルーザータイプの人気が高まり、ドラッグスタークラシック400の販売台数は減少していった。2008年に生産終了となり、ドラッグスターシリーズは幕を閉じた。 ドラッグスタークラシック400は、クラシカルなスタイルと乗りやすい操縦性が特徴のクルーザータイプであり、現在でも中古車市場で人気を集めている。
モノの名前

ヤマハ発動機「XV1100ビラーゴ」の魅力と特徴

ヤマハ発動機のアメリカンバイク「XV1100ビラーゴ」は、そのクラシックなスタイルと力強い走りが特徴の魅力的なオートバイです。1986年に発売されて以来、世界中で人気を集め、今日でも多くのライダーに愛されています。この段落では、「XV1100ビラーゴ」のスタイル、エンジン、走行性能など、その魅力について徹底解説します。 まず、「XV1100ビラーゴ」のスタイルは、ハーレーダビッドソンなどの伝統的なアメリカンバイクのスタイルを踏襲しています。流線型のフューエルタンク、幅広のハンドル、そしてゆったりとしたシートが特徴的です。また、クロームメッキされたパーツが多く使用されており、ゴージャスな雰囲気を醸し出しています。 「XV1100ビラーゴ」のエンジンは、水冷4ストロークV型2気筒エンジンです。排気量は1063ccで、最高出力は63馬力、最大トルクは79Nmを発生します。このエンジンは、力強くスムーズな走りを実現しており、高速道路でのクルージングも快適に楽しむことができます。 「XV1100ビラーゴ」の走行性能は、非常に優れています。フロントサスペンションにはテレスコピックフォーク、リアサスペンションにはモノショックを採用しており、安定感のあるライディングが可能です。また、前後輪にディスクブレーキを採用しており、優れた制動性能を発揮します。
モノの名前

ヤマハFZX750の魅力を徹底解説!

ヤマハFZX750は、1985年にヤマハ発動機が発売したオートバイです。当時、ヤマハはFZRシリーズで好調なセールスを記録していましたが、より幅広い層にアピールできるモデルを開発する必要性を感じていました。そんな中、開発されたのがFZX750です。 FZX750は、FZRシリーズのDNAを受け継ぎながらも、よりジェントルで乗りやすいモデルとして設計されました。その特徴は、まず、エンジンです。FZRシリーズのエンジンをベースに、ボア・ストロークを変更して排気量を750ccとしたエンジンを搭載しています。このエンジンは、低回転域から力強くトルクフルな走りを実現しています。 また、FZX750は、シャシーにもこだわりました。新設計のアルミフレームを採用し、軽量化と剛性を高めました。また、サスペンションにもこだわり、フロントに41mm倒立フォーク、リアにモノクロスサスペンションを採用することで、快適な乗り心地を実現しています。 スタイリングも、FZRシリーズをベースにしながらも、より落ち着いたものとしました。角張ったデザインの車体に、丸型ヘッドライトを採用することで、クラシックな雰囲気を醸し出しています。 FZX750は、そのジェントルな走りやすさと落ち着いたスタイリングで、発売当初から人気を博しました。1988年には、マイナーチェンジが実施され、エンジンや足回りに改良が加えられました。また、1990年には、最終モデルとなるFZX750 SPが発売されました。FZX750 SPは、エンジンにインジェクションシステムを採用し、最高出力は115馬力にまで向上しています。 FZX750は、1991年に生産終了となりましたが、現在でも中古車市場で人気があります。その理由は、ジェントルな走りやすさと落ち着いたスタイリングが、今もなお多くの人々に愛されているからです。
モノの名前

ヤマハのBW’Sとは?特徴と歴史を解説

-BW'Sの特徴- BW'Sは、1988年にヤマハ発動機が発売したスクータータイプのオートバイです。オフロード走行を意識したデザインで、サスペンションやタイヤもオフロード走行に適したものが採用されています。また、車体も軽量で取り回しがよく、初心者でも安心して乗ることができます。 BW'Sの特徴の一つは、そのスタイリッシュなデザインです。スクーターでありながらオフロード車のようなデザインで、若いライダーに人気があります。また、車体は軽量で取り回しがよく、街乗りのほか、ツーリングや林道走行などにも適しています。 BW'Sの特徴のもう一つは、その高い走行性能です。オフロード走行に適したサスペンションやタイヤを採用しており、悪路でも安定した走行が可能です。また、エンジンも力強く、坂道も楽に登ることができます。 BW'Sは、そのスタイリッシュなデザインと高い走行性能を兼ね備えたスクータータイプのオートバイです。街乗りからツーリング、林道走行まで幅広く活躍してくれます。
モノの名前

DT200WR→ オフロードを駆け抜ける孤高の2ストローク

-ヤマハ発動機のオフロードバイク「DT200WR」- ヤマハ発動機は、1980年代に「DT200WR」というオフロードバイクを販売していました。DT200WRは、当時としては非常に軽量な車体と、パワフルなエンジンを備えた、本格的なオフロードバイクでした。その走破性は高く評価され、多くのライダーから支持されました。 DT200WRは、1980年に発売されました。当時のオフロードバイクは、4ストロークエンジンが主流でしたが、DT200WRは2ストロークエンジンを搭載していました。2ストロークエンジンは、4ストロークエンジンよりも軽量で、高回転域での出力が優れているという特徴があります。そのため、DT200WRは、4ストロークエンジンのオフロードバイクよりも、軽量でパワフルな性能を実現することができました。 DT200WRの車体は、アルミ合金製のフレームを使用しており、非常に軽量でした。また、サスペンションは、フロントにテレスコピックフォーク、リアにリンク式モノショックを採用していました。これにより、優れた路面追従性とトラクションを実現することができました。 DT200WRのエンジンは、195ccの単気筒2ストロークエンジンでした。最高出力は26馬力、最大トルクは2.5kgf・mでした。このエンジンは、高回転域での出力が優れているため、オフロードでの走行に適していました。 DT200WRは、本格的なオフロードバイクとして、多くのライダーから支持されました。その軽量でパワフルな性能は、オフロードでの走行に最適でした。また、高い走破性は、林道ツーリングやモトクロスレースにも適していました。
モノの名前

ヤマハの電動スクーター「EC-03」の魅力と特徴

ヤマハ初の電動スクーター「EC-03」 ヤマハ発動機は、2021年3月に初の電動スクーター「EC-03」を発売しました。EC-03は、ヤマハの電動パワートレイン技術「スマートパワーモジュール」を搭載した電動スクーターで、航続距離は最大80km、最高速度は35km/hとなっています。 EC-03は、ヤマハの電動オートバイ「E-Vino」をベースに開発されたスクーターで、E-Vinoよりも大容量のバッテリーを搭載し、航続距離を伸ばしています。また、EC-03には、ヤマハの電動パワートレイン技術「スマートパワーモジュール」が搭載されており、モーターとインバーターを一体化したことで、コンパクトで軽量な設計を実現しています。 EC-03は、ヤマハの電動パワートレイン技術を活かした電動スクーターで、航続距離や最高速度、デザイン性など、様々な魅力を備えたモデルとなっています。
モノの名前

MT-01のすべて

エンジンの心髄 MT-01のエンジンは、空冷V型2気筒、排気量1,670ccという希有なスペックを持つ。このエンジンは、低回転域からトルクフルなパワーを発揮し、高回転域まで気持ちよく吹け上がる。また、Vツイン特有の鼓動感は、このバイクの大きな魅力となっている。 エンジンの基本設計は、ヤマハのフラッグシップモデルであるYZF-R1をベースにしており、信頼性と耐久性は折り紙付きだ。しかし、MT-01のエンジンは、R1のエンジンをそのまま流用したわけではなく、低中速域でのトルクとパワーを重視したチューニングが施されている。 その結果、MT-01のエンジンは、街乗りからツーリングまで、あらゆるシーンで快適に走ることができる。特に、低回転域からトルクフルなパワーを発揮するため、渋滞やワインディングロードなどで威力を発揮する。 また、MT-01のエンジンは、非常に高回転まで気持ちよく吹け上がる。そのため、高速道路での巡航や峠道でのスポーツ走行も楽しめる。しかも、Vツイン特有の鼓動感は、このバイクの大きな魅力となっている。 MT-01のエンジンは、まさにこのバイクの心臓部である。このエンジンがなければ、MT-01はここまで魅力的なバイクにはならなかっただろう。
モノの名前

「FZ1」の魅力と特徴

「FZ1」のスペック 「FZ1」は、排気量998ccの直列4気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイクである。最高出力は150ps、最大トルクは106Nmを発生し、最高速度は240km/h以上とスペックは十分である。また、乾燥重量は196kgと軽量で、取り回しも容易だ。足回りには、フロントに倒立フォーク、リアにリンク式モノショックを採用し、制動系にはフロントにダブルディスクブレーキ、リアにシングルディスクブレーキを採用している。 「FZ1」は、ネイキッドスポーツバイクとしてのバランスの良さが特徴だ。エンジンは低回転から高回転までスムーズに吹け上がり、トルクも十分にあるため、街乗りからツーリングまで幅広く活躍できる。足回りも適度に硬く、ワインディングロードでも楽しめる。また、ライディングポジションもアップライトで、疲れにくい設計となっている。 「FZ1」は、ネイキッドスポーツバイクとしての完成度の高いモデルである。バランスの良さに加え、スペックも十分であるため、幅広いライダーにオススメできる1台だ。
モノの名前

YZ80の魅力→ 子供向けモトクロス競技用モデル

YZ80の特徴 YZ80は、ヤマハ発動機が生産している子供向けモトクロス競技用モデルのオートバイです。モトクロスとは、専用のコースをジャンプや土の急斜面を走行しながらタイムを競う競技です。YZ80は、本格的なモトクロス競技に参戦できるエントリーモデルとして、その優れた性能と乗りやすさが人気を集めています。 YZ80の特徴は、まずその軽量かつコンパクトな車体です。車重はわずか70kgと非常に軽量で、小柄な子供でも楽に扱うことができます。また、車体のサイズは、全長1,880mm、全幅720mm、全高1,075mmと、非常にコンパクトなので、狭いコースでも取り回しがしやすく、初心者でも安心して走ることができます。 YZ80は、80ccの2ストロークエンジンを搭載しており、最高出力は14.5ps、最大トルクは1.2kgmを発揮します。このクラスのオートバイとしては、十分なパワーを持っており、初心者から中級者まで幅広いライダーに対応できます。また、2ストロークエンジンは、軽快でレスポンスの良い吹け上がりが特徴なので、モトクロス競技に適しています。 YZ80は、サスペンションにもこだわっており、フロントフォークにはφ36mmの倒立式フォーク、リアサスペンションにはモノクロスサスペンションを採用しています。倒立式フォークは、剛性が高く、路面からの衝撃を効果的に吸収するので、高いコーナリング性能を発揮することができます。モノクロスサスペンションは、シンプルな構造でメンテナンス性が高く、また、しなやかな動きで路面追従性が良いので、オフロード走行に適しています。 YZ80は、子供向けモトクロス競技用モデルとして、軽量かつコンパクトな車体、十分なパワーを持つエンジン、高性能なサスペンションなど、多くの特徴を備えています。これらの特徴により、YZ80は、初心者から中級者まで幅広いライダーがモトクロス競技を楽しむことができるオートバイとなっています。
モノの名前

復刻TT250レイドの最新情報と魅力をご紹介

TT250Rレイドの魅力を再発見 1999年に惜しまれつつ生産終了となった名車TT250Rレイド。その魅力は、今もなお多くのライダーを魅了し続けています。今回は、そのTT250Rレイドの魅力を改めてご紹介します。 まず、TT250Rレイドは、その軽さと機動力が最大の魅力です。乾燥重量わずか135kgという軽量な車体は、山道や林道で軽快に操ることができます。また、前19インチ、後18インチのタイヤは、あらゆる路面に対応し、抜群の走破性を発揮します。 そして、TT250Rレイドは、その扱いやすさも魅力です。250ccのエンジンは、低回転から粘り強くトルクを発揮し、初心者でも安心して乗ることができます。また、6速ギアは、高速道路の長距離移動も快適です。 最後に、TT250Rレイドは、そのタフネスさも魅力です。頑丈なフレームとサスペンションは、どんな悪路でも走破することができます。また、空冷エンジンは、メンテナンスが簡単で、長く乗り続けることができます。 以上、TT250Rレイドの魅力をご紹介しました。その軽さと機動性、扱いやすさ、タフネスさは、今もなお多くのライダーを魅了し続けています。
モノの名前

TDM900 の魅力とその歴史

TDM900 の誕生とその背景 TDM900は、1991年にヤマハ発動機が発売したオートバイである。ヤマハ発動機が初めて開発したデュアルパーパスモデルであり、オンロードとオフロードの両方を走ることができる。 TDM900が誕生した背景には、1980年代後半の世界的なアドベンチャーツーリングブームがある。アドベンチャーツーリングとは、未舗装路や悪路を走ることを楽しむツーリングスタイルである。ヤマハ発動機は、このブームに乗って、オンロードとオフロードの両方を走ることができるデュアルパーパスモデルの開発を決定した。 TDM900は、オンロードとオフロードの両方の走行性能を重視して開発された。エンジンは、ヤマハ発動機が初めて開発した水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載。最高出力は80馬力であり、最大トルクは8.1kg・mであった。また、フロントフォークはテレスコピック式、リアサスペンションはモノクロスタイプを採用。前後輪には17インチのホイールが装着され、オンロードとオフロードの両方の走行に対応していた。 TDM900は、発売当初から高い人気を集め、ヤマハ発動機を代表するデュアルパーパスモデルとなった。その人気は、オンロードとオフロードの両方の走行性能を重視した設計と、力強いエンジンによるものであった。TDM900は、その後、数回のマイナーチェンジを受けながら、2002年まで生産された。
モノの名前

XJR1200の魅力とは?

-XJR1200とは?- XJR1200は、ヤマハ発動機が1994年から2014年まで製造販売していたオートバイです。エンジンは水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒で、排気量は1188ccです。最高出力は98ps/8000rpm、最大トルクは10.4kgf・m/6000rpmです。トランスミッションは5速で、シャフトドライブを採用しています。車体のサイズは、全長2170mm、全幅780mm、全高1175mmです。車両重量は241kgです。 XJR1200は、1994年の東京モーターショーで発表されました。当時のヤマハのフラッグシップモデルであり、高い性能とスタイリッシュなデザインで注目を集めました。1996年には、排気量を1188ccに拡大したモデルが登場しました。このモデルは、100psの最高出力を発生し、より力強い走りを実現しました。 XJR1200は、2007年まで日本国内で販売されていましたが、その後は海外向けにのみ販売されました。2014年に生産終了となり、20年の歴史に幕を閉じました。
モノの名前

「VMAX」大排気量オートバイの魅力

1197ccの大きくてパワフルなエンジン VMAXの魅力のひとつは、その大きなエンジンです。排気量は1197ccで、最高出力は200馬力以上を発生します。このエンジンは、V型4気筒DOHC4バルブで、水冷式です。また、燃料噴射システムにはインジェクションを採用しています。 このエンジンの特徴は、低回転域から高回転域まで幅広い回転域でトルクを発生するということです。そのため、街乗りから高速道路まで、あらゆるシーンで力強い走りを実現します。また、V型エンジンの特徴である鼓動感も魅力です。 また、このエンジンは耐久性にも優れています。VMAXは、過酷なレースシーンでも活躍するモデルですが、その理由はエンジンの耐久性の高さにあります。そのため、長距離ツーリングにも安心して使用することができます。
モノの名前

ビーノモルフェの魅力

特徴的なデザイン ビーノモルフェは、独特なデザインで知られる犬種です。その特徴は、大きく、丸い頭、大きな目、短い吻部、そして長い垂れ耳です。これらの特徴が組み合わさって、ビーノモルフェに愛らしい表情を与えています。 ビーノモルフェの毛並みは、短く、滑らかで、光沢があります。色については、さまざまなバリエーションがありますが、最も一般的なのは白、黒、茶色です。ビーノモルフェは、中型の犬種で、オスは通常、体重が10~15キログラム、メスは通常、体重が8~12キログラムです。 ビーノモルフェは、その愛らしい表情と穏やかな性格で、世界中で人気の犬種です。家庭犬として飼われることが多く、子供たちとも仲良くすることができます。また、ビーノモルフェは、訓練を受けると、セラピー犬や介助犬としても活躍することができます。
モノの名前

「SR500」とは?ヤマハが放つ単気筒クラシックモデルの魅力

1978年にヤマハから発売された「SR500」は、単気筒エンジンを搭載したクラシックモデルとして人気を博しました。その歴史は古く、1970年代に流行したシングルスポーツブームを受けて開発されました。ヤマハは、すでに発売されていた「XT500」のエンジンをベースに、ロードスポーツ向けのモデルとして「SR500」を開発したのです。 「SR500」の特徴は、何といってもそのシンプルなスタイリングと、扱いやすい単気筒エンジンです。エンジンは空冷単気筒OHC2バルブで、最高出力は37馬力。車重は173kgと軽量で、初心者でも乗りやすいバイクとなっています。また、キック始動式のモデルと、セル始動式のモデルが用意されており、ユーザーの好みに合わせて選ぶことができます。 「SR500」は、発売以来、そのクラシカルなスタイリングと、扱いやすいエンジンで人気を博しました。しかし、1999年に生産が終了してしまいました。しかし、根強い人気があることから、2014年に復活を果たしました。復活した「SR500」は、現代の排ガス規制に対応したエンジンを搭載したモデルで、スタイリングは初代モデルを踏襲しています。 「SR500」は、ヤマハが放つ単気筒クラシックモデルの代表格。そのシンプルなスタイリングと、扱いやすいエンジンは、多くのライダーを魅了してやみません。
モノの名前

「XJ400」とは?

XJ400とはヤマハ発動機が発売していたオートバイである。販売期間は1980年から1985年までである。国内販売モデルはXJ400D、海外販売モデルはXJ400J、XJ400Eが存在する。 XJ400は空冷4ストローク直列4気筒DOHCエンジンを搭載する。最高出力は34馬力、最大トルクは3.2kg-mである。トランスミッションは6速マニュアルである。乾燥重量は170kgである。 XJ400はオールラウンドで扱いやすいバイクとして人気を博した。特に初心者におすすめのバイクとして人気である。また、カスタムベースとしても人気である。 XJ400は現在では生産終了となっているが、中古市場ではまだ多く流通している。そのため、XJ400を探している人は中古市場をチェックしてみることをおすすめする。
モノの名前

ヤマハ発動機の電動スクーター「EC-02」とは?

ヤマハ発動機の電動スクーター「EC-02」の誕生背景と特徴 ヤマハ発動機の電動スクーター「EC-02」は、2021年10月に発売された電動二輪車です。このスクーターは、ヤマハ発動機が長年培ってきた二輪車開発のノウハウを活かして開発されたもので、高い走行性能と優れたデザイン性を備えています。 「EC-02」の誕生の背景には、近年世界中で高まっている電動二輪車の需要があります。電動二輪車は、環境に優しく、経済的であることから、多くの消費者に支持されています。また、電動二輪車は、ガソリン車に比べて静かで乗り心地が良いという特徴もあります。 「EC-02」は、このような電動二輪車の需要に応えるために開発されたスクーターです。このスクーターは、ヤマハ発動機が長年培ってきた二輪車開発のノウハウを活かして開発されたもので、高い走行性能と優れたデザイン性を備えています。 「EC-02」の特徴の一つは、その走行性能です。このスクーターは、最高速度50km/h、航続距離100kmを実現しています。また、このスクーターは、ヤマハ発動機の独自の駆動システム「スマートパワーユニット」を採用しており、滑らかな走りと力強い加速を実現しています。 「EC-02」の特徴のもう一つは、その優れたデザイン性です。このスクーターは、スタイリッシュなデザインと高い質感で、多くの消費者に支持されています。また、このスクーターは、液晶ディスプレイやLEDヘッドライトなど、充実した装備を備えています。 「EC-02」は、高い走行性能と優れたデザイン性を備えた電動スクーターです。このスクーターは、ヤマハ発動機の独自の駆動システム「スマートパワーユニット」を採用しており、滑らかな走りと力強い加速を実現しています。また、このスクーターは、スタイリッシュなデザインと高い質感で、多くの消費者に支持されています。
モノの名前

ヤマハ XS650スペシャル:アメリカンバイクの金字塔

アメリカンバイクの歴史は、1900年代初頭にまでさかのぼります。初期のアメリカンバイクは、ヨーロッパのオートバイを模倣したものが多く、エンジンの排気量も小さく、性能もそれほど高くありませんでした。しかし、1920年代になると、アメリカ独自のスタイルを持ったアメリカンバイクが登場するようになります。その代表格が、インディアン・モーターサイクル社の「スカウト」です。スカウトは、1920年に発売されたV型2気筒エンジンのオートバイで、そのスタイリッシュなデザインと優れた性能で瞬く間に人気車となりました。 1930年代に入ると、ハーレーダビッドソン社が「ナックルヘッド」を発表します。ナックルヘッドは、その独特のエンジンヘッドのデザインからその名が付けられ、こちらもアメリカンバイクの歴史に残る名車となりました。ナックルヘッドは、1941年まで生産され、その後「パンヘッド」にモデルチェンジされました。パンヘッドもまた、人気のアメリカンバイクであり、1965年まで生産されました。 1950年代になると、アメリカンバイクはさらに多様化し、スポーツタイプやツアラータイプなど、さまざまなタイプのアメリカンバイクが登場するようになります。その中でも、特に人気が高かったのが、ハーレーダビッドソン社の「スポーツスター」です。スポーツスターは、1957年に発売されたV型2気筒エンジンのオートバイで、そのスポーティなデザインと軽快な走りで、多くのライダーを魅了しました。スポーツスターは、現在でも生産が続けられており、アメリカンバイクの定番モデルとなっています。
モノの名前

TZ125:ヤマハのレーシングマシンの歴史を語る

TZ125とは、ヤマハが1973年から1990年まで製造・販売していたレーシングオートバイです。ロードレース世界選手権(WGP)の125ccクラスのレーサーとして開発され、1973年のWGP第1戦でデビューしました。TZ125は、2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は15PS以上、最高速度は150km/h以上でした。また、軽量な車体と優れたハンドリング性能を備えており、WGPの125ccクラスにおいて多くのタイトルを獲得しました。1973年のデビュー以来、TZ125はWGPの125ccクラスで活躍を続け、1990年にWGPから撤退するまで、数多くのタイトルを獲得しました。
モノの名前

TT-R50Eについて徹底解説!

TT-R50Eとは TT-R50Eとは、ヤマハ発動機が製造しているオフロードバイクです。2006年に発売されました。TT-R50Eは、排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載しています。最高出力は4.8馬力、最大トルクは4.3Nmです。変速機は4速マニュアルで、クラッチはオートマチックです。フロントサスペンションはテレスコピックフォークで、リアサスペンションはスイングアームです。ブレーキは前輪がディスクブレーキ、後輪がドラムブレーキです。シート高は660mmで、乾燥重量は71kgです。 TT-R50Eは、初心者向けのオフロードバイクとして設計されています。軽量でコンパクトなボディは、小柄な人でも乗りやすく、オートマチッククラッチは操作が簡単です。サスペンションはソフトなセッティングなので、未舗装路での走行でも快適です。また、TT-R50Eは、低速トルクに優れているので、急な坂道を登ることもできます。 TT-R50Eは、オフロードバイクの入門用として最適なモデルです。初心者でも安心して乗ることができ、オフロードライディングの楽しさを味わうことができます。
モノの名前

FT-1:ヤマハ発動機のオフロードバイク

-FT-1とその歴史- ヤマハFT-1は、ヤマハ発動機が1976年に発売したオフロードバイクである。FT-1は、1960年代後半から1970年代初頭にかけて世界中で人気を集めていたモトクロスに適したモデルとして開発された。 FT-1は、空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は14馬力があった。また、軽量なフレームとロングサスペンションが採用され、オフロードでの走破性を高めていた。 FT-1は、発売当初からその性能と扱いやすさで高い人気を集め、ヤマハ発動機のオフロードバイクの代表モデルとして君臨した。また、FT-1は、多くのライダーがモトクロスに参戦するきっかけとなったバイクでもあり、日本のモトクロス界の発展に大きな貢献を果たした。 FT-1は、1982年まで生産され、その間マイナーチェンジを繰り返しながら販売された。また、FT-1をベースとした様々な派生モデルも発売された。 FT-1は、発売から40年以上が経過した現在でも、多くのファンに愛され続けているオフロードバイクである。その頑丈な作りと扱いやすさは、現在でもオフロードを走るのに最適なバイクのひとつであると言えるだろう。
モノの名前

YZ85とは:特徴や歴史を徹底解説

YZ85の特徴 YZ85は、ヤマハ発動機が製造するモトクロッサーであり、その特徴は、以下の通りです。 ・軽量でコンパクトな車体 YZ85は、 motocross.comによると車重65kg、全長1,840mm、全幅730mmという軽量でコンパクトな車体です。そのため、取り回しがしやすく、初心者でも扱いやすいのが特徴です。 ・パワフルなエンジン YZ85は、水冷2ストロークエンジンを搭載しており、最大出力36馬力を発揮します。このパワフルなエンジンのおかげで、YZ85は、 motocross.comによると最高速度80km/h以上をマークします。 ・優れた足回り YZ85は、前輪に36mmの倒立式フロントフォーク、後輪にリンク付きモノショックのリアサスペンションを装備しています。この優れた足回りのおかげで、YZ85は、 motocross.comによるとあらゆる路面に対応することができます。 ・高性能なブレーキ YZ85は、前輪に240mmのシングルディスクブレーキ、後輪に190mmのシングルディスクブレーキを装備しています。この高性能なブレーキのおかげで、YZ85は、 motocross.comによると高い制動力を発揮します。 ・優れたデザイン YZ85は、ブルーと白のヤマハ伝統のカラーリングと、シャープなデザインが特徴です。この優れたデザインのおかげで、YZ85は、 motocross.comによると多くの人々から人気を集めています。
モノの名前

YB-1の歴史と魅力

YB-1の誕生 YB-1は、ボーイング社によって開発された多用途爆撃機です。1954年に初飛行し、1956年にアメリカ空軍に配備されました。YB-1は、B-52ストラトフォートレスの前身機であり、多くの共通点を持っています。しかし、YB-1はB-52よりも小さく、エンジンも少なかったため、航続距離と搭載量が限られていました。 YB-1は、主に低空飛行での爆撃に使用されました。ベトナム戦争では、YB-1は北ベトナムの目標を攻撃するのに使用されました。YB-1は、その優れた機動性と攻撃力を発揮し、北ベトナム軍に大きな被害を与えました。 しかし、YB-1はベトナム戦争中に大きな損害を受け、1973年に退役しました。YB-1は、その短い生涯でしたが、アメリカ空軍に大きな貢献をした飛行機でした。YB-1は、B-52ストラトフォートレスの開発に大きく貢献し、ベトナム戦争での活躍は今も語り継がれています。