ラリアット

モノの名前

「リキ・ラリアット」の歴史と特徴

「リキ・ラリアット」とは? 「リキ・ラリアット」は、プロレスにおける得意技の一つです。元々は、スタン・ハンセンが使用していたフィニッシュ・ホールドであり、現在では、多くのプロレスラーが使用しています。この技は、ラリアットと同様の動作ですが、ラリアットよりも身体を大きく回転させ、相手を強く吹き飛ばすのが特徴です。そのため、ラリアットよりもダメージが大きく、フィニッシュ・ホールドとして使用されることが多いです。 「リキ・ラリアット」は、相手をコーナーポストに追い詰めてから仕掛けるのが一般的です。まずは、相手をコーナーポストに押し込み、コーナーポストに相手の上半身を密着させます。そして、リングの中央から助走をつけてコーナーポストに向かって走り、相手の首の横にエルボーを叩き込みます。このとき、身体を大きく回転させながらエルボーを叩き込むことで、相手を強く吹き飛ばすことができます。 「リキ・ラリアット」は、その強力な威力から、多くのプロレスラーが使用しています。中でも、スタン・ハンセン、天龍源一郎、棚橋弘至、中邑真輔などは、「リキ・ラリアット」をフィニッシュ・ホールドとして使用しており、多くの勝利を収めています。
モノの名前

ラリアットの威力と歴史

ラリアットの起源と歴史 ラリアットはプロレスの技のひとつで、相手の後頭部に腕を回して、前方へ振り回す技です。ラリアットの起源は古く、19世紀半ばのイギリスで、レスラーのジョン・ラリアットが考案したとされています。ラリアットはその後、アメリカへと渡り、プロレスの定番技として定着しました。 ラリアットの威力は、そのスピードと重さにあります。ラリアットは相手の後頭部に直撃するため、大きなダメージを与えることができます。また、ラリアットは相手を脳震盪にする可能性もあります。このため、ラリアットはプロレスの中でも最も危険な技のひとつとされています。 ラリアットは、その威力と危険性から、プロレスの試合で重要な役割を果たします。ラリアットは試合を決めたり、流れを変えたりする技として使われることが多くあります。また、ラリアットはレスラーのキャラクターを表現する技としても使われます。例えば、ラリアットが得意なレスラーは、パワーファイターやハードコアファイターなどのキャラクターであることが多いです。 ラリアットは、プロレスの歴史の中で最も重要な技のひとつであり、これからもプロレスの試合で重要な役割を果たし続けるでしょう。
モノの名前

プロレス技解説:ウエスタン・ラリアット

スタン・ハンセンの代名詞 スタン・ハンセンは、アメリカのプロレスラーであり、全日本プロレスを中心に活躍した。彼は、その圧倒的なパワーと強靭な肉体で知られ、数々の名勝負を繰り広げた。その中でも、最も有名な技がウエスタン・ラリアットである。 ウエスタン・ラリアットは、ハンセンがロープを背にして立ち、相手の正面に突進しながら左腕を伸ばして相手の顔面を殴りつける技である。この技は、ハンセンの豪快なファイトスタイルを象徴する技であり、会場を大いに沸かせた。 ハンセンは、このウエスタン・ラリアットを武器に、数多くのタイトルを獲得した。また、ハンセンとアントニオ猪木の対戦は、全日本プロレスの黄金期を代表する名勝負として語り継がれている。