リチャード・スターク

作品名

悪党パーカーエンジェルについて

「あらすじ」 悪党パーカーエンジェルは、19世紀半ばのアメリカ西部を舞台にした、犯罪と冒険の物語である。主人公は、パーカー・エンジェルという名の若いアウトローであり、彼は無法者の集団に加わり、銀行を襲ったり、列車を強盗したりして、無法地帯を荒らし回っている。しかし、ある日、パーカーは自分が盗んだ金が、貧しい人々を助けるために使われていたことを知り、自分の生き方に疑問を抱き始める。彼は無法者の集団を離れ、新しい人生を始めることを決意する。 パーカーは、新しい人生を始めるために、小さな町にやって来る。彼は、そこで、地元の牧師の娘であるメアリーと出会い、彼女に恋をする。しかし、彼らの愛は、パーカーの過去によって試されることになる。メアリーの父親は、パーカーの過去を知り、彼を娘と結婚させることを禁じる。パーカーは、メアリーと結婚するために、自分の過去を償うことを決意し、無法者の集団を相手に戦いを挑む。 パーカーは、無法者の集団を打ち破り、メアリーと結婚することができる。彼は、無法者から更生し、新しい人生を始めることに成功する。パーカーの物語は、犯罪と冒険に満ちた物語であると同時に、更生と贖罪の物語でもある。
映画の名前

「汚れた七人」(1968年)について

「汚れた七人」は、1968年に公開されたアメリカ西部劇映画です。ジョン・スタージェス監督、チャールズ・ブロンソン、イライ・ウォラック、スティーブ・マックイーン、ブライアン・キース、ジェームズ・コバーン、ロバート・ヴォーン、チャールズ・サウスウッドが出演しました。 この映画は、メキシコの国境近くの小さな村で、農民たちが盗賊団に襲われることから始まります。村人たちは盗賊団を倒すために、賞金稼ぎのクリス(ブロンソン)に助けを求めます。クリスは、カルベラ(ウォラック)、ヴィン(マックイーン)、リー(キース)、チコ(コバーン)、ブリット(ヴォーン)、ハリー(サウスウッド)という6人の男たちを雇い、村を盗賊団から守るために戦います。
作品名

「悪党パーカー怒りの追跡」の魅力

「悪党パーカー怒りの追跡」は、2013年に公開されたアクションスリラー映画です。ジェイソン・ステイサムがパーカー役で主演し、ジェニファー・ロペス、マイケル・チクリス、ニック・ノルティらが共演しています。 物語は、強盗の罪で服役していた元盗賊のパーカーが、出所後に復讐を誓うことから始まります。強盗団の仲間だったメルアンダーとその手下たちは、パーカーを裏切り、彼を警察に売り渡したのです。パーカーは刑期を終えて出所後、メルアンダーと手下たちに復讐するため、彼らを追跡し始めます。 パーカーとメルアンダーの追跡劇は、アメリカ中を舞台に繰り広げられます。パーカーはメルアンダーに近づき、彼の強盗計画を阻止しようとしますが、メルアンダーは狡猾で、パーカーの計画は何度も失敗に終わります。しかし、パーカーは諦めずにメルアンダーを追跡し続け、ついに彼を追い詰めます。 パーカーはメルアンダーを倒し、復讐を果たします。しかし、パーカーは復讐を果たしても、心の傷は癒えません。彼は強盗団の仲間だったこと、そしてメルアンダーを殺してしまったことを後悔しています。パーカーは新しい人生を始めるために、アメリカを離れます。
作品名

「黒い国から来た女」のリチャード・スタークとは

「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズとは、リチャード・スタークによって書かれた6つの犯罪小説のシリーズであり、1963年からの7年間で発行されました。このシリーズは、物議を醸す主人公アラン・グロフィールドを中心に展開しています。アラン・グロフィールドは、主に中西部で銀行や企業を襲う高学歴の強盗です。 スタークは、グロフィールドを多面的で同情的なキャラクターとして描いたことで賞賛されました。グロフィールドは、強盗や強奪の行為を犯す冷酷な犯罪者ではありますが、同時に知性とユーモアのある魅力的な人物でもあります。このシリーズは、犯罪と刑罰、富と貧困、成功と失敗のテーマを深く掘り下げており、スタークの最も有名な作品の一つとされています。 「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、映画やテレビに何度も脚色されています。最も有名な映画化は、1967年にポール・ニューマン主演で公開された「暴力脱走」です。この映画は、批評家や観客から絶賛され、スタークにとって最も成功した映画となりました。 「俳優強盗アラン・グロフィールド」シリーズは、犯罪小説の傑作として広く考えられています。このシリーズは、スタークの鋭い洞察力とストーリーテリングの才能を遺憾なく発揮した作品であり、犯罪小説ファンに長く読み継がれる作品となるでしょう。
作品名

「悪党パーカー逃亡の顔」の魅力

リチャード・スタークのハードボイルド小説は、1950年代から1960年代にかけて、アメリカで人気を博しました。その中でも、「パーカー」シリーズは、冷酷な主人公パーカーの活躍を描いており、ハードボイルドファンの間で特に人気を誇っています。 「パーカー」シリーズの魅力の一つは、主人公パーカーのキャラクターにあります。パーカーは、過去に裏切られた経験から、誰かを信じることをやめ、徹底的に合理的な行動をとる人物です。彼は、敵を倒すためにあらゆる手段を講じ、たとえそれが罪を犯すことになったとしても、一切の躊躇を示しません。このようなパーカーのキャラクターは、読者に強いインパクトを与えます。 「パーカー」シリーズの魅力のもう一つは、そのハードボイルドな世界観にあります。パーカーが活躍する世界は、犯罪と暴力に満ち溢れており、弱肉強食の法則が支配しています。そんな世界で、パーカーは常に危機にさらされながら、自分の生き残りをかけ、敵に立ち向かっていきます。読者は、ハラハラドキドキしながら、パーカーの活躍を見守ることになるでしょう。 「パーカー」シリーズは、リチャード・スタークの代表作であり、ハードボイルド小説の金字塔として高く評価されています。冷酷な主人公パーカーの生き様を描いたこのシリーズは、多くの読者を魅了し、今もなお読み継がれています。
作品名

『レモンは嘘をつかない』の魅力

「『レモンは嘘をつかない』とは」 『レモンは嘘をつかない』とは、川端康成による短編小説である。1924年(大正13年)に発表された。この小説は、一人の若い女性の視点から語られ、彼女の片思いの相手である男性との関係を描いている。 主人公の女性は、ある日、公園で一人の男性を見かける。その男性は、レモンを手に持ち、それを食べている。その姿に惹かれた女性は、彼に声をかけ、二人は知り合う。二人は、その後も何度かデートを重ね、女性は彼に恋をするようになる。しかし、男性は、女性に対して本気ではなく、やがて彼女を振ってしまう。 女性は、男性に振られたショックから立ち直ることができず、精神を病んでしまう。彼女は、レモンを手に持ち、それを食べながら、一日中公園をさまようようになる。ある日、女性は、公園で倒れ、そのまま亡くなってしまう。 『レモンは嘘をつかない』は、女性の片思いの苦悩を描いた作品である。この小説は、川端康成の初期の代表作であり、彼の作風の確立に大きな役割を果たした。
作品名

「悪党パーカー殺人遊園地」の魅力

「ハードボイルド小説の傑作」 「悪党パーカー殺人遊園地」の魅力の一つは、なんといってもそのハードボイルドな世界観だろう。主人公のパーカーは、裏社会で生きる一匹狼の殺し屋であり、常に危険と隣合わせの生活を送っている。そんなパーカーが、巨大な犯罪組織に立ち向かっていく姿は、まさにハードボイルド小説の王道である。 ハードボイルド小説とは、1920年代にアメリカで生まれた小説のジャンルである。ハードボイルドとは「ゆで卵」という意味で、ゆで卵のように固くゆでられた主人公の生き様を表している。ハードボイルド小説は、犯罪や暴力の世界を描いたものが多く、主人公は常に危険と隣り合わせの中で生きている。 「悪党パーカー殺人遊園地」は、ハードボイルド小説の傑作として知られる作品である。この作品でパーカーは、巨大な犯罪組織である「シンジケート」に立ち向かっていく。シンジケートは、麻薬や武器の密売、売春など、あらゆる犯罪に関与している犯罪組織である。パーカーは、そんなシンジケートを相手に、たった一人で戦いを挑んでいく。 「悪党パーカー殺人遊園地」は、ハードボイルド小説の傑作として名高い作品である。主人公のパーカーは、裏社会で生きる一匹狼の殺し屋であり、常に危険と隣合わせの生活を送っている。そんなパーカーが、巨大な犯罪組織に立ち向かっていく姿は、まさにハードボイルド小説の王道である。
作品名

「悪党パーカー電子の要塞」解説

リチャード・スタークのハードボイルド作品 「悪党パーカー電子の要塞」は、リチャード・スタークのハードボイルド小説です。スタークは、アメリカの小説家で、ハードボイルド小説の巨匠といわれています。彼の作品は、犯罪や暴力、そして男の生きざまをリアルに描き、多くの読者を魅了してきました。 スタークは、1928年にニューヨークで生まれました。本名は、ドナルド・E・ウェストレイクです。彼は、1953年に「悪党パーカー」で小説家デビューしました。その後、彼は「パーカー」シリーズや「ドナル・ウェストレイク」シリーズなど、数多くの作品を発表しました。 「悪党パーカー電子の要塞」は、1962年に発表された「パーカー」シリーズの第4作です。この作品は、パーカーが、大企業パーカー電子の要塞に潜入し、金塊を盗み出すというストーリーです。パーカーは、強くてタフな男であり、犯罪の世界で生き抜くための知恵を持っています。彼は、要塞に潜入する際に、さまざまな困難に遭遇しますが、それを乗り越えて金塊を見事に盗み出します。 「悪党パーカー電子の要塞」は、ハードボイルド小説の傑作として高く評価されています。この作品は、犯罪や暴力、そして男の生きざまをリアルに描き、読者に強い印象を残します。スタークの作品は、ハードボイルド小説のファンだけでなく、多くの読者に愛されています。
作品名

『悪党パーカー漆黒のダイヤ』の世界

-パーカーの人物像と背景- パーカーは、小説「悪党パーカー漆黒のダイヤ」の主人公であり、ある意味でアンチヒーローです。彼は犯罪者ですが、同時に、道徳規範と名誉の感覚を持っています。彼は強くてタフですが、同時に、ユーモアのセンスがあり、自分の行動を気にかけています。彼はまた、孤独であり、孤立したキャラクターでもあります。彼は、世界に対して不信感を抱いており、他人を信頼することができません。このため、彼はしばしば一人で行動し、自分の信念のために戦います。 パーカーの背景は、彼の人物像を形成する上で重要な役割を果たしています。彼は、犯罪者の両親のもとに生まれ、幼い頃から犯罪の世界に巻き込まれました。彼は、強盗や詐欺などの犯罪を繰り返し、刑務所を何度も出入りしました。この経験が、彼に強さとタフさを身に着けさせましたが、同時に、彼を孤独で孤立したキャラクターにもしました。 パーカーは、複雑で興味深いキャラクターです。彼は、犯罪者ですが、同時に、道徳規範と名誉の感覚を持っています。彼は、強くてタフですが、同時に、ユーモアのセンスがあり、自分の行動を気にかけています。彼はまた、孤独であり、孤立したキャラクターでもあります。彼の背景は、彼の人物像を形成する上で重要な役割を果たしています。彼は、犯罪者の両親のもとに生まれ、幼い頃から犯罪の世界に巻き込まれました。彼は、強盗や詐欺などの犯罪を繰り返し、刑務所を何度も出入りしました。この経験が、彼に強さとタフさを身に着けさせましたが、同時に、彼を孤独で孤立したキャラクターにもしました。
作品名

「悪党パーカー殺戮の月」

ストーリー概略 「悪党パーカー殺戮の月」は、1930 年代のカンザス州を舞台にした犯罪小説です。主人公は、悪党パーカーを殺害するために雇われた私立探偵、サム・スペードです。スペードは、この事件を調査するうちに、パーカーの死には、複数の容疑者が関与していることを突き止めます。 容疑者の 1 人は、パーカーの妻であるアイリーンです。アイリーンは、パーカーが自分と娘を虐待していたため、夫を殺害することを決意したと主張します。しかし、スペードはアイリーンの主張に懐疑的であり、彼女が夫の死に関与しているのではないかと疑います。 もう 1 人の容疑者は、パーカーのビジネスパートナーであるモーガンです。モーガンは、パーカーが会社の金を横領していたことを知り、彼を殺害して会社を取り戻そうとしたと主張します。しかし、スペードはモーガンの主張にも懐疑的であり、彼もまたパーカーの死に関与しているのではないかと疑います。 スペードは、捜査を進めるうちに、パーカーの死には、さらに多くの容疑者が関わっていることを突き止めます。そして、ついに、真犯人を突き止め、彼を逮捕することに成功します。
作品名

「悪党パーカー標的はイーグル」とは

「悪党パーカー標的はイーゴール」という小説の概要 「悪党パーカー標的はイーゴール」は、ジョン・マクドナルドによって書かれた犯罪小説です。1962年に初めて出版され、トラヴィス・マクギーシリーズの2作目となります。 この小説は、フロリダ州フォートローダーデールを拠点とする私立探偵トラヴィス・マクギーの物語です。マクギーは元ボートの操縦士で、現在はカウリングという小さなモーターボートに住み、犯罪者や行方不明者からの依頼を引き受けています。 この小説では、マクギーはギャンブルの借金を返済するために、億万長者の銀行家であるイーグルから1万ドルを盗むように依頼されます。マクギーはイーグルの豪邸に忍び込み、1万ドルを盗みますが、すぐにイーグルの部下に追いかけられます。マクギーはなんとか逃げ出しますが、盗んだ金はイーグルの部下に奪われてしまいます。 マクギーは盗まれた金を返金するために、イーグルの隠し金庫を探し始めます。マクギーはイーグルの部下であるパーカーと出会い、パーカーと協力してイーグルの隠し金庫を見つけ出します。マクギーとパーカーはイーグルの隠し金庫から金を盗み出し、イーグルを破滅させます。
作品名

「組織」1973年製作映画の紹介

-組織の概要とあらすじ- 「組織」は、1973年に公開された日本の映画です。監督は佐藤純彌、主演は鶴田浩二、池部良、菅原文太が務めました。 この映画は、日本の暴力団の世界を描いたもので、ヤクザ組織の抗争や、主人公のヤクザの生きざまなどを描いています。 主人公の「大友勝利」は、ヤクザ組織「花形組」の幹部です。大友は、花形組の組長である花形太郎の信頼が厚い部下で、組織内でも高い地位を持っています。しかし、大友は花形組のやり方に疑問を抱き始め、次第に組織から離れていきます。 大友が組織から離れたことで、花形組は混乱状態に陥ります。花形組は、敵対するヤクザ組織「神谷組」に攻撃を受け、組織は分裂の危機に瀕します。大友は、花形組を救うために戻り、神谷組と対決します。 大友は、神谷組の組長である神谷権造を破り、花形組を救います。しかし、大友は組織のやり方に嫌気がさし、組織を離れます。大友は、ヤクザの世界から足を洗い、新しい人生を歩み始めます。
作品名

悪党パーカー死神が見ている

私立探偵パーカーの活躍を描くハードボイルド 悪党パーカー死神が見ている 私立探偵パーカーは、街の暗部を駆け抜ける孤独な戦士だ。彼は正義のために戦い、悪を裁くことに人生を捧げている。今日もまた、彼は新たな事件に巻き込まれていく。 ある日、パーカーのもとに一人の女性が訪ねてきた。彼女は、夫が行方不明になったと訴えている。パーカーは調査に乗り出し、やがて夫がギャングに誘拐されたことを突き止める。 パーカーはギャングのアジトに乗り込み、夫を救出する。しかし、ギャングのボスはパーカーを殺そうとする。パーカーは死闘の末、ボスの命を奪い、夫を無事に妻のもとに帰した。 パーカーは、今日もまた悪を裁いた。彼は街のヒーローであり、人々の希望の星だ。これからも彼は、正義のために戦い続けるだろう。
作品名

悪党パーカードーサル 「悪党パーカーターゲット」の物語

パーカーのハードボイルドな世界 リチャード・スタークの小説に登場する主人公、パーカーは、ハードボイルドで冷酷な泥棒です。彼は、完璧な計画と容赦ない実行力を持って犯罪を実行し、常に成功を収めてきました。しかし、ある日、彼が信頼していた仲間の裏切りにより、犯罪グループから裏切られてしまいます。パーカーは、仲間から奪われた金を奪い返し、裏切った仲間たちに復讐するために、ハードボイルドな世界に足を踏み入れます。 パーカーが生きるハードボイルドな世界は、裏切りと暴力に満ちています。彼は、仲間からの裏切り、警察やギャングからの追跡、そして組織として犯罪を行うグループとの戦いに巻き込まれていきます。パーカーは、これらの敵に立ち向かうために、ハードボイルドな性格と冷酷さを武器にします。 パーカーは、ハードボイルドな世界で生き抜くために、様々な武器や道具を駆使します。彼は、銃、ナイフ、爆弾など、様々な武器を使いこなすことができます。また、彼は、変装や盗聴など、様々な道具を駆使して、敵を欺きます。パーカーは、ハードボイルドな世界で生き抜くために、様々なスキルと知識を駆使して、敵と戦います。 パーカーは、ハードボイルドな世界で生き抜くために、孤独に戦います。彼は、仲間を裏切った犯罪グループに復讐するために、一人で戦います。パーカーは、孤独に戦いながら、ハードボイルドな世界で生き抜きます。
作品名

「悪党パーカー掠奪軍団」の魅力

「悪党パーカー掠奪軍団」は、ハードボイルドな世界観が魅力的な作品です。本作の主人公であるパーカーは、冷酷なプロの犯罪者ですが、一種の正義感を持っており、弱者や被害者を助けるために犯罪を犯すという設定です。そんなパーカーが仲間と共に強盗団を結成し、大企業や犯罪組織に立ち向かう姿が描かれています。 ハードボイルドな世界観とは、犯罪や暴力、裏切りといった要素が絡み合った世界観のことです。本作では、強盗団のメンバーであるパーカー、リサ、ハリー、メルがそれぞれ複雑な背景を持っています。パーカーは、復讐のために強盗団を結成した過去があり、リサは、元売春婦でありながら、強盗団の中ではリーダー的な存在となっています。ハリーは、麻薬中毒でありながら、強盗団の中で重要な役割を果たしています。メルは、強盗団の中で唯一の女性であり、パーカーを支える存在となっています。 また、本作では、強盗団のメンバー同士の葛藤や裏切りも描かれています。強盗団のメンバーは、それぞれが異なる目的を持っており、それがぶつかり合うことで、ドラマが生まれています。 ハードボイルドな世界観が好きな人であれば、本作はきっと楽しめるでしょう。
作品名

「悪党パーカー裏切りのコイン」について

「悪党パーカー裏切りのコイン」は、1958年に出版されたダシール・ハメットの短編小説です。この物語は、私立探偵のサム・スペードが、悪名高いギャングであるパーカーの裏切りによって盗まれた金貨を取り戻すのを手伝おうとする内容です。 この物語は、スペードがパーカーの部下であるルーファス・リオーダンから依頼を受けたところから始まります。リオーダンは、スペードにパーカーが盗んだ金貨を取り戻すよう依頼します。金貨は、現在はリオーダンの妻であるクララが所有しています。 スペードは、リオーダンと彼の妻クララから情報を集め、盗まれた金貨を探し始めます。スペードは、パーカーの部下の1人であるフランキー・オースティンが金貨を所有していることを突き止めます。オースティンは、スペードに金貨を渡すことを拒否します。そこで、スペードはオースティンを殺して金貨を奪います。 スペードは金貨をリオーダンに返還します。しかし、リオーダンは金貨を受け取りません。リオーダンは、スペードがパーカーを殺したことを知っており、スペードが金貨を盗んだと信じています。 スペードは、リオーダンに自分がパーカーを殺していないことを証明しようとします。しかし、リオーダンはスペードの話を受け入れません。リオーダンは、スペードに銃を突きつけます。スペードは、リオーダンを殺してしまいます。 スペードは、金貨を警察に渡します。警察は、スペードをパーカーとオースティンの殺害で逮捕します。スペードは裁判にかけられます。裁判では、スペードはパーカーとオースティンの殺害を否認します。しかし、スペードは有罪判決を受け、死刑を宣告されます。
作品名

「悪党パーカー犯罪組織」の魅力とは?

「悪党パーカー犯罪組織」のストーリー 「悪党パーカー犯罪組織」は、1920年代のシークレット・エンパイアに端を発する犯罪組織である。組織の創設者は、悪党パーカーとして知られるジョージ・バーカーである。バーカーは、強盗、密輸、ギャンブルなど、あらゆる犯罪行為に関与していた。彼の犯罪組織は、すぐにシカゴで最も強力な組織の一つとなった。 1930年代になると、「悪党パーカー犯罪組織」は、アル・カポネ率いる「シカゴ・アウトフィット」と抗争を繰り広げるようになった。両組織は、縄張り争いや密輸ルートをめぐって、熾烈な戦いを繰り広げた。この抗争は、1933年の聖バレンタインデーの虐殺でクライマックスを迎えた。この虐殺で、「シカゴ・アウトフィット」は、「悪党パーカー犯罪組織」の幹部6人を殺害した。 聖バレンタインデーの虐殺の後、「悪党パーカー犯罪組織」は衰退の一途をたどった。バーカーは1934年に逮捕され、終身刑を言い渡された。組織は、その後も数年間は存続したが、最終的には解体された。 「悪党パーカー犯罪組織」は、アメリカの犯罪史において重要な組織である。この組織は、1920年代から1930年代にかけて、シカゴで最も強力な組織の一つであった。そして、アル・カポネ率いる「シカゴ・アウトフィット」と抗争を繰り広げたことで知られている。
作品名

「悪党パーカー地獄の分け前」を読み解く

小説の背景と文脈 「悪党パーカー地獄の分け前」は、1962 年に出版されたドナルド・E・ウェストレイク氏の犯罪小説です。この小説は、犯罪のキャリアから引退しようとしている泥棒のパーカーを主人公としています。しかし、彼は過去の仲間であるマルブリーと出会い、ラスベガスのカジノを襲撃するという計画に引き込まれてしまいます。 この小説は、当時のアメリカ社会を背景としています。1960 年代は、経済成長と社会変革の時代でしたが、同時に犯罪も増加していました。この小説は、そのような時代の犯罪の世界をリアルに描写しています。 また、この小説は、犯罪小説の文脈においても重要な作品です。パーカーは、犯罪小説の主人公として人気のあるキャラクターであり、この小説はパーカーシリーズの最初の作品でもあります。この小説は、犯罪小説のジャンルに大きな影響を与え、その後の多くの犯罪小説にインスピレーションを与えました。
作品名

「悪党パーカー人狩り」のすべて

「悪党パーカー人狩り」のあらすじ 「悪党パーカー人狩り」は、1969年に公開されたアメリカ映画です。主演はポール・ニューマンとロバート・レッドフォード。監督はジョージ・ロイ・ヒルです。この映画は、1900年代初頭のワイオミング州を舞台に、銀行強盗団と保安官の対決を描いています。 物語は、ワイオミング州の小さな町ビッグ・ホイを舞台にしている。町の治安官、パーカーは、町を恐怖に陥れている銀行強盗団、ホール・ギャングを追っている。ホール・ギャングは、冷酷で無慈悲な盗賊団で、町の人々はギャングを恐れている。 ある日、ホール・ギャングは再び銀行を襲撃する。パーカーは、ギャングを追跡し、ギャングの隠れ家であるロックアイランドにたどり着く。パーカーは、ギャングの隠れ家であるロックアイランドに攻め込むが、ギャングはパーカーを待ち伏せし、パーカーはギャングに捕まってしまう。 ギャングは、パーカーを殺そうとするが、パーカーはギャングと戦って逃げ出すことに成功する。パーカーは、町に戻り、ギャングを逮捕するために保安官たちを集める。パーカーと保安官たちは、ギャングの隠れ家であるロックアイランドに再び攻め込む。ギャングは、パーカーと保安官たちと激しく戦うが、最後にはパーカーと保安官たちに敗北する。
作品名

ペイバック徹底解説

ペイバックとは? ペイバックとは、投資によって費やした金額を回収するまでの期間のことを指します。投資した金額が回収できれば、それ以降は利益となります。ペイバック期間は、投資する際の重要な検討事項の一つです。ペイバック期間が短いほど、投資回収が早く、投資効率が良いと言えます。逆に、ペイバック期間が長いほど、投資回収が遅く、投資効率が悪いと言えます。 ペイバック期間は、投資金額と投資によって得られるキャッシュフローを考慮して計算します。キャッシュフローとは、投資によって得られる収益から投資によって発生する費用を差し引いた金額のことです。ペイバック期間は、投資金額をキャッシュフローで割った値になります。 ペイバック期間は、投資する際の重要な検討事項の一つですが、投資効率を評価する唯一の指標ではありません。投資効率を評価する際には、ペイバック期間以外にも、投資回収率(ROI)や内部収益率(IRR)なども考慮する必要があります。
作品名

1967年製作「闇をつきぬけろ真夜中の大略奪」

1967年に公開された映画「闇をつきぬけろ真夜中の大略奪」は、サスペンスとアクションに満ちた作品です。監督は名匠ハワード・ホークス、主演はポール・ニューマンとジョアンナ・ウッドワードです。 この映画は、第二次世界大戦中のパリを舞台に、レジスタンス運動に関わる男女の活躍を描いています。二人は、パリから逃亡しようとする難民を助けるため、ナチスドイツの兵士たちと対決します。主人公たちの勇気ある戦いと、彼らの間に芽生える愛の物語が、スリリングな展開の中で描かれています。 この映画は、公開当時から高い評価を受け、アカデミー賞にもノミネートされました。ポール・ニューマンとジョアンナ・ウッドワードの演技も絶賛され、二人の共演シーンは映画史に残る名シーンのひとつとなっています。また、ハワード・ホークスの演出も冴え渡っており、緊迫感あふれるシーンの数々は観客を釘付けにします。 「闇をつきぬけろ真夜中の大略奪」は、第二次世界大戦を舞台にした作品でありながら、普遍的なテーマを扱っているため、現代の観客にも十分に楽しめる作品です。サスペンスとアクション、そしてラブストーリーが融合したこの映画は、ぜひ一度は見ておきたい名作です。
作品名

悪党パーカーエンジェルについて

悪党パーカーエンジェルについてのあらすじ 悪党パーカーエンジェルは、危険で予測不可能な犯罪者で、数々の犯罪を犯し、警察から逃れ続けてきました。ある日、彼は大掛かりな銀行強盗を計画し、実行に移します。しかし、計画は裏目に出て、警察に追跡されることになります。 パーカーエンジェルは、警察から逃れるために、仲間とともに、人質をとって立てこもります。立てこもり事件は数日間続き、警察とパーカーエンジェル一味の間に緊張が高まります。 やがて、警察はパーカーエンジェル一味を追い詰めていきます。パーカーエンジェルは、警察に囲まれ、抵抗するすべもなく、逮捕されます。仲間の多くも逮捕され、事件は終結します。 パーカーエンジェルは、裁判にかけられ、有罪判決を受けます。彼は、長い懲役刑を言い渡され、刑務所に収監されます。しかし、パーカーエンジェルは、服役中に改心し、出所後は、社会に貢献する生き方をします。
作品名

知られざる傑作「俳優強盗と悩める処女」

悪に染まっていく主人公の葛藤 主人公の平田一郎は、大学を卒業して、大手企業に就職した。しかし、すぐに会社が倒産して、失業してしまう。就職活動に苦戦する中、彼はある日、路上で声をかけられた。それは、強盗団のリーダーだった。 強盗団には、一郎と同じように、生活に困窮した若者が集まっていた。一郎は強盗団に加わることで、お金を手に入れ、生活を立て直そうと考えた。しかし、強盗を繰り返すうちに、彼は次第に罪悪感を感じるようになっていく。 ある日、一郎は警官に追われて、倉庫に逃げ込んだ。倉庫の中には、一人の若い女性がいた。女性は、一郎に助けを求めた。一郎は、女性を助けるべきか、それとも逃げるべきか、葛藤する。 結局、一郎は女性を助けることを決意した。彼は警官に逮捕されたが、女性は無事だった。一郎は、罪を償い、出所後は更生して、新しい人生を歩み始めた。
作品名

殺しの分け前ポイント・ブランク

映画の概要 「殺しの分け前ポイント・ブランク」は、ジョン・ブアマン監督の1967年のアメリカのネオ・ノワール映画です。ドナルド・E・ウェストレイクの1962年の小説「The Hunter」を原作としており、リー・マーヴィン、アンジー・ディキンソン、ジョン・ヴァース、マイケル・J・ポラードが出演しています。この映画は、妻の浮気を疑い、彼女の元恋人に復讐しようとする私立探偵の物語です。 この映画は批評家から好意的な評価を受け、その演出、脚本、演技が賞賛されました。また、興行的に成功を収め、世界中で2,000万ドル以上の収益を上げました。「殺しの分け前ポイント・ブランク」は、今ではフィルム・ノワールの傑作とみなされており、アメリカ映画協会のAFIトップ100リストに選出されています。 主人公の私立探偵ウォルター・ニーダムは、妻のエレンが浮気をしていると疑っており、彼女の元恋人で犯罪組織のボスであるキースに復讐しようと計画します。ニーダムは、キースの組織に入り込み、彼の信頼を得ることに成功します。そして、キースの組織の金を盗み、彼を殺害することに成功します。しかし、ニーダムはキースの殺害の濡れ衣を着せられ、警察に追われる身となります。そして、ニーダムはエレンと共に逃亡する道を選びます。 「殺しの分け前ポイント・ブランク」は、サスペンスに満ちたハードボイルドな物語で、暴力と裏切り、そして復讐を描いた映画です。この映画は、そのスタイリッシュな演出と俳優陣の好演で、今もなお多くの映画ファンから愛されています。