レッドエールタイプ

モノの名前

「赤鬼」誕生の秘話と美味しさの魅力

北海道産の大麦とホップを使用 「赤鬼」は、北海道産の二条大麦とホップを使用しています。二条大麦は、大麦の中でも特に良質な品種で、独特の風味とコクがあります。ホップは、ビールに苦味と香りを与える植物で、北海道産のホップは、香りが高く、品質が良いことで知られています。これらの北海道産の原料を使用することで、「赤鬼」は深いコクと豊かな香りを実現しています。 二条大麦は、北海道の厳しい気候風土の中で育った大麦です。北海道の大麦は、寒暖差が大きく、日照時間が長いことから、でんぷん質を多く含み、甘みが強いのが特徴です。また、北海道の土壌は、ミネラルが豊富で、大麦の生育に適しています。そのため、北海道産の二条大麦は、良質なビールの原料として、世界中から高く評価されています。 ホップも、北海道の気候風土に適した植物です。北海道のホップは、昼夜の寒暖差が大きいことから、香りが高く、苦みが強いのが特徴です。また、北海道の土壌は、水はけが良く、ホップの生育に適しています。そのため、北海道産のホップは、良質なビールの原料として、世界中から高く評価されています。 北海道産の二条大麦とホップを使用することで、「赤鬼」は深いコクと豊かな香りを実現しています。また、北海道の厳しい気候風土の中で育った原料を使用することで、「赤鬼」は、力強く、キレのある味わいとなっています。
モノの名前

北海道の地ビール『赤鬼』の魅力

赤鬼とは? 赤鬼は、北海道で製造されている地ビールの一つです。北海道限定のビールとして、地元の人を中心に人気を集めています。赤鬼は、北海道産の小麦と大麦を原料として使用されており、爽やかな飲み口とフルーティな味わいが特徴です。また、赤鬼は、北海道の厳しい気候風土の中で育てられたホップを使用しており、そのホップの苦みが赤鬼の味わいに深みを与えています。赤鬼は、北海道産の原料にこだわって作られており、北海道の風土を味わうことができるビールです。