ロバート・モーレイ

作品名

アフリカの女王:冒険とロマンの物語

アフリカの女王冒険とロマンの物語 小説と映画の概要 アフリカの女王は、C・S・フォレスターによる1935年の小説である。小説はアフリカの植民地を舞台に、第一次世界大戦中のドイツ軍とイギリス軍の戦いを背景に、老いたイギリス人船長チャーリー・オールナットとその船であるアフリカの女王号の物語である。 小説は1951年に「アフリカの女王」として映画化された。映画はジョン・ヒューストン監督、ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーン主演で制作された。映画は小説に忠実であり、チャーリーとローズの物語を生き生きと描いている。 映画はアカデミー賞4部門にノミネートされ、そのうち撮影賞と編集賞を受賞した。映画は批評家と観客に好評であり、今日でも冒険とロマンの古典として愛されている。 小説と映画の両方の主人公であるチャーリーは、英国の植民地、ドイツ領東アフリカに暮らす老いたイギリス人船長である。チャーリーは船の「アフリカの女王号」で川を航行し、タンガニーカ湖で漁をして生活している。チャーリーは頑固で偏屈な性格だが、心優しく正義感の強い人物でもある。 小説と映画のもう一人の主人公であるローズは、チャーリーの妹である。ローズはイギリスからドイツ領東アフリカを訪ねてきて、チャーリーと暮らすことになる。ローズはチャーリーとは対照的に、明るく社交的な性格である。ローズはチャーリーにドイツ軍の脅威を伝え、チャーリーをドイツ軍と戦う決意をさせる。 チャーリーとローズは、アフリカの女王号でドイツ軍の基地を攻撃したり、ドイツ軍の船を沈めたりするなど、ドイツ軍と勇敢に戦う。チャーリーとローズは、やがてお互いに惹かれ合っていく。 小説と映画の結末は、チャーリーとローズがドイツ軍を破ってイギリス軍に勝利をもたらすことである。チャーリーとローズは、戦争後に結婚して幸せに暮らす。