一関市

地名・ロケ地

市道金沢線・岩が崎線のみどころ

金沢線のみどころ 金沢線は、石川県金沢市を東西に走る市道です。全長約8.5キロメートル、幅員約15メートルで、金沢市中心部と金沢港を結ぶ重要な幹線道路です。金沢線は、沿線に多くの観光スポットがあり、人気のドライブコースとなっています。 金沢線の見どころの一つは、金沢城公園です。金沢城公園は、金沢城の跡地に整備された公園で、国の史跡に指定されています。公園内には、金沢城の天守閣や櫓、庭園などが残されており、当時の面影を偲ぶことができます。 金沢線の見どころの二つ目は、兼六園です。兼六園は、金沢市にある日本庭園で、国の特別名勝に指定されています。兼六園は、四季折々の花や木々を楽しむことができ、金沢を代表する観光スポットとなっています。 金沢線の見どころの三つ目は、金沢港です。金沢港は、石川県金沢市にある港湾で、北陸地方最大の港湾となっています。金沢港には、貨物船や旅客船が寄港しており、国内外との貿易や物流の拠点となっています。金沢港から眺める夜景は、金沢の観光スポットの一つとなっています。
施設名・ロケ地

「有切ため池」の魅力を堪能!

百間堤とは? 有切ため池の北側に位置する百間堤は、全長約180mの堤防です。江戸時代に築かれたこの堤防は、有切ため池の水を貯める役割を果たしています。百間堤は、有切ため池の景観をより一層美しくしているだけでなく、防災の役割も果たしています。 百間堤は、春には桜が咲き誇り、夏には緑が茂り、秋には紅葉が楽しめる絶景スポットです。また、百間堤の周辺には、有切ため池の自然を満喫できる遊歩道が整備されています。百間堤は、自然を愛する人々にとって、ぜひ訪れていただきたいスポットです。
モノの名前

「金時まんぢゅう」の豆知識と美味しさの秘密

-「金時まんぢゅう」の歴史と由来- 「金時まんぢゅう」は、北海道十勝地方を代表する銘菓です。その歴史は古く、明治時代初期に遡ります。十勝開拓の祖といわれる依田勉三氏が、北海道に小豆を導入したことがきっかけで、十勝地方で小豆の栽培が盛んになりました。その小豆を使ったお菓子として、十勝地方で「金時まんぢゅう」が誕生しました。 「金時まんぢゅう」という名前の由来は、小豆の別名である「金時豆」からきています。金時豆は、鎌倉時代の武将・足利尊氏が好んだことから、その名前がつきました。「金時まんぢゅう」は、金時豆を使ったお菓子であることから、縁起の良いお菓子として親しまれるようになりました。 「金時まんぢゅう」は、十勝地方の特産品として、全国に知られるようになりました。現在では、北海道のお土産としてだけではなく、全国各地のスーパーやコンビニエンスストアで販売されています。
モノの名前

いちのせきハラミ焼き~ここだけの美味~

岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」とは 岩手県一関市のご当地グルメ「ハラミ焼き」は、直火で焼き上げた牛ハラミを特製のタレで食べる豪快な一品です。使用するハラミは、本来は焼肉店などで提供されることが多い部位ですが、一関市では昔からお好み焼きのように焼いて食べる独自のスタイルが根付いています。 ハラミ焼きの誕生は、昭和30年代にまでさかのぼります。当時、一関市には多くの焼き肉店があり、その中でも「ハラミ」を使った料理が人気でした。しかし、当時はハラミは高級な部位であり、一般家庭ではなかなか食べることができませんでした。そこで、焼き肉店では、ハラミを薄切りにして、お好み焼きのように焼くことで、より多くの人々にハラミを楽しんでもらえるように工夫しました。これが、ハラミ焼きの誕生のきっかけとなったと言われています。 ハラミ焼きは、一関市のソウルフードとして、現在でも多くの人に愛されています。一関市内の飲食店では、ハラミ焼きを提供するお店が数多くあり、それぞれのお店が独自のタレや焼き方でハラミ焼きを提供しています。また、一関市では、毎年「ハラミ焼きまつり」が開催されており、市内外から多くの人がハラミ焼きを目当てに訪れます。
モノの名前

「ドラゴンレール大船渡線」徹底解説!

「ドラゴンレール大船渡線」とは? 「ドラゴンレール大船渡線」とは、岩手県大船渡市から陸前高田市を結ぶ全長約16.3kmの鉄道路線です。東日本大震災で被災した不通区間の代替となる新線として、2013年9月に開業しました。 「ドラゴンレール」という名前は、路線沿いに龍が住むと伝えられる「龍泉洞」があることや、三陸海岸の荒々しい自然をドラゴンに見立てたことに由来しています。 「ドラゴンレール大船渡線」は、JR東日本の鉄道路線ではありません。三陸鉄道が運行する路線で、列車はすべて気動車です。 「ドラゴンレール大船渡線」は、三陸沿岸の美しい景色を望むことができることで知られています。特に、恋し浜駅から盛駅までの区間は、リアス式海岸の絶景が広がる人気の撮影スポットです。 「ドラゴンレール大船渡線」は、三陸地方の交通を支える重要な路線であり、地元住民や観光客に親しまれています。
施設名・ロケ地

いちのせき厳美オートキャンプ場:厳美渓すぐそば!

-アクセス- いちのせき厳美オートキャンプ場は、厳美渓のすぐそばに位置し、東北自動車道の一関インターチェンジから約10分の場所にあります。公共交通機関を利用する場合は、JR東北本線の厳美駅から徒歩約15分です。キャンプ場内には、オートキャンプサイト、バンガロー、テントサイト、貸しテントサイトなどがあり、さまざまなニーズに対応しています。また、キャンプファイヤー場や炊事場、トイレなどの設備も整っています。 キャンプ場周辺には、厳美渓をはじめ、磐井川、猊鼻渓、平泉などの観光スポットが点在しています。自然豊かな環境の中で、キャンプを楽しみながら観光をすることができるでしょう。また、地元の新鮮な食材を使用した料理を提供するレストランや、特産品を販売するお土産屋さんも多くあります。 キャンプ場のスタッフは、親切でフレンドリーで、キャンプ初心者の方にも丁寧に教えてくれます。安心してキャンプを楽しむことができるでしょう。
モノの名前

「東山和紙」の魅力と歴史

「東山和紙」とは? 「東山和紙」は、山形県最上郡東根市の東山地区で生産される和紙です。その歴史は古く、12世紀にはすでに「東山紙」の名で知られていました。江戸時代になると、東山和紙は庶民の間で使われるようになり、庶民の生活に欠かせないものとなりました。 東山和紙の最大の特徴はその原料です。東山和紙は、楮(こうぞ)を原料として作られています。楮は、日本に自生する落葉低木の一種です。楮は丈夫で伸びやすいため、和紙の原料として最適です。 東山和紙は、伝統的な製法で作られています。まず、楮の皮を剥いで、水に浸します。水に浸した楮の皮を、灰汁で煮て、繊維をほぐします。繊維をほぐした楮の皮を、水で洗い、天日で干します。天日で干した楮の皮を、石臼で挽いて、紙にします。 東山和紙は、独特の風合いを持つ和紙です。肌触りが柔らかく、滑らかです。また、東山和紙は丈夫で、破れにくいです。東山和紙は、書道や絵画、工芸品など、幅広い用途に使われています。
施設名・ロケ地

「祭畤スノーランド」の魅力

「祭畤スノーランド」は、初心者やファミリーに優しいゲレンデです。ファミリー向けの充実した設備とプログラムがあり、子供たちがスキーやスノーボードを学ぶのに最適な場所です。また、初心者向けのリフトやコースがあるので、初めてスキーやスノーボードをする人でも安心して楽しむことができます。 ファミリー向けの設備には、キッズパーク、託児所、レンタルショップなどがあります。キッズパークには、そり滑りや雪遊びができるエリアがあり、子供たちが雪の中で思いっきり遊ぶことができます。託児所では、0歳から6歳までの子供を預かってくれるので、親御さんは安心してスキーやスノーボードを楽しむことができます。レンタルショップでは、スキーやスノーボード、ブーツ、ウェアなどをレンタルできるので、手ぶらで来ても楽しむことができます。 初心者向けの設備には、初心者専用のゲレンデとリフトがあります。初心者向けのゲレンデは緩やかで幅が広く、初めてスキーやスノーボードをする人でも安心して滑ることができます。初心者専用のリフトは、速度が遅く、乗り降りしやすいので、初心者でも安心して利用することができます。 「祭畤スノーランド」は、初心者やファミリーに優しいゲレンデです。ファミリー向けの充実した設備とプログラムがあり、子供たちがスキーやスノーボードを学ぶのに最適な場所です。また、初心者向けのリフトやコースがあるので、初めてスキーやスノーボードをする人でも安心して楽しむことができます。
地名・ロケ地

湖とダムの魅力を探る:ほろわ湖の旅

ほろわ湖の誕生と歴史 ほろわ湖は、北海道の北西部に位置する人造湖です。1973年に完成した、十勝川の上流部に建設されたダムによって形成されました。このダムは高さ93メートル、長さ360メートルで、湖の面積は22.8平方キロメートル、貯水量は14.8億立方メートルです。 ほろわ湖の建設は、十勝川の水害を防ぐことを目的として行われました。十勝川は、古くから洪水を起こしやすい川として知られており、人々を悩ませてきました。ほろわ湖の建設によって、洪水の被害を防ぐことができ、地域の人々の生活を守ることができます。 また、ほろわ湖は、灌漑用水の供給にも利用されています。十勝川は、農業に不可欠な水源ですが、夏の間には水不足が発生することがありました。ほろわ湖の建設によって、安定した灌漑用水を供給することができ、地域の農業の発展に貢献しています。 さらに、ほろわ湖は、観光地としても人気があります。湖畔には、キャンプ場や遊歩道が整備されており、多くの観光客が訪れます。また、ほろわ湖は、釣りやボート遊びなどのレジャーを楽しむことができる場所としても知られています。
モノの名前

岩手・一関の名物「げいびそば」の魅力!

げいびそばの歴史と由来 げいびそばは、岩手県一関市の郷土料理です。その歴史は古く、江戸時代初期には「奥州一関蕎麦」として知られていました。一関藩主である田村宗良が、江戸幕府に献上したことがきっかけで全国に広まったと言われています。 げいびそばは、そば粉に小麦粉を混ぜた生地を細長く切った麺を使用したそばです。そば粉の割合が7割、小麦粉の割合が3割ほどと言われています。麺は細く、つゆはあっさりとした味わいで、具材はネギやワカメなどシンプルなものが使われるのが一般的です。 げいびそばの名前の由来には諸説あります。一説によると、「げいび」とは「茎麦」の意味で、そば粉に小麦粉を混ぜた麺のことを「茎麦そば」と呼び、それが「げいびそば」に変化したと言われています。また、一関藩主であった田村宗良の「宗」の字を「げい」と読み、そこに「美」の字を添えて「げいびそば」と名付けたという説もあります。 げいびそばは、一関市内の多くのそば店で食べることができます。特に、一関市中心部にある「東山町商店街」には、げいびそばを看板メニューとしているそば店が軒を連ねています。また、毎年10月には「一関げいびそばまつり」が開催され、市内各所のそば店でげいびそばを食べることができます。
地名・ロケ地

「磐井川川開き花火大会」の魅力と見どころ

「磐井川川開き花火大会」の歴史と由来 「磐井川川開き花火大会」は、毎年7月下旬に行われる秋田県大館市を代表する花火大会です。その歴史は古く、1603年に遡ります。この年の夏、大館市を流れる磐井川が氾濫し、多くの家屋が流されました。そこで、人々は川の神を鎮めるために花火を打ち上げ、川の流れが正常に戻ることを祈ったのが始まりと言われています。 その後、この花火大会は毎年開催されるようになり、次第に規模を拡大していきました。1980年代には、1万発以上の花火が打ち上げられるようになり、東北地方を代表する花火大会のひとつに数えられるようになりました。 2011年の東日本大震災発生後は、花火大会の開催が危ぶまれましたが、地元の人々の熱い想いで開催が決定。震災からの復興を願う花火が打ち上げられ、多くの人々に感動を与えました。 現在、「磐井川川開き花火大会」は、毎年100万人以上の人が訪れる大規模な花火大会となっています。花火の打ち上げ数は約1万発で、その規模は東北地方でも有数です。花火大会当日は、大館市内のいたるところでイベントが開催され、多くの人々が花火大会を満喫しています。
地名・ロケ地

室根山8合目の絶景キャンプ「望洋平キャンプ場」で星空を眺める

望洋平キャンプ場の魅力 室根山8合目の標高約1100mに位置する望洋平キャンプ場は、日本海の絶景と満天の星空が望めるキャンプ場です。また、キャンプ場の周辺には登山道やハイキングコースが整備されており、自然を満喫するのにも最適です。 このキャンプ場の魅力の一つは、なんといっても絶景です。キャンプ場からは、日本海を一望することができます。また、夜になると、一面に広がる星空を眺めることができます。満天の星空を眺めながら、キャンプファイヤーを囲んで過ごす時間は、格別な体験となるでしょう。 望洋平キャンプ場の魅力のもう一つは、自然を満喫できることです。キャンプ場の周辺には登山道やハイキングコースが整備されており、自然を満喫することができるでしょう。登山道には、初心者向けのコースから、上級者向けのコースまで様々なコースが用意されています。また、ハイキングコースには、美しい花々が咲き誇り、野生の動物が生息しています。自然を満喫しながら、登山やハイキングを楽しむことができます。
地名・ロケ地

岩手県の「かわさき」ってどんなところ?

「かわさき」は、岩手県北東部にある小さな町です。人口は約2万人強で、面積は約207平方キロメートルです。町の中心部は、北上川と胆沢川の合流地点に位置しています。「かわさき」は、古くから交通と商業の拠点として栄えてきました。江戸時代には、北上川の水運を利用して、東北地方と太平洋岸を結ぶ重要な港町として機能していました。また、明治時代には、陸羽東線の開通によって、鉄道の町としても発展しました。 「かわさき」は、現在でも交通と商業の拠点として重要な役割を果たしています。町には、東北新幹線が停車する「くりこま高原駅」があるほか、国道4号や東北自動車道などの主要道路が通っています。また、町の中心部には、商店街やデパート、スーパーマーケットなど、さまざまな商業施設が軒を連ねています。 「かわさき」は、自然豊かな町でもあります。町の西部には、標高1,627メートルの栗駒山がそびえ立っています。栗駒山は、東北地方を代表する山の一つであり、登山やハイキングなどのレジャーを楽しめます。また、町の北部には、北上川が流れ、その周辺には田園風景が広がっています。
モノの名前

田むらの梅の魅力

田むらの梅の歴史 田むらの梅の始まりは、昭和40年代に遡ります。当時の当主であった故・田むら氏が、梅の栽培を始めました。当初は、梅酒や梅干しなどの加工品を作るために栽培していましたが、次第に梅の美味しさをそのまま味わってもらいたいと考えるようになりました。 昭和50年代に入り、当主の息子である現当主の田むら芳雄氏が家業を継ぎ、梅の栽培に力を入れ始めました。芳雄氏は、梅の栽培に適した土地を求めて、県内各地を巡り、現在の田むら梅園がある場所を見つけました。 田むら梅園は、標高300メートルほどの丘陵地帯に位置しており、日当たりが良く、水はけが良い場所です。また、土壌は、梅の栽培に適した酸性土壌で、ミネラル分を多く含んでいます。 このような恵まれた環境で栽培された田むらの梅は、甘みと酸味のバランスが良く、香りも高い梅として知られるようになりました。田むらの梅は、梅酒や梅干しなどの加工品はもちろん、そのまま食べても美味しい梅として、全国各地で親しまれています。
モノの名前

「いわて南牛」ってどんな牛肉?

いわて南牛は、岩手県内で肥育された黒毛和種の中でも、厳しい基準をクリアしたものだけに与えられるブランド牛です。特徴としては、まずその肉質の柔らかさが挙げられます。霜降り肉ならではの口溶けの良さと、赤身肉の旨味を兼ね備えています。また、脂身は甘味が強く、しつこさがありません。さらに、いわて南牛は肉質のきめ細やかさも特徴のひとつです。舌触りが良く、肉の繊維がほぐれていく感覚を楽しむことができます。 いわて南牛の特徴を育むためには、肥育環境にも気配りがされています。いわて南牛は、岩手県内の豊かな自然の中で、ストレスなく飼育されています。肥育期間中は、良質の飼料を与えられ、適度な運動をさせることで、健康的な成長を促しています。これらの努力が、いわて南牛の高い肉質につながっているのです。
施設名・ロケ地

岩手の絶景を楽しむ舟下り「猊鼻渓舟下り」の魅力

-猊鼻渓舟下りの歴史と特徴- 猊鼻渓は、およそ4億年前の石灰岩が隆起して作られた渓谷であり、その奇岩怪石と清流のコントラストが絶景として知られています。この渓谷を舟で下る舟下りは、江戸時代頃から行われていたといわれ、現在では年間約50万人の観光客が訪れる人気スポットとなっています。 舟下りのコースは、約10キロメートルで、所要時間は約90分。舟は、1艘あたり10人乗りで、船頭さんが竿を使って舟を操ります。舟下りの途中では、高さ120メートルの「猊鼻岩」や、岩肌に無数の穴が開いた「千畳敷」など、様々な奇岩怪石を見ることができます。また、清流には、カワセミやアユなどの魚が泳いでおり、自然豊かな景観を楽しむことができます。 舟下りの魅力は、その景観の美しさだけでなく、歴史の深さにもあります。猊鼻渓は、平安時代には貴族たちの遊覧地として親しまれており、江戸時代には、俳人・松尾芭蕉も訪れています。また、舟下りの途中で立ち寄る「芭蕉の句碑」には、芭蕉が残した句が刻まれています。 猊鼻渓舟下りは、岩手の自然と歴史を満喫できる人気の観光スポットです。ぜひ一度、舟に乗って、この絶景を間近で眺めてみてください。
その他

くるくる節とは?岩手県の民謡について

くるくる節の歴史と由来 くるくる節の歴史は古く、その起源は平安時代まで遡ると言われています。当時は「くるくる節」ではなく「くるくる踊り」と呼ばれており、農作業の合間に踊られる遊び歌でした。その後、江戸時代になると「くるくる節」という楽曲が誕生し、全国に広まりました。明治時代になると、くるくる節は岩手県で広く愛される民謡となり、県民歌に制定されました。 くるくる節には、いくつかの由来があります。一説には、戦国時代に岩手県を治めていた南部信直が、戦に勝った喜びを歌ったのが始まりだと言われています。また、別の説では、江戸時代に岩手県に伝来した盆踊りが、くるくる節の原型になったと言われています。いずれにしても、くるくる節は岩手県の歴史と文化に深く根ざした民謡です。
地名・ロケ地

室根小富士とは?岩手県一関市のシンボル

室根小富士は、岩手県一関市室根町にある標高183メートルの独立丘です。一関市のシンボルとして親しまれており、その美しい姿から「岩手の富士」とも呼ばれています。 室根小富士の歴史は古く、約1300万年前の海底火山の噴火によって形成されたと言われています。その後、長い年月をかけて風雨にさらされ、現在の形になりました。室根小富士は、その美しい姿だけでなく、その周辺に広がる豊かな自然も魅力的です。 室根小富士の周辺には、室根山公園があり、ハイキングやピクニックを楽しむことができます。また、室根山公園には、室根小富士の歴史や自然について紹介するビジターセンターもあります。ビジターセンターでは、室根小富士の麓にある湧き水「室根清水」を飲むことができます。室根清水は、清涼な水が特徴的で、地元の人々から愛飲されています。 室根小富士は、一関市のシンボルとして親しまれているだけでなく、その周辺の自然も魅力的な場所です。ハイキングやピクニック、そして室根清水を味わうなど、室根小富士の周辺で自然を満喫することができます。
モノの名前

「イーハトーブの旅」:岩手県一関市の弁当

イーハトーブの旅の特徴 イーハトーブの旅は、岩手県一関市に伝わる郷土料理の弁当です。その特徴は、何といってもその具材の豊富さ。ご飯の上に、地元の季節の食材をふんだんに盛り付けてあります。例えば、春なら山菜、夏ならトウモロコシや枝豆、秋ならきのこや栗、冬なら根菜類など。旬の食材をふんだんに使っているため、見た目も華やかで、食べる前から食欲をそそられます。 また、イーハトーブの旅は、その味にも特徴があります。地元の食材をふんだんに使っているため、素材の味を活かした優しい味わい。また、食材を丁寧に調理しているため、一つ一つの具材がおいしく、ご飯との相性も抜群です。 そして、イーハトーブの旅は、そのネーミングにも特徴があります。「イーハトーブ」とは、岩手県出身の作家・宮沢賢治が晩年に発表した童話集「銀河鉄道の夜」に登場する架空の都市の名前です。宮沢賢治は、岩手県の自然を愛し、その美しさを作品にたくさん残しています。イーハトーブの旅という名前は、そんな宮沢賢治へのオマージュであり、岩手県の自然の豊かさを表現しています。
施設名・ロケ地

厳美渓 道の駅

厳美渓とは 厳美渓とは、宮城県蔵王町にある渓谷です。日本百景の一つに指定されており、国指定の名勝にもなっています。北上川の上流に位置し、約2kmにわたって続く渓谷は、奇岩や巨石がそびえ立つ景勝地として知られています。 厳美渓は、約1000万年前の火山活動によって形成されたと言われています。当時、この地域は海底にあり、火山活動によって地上が隆起し、北上川が流れ込むことで渓谷が形成されました。渓谷には、奇岩や巨石がそびえ立ち、その姿はまるで芸術作品のようでもあります。 厳美渓は、四季折々の美しさを見せる景勝地です。春には桜が咲き誇り、夏には新緑がまぶしく、秋には紅葉が渓谷を彩ります。冬には、雪化粧をした奇岩や巨石が幻想的な風景を作り出します。 厳美渓は、観光地としても人気があります。渓谷を散策する遊歩道が整備されており、奇岩や巨石を間近で見ることができます。また、遊覧船に乗って渓谷を巡ることもできます。 厳美渓は、自然の美しさを堪能できる景勝地です。四季折々の美しさを楽しむことができ、観光地としても人気があります。ぜひ、一度訪れてみてください。
作品名

六魂戦隊ゲイビマンとは?

六魂戦隊ゲイビマンの誕生 六魂戦隊ゲイビマンは、2024年にテレビ朝日系で放送された特撮テレビドラマである。本作品はスーパー戦隊シリーズの第48作目にあたり、2022年3月6日から2023年2月26日まで、毎週日曜930 - 1000(JST)に全49話が放送された。 六魂戦隊ゲイビマンの誕生のきっかけは、2022年1月に東映が開催した「スーパー戦隊シリーズ45周年記念プロジェクト」の記者会見であった。この記者会見で、東映はスーパー戦隊シリーズの45周年を記念して、新しい特撮テレビドラマを制作することを発表した。そして、この新しい特撮テレビドラマが、六魂戦隊ゲイビマンである。 六魂戦隊ゲイビマンの誕生は、スーパー戦隊シリーズの歴史において、非常に重要な出来事である。というのも、六魂戦隊ゲイビマンは、スーパー戦隊シリーズ初の女性戦隊であるからだ。これまでは、スーパー戦隊シリーズの戦隊は、男性のみで構成されていた。しかし、六魂戦隊ゲイビマンは、女性のみで構成されている。これは、スーパー戦隊シリーズの歴史において、大きな変革である。 六魂戦隊ゲイビマンの誕生は、スーパー戦隊シリーズのファンのみならず、特撮ファン全体にとっても、非常に喜ばしい出来事である。六魂戦隊ゲイビマンは、スーパー戦隊シリーズの歴史に、新たな1ページを加えた。そして、六魂戦隊ゲイビマンは、スーパー戦隊シリーズの未来を担う、新しい戦隊である。
モノの名前

岩手県一関の名物、藤沢焼の魅力

陶芸の奥深い魅力 陶芸は、土や粘土をこねて形を作り、焼成することで器やオブジェを作る工芸品です。その歴史は古く、世界各地で発達してきました。陶芸の魅力は、何といってもその奥深さにあります。原料となる土や粘土は、産地や種類によって性質が異なります。ろくろで回転させながら形を作ったり、手びねりで成形したり、その手法もさまざまです。また、釉薬をかけたり、絵付けをしたり、焼成の温度や時間によっても、作品の表情は大きく変わります。陶芸は、自然の素材と人間の技が融合した芸術であり、その奥深さは無限大です。 陶芸の魅力の一つは、その実用性です。器やオブジェとして、実際に使うことができます。また、陶芸は、生活に彩りを与えてくれます。器やオブジェを飾ることで、部屋の雰囲気をがらりと変えることができます。陶芸は、実用性と美しさを兼ね備えた工芸品なのです。 陶芸の魅力は、その奥深さと実用性を兼ねていることにあります。原料や制作方法、焼成方法など、さまざまな要素が絡み合って、唯一無二の作品が生み出されます。また、陶芸は、使うことで愛着が湧き、生活に彩りを与えてくれます。陶芸は、古くから愛されてきた伝統工芸であり、その魅力は時代を超えて受け継がれています。
地名・ロケ地

「久保川流域ため池群」の歴史と魅力

棚田の潤いの源 久保川流域ため池群は、古くから、棚田の潤いの源として使用されてきました。棚田は、傾斜地にある田んぼです。田んぼは、水がなければ稲作ができません。そのため、棚田には、水を貯めておく施設が必要です。久保川流域ため池群は、棚田に水を貯めておく施設として、古くから使用されてきました。 久保川流域ため池群は、江戸時代中期に築造されました。久保川流域ため池群の築造には、地元の農民が協力しました。久保川流域ため池群は、築造されて以来、棚田の潤いの源として、重要な役割を果たしてきました。久保川流域ため池群は、棚田の稲作を支えてきました。久保川流域ため池群がなければ、棚田の稲作は不可能でした。 久保川流域ため池群は、棚田の稲作を支えてきただけでなく、地域の人々の生活にも潤いを与えてきました。久保川流域ため池群は、地域の人々の憩いの場として親しまれてきました。久保川流域ため池群は、地域の人々の交流の場としても親しまれてきました。久保川流域ため池群は、地域の人々の生活に、潤いと豊かさをもたらしてきました。
地名・ロケ地

須川岳秘水ぶなの恵み

平成の名水百選に選ばれた湧水 須川岳の麓に位置する須川岳秘水ぶなは、平成の名水百選に選ばれた湧水です。須川岳秘水ぶなには、須川岳の雪解け水が長い年月をかけて地層に染み込み、岩盤を通り抜けて湧き出した水があります。この水は、ミネラルを豊富に含み、まろやかな口当たりが特徴です。 須川岳秘水ぶなは、地元の人々にとってなくてはならない水源です。また、観光客にも人気があり、毎年多くの人が訪れます。須川岳秘水ぶなには、水汲み場があり、無料で水を汲むことができます。水汲み場には、常に人々が列をなしており、その人気ぶりを伺うことができます。 須川岳秘水ぶなは、自然の恵みであり、貴重な水資源です。私たちは、この水を大切に守り、次の世代に残していく必要があります。