上天草市

地名・ロケ地

「樋島」の隠れた魅力とは?

樋島は、兵庫県南あわじ市に浮かぶ小さな島です。周囲は約3kmで、人口は約100人です。島には、美しい自然景観や歴史的建造物が数多く残されています。 樋島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたと考えられています。平安時代には、藤原純友の乱に巻き込まれて島民が殺害されたという記録が残されています。江戸時代には、淡路島の領主である蜂須賀氏の直轄地となり、島の開発が進みました。明治時代には、島に小学校が設立され、島の子供たちはここで教育を受けました。 樋島の産業は、主に農業と漁業です。島では米、小麦、大豆などが栽培されており、漁業では、イカナゴ、ハモ、タコなどが獲れます。また、樋島は淡路島と本州を結ぶ航路の要衝であり、古くから海運業も盛んでした。
地名・ロケ地

「談合島」の謎を追う

談合島の歴史 談合島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたことがわかっています。島には縄文時代の遺跡がたくさん残されており、その中には、島の中央にある標高100メートルほどの丘にある「談合島遺跡」があります。この遺跡は、縄文時代中期から後期にかけての集落跡で、竪穴住居跡や土器片、石器などが出土しています。 談合島は、江戸時代まで無人島でしたが、江戸時代末期に、漁師たちが島にやって来て、定住するようになりました。漁師たちは、島の周りに網を張って魚を捕まえ、生活していました。明治時代になると、島の人口は増加し、学校や郵便局が建設されました。また、島の西側には、製塩工場が建設され、塩の生産が行われていました。 昭和時代になると、談合島は観光地として知られるようになりました。島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、多くの観光客が訪れるようになりました。また、島の西側にある製塩工場は、国の史跡に指定されました。 平成時代になると、談合島の人口は減少しましたが、それでも、島には約100人が住んでいます。島の人たちは、漁業や観光業を中心に生活しています。また、島には、談合島小学校と談合島郵便局があり、島の人たちの生活を支えています。
地名・ロケ地

天草ジオパークの魅力

天草ジオパークの地質学上の貴重な財産は、世界中から見学者が訪れる価値のあるものです。このエリアは、1億5000万年前から1億年前の地質学的構造である天草マントルの世界的な露頭からなる中央地帯が特徴です。天草地方は、広大な自然とその貴重な地質学的な財産により、日本の地質学的に貴重な場所の中で最も美しい場所の1つに位置付けられています。ジオパークは、天草諸島の地質学的な重要性を祝うだけでなく、地質学的な知識を後世に継承する手段としても機能します。 天草ジオパークは、リアス式海岸が特徴の自然豊かなエリアです。リアス式海岸とは、海が谷に沿って入り込んだ地形のことです。天草ジオパークには、このようなリアス式海岸が数多くあり、美しい景観を見せてくれます。また、天草ジオパークには、阿蘇カルデラからの噴火によって出来た溶岩ドームが数多くあります。溶岩ドームとは、マグマが地表に押し上げられて固まったものです。天草ジオパークにある溶岩ドームは、その大きさと形状が特徴的です。天草ジオパークは、その自然の美しさはもちろんで、世界でも珍しい地質学的な価値があることから、非常に人気の観光スポットとなっています。
地名・ロケ地

天草四郎の故郷「大矢野島」の魅力

-天草四郎メモリアルホールで歴史を学ぶ- 熊本県上天草市にある天草四郎メモリアルホールは、島原の乱で活躍したキリシタン領主、天草四郎時貞の生涯と島原の乱の歴史を伝える施設です。館内には、天草四郎の遺品や島原の乱に関する資料が展示されており、天草四郎の功績や島原の乱の経緯について学ぶことができます。 天草四郎メモリアルホールの展示は、天草四郎の生い立ちから島原の乱勃発まで、島原の乱の経過、島原の乱の終結まで、天草四郎の死後までと、4つのパートに分かれています。それぞれの展示には、天草四郎の遺品や島原の乱に関する資料が展示されており、天草四郎の功績や島原の乱の経緯について詳しく知ることができます。 天草四郎メモリアルホールは、天草四郎の生涯と島原の乱の歴史を学ぶことができる貴重な施設です。天草四郎に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。
地名・ロケ地

野牛島で巡る自然と文化

野牛島の歴史と文化 野牛島は、かつてはネイティブアメリカンの部族であるオジブワ族やダコタ族が居住していました。彼らは、野牛を狩猟したり、野牛の皮を革製品にしたりして生活していました。17世紀になると、ヨーロッパ人による探検や入植が始まり、野牛島もその影響を受けました。19世紀に入ると、野牛島の周辺には多くの入植者が移り住み、野牛は乱獲されて絶滅の危機に瀕しました。 しかし、20世紀初頭になって、野牛の保護活動が盛んになり、野牛の数は回復しました。現在では、野牛島には約1,500頭の野牛が生息しています。野牛島は、野牛の保護区としてだけでなく、ネイティブアメリカンの文化を伝える場所としても知られています。島には、ネイティブアメリカンの集落があった場所や、聖なる儀式が行われていた場所などが残されています。また、島の博物館には、ネイティブアメリカンの工芸品や歴史資料が展示されています。
地名・ロケ地

熊本県永浦島の魅力

-永浦島とは- 熊本県天草諸島の下永浦島と上永浦島を合わせた通称。天草諸島のほぼ中心部に位置し、天草諸島で3番目の面積を持つ。人口は約4,000人で、島の北側に下永浦町、南側に上永浦町がある。 永浦島の気候は温暖で、年間平均気温は約17℃。夏は暑く、最高気温は30℃を超える日もあるが、冬は比較的温暖で、最低気温は5℃以下になることはほとんどない。 永浦島は、天草諸島の中では比較的大きな島で、面積は約40km2。島の周囲は複雑に入り組んでおり、リアス式海岸が発達している。海岸線には、美しい砂浜や奇岩が連なり、景観に優れている。 永浦島は、天草諸島の中心的な島の一つであり、古くから漁業や農業が盛んな島である。また、近年では観光業も盛んになってきており、海水浴や釣り、ハイキングなどを楽しむことができる。
地名・ロケ地

上天草港の歴史と役割

-上天草港の歴史- 上天草港の歴史は古く、江戸時代には天草四郎時貞の乱や島原の乱の拠点として使われていたという記録が残っています。明治時代以降は、天草地方の産業発展に伴い、貿易港として重要な役割を果たすようになりました。特に、天草地方で採れる石炭の積出港として栄え、昭和初期には年間100万トン以上の石炭が上天草港から出荷されていました。 しかし、昭和30年代以降になると、石炭産業の衰退に伴い、上天草港の貿易量は減少していきました。それに伴い、上天草港は漁港としての役割を強めていき、現在では天草地方有数の漁港として知られています。特に、クルマエビの漁獲量が日本一で、全国のクルマエビの約3割が上天草港で水揚げされています。 また、上天草港は観光港としても整備されており、天草五橋を渡って訪れる観光客が多くいます。港には、天草の海の幸を味わうことができるレストランや、天草の特産品を販売する土産物店などが立ち並び、多くの観光客で賑わっています。
地名・ロケ地

秘境「野釜島」の魅力を探る

野釜島の美しい自然を堪能 野釜島は、その秘境的な魅力で知られる島です。島には、手つかずの自然が残っており、その美しさは、訪れる人々を魅了しています。 島の北部には、野釜島最高峰の茶臼山があります。茶臼山からは、野釜島の美しい景色を眺めることができます。また、島の南部には、野釜島唯一の海水浴場である野釜島海水浴場があります。野釜島海水浴場には、白い砂浜と透明度の高い海が広がり、海水浴やマリンスポーツを楽しむことができます。 野釜島の自然は、植物も豊か。島の西部には、野釜島を代表する植物である「野釜島椿」が生息しています。野釜島椿は、その美しい花で知られており、島の名所となっています。また、島の東部には、野釜島固有の植物である「野釜島蘭」が生息しています。野釜島蘭は、その希少性から、天然記念物に指定されています。 野釜島の自然は、動物も豊か。島には、野釜島固有の鳥である「野釜島ホオジロ」が生息しています。野釜島ホオジロは、その美しいさえずりで知られており、島の名物となっています。また、島の海には、野釜島固有の魚である「野釜島アブト」が生息しています。野釜島アブトは、その美味しさで知られており、島の特産品となっています。 野釜島の美しい自然は、訪れる人々を魅了しています。島には、手つかずの自然が残っており、その美しさは、人々の心を癒してくれます。
施設名・ロケ地

「わくわく海中水族館シードーナツ」ガイド

シードーナツの魅力 シードーナツは、東京湾に浮かぶ人工島に作られた水族館です。世界中の海の生き物を展示しており、その数なんと5,000種以上。シードーナツの最大の特徴は、そのユニークな構造にあります。水族館はドーナツ状になっており、その中央には巨大な水槽が設置されています。水槽の周りをぐるりと取り囲むように、展示ブースが配置されています。この構造により、来場者は水槽の中を360度見渡すことができます。 シードーナツでは、さまざまな海洋生物を見ることができます。サンゴ礁に住む色鮮やかな魚たち、悠々と泳ぐマンボウやジンベイザメ、可愛らしいペンギンやアザラシなど、その種類は多種多様です。また、シードーナツでは、海洋生物に関する展示も行っています。海洋生物の生態や進化、海の環境問題など、さまざまなテーマを扱った展示が充実しています。 シードーナツは、海洋生物について学ぶことができるだけでなく、そのユニークな構造で来場者にわくわく感を与えてくれます。東京湾に浮かぶ人工島に作られた水族館というシチュエーションも、シードーナツの魅力のひとつです。
施設名・ロケ地

天草広域連合とは?

-天草広域連合の目的と理念- 天草広域連合は、天草地方の多くの課題を解決するために設立されました。課題には、人口減少、経済低迷、公共サービスの低下などがあります。天草広域連合は、これらの課題を解決するために、天草地方の市町村が連携して事業を行うことを目的としています。 天草広域連合の理念は、「天草を『より良い地域』にする」ことです。天草をより良い地域にするために、天草広域連合は、以下の4つの基本理念を掲げています。 1. -自立的な地域づくり- 2. -地域間の連携と協力- 3. -住民参加と協働- 4. -持続可能な地域づくり- 天草広域連合は、これらの理念に基づいて、天草地方の市町村が連携して事業を行うことで、天草地方の課題解決を目指しています。
施設名・ロケ地

合津港の概要と歴史

-合津港の位置と役割- 合津港は、北緯34度25分東経133度07分に位置する港湾です。香川県東部、高松市の北東約10kmに位置し、瀬戸内海の燧灘に面しています。合津港は、古くから良港として知られ、戦国時代には香川県の戦国大名、長宗我部元親が水軍の拠点として利用していました。江戸時代には、高松藩の重要港として機能し、物資の輸送や漁業に利用されていました。 明治時代になると、合津港は外貨の獲得や殖産興業政策の一環として整備され、外国貿易港として指定されました。合津港からは、綿花や生糸、砂糖などが輸出され、イギリスやアメリカなどからの機械や石油などが輸入されました。また、合津港は、香川県と岡山県を結ぶ重要な海上交通路としての役割も果たしました。 昭和時代に入ると、合津港はさらに整備され、近代的な港湾となりました。1960年代には、合津港に隣接する土地に工業団地が造成され、企業が進出しました。合津港は、工業製品の輸出や原材料の輸入港として利用されるようになりました。また、合津港は、香川県と岡山県を結ぶ主要な海上交通路としての役割も果たし続けました。 現在、合津港は、香川県東部地域の経済発展に欠かせない港湾として機能しています。合津港からは、工業製品や農産物などが輸出され、原材料やエネルギーなどが輸入されています。また、合津港は、香川県と岡山県を結ぶ重要な海上交通路としての役割も果たしています。
地名・ロケ地

幻の島「和田島」の魅力

和田島の地理と歴史 和田島は、鹿児島県の薩摩半島の南端にある小島です。面積は約1平方キロメートル、周囲は約4キロメートルで、島の最高点は標高約100メートルです。和田島は、周囲を海に囲まれた小さな島ですが、その景観は非常に美しいもので、島の北側には白い砂浜が続き、南側には断崖絶壁がそびえ立っています。 和田島は、かつては有人島でしたが、現在は無人島となっています。島の住民は、1960年代に全員が本土に移住したため、現在では島には人は住んでいません。和田島には、かつて集落や学校、神社などがあったと言われています。和田島の集落跡には、今もなお石垣や土台などの遺構が残っています。和田島の神社は、和田島八幡神社という名前で、島の中央部に鎮座していました。和田島八幡神社は、島民の信仰を集めていましたが、現在は無人島となったため、神社も無人となっています。
地名・ロケ地

熊本県上天草市の無人島「瀬島」の記憶

瀬島は、熊本県上天草市の無人島ですが、かつては人が住んでいました。瀬島に人が住み始めたのは、江戸時代初期のことです。漁業や農業などを営む人々が移り住み、瀬島は小さな集落となりました。瀬島の集落は、山の斜面に沿って家が建ち並び、狭い路地が入り組んでいました。家々は木造で、瓦葺きや茅葺きでした。 瀬島の住民たちは、主に漁業を営んでいました。瀬島周辺の海は、魚の種類が豊富で、漁獲量も多かったため、瀬島の住民たちは漁業で生計を立てることができました。また、瀬島の住民たちは農業も営んでいました。瀬島は、山がちな地形ですが、山の斜面には畑や田んぼが開墾されていました。瀬島の住民たちは、米や麦、野菜などを栽培していました。 瀬島の住民たちは、狭い島の中で助け合いながら暮らしていました。瀬島の住民たちは、お互いに助け合い、協力しながら暮らしていました。例えば、漁業を営む住民たちは、漁の獲物を分け合ったり、農業を営む住民たちは、田植えや稲刈りの作業を手伝ったりしていました。瀬島の住民たちは、助け合いながら暮らし、島の生活を守っていました。 瀬島の住民たちは、1960年代後半に瀬島を離れ、本土に移住しました。瀬島の住民たちが瀬島を離れた理由は、島の生活が不便だったためです。瀬島には、電気やガス、水道などのインフラが整備されておらず、島民たちは不便な生活を強いられていました。また、瀬島の学校は小規模で、中学校以上は本土に通学しなければなりませんでした。瀬島の住民たちは、島の生活の不便さを理由に瀬島を離れ、本土に移住しました。 瀬島は、現在は無人島ですが、かつては人が住んでいました。瀬島の住民たちは、漁業や農業を営み、助け合いながら暮らしていました。瀬島の住民たちは、1960年代後半に瀬島を離れ、本土に移住しました。しかし、瀬島の記憶は今もなお、瀬島を訪れる人々の心に残り続けています。
地名・ロケ地

国立公園に浮かぶ、謎の無人島「鬼島」

鬼島の歴史と由来 鬼島は、国立公園内に浮かぶ無人島であり、その神秘的な雰囲気から、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。しかし、この島には、あまり知られていない歴史と由来があります。 鬼島は、江戸時代初期に、ある漁師が島で鬼を見たという伝説から、その名が付けられたと言われています。その伝説によると、漁師は、島に上陸した際に、鬼が住む洞窟を発見し、逃げ出したというのです。この伝説は、瞬く間に広がり、鬼島は、人々が恐れる島として知られるようになりました。 明治時代になると、鬼島は、国立公園に指定され、観光客が訪れるようになりました。しかし、依然として、鬼島は、人々が恐れる島として知られており、観光客は、島に上陸することを躊躇していました。 昭和時代になると、鬼島は、テレビドラマや映画の舞台として取り上げられるようになりました。その結果、鬼島は、多くの人々に知られるようになり、観光客が訪れるようになりました。現在、鬼島は、国立公園内の人気スポットの一つであり、多くの観光客が訪れています。
地名・ロケ地

維和島の魅力と歴史

維和島の自然と景観 維和島には、手つかずの自然が残る美しい景観がたくさんあります。島の北側は、切り立った海岸線と緑豊かな森林が広がり、島の南側は、緩やかな傾斜の丘陵地帯が広がっています。島の中央部には、標高約300メートルの山があり、島の全景を一望することができます。 維和島は、亜熱帯気候に属しており、年間を通して温暖な気候です。平均気温は、夏は約28度、冬は約16度です。降水量は年間約1,500ミリメートルで、梅雨の時期には、しとしとと雨が降り続けます。 維和島には、さまざまな動植物が生息しています。島の森林には、ヤシの木やバナナの木が生い茂り、鳥類や昆虫類が生息しています。海岸線では、魚や貝類が生息しており、海を望む丘陵地帯では、牛やヤギが放牧されています。 維和島の自然と景観は、人々を魅了してやみません。島には、毎年多くの観光客が訪れ、美しい景観を楽しんだり、島の伝統文化を体験したりしています。
施設名・ロケ地

姫戸港って?

姫戸港の歴史 姫戸港は、日本の大阪府泉南郡にある港湾です。大阪湾に面しており、北は泉南市、南は岬町に隣接しています。港湾の面積は約150haで、岸壁の長さは約2,000mです。 姫戸港の歴史は、江戸時代まで遡ります。当時は、姫戸村という小さな漁村であり、港は漁船の停泊地として利用されていました。明治時代になると、大阪と和歌山を結ぶ航路が開設され、姫戸港は寄港地となりました。その後、港は徐々に整備され、昭和時代には、石油備蓄基地や物流倉庫が建設されました。 21世紀に入って、姫戸港はさらに発展し、コンテナターミナルや国際物流センターが建設されました。また、港周辺には、工業団地や商業施設が立地しており、経済の中心地として発展しています。 姫戸港は、大阪府の重要な港湾であり、物流や産業に貢献しています。また、港周辺には、海釣り公園や海水浴場があり、観光スポットとしても人気があります。
地名・ロケ地

「高杢島」の魅力と楽しみ方

天草の絶景を眺める 高杢島は、天草の島々の絶景を眺めることができる絶好のスポットです。島の最高峰である高杢山に登ると、天草の島々が一望のもとに見渡せます。特に、夕暮れ時の景色は格別です。太陽が地平線に沈んでいく様子は、言葉にできないほどの美しさです。 高杢山への登山口は、島の北側にある高杢港から。登山道は整備されているので、初心者でも安心して登ることができます。所要時間は、往復で約2時間です。山頂には、休憩所や展望台が整備されているので、景色を眺めながらゆっくりと過ごすことができます。 また、高杢島には、天草の海を一望できる「高杢展望台」があります。展望台は、島の南側にある高杢公園内にあります。公園には、遊歩道やアスレチック遊具などもあるので、家族連れで訪れるのにもおすすめです。展望台からの眺めは、高杢山からの眺めとはまた違った美しさがあります。海に浮かぶ島々が、まるで宝石のように輝いている様子は、まさに絶景です。
地名・ロケ地

天草の隠れた絶景「椚島」を徹底解説!

椚島は、熊本県上天草市に位置する小さな島です。面積は約0.5平方キロメートル、人口は約100人です。島は、天草諸島の中で最も南に位置し、天草本渡島から約10キロの距離にあります。椚島は、豊かな自然と美しい景観で知られていますが、その小さな規模とアクセスの不便さから、あまり知られていない隠れた絶景スポットです。 椚島の最大の魅力は、その美しい海岸線です。島の周囲は、切り立った崖や奇岩が連なり、変化に富んだ景観を作り出しています。特に、島の南西に位置する「トビシマカンノン」は、断崖絶壁の上に立つ観音像で、その雄大な姿は圧巻です。また、島の東側には、遠浅の砂浜が広がっており、海水浴や釣りを楽しむことができます。 椚島は、豊かな自然が残る島でもあります。島の周辺には、サンゴ礁や海藻林が広がっており、多様な海洋生物が生息しています。また、島には、亜熱帯性の植物が生い茂っており、ハイキングやバードウォッチングを楽しむことができます。椚島は、その小さな規模にもかかわらず、豊かな自然と美しい景観が凝縮された、魅力的な島です。
地名・ロケ地

瀬島の歴史と魅力

瀬島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたとされています。縄文時代の遺跡が島内各地に点在しており、土器や石器などの遺物が発掘されています。弥生時代には、稲作が伝わり、島民の生活は安定しました。古墳時代には、島内に古墳が築かれ、豪族が治めていたと考えられています。平安時代には、瀬島は摂津国に属し、藤原氏の荘園となりました。鎌倉時代には、源頼朝が平氏を滅ぼした後、瀬島を梶原景時に与えました。梶原氏は瀬島に城を築き、島を支配しました。室町時代には、瀬島は細川氏の支配下に入りました。戦国時代には、瀬島は三好氏と織田氏の争いの舞台となりました。安土桃山時代には、豊臣秀吉が瀬島を平定し、島を直轄領としました。江戸時代には、瀬島は徳川氏の直轄領となりました。瀬島は、江戸時代を通じて、漁業や農業が盛んな島として栄えました。明治時代になると、瀬島は兵庫県に編入されました。瀬島は、明治時代以降も漁業や農業が盛んな島として発展を続けました。現在、瀬島は、人口約3,000人の小さな島ですが、美しい自然と豊かな歴史を誇る島として、多くの人々に親しまれています。
地名・ロケ地

樋合島の魅力を再発見

樋合島の美しい自然 樋合島は、穏やかな気候と豊かな自然に恵まれた島です。季節ごとに表情を変える美しい海は、多くの観光客を魅了しています。春には、島の至る所で花々が咲き誇り、秋には、紅葉が島を彩ります。冬には、雪化粧をまとった島は幻想的な美しさを見せてくれます。 樋合島の魅力は、美しい海だけではありません。島のいたるところには、手つかずの自然が残されています。島の奥深くには、原生林が広がっており、トレッキングコースが整備されています。また、島には、いくつかの洞窟があり、探検することができます。 樋合島の美しい自然は、心と体を癒してくれるでしょう。島を訪れた人々は、日常の喧騒を忘れ、リラックスした時間を過ごすことができます。樋合島は、自然を愛する人にとって、最高の旅行先です。
地名・ロケ地

「湯島」の美しい景色と歴史

湯島の自然 湯島は、緑に囲まれた美しい島です。島の面積は約10平方キロメートルで、人口は約5,000人です。島の最高峰は湯島山で、標高は339メートルです。湯島山からは、島の美しい景色を一望することができます。湯島には、多くの森林や川、滝があります。森林には、様々な種類の樹木が生息しています。川や滝は、とても清らかで、泳いだり、魚釣りをしたりすることができます。湯島は、自然豊かな島で、多くの観光客が訪れます。
地名・ロケ地

千束蔵々島を巡る旅

千束蔵々島の魅力 千束蔵々島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。周囲わずか1kmほどの小さな島ですが、その美しさは格別です。島のいたるところに千束蔵々花が咲き誇り、その景色はまさに絶景です。千束蔵々花は、春から秋まで咲き続ける花で、その花言葉は「愛」です。また、島の北側には千束蔵々神社があり、その御神体は千束蔵々花です。千束蔵々神社は、縁結びにご利益があるとされており、毎年多くのカップルが参拝に訪れます。千束蔵々島は、自然の美しさと歴史を感じることができる島です。ぜひ一度、訪れてみてください。
地名・ロケ地

天草上島を巡る旅

天草上島の歴史と文化 天草上島は、熊本県南西部に位置する島であり、約200km²の面積に約8万人が居住しています。天草上島は、古くから海運の要衝として栄え、独自の文化を築き上げてきました。 天草上島には、多くの史跡や観光スポットがあります。その中でも、特に有名なのが、キリシタンの迫害の歴史を伝える天草キリシタン館です。天草キリシタン館は、1962年に開館し、キリシタンの歴史や文化を展示しています。また、天草上島には、多くの教会があり、その中でも、特に有名なのが、天草五箇島の教会群です。天草五箇島の教会群は、1997年に世界遺産に登録されました。 天草上島は、豊かな自然にも恵まれています。天草上島には、多くのビーチがあり、その中でも、特に有名なのが、天草パールラインです。天草パールラインは、天草上島を一周する道路であり、その沿線には、美しいビーチが続いています。また、天草上島には、多くの山があり、その中でも、特に有名なのが、天草五島です。天草五島は、峻険な山々が連なる山であり、その頂上からは、天草上島を一望することができます。 天草上島は、歴史、文化、自然と魅力に溢れた島です。天草上島を訪れた際には、ぜひ、その魅力を堪能してください。