中田浩二

芸能人の名前

劇団「櫂」の歴史と特徴

劇団「櫂」の概要 劇団「櫂」は、1980年に東京都で旗揚げした劇団です。主宰は劇作家・演出家の櫂田正之氏です。劇団のモットーは「演劇で社会と人間の真実をえぐり出す」ことで、社会問題や人間関係の機微を題材にした作品を多く上演しています。 劇団「櫂」は、旗揚げ以来、数々の話題作を上演してきました。代表作には、1985年に上演された「海峡を渡る風」(戦争と平和をテーマにした作品)や、1990年に上演された「風の盆」(東北地方の盆踊りを題材にした作品)などがあります。これらの作品は、いずれも高い評価を受け、劇団「櫂」の名を全国に知らしめました。 劇団「櫂」は、社会派の劇団として知られていますが、コメディやミュージカルなど、様々なジャンルの作品も上演しています。また、劇団員によるワークショップや演技教室なども開催しており、演劇の普及にも力を入れています。
作品名

「赤いオルフェ」の魅力を紐解く~物語と劇団櫂

「情熱の焰が燃えるラブストーリー」 「赤いオルフェ」は、官能的な美しさを持つ妻を亡くしたオルフェが、愛を取り戻すために冥界へと旅をする物語です。冥界では、オルフェは様々な困難に遭いながらも、妻への愛と情熱を貫き通します。オルフェの情熱は、冥界の王である冥王ハデスをも動かし、最終的に妻を蘇らせることに成功します。 「赤いオルフェ」は、そのストーリーの美しさから、世界中で愛されるミュージカルです。また、情熱的な音楽とダンスも魅力のひとつです。劇団櫂による「赤いオルフェ」は、そんな作品の魅力を余すことなく伝えてくれる舞台です。 劇団櫂の「赤いオルフェ」は、2019年に初演された舞台です。その舞台は、情熱と官能に満ちた世界です。オルフェと妻の踊りや、冥界の王との対決シーンは、観客を魅了します。また、劇団櫂による「赤いオルフェ」は、音楽の美しさも魅力のひとつです。オルフェが亡き妻を偲んで歌う「サンバ・デ・オルフェ」は、その美しさと切なさに胸を打つ名曲です。 劇団櫂の「赤いオルフェ」は、そのストーリーの美しさ、情熱的な音楽とダンス、そして音楽の美しさで、観客を魅了する舞台です。