中華料理

モノの名前

「広東白湯麺」をレビュー!

「広東白湯麺」の作り方 1. 鶏ガラを冷水から煮立てて、灰汁を取る。 2. 沸騰したら弱火にして、2時間程煮込んで鶏ガラスープを作る。 3. 別鍋に、豚バラ肉、エビ、イカ、野菜を入れて炒める。 4. 炒めるときに、スープと合わせた調味料を加える。 5. スープを別の鍋に移し替え、塩、コショウで味を調える。 6. 中華麺を茹でて、スープに入れる。 7. 炒め物を麺の上に盛り付けて、パクチーを添えれば完成。 この「広東白湯麺」は、鶏ガラのスープがしっかりと出ていて、とてもコクのあるラーメンです。また、豚バラ肉、エビ、イカが入っているので、とても食べ応えがあります。野菜もたっぷり入っているので、栄養バランスもばっちりです。
モノの名前

「上海エクスプレス」とは?おすすめの中華料理を紹介

「上海エクスプレス」とは、東京・銀座にある中華料理店です。1984年にオープン以来、本場の上海料理を提供し続けており、多くの芸能人や著名人が訪れる人気店として知られています。 店名の「上海エクスプレス」は、上海と東京を結ぶ特急列車に由来しています。上海の伝統的なレシピを守りながら、現代的なアレンジを加えた料理が特徴で、特に小籠包は絶品です。また、紹興酒や中国茶の種類も豊富に取り揃えられており、中華料理を堪能するのに最適な空間となっています。 「上海エクスプレス」のおすすめの中華料理を紹介します。まずは、なんといっても小籠包です。皮は薄くてもちもちとしており、中から溢れ出す肉汁は甘みがあり、ジューシーです。また、上海蟹の紹興酒漬けは、上海の郷土料理として知られる一品です。蟹の旨みが紹興酒に溶け込み、濃厚な味わいが楽しめます。 他にも、フカヒレの姿煮や、北京ダックなど、上海料理の定番メニューが勢揃いしています。また、季節限定メニューも用意されており、いつ訪れても新しい料理に出会うことができます。「上海エクスプレス」で本場の上海料理を堪能してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

双き亭とは?中華料理店のチェーンのおいしい中華料理をご紹介!

双き亭のおいしい料理 双き亭では、さまざまな中華料理をご用意しております。看板メニューのひとつは、創業以来30年以上愛され続けている「双き亭ラーメン」です。醤油ベースのスープに、中太麺、チャーシュー、キクラゲ、メンマがのったシンプルなラーメンですが、どこか懐かしい味わいで、飽きのこない美味しさです。 もう一つの看板メニューは「餃子」です。皮はパリパリ、餡はジューシーで、食べ応え抜群の一品です。ニンニクの風味がきいていて、ビールのおつまみにもぴったりです。 その他にも、炒飯、麻婆豆腐、酢豚、エビチリなど、中華料理の定番メニューを多数ご用意しております。どれも双き亭独自の工夫が凝らされた逸品で、きっとご満足いただけると思います。 双き亭は、家族連れでもカップルでも、お一人様でもお気軽にお越しいただける中華料理店です。リーズナブルな価格設定なので、学生さんやサラリーマンの方にもおすすめです。ぜひ一度、双き亭で本場の中華料理をお楽しみください。
モノの名前

聘珍茶寮:中華と緑茶のハーモニー

聘珍茶寮は、中華料理の老舗「聘珍楼」と、緑茶のブランド「伊藤園」が共同開発した、中華料理と緑茶のハーモニーが味わえるレストランです。聘珍楼は、横浜中華街で1884年に創業した、横浜を代表する中華料理店の一つです。老舗の味を守り続けるとともに、新しいメニューの開発にも力を入れており、聘珍茶寮もその一つです。伊藤園は、創業50年以上の歴史を持つ、日本を代表する緑茶のブランドです。緑茶の栽培から製造まで一貫して管理しており、高品質の緑茶を提供しています。聘珍茶寮では、聘珍楼の中華料理と、伊藤園の緑茶の両方の良さを堪能することができます。中華料理は、聘珍楼の伝統的な味を守りつつ、現代風にアレンジされたもの。緑茶は、伊藤園が厳選した高品質の茶葉を使用したもので、中華料理の味を引き立てます。聘珍茶寮は、中華料理と緑茶のハーモニーが味わえる、新しいタイプのレストランです。
施設名・ロケ地

中華料理店チェーン『福龍』の魅力

-福龍の歴史と特徴- 福龍は、1995年に東京で創業した中華料理店チェーンです。創業者である李福龍氏が、北京で学んだ本格的な中華料理を日本に広めたいという思いから創業しました。福龍は、創業以来、リーズナブルな価格で本格的な中華料理を提供し、多くの顧客から支持されています。 福龍の特徴は、まず、本格的な中華料理を提供していることです。福龍の料理は、創業者の李福龍氏が北京で学んだ本格的な中華料理をベースに、日本人の好みに合うようにアレンジされています。そのため、福龍の料理は、本格的な中華料理の美味しさと、日本人の口に合う食べやすさを兼ね備えています。 第二の特徴は、リーズナブルな価格で提供していることです。福龍は、本格的な中華料理を提供しながらも、リーズナブルな価格で提供することを心がけています。そのため、福龍は、多くの人々が気軽に中華料理を楽しむことができるお店として人気があります。 第三の特徴は、豊富なメニューを取り揃えていることです。福龍は、定番の中華料理から、季節限定のメニューまで、豊富なメニューを取り揃えています。そのため、福龍では、何度訪れても飽きることがありません。 以上のような特徴を備えた福龍は、多くの顧客から支持され、現在では、全国に200店舗以上を展開する中華料理店チェーンに成長しました。
モノの名前

今治焼豚玉子飯の奥深い魅力

-今治焼豚玉子飯の誕生秘話- 今治焼豚玉子飯は、愛媛県今治市発祥のご当地グルメです。その誕生には、あるエピソードがあります。 1960年頃、今治市にある中華料理店「大三元」の店主・陳建民氏が、中国から来日した料理人を雇いました。その料理人は、故郷の味を再現するために、豚肉と卵を炒め、ご飯の上にのせた料理を作りました。それが、今治焼豚玉子飯の原型です。 陳建民氏は、その料理の味に惚れ込み、メニューに加えることにしました。当初はあまり売れませんでしたが、次第に評判が広まり、今治市民の間で人気となりました。そして、今治のご当地グルメとして定着したのです。 今治焼豚玉子飯は、豚肉と卵のシンプルな料理ですが、その奥深い味わいが特徴です。豚肉は、甘辛いタレで炒めており、卵は絶妙な半熟加減に仕上げられています。また、ご飯の上には、刻んだネギや海苔がトッピングされています。 今治焼豚玉子飯は、今治市民にとってソウルフード的な存在です。また、観光客にも人気のあるご当地グルメとなっています。今治を訪れた際には、ぜひ一度ご賞味ください。
施設名・ロケ地

福しん:日本の中華料理チェーンのパイオニア

福しんのルーツは、1958年に創業した「福伸亭」という中華料理店にあります。福伸亭は、東京都世田谷区の駒沢大学駅近くにあり、当初は小さなラーメン店でしたが、すぐに評判となり、学生や地元住民の間で人気店となりました。 福伸亭の成功を受けて、1960年には福しんチェーン本部の株式会社福伸亭が設立され、本格的にチェーン展開を開始しました。福しんのチェーン展開は順調に進み、1970年代には東京都内を中心に100店舗を超える規模に成長しました。 1980年代に入ると、福しんは関東地方や関西地方など、首都圏以外の地域にも出店を開始しました。福しんの店舗は、ショッピングモールや駅ビルなど、人通りの多い場所に多く出店され、幅広い層のお客さまに支持されるようになりました。 1990年代には、福しんは海外にも出店を開始し、アメリカや中国、韓国など、世界各国に店舗を展開しました。福しんは、日本の中華料理チェーンのパイオニアとして、世界中で親しまれる中華料理チェーンへと成長を遂げました。
施設名・ロケ地

バーミヤンとは?その特徴やメニューを徹底解説!

バーミヤンの特徴 バーミヤンは、中国をテーマにしたファミリーレストランチェーンです。1967年に東京都で創業し、現在では全国に約600店舗を展開しています。バーミヤンの特徴は、何と言ってもリーズナブルな価格設定です。ほとんどの料理が1,000円以下で、学生やファミリー層に人気があります。また、バーミヤンはメニューの種類が豊富なのも特徴です。ラーメンや餃子などの定番中華料理から、麻婆豆腐や回鍋肉などの四川料理、点心や北京ダックなどの本格中華まで、幅広いメニューを取り揃えています。さらに、バーミヤンでは季節ごとに限定メニューを販売しているのも特徴です。夏には冷やし中華、冬には鍋料理など、旬の食材を使ったメニューが人気を集めています。
施設名・ロケ地

浜木綿とは?特徴とおすすめメニューを紹介

浜木綿は、2008年に大阪・枚方市で創業された和菓子店です。店主の浜田陽介氏は、製菓業界での経験を活かして、素材にこだわり抜いた和菓子作りに情熱を注いでいます。 浜木綿の和菓子は、伝統的な製法を受け継ぎながらも、 современные технологииを取り入れて、新しい味わいを生み出しています。また、季節の素材をふんだんに使用することで、いつ訪れても旬の味覚を楽しむことができます。 浜木綿のコンセプトは、「和菓子を通して、日本の文化と伝統を伝えること」です。浜田氏は、「和菓子は日本人の心の故郷である」と考えており、その魅力を多くの人々に伝えたいと願っています。 浜木綿では、和菓子教室やイベントも開催しており、和菓子作りを体験したり、日本の文化について学んだりすることができます。また、オンラインショップも開設しており、全国どこからでも浜木綿の和菓子を購入することができます。
施設名・ロケ地

「八仙閣」の魅力を味わう

八仙閣の歴史と特徴 八仙閣は、昭和5年に建てられた木造2階建ての建物です。八仙閣という名前は、八仙(八人の仙人)にちなんで名付けられました。八仙とは、仙術を修めて仙人となった8人の人物のことです。 八仙閣は、桃山様式の建築様式を採用しており、外壁は白漆喰壁、屋根は瓦葺きになっています。内部は、数寄屋造りの部屋が多く、障子や襖には、八仙にちなんだ絵が描かれています。 八仙閣は、昭和初期に建てられた木造建築の貴重な遺構であり、国の登録有形文化財に指定されています。現在、八仙閣は、貸し会場として利用されており、婚礼や宴会、会議など様々なイベントに使用されています。
施設名・ロケ地

梅の花の中華料理店 – チャイナ梅の花について

チャイナ梅の花の特徴 チャイナ梅の花は、本格的な中華料理を提供するレストランです。料理は、すべて一から手作りされており、新鮮な食材を使用しています。また、中国人のシェフが伝統的な製法で調理しているので、本場の味を楽しむことができます。 チャイナ梅の花の特徴の一つは、そのバラエティ豊かなメニューです。定番の中華料理から、珍しい中華料理まで、さまざまな料理を楽しむことができます。また、ランチタイムにはお得なランチセットを用意しているので、気軽に中華料理を楽しむことができます。 チャイナ梅の花の特徴の一つは、そのリーズナブルな価格です。本格的な中華料理でありながら、リーズナブルな価格で楽しむことができます。また、チャイナ梅の花は、クレジットカードや電子マネーに対応しているので、キャッシュレスで支払うこともできます。 チャイナ梅の花は、本格的な中華料理を楽しむことができるレストランです。リーズナブルな価格で、バラエティ豊かな中華料理を楽しむことができます。また、クレジットカードや電子マネーにも対応しているので、キャッシュレスで支払うことができます。
施設名・ロケ地

銀座アスターについて徹底解剖!

銀座アスターの歴史と特徴 銀座アスターは、1915年創業の老舗洋食店です。創業者は、大谷保太郎氏。東京府豊多摩郡月吉村(現・渋谷区)出身です。1913年に渡米し、サンフランシスコで帝国ホテルのレストランで働いた後、1915年に帰国。銀座で銀座精養軒の料理長を務めた後、1930年に銀座アスターを創業しました。 銀座アスターは、創業当初から洋食店として営業しており、ハンバーグやオムライス、海老フライなどの洋食メニューが人気を博しました。また、銀座アスターは、日本の洋食界に多くの影響を与えたことで知られています。たとえば、銀座アスターは、日本で初めてハンバーグにデミグラスソースをかけた店だといわれています。また、銀座アスターは、日本で初めてオムライスにケチャップライスを使った店だともいわれています。 銀座アスターは、創業以来100年以上、洋食界を牽引してきた老舗洋食店です。銀座アスターの洋食は、伝統的な洋食の技法をベースに、新しいアイデアを取り入れた革新的な洋食です。銀座アスターの洋食は、老若男女問わず楽しめる洋食です。
施設名・ロケ地

横浜一品香はどんなお店?

横浜一品香の歴史 横浜一品香は、1928年に創業した老舗の中華料理店です。創業者である何 仁浦(ホ・ジンポ)氏は、広東省台山市出身で、来日後、横浜中華街で料理人として働いていました。 何氏は、横浜中華街で修行を積んだ後、1928年に横浜市中区石川町に小さな中華料理店を開業しました。この店が横浜一品香の始まりです。 横浜一品香は、何氏の確かな料理の腕と、妻である何 向陽(ホ・コウヨウ)氏による接客の良さが評判を呼び、瞬く間に人気店となりました。特に、何氏の作る中華粥は絶品とされ、多くの人が足を運ぶようになりました。 1945年に発生した横浜大空襲で横浜一品香は焼失してしまいますが、何氏はめげずに再建を果たし、1946年には現在の場所に横浜一品香を移転しました。 移転後の横浜一品香は、さらに繁盛し、横浜中華街を代表する中華料理店として知られるようになりました。1964年には、皇太子明仁親王(後の天皇陛下)が横浜一品香を訪れ、中華粥を賞味されました。 横浜一品香は、何氏の死後も、何氏の息子である何 雄一(ホ・ユウイチ)氏と、孫である何 正一(ホ・セイイチ)氏が受け継ぎ、現在に至るまで横浜中華街で営業を続けています。 横浜一品香は、横浜中華街の老舗の店として、多くの観光客や地元の人々に愛され続けています。
施設名・ロケ地

日本初の豪華ドラゴンボート「海龍」の魅力

豪華ドラゴンボート「海龍」の魅力は、何といってもその迫力あるデザインと、船上からの横浜の景色にあります。鮮やかな朱色と金の装飾が目を引く船体は、まるで中国の皇帝が乗る龍船のような風格。横浜の街並みを背景に浮かぶ「海龍」の姿は、まさに絶景です。 船上からは、みなとみらいのビル群や横浜ベイブリッジ、マリンタワーなど、横浜のランドマークを一望することができます。また、運が良ければ、海を泳ぐイルカやクジラを見ることもできるかもしれません。 「海龍」は、結婚式やパーティー、企業のイベントなど、さまざまな用途で使用することができます。船内には、最大100名まで収容できるスペースがあり、豪華な食事や音楽を楽しむことができます。また、船上にはトイレや洗面所も完備されているので、安心して利用することができます。 「海龍」は、横浜の海を優雅にクルーズできる魅力的な船です。横浜の街並みを一望したい方や、特別なイベントを計画している方は、ぜひ「海龍」を利用してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「石庫門」とは?特徴とおすすめメニュー

石庫門とは、上海の旧市街に多く見られる伝統的な住宅様式です。石造りのアーチ状の門を備えた建物で、その独特な外観から、上海のランドマークのひとつとして知られています。石庫門は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、上海が急速に発展した時期に建てられたもので、当時の上海の繁栄を物語る貴重な建造物です。 石庫門は、一般的に、1階は商店や飲食店、2階以上は住居という構造になっています。1階の商店や飲食店は、石造りのアーチ状の門を通り抜けて入ることができます。2階以上の住居は、アーチ状の門の上にあるバルコニーから出入りします。石庫門のバルコニーは、上海の街並みを一望できる絶好のスポットとして人気があります。
モノの名前

ご当地グルメ「小松名物塩やきそば」

「小松名物塩やきそば」の歴史と由来 小松名物塩やきそばは、石川県小松市の郷土料理です。戦後、小松市に駐屯したアメリカ兵が、日本のソース焼きそばをアレンジして作ったのが始まりと言われています。小麦粉を水で溶いてフライパンで薄く焼いた麺に豚バラ肉、野菜、塩、コショウで味付けしたもの。小松市内の多くの飲食店で提供されており、市民に愛されています。 小松名物塩やきそばの特徴は、ソースではなく塩で味付けされていることです。ソース焼きそばとは違ったさっぱりとした味わいで、食べやすいのが特徴です。また、具材には豚バラ肉、野菜、卵、イカなど、さまざまなものを用います。野菜のシャキシャキとした食感と、塩の加減が絶妙な逸品です。 小松名物塩やきそばは、小松市内にある「小松塩やきそばの会」が中心となって、その普及活動に取り組んでいます。同会では、小松名物塩やきそばの作り方教室を開催したり、小松市内の飲食店を巡ってその味を競うイベントを開催したりしています。小松名物塩やきそばは、小松市の郷土料理として、その知名度を全国に広げつつあります。
モノの名前

神戸中華街の秘伝の焼鶏の魅力

秘伝のスパイスと高温の油で揚げて蒸した焼鶏とは? 神戸中華街の焼鶏は、スパイシーでジューシーな味わいが特徴です。その秘訣は、独自のスパイスと高温の油で揚げて蒸すという調理法にあります。まず、鶏肉をニンニク、ショウガ、五香粉、八角などのスパイスでマリネします。そして、高温の油で揚げて外側をカリッとさせ、その後、蒸し器にかけて中までじっくりと火を通します。この調理法により、鶏肉は外はパリッとして中はジューシーな仕上がりになります。スパイスの風味と鶏肉の旨味が凝縮された、絶品の焼鶏です。
モノの名前

かつめしとは?兵庫県加古川市のご当地グルメの魅力

かつめしとは、兵庫県加古川市のご当地グルメとして知られる、豚カツを玉子でとじた料理です。明治時代初期に、加古川市で料理店を営んでいた人が、東京で食べたカツレツをヒントに、豚カツを卵でとじてご飯に乗せたのが始まりと言われています。 かつめしは、豚カツを一口大に切って玉子でとじ、その上にケチャップと中濃ソースをかけたものが多いです。また、玉ねぎやピーマン、マッシュルームなどの野菜を加えたり、チーズをのせたりするなど、各店ごとにアレンジを加えているところもあります。 かつめしは、そのボリューム感と、豚カツと玉子の相性の良さが特徴の、一度食べたらやみつきになる一品です。加古川市を訪れた際には、ぜひご賞味ください。
施設名・ロケ地

万豚記チェーン店に注目!その魅力を探る

-万豚記の特徴的な料理- 万豚記に来たら絶対食べたいのが「角煮まんじゅう」です。万豚記の看板メニューともいえる一品です。豚バラ肉を特製のタレで柔らかく煮込み、それを皮で包んで蒸したものです。角煮まんじゅうは、その名の通り、角煮をまるごと一個包んで蒸し上げたもので、角煮の旨味が皮に染み込んでいて、とてもジューシーです。 もう一つの人気メニューは「焼豚ラーメン」です。こちらも万豚記の定番メニューで、豚骨スープに醤油ダレを合わせたスープに、チャーシュー、メンマ、ほうれん草がのっています。チャーシューは、特製ダレでじっくりと煮込んだもので、柔らかくジューシーです。スープは、豚骨の旨味と醤油ダレの塩味が調和していて、とてもコクがあります。 万豚記では、角煮まんじゅうや焼豚ラーメンの他にも、餃子、チャーハン、麻婆豆腐など、中華料理の定番メニューが揃っています。どの料理も、リーズナブルな価格で楽しめるので、気軽に中華料理を食べたいときにはぴったりです。
施設名・ロケ地

「小洞天」の歴史と魅力

小洞天の創業と歴史 小洞天は、1865年(慶応元年)に創業された老舗の和菓子店です。創業者は、京都の和菓子職人である山本嘉助です。嘉助は、当時流行していた西洋菓子の技術を和菓子に取り入れ、新しい和菓子の創作に励んでいました。嘉助の創作した和菓子は、たちまち評判となり、小洞天は京都を代表する和菓子店となりました。 小洞天が創業して以来、150年以上の歴史があります。その間、小洞天は常に新しい和菓子の創作に努めてきました。また、伝統的な和菓子の製法にもこだわり続け、職人が一つ一つ丁寧に手作りしています。その結果、小洞天の和菓子は、常に高い品質を維持し続けているのです。 小洞天の和菓子は、京都の伝統的な和菓子をベースに、西洋菓子の技術を取り入れた新しい和菓子です。その特徴は、上品な甘さと、素材の味が生きた素朴な味わいです。小洞天の和菓子は、京都の街の雰囲気にぴったりとマッチしており、国内外から多くの人が訪れる人気店となっています。
施設名・ロケ地

南国酒家について

南国酒家について 南国酒家の特徴 南国酒家は、大阪にある人気の中華料理店です。中華料理といえば、高級で敷居が高いイメージですが、南国酒家はリーズナブルな価格で本格的な中華料理を楽しむことができます。南国酒家は、ランチタイムには行列ができるほどの人気店ですが、ディナータイムでも比較的リーズナブルな価格で本格的な中華料理を楽しむことができます。南国酒家は、中華料理の中でもとくに四川料理が有名です。四川料理は、唐辛子や花椒などの香辛料が効いた辛くて痺れる料理が特徴です。南国酒家の四川料理は、辛さと痺れのバランスが取れていて、非常に食べやすいです。南国酒家は、四川料理以外にも、広東料理や北京料理などの様々な中華料理を楽しむことができます。南国酒家は、本格的な中華料理をリーズナブルな価格で楽しむことができる人気店です。ぜひ一度、南国酒家の料理を味わってみてください。
施設名・ロケ地

「東秀」の創業時期、店舗数、メニューの特徴とは?

東秀の創業時期と店舗数 東秀は、1934年(昭和9年)に創業した。創業者は東郷平八郎の遠縁にあたる東郷金次郎氏である。東郷金次郎氏は、東京で飲食店を経営していたが、1934年に大阪に「東秀」の第1号店をオープンした。その後、「東秀」は大阪を中心に店舗数を拡大し、現在は全国に約30店舗を展開している。 東秀は、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどの粉もんを中心としたメニューを提供している。また、鉄板焼や一品料理なども提供している。東秀のたこ焼きは、外はカリカリ、中はトロトロとした食感が特徴である。また、お好み焼きは、ボリューム満点で、食べ応えがある。焼きそばは、麺がもちもちとしていて、ソースの味がよく絡んでいる。 東秀は、粉もん好きにはたまらないお店である。粉もんを食べたいときは、ぜひ東秀を訪れてみよう。
施設名・ロケ地

金龍閣とは?中華料理店のチェーン店の魅力

金龍閣の人気の理由 金龍閣は、中華料理店のチェーン店であり、日本全国に展開している。その人気の理由は、まずそのリーズナブルな価格にある。金龍閣では、本格的な中華料理を比較的安価に楽しむことができる。また、金龍閣の料理は、そのボリュームの多さでも知られている。一品料理を頼んでも、十分お腹いっぱいになれる量が出てくる。さらに、金龍閣では、テイクアウトやデリバリーにも対応している。そのため、自宅で中華料理を楽しみたいという人にも人気である。 また、金龍閣の中華料理は、その味も人気の理由である。金龍閣は、日本人の口に合うようにアレンジされた中華料理を提供している。そのため、日本人には食べなれた味であり、安心して楽しむことができる。さらに、金龍閣では、季節ごとの旬の食材を使った料理も提供している。そのため、いつ訪れても旬の美味しい中華料理を味わうことができる。 そして、金龍閣は、その接客の良さでも人気である。金龍閣のスタッフは、皆親切で丁寧な接客をしてくれる。そのため、金龍閣を訪れた人は、気持ちよく中華料理を楽しむことができる。また、金龍閣では、個室も用意している。そのため、家族や友人とゆっくりと中華料理を楽しみたいという人にも人気である。
施設名・ロケ地

東天紅の美味しい中華料理メニューをご紹介!

東天紅の歴史と店舗展開 東天紅は1969年、東京都中央区銀座に1号店をオープンしました。以来、その洗練された味とサービスで評判を呼び、現在では日本全国に約100店舗を展開しています。東天紅の店舗は、ビジネス街の中心部やショッピングモール、郊外の住宅街など、幅広い場所に立地しており、老若男女問わず多くの人に愛されています。 東天紅の店舗は、それぞれ趣のある雰囲気を持っています。中国の伝統的な装飾を施した店舗や、現代的なデザインを取り入れた店舗など、その店舗ごとに異なる魅力があります。また、東天紅では全店舗で中国茶を提供しており、食事と一緒に楽しむことができます。 東天紅のメニューは、北京料理、上海料理、広東料理など、中国各地方の伝統的な料理を網羅しています。また、東天紅独自のアレンジを加えた創作料理も多く、幅広いニーズに応えています。東天紅の料理は、素材の旨味を生かしたシンプルな味付けが特徴で、老若男女問わず誰もが楽しめる味です。 東天紅は、美味しい中華料理を楽しめるだけでなく、中国の伝統文化を体験できる場所でもあります。中国の伝統的な装飾が施された店舗や、中国茶を提供するサービスなど、東天紅では中国の伝統文化に触れることができます。また、東天紅では中国語教室や料理教室を開催しており、中国語や中華料理を学ぶことができます。