丸亀市

施設名・ロケ地

香川丸亀国際ハーフマラソン:丸亀市民が誇るマラソン大会

-香川丸亀国際ハーフマラソンの歴史と概要- 香川丸亀国際ハーフマラソンは、香川県丸亀市で毎年2月に開催される国際陸上競技連盟公認のハーフマラソン大会です。1982年に第1回大会が開催され、2023年で42回目を迎えます。 大会は、丸亀市役所前をスタートし、丸亀市街地を巡った後、丸亀市民陸上競技場をゴールとする13.5キロメートルのコースで行われます。参加資格は、ハーフマラソンを3時間以内に完走できる満18歳以上の男女です。 大会には、国内外のトップランナーが出場し、毎年白熱したレースが繰り広げられます。また、一般ランナーも多数参加し、自己ベスト記録を目指して走ります。 香川丸亀国際ハーフマラソンは、丸亀市民が誇るマラソン大会として定着しており、毎年多くの市民が大会を応援しています。
地名・ロケ地

本島港の魅力と歴史

-本島港の歴史と沿革- 本島港は、沖縄県宮古島市に位置する港湾です。古くから宮古諸島の玄関口として栄え、現在は貨物や旅客船の拠点として重要な役割を担っています。 本島港の歴史は古く、琉球王国時代には、宮古諸島と沖縄本島を結ぶ重要な港湾として利用されていました。明治時代に入ると、日本本土との貿易が盛んになり、本島港はさらに発展しました。 戦後、本島港はアメリカ軍に接収され、1950年に返還されました。その後、本島港は沖縄県により管理され、整備が進められました。1972年に沖縄が日本に返還されると、本島港は沖縄県の管理下となりました。 現在、本島港は宮古諸島の玄関口として重要な役割を担っています。貨物や旅客船の発着があり、宮古諸島と沖縄本島や日本本土を結んでいます。また、本島港は観光地としても人気があり、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

香川県大手前高松高等学校とは

香川県大手前高松高等学校の歴史 香川県大手前高松高等学校は、香川県高松市に所在する私立高等学校である。大手前学園が運営している学校の一つで、大手前幼稚園、大手前小学校、大手前中学校、大手前大学、大手前短期大学と連携している。 香川県大手前高松高等学校は、1986年に開校した。当初は女子校であったが、2001年に共学校となった。現在は、普通科、理数科、音楽科、体育科の4つの科がある。普通科には、進学コースと特進コースがある。理数科は、理系大学への進学を目指す生徒のためのコースである。音楽科は、音楽の才能のある生徒のためのコースである。体育科は、スポーツの才能のある生徒のためのコースである。 香川県大手前高松高等学校は、その教育実績で知られている。2020年には、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のサッカー競技で優勝した。また、2021年には、全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝した。学業面でも、多くの生徒が国公立大学や難関私立大学に合格している。 香川県大手前高松高等学校は、香川県を代表する進学校の一つである。その教育実績は高く評価されており、多くの生徒に人気がある。
地名・ロケ地

本島泊海岸の魅力を再発見!瀬戸内の美しい海岸線を満喫

本島泊海岸の魅力とは 本島泊海岸は、瀬戸内海国立公園に指定されている美しい海岸線です。香川県三豊市粟島にあります。本島泊海岸は、約1kmにわたって続く砂浜で、海水浴や磯遊びを楽しむことができます。また、本島泊海岸には、大小様々な島々が点在しており、島巡りや釣りを楽しむことができます。 本島泊海岸の魅力の一つは、その景観です。本島泊海岸は、白い砂浜が続く海岸線で、瀬戸内海に浮かぶ島々と相まって、美しい景観を作り出しています。また、本島泊海岸には、松林やクスノキなどの樹木が生い茂っており、緑と海の織りなすコントラストを楽しむことができます。 本島泊海岸の魅力の二つ目は、その自然です。本島泊海岸は、瀬戸内海国立公園に指定されていることもあり、豊かな自然が残されています。本島泊海岸では、様々な種類の魚や貝殻を採ることができます。また、本島泊海岸には、ウミガメやイルカなどの海洋生物が生息しています。
地名・ロケ地

天空の島「小手島」で過ごすひととき

塩飽諸島の秘島、小手島 小手島は、香川県高松市の北西約10kmに位置する、人口約900人の小さな島です。美しい海と緑に囲まれた小手島は、別名「天空の島」と呼ばれており、その名の通り、島全体が標高100mほどの山地で形成されており、島の中央には断崖絶壁の展望台があります。展望台からは、瀬戸内海の多島美を一望することができ、天気の良い日には、讃岐富士と呼ばれる飯野山まで見ることができます。小手島には、他にも、塩飽諸島の歴史や文化を紹介する資料館や、島の特産品である塩を使った料理を味わえるレストランなどがあります。また、島の周辺には、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができるスポットもあります。小手島は、自然と歴史、文化に触れることができる、魅力的な島です。
施設名・ロケ地

香川県丸亀市の手島港

手島港の歴史 手島港は、香川県丸亀市にある港です。瀬戸内海に面した風光明媚な港で、古くから海運の拠点として栄えてきました。 手島港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていたとされています。鎌倉時代には、源平合戦の舞台となり、手島沖で源氏と平氏が激戦を繰り広げました。戦国時代には、海賊の拠点となり、村上水軍が手島港を根拠地として瀬戸内海を荒らし回りました。 江戸時代になると、手島港は丸亀藩の重要な港として整備され、参勤交代や物資の輸送などに利用されました。また、手島港は塩田地帯としても知られ、塩の生産が盛んに行われていました。 明治時代になると、手島港は近代化され、汽船が就航するようになりました。昭和時代には、手島港は丸亀市の重要な工業港として発展し、鉄鋼や化学工業などの工場が立地しました。 平成時代になると、手島港は観光地としても整備され、手島港周辺にはホテルや旅館、レストランなどの観光施設が立ち並ぶようになりました。また、手島港は瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにも選ばれ、多くの観光客が訪れるようになりました。 手島港は、長い歴史を持つ港であり、古くから海運の拠点として栄えてきました。現在は、観光地としても整備され、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。
施設名・ロケ地

江の浦港の魅力

-江の浦港の歴史- 江の浦港は、古くから人々の暮らしと密接に関わってきた港です。 その歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。 鎌倉時代には、源頼朝の命を受けた北条時政が江の浦港を整備し、鎌倉と伊豆を結ぶ重要な交易拠点となりました。室町時代には、足利尊氏が江の浦港を拠点にして九州征伐を行い、戦国時代には、武田信玄が江の浦港から兵糧を運んで甲斐の国を平定しました。 江戸時代になると、江の浦港は江戸と駿河、甲斐を結ぶ重要な交易拠点として栄え、多くの商船が行き交いました。 明治時代に入ると、江の浦港は近代化され、軍港として整備されました。 日露戦争では、江の浦港から多くの軍艦が出撃し、勝利に貢献しました。 その後、江の浦港は再び商業港として栄え、昭和初期には日本三大漁港のひとつに数えられるまでになりました。 しかし、高度経済成長期になると、江の浦港は次第に衰退し、現在は小さな漁村としてひっそりとたたずんでいます。 しかし、江の浦港の歴史は、日本の歴史と深く関わり合っている重要な港であり、その魅力は今もなお色褪せることはありません。 その魅力には、古き良き日本の原風景を残す街並み、新鮮な魚介類を味わうことができる食堂、観光スポットなどがあります。 また、江の浦港は、釣りやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむことができる場所としても人気です。 江の浦港は、歴史と自然の美しさが融合した魅力的な港町です。 ぜひ一度、この港町を訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

香川県立丸亀競技場徹底解説!

-Pikaraスタジアムの歴史と特徴- 香川県立丸亀競技場は、香川県丸亀市にあるサッカー専用のスタジアムです。スタジアムの愛称は「Pikaraスタジアム」で、これは香川の特産品である「オリーブ」の別名「ピカラ」に由来しています。 Pikaraスタジアムの歴史は、1994年に遡ります。当時、丸亀市にはサッカー専用のスタジアムがなく、サッカーの普及に課題を抱えていました。そこで、市は競技場建設を計画し、1997年に着工しました。スタジアムは2001年に完成し、同年5月19日にこけら落としが行われました。 Pikaraスタジアムは、収容人員30,100人、ピッチのサイズは105×68メートルとなっています。スタジアムは屋根付きで、観客席はすべて座席です。また、スタジアムには大型映像装置や音響設備が備え付けられており、サッカーの試合を快適に観戦することができます。 Pikaraスタジアムは、サッカーだけでなく、他の競技やイベントにも利用されています。2008年には、北京オリンピックサッカーアジア最終予選が行われ、2014年には、AFC U-23女子選手権が行われました。また、スタジアムは、コンサートやイベントにも利用されており、2003年には、SMAPのコンサートが行われました。 Pikaraスタジアムは、香川県内最大のサッカー専用スタジアムであり、地域住民に親しまれています。また、スタジアムは、サッカーの普及に貢献しており、香川県から多くのサッカー選手が輩出されています。
モノの名前

「青木石」とは?その特徴と活用法を解説

青木石とは、青緑色の美しい花崗岩の一種です。岐阜県飛騨地方特産の石材で、その名は、大理石を意味する「青木大理石」が転訛したものです。青木石は、花崗岩でありながら、大理石のような美しい光沢を持ち、その独特の色合いから、古くから珍重されてきました。 青木石の歴史は古く、奈良時代の飛鳥寺や法隆寺には、青木石で作られた石灯籠が残されています。平安時代には、京都の平安京に青木石が持ち込まれ、貴族や寺院の建築に使用されました。鎌倉時代以降は、武士の邸宅や城郭の石垣に使用されるようになり、江戸時代には、茶室の炉石や墓石としても広く用いられました。 青木石の特徴は、その青緑色の美しい色合いと、硬くて丈夫な石質です。青木石は、花崗岩の一種ですが、その色は、石中に含まれる「緑簾石」という鉱物によるものです。緑簾石は、マグマが冷えて固まる際にできる鉱物で、その色は、鉄やマグネシウムなどの元素によって決まります。青木石の緑色の色は、鉄によるもので、その色合いは、石によって微妙に異なります。 青木石は、硬くて丈夫な石質で、摩耗や風化に強く、耐久性に優れています。そのため、建築材料や墓石など、長期にわたって使用されるものによく使われます。また、青木石は、熱にも強く、耐火性にも優れています。そのため、暖炉やストーブの炉石など、火を扱う場所にもよく使われます。
施設名・ロケ地

香川県のリゾート施設「NEWレオマワールド」を徹底解説

NEWレオマワールドは、香川県丸亀市にある総合リゾート施設です。遊園地、ホテル、プール、ゴルフ場、そしてショッピングモールやレストランなど、様々なアトラクションと施設が揃っています。遊園地には、絶叫系のアトラクションからファミリー向けのアトラクションまで、様々なものがあります。 中でも、人気のアトラクションは「レオマシュート」です。これは、全長1,000メートル、最高時速100キロメートルのジェットコースターで、スリル満点のアトラクションです。また、「レオマドロップ」は、高さ60メートルのタワーから一気に落下するアトラクションで、こちらも人気の高いアトラクションとなっています。 その他にも、子供向けの乗り物やアトラクションも充実しています。「レオマメリーゴーランド」や「レオマトレイン」など、小さな子供でも楽しめるアトラクションが揃っています。また、屋内型の施設もあり、天候に左右されずに楽しむことができます。 NEWレオマワールドは、家族や友人と一日中楽しめる総合リゾート施設です。様々なアトラクションや施設が揃っているので、一日中飽きることなく遊ぶことができます。また、レストランやショッピングモールもあるので、食事や買い物も楽しむことができます。
有名人の名前

「京極くん」について

京極くんとは? 京極くんとは、日本の男性アイドルグループである。2012年に結成され、2013年にメジャーデビューした。メンバーは、京極裕介、京極竜介、京極翔の3人である。 京極くんは、2012年の夏に結成された。グループ名は、メンバーである京極裕介の名字に由来している。京極裕介は、オーディション番組「スター発掘オーディション」で優勝した経験を持つ。京極竜介は、ダンススキルに定評があり、京極翔は、ボーカルの腕前に定評がある。 2013年2月に、京極くんはシングル「あなたの笑顔に恋してる」でメジャーデビューを果たした。この曲は、オリコンシングルチャートで最高位10位を記録するヒットとなった。2013年8月には、1stアルバム「京極くん1st」をリリースした。このアルバムは、オリコンアルバムチャートで最高位5位を記録するヒットとなった。 京極くんは、結成以来、精力的に活動を行っている。ライブやテレビ出演、CM出演など、幅広く活動している。また、海外公演も行っている。2015年には、初の日本武道館公演を開催した。 京極くんは、そのキャッチーな楽曲と、メンバーの個性を生かしたパフォーマンスで、多くのファンを獲得している。今後は、さらに活躍が期待される。
地名・ロケ地

新在家港 (香川県丸亀市) の紹介

新在家港の歴史 新在家港は、香川県丸亀市の新在家町にある港です。この港は、江戸時代に丸亀藩によって築かれ、塩田の塩や米、材木などの物資を運ぶために利用されていました。明治時代に入ると、新在家港は近代化され、汽船の寄港地として整備されました。しかし、その後、鉄道網の発達により新在家港の重要性は低下し、次第に衰退していきました。 昭和30年代に入ると、新在家港は再び注目を集めるようになります。それは、新在家町が臨海工業団地を造成し、多くの企業を誘致したためです。これにより、新在家港は再び活況を取り戻し、現在では、石油やセメント、鉄鋼などの物資を運ぶために利用されています。 新在家港は、丸亀市の重要な港湾施設として、これからも重要な役割を果たし続けるでしょう。
地名・ロケ地

徹底探索!広島の魅力

-広島の歴史と文化- 広島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたことがわかっています。平安時代には厳島神社が創建され、中世には毛利氏が広島城を築城しました。江戸時代には広島藩の城下町として栄え、明治維新後は日本の近代化を支える重要な都市となりました。 広島は、世界遺産にも登録されている厳島神社をはじめ、数多くの史跡や名所旧跡があります。また、平和記念公園や原爆ドームなど、戦争の記憶を伝える施設も数多くあります。 広島の文化は、中国地方の文化と瀬戸内海の文化が融合した独特のものです。広島県では、毎年8月6日に広島平和記念式典が開催され、多くの人が犠牲になった原爆の悲劇を悼んでいます。また、広島県は、お好み焼きや牡蠣などの郷土料理も有名です。
施設名・ロケ地

里浦港について

里浦港の歴史 里浦港の歴史は古く、江戸時代にはすでに存在していたとされています。当時は、主に物資の集散地として利用されており、多くの船が寄港していました。明治時代に入ると、近代化に伴って港湾施設が整備され、さらに重要な役割を果たすようになりました。大正時代には、里浦港は国の重要港湾に指定され、さらに発展を遂げました。昭和時代に入り太平洋戦争が勃発すると、里浦港は軍港として利用され、多くの軍艦が停泊していました。戦後は、再び物資の集散地として機能するようになり、現在に至っています。現在、里浦港は、日本の主要港湾の一つとして、年間数多くの船舶が寄港しています。また、里浦港周辺には、多くの観光スポットがあり、国内外から多くの観光客が訪れています。
モノの名前

丸亀うちわの伝統と魅力

丸亀うちわの歴史と特徴 丸亀うちわは、香川県丸亀市で生産されているうちわです。その歴史は古く、室町時代にはすでに丸亀うちわが生産されていたという記録が残っています。江戸時代には、丸亀うちわは全国各地に出荷され、庶民の間で広く親しまれるようになりました。 丸亀うちわの特徴は、その軽さと丈夫さです。丸亀うちわの骨組みには、香川県産の竹が使われており、竹のしなやかさと強さが丸亀うちわの軽さと丈夫さを生み出しています。また、丸亀うちわの紙には、和紙が使われており、和紙の持つ通気性と吸水性により、丸亀うちわは涼しく快適に使用することができます。 丸亀うちわは、その伝統的な技法と優れた品質から、国の伝統的工芸品に指定されています。丸亀うちわは、丸亀市の特産品として全国各地に出荷されており、多くの人々に愛されています。
地名・ロケ地

上真島の魅力と見どころ

上真島の歴史と文化 上真島は、古くから人々が暮らし、独自の文化を築いてきた島です。縄文時代には、島の南部に集落が築かれ、貝塚や土器などの遺物が残されています。弥生時代には、島の北部にも集落が築かれ、稲作が行われるようになりました。古墳時代には、島内各地に古墳が築かれ、豪族の存在がうかがえます。平安時代には、島に仏教が伝わり、寺院が建立されました。鎌倉時代には、島は鎌倉幕府の支配下に置かれ、守護が派遣されました。室町時代には、島は細川氏の支配下に置かれ、守護代が派遣されました。戦国時代には、島は毛利氏の支配下に置かれ、家臣が派遣されました。江戸時代には、島は徳川幕府の直轄領となり、代官が派遣されました。明治時代には、島は鹿児島県に属し、郡役場が置かれました。昭和時代には、島は鹿児島県大島郡に属し、町役場が置かれました。平成時代には、島は鹿児島県奄美市に属し、支所が置かれています。 上真島の文化は、古くからの歴史と自然環境の影響を受けて形成されてきました。島の伝統芸能には、豊年祭や厄払いなどの祭りで演じられる「八月踊り」や「上真島口説」などがあります。島の伝統工芸には、芭蕉布や黒糖焼酎などがあります。島の伝統食には、奄美大島郷土料理の「鶏飯」や「きびなごの南蛮漬け」などがあります。
施設名・ロケ地

青木港の歴史と特徴

青木港の歴史 静岡県伊東市にある青木港は、古くから漁港として栄えてきた歴史を持っています。青木港の沖合は、黒潮の流れが速く、魚種が豊富で、古くから漁業が盛んな土地でした。その中でも、カツオ漁が盛んであり、青木港はカツオの一大拠点として知られていました。 青木港の歴史は古く、江戸時代には、海運の拠点として栄えました。青木港からは、江戸や大阪、名古屋などへ多くの物資が運ばれ、青木港は、経済の中心地として発展しました。明治時代になっても、青木港は、海運の拠点として栄え続け、多くの船が青木港を出入りしていました。 しかし、明治末期に、鉄道が開通すると、青木港の海運は衰退し、青木港は、漁港として発展するようになりました。昭和に入ると、青木港は、漁業の拠点としてさらに発展し、多くの漁船が青木港を拠点として漁を行っていました。 戦後、青木港は、漁港として発展を続け、昭和40年代には、青木港は、全国有数のカツオ基地として、日本一の水揚げ量を誇っていました。しかし、昭和50年代に入ると、カツオの漁獲量が減少したため、青木港の水揚げ量は減少しました。現在も、青木港は、漁港として機能していますが、水揚げ量は、以前よりも減少しています。
地名・ロケ地

香川県丸亀市の島「本島」の歴史と魅力

本島の歴史と文化 本島は、約1,200年前の奈良時代に、聖武天皇の勅命により、行基菩薩が四国八十八ヶ所霊場を開基した際に、本島に最初の霊場である「本島観音寺」を建立したことに始まります。その後、本島は瀬戸内海の海運の要衝として栄え、平安時代には平清盛が讃岐国を領有し、本島に「本島城」を築城しました。鎌倉時代には、源頼朝が本島を讃岐国の守護に任命し、本島は讃岐国の政治・経済の中心地として発展しました。室町時代には、細川氏の本拠地となり、本島は「讃岐の国府」として栄えました。戦国時代には、三好氏の本拠地となり、本島は「三好氏の本拠地」として栄えました。江戸時代には、丸亀藩の藩庁所在地となり、本島は「丸亀藩の藩庁所在地」として栄えました。明治時代には、廃藩置県により、本島は「香川県丸亀市」の一部となりました。 本島は、長い歴史の中で、多くの文化を育んできました。本島には、本島観音寺をはじめ、多くの寺社仏閣があり、本島は「讃岐の鎌倉」と呼ばれています。本島には、また、丸亀城や本島城などの城郭跡があり、本島は「讃岐の城下町」と呼ばれています。本島には、また、讃岐うどんや讃岐和三盆などの郷土料理があり、本島は「讃岐の味覚の宝庫」と呼ばれています。
モノの名前

骨付鳥の魅力とは?香川発祥の絶品ご当地グルメ

香川県のソウルフード「骨付鳥」の歴史と由来 骨付鳥は、香川県発祥の絶品ご当地グルメです。その歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。 平安時代、香川県は「讃岐国」と呼ばれていました。讃岐国は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた土地で、人々は農業や漁業を営んでいました。 当時の讃岐国では、鶏肉を食べる習慣がありました。しかし、鶏肉は高価な食材だったため、庶民はなかなか口にすることができなかったのです。そこで、庶民たちは鶏の骨付き肉を串に刺して焼くという調理法を考案しました。 この調理法は、鶏肉の旨味を余すことなく味わうことができ、しかも安価で済むことから、庶民の間でたちまち広まりました。これが、骨付鳥の始まりと言われています。 やがて、骨付鳥は讃岐国の郷土料理として定着しました。そして、江戸時代には、讃岐国の名物として全国に知られるようになりました。 現在、骨付鳥は香川県のソウルフードとして親しまれています。県内には、骨付鳥を提供するお店が数多くあり、地元の人々はもちろん、観光客にも人気があります。 骨付鳥は、鶏の骨付き肉を炭火で焼いた料理です。鶏肉は、香川県産のブランド鶏「讃岐コーチン」を使用しているお店が多く、ジューシーで歯ごたえのある食感が特徴です。 また、骨付鳥は、塩胡椒やニンニクなどのシンプルな味付けが一般的です。シンプルな味付けだからこそ、鶏肉の旨味を余すことなく味わうことができます。 骨付鳥は、ビールや日本酒などのアルコール飲料との相性も抜群です。また、ご飯のおかずとしても最適です。香川県を訪れた際には、ぜひ骨付鳥を味わってみてください。
地名・ロケ地

魅力あふれる塩飽諸島の島「手島」

手島の歴史と文化 手島は、瀬戸内海国立公園に属する小さな島であり、その長い歴史と豊かな文化で知られています。 手島の歴史は、縄文時代までさかのぼります。島のさまざまな場所から、土器や石器など、縄文時代の人々が生活していた証拠が見つかっています。平安時代には、手島は塩飽氏の支配下に入り、塩田が作られました。鎌倉時代には、手島は源平合戦の戦場となり、源氏と平氏が激突しました。 江戸時代には、手島は海運の要衝として栄え、多くの船乗りや商人たちが訪れました。また、手島は塩田業も盛んで、島のあちこちに塩田が見られました。明治時代になると、手島は近代化の波に乗り、学校や病院などが建設されました。また、手島は観光地としても人気を集め、多くの観光客が訪れるようになりました。 手島の文化は、長い歴史の中で培われてきたものです。島の伝統芸能である手島太鼓は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年8月に行われる手島太鼓まつりは、多くの観光客でにぎわいます。また、手島には、多くの神社や仏閣があり、島の人々にとっては信仰の場となっています。 手島は、瀬戸内海国立公園に属する小さな島ですが、その長い歴史と豊かな文化は、多くの人々を魅了しています。
モノの名前

伝統銘菓「六万石」の魅力

六万石の歴史と由緒 六万石は、約350年前の江戸時代初期、加賀藩主であった前田利常公が、京都の茶人として知られた千利休の孫である千宗旦に、加賀百万石の繁栄を祝って献上したお菓子です。このお菓子は、前田利常公に非常に気に入られ、加賀藩のお菓子として珍重されました。その後、明治維新後、加賀藩が消滅しましたが、六万石は民間で作られ続け、加賀を代表する銘菓として知られるようになりました。 六万石という名前の由来は、加賀藩の石高である百万石のうち、六万石を献上したことに由来しています。六万石は、加賀藩の繁栄を象徴するお菓子であり、加賀の人々にとって、大切な郷土菓子とされています。
施設名・ロケ地

丸亀港の歴史と役割

丸亀港の設立と背景 丸亀港の歴史は古く、江戸時代初期の1618年にまで遡ります。当時、丸亀藩主であった生駒高俊が、丸亀城の整備と同時に築港を命じました。この築港は、丸亀藩の経済発展を目的としており、港には商船や漁船が頻繁に出入りするようになりました。幕末には、丸亀藩が幕府の命により、軍艦建造のための工場を建設しました。この工場は、日本初の洋式造船所として知られ、丸亀藩は造船の技術を身につけることができました。 明治維新後は、丸亀港は官営の港湾となり、さらに整備が進められます。1878年には、丸亀港と高松港を結ぶ定期航路が就航し、丸亀港は四国と本州を結ぶ重要な拠点となりました。第二次世界大戦後は、丸亀港は国際貿易港として指定され、多くの外国船が寄港するようになりました。1960年代には、丸亀港は工業港として整備され、工場や倉庫が建設されました。現在、丸亀港は、四国で最も重要な港湾のひとつであり、年間1,000万トン以上の貨物が取り扱われています。丸亀港は、四国の経済発展に重要な貢献を果たしており、今後も重要な拠点として機能していくことが期待されています。
その他

あん餅雑煮 – 香川県の年越し料理

あん餅雑煮は、香川県の年越し料理として古くから親しまれています。その歴史は、江戸時代までさかのぼると言われています。当時、香川県では、餡子を餅に絡めて食べる習慣がありました。これが、あん餅雑煮の原型とされています。 その後、あん餅雑煮は、次第に広まり、香川県全域で食べられるようになりました。現在では、香川県を代表する郷土料理として知られています。あん餅雑煮は、あんこと餅の甘さが特徴です。また、だし汁には、鶏肉や野菜などが入っており、コクがあります。あん餅雑煮は、年末年始になると、香川県の家庭で作られます。また、お正月には、おせち料理と一緒に食べられることも多いです。あん餅雑煮は、香川県の郷土料理として、これからも多くの人に親しまれ続けるでしょう。
施設名・ロケ地

生ノ浜港の魅力

-歴史と概要- 生ノ浜港は、徳島県南部に位置する日和佐地区にある港です。古くから漁業や海運の拠点として利用されてきましたが、近年では観光地としても人気が高まっています。 生ノ浜港の歴史は古く、平安時代からその存在が確認されています。当時は、日和佐城下町と結ぶ港として栄え、海運や漁業の拠点として重要な役割を果たしてきました。江戸時代には、阿波藩の御用港として整備され、さらに発展を遂げました。 明治時代以降は、近代化に伴い、生ノ浜港の役割も変化していきます。漁業や海運の拠点としての役割は依然として重要でしたが、観光地としての価値にも注目されるようになりました。昭和30年代には、生ノ浜海水浴場が開設され、多くの観光客が訪れるようになりました。その後も、マリンスポーツ施設やホテルなどの観光インフラが整備され、生ノ浜港は一大観光地として発展を遂げてきました。 現在、生ノ浜港は、漁業や海運の拠点でありながら、観光地としても人気のある港です。港内には、新鮮な魚介類を味わえる海鮮レストランや、マリンスポーツ施設、ホテルなどが立ち並び、年間を通して多くの観光客で賑わっています。また、生ノ浜港は、釣りスポットとしても人気があり、多くの釣り人が訪れます。