久留米市

施設名・ロケ地

共生館国際福祉医療カレッジとは

共生館国際福祉医療カレッジとは 共生館国際福祉医療カレッジの概要 共生館国際福祉医療カレッジは、特別支援学校高等部を卒業した障害のある学生を対象とした専門学校です。福祉、医療、ビジネスの分野で専門的な知識と技術を学び、社会に貢献できる人材を育成することを目的としています。 共生館国際福祉医療カレッジは、2001年に開校しました。当初は福祉系の学科のみでしたが、現在は医療系とビジネス系の学科も設置されています。各学科では、専門的な知識と技術を学ぶだけでなく、社会人として必要な基礎的な能力も身につけることができます。 共生館国際福祉医療カレッジの学生たちは、障害があるにもかかわらず、明るく前向きに学んでいます。また、教職員も学生たちを熱心にサポートしており、学生たちが社会で活躍できるように全力で支援しています。 共生館国際福祉医療カレッジは、障害のある学生たちが社会で活躍するための架け橋となることを目指しています。そして、学生たちが社会で活躍することで、障害者に対する理解と認識を深め、共生社会の実現に貢献することを目指しています。
地名・ロケ地

久留米藩の歴史と文化

-久留米藩の基礎知識- 久留米藩は、江戸時代の筑後国にあった藩のひとつである。藩庁は久留米城(現在の福岡県久留米市)に置かれた。久留米藩の藩主は有馬氏であり、有馬氏は筑後国を治めた筑紫氏の支流である。筑紫氏は源頼朝の挙兵に際して源氏方につき、鎌倉時代には筑後国の守護に任じられた。室町時代になると、筑紫氏は守護大名として筑後国を支配した。戦国時代になると、筑紫氏は衰退し、有馬氏が筑後国を統一した。 久留米藩は、有馬氏が筑後国を統一したことにより成立した。有馬氏は、久留米城を拠点に筑後国を支配した。有馬氏は、戦国時代の戦いで活躍し、豊臣秀吉からもその武勇を賞賛された。関ヶ原の戦いでは、有馬氏は西軍に属して戦ったが、戦後に徳川家康から所領を安堵された。久留米藩は、徳川時代を通じて有馬氏によって統治された。 久留米藩は、筑後国最大の藩であり、その石高は約20万石であった。久留米藩の領地には、筑後平野が広がっており、農業が盛んであった。久留米藩は、米や麦などの穀物を生産し、江戸に送っていた。また、久留米藩には、久留米絣という伝統工芸品があった。久留米絣は、藍染めの綿織物であり、その丈夫さと美しさで知られていた。久留米絣は、江戸時代には庶民の間で人気があり、久留米藩の貴重な特産品であった。
モノの名前

久留米ラーメンを味わう!

-久留米ラーメンの特徴- 久留米ラーメンは、福岡県久留米市発祥のラーメンで、豚骨スープにストレート麺を使用するのが特徴です。豚骨スープは、豚のゲンコツや背骨を強火で長時間煮込んで作られ、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。麺は、細麺または中太麺を使用することが多く、スープによく絡みます。 久留米ラーメンには、チャーシュー、キクラゲ、ネギなどの具材がトッピングされることが多いです。また、紅ショウガやゴマ、辛子高菜などの薬味を添えて食べるのも定番です。 久留米ラーメンは、福岡県内だけでなく、全国各地で愛されているラーメンです。濃厚な豚骨スープとストレート麺の組み合わせが、多くの人を魅了しています。 久留米ラーメンは、お店によってスープの濃さや麺の太さなど、さまざまなバリエーションがあります。そのため、自分の好みの久留米ラーメンを見つけることができます。 久留米ラーメンを食べる機会があれば、ぜひその濃厚な豚骨スープとストレート麺の組み合わせを味わってみてください。
モノの名前

「くるめっと君」って知ってる?福岡県久留米市の科学館キャラクター

福岡県久留米市のキャラクター「くるめっと君」ってどんなロボット? 福岡県久留米市は、福岡県の南部に位置する市です。福岡市に次ぐ県内第二の人口を有しており、筑後地方の中心都市として栄えています。久留米市には、多くの観光スポットがあり、その中でも特に人気なのが「くるめっと君」です。 くるめっと君は、2010年に久留米市の科学館のキャラクターとして誕生しました。くるめっと君は、科学館のシンボルマークである宇宙船をモチーフにしたロボットです。頭部には宇宙船の窓のようなデザインが施されており、胴体には科学館のロゴマークが入っています。くるめっと君は、とても友好的な性格で、子供たちと遊ぶのが大好きです。科学館では、くるめっと君と触れ合うことができるイベントや、くるめっと君グッズの販売などが行われています。 くるめっと君は、久留米市のマスコットキャラクターとして、全国各地のイベントに出演しています。また、くるめっと君のLINEスタンプや着せ替えも販売されており、多くの人々に親しまれています。くるめっと君は、久留米市の新しい観光スポットとして、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
モノの名前

「あまおう」:日本の甘いイチゴ

-あまおうの特徴と歴史- あまおうは、大粒で果肉が硬く、甘さが特徴のイチゴです。また、酸味が少なく、日持ちが良いのも特徴です。あまおうは、福岡県で生まれた品種で、2002年に品種登録されました。あまおうという名前は、「あまおう」の「あま」は甘い、「おう」は大きいという意味で、大粒で甘いという特徴を表現しています。 あまおうは、福岡県で生まれた品種ですが、今では日本全国で栽培されています。福岡県は、あまおうの生産量日本一を誇る県であり、あまおうの生産は、福岡県の重要な産業となっています。また、あまおうは、海外にも輸出されており、人気を集めています。 あまおうは、その甘さと大粒さから、多くの人に愛されている品種です。また、日持ちが良く、輸送にも適しているため、全国各地に出荷されています。あまおうは、日本のイチゴを代表する品種であり、今後も多くの人に愛され続けるでしょう。
施設名・ロケ地

歴史と自然に恵まれた観音寺

観音寺の歴史と信仰 観音寺は、奈良時代(710~794年)に平城京鎮護の寺院として創建されました。その後、平安時代には天台宗の拠点として栄え、多くの高僧を輩出しました。また、鎌倉時代には浄土宗の祖である法然上人が滞在し、観音寺は浄土宗発祥の地としても知られています。 観音寺は、長い歴史の中で多くの戦火に見舞われましたが、その都度再建されてきました。現在の観音寺は、江戸時代後期に再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。 観音寺は、本尊である聖観音菩薩を中心に、多くの仏像や仏画が安置されています。また、境内には、三重塔や鐘楼などの貴重な建造物が残されています。観音寺は、歴史と文化の薫り漂う、由緒ある寺院です。 観音寺は、信仰の対象としてだけでなく、観光スポットとしても人気があります。境内には、四季折々の花が咲き誇り、美しい景色を楽しむことができます。また、観音寺周辺には、史跡や名所がたくさんあり、観光客に人気を集めています。
施設名・ロケ地

善導寺 – 九州屈指の歴史ある古刹

1191年開創の古刹 善導寺は、1191年に開創された古刹です。開祖は、比叡山の僧侶であった慈覚大師円仁です。円仁は、唐に留学して天台宗を学び、帰国後、比叡山に天台宗を伝えました。その後、円仁は九州に下向し、善導寺を開創しました。 善導寺は、天台宗の九州における拠点として栄え、多くの僧侶が修行に訪れました。また、善導寺は、学問の寺としても知られ、多くの学僧を輩出しました。 室町時代には、善導寺は、応仁の乱の戦火に遭い、伽藍を焼失しました。しかし、その後、善導寺は再建され、江戸時代には、九州屈指の古刹として栄えました。 明治時代になると、善導寺は、神仏分離令により、曹洞宗の寺院となりました。しかし、その後、善導寺は、天台宗に復帰し、現在に至っています。 善導寺は、長い歴史を持つ古刹であり、多くの貴重な文化財を所蔵しています。本堂には、国宝に指定されている阿弥陀如来坐像が安置されており、他にも、重要文化財に指定されている仏像や仏具が多数収蔵されています。 善導寺は、九州屈指の歴史ある古刹であり、多くの観光客が訪れる名所となっています。
地名・ロケ地

筑後川花火大会の魅力を徹底解剖!

筑後川花火大会の歴史と開催概要 筑後川花火大会は、福岡県久留米市と佐賀県三養基郡基山町にまたがる筑後川河川敷で開催される花火大会です。毎年8月15日を中心とした前後3日間の日程で開催され、国内最大級の花火大会のひとつとして知られています。 大会の歴史は古く、1873年に久留米藩士が筑後川の畔で花火を打ち上げたのが始まりとされています。その後、1950年に久留米市観光協会が主催となって第1回筑後川花火大会が開催され、それ以降毎年開催されるようになりました。 大会規模は年々拡大し、現在では全国から約100万人が訪れる一大イベントとなっています。打ち上げ数は約2万発で、そのうち約1万発が水上花火です。花火大会のメイン会場となる会場は、久留米市側と基山町側に分かれており、それぞれ約1万人の観客を収容することができます。また、会場周辺には多くの露店が立ち並び、花火大会を盛り上げます。 大会のクライマックスは、約5分間にわたって打ち上げられる「ナイアガラの滝」です。これは、幅約200m、高さ約100mの水上花火で、その迫力は圧巻です。また、大会の最後には「フィナーレ」として、約1000発の花火が一斉に打ち上げられ、花火大会を締めくくります。 筑後川花火大会は、その規模と迫力、そして、花火の美しさで全国的に有名な花火大会です。毎年多くの人々が訪れ、夏の夜空を彩る花火を楽しんでいます。
施設名・ロケ地

福岡県久留米市の観音寺→ 石垣山と聖観世音菩薩

観音寺の堂宇と境内 観音寺の本堂は、木造の入母屋造りの建物で、瓦葺きの屋根が特徴的です。本堂の中には、聖観世音菩薩の像が安置されており、多くの参拝客が訪れます。また、本堂の左右には、鐘楼と鼓楼が建ち、境内には観音堂や弁天堂などの建物が点在しています。観音堂には、聖観世音菩薩の化身とされる十一面観音菩薩の像が安置されており、弁天堂には、弁財天の像が安置されています。 観音寺は、自然豊かな場所にあるため、境内には多くの木々と花が植えられています。春には桜が咲き乱れ、夏には緑が茂り、秋には紅葉が美しく、冬には雪化粧をした境内を楽しむことができます。また、観音寺には、池や小川が流れ、野鳥のさえずりが聞こえるなど、自然の美しさを感じることができる場所でもあります。
モノの名前

福岡の銘菓「河童のへそ」って知ってる?

河童のへそは、福岡県の銘菓として知られるお菓子です。その由来は、福岡県嘉麻市にある英彦山に棲むとされる河童の伝説に遡ります。河童は、長寿で知られており、その理由は、腹の穴である「へそ」に秘密があると言われています。この「へそ」は、河童の生命力を司るものであり、河童が死んだ後にも「へそ」はずっと残ると伝えられています。 河童のへそは、河童の「へそ」を模したお菓子で、小麦粉、砂糖、卵、水あめを原料として作られています。表面はカリッとしていて、中はしっとりとした食感です。河童のへその特徴は、その形にあります。楕円形であり、中央に穴が開いています。この穴は、河童の「へそ」を模したものであり、河童の生命力を象徴しています。
施設名・ロケ地

魅力満載!観音寺のすべて

観音寺の歴史を紐解く 観音寺は、古くから伝わる豊かな歴史と文化を持つ町です。その歴史は、今から約1300年前、奈良時代の初期に遡ります。 観音寺の名前の由来は、この地に観音菩薩を祀る寺があったことに由来しています。その寺は、後に観音寺と名付けられ、町の発展とともに発展してきました。 観音寺は、鎌倉時代には一遍上人が立ち寄った地としても知られており、戦国時代には戦乱の舞台にもなりました。江戸時代には、讃岐藩の領地となり、町は商業と文化の中心地として発展しました。 明治維新後は、観音寺は近代化の波に乗り、鉄道の開通や産業の発展によって大きく発展しました。第二次世界大戦後は、工業化が進み、町はさらに賑わいを見せました。 現在、観音寺は、歴史と文化が融合する町として、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。町には、国の重要文化財に指定されている観音寺や、江戸時代の町並みが残る「大野原歴史民俗資料館」など、見どころがたくさんあります。 また、観音寺は、多彩な伝統芸能が伝承されている町としても知られています。毎年夏に行われる「観音寺まつり」では、迫力ある「よさこいソーラン節」や郷土芸能「観音寺おはやしの太鼓」などが披露され、多くの人で賑わいます。
モノの名前

久大本線(由布高原線)の魅力を徹底解説!

-久大本線(由布高原線)の歴史と概要- 久大本線は、大分県の大分駅から熊本県の熊本駅を結ぶ、JR九州が運営する鉄道路線です。別名「由布高原線」とも呼ばれ、大分県と熊本県を結ぶ重要な交通路線として、多くの利用客に親しまれています。 久大本線の歴史は古く、1914年に大分駅と耶馬溪駅の間が開通したのが始まりです。その後、段階的に延伸され、1928年に熊本駅まで全線が開業しました。当初は非電化でしたが、1973年に電化され、現在では特急列車も運行されています。 久大本線の総延長は142.1kmで、大分県と熊本県の県境にある豊後森駅を境に、大分県側が「久大本線」、熊本県側が「由布高原線」と呼ばれています。沿線には、由布岳や九重連山などの美しい景色が広がり、観光客にも人気の路線となっています。 久大本線の主な駅としては、大分駅、別府駅、豊後森駅、由布院駅、日田駅、熊本駅などがあります。特急列車は、大分駅と熊本駅の間を約2時間で結んでおり、普通列車は各駅に停車しながら運行しています。 久大本線は、大分県と熊本県を結ぶ重要な交通路線として、多くの利用客に親しまれています。沿線には美しい景色が広がり、観光客にも人気の路線となっています。
地名・ロケ地

千光寺の魅力を徹底解説!

千光寺の由来と歴史 千光寺は、京都市東山区にある真言宗智山派の寺院です。延暦23年(804年)に、空海(弘法大師)によって開創されました。空海は、唐から帰国後、日本各地を巡錫し、密教を広めました。その中で、京都東山の地に千光寺を建立したのです。 千光寺は、平安時代には、貴族や僧侶の参拝も多く、栄えました。しかし、応仁の乱によって焼失し、その後、再建されました。江戸時代には、徳川将軍家の庇護を受け、再び栄えました。 明治時代になると、千光寺は、廃仏毀釈によって、一時、荒廃しました。しかし、その後、復興し、現在に至っています。千光寺は、京都を代表する観光スポットのひとつであり、多くの観光客が訪れます。 千光寺は、本堂、釈迦堂、大師堂、鐘楼、仁王門など、多くの建物があります。本堂には、釈迦牟尼仏が祀られています。釈迦堂には、釈迦牟尼仏の涅槃像が祀られています。大師堂には、弘法大師が祀られています。鐘楼には、大きな鐘が吊るされています。仁王門には、阿吽の仁王像が安置されています。 千光寺は、美しい庭園でも有名です。庭園には、池、石橋、石灯籠などがあり、四季折々の花が咲いています。千光寺は、京都の街並みを見渡せる眺めの良い場所でもあります。
施設名・ロケ地

福岡の水天宮の魅力とは?

水天宮の歴史と由来 福岡の水天宮の歴史は古く、創建は平安時代末期の久安2年(1146年)にまで遡ります。当時の福岡は、博多津として栄え、大陸との交易の拠点となっていました。水天宮は、この博多津の守護神として祀られたのが始まりです。 水天宮の御祭神は、水天・威霊・保食の三柱です。水天とは、水の神様で、航海の安全や水難除けのご利益があるとされます。威霊とは、武の神様で、戦勝祈願や厄除けのご利益があるとされます。保食とは、食物の神様で、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があるとされます。 水天宮は、長い歴史の中で、度重なる火災や戦乱に見舞われてきましたが、その度に再建されてきました。現在の社殿は、1973年(昭和48年)に再建されたものです。水天宮は、福岡市民から親しまれている神社で、毎年多くの参拝者が訪れます。特に、祈願成就や厄除けを願う人が多く、受験シーズンや厄年の年には、特に参拝者が多くなります。
モノの名前

啓翁桜の魅力と特徴を徹底解説!

啓翁桜とは、ソメイヨシノ系とヤマザクラ系の雑種であり、1917年に東京の染井村の伊藤悌助氏によって作られた桜です。染井吉野より7日ほど遅れに咲き始め、3月下旬から4月中旬にかけて満開を迎えます。花は淡い紅色で、一重咲きです。花弁は5枚で、花径は約4~5cmです。葉は卵形で、長さ約4~8cmです。樹高は10mほどに成長します。 啓翁桜は、ソメイヨシノより花期が遅いため、桜のシーズンを長く楽しむことができます。また、花色は淡い紅色で、とても可憐です。花は一重咲きで、花弁が5枚なので、ソメイヨシノよりも花が散りやすいという特徴があります。葉は卵形で、長さ約4~8cmです。樹高は10mほどに成長します。 啓翁桜は、公園や街路樹としてよく植えられています。また、個人宅の庭木としても人気があります。花期になると、可憐な花を咲かせ、人々を楽しませてくれます。
施設名・ロケ地

久留米大学附属高等学校の歴史と特徴

1908年に久留米市に開校した久留米大学附属高等学校は、2023年に創立115周年を迎える伝統校です。地元では「久留附(くるふ)」の愛称で親しまれ、進学実績の高さでも知られています。 開校当初は男子校でしたが、1948年に男女共学となり、現在では約1,700人の生徒が在籍しています。教育理念は「自主性」「創造性」「社会性」で、生徒一人ひとりの個性を伸ばすことを大切にしています。 普通科と数理科学科の2つの学科があり、普通科は「文系コース」「理系コース」「国際コース」の3つのコースに分かれています。数理科学科は、科学技術分野で活躍できる人材を育成することを目的とした学科で、難関大学の理系学部への進学実績が高いです。 久留米大学附属高等学校は、進学実績の高さに加えて、部活動も盛んな学校です。運動部では、野球部が春夏合わせて甲子園に10回出場し、2014年には準優勝を果たしています。文化部では、吹奏楽部が全国大会で金賞を受賞するなど、多くの部活動が活躍しています。 生徒一人ひとりの可能性を引き出し、社会に貢献できる人材を育成することを目指している久留米大学附属高等学校は、地域に愛される学校として、これからも歩み続けます。
モノの名前

福岡S6号~あまおうのルーツ~

福岡S6号の歴史と特徴 福岡S6号は、福岡県の農業試験場で開発されたイチゴの品種です。あまおうの母本として知られており、あまおうの甘さと酸味のバランスのよさは福岡S6号から受け継いだものです。福岡S6号は、1987年に福岡県の農業試験場で交配された品種で、1992年に品種登録されました。福岡S6号は、果実が大きく、形が整っていて、甘みと酸味のバランスがよく、日持ちが良いのが特徴です。また、果実が柔らかく、果汁が多いのも特徴です。福岡S6号は、あまおうの母本としてのみならず、多くのイチゴ品種の交配親としても利用されています。福岡S6号の歴史と特徴は、あまおうの甘さと酸味のバランスのよさの秘密とも言えます。
その他

久留米ちくご大歌舞伎の魅力

久留米ちくご大歌舞伎の歴史 久留米ちくご大歌舞伎の歴史は古く、17世紀にさかのぼります。久留米藩主有馬豊氏が、江戸から歌舞伎役者を招いて公演したことが始まりとされています。その後、有馬家は歌舞伎を保護育成し、久留米には歌舞伎小屋が建てられました。 久留米ちくご大歌舞伎は、江戸の歌舞伎とは異なる独自の演目が多く上演されました。その中には、久留米藩に伝わる民話を題材にした演目も多く含まれていました。また、久留米ちくご大歌舞伎は、役者の演技も華やかで、歌舞伎の見どころの一つである「見得」も大きく切って観客を楽しませました。 明治時代になると、久留米ちくご大歌舞伎は衰退の一途をたどりました。しかし、地元の人々の努力により、大正時代に復活し、昭和初期には最盛期を迎えます。しかし、第二次世界大戦中は公演が中止され、戦後は一時的に休止されました。 戦後、久留米ちくご大歌舞伎は復活し、現在も毎年開催されています。久留米ちくご大歌舞伎は、伝統芸能として大切にされており、多くの観客に親しまれています。
施設名・ロケ地

観興寺の魅力を徹底解説!

観興寺は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派の寺院です。開基は、平安時代初期の806年(大同元年)で、弘法大師空海によって創建されました。空海は、唐から帰国後、諸国を巡って仏教を弘めましたが、その中で桜井市に立ち寄り、当地に観興寺を建立しました。観興寺は、平安時代から鎌倉時代にかけて栄え、多くの僧侶が修行に訪れました。しかし、戦国時代には戦火によって荒廃し、一時は廃寺となりました。その後、江戸時代に復興され、現在に至っています。観興寺の境内には、本堂、三重塔、金堂、鐘楼などの建物があり、いずれも国の重要文化財に指定されています。また、観興寺は、桜の名所としても知られており、毎年春には多くの観光客が訪れます。 観興寺の歴史は、平安時代初期にまで遡ります。806年(大同元年)、弘法大師空海が唐から帰国後、諸国を巡って仏教を弘めましたが、その中で桜井市に立ち寄り、当地に観興寺を建立しました。観興寺は、平安時代から鎌倉時代にかけて栄え、多くの僧侶が修行に訪れました。しかし、戦国時代には戦火によって荒廃し、一時は廃寺となりました。その後、江戸時代に復興され、現在に至っています。観興寺境内には、本堂、三重塔、金堂、鐘楼などの建物があり、いずれも国の重要文化財に指定されています。また、観興寺は、桜の名所としても知られており、毎年春には多くの観光客が訪れます。
モノの名前

味わい深い伝統銘菓 かっぱ萬寿

九州の食文化への影響 かっぱ萬寿は、九州の食文化に大きな影響を与えてきました。その特徴的な風味と食感が人気を博し、九州各地で愛される銘菓となりました。また、かっぱ萬寿は、九州の郷土菓子としても知られており、地域を代表するお菓子として親しまれています。 かっぱ萬寿は、九州の食文化に欠かせないお菓子として、人々に親しまれています。その特徴的な風味と食感は、九州の食文化に新しい魅力を加えています。また、かっぱ萬寿は、九州の郷土菓子としても知られており、地域を代表するお菓子として親しまれています。
施設名・ロケ地

博多からの千光寺へのアクセス

福岡駅から電車で千光寺まで行く方法 福岡駅から千光寺まで電車を利用する場合、以下のようにアクセスすることができます。 1. 福岡駅から西鉄天神大牟田線に乗り、西鉄久留米駅で下車します(所要時間約30分) 2. 西鉄久留米駅から甘木鉄道に乗り換え、田主丸駅で下車します(所要時間約30分) 3. 田主丸駅から西鉄バス甘木・朝倉線に乗り換え、千光寺前バス停で下車します(所要時間約20分) トータルで、福岡駅から千光寺までは約80分程度で行くことができます。 なお、西鉄バスは田主丸駅から千光寺まで1日6便しか運行しておらず、最終便は15時35分発となっていますので、ご注意ください。
施設名・ロケ地

福岡 久留米館とは?

福岡県のアンテナショップとしてオープン 福岡 久留米館は、福岡県のアンテナショップとして、2014年4月にオープンしました。場所は、東京都千代田区丸の内の丸の内ビルディング3階です。九州・山口の地域の魅力を伝える拠点となっています。 福岡県のアンテナショップとして、福岡県の特産品や観光情報をはじめ、九州・山口の地域の魅力を発信しています。県内の農産物、海産物、加工品など、約1,000種類以上の商品を取り揃えています。 また、九州・山口の観光情報を発信するコーナーでは、観光スポットやイベント情報を紹介しています。さらに、九州・山口の郷土料理を味わえるレストランもあり、九州・山口の食文化を堪能することができます。 福岡 久留米館は、福岡県の魅力を伝える拠点として、多くの人々に親しまれているスポットです。福岡県に興味がある方、九州・山口の地域の魅力を知りたい方は、ぜひ訪れてみてください。
施設名・ロケ地

ドリームスエフエムの魅力

ドリームスエフエムとは? ドリームスエフエムは、日本のラジオ局です。1993年に開局し、東京都と神奈川県の一部を放送エリアとしています。音楽をメインに、ニュースや情報番組も放送しています。ドリームスエフエムの魅力の一つは、その多彩な音楽番組です。洋楽、邦楽、ジャズ、クラシックなど、様々なジャンルの音楽を放送しています。また、ドリームスエフエムは、ライブイベントを積極的に開催しています。過去には、東京ドームや横浜アリーナなどで、大規模なライブイベントを開催してきました。ドリームスエフエムは、音楽ファンにとって欠かせないラジオ局です。
施設名・ロケ地

久留米市立久留米商業高等学校の紹介

久留米市立久留米商業高等学校の概要 久留米市立久留米商業高等学校は、1912年に創立された福岡県久留米市にある公立高校です。商業科と情報処理科の2つの学科があり、それぞれ3年間の課程となっています。商業科では、簿記、会計、マーケティング、流通などの商業に関する基礎知識を学び、情報処理科では、コンピュータの基礎知識と操作方法、プログラミング、ネットワークなどの情報処理に関する基礎知識を学びます。また、両学科とも共通して、国語、数学、英語、社会、理科、体育などの一般教科も学びます。 久留米市立久留米商業高等学校の教育理念は、「商業に関する幅広い知識と技能を身につけ、社会で活躍できる人材を育成する」ことです。この教育理念に基づき、同校では、座学だけではなく、実習や職場体験などを通して、生徒が実践的な知識と技能を身につけることができるカリキュラムが組まれています。また、同校では、生徒の自主性を育むために、生徒会活動や部活動などが盛んに行われています。 久留米市立久留米商業高等学校の卒業生は、商業科卒業生は、簿記、会計、マーケティング、流通などの分野の専門職として就職したり、大学や専門学校に進学したりしています。情報処理科卒業生は、コンピュータの基礎知識や操作方法、プログラミング、ネットワークなどの情報処理に関する基礎知識を活かし、情報処理業界の専門職として就職したり、大学や専門学校に進学したりしています。