乳製品

モノの名前

北海道無調整3.7牛乳の魅力

北海道無調整3.7牛乳の魅力とは、北海道産の生乳100%を使用していることです。北海道の豊かな自然の中で育ったホルスタイン種の乳牛から搾った生乳は、濃厚でコクのある味わいが特徴です。生乳本来のおいしさをそのまま味わうことができる無調整牛乳は、牛乳本来の甘みを感じることができるクリーミーな口当たりが特徴です。 また、北海道無調整3.7牛乳は、乳脂肪分3.7%と濃厚な味わいを実現しています。乳脂肪分が高い牛乳は、栄養価も高く、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。また、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB2などのビタミンも含まれており、栄養価の高い牛乳と言えます。 さらに、北海道無調整3.7牛乳は、無調整牛乳のため、余計な添加物や保存料を一切使用していません。自然な牛乳の美味しさを味わうことができ、お子様にも安心して飲ませてあげることができます。また、無調整牛乳は、様々な料理やお菓子作りにも使用できる万能な牛乳です。牛乳本来の風味を活かしたお料理やお菓子作りを楽しむことができます。
モノの名前

カルピス:乳酸菌飲料の歴史と魅力

カルピスの歴史 カルピスの誕生は、明治時代にまで遡ります。当時、乳酸菌の研究をしていた農学博士・三島海雲氏が、蒙古原産の馬乳酒「アイラグ」に着目。アイラグに似た乳酸菌飲料を開発したいと考え、研究を続けました。 三島氏が着目したのは、乳酸菌の一種である「カルピス乳酸菌」でした。カルピス乳酸菌は、強酸性にも耐えられるという特徴を持ち、牛乳に添加しても死滅しにくいことがわかりました。 三島氏は、カルピス乳酸菌と牛乳を原料とした乳酸菌飲料の開発に成功。1919年に「カルピス」として発売されました。カルピスは、発売当初からそのさわやかな味わいで人気を集め、日本全国に広まっていきました。 第二次世界大戦後、カルピスは海外にも進出。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界各国で販売されるようになりました。現在では、カルピスは世界で最も人気のある乳酸菌飲料の一つとなっています。
モノの名前

タカナシ 北海道サワークリームの魅力

北海道サワークリームの魅力 北海道産の乳製品を使用 北海道サワークリームは、北海道産の生乳を100%使用したサワークリームです。北海道の生乳は、その品質の高さで知られており、サワークリームに使用することで、濃厚でコクのある味わいが生まれます。また、北海道サワークリームは、北海道産の乳酸菌を使用することで、まろやかな酸味と風味を実現しています。 北海道サワークリームは、料理に様々な用途で使用することができます。例えば、サラダやスープ、ソースに加えることで、コクと酸味をプラスすることができます。また、お菓子作りに使用することで、しっとりとした食感を実現することができます。北海道サワークリームは、その versatility(汎用性)の高さで、料理の幅を広げることができます。 北海道サワークリームは、北海道の豊かな自然の中で作られた、高品質のサワークリームです。濃厚でコクのある味わいと、まろやかな酸味は、料理に様々な用途で使用することができます。北海道サワークリームは、あなたの食卓を豊かに彩るアイテムです。
モノの名前

「明治ベターハーフ」が人気!その魅力と使い方

明治ベターハーフとは、明治が販売している、品質にこだわったチョコレートです。原材料であるカカオ豆の産地や品質、生産方法にまでこだわっており、その品質の高さが評価されています。また、ベターハーフという名前の通り、大切な人と思い出を共有するのに最適なチョコレートです。 明治ベターハーフは、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ダークチョコレートの3種類があります。ミルクチョコレートは、まろやかでコクのある味わいが特徴です。ホワイトチョコレートは、なめらかで優しい甘さが特徴です。ダークチョコレートは、カカオの風味が強く、苦味のある味わいが特徴です。 明治ベターハーフは、そのまま食べても美味しいですが、様々なアレンジを楽しむこともできます。例えば、アイスクリームにトッピングしたり、ホットチョコレートに溶かしたり、ケーキやクッキーに混ぜたりすることができます。また、お酒に合わせたり、チーズと一緒に食べたりするのもおすすめです。 明治ベターハーフは、その品質の高さと様々なアレンジができることで、多くの人から愛されています。大切な人と思い出を共有するのに最適なチョコレートです。
モノの名前

小岩井 生乳100%ヨーグルト

小岩井 生乳100%ヨーグルトの特長 小岩井 生乳100%ヨーグルトは、岩手県にある小岩井農場の生乳を100%使用したヨーグルトです。小岩井農場の生乳は、ホルスタインとジャージーの交雑牛から搾乳されたもので、濃厚でコクのある味わいが特徴です。また、小岩井農場は、自然豊かな環境にあり、牛たちはストレスなく育てられています。そのため、小岩井 生乳100%ヨーグルトは、新鮮で安全でおいしいヨーグルトに仕上がっています。 小岩井 生乳100%ヨーグルトは、プレーン、加糖、無糖の3種類があります。プレーンは、生乳本来の味わいをそのまま楽しむことができます。加糖は、砂糖が加えられているため、甘くて食べやすいヨーグルトです。無糖は、砂糖が一切加えられていないため、ヨーグルト本来の酸味を楽しむことができます。 小岩井 生乳100%ヨーグルトは、そのまま食べても、フルーツやシリアルを加えて食べてもおいしくいただけます。また、料理にも使うことができます。ヨーグルトソースやドレッシング、ケーキやクッキーなど、さまざまな料理に加えると、コクと酸味が加わり、おいしさがアップします。
モノの名前

BF-1を知っていますか?

BF-1とは、第二次世界大戦中にイギリス空軍で使用されていた戦闘機です。1936年に初飛行し、1940年のバトル・オブ・ブリテンでドイツ空軍と激戦を繰り広げました。スピットファイアよりも早くから開発されており、スピットファイアが配備されるまでイギリス空軍の主力戦闘機として活躍しました。 BF-1は、優れた飛行性能と強力な武装を備えていました。最高速度は時速565キロメートル、上昇限度は10,000メートル以上で、当時の他の戦闘機よりも優れていました。また、機関銃8挺を装備しており、敵機を撃墜する能力も高かったです。 BF-1は、バトル・オブ・ブリテンで重要な役割を果たしました。ドイツ空軍のメッサーシュミットBf109と互角以上に戦い、多くの撃墜戦果を挙げました。バトル・オブ・ブリテンの勝利に貢献した功績は大きく、イギリス空軍のパイロットからは「救国の戦闘機」と呼ばれていました。 BF-1は、第二次世界大戦中に約5,500機が生産され、イギリス空軍だけでなく、他の連合国軍にも配備されました。大戦後は退役し、現在では一部の航空博物館で展示されています。
モノの名前

クリーミィリッチとは?用途や種類を徹底解説!

クリーミィリッチの特徴 クリーミィリッチは、牛乳と生クリームを主原料とし、砂糖や香料を加えて作られる乳製品です。牛乳に比べて生クリームの割合が多いため、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。また、生クリームを使用しているため、牛乳よりもカロリーが高く、コクがあり、滑らかな口当たりです。 クリーミィリッチは、そのまま飲用するほか、料理やお菓子の材料としても広く使用されています。料理では、牛乳の代わりにクリーミィリッチを使用することで、コクと風味がアップします。また、お菓子作りでは、生クリームの代わりにクリーミィリッチを使用することで、濃厚でクリーミーな味わいに仕上がります。 クリーミィリッチには、プレーン、加糖、無糖など、様々な種類があります。また、コーヒー入りやココア入りなど、フレーバー付きのクリーミィリッチも販売されています。お好みに合わせて、使い分けることができます。
モノの名前

「明治チューブでバター」の特徴と使い方

「明治チューブでバター」は、名前の通りチューブ状のバターです。チューブから少しずつバターを出すことができるので、必要な量を調整しやすく、料理やお菓子作りに便利です。また、バターは常温で溶けやすい食材ですが、チューブ状の「明治チューブでバター」は冷蔵庫で保管できるので、バターの鮮度を保つことができます。バターの風味が長持ちするので、いつでも新鮮なバターを使うことができます。さらに、チューブの口が小さいので、バターを冷蔵庫から直接テーブルに出して使っても、周囲を汚しにくいです。お子様に自分でパンにバターを塗る際などにも使い勝手が良いでしょう。
モノの名前

「北海道低脂肪乳」の魅力を探る

北海道低脂肪乳は、北海道産の生乳を100%使用し、脂肪分を調整することで飲みやすく、カロリーも低めに抑えられています。北海道の豊かな自然の中で育った乳牛から搾られた生乳は、栄養価が高く、風味も豊か。その生乳を丁寧に低温殺菌し、脂肪分を調整することで、おいしさはそのままにカロリーを抑えています。 北海道低脂肪乳は、牛乳に比べて脂肪分が抑えられているため、牛乳が苦手な方や、カロリーを気にしている方にもおすすめです。また、牛乳よりもあっさりとした味わいなので、料理やお菓子作りにも使いやすいのが特徴です。そのまま飲んでもおいしいですが、料理やお菓子作りにも活用すれば、低脂肪乳の良さをさらに実感することができます。 北海道低脂肪乳は、北海道の豊かな自然と、酪農家の努力の結晶です。北海道の恵みをたっぷり含んだ低脂肪乳をぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

リコッタチーズの魅力と活用方法

リコッタチーズとは、イタリア原産のフレッシュな乳製品のことです。乳清から作られるため、ナチュラルチーズよりも脂肪分が少なく、ヘルシーなチーズとして注目されています。日本では、リコッタチーズの代わりに、サワークリームやモッツァレラチーズが使用されることが多くあります。 リコッタチーズは、乳酸菌によって発酵させ、その後加熱することで作られます。加熱することで、乳清が固まり、リコッタチーズ特有の食感が生まれます。リコッタチーズは、そのまま食べても美味しいですが、様々な料理に使用することができ、その活用法は非常に豊富です。 例えば、リコッタチーズは、パンケーキやワッフルの生地に加えて使用することで、ふんわりとした食感を出すことができます。また、ディップソースやサラダのドレッシングとしても使用することができ、爽やかな味わいが楽しめます。リコッタチーズは、チーズケーキやティラミスなどのスイーツにも使用することができ、濃厚な味わいが楽しめます。
モノの名前

ミルミルの魅力と健康効果

-ミルミルとは?- ミルミルは、牛乳と乳酸菌を原料とした発酵乳飲料です。乳酸菌は、牛乳に含まれる乳糖を分解して乳酸を生成し、それがミルミルの独特の酸味と風味を生み出しています。また、ミルミルには、牛乳に含まれるカルシウムやタンパク質、ビタミンなどが含まれており、健康に良い飲み物とされています。 ミルミルは、1930年代に日本で初めて製造され、今では日本国内で広く親しまれている飲み物です。さまざまなメーカーからさまざまな種類のミルミルが販売されており、甘さや酸味、風味などが異なります。 ミルミルは、そのまま飲むだけでなく、料理やお菓子の材料としても使用することができます。また、ミルミルを使ったスムージーやシェイクなども人気があります。
モノの名前

北海道の銘菓「モンモオ」、その味の魅力とは?

モンモオの魅力は、その伝統的な製法による味わいにあります。モンモオは、小麦粉や砂糖、バター、卵などを混ぜ合わせた生地を、手で伸ばして成形した後に焼き上げた焼き菓子です。この生地には、北海道産の牛乳や生クリーム、バターなどがふんだんに使用されており、濃厚なコクと風味が特徴です。また、焼き上げられた生地は、外はサクッとしていて中はふんわりとしていて、食感も楽しめます。 モンモオは、北海道では古くから親しまれているお菓子で、現在でも道内の多くの菓子店で作られています。各菓子店では、それぞれ独自のレシピや製法で作られているため、同じモンモオでも味や食感に違いがあります。そのため、北海道旅行の際には、ぜひ地元の菓子店を訪れて、いろいろなモンモオを食べ比べしてみるのもおすすめです。 モンモオは、その素朴な味わいが多くの人に愛されるお菓子です。牛乳や生クリーム、バターなどの北海道産の乳製品をふんだんに使用することで、濃厚なコクと風味が生まれています。また、焼き上げられた生地は、外はサクッとしながら中はふんわりとしていて、食感も楽しめます。北海道旅行の際には、ぜひ地元の菓子店を訪れて、いろいろなモンモオを食べ比べてみてください。
モノの名前

ヤクルトの魅力と歴史

ヤクルトの誕生と歴史 ヤクルトの歴史は、1935年に京都帝国大学の教授であった代田稔氏が、学生の健康維持のために「代田式乳酸菌飲料」を開発したことに始まります。この飲料は、乳酸菌を豊富に含み、腸内環境を整えることで身体の健康に役立つことが期待されました。 1938年には、代田稔氏と実業家の堀内寿郎氏が共同で、ヤクルト本社を設立し、「ヤクルト」の販売を開始しました。ヤクルトは、当初は京都と大阪で販売され、その後、徐々に全国へと販路を拡大していきました。 1963年には、ヤクルト本社が東京証券取引所第一部に上場し、1970年には、ヤクルトスワローズを設立しました。ヤクルトスワローズは、1978年にセ・リーグ初優勝を果たし、その後、1992年と1993年に日本シリーズ連覇を達成しました。 1983年には、ヤクルト本社が世界初の乳酸菌飲料工場をブラジルに建設し、海外展開を開始しました。その後、ヤクルトは、中国、韓国、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、世界各国に進出しています。 現在、ヤクルトは、世界で最も人気のある乳酸菌飲料の一つとなっており、その売上高は、年間1兆円を超えています。ヤクルトは、腸内環境を整えることで身体の健康に役立つだけでなく、免疫力を高めたり、風邪を予防したりする効果も期待されています。
モノの名前

「MEGMILK ヨーグルメット」の魅力と特徴

「MEGMILK ヨーグルメット」のラインナップは、ヨーグルト本来の美味しさを生かしたさまざまなフレーバーが揃っています。定番のプレーンタイプから、甘酸っぱいベリー系、まろやかなカフェオレ系まで、幅広く取り揃えています。また、季節限定フレーバーも定期的に登場するので、いつでも新しい味を楽しむことができます。 人気のフレーバーには、ヨーグルトの酸味と果実の甘さが絶妙な「ストロベリー」や「ブルーベリー」、まろやかな甘さが特徴の「カフェオレ」や「バニラ」、コクのある味わいの「チーズ」などがあります。また、近年では「黒糖きなこ」や「マンゴーラッシー」など、ユニークなフレーバーも登場し、話題となっています。 また、「MEGMILK ヨーグルメット」は、機能性表示食品として販売されているものもあります。例えば、「MEGMILK ヨーグルメット LG21」は、乳酸菌LG21を配合しており、腸内環境を整える効果が期待できます。また、「MEGMILK ヨーグルメット オリゴスマート」は、オリゴ糖を配合しており、腸内環境を整えておなかの調子を整える効果が期待できます。 「MEGMILK ヨーグルメット」は、そのおいしさと健康への効果から、多くの人々に愛されている商品です。今後も、さまざまなフレーバーや機能性表示食品が登場する予定なので、これからも目が離せません。
モノの名前

「白バラヨーグルト」の魅力を発信!

白バラヨーグルトとは、長崎県佐世保市に本社を置く、株式会社白バラ牛乳が製造・販売するヨーグルトです。濃厚な味わいと、まろやかな口当たりが特徴で、長崎県民に愛されるヨーグルトとして知られています。 白バラヨーグルトが人気を集めている理由は、その特徴的な味わいにあります。北海道産の生乳を使用しており、その生乳の濃厚なコクと、ヨーグルト特有の酸味が絶妙なバランスで調和しています。また、ヨーグルトの製造過程において、加熱殺菌ではなく発酵による殺菌を行うことで、ヨーグルトの風味が損なわれるのを防いでいます。そのため、白バラヨーグルトは、生乳本来の風味を存分に味わうことができます。 白バラヨーグルトの魅力は、その味わいの他にも、健康に良いという点にもあります。ヨーグルトには、整腸作用や免疫力向上効果、コレステロール値を下げる効果など、さまざまな健康効果があります。白バラヨーグルトは、これらの健康効果を享受できるだけでなく、濃厚な味わいとまろやかな口当たりも楽しめる、まさに一石二鳥の商品なのです。
モノの名前

ヤクルト400の魅力と健康効果

-ヤクルト400の特徴と成分- ヤクルト400は、ヤクルト独自の乳酸菌である「シロタ株」が400億個入ったヨーグルト風味の飲料です。シロタ株は、1930年に日本の研究者によって発見された乳酸菌で、腸内環境を整える働きが強いことが知られています。また、ヤクルト400には、乳酸菌の発育を促進するオリゴ糖や、ビタミンC、カルシウム、鉄分などの栄養素も含まれています。 ヤクルト400は、日常的に摂取することで、腸内環境を整え、健康維持に役立てることができます。また、免疫力を高め、風邪などの感染症にかかりにくくする効果も期待できます。さらに、コレステロール値を下げたり、血圧を下げたりする効果もあるとされています。 ヤクルト400は、1本65mlで、カロリーは60kcalです。飲みやすい甘酸っぱい味なので、毎日気軽に摂取することができます。ただし、乳製品にアレルギーがある人は、摂取を避ける必要があります。また、妊娠中や授乳中は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。
モノの名前

弔鐘はるかなり:北方謙三のハードボイルド小説の名作

北方謙三のハードボイルド小説の名作「弔鐘はるかなり」は、1969年に発表された同作家のデビュー作。ハードボイルド小説としては異色の、修道士を主人公にした作品となっている。主人公ルカは、修道院の墓守兼処刑人として、依頼を受けて罪人を殺すことを生業としていた。ある日ルカは、依頼人の女性マリーに殺人を依頼されるが、依頼人の事情を聞いて断る。しかし、マリーはルカの代わりにルカを殺そうとする。そこでルカは、マリーを殺し、依頼人の秘密を守るために、マリーの殺害現場から立ち去る。ルカはマリーの秘密を守りながら、殺しの依頼を続けていたが、次第に罪悪感にさいなまれるようになっていく。そんな中、ルカは、殺しの依頼を受けたことで、修道院で育てられた養女のトニオを失ってしまう。ルカは修道院を追われ、そこで、かつて自分が処刑した殺人鬼の妹であるアキーラと出会い、アキーラと恋に落ちる。アキーラは、ルカの過去を知りながらも、ルカを愛し、ルカもアキーラを愛するようになる。しかし、ルカは、修道院に戻り、神に仕え、修道院の墓守として過ごす決心をする。
モノの名前

別子飴の魅力を徹底解説!

-別子飴の歴史と由来- 別子飴は、江戸時代中期に愛媛県新居浜市別子山村で生まれた飴です。別子山村は、銅山で栄えていましたが、鉱山労働者は、暑さや湿気の厳しい環境で働いていました。そのため、疲労回復や栄養補給のために、別子飴を食べていたそうです。 別子飴は、麦芽糖を主原料にして作られています。麦芽糖は、米や麦などの穀物を発酵させて作られる天然の甘味料です。別子飴は、麦芽糖に水飴や砂糖を加えて、煮詰めて作られます。煮詰めた麦芽糖を、型に流し込んで冷やし固めると、別子飴が完成します。 別子飴は、素朴な甘さと、歯にくっつきにくいのが特徴です。そのため、小児科医が推薦するキャンディとしても知られています。別子飴は、愛媛県のお土産として人気があり、全国各地のスーパーやコンビニエンスストアでも販売されています。
モノの名前

「明治北海道十勝ヨーグルト」の魅力と特徴

-北海道十勝の生乳を使用- 「明治北海道十勝ヨーグルト」は、北海道十勝産の生乳を100%使用しています。十勝は、酪農が盛んな地域で、ここで生産される生乳は、高品質で濃厚な味わいが特徴です。 十勝の生乳は、夏は涼しく、冬は厳しい寒さの気候風土の中で育てられた乳牛から搾乳されます。乳牛は、新鮮な空気と水、そして良質なエサを食べて健康に育ちます。その結果、十勝の生乳は、栄養価が高く、風味豊かなものになります。 明治は、この十勝の生乳を、独自の製法でヨーグルトに仕上げています。その製法は、生乳の風味を最大限に引き出し、コクのある濃厚なヨーグルトを作り出すことを目的としています。 明治北海道十勝ヨーグルトは、その濃厚な味わいとコクが特徴です。また、生乳の風味を活かした自然な甘さが特徴で、砂糖などの甘味料は使用していません。 明治北海道十勝ヨーグルトは、そのまま食べるのはもちろん、フルーツやシリアルと組み合わせたり、お菓子作りに使用したりすることもできます。また、料理に使用することで、料理にコクと風味を加えることができます。
モノの名前

明治北海道牛乳とは?特徴や魅力を紹介

明治北海道牛乳の特徴 明治北海道牛乳の特徴は、そのおいしさにあります。北海道の広大な自然の中で育った乳牛から絞られたミルクは、コクがありながらもすっきりとした味わいで、牛乳本来の美味しさが楽しめます。また、明治北海道牛乳は、新鮮さにこだわって作られています。搾乳から工場での加工まで、すべての工程が北海道内で行われており、新鮮なうちにパック詰めされています。そのため、牛乳の風味が損なわれることなく、おいしさを保つことができます。 明治北海道牛乳は、栄養価が高いのも特徴です。牛乳には、カルシウム、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、人体に必要な栄養素が豊富に含まれています。明治北海道牛乳は、これらの栄養素をバランスよく含んでおり、健康維持に役立ちます。特に、カルシウムは歯や骨の形成に不可欠な栄養素ですが、明治北海道牛乳には100mlあたり120mgのカルシウムが含まれており、1日のカルシウム摂取量(600~700mg)の約20%を補うことができます。 明治北海道牛乳は、おいしくて栄養価が高いため、幅広い年代の方に愛されています。牛乳本来のおいしさを味わいたい方、健康維持に役立つ牛乳を探している方におすすめです。
モノの名前

高梨乳業の有機牛乳について

「有機JAS認証を取得」 高梨乳業の有機牛乳は、有機JAS認証を取得しています。有機JAS認証とは、有機農産物等の生産方法や加工方法等について、農林水産省が定めた基準を満たしていることを認証する制度のことです。有機JAS認証を取得するには、農薬や化学肥料を使わずに、有機栽培された農産物を使用しなければなりません。また、加工過程においても、添加物を加えたり、放射線照射をしたりすることが禁止されています。 高梨乳業では、有機JAS認証を取得するために、酪農家と協力して、有機栽培された牧草を生産しています。また、乳牛の飼育にも有機飼料を使用し、抗生物質やホルモン剤は一切使用していません。さらに、牛乳の加工過程においても、添加物を加えたり、放射線照射をしたりすることは一切行っていません。 こうした徹底した管理により、高梨乳業の有機牛乳は、有機JAS認証を取得することができました。有機JAS認証を取得した牛乳は、安全で安心な牛乳であることを証明しているため、消費者から高い支持を得ています。
モノの名前

【毎日骨太チーズキャッチについて】健康・美容効果も!?話題のチーズ3選!

毎日骨太チーズキャッチは、株式会社アキヤマ乳業が販売しているプロセスチーズです。北海道産の牛乳100%を使用し、濃厚な味わいが特徴です。また、骨粗鬆症の予防に有効なカルシウムを100gあたり300mg含有しており、健康に良いとされています。 毎日骨太チーズキャッチは、そのまま食べても美味しく、サラダやサンドイッチなどの料理にもよく合います。また、溶けやすい性質を利用して、ピザやグラタンなどの料理にも使えます。 毎日骨太チーズキャッチは、健康にも美容にも良いチーズです。カルシウムを豊富に含んでいるため、骨粗鬆症の予防に役立ちます。また、良質なたんぱく質を多く含んでいるため、筋肉や肌の健康維持にも効果的です。さらに、美容成分であるコラーゲンも含まれているため、美肌効果が期待できます。
モノの名前

「森永のおいしい牛乳」の魅力と特徴

-森永のおいしい牛乳の特徴- 森永のおいしい牛乳の特徴は、まず新鮮なものを使用していることです。搾乳後すぐに冷蔵し、低温殺菌することで、牛乳本来のおいしさと栄養価を保っています。また、遺伝子組み換え飼料を使っていないのも特徴です。牛の健康を第一に考え、自然に近い環境で飼育することで、良質な牛乳を生産しています。 もう一つの特徴は、独自の「マイナスイオン超電解水殺菌」を採用していることです。マイナスイオンを帯びた水で殺菌することで、牛乳の風味が損なわれず、よりおいしく仕上げています。さらに、森永乳業独自の「こだわり製法」によって、牛乳の濃厚な味わいを引き出しています。 森永のおいしい牛乳は、そのおいしさはもちろん、品質にもこだわった乳製品です。新鮮な牛乳を新鮮なままお届けするために、牛乳の製造から配送まで、徹底した温度管理を行っています。また、森永乳業独自の「品質管理システム」によって、常に高い品質を保っています。 森永のおいしい牛乳は、そのおいしさ、品質、安全性が認められ、多くのお客様にご愛顧いただいています。これからも、森永乳業は、お客様に安心してお召し上がりいただける牛乳を提供していきます。
モノの名前

北海道バターの魅力を知ろう!

北海道バターの特長 北海道バターは、その濃厚な味わい、コク、香りが特徴的です。その美味しさの秘密は、北海道の豊かな自然環境と、酪農家たちのこだわり抜いた酪農技術にあります。北海道は、広大な土地と澄んだ水、そして四季折々の豊かな自然に恵まれています。酪農家たちは、この恵まれた環境の中で、牛を愛情込めて育て、新鮮な牛乳を生産しています。また、北海道の酪農家たちは、牛の品種や飼料にもこだわりを持っており、高品質な牛乳を生産するために日々努力しています。そうして生産された牛乳を、北海道の酪農家たちは伝統的な製法を守りながら丁寧にバターに加工します。この伝統的な製法によって、北海道バターの濃厚な味わい、コク、香りが生み出されています。