仮止め

モノの名前

サクラクレパスの「OAショナリータックスティック」の特徴と使い方

-OAショナリータックスティックの特徴- OAショナリータックスティックは、無重力でも筆圧を一定に保つ筆記できるボールペンのような多機能ペンである。ノック式なので片手で簡単に先端を繰り出すことができる。ペン先にはタングステンボールが内蔵されており、安定した筆記が可能な。 また、先端部分はリトラクタブル式となっており、使わないときはペン先を収納することができる。これは、ペン先が折れたり、汚れたりすることを防ぐことができる。 さらに、OAショナリータックスティックは、多機能ペンなので、赤と青、黒の三色ボールペンとして使用することができる。これは、一筆で様々な情報を書き分けることができるので、非常に便利である。 そして、OAショナリータックスティックは、比較的軽量で、携帯性に優れている。本体の重量は約10グラムで、ポケットやカバンに入れても邪魔にならない。 また、OAショナリータックスティックは、低重力下でも使用することができる。これは、ボールペンの先端部分にタングステンボールが内蔵されているためで、タングステンボールが重力によって落下し、ペン先に筆圧を加える仕組みとなっている。
モノの名前

「デザインワークテープリムカ」の魅力

「デザインワークテープリムカ」とは、特殊なデザインテープを利用して、様々な作品を生み出す新しい芸術作品です。 このテープは、接着剤によって簡単に貼ったり剥がしたりすることができ、様々な形や色、質感のものが用意されています。 そのため、アーティストは、これらのテープを組み合わせて、絵画や彫刻、オブジェなど、様々な作品を作り出すことが可能です。 「デザインワークテープリムカ」の魅力は、その手軽さと作品の多様性にあります。 テープは簡単に貼ったり剥がしたりすることができるので、誰でも簡単に作品を作ることができます。 また、テープの種類や組み合わせ方によって、無限の種類の作品を生み出すことができます。 「デザインワークテープリムカ」は、新しい芸術表現として、今後ますます注目を集めていくでしょう。
モノの名前

「TAPE GLUE ECO」でより便利でサステナブルなオフィスワーク

交換式テープによる経済性と利便性 「TAPE GLUE ECO」の大きな特徴のひとつは、交換式テープを採用していることです。従来のテープディスペンサーは、テープがなくなると本体ごと廃棄されていましたが、「TAPE GLUE ECO」はテープ部分のみを交換することができるため、本体を繰り返し使用することができます。これにより、廃棄物の削減とコスト削減を実現しています。 テープの交換は非常に簡単です。本体上部のカバーを開けて、使い終わったテープを取り除き、新しいテープをセットするだけです。テープは、本体にあらかじめセットされているものに加えて、別売りの詰め替え用テープも用意されています。詰め替え用テープは、さまざまな長さや粘着力がラインナップされているので、用途に合わせて選ぶことができます。 交換式テープを採用することで、「TAPE GLUE ECO」は経済性と利便性を両立しています。本体を繰り返し使用することで、廃棄物を削減し、コストを削減することができます。また、テープの種類を豊富にラインナップすることで、さまざまな用途に対応することができます。
モノの名前

テープのり「TAPE GLUE R」の魅力

「TAPE GLUE R」とは? 「TAPE GLUE R」は、両面テープとカッターが一体となった便利グッズです。テープを貼る際に、いちいちカッターを取り出す必要がなく、作業がスムーズに行えます。また、本体がコンパクトで持ち運びにも便利なので、外出先でも手軽に使用できます。テープの幅は12mmと18mmの2種類から選ぶことができ、用途に合わせて使い分けることができます。本体カラーは、ピンク、ブルー、グリーンの3色展開です。
モノの名前

「スコッチ ドラフティングテープ」の秘密

「スコッチ ドラフティングテープ」が誕生した経緯 1923年、3M社の創業者であるウィリアム・L・マクナイトは、地元の自動車工場を訪れた際に、作業員が図面の修正に時間がかかっていることに気づきました。そこで、マクナイトは図面の修正を簡単に行えるテープを開発することを思いついたのです。 マクナイトは、3M社の研究者であるリチャード・G・ドリューに、このテープの開発を依頼しました。ドリューは、すぐに研究を開始し、1925年に「スコッチ セロハン テープ」を開発しました。このテープは、すぐに製図業界で人気を博し、やがて「スコッチ ドラフティングテープ」として知られるようになりました。 「スコッチ ドラフティングテープ」は、図面の修正を簡単に行えるだけでなく、図面を保護する役割も果たします。そのため、製図業界だけでなく、建築業界やエンジニアリング業界などでも広く使用されるようになりました。 「スコッチ ドラフティングテープ」は、その後も改良が続けられ、現在はさまざまな種類が販売されています。その中でも、特に人気が高いのが「スコッチ マジックテープ ドラフティングテープ」です。このテープは、手で簡単に切れるため、作業性がよく、また、修正した部分が目立ちにくいという特徴があります。 「スコッチ ドラフティングテープ」は、誕生から約100年経った今でも、多くの業界で愛用され続けています。その使いやすさや耐久性、そして修正した部分が目立ちにくいという特徴が、長年支持されている理由です。