伊方町

施設名・ロケ地

佐田岬灯台の観光スポット情報

-佐田岬灯台の歴史と概要- 佐田岬灯台は、愛媛県西予市にある灯台で、瀬戸内海国立公園に指定されています。日本最西端の灯台として知られており、海抜141メートルの位置に立っています。佐田岬灯台は日本の観光客に人気の観光スポットであり、2016年には約40万人が訪れました。 佐田岬灯台の歴史は古く、1874年に建設されました。当初はフランス製のレンズを使用していましたが、1900年にドイツ製のレンズに交換されました。現在の灯台は、1951年にコンクリート造で建て替えられました。佐田岬灯台は、海抜141メートル、塔高24メートル、光達距離18海里です。 佐田岬灯台は、瀬戸内海国立公園に指定されており、美しい自然を眺めることができます。灯台周辺には、展望台や公園が整備されており、観光客に人気があります。また、佐田岬灯台は、日本の離島である佐田岬島への玄関口にもなっています。
施設名・ロケ地

愛媛の道の駅「伊方きらら館」の魅力

愛媛県伊方町にある「伊方きらら館」は、伊方ICから車で約5分、松山市内から約1時間というアクセスの良さが魅力の道の駅です。国道378号線沿いに位置し、愛媛県最西端の景勝地として知られる「伊方町」の玄関口として、多くの観光客や地元の人々に親しまれています。 「伊方きらら館」は、地元の特産品や海産物を販売する直売所、新鮮な海の幸を味わえるレストラン、足湯や休憩所などの施設が充実しています。特に、直売所では伊予柑やポンカンなどの柑橘類、新鮮な魚介類、農作物などがぎっしりと並び、地元ならではの食材をリーズナブルな価格で購入することができます。また、レストランでは、獲れたての魚介類を使った海鮮丼や定食、伊方町名物の「伊方ラーメン」などを味わうことができます。 「伊方きらら館」は、ドライブ旅行に最適な道の駅です。ドライブの休憩所として立ち寄るだけでなく、地元の特産品やグルメを味わったり、足湯で疲れを癒したりすることができます。また、「伊方きらら館」の周辺には、雄大な瀬戸内海の景色を望む「伊方町並みハイキングコース」や、伊方町の歴史や文化を紹介する「伊方町郷土資料館」など、観光スポットがたくさんあります。ドライブ旅行の際には、ぜひ「伊方きらら館」に立ち寄ってみてください。
施設名・ロケ地

道の駅「瀬戸農業公園」へようこそ!

瀬戸農業公園は、瀬戸市にある道の駅で、瀬戸市の豊かな自然と新鮮な農産物を堪能することができます。広大な敷地内には、直売所やレストラン、公園などがあり、家族連れやカップルで楽しむのにぴったりのスポットです。 直売所では、瀬戸市で採れた新鮮な野菜や果物がずらりと並んでいます。また、瀬戸市特産のみかんを使ったスイーツや加工品なども販売されており、お土産にもおすすめです。 レストランでは、瀬戸市の食材を使った料理を味わうことができます。地元の食材を使ったこだわりの料理は、どれも絶品で、瀬戸市の魅力を再発見することができます。 公園内には、遊具や広場があり、子供たちが思いっきり遊ぶことができます。また、公園からは瀬戸市の街並みを一望することができ、絶景を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

伊方港の魅力と歴史

伊方港の歴史と沿革 伊方港の歴史は古く、江戸時代には廻船の寄港地として栄えていました。明治時代に入ると、伊方港は近代的な港湾として整備され、汽船の寄港地となりました。その後、伊方港は昭和に入ると、伊方発電所の建設に伴い、石炭や重油の積出港としてさらに発展しました。 戦後は、伊方港は外国貿易の拠点として利用され、また、水産物の集散地としても栄えました。近年では、伊方港は観光港としても整備が進み、多くの観光客が訪れるようになりました。 伊方港の歴史と沿革は、伊方港が古くから重要な港湾として利用されてきたことを示しています。伊方港は、今後も伊方地域の発展に欠かせない港湾であり続けます。