伝統野菜

モノの名前

宮ねぎ – 栃木県栃木市の伝統野菜

宮ねぎの特徴 宮ねぎは、栃木県栃木市で栽培されている伝統野菜です。その特徴は、何と言ってもその甘みです。生で食べても辛みがなく、甘みを感じることができます。火を通すとさらに甘みが増し、ネギ特有の香りは控えめになります。また、宮ねぎは、一般のネギよりも太いため、食べ応えがあります。 宮ねぎは、江戸時代頃から栃木市で栽培されてきました。当時は、江戸幕府に献上され、将軍家や大名が好んで食べたとされています。現在でも、栃木市では宮ねぎの栽培が盛んで、市内のほぼ全域で栽培されています。宮ねぎは、栃木市の特産品として知られ、全国各地に出荷されています。 宮ねぎは、さまざまな料理に使用することができます。生のまま刻んで薬味として使うのはもちろん、焼き鳥や鍋、煮物などの具材としてもよく合います。また、宮ねぎを丸ごと焼いて食べる「焼きネギ」も、栃木県では人気の料理です。
モノの名前

「小泉紅かぶら」の美味しい食べ方

「小泉紅かぶら」の特徴 小泉紅かぶらは、石川県小松市で栽培されている伝統野菜です。その名の通り、鮮やかな紅色が特徴で、甘みと辛みが絶妙なバランスで調和しています。また、繊維質が少なく、やわらかい食感も魅力です。 小泉紅かぶらの旬は、12月から3月頃。この時期になると、小松市内の直売所やスーパーなどで多く出回ります。また、小松市内の飲食店では、小泉紅かぶらをふんだんに使用した郷土料理も提供されています。 小泉紅かぶらは、その鮮やかな色と甘辛さが特徴なので、サラダや漬物、炒め物など、さまざまな料理に利用できます。また、小泉紅かぶらをすりおろして、ドレッシングやソースに加えると、料理の味を引き立ててくれます。
モノの名前

ならまちの特色野菜「軟白ずいき」

軟白ずいきの特徴 軟白ずいきは、奈良県奈良市のならまちで栽培されている伝統野菜です。その特徴は、何と言ってもその真っ白な外見です。通常のずいきは、緑色をしていますが、軟白ずいきは、栽培中に日光を遮断することで、白く育てることに成功しています。このため、見た目も非常に美しく、料理の彩としても最適です。 また、軟白ずいきは、通常のずいきよりも柔らかく、瑞々しい食感も特徴です。これは、日光を遮断することで、ずいきの成長を遅らせ、水分を多く含ませることに成功しているためです。そのため、生で食べても、煮物にしても、その柔らかさと瑞々しさを楽しむことができます。 さらに、軟白ずいきは、通常のずいきよりも、栄養価が高いのも特徴です。日光を遮断することで、ずいきの成長を遅らせることで、栄養価をより多く蓄積することができます。そのため、軟白ずいきは、通常のずいきよりも、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。このように、軟白ずいきは、見た目も美しく、食感も柔らかく、栄養価も高く、非常に優れた野菜です。
モノの名前

肘折かぶの秘密を探訪

肘折かぶの歴史と由来をたどる 肘折かぶは、山形県肘折温泉郷で栽培されているかぶの一種。江戸時代中期から栽培されており、昔ながらの伝統製法で作られる、その素朴な味わいと歯ごたえが特徴である。 肘折かぶの始まりは、山形県が米の産地であり、米作りには多量の肥料が必要だったことに由来する。江戸時代中期、肘折藩主であった細谷氏は、領民に米作の増産を奨励し、そのために家畜の飼育を奨励した。家畜の飼育には多くの飼料が必要であり、その飼料として栽培されていたのがかぶであった。これが、肘折かぶの始まりである。 その後、肘折温泉郷の特産品として栽培され、現在に至っている。肘折かぶは、肘折温泉郷の厳しい気候と水質が育てた、まさに風土が生んだ野菜である。 肘折かぶは、その素朴な味わいと歯ごたえに加え、栄養価も豊富である。ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており、健康維持に役立つ野菜である。また、肘折かぶは、煮物や漬物、味噌汁など、様々な料理に使用することができる。
モノの名前

彦島春菜の魅力と栽培方法

彦島春菜の歴史 彦島春菜の歴史は古く、江戸時代初期にはすでに栽培されていたという記録が残っています。当時は、彦島の特産品として知られ、主に地元で消費されていました。明治時代になると、彦島春菜は広島県外にも出荷されるようになり、その人気は全国に広がりました。大正時代には、彦島春菜の栽培面積が最盛期を迎え、彦島の主要な産業の一つとなりました。 彦島春菜の特徴 彦島春菜は、葉が柔らかく、クセがなく、甘みのあるのが特徴です。また、栄養価が高く、カロテン、ビタミンC、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。彦島春菜は、サラダや炒め物、煮物など、さまざまな料理に使えます。特に、おひたしや天ぷらにして食べるのがおすすめです。 彦島春菜は、その独特の風味が特徴で、様々な料理に使われています。例えば、おひたし、和え物、炒め物、汁物、天ぷらなどです。また、漬物や佃煮にして食べることもできます。
モノの名前

能登の特産「沢野ごぼう」とは?

沢野ごぼうの特徴と歴史 沢野ごぼうは、石川県珠洲市で古くから栽培されている伝統野菜です。その特徴は、何といってもその長さ。一般的なごぼうの2倍以上にもなるほどの長さは、日本一とも言われています。また、沢野ごぼうは、一般的なごぼうよりも細身で、アクが少なく、苦みが少ないのが特徴です。そのため、生で食べてもおいしく、サラダや漬物によく利用されます。 沢野ごぼうの歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていたという記録が残っています。当時は、主に薬草として利用されており、その効能は、胃腸の調子を整えたり、風邪を予防したりする効果があるとされていました。その後、明治時代になってからは、食用として栽培されるようになり、現在では石川県珠洲市を代表する特産品として知られています。 沢野ごぼうは、珠洲市の厳しい気候風土の中で栽培されています。日本海からの強風や、冬場の寒さなど、過酷な環境ですが、沢野ごぼうは、そんな環境にも負けずに育ちます。そのたくましさは、珠洲市の人の性格にも似ていると言われています。 沢野ごぼうは、珠洲市の特産品として、地元の人々に愛され続けています。その独特の風味と歯ごたえは、一度食べたら忘れられないおいしさです。ぜひ、石川県珠洲市を訪れた際には、沢野ごぼうを味わってみてください。
モノの名前

「秋田仙北・田沢ながいも」の魅力

-田沢ながいもの特徴と歴史- 田沢ながいもは、秋田県仙北市田沢地域で栽培されている長芋の一種です。粘りが強く、甘みのある肉質が特徴です。田沢ながいもの歴史は古く、江戸時代から栽培されていたとされています。明治時代には、田沢ながいもが全国的に知られるようになり、昭和30年代には、田沢ながいも生産組合が設立され、生産が拡大しました。 田沢ながいもは、粘りが強く、甘みのある肉質が特徴です。これは、田沢地域の水や土壌が、田沢ながいもの栽培に適しているためです。田沢地域は、水田が多く、地下水が豊富です。また、土壌は、肥沃で水はけがよいため、田沢ながいもが育ちやすい環境となっています。 田沢ながいもは、生で食べても、煮物や炒め物にしても美味です。また、田沢ながいもをすりおろして、とろろ汁にして食べるのもおすすめです。田沢ながいもは、粘りが強いので、とろろ汁にすると、とても滑らかな口当たりになります。 田沢ながいもは、栄養価も豊富です。田沢ながいもには、食物繊維、ビタミンC、カリウムなどの栄養素が含まれています。食物繊維は、腸内環境を整えてくれる効果があります。ビタミンCは、免疫力を高めてくれる効果があります。カリウムは、血圧を下げてくれる効果があります。田沢ながいもは、健康にも良い食材です。
モノの名前

愛知県の名産「落瓜」の魅力

落瓜の歴史と特徴 落瓜とは、江戸時代に愛知県で生まれた野菜であり、現在でも愛知県を中心とした東海地方で栽培されています。落瓜は、ウリ科の植物であり、形はラグビーボールのような楕円形で、重さは1~2kg程度になります。色は緑色で、表面には細かい毛が生えています。落瓜は、若い内は柔らかく、生で食べられるため、サラダや漬物にして食されることが多いです。また、落瓜は煮物や味噌汁など、様々な料理に使用することができます。 落瓜は、愛知県の名産品として知られており、毎年8月に開催される「愛知県落瓜祭り」では、落瓜を使った様々な料理が振る舞われます。落瓜は、愛知県の人々に親しまれており、郷土料理として大切にされています。 落瓜の魅力は、その独特の甘さと食感にあります。落瓜は、甘みが強く、みずみずしい食感が特徴です。また、落瓜は栄養価が高く、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富に含まれています。落瓜は、愛知県を代表する野菜であり、そのおいしさと栄養価の高さから、多くの人々に愛されています。
モノの名前

長崎赤かぶの魅力

-長崎の赤かぶの魅力を徹底解説!- 長崎の赤かぶは、伝統的な野菜であり、長崎の食文化に欠かせない存在です。赤カブは、その名の通り、鮮やかな赤色のカブで、肉質は柔らかく、甘みと辛味が特徴です。長崎では、赤カブを漬物にして食べることが多く、その素朴な味わいは、多くの人に愛されています。 赤カブの魅力は、その栄養価の高さにあります。赤カブには、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、健康維持に役立ちます。また、赤カブには、抗酸化作用のあるアントシアンという色素が含まれており、老化を予防する効果が期待できます。 赤カブは、様々な料理に利用することができます。漬物以外にも、煮物、炒め物、サラダなど、様々な料理に活用することができます。赤カブの甘みと辛味は、料理にアクセントを加えてくれます。また、赤カブは、彩り豊かな野菜なので、料理を美しく仕上げることができます。 長崎の赤かぶは、伝統的な野菜であり、栄養価も高く、様々な料理に利用することができます。ぜひ、長崎の赤かぶを食べて、その美味しさと栄養価を味わってみてください。
モノの名前

「仁井田大根」の魅力と食べ方

「仁井田大根」とはどんな大根? 「仁井田大根」は、広島県安芸郡府中町仁井田地区で栽培されている伝統野菜です。江戸時代から続く、独特な栽培方法で知られており、JA広島中央では「仁井田大根を守ろう!」という合い言葉のもと、仁井田大根のブランド化と生産拡大に尽力しています。 仁井田大根の特徴は、その甘さと辛さのバランスの良さです。また、非常に柔らかく、煮物や漬物にしてもおいしくいただけます。また、生で食べてもおいしく、サラダや刺身のツマなどにしてもおすすめです。 仁井田大根は、その独特の栽培方法で、甘さと辛さを兼ね備えた大根に仕上がります。栽培方法は、まず、種をまいた後、苗が育ったら畑に移植します。そして、畑に穴を掘り、大根を逆さまにして植え付けます。こうすることで、大根が土の中で縦長に成長し、甘さと辛さのバランスの取れた大根に仕上がります。 仁井田大根は、広島県内のスーパーや直売所で購入することができます。また、インターネット通販でも販売されているので、全国どこからでも購入することができます。
モノの名前

長崎大しょうがの特徴と食べ方

-長崎大しょうがとは- 長崎大しょうがは、長崎県産のショウガで、その名の通り、通常のショウガよりも大きく、肉厚で、辛味が強いのが特徴です。県内の平戸市や五島市などで栽培されており、主に冬から春にかけて出荷されます。 長崎大しょうがは、その辛さを活かして、薬味や香辛料として料理によく使われます。また、その肉厚で柔らかい食感を利用して、漬物や佃煮などの加工品にも利用されています。 長崎大しょうがは、その辛味から、風邪予防や咳止め、二日酔いなどの薬効があるとされています。また、その香り成分には、抗菌作用や鎮痛作用があると言われています。 長崎大しょうがは、その辛味と独特の風味がクセになる、長崎県を代表する特産品です。ぜひ一度、ご賞味ください。
モノの名前

「阿仁ふき」の秘密と魅力

阿仁ふきの特徴と歴史 阿仁ふきは、秋田県北秋田市阿仁地域で栽培される、希少な伝統野菜です。その特徴は、長さ1mにもなる長い茎と、幅広でやわらかな葉です。また、ほのかな苦みとアクが少なく、食べやすいのが特徴です。 阿仁ふきの歴史は古く、平安時代にはすでに栽培されていた記録が残っています。阿仁地域は、山に囲まれた盆地で、水はけがよく、昼夜の寒暖差が大きいことから、ふきの栽培に適しています。江戸時代には、阿仁ふきは年貢として納められ、秋田藩主にも献上されていました。 明治時代以降、阿仁ふきはいったん衰退しましたが、昭和40年代に地元の生産者有志によって復活させられました。現在では、阿仁ふきはJAあきた北の阿仁総合支店で販売されているほか、一部の直売所や道の駅でも販売されています。 阿仁ふきは、天ぷらや煮物、炒め物など、さまざまな料理に利用されます。特に、天ぷらは阿仁ふきの代表的な料理で、サクサクとした食感とほのかな苦みが楽しめます。また、煮物にすると、阿仁ふきの甘みとコクが引き出され、絶品の一品になります。 阿仁ふきは、秋田県の貴重な伝統野菜です。その特徴的な味と食感は、多くの人々に愛されています。これからも、阿仁ふきの栽培が続けられ、多くの人々にその魅力が伝えられていくことを願っています。
モノの名前

金沢の伝統野菜「ニ塚からしな」とは?

ニ塚からしなの歴史と特徴 ニ塚からしなの歴史は古く、江戸時代から栽培されていたとされています。金沢近郊のニ塚町で盛んに栽培されていたことから、ニ塚からしなと呼ばれるようになりました。ニ塚からしなの特徴は、その辛味にあります。辛味はツンと鼻に抜けるような強い辛味で、炒め物や鍋物などの料理にアクセントを加えてくれます。また、ニ塚からしなは栄養価も高く、ビタミンCや鉄分、カルシウムなどが多く含まれています。 ニ塚からしなは、金沢の伝統野菜として長く親しまれてきましたが、近年は栽培面積が減少傾向にあります。これは、ニ塚からしなの辛味が苦手な人が多いことや、栽培が難しいことが原因と考えられています。しかし、ニ塚からしなの魅力を再発見する動きが高まっており、金沢の伝統野菜として復活させようという取り組みが行われています。
モノの名前

「といもがら」の魅力を堪能しよう!

といもがらの特徴と歴史 といもがらとは、茨城県を中心に生産されている里芋の一種です。大きさは小さく、皮の色は黒っぽいのが特徴です。味はホクホクとしていて、粘り気があり、煮物や味噌汁、炒め物など、さまざまな料理に使われます。 といもがらの歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていたとされています。茨城県では、古くからといもがらを栽培しており、その生産量は全国一となっています。といもがらは、茨城県の特産品として知られており、県内外で広く親しまれています。 といもがらの魅力は、その独特の風味と食感にあります。小さくて皮が黒いといもがらは、一見地味な印象を受けます。しかし、一口食べると、そのホクホクとした食感と、粘り気のある独特の風味が広がります。といもがらを使った煮物や味噌汁は、寒い冬にぴったりの料理です。 また、といもがらを使った炒め物もおすすめです。といもがらのホクホクとした食感が、他の野菜との相性抜群です。といもがらを使った炒め物は、お弁当のおかずにもぴったりです。といもがらには、ビタミンCやカリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは、風邪予防や美肌効果があり、カリウムは、血圧を下げる効果があります。といもがらを食べることで、健康維持に役立てることができます。
モノの名前

「天狗なす」の特徴と魅力

「天狗なす」は、その名の通り、天狗の鼻のように曲がった形をしたナスです。この特徴的な形が、天狗なすの最大の特徴であり、多くの人々に愛されています。また、天狗なすは、果皮が柔らかく、身が厚くてジューシーなため、食べ応えがあります。さらに、甘みが強く、コクのある味わいが特徴です。天狗なすは、焼いたり、揚げたり、煮たりなど、さまざまな調理方法で楽しむことができます。中でも、天ぷらや焼きナス、煮浸しなどが定番の料理です。天狗なすは、その独特な形と美味しさから、多くの人々に親しまれている野菜です。
モノの名前

「ゆうごう」って知ってる?

「ゆうごう」とは、基本的な計算技能や知識、思考力などの数学的な力を向上させるために、日常生活における様々な事象を材料として行われる数学的な活動のことです。「ゆうごう」には、「数学的な見方・考え方」を育てることを目的とした「数学的な見方・考え方」と、「数学的な技能・知識」を育てることを目的とした「数学的な技能・知識」の2種類があります。 「数学的な見方・考え方」は、日常の事象を数学的に捉えたり、数学的に表現したりする能力のことです。例えば、買い物で商品の値段と割引率を考えたり、旅行の計画で時刻表を読んだりするなどは、「数学的な見方・考え方」の例です。 「数学的な技能・知識」は、計算技能や数学的な知識のことです。例えば、分数や小数を計算したり、三角形の面積を求めたりするなどは、「数学的な技能・知識」の例です。
モノの名前

三岳黒瀬蕪の魅力と歴史

三岳黒瀬蕪の歴史 黒瀬蕪は、島根県松江市三岳地区で古くから栽培されてきた伝統野菜であり、その歴史は江戸時代 初期まで遡ります。黒瀬蕪は当初、藩主に献上される特別な郷土料理として作られていましたが、次第に一般の人々の間でも人気が高まり、三岳地区の特産品となりました。 黒瀬蕪は、その豊かな風味と食感が特徴で、煮物や漬物、味噌汁など様々な料理に使用されます。また、黒瀬蕪をすりおろして作った餡は、島根県の名物料理である「のどぐろの煮付け」に欠かせない食材として知られています。 黒瀬蕪は、三岳地区の厳しい自然環境の中で育つことで、独特の風味と食感を獲得します。そのため、三岳地区以外で栽培しても、同じような品質の黒瀬蕪を収穫することはできません。 黒瀬蕪は、その歴史的な背景や独特の風味と食感から、島根県の貴重な伝統野菜として認められています。また、黒瀬蕪を活かした様々な料理も、島根県の郷土料理として親しまれています。
モノの名前

岐阜の「沢あざみ」の魅力

さわあざみの特徴 岐阜県の特産品であるさわあざみは、地元で古くから親しまれてきた山菜です。さわあざみは、キク科アザミ属の多年草で、山地の林縁や湿地に生息しています。草丈は30~60cm程度で、葉は互生し、羽状に切れ込んでいます。花は6~7月に咲き、鮮やかな紫色をしています。さわあざみの若芽は、独特の苦みと風味が特徴で、主に天ぷらや煮物にして食べられます。さわあざみの苦みは、ポリフェノールの一種であるルチンによるもので、抗酸化作用や抗菌作用があるといわれています。さわあざみには、ビタミンCや鉄分などの栄養素も豊富に含まれており、健康に良い食材として注目されています。
モノの名前

「民田なす」とは?山形の伝統野菜の魅力

「民田なす」の由来と歴史 「民田なす」は山形県東根市にある「民田」という地域で100年以上前から栽培されていることからその名前がつきました。民田なすの由来には諸説ありますが、その中でももっとも有力なのは、江戸時代後期に農学者の佐藤信維が、この地で「民田なす」を育成したという説です。佐藤信維は、民田なすの優れた性質に着目し、この地域で栽培を奨励したため、民田なすは広く普及するようになりました。その後、民田なすは山形県の特産野菜として知られるようになり、多くの農家がこの野菜を栽培するようになりました。 民田なすは、独特の甘みと歯ごたえが特徴で、漬物や焼きなすなど、様々な料理に使用されます。また、民田なすは栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。民田なすは、山形県の伝統野菜として親しまれており、県内外で愛されています。
モノの名前

長崎長なすの魅力と調理法

小見出し 長崎長なすの由来と歴史 長崎長なすの歴史は古く、約400年前とされています。長崎県諫早市で発見され、長い間地元で栽培されてきました。その独特の風味と肉厚な食感が評判を呼び、全国各地に広まるようになりました。 長崎長なすは、主に九州地方と関西地方で栽培されています。その中でも、長崎県諫早市は最大の産地として知られています。諫早市では、温暖な気候と肥沃な土壌を活かして、一年を通して長崎長なすを栽培しています。 長崎長なすは、その長い歴史の中で、さまざまな品種改良が行われてきました。 その結果、現在では、より大きく、より肉厚で、より美味しい長崎長なすが栽培されるようになりました。 長崎長なすは、その独特の風味と肉厚な食感が特徴です。加熱すると、その風味がさらに引き立ち、さまざまな料理に利用することができます。また、肉や魚の付け合わせとしても最適です。
モノの名前

木之山五寸のこだわり

木之山五寸の歴史 木之山五寸は、岡山県真庭市にある木之山地区で生産される日本刀の一種です。その歴史は古く、鎌倉時代まで遡ると言われています。鎌倉時代当時、木之山地区は良質な鉄の産地として知られており、刀鍛冶が数多く集まっていました。これらの刀鍛冶たちは、木之山で産出される鉄を使って刀を鍛造し、その刀は「木之山五寸」として全国に流通するようになりました。 室町時代になると、木之山五寸はさらにその知名度を高め、戦国武将の間でも愛用されるようになりました。戦国武将たちは、木之山五寸の切れ味と耐久性を高く評価し、争いの最前線でこの刀を振るっていました。江戸時代になると、木之山五寸の生産量は減少しましたが、その品質は依然として高く評価され、一部の刀鍛冶たちがこの刀の鍛造を続けていました。 明治時代になると、木之山五寸は廃刀令によって禁止され、生産が禁止されました。しかし、それでも木之山五寸の製造技術は途絶えることなく、戦後には再び木之山五寸の生産が復活しました。現在では、木之山五寸は伝統工芸品としてその地位を確立しており、全国各地でその名が知られています。
モノの名前

「養父早生」の魅力と特徴

「養父早生」の歴史と特徴 養父早生は、兵庫県養父市で栽培されている早生みかんの品種です。昭和30年代に偶然発見された自然交雑種であり、昭和40年代に品種登録されました。養父早生は、早生でありながら糖度が高く、酸味の少ないまろやかな味わいが特徴です。また、果皮が薄く、食べやすいのも特徴です。また、養父早生は、日持ちがよいので、贈答用にも人気があります。 養父市は、兵庫県の中部にある市で、標高が高いことから昼夜の寒暖差が大きく、果樹栽培に適しています。養父早生は、養父市の特産品であり、養父市では、養父早生を使った加工品も数多く販売されています。
モノの名前

トカラ田いも:鹿児島県の伝統野菜

-トカラ田いもの特徴と旬- トカラ田いもは、鹿児島県トカラ列島で栽培されている伝統野菜です。一般的なサトイモとは異なり、小ぶりで皮が薄く、ホクホクとした食感が特徴です。また、粘りが強く、煮物や汁物にするのに適しています。 トカラ田いもの旬は、11月から2月頃です。この頃になると、芋が十分に成熟して、甘みとコクが増します。収穫した芋は、水洗いをして泥を落とし、皮をむいてから調理します。煮物や汁物にする場合は、あらかじめ下茹でしておくと、アクが取れてよりおいしく食べることができます。 トカラ田いもは、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富に含まれており、栄養価の高い野菜です。また、消化が良く、胃腸の調子を整える効果もあると言われています。鹿児島県では、トカラ田いもを使った郷土料理が数多くあり、地元の人々に親しまれています。
モノの名前

伝統野菜「奥多摩わさび」の魅力

奥多摩わさびの歴史と産地 奥多摩わさびの歴史は古く、平安時代にはすでに栽培されていたとされています。江戸時代には、徳川将軍家への献上品としても珍重され、その名を知られるようになりました。現在でも、奥多摩地域は日本有数のわさびの産地として知られており、東京、神奈川、埼玉などの首都圏の市場に出荷されています。 奥多摩わさびの産地は、東京都西多摩郡奥多摩町です。奥多摩町は、標高1,000メートル級の山々に囲まれた盆地で、清涼な水が豊富です。また、土壌もわさびの栽培に適しており、これらの条件が重なって、奥多摩わさびは独特の辛味と風味を生み出しています。 奥多摩わさびの魅力は、何といってもその辛味です。一般的に、わさびは辛味が強いほど、品質が高いとされています。奥多摩わさびは、その辛味に加えて、鼻に抜ける爽やかな香りも特徴です。この辛味と香りは、新鮮なわさびをすりおろしたときにのみ味わうことができます。 奥多摩わさびは、刺身や寿司などの和食に欠かせない薬味ですが、近年では、その辛味と香りを生かした洋食や中華料理にも使われるようになりました。また、奥多摩わさびをペースト状にして、パンやクラッカーに塗って食べるのもおすすめです。