児童文学

作品名

「少年たち」:後藤竜二の魅力的な児童文学作品

「少年たち」は、後藤竜二が1925年に発表した児童文学作品です。この作品は、主人公の少年・太郎とその仲間たちが、さまざまな困難を乗り越えながら成長していく姿を描いています。「少年たち」の魅力は、何と言ってもその主人公たちの生き生きとしたキャラクターにあります。太郎は、明るく元気で正義感の強い少年です。そして、太郎の仲間たちも、それぞれに個性的で魅力的なキャラクターです。また、「少年たち」は、その冒険的なストーリー展開も魅力です。太郎と仲間たちは、さまざまな困難に遭遇しながらも、それを乗り越えていきます。その過程で、太郎たちは友情の大切さや勇気の大切さを学んでいきます。そして、「少年たち」は、その美しい自然描写も魅力です。後藤竜二は、その美しい自然描写で、太郎と仲間たちが暮らす町の様子を生き生きと描き出しています。 「少年たち」は、児童文学の傑作として知られる作品です。その魅力は、その主人公たちの生き生きとしたキャラクター、冒険的なストーリー展開、そして美しい自然描写にあります。「少年たち」は、子どもから大人まで、幅広い読者層に愛されている作品です。
作品名

コロボックル物語の世界

-コロボックルたちの生態- コロボックルは、北海道の各地に伝わる小人。その姿は、大人の背丈ほどで、頭は大きく、目は細く、鼻は低く、口が大きく、体は毛むくじゃら。手足は短く、指は細く長い。毛色は、赤、青、緑、黄色などさまざま。コロボックルは、森や山奥に住み、狩猟採集をして生活しています。コロボックルの主食は、木の実、キノコ、山菜。狩猟では、弓矢や槍を使って、ウサギ、キツネ、カモシカなどを獲ります。採集では、木の実、キノコ、山菜を採集します。コロボックルは、非常に勤勉で、太陽が昇る前から働き始め、日が暮れるまで働きます。コロボックルは、また、非常に知恵があり、さまざまな道具や武器を作り出しています。コロボックルは、自然と共生して生活しており、森や山奥を大切にしています。
作品名

「きみひろくん」とは?

-物語の概要- 「きみひろくん」は、主人公のきみひろが、学校でいじめられていたところを、同級生のあかねに助けられたことから始まる物語です。きみひろは、あかねに恋心を抱き、彼女と仲良くなりたいと願いますが、あかねは、きみひろを友達としてしか見ていませんでした。 ある日、きみひろは、あかねが男子生徒からいじめられているところを目撃します。きみひろは、あかねを助けるために、男子生徒に立ち向かいますが、あえなく敗れてしまいます。しかし、きみひろの勇気ある行動に感銘を受けたあかねは、きみひろと友達になることを決意します。 きみひろとあかねは、次第に仲良くなり、やがて恋人同士になります。しかし、二人の幸せは長くは続かず、あかねは、ある日突然、姿を消してしまいます。きみひろは、あかねを探し求め、彼女との再会を願いますが、あかねの行方を突き止めることはできませんでした。 それから何年も経ったある日、きみひろは、かつての同級生であるあかねと再会します。あかねは、結婚して子供を授かっており、幸せな生活を送っていました。きみひろは、あかねの幸せな姿を目の当たりにして、彼女への想いを断ち切ることを決意します。
作品名

「パディントン2」の魅力

パディントン2とは? パディントン2は、2017年に公開されたイギリスの家族向けコメディ映画です。この映画は、マイケル・ボンドの児童文学「パディントン」シリーズを基にしており、ポール・キングが監督、サイモン・ファーンビーとポール・キングが脚本を担当しています。この映画は、2014年の映画「パディントン」の続編であり、ペルーからロンドンに逃れてきたクマのパディントンが、彼の新しい家で起こる犯罪事件を解決する物語です。 この映画は、その愛らしいキャラクター、ユーモア、家族向けのストーリーで批評家から賞賛を受けました。この映画は、世界中で2億2,000万ドル以上の興行収入を上げ、英国映画賞で最優秀英国映画賞を受賞しました。また、第90回アカデミー賞で最優秀視覚効果賞にノミネートされました。 パディントン2は、愛と友情の大切さを描く心温まる映画です。この映画は、子供から大人まで楽しめる家族向けの映画です。
作品名

「ドリトル先生月へゆく」の読みどころ

「ドリトル先生と月の冒険」 ドリトル先生シリーズの第5作目である「ドリトル先生月へゆく」は、ドリトル先生と動物たちが月へ冒険に出かけるという、これまでにないスケールの物語です。月には、不思議な生き物や古代文明の遺跡など、地球にはないさまざまなものがあり、ドリトル先生たちはそれらを発見し、冒険をしていきます。 ドリトル先生たちは、月への旅の途中で様々な困難に遭いますが、動物たちの力を借りて、それを乗り越えていきます。また、月では、ドリトル先生たちが地球とは異なる価値観を持った人々と出会い、それを通して、地球の大切さについて考えさせられます。 この物語は、子どもたちに冒険の楽しさや地球の大切さを教えるだけでなく、想像力の大切さについても教えてくれます。ドリトル先生たちは、月で出会った不思議な生き物や古代文明の遺跡を、想像力を使って理解し、冒険を進めていきます。子どもたちも、この物語を読むことで、想像力を働かせ、新しい世界を創造する楽しさを学ぶことができるでしょう。
作品名

「シーラカンスとぼくらの冒険」の魅力

「シーラカンスとぼくらの冒険」は、感動の物語である。主人公の少年・一也は、シーラカンスの研究をしている父の仕事を手伝うため、夏休みを南の島で過ごすことになる。そこで出会ったのは、見たことのない不思議な生き物たちや、魅力的な人々。そして、一也はシーラカンスの謎に迫っていく。 一也は、地元の少女・マリアと出会い、シーラカンスの生息地を探して島を巡る旅に出る。その旅の中で、一也とマリアは、シーラカンスの謎に迫る鍵となる、様々な人々と出会い、様々な経験をする。二人は、シーラカンスの生存を脅かす人間の活動を知り、シーラカンスを守るために立ち上がる。 一也とマリアの旅は、感動的な冒険である。二人は、シーラカンスの謎に迫る鍵となる、様々な人々と出会い、様々な経験をする。そして、二人は、シーラカンスの生存を脅かす人間の活動を知り、シーラカンスを守るために立ち上がる。一也とマリアの旅は、勇気と友情の物語である。
作品名

「うそつきト・モ・ダ・チ」の魅力と考察

「うそつきト・モ・ダ・チ」が贈るメッセージ 「うそつきト・モ・ダ・チ」は、決して嘘をついてはいけないということだけではなく、嘘をつくことの意味や、嘘をつくことによって生まれるものについて考えさせる作品です。また、嘘をつくことは必ずしも悪いことではなく、嘘をつくことで誰かを救うことができることもあるということを教えてくれます。 「うそつきト・モ・ダ・チ」では、主人公のト・モ・ダ・チが、嘘をつくことによって、自分の命を救うことができました。また、嘘をつくことによって、大切な友達と絆を深めることができました。ト・モ・ダ・チは、嘘をつくことによって、悪いことをしたという罪悪感に苦しむこともありましたが、最終的には、嘘をつくことによって救われたということに気づきます。 「うそつきト・モ・ダ・チ」は、嘘をつくことの意味や、嘘をつくことによって生まれるものについて考えさせられる作品です。また、嘘をつくことは必ずしも悪いことではなく、嘘をつくことで誰かを救うことができることもあるということを教えてくれます。
作品名

コロボックル物語の幕開け

小さな国の物語 コロボックルとは、アイヌの伝説に登場する小人族のことで、北海道の各地に伝承が残っています。コロボックルは、人間よりも小さく、頭が大きく、目と鼻がつり上がっていて、肌は赤または黄色をしています。彼らは、山や森の奥深くに住んでいて、人間とは異なる独自の文化と生活を持っています。 コロボックルの物語は、アイヌの口承文学として代々受け継がれてきました。その中で、最も有名な物語の一つが、コロボックルと人間との交流を描いた「コロボックル物語」です。この物語は、アイヌの少年とコロボックルの少女が出会い、恋に落ちるという内容で、その後の二人の運命を描いています。 コロボックル物語は、アイヌの伝統文化を色濃く反映した物語として、現在でも多くの人に親しまれています。この物語は、アイヌの自然観や世界観を理解する上で貴重な資料であり、アイヌの歴史や文化を学ぶ上でも重要な位置を占めています。
作品名

百太郎シリーズの魅力

岡っ引きの息子が活躍する物語 百太郎シリーズの魅力の一つは、主人公の百太郎が岡っ引きの息子であるという設定です。岡っ引きとは、江戸時代の日本の警察官のような存在です。百太郎は、父親である岡っ引きから、武術や捜査の技術を学び、事件を解決していきます。百太郎は、正義感が強く、曲がったことが大嫌いな性格です。そのため、事件を解決するためには、たとえ危険を冒しても必ずやり遂げようとします。 また、百太郎は、とても頭がいい人物です。事件の謎を解くため、推理力を駆使して、証拠を集めたり、犯人の動向を調べたりしていきます。百太郎の推理力は、とても鋭く、犯人を必ず追い詰めます。 百太郎シリーズは、江戸時代の日本を舞台にした物語です。江戸時代は、日本の歴史の中で、とても治安の悪い時代でした。そのため、百太郎が活躍する事件は、どれもとてもスリリングで、ハラハラドキドキします。また、百太郎シリーズには、江戸時代の日本の風俗や習慣が描かれており、歴史を学ぶ上でもとても役に立つ作品です。
作品名

「ふたりのイーダ」の世界(児童文学作品)

「ふたりのイーダ」の背景 「ふたりのイーダ」は、1940年にアストリッド・リンドグレーンによって書かれた児童文学作品です。この物語は、スウェーデンの小さな村に住む二人の女の子、イーダとトムテングレンの友情について描かれています。イーダは、貧しい家庭に生まれた女の子で、トムテングレンは、裕福な家庭に生まれた女の子です。二人は性格も正反対で、イーダは活発で冒険好きな女の子で、トムテングレンは内気でおとなしい女の子です。しかし、二人は友情を育み、お互いに影響を与え合っていきます。 「ふたりのイーダ」の背景は、19世紀後半のスウェーデンの田舎です。この時代は、スウェーデンが急激に近代化を進めていた時期であり、社会構造や人々の生活スタイルが大きく変化していました。この物語は、こうした変化の中で、友情と冒険の大切さを描いた作品です。 「ふたりのイーダ」は、スウェーデン国内でベストセラーとなり、その後、世界各国に翻訳されました。この物語は、子供たちに愛され続けており、現在でも多くの国で読み継がれています。
作品名

さかなのきもちを理解する

絵本「さかなのきもち」の紹介 「さかなのきもち」は、さかなの気持ちを理解するために書かれた絵本です。この絵本は、さかなの生態や行動をわかりやすく説明しており、さかなの気持ちを理解するためのヒントを提供しています。また、さかなの美しさや多様性を伝えることで、さかなに対する興味や関心を高めることを目指しています。 この絵本は、さかなの気持ちを知るために、さかなの生態や行動を詳しく観察して描かれています。例えば、さかなの呼吸の仕組みや、さかなの泳ぎ方、さかなの食事の様子などが描かれています。また、さかなの気持ちを知るためには、さかなの視点で物事を考えることが大切であるというメッセージも込められています。
作品名

戦争下の少女の物語「桂子は風のなかで」

宮川ひろの児童文学の名作「桂子は風のなかで」は、戦争下の少女の物語です。主人公の桂子は、戦争で父親を亡くし、母親と弟妹と貧しい生活を送っています。ある日、桂子は空襲で家を失い、家族と離れ離れになってしまいます。桂子は、たった一人で生き延びるために、さまざまな困難に立ち向かいます。 桂子は、戦火を逃れて田舎に疎開しますが、そこでも生活は楽ではありません。桂子は、農家の手伝いをしながら、弟妹を育てなければなりません。桂子は、戦争で家族を失った悲しみを乗り越え、弟妹のために強く生きようとします。 戦争が終わり、桂子は家族と再会を果たします。しかし、戦争は桂子に大きな傷跡を残しました。桂子は、戦争で亡くなった父親のことを忘れることができず、また、戦争で離れ離れになった友達のことを思い出し、悲しみに暮れます。桂子は、戦争の残酷さを知り、平和の大切さを痛感します。 「桂子は風のなかで」は、戦争の悲惨さを訴えるとともに、戦争で傷ついた少女の心の成長を描いた感動的な物語です。宮川ひろの児童文学の名作として、今も多くの人々に読み継がれています。
作品名

テッカマンブレードの魅力

テッカマンブレードの魅力における斬新な世界観とストーリー テッカマンブレードは、1992年にテレビ放送されたロボットアニメです。その斬新な世界観とストーリーは、当時の視聴者に衝撃を与え、今でも多くのファンに愛されています。 物語の舞台は、20XX年の地球。環境汚染が深刻化し、人類は滅亡の危機に瀕していました。そこで開発されたのが、人間と機械の融合体であるテッカマンブレードです。テッカマンブレードは、強力な力を持っており、環境汚染を浄化し、人類を救うことができる唯一の存在です。 主人公の南城二は、テッカマンブレードのパイロットに選ばれた少年です。二は、テッカマンブレードに乗り込み、環境汚染と戦うことになります。二の敵は、環境汚染を引き起こしている悪の組織・スペルビアです。スペルビアは、テッカマンブレードを破壊するために、様々な怪獣やロボットを送り込んできます。 二は、スペルビアの怪獣やロボットと戦いながら、環境汚染の浄化を進めていきます。二は、仲間のテッカマンパイロットたちと協力して、スペルビアを倒し、人類を救うことに成功します。 テッカマンブレードは、斬新な世界観とストーリーで、当時の視聴者に衝撃を与えました。また、二と仲間たちの熱い戦いは、多くの視聴者の心を熱くしました。テッカマンブレードは、今でも多くのファンに愛されているアニメです。
作品名

「ドラゴンといっしょ」物語の魅力を紐解く

-物語の舞台と登場人物紹介- ドラゴンの住む世界には、多くの困難が待ち受けています。邪悪な魔女、恐ろしいモンスター、そして常に手に汗握る冒険です。しかし、ドラゴンが友達なら、どんな困難も乗り越えられることを「ドラゴンといっしょ」物語は教えてくれます。 物語の舞台は、魔法と冒険が溢れる世界です。そこには、さまざまな生き物が住んでおり、その中にはドラゴンもいます。ドラゴンは、大きな翼と鋭い爪を持った生き物で、火を吹くことができます。 物語の主人公は、男の子のトーマスです。トーマスは、ドラゴンが大好きな少年で、いつもドラゴンについての本を読んでいます。ある日、トーマスは森の中で、傷ついたドラゴンを見つけます。トーマスはドラゴンを助け、一緒に暮らすようになります。 トーマスとドラゴンは、多くの困難を乗り越えていきます。邪悪な魔女と戦ったり、恐ろしいモンスターと戦ったり、常に手に汗握る冒険を経験します。しかし、ドラゴンが友達なら、どんな困難も乗り越えられることを「ドラゴンといっしょ」物語は教えてくれます。
作品名

ほおずきまつり→ 読書感想文

「ほおずきまつり」とは、埼玉県飯能市にある天龍寺で行われる夏祭りです。毎年7月下旬から8月上旬にかけて開催され、多くの観光客が訪れます。 このお祭りの最大の特徴は、境内にあるほおずき棚にずらりと吊るされた約1万個のほおずきです。ほおずきは、提灯のように赤く美しく輝いており、幻想的な光景を作り出しています。また、会場ではほおずきを使った各種のイベントや屋台が立ち並び、多くの人々で賑わいます。 「ほおずきまつり」の起源は古く、江戸時代まで遡ります。当時、天龍寺は曹洞宗の僧侶である白隠禅師によって開山されました。白隠禅師は、ほおずきを「煩悩を払う良い薬」であると説き、人々にほおずきを栽培することを勧めました。これが「ほおずきまつり」の始まりとされています。 現在、「ほおずきまつり」は飯能市の夏の風物詩として親しまれています。毎年、多くの観光客が訪れ、ほおずきの美しさやイベントを楽しんでいます。
作品名

狐笛のかなたの魅力

狐笛のかなたの魅力作品の魅力 「狐笛のかなた」は、ファンタジーの世界を舞台にした冒険活劇で、主人公の少年・リュウが、謎の笛を手に入れたことで、様々な困難に巻き込まれていくというストーリーです。この作品の魅力は、なんといってもその壮大な世界観にあります。物語の舞台となるのは、人間の住む世界と、妖怪たちの住む世界が隣接する不思議な世界で、リュウは、この二つの世界を行き来しながら、冒険を繰り広げていきます。 また、この作品の魅力は、個性豊かなキャラクターたちにもあります。リュウは、正義感が強く、勇敢な少年で、仲間たちを大切にする心を持っています。ヒロインのユリは、リュウのことを想う優しい少女で、リュウの冒険を支えていきます。そして、リュウとユリの前に立ちはだかる敵キャラクターたちも、それぞれに魅力的なキャラクターとして描かれています。 「狐笛のかなた」は、壮大な世界観、個性豊かなキャラクター、そしてスリリングな展開が魅力の作品です。読者を最後まで飽きさせず、夢中にしてくれるでしょう。
作品名

ルドルフといくねこくるねこ

ルドルフとはどんな猫? ルドルフは、人気絵本シリーズ「ルドルフといくねこくるねこ」に登場する主人公の猫です。青い帽子をかぶり、赤いスカーフを巻き、好奇心旺盛で冒険好きな性格の猫です。ルドルフはいつも仲間の猫たちと一緒に、街中を駆け巡り、さまざまな冒険を繰り広げています。 ルドルフの誕生日は1987年1月1日とされており、日本の漫画家である土田よしみが彼を生み出しました。土田よしみはルドルフ以外にも、たくさんの猫のキャラクターを生み出しており、その作品は世界中で愛されています。 ルドルフの特徴は、なんといってもそのユニークな容姿です。青い帽子、赤いスカーフ、そして大きな瞳は、一度見たら忘れられないインパクトがあります。また、ルドルフは好奇心旺盛で冒険好きな性格も魅力のひとつです。いつも仲間の猫たちと一緒に、街中を駆け巡り、さまざまな冒険を繰り広げています。 ルドルフは、そのユニークな容姿と性格で、世界中の人々に愛されています。ルドルフが登場する絵本シリーズは、日本だけでなく、海外でも翻訳され、多くの人に読まれています。また、ルドルフはアニメ化もされており、その人気はますます高まっています。
作品名

「こねこムーのおくりもの」の魅力

「愛らしい主人公こねこムー」 「こねこムーのおくりもの」の主人公こねこムーは、丸くてふわふわとしたシルエット、きらきらと輝く大きな瞳、くるんと上がった口元が特徴的な、愛らしい子ねこです。ムーは好奇心旺盛で甘えん坊な性格で、いつも新しい冒険を探しています。 ムーは、小さな町にあるおじいさんの家で暮らしています。おじいさんは、ムーのことをとてもかわいがっていて、いつも一緒に遊んだり、おいしいご飯をあげたりしています。ムーも、おじいさんのことが大好きで、いつもおじいさんのそばにいます。 ある日、ムーはいつものように町を冒険していると、森の中で迷子になってしまいました。ムーは怖くて泣き出してしまいましたが、そこへ一匹のウサギが現れました。ウサギは、ムーを慰めてくれて、おじいさんの家まで案内してくれました。ムーは、ウサギに感謝して、森の中で見つけたどんぐりをお礼に渡しました。 ムーが家に帰ると、おじいさんはムーを心配していましたが、ムーが無事に戻ってきたことを喜びました。おじいさんとムーは、一緒にどんぐりを使ってケーキを作りました。ケーキはとてもおいしくて、おじいさんもムーも大喜びでした。 ムーは、おじいさんの家で幸せに暮らしています。ムーは、おじいさんのことを大切に思っていて、いつもおじいさんのために何かをしたいと思っています。ムーの愛らしい姿と優しさに、おじいさんも町の人々もメロメロです。
作品名

お江戸の百太郎シリーズ⑥「乙松、宙に舞う」

シリーズ完結編「乙松、宙に舞う」のあらすじ 最後に残った難題は、美しい娘・お咲を人質に取られ、囚われた八五郎を救い出すこと。そして、この事件の黒幕である大工・加納孫右衛門を一網打尽にすること。頭領の百太郎は、たった一人きりとなった乙松に、この大役を託した。 乙松は、八五郎を救出するため、孫右衛門が潜伏している屋敷へと向かった。そこで乙松は、孫右衛門の手下達と激闘を繰り広げた末、ついに八五郎を救い出すことに成功する。そして、そのまま孫右衛門を追いかけ、決着を付けるべく闘いを挑んだ。 一方、百太郎は、孫右衛門の屋敷に火をかけ、孫右衛門とその一味を屋敷から追い出した。そして、乙松が孫右衛門と闘っている間に、孫右衛門の屋敷に隠されていたお咲を助け出した。 乙松は、激闘の末、ついに孫右衛門を倒した。そして、百太郎やお咲たちと合流して、彼らと共に江戸の街へと戻っていった。こうして、江戸の街に平和が戻ってきた。
作品名

からすがカアカア鳴いているとは

「からすがカアカア鳴いているとは」の作品概要 「からすがカアカア鳴いているとは」は、高村光太郎が1922年に発表した詩です。この詩は、詩人が街を歩いているときに見た、からすの群れが鳴いているのを見て、それをきっかけに、人生の無常と孤独について考えたことを歌っています。 この詩は、5つの連からなり、各連は4行で構成されています。1連目は、詩人が街を歩いているときに見上げる空でからすの群れが鳴いているのを見て、その鳴き声が「カアカア」と聞こえてきたことを歌っています。2連目は、詩人がからすの鳴き声を聞きながら、人生の無常と孤独について考えをめぐらせていることを歌っています。3連目は、詩人がからすの鳴き声を聞いて、人生の無常と孤独を悲しみ、涙を流すことを歌っています。4連目は、詩人がからすの鳴き声を聞いて、人生の無常と孤独を受け入れ、それを乗り越えていくことを歌っています。5連目は、詩人がからすの鳴き声を聞きながら、人生の無常と孤独を悟り、それを受け入れて生きることの大切さを歌っています。 この詩は、詩人の人生観や世界観を反映した作品であり、詩人の代表作のひとつとして知られています。
作品名

みずいろのながぐつってどんな絵本?

絵本作家・もりひさしの代表作 絵本作家・もりひさしは、1938年、岩手県に生まれました。1971年に絵本『こねこのピート』でデビュー。以来、数多くの絵本を発表し、国内外で高く評価されています。 もりひさしの作品は、ユーモラスで温かみのある絵柄と、子どもたちの日常をありのままに描いたストーリーが特徴です。代表作のひとつである『みずいろのながぐつ』は、1977年に出版され、ロングセラーとなっています。 この絵本は、みずいろのながぐつを履いた女の子・ももこが、かえるのボートに乗って、不思議な世界を旅する物語です。ももこは旅の途中で、さまざまな動物たちと出会い、友情を育んでいきます。 『みずいろのながぐつ』は、子どもたちの好奇心や冒険心を育む絵本として、多くの人に愛されています。また、その美しい絵柄は、大人たちからも高い評価を受けています。
作品名

「夏休みだけ探偵団・二丁目の犬小屋盗難事件」徹底解説!

「夏休みだけ探偵団・二丁目の犬小屋盗難事件」は、夏休み中に犬小屋が盗まれた事件を解決するために結成された探偵団の活躍を描いたストーリーです。物語は、夏休み初日に犬小屋が盗まれたという知らせを受けた主人公の少年少女たちが、探偵団を結成して事件を解決しようとするところから始まります。 探偵団は、犬小屋が盗まれた現場を調べ、犬小屋の持ち主である老夫婦に話を聞いたり、近所の人々に聞き込みをしたりするなど、事件の真相を探ろうとします。しかし、犬小屋が盗まれた動機や犯人の手掛かりはなかなか見つかりません。 探偵団は、事件の解決に苦戦しながらも、諦めずに調査を続けます。そしてついに、ある出来事をきっかけに犯人が誰なのかが判明します。犯人は、犬小屋の持ち主である老夫婦の隣に住む少年でした。少年は、犬小屋を盗んだのは自分だと自供し、その動機も明らかになります。 少年は、老夫婦の犬がいつも自分の家の庭に入ってきて、自分の飼い犬に吠えかかったり、庭を汚したりすることに腹を立てていました。そこで、犬小屋を盗んで犬を家から追い出そうとしたのです。少年は、自分の行為を反省し、老夫婦に謝罪しました。そして、老夫婦は少年を許し、犬小屋も無事に返ってきました。
作品名

トンネル山の子どもたち:昭和10年代の横浜下町を描いた児童文学の名作

-長崎源之助氏の受賞作、その魅力とは?- 昭和10年代の横浜下町を舞台にした児童文学の名作「トンネル山の子どもたち」は、同題で映画化もされており、放送禁止用語の使用やヘイトスピーチへの批判が相次いでいる。しかし、長崎源之助氏の受賞作としてその魅力は不変であり、戦後70年以上にわたって読み継がれている。 この小説は、貧しくともたくましく生きる下町の子どもたちの姿を描き、その生命力と連帯感に感動させられる。また、宮川一家がトンネル山という児童文学の舞台として適した場所であるということが、小説の構成、テーマ、人物造形の各方面から見て取れる。 さらに、当時の社会情勢を背景に、貧困や差別などの問題にも触れており、社会派児童文学としても評価が高い。まさに、普遍性・普遍性・教訓性の三拍子揃った児童文学の傑作なのである。
作品名

だるまちゃんと雷の友情

だるまちゃんの不思議な出会い ある日、だるまちゃんは森を散歩していた。すると、突然空が黒くなり、雷が鳴り始めた。だるまちゃんはびっくりして、木の下に隠れた。すると、その木に雷が落ちて、だるまちゃんは気を失ってしまった。 だるまちゃんが目を覚ますと、そこは不思議な世界だった。そこは、雲でできた床と、雷でできた木が生えている場所だった。そして、そこには一匹の雷がいた。 雷は、だるまちゃんを見て、「ようこそ、ここは雷の世界だ」と言った。だるまちゃんは、雷の世界に来たことを知って驚いた。 雷は、「私は、雷様だ。お前を助けてくれたのは私だ」と言った。だるまちゃんは、雷様に感謝した。 雷様は、「お前は、私の友達になってくれるか」と聞いた。だるまちゃんは、「もちろんです」と答えた。 だるまちゃんと雷様は、友達になった。二人は、一緒に雷の世界を探検した。そして、二人は、とても仲良くなった。