劇作家

有名人の名前

ちかもんくんについて

ちかもんくんのプロフィール ちかもんくんは、埼玉県草加市の公式キャラクターです。草加市の特産品である「草加せんべい」をモチーフにしており、名前は「せんべい」と「モンスター」を掛け合わせています。 ちかもんくんは、2003年に開催された「草加市制施行40周年記念式典」で初めて登場しました。以来、草加市のイベントなどに出演し、市民に親しまれています。また、ちかもんくんは、草加市のPRキャラクターとしても活躍しており、各地で草加市の魅力を発信しています。 ちかもんくんは、頭がせんべいで、体は緑のモンスターです。大きな目と口がチャームポイントで、いつも笑顔を絶やしません。性格は明るく元気で、誰とでも仲良くなることができます。また、ちかもんくんは、正義感が強く、困っている人を見かけると、すぐに助けに入ります。 ちかもんくんは、草加市のマスコットキャラクターとして、市民に愛されています。また、ちかもんくんは、草加市のPRキャラクターとしても活躍しており、各地で草加市の魅力を発信しています。今後も、ちかもんくんは、草加市の発展に貢献してくれることでしょう。
その他

「微苦笑忌」を知っていますか?

「微苦笑忌」とは、昭和を代表する文豪、太宰治の命日である6月13日を偲ぶ毎年恒例のイベントです。太宰治は1948年6月13日に39歳の若さで亡くなり、その死は多くのファンに衝撃を与えました。彼の死因は自殺とされていますが、その真相は未だに謎に包まれています。 「微苦笑忌」という名称は、太宰治の作品にちなんで名づけられました。太宰治は、自分の作品の中でしばしば「微苦笑」という言葉を使っていました。この言葉は、人生の悲哀をユーモアを交えて表現したもので、太宰治の作風にぴったりの言葉です。 「微苦笑忌」は、太宰治のファンが集まって、彼の作品を朗読したり、太宰治について語ったりするイベントです。また、太宰治が亡くなった場所である東京都三鷹市にある太宰治文学サロンでは、毎年「微苦笑忌」に合わせて特別イベントが行われています。
芸能人の名前

劇団こまつ座:演劇史に名を刻む劇作家・井上ひさし主宰の劇団

劇作家・井上ひさし主宰で誕生した劇団こまつ座 劇団こまつ座は、1966年(昭和41 年)に劇作家・井上ひさしを主宰として誕生した劇団です。井上ひさしは、劇団こまつ座の旗揚げメンバーであり、1996年(平成8年)に他界するまで、劇団の代表を務めました。井上ひさしは、日本で最も優れた劇作家の1人とされており、その作品は、国内外で上演され、高く評価されています。 劇団こまつ座は、井上ひさしの作品を中心に上演しており、その作品は、社会問題や人間の心理などを鋭く描いたものが多いです。井上ひさしの作品は、その独創的な発想と巧みな言葉遣いで知られており、劇団こまつ座は、井上ひさしの作品の持つ魅力を存分に表現しています。 劇団こまつ座は、その高い演技力と演出力で知られており、国内外で高い評価を受けています。劇団こまつ座は、これまでに数多くの演劇賞を受賞しており、その中でも、1992年(平成4年)に受賞した、文化庁芸術祭賞大賞は、劇団こまつ座の功績を称えるものとして、特に大きな意味を持っています。 劇団こまつ座は、井上ひさしの作品を上演する劇団として、日本の演劇界において重要な役割を果たしています。井上ひさしの作品は、日本の社会や文化を反映したものであり、その作品を上演することで、劇団こまつ座は、日本の演劇界の発展に大きく貢献しています。
作品名

つかこうへいの評伝「つかこうへい正伝1968-1982」の魅力

2015年に刊行された「つかこうへい正伝1968-1982」は、劇作家・演出家・俳優として活躍したつかこうへいの評伝である。著者は、つかこうへいと同じ劇団に所属していた劇作家の鴻上尚史である。 本書は、つかこうへいの生い立ちから、劇作家としてデビューするまでの軌跡をたどっている。つかこうへいは、1949年に東京都に生まれた。早稲田大学在学中に、劇団「青年劇場」に入団。1971年に、つかこうへいの代表作の一つである「熱海殺人事件」を発表。この作品は、大きな話題を呼び、つかこうへいは一躍、注目を集める劇作家となった。 本書では、つかこうへいの創作活動だけでなく、私生活についても触れている。つかこうへいは、酒とタバコを愛し、豪快な性格で知られていた。また、女性にもモテ、数多くの恋愛遍歴を持っている。 「つかこうへい正伝1968-1982」は、つかこうへいの魅力を余すところなく伝えた一冊である。つかこうへいのファンはもちろん、演劇に興味のある人にもお勧めの本である。
作品名

イキウメの魅力を徹底解剖

イキウメの魅力とは? イキウメは、2003年に旗揚げされた日本の劇団です。劇団名は、ギリシャ語で「生命」を意味する「イキ」と、日本語で「夢」を意味する「ユメ」を組み合わせたものです。イキウメの作品は、現代社会のリアルな問題を題材にしたものが多く、その鋭い洞察力と普遍的なメッセージで、多くの観客から支持されています。 イキウメの魅力の一つは、その演出力にあります。イキウメの公演は、大胆な演出と緻密な台本が組み合わされており、観客に強いインパクトを与えます。また、イキウメの舞台は、小劇場から大劇場まで幅広く、その規模に応じて最適な演出がなされています。 イキウメの魅力のもう一つは、その俳優陣にあります。イキウメには、実力派の俳優が揃っており、その演技力は折り紙付きです。また、イキウメの俳優陣は、作品ごとに異なる役柄を演じ分けることができ、その高い演技力が、イキウメ作品の質を支えています。
作品名

「ザ・寺山」とは何か

-劇団流山児★事務所による記念公演- 劇団流山児★事務所は、寺山修司の劇団「演劇体験室・万有引力」の元研究生による劇団。1987年に結成され、以降、毎年公演を行っている。劇団の公演は、寺山の戯曲やその戯曲にインスパイアされて作られた戯曲を上演する「本公演」と、演劇、舞踊、音楽、映像などの複数のジャンルが融合した「企画公演」の2種類に分かれる。 2017年は、寺山修司の生誕80周年を記念する公演が行われた。本公演では、寺山の戯曲「青年期」が上演され、企画公演では、寺山の短編小説や詩を題材にした舞踊や演劇などが披露。演劇、舞踊、音楽、映像など様々なジャンルが融合した、寺山修司の作品の世界を堪能できる公演となった。
作品名

鏡花忌-日本の伝統と文学の美しさに触れる日

鏡花忌とは、小説家泉鏡花の命日を偲ぶ行事である。泉鏡花は、1873年(明治6年)に石川県金沢市に生まれ、1939年(昭和14年)に65歳で死去した。日本の近代文学を代表する作家の一人であり、幻想的な作風で知られている。鏡花忌は、毎年9月30日に鏡花の墓所がある石川県金沢市の卯辰山で執り行われる。鏡花忌には、鏡花の遺族や地元の文化人、文学ファンなど多くの人が参列する。鏡花忌では、鏡花の墓前に献花が行われ、鏡花の作品が朗読される。また、鏡花の功績を称える講演会やシンポジウムなども開催される。鏡花忌は、日本の伝統と文学の美しさに触れることができる貴重な機会である。
作品名

加藤直の戯曲「アメリカ」とは

小見出し「「アメリカ」の概要」 加藤直の戯曲「アメリカ」は、1924年に発表された戯曲であり、アメリカ人の生活様式を写実的に描いた作品として知られています。 主人公は、アメリカ人の大学生であるジョン・スミスです。ジョンは、大学を卒業後、銀行に就職し、順調にキャリアを積んでいきますが、やがて仕事のプレッシャーに耐えられなくなり、退職してしまいます。その後、ジョンは、アメリカ各地を放浪し、さまざまな人々と出会い、アメリカ社会の現実を目の当たりにすることになります。 「アメリカ」は、アメリカ社会の光と影をリアルに描いた作品として評価されており、日本近代演劇史における重要な作品のひとつとされています。
作品名

「現代の青春論」を読み解く

寺山修司によるエッセイ集『家出のすすめ』は、1970年に刊行された作品である。このエッセイ集は、寺山が自身の体験や思想を基に、若者たちに「家出」を勧める内容となっている。寺山は、家出をすることで若者たちは初めて「自由」を手に入れることができると主張する。家出をすることで、若者たちは親や教師、社会の常識や価値観から解放され、自分自身の人生を生きることができるようになる。しかし、寺山は家出を勧める一方で、家出をすることは容易なことではないことも認めている。家出をすることで、若者たちは貧困や犯罪、暴力などの危険にさらされることになる。また、家出をすることで、若者たちは家族や友人との関係を断ち切ることにもなる。寺山は、家出をするかどうかは、若者自身が最終的に決断すべきことであると述べている。 『家出のすすめ』は、寺山の思想や生き方が凝縮された作品である。このエッセイ集は、若者たちに「自由」とは何か、「自分らしく生きる」とはどういうことかを考えさせる作品となっている。
作品名

「埒もなく汚れなく」

作者・演出は、瀬戸山美咲。彼女の作品は、常に「境界線」や「枠組み」といった概念を追求しており、今回の作品も例外ではない。舞台は、どこかの片隅にある小部屋。そこに集まったのは、年齢や性別、職業もバラバラな5人の男女。彼らは、それぞれが抱える問題や悩みを抱えながら、この部屋で出会い、交流していく。 瀬戸山美咲は、本作において、キャラクターたちの個性を鮮やかに描き出すことに成功している。5人の男女は、それぞれが独自の価値観を持ち、考え方や生き方も異なる。しかし、彼らは皆、同じようにこの部屋に集まり、互いに交流することで、少しずつ変化していく。 瀬戸山美咲の作品は、常に社会の暗部や人間の心の闇を鋭く見つめてきた。本作においても、彼女は社会問題や人間関係の難しさといったテーマに正面から向き合っている。しかし、彼女の作品は決して暗いだけではない。そこには、希望の光が差し込んでいる。本作においても、5人の男女が互いに支え合いながら、前に進んでいく姿が描かれている。
作品名

劇団「岡部企画」の魅力

劇団「岡部企画」の魅力は、その独特の世界観と、役者が織りなす迫真の演技にあります。特に、「精霊流し」と「鬼火」は、岡部企画の代表作として知られており、その人気は衰えることがありません。 「精霊流し」は、死んだ女の魂が、この世に未練を残し、彷徨う様子を描いた作品です。柔らかく美しい音楽と、幻想的な舞台装置が、見る者の心に深い印象を残します。また、「鬼火」は、家出した少年と、彼を追いかける母親の物語です。鬼火に導かれながら、少年と母親は、様々な人と出会い、様々な体験をします。やがて、少年は母親と再会し、二人は和解します。 岡部企画の魅力は、その世界観の美しさだけではありません。役者が織りなす迫真の演技も、岡部企画の魅力のひとつです。岡部企画の役者は、全員が演技に情熱を注いでおり、舞台の上で全身全霊で演じます。その演技は、見る者の心を揺さぶり、感動させます。 岡部企画は、その独特の世界観と、役者が織りなす迫真の演技で、多くのファンを魅了しています。今後も、岡部企画は、その魅力的な作品で、多くの人々を楽しませ続けることでしょう。
モノの名前

ジョージ・バーナード・ショー:筆記具の巨匠

モンブランを象徴する傑作 ジョージ・バーナード・ショーは、筆記具の世界においてその名を知らない人はいないと言っても過言ではないほど、モンブランのアイコン的存在と言える逸品です。その誕生は、1924年。モンブランの創立者であるクラウス・ヨナスが、イギリスの文豪ジョージ・バーナード・ショーの講演を聴いたことに端を発します。ショー氏は、講演の中で「筆記具は、単なる道具ではなく、芸術品であるべきだ」と語りました。この言葉に感銘を受けたヨナスは、最高の筆記具を作ることを決意し、ジョージ・バーナード・ショーの名前を冠した筆記具の開発に取り掛かりました。 こうして生まれたのが、ジョージ・バーナード・ショーです。この筆記具は、その名の通りショー氏が愛用した筆記具であるパーカー51をモデルにしていますが、より高級感と耐久性のある素材を使用し、細部までこだわり抜いて作られています。ボディはブラックレジン製で、キャップにはスターリングシルバーやゴールドが使用されています。また、ペン先は18金の職人が手作業で研磨しており、滑らかな書き心地を実現しています。 発売以来、ジョージ・バーナード・ショーは、その洗練されたデザインと優れた性能で世界中の多くの人々に愛されてきました。特に、政治家や実業家など、社会的地位の高い人々に人気があります。また、ギフトとして贈られることも多く、モンブランの中でも最も人気のある筆記具の一つとなっています。 ジョージ・バーナード・ショーは、モンブランの伝統と技術を結集した傑作であり、モンブランを代表する筆記具です。その洗練されたデザインと優れた性能は、多くの人々を魅了し続けています。