劇団櫂

作品名

「黒念仏殺人事件」の魅力と背景

「黒念仏殺人事件」とは、1978年10月に発覚した、津山30人殺しのことである。犯人は、当時58歳の元炭鉱労働者、小平義雄。小平は、日蓮宗の僧侶であり、黒念仏を唱えていたため、「黒念仏殺人事件」と呼ばれるようになった。 小平は、1978年10月1日に、岡山県津山市内の民家で、70代の夫婦を殺害。その後、10月4日に、別の民家で、60代の夫婦と50代の息子を殺害。さらに、10月6日には、別の民家で、70代の夫婦と50代の娘を殺害した。 小平は、殺害した被害者の遺体を、自宅近くの山中に埋めていた。警察は、10月12日に、小平の自宅を捜索し、遺体を発見した。小平は、翌13日に逮捕された。 小平は、取り調べに対し、犯行を認めた。小平は、日蓮宗の僧侶であり、黒念仏を唱えていた。小平は、黒念仏は、悪霊を払うことができると信じており、殺害した被害者は、悪霊に取り憑かれていたと考えていた。 小平は、1980年に、岡山地裁で死刑判決を受けた。小平は、1983年に、最高裁で死刑判決が確定した。小平は、1989年に、岡山刑務所で死刑執行された。
作品名

「赤いオルフェ」の魅力を紐解く~物語と劇団櫂

「情熱の焰が燃えるラブストーリー」 「赤いオルフェ」は、官能的な美しさを持つ妻を亡くしたオルフェが、愛を取り戻すために冥界へと旅をする物語です。冥界では、オルフェは様々な困難に遭いながらも、妻への愛と情熱を貫き通します。オルフェの情熱は、冥界の王である冥王ハデスをも動かし、最終的に妻を蘇らせることに成功します。 「赤いオルフェ」は、そのストーリーの美しさから、世界中で愛されるミュージカルです。また、情熱的な音楽とダンスも魅力のひとつです。劇団櫂による「赤いオルフェ」は、そんな作品の魅力を余すことなく伝えてくれる舞台です。 劇団櫂の「赤いオルフェ」は、2019年に初演された舞台です。その舞台は、情熱と官能に満ちた世界です。オルフェと妻の踊りや、冥界の王との対決シーンは、観客を魅了します。また、劇団櫂による「赤いオルフェ」は、音楽の美しさも魅力のひとつです。オルフェが亡き妻を偲んで歌う「サンバ・デ・オルフェ」は、その美しさと切なさに胸を打つ名曲です。 劇団櫂の「赤いオルフェ」は、そのストーリーの美しさ、情熱的な音楽とダンス、そして音楽の美しさで、観客を魅了する舞台です。