劇団THE・ガジラ

作品名

ピースデーを知ろう!国連の定める国際デー

ピースデーとは、毎年9月21日に制定されている、世界平和を祈念する国際デーです。国連加盟193カ国で実施されており、人種や宗教、国籍に関係なく、世界中の人々が平和について考え、話し合う日となっています。 ピースデーは、「世界平和の日」として1981年に国連が定めた記念日です。「人類の団結」をテーマとしており、世界中の紛争や暴力の終結、平和の構築を呼びかけています。ピースデーは、国連加盟国だけでなく、多くの民間団体や個人も参加しています。ピースデーには、世界各地でさまざまなイベントが行われます。コンサートや集会、シンポジウムなどが開催され、平和の重要性や平和を達成するための方法について話し合われます。また、ピースデーには、平和の象徴である白い鳩の放出や、平和の祈りを捧げるイベントなども行われます。
作品名

仮釈放 – 日本演劇の魅力

-吉村昭の小説を原作とする演劇- 吉村昭は、戦後日本を代表する小説家の一人であり、その作品は数多くの演劇に翻案されています。吉村昭の小説は、人間の内面を深く描いた人間ドラマが多いのが特徴で、演劇として上演される際には、俳優の演技力や演出家の力量が問われることになります。 吉村昭の小説を原作とする演劇の中で、特に有名なのは『海燕』でしょう。『海燕』は、日露戦争時の旅順攻囲戦を舞台にした小説で、戦争の悲惨さと人間の愚かさを描いた作品です。この小説は、何度か演劇化されており、いずれも高い評価を得ています。 また、吉村昭の小説を原作とする演劇としては、『赤い月』も有名です。『赤い月』は、昭和初期の東京を舞台にした小説で、貧困や差別と闘う人々の姿を描いた作品です。この小説も、何度か演劇化されており、いずれも高い評価を得ています。 吉村昭の小説を原作とする演劇は、いずれも人間の心の奥底に迫る作品ばかりです。これらの演劇を観ることで、人間の本質について考えさせられるきっかけになることでしょう。
作品名

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都の魅力

新撰組の男たちの生き様  新選組は、幕末の動乱期に活躍した京都守護職配下の特別警察組織である。その隊士たちは、尊皇攘夷を掲げ、数々の功績を挙げた。中でも、局長を務めた近藤勇は、その武勇で知られ、隊士たちからは「鬼の近藤」と呼ばれた。また、副長を務めた土方歳三は、その冷徹な判断力と、隊士たちへの人望で知られた。彼らは、幕府の崩壊とともに散り散りになったが、その生き様は、現在でも多くの人の心を惹きつけている。  新選組の隊士たちは、幕末の動乱期に、尊皇攘夷を掲げ、数々の功績を挙げた。その中でも、局長を務めた近藤勇は、その武勇で知られ、隊士たちからは「鬼の近藤」と呼ばれた。また、副長を務めた土方歳三は、その冷徹な判断力と、隊士たちへの人望で知られた。彼らは、幕府の崩壊とともに散り散りになったが、その生き様は、現在でも多くの人の心を惹きつけている。  新選組の隊士たちの生き様は、現代人にとって、多くのことを教えてくれる。彼らは、逆境に屈することなく、自分の信念を貫き通した。その生き方は、私たちに勇気を与え、希望を与えてくれる。また、彼らは、武士道の精神を重んじ、義理人情に厚かった。その生き方は、私たちに、人間として大切なことを教えてくれる。
作品名

「tatsuya~最愛なる者の側へ~」とは?

「tatsuya~最愛なる者の側へ~」は、2005年に発売された恋愛シミュレーションゲームです。プレイヤーは主人公の立花龍也となり、ヒロインの草薙弥生、朝比奈咲、藤宮香織の3人の中から恋人を選び、恋愛関係を築いていきます。 ゲームの舞台は、架空の街「桜花市」。龍也は桜花市に住む高校生で、ある日、公園で行き倒れていた弥生と出会います。弥生は龍也に助けられ、龍也の家に居候することになります。 弥生は、活発で明るい性格の女の子。龍也は弥生と一緒にいるうちに、次第に彼女に惹かれていきます。しかし、弥生にはある秘密があり、その秘密が2人の関係を揺るがしていきます。 咲は、龍也の幼なじみの女の子。咲は、龍也のことが大好きで、龍也に告白します。龍也は咲の告白に戸惑いますが、最終的には咲と恋人関係になります。 香織は、龍也のクラスメートの女の子。香織は、クールでミステリアスな性格の女の子。龍也は香織に惹かれ、彼女に告白します。香織は龍也の告白を受け入れ、2人は恋人関係になります。 ゲームは、龍也と3人のヒロインとの恋愛模様をメインにストーリーが展開していきます。恋愛以外にも、龍也の家族や友人たちとの交流、学校生活など、様々なイベントが発生します。プレイヤーは、龍也の行動を選択することで、ゲームのストーリーを変化させていくことができます。