北海道旭川市

施設名・ロケ地

旭川市旭山動物園:自然な姿の動物たちと出会える北海道の人気観光スポット

旭山動物園の歴史と特徴 旭川市旭山動物園は、北海道旭川市にある動物園です。1967年(昭和42年)に開園し、2022年には開園55周年を迎えました。 旭山動物園は、自然な姿の動物たちに出会える動物園として知られており、北海道の観光スポットのひとつとして人気を集めています。動物の行動生態を重視した展示方法や、動物たちが自然な環境で生活できるように工夫を凝らした展示施設が特徴です。旭山動物園は、国内外から多くの観光客が訪れる人気の動物園です。 旭山動物園は、1967年(昭和42年)に開園しました。開園当時は、まだ動物の種類も少なく、規模も小さかったです。しかし、1990年代以降、動物の種類を増やしたり、展示施設を充実させたりするなど、動物園の整備が進められました。そして、2000年代初頭には、動物の行動生態を重視した展示方法、動物たちが自然な環境で生活できるように工夫を凝らした展示施設などが話題となり、旭山動物園は全国的に有名になりました。 旭山動物園の特徴のひとつは、動物の行動生態を重視した展示方法です。旭山動物園では、動物たちが自然界で生活しているかのように行動できるように、展示施設が工夫されています。例えば、ライオンの展示施設は、岩場や木立を再現しており、ライオンたちが岩場で日光浴をしたり、木立の中で休んだりしている様子を見ることができます。また、オオカミの展示施設は、森を再現しており、オオカミたちが森の中を走り回ったり、獲物を狙ったりしている様子を見ることができます。旭山動物園の展示方法は、動物たちの自然な姿を間近で見ることができるため、来園者から好評です。 旭山動物園の特徴のもうひとつは、動物たちが自然な環境で生活できるように工夫を凝らした展示施設です。旭山動物園の展示施設は、動物たちがストレスを感じないように配慮して設計されています。例えば、アムールトラの展示施設は、広い運動場と水浴び場が設けられており、アムールトラが思いっきり走り回ったり、水浴びをしたりすることができるようになっています。また、ペンギンの展示施設は、プールと岩場が設けられており、ペンギンたちがプールで泳いだり、岩場で休んだりすることができるようになっています。旭山動物園の展示施設は、動物たちが快適に生活できるように工夫されており、来園者からも好評です。
モノの名前

旭豆の秘密

旭豆の誕生 旭豆は、1917年(大正6年)に、京都市左京区岩倉にある、日本最古の豆菓子屋である「虎屋吉信」の初代当主である吉信増蔵によって誕生しました。吉信増蔵は、豆菓子の製造に情熱を注いでおり、豆菓子の新たな可能性を模索していました。 ある日、吉信増蔵は、自家製の醤油に豆を漬け込んでみたところ、豆が醤油の旨味を吸い込み、とても美味しくなっていることに気がつきました。吉信増蔵は、この豆を「旭豆」と名付け、販売することにしました。旭豆は大好評を博し、虎屋吉信の看板商品となりました。 旭豆は、一般的な豆菓子とは異なり、醤油に漬け込んであるため、甘辛い味が特徴です。また、豆の表面がカリッとしていて、中はホクホクとした食感です。旭豆は、お茶請けやお酒のおつまみとして最適です。
モノの名前

旭川しょうゆ焼きそばの魅力と作り方

旭川しょうゆ焼きそばの特徴 旭川しょうゆ焼きそばは、北海道旭川市を代表するグルメとして知られ、地元の人々から愛されているご当地焼きそばです。旭川しょうゆ焼きそばの特徴は、そのコクのあるソースにあります。ソースは、醤油ベースのたれに、豚ガラや鶏がらで取ったスープ、野菜や果物の旨味を加えて作られます。また、旭川しょうゆ焼きそばには、モヤシやキャベツなどの野菜がたっぷり入っています。野菜のシャキシャキとした食感と、ソースの濃厚な味わいが、絶妙なハーモニーを奏でます。麺は、中太の縮れ麺を使用するのが一般的です。縮れ麺は、ソースをよく絡めてくれるため、食べ応えがあります。旭川しょうゆ焼きそばは、ソースの濃厚な味わい、野菜のシャキシャキとした食感、そして麺の食べ応えが特徴の、旭川を代表するご当地グルメです。
施設名・ロケ地

「旭川大雪アリーナ」の魅力と活用方法

「旭川大雪アリーナ」の概要と特徴 旭川大雪アリーナは、北海道旭川市にある屋内スケートリンクです。1994年1月に開館し、以来、スピードスケート、アイスホッケー、カーリングなどの冬季スポーツの大会やイベントが開催されています。 アリーナは、メインアリーナとサブアリーナの2つのリンクがあり、メインアリーナは400mトラックのスピードスケートリンク、サブアリーナは30m×60mのアイスホッケーリンクとなっています。また、アリーナ内には、トレーニングルーム、ロッカールーム、会議室などの施設も備えられています。 旭川大雪アリーナの特徴は、何といってもそのスピードスケートリンクです。メインアリーナは、400mトラックのスピードスケートリンクとしては、国内最速のリンクのひとつとされており、多くのトップスケーターが練習や大会のために訪れます。また、サブアリーナは、アイスホッケーリンクとしては国内最大級のリンクのひとつであり、アイスホッケーの試合やイベントが盛んに行われています。 旭川大雪アリーナは、冬季スポーツの拠点としてだけでなく、市民の憩いの場としても利用されています。アリーナ内には、スケートリンクだけでなく、レストランや売店、キッズコーナーなどがあり、家族連れやカップルで楽しむことができます。また、アリーナ周辺には、ホテルや温泉があり、宿泊や観光にも便利です。 旭川大雪アリーナは、冬季スポーツを楽しむには最適な場所です。スケートリンクはもちろん、各種スポーツ施設や飲食店など、充実した施設が整っています。また、アリーナ周辺には、ホテルや温泉があり、宿泊や観光にも便利です。旭川を訪れた際は、ぜひ旭川大雪アリーナに足を運んでみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

イオンモール旭川西徹底ガイド

旭川西イオンの店舗やグルメを紹介 旭川西イオンは、北海道旭川市にあるショッピングモールです。イオンモール旭川西は、地上4階、地下1階建てのショッピングモールで、約150の専門店が入居しています。1階には、食品スーパーのイオンフードスタイルや、ドラッグストアのイオン薬局、100円ショップのダイソーなど、生活必需品のお店が充実しています。2階には、ファッション、雑貨、生活用品など幅広いジャンルの専門店が揃っています。3階には、フードコート、レストラン、ゲームセンター、映画館など、家族で楽しめる施設が充実しています。4階には、スポーツクラブ、フィットネスクラブ、カラオケなど、健康や美容に気を遣う方におすすめの施設が入居しています。 イオンモール旭川西のグルメは、フードコートやレストランが充実しています。フードコートには、ラーメン、そば、うどん、カレー、中華、洋食など、さまざまなジャンルの飲食店が入居しています。レストランは、和食、洋食、中華、イタリアンなど、幅広いジャンルの料理を楽しむことができます。また、旭川西イオンには、カフェやスイーツ店も充実しています。カフェでは、コーヒーや紅茶、ケーキを楽しむことができます。スイーツ店では、ケーキ、ドーナツ、パンなど、さまざまなスイーツを楽しむことができます。
モノの名前

「トマスコ」とは?

「トマスコ」の原材料と製法 「トマスコ」とは、トマトを主原料とした加工食品のことです。トマトをすりつぶしたり、ピューレ状にしたりしたものを濃縮して作られます。「トマスコ」は、トマトの栄養素を凝縮した食品であり、トマトに含まれるリコピンやビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。 「トマスコ」の原材料は、主にトマトです。トマトは、世界各地で栽培されており、品種は数多く存在します。「トマスコ」を作るには、主に完熟したトマトを使用します。完熟したトマトは、糖度が高く、酸味が少なく、甘みのある「トマスコ」を作るのに適しています。 「トマスコ」の製法は、トマトをすりつぶしたり、ピューレ状にしたりして濃縮するプロセスを経て作られます。まず、トマトは洗浄され、ヘタや種を取り除かれます。その後、トマトはすりつぶしたり、ピューレ状にしたりされます。すりつぶしたり、ピューレ状にしたトマトは、次に濃縮されます。濃縮とは、トマトから水分を除去するプロセスです。濃縮されたトマトは、ペースト状になります。ペースト状になったトマトは、必要に応じて調味料や香辛料を加えて味付けされます。味付けされたトマトペーストは、容器に詰められ、「トマスコ」として販売されます。
施設名・ロケ地

旭川市大雪クリスタルホールの魅力を徹底解剖!

大雪クリスタルホールの歴史と背景 旭川市大雪クリスタルホールは、北海道旭川市にあるコンサートホールです。1998年(平成10)年に開館し、以来、数々のコンサートやイベントが開催されてきました。 大雪クリスタルホールは、旭川市の都市部活性化の一環として建設されました。当時、旭川市は人口減少と経済の低迷に悩んでおり、市は文化施設の整備によって市民の文化意識を高め、市の魅力を高めることを目指していました。 大雪クリスタルホールの設計は、世界的にも有名な建築家である磯崎新氏が手掛けました。磯崎氏は、大雪クリスタルホールを「雪の結晶」をイメージして設計しました。大雪クリスタルホールの外観は、ガラスと金属を組み合わせたもので、非常にスタイリッシュです。 大雪クリスタルホールは、約2,000席のメインホールと、約500席のサブホールで構成されています。メインホールは、音響効果に優れており、クラシック音楽からポップスまで、様々なジャンルのコンサートに対応できます。サブホールは、会議や講演会などに利用されます。 大雪クリスタルホールは、開館以来、多くのコンサートやイベントを開催してきました。2000年(平成12)年には、第26回国際建築家連合(UIA)世界大会が開催されました。2008年(平成20)年には、第34回北海道大学サマーセミナーが開催されました。 大雪クリスタルホールは、旭川市の文化の発展に貢献してきた施設であり、市民に親しまれています。
モノの名前

モルメンとは?北海道旭川のソウルフード

-モルメンの歴史と特徴- モルメンは、北海道旭川のソウルフードとして親しまれている焼きそばです。その歴史は古く、大正時代にはすでに旭川で屋台などで売られていたと言われています。当時のモルメンは、現在のようなソースではなく、醤油味だったそうです。 昭和初期には、旭川に製麺所が増え、麺の供給が安定したことで、モルメンは旭川のソウルフードとして定着しました。また、この頃には、モルメンにソースが使われるようになり、現在のモルメンの原型が完成しました。 モルメンの特徴は、太くてモチモチとした麺と、あっさりとしたソースです。麺は、小麦粉と水を混ぜて練り、専用の機械で伸ばして作られます。ソースは、ウスターソースや醤油などをベースに作られており、甘みと酸味のバランスが絶妙です。 モルメンは、旭川市民にとってなくてはならないソウルフードです。旭川を訪れた際には、ぜひ一度モルメンを味わってみてください。
モノの名前

北海道のお土産!たいせつ

旭川銘菓「たいせつ」とは? 北海道のお土産として人気の「たいせつ」は、旭川を代表する銘菓です。サクサクとした食感のパイ生地に、北海道産の小麦粉とバターをふんだんに使用したクリームがサンドされた、素朴で懐かしい味わいが特徴です。 「たいせつ」は、旭川で創業した老舗菓子店「三星」が製造販売しています。昭和30年代に発売されて以来、地元の人々に愛され続けているロングセラー商品です。 「たいせつ」という名前には、「大雪山系の雄大な自然のように、いつまでも多くの人々に愛されるお菓子であってほしい」という願いが込められています。 旭川に来たら、お土産に「たいせつ」を買ってみてはいかがでしょうか。きっと喜んでもらえることでしょう。
モノの名前

北海道二段仕込みの塩麹と酒粕から生み出された魚の切り身の粕漬け

北海道の二段仕込みとは、米と米麹を原料とする「酒母」と、米と米麹に水を加えた「醪(もろみ)」の2段階に分けて発酵させる製法のことです。この製法は、江戸時代後期に北海道で生まれ、現在では北海道の日本酒造りの伝統的な製法となっています。 二段仕込みの日本酒は、一段仕込みの日本酒よりも香りが華やかで、味が濃厚なのが特徴です。また、二段仕込みの酒粕は、一段仕込みの酒粕よりも栄養価が高く、甘みが強いのが特徴です。 この北海道の二段仕込みの酒粕を使用した魚の粕漬けは、北海道ならではの郷土料理です。魚の切り身に酒粕をまぶし、冷蔵庫に数日間寝かせて熟成させます。熟成させた魚の切り身を焼いて食べると、酒粕の香りが広がり、魚の旨味と酒粕の甘みが絶妙にマッチした、絶品の粕漬けを楽しむことができます。
モノの名前

旭川ラーメン 醤油の旨味がたまらない北海道のご当地ラーメン

「旭川ラーメンの歴史と特徴」 旭川ラーメンは、北海道旭川市のご当地ラーメンである。醤油味のスープに、ちぢれ麺と豚骨・鶏肉・野菜からとった出汁が特徴である。 旭川ラーメンの歴史は、1920年代に遡る。当時、旭川市には多くの華人が住んでおり、彼らは中華料理店を経営していた。その中華料理店の中には、ラーメンを提供する店もあった。これらのラーメン店は、旭川市民に人気となり、旭川ラーメンは徐々に広まっていった。 1950年代に入ると、旭川ラーメンはさらに進化を遂げる。この頃、旭川市に多くの学生が移住してきた。学生たちは、安くて美味しいラーメンを好んだため、旭川ラーメン店は繁盛した。旭川ラーメン店は、学生たちの要望に応えるため、様々な工夫を凝らした。その結果、旭川ラーメンは、より美味しくなった。 1960年代に入ると、旭川ラーメンは北海道全土に広まった。旭川ラーメンは、その美味しい味で、北海道民に愛されるようになった。現在、旭川ラーメンは、北海道を代表するラーメンの一つである。 旭川ラーメンの特徴は、醤油味のスープ、ちぢれ麺、そして豚骨・鶏肉・野菜からとった出汁である。醤油味のスープは、濃厚でコクがある。ちぢれ麺は、スープによく絡む。豚骨・鶏肉・野菜からとった出汁は、スープに旨味を与えている。旭川ラーメンは、これらの特徴によって、美味しいラーメンになっている。
その他

「音と光のファンタジー花火 in KAGURA」の魅力とは?

「音と光のファンタジー花火 in KAGURA」とは、山口県萩市の萩往還街道「KAGURA」にて開催される光と音楽を組み合わせた花火大会です。花火と音楽が融合して創り出す、幻想的な空間を演出します。花火と音楽が融合した花火大会は珍しく、萩市の夏を彩る風物詩として多くの人々に親しまれています。 会場は萩往還街道「KAGURA」の敷地内です。KAGURAは、萩往還街道沿いにある複合施設で、レストランやカフェ、ショップなどが立ち並んでいます。花火大会期間中は、KAGURAの敷地内が歩行者天国となり、飲食ブースや物販ブースなどが軒を連ねます。 花火大会は、毎年8月上旬に開催されます。開催時間は、19時から21時30分までです。花火の種類は、打ち上げ花火や仕掛け花火など、さまざまです。また、音楽は、クラシック音楽やポップスなど、幅広いジャンルから選曲されています。花火大会のフィナーレには、音楽と花火が融合した大輪の花火が打ち上げられ、会場は大いに盛り上がります。
施設名・ロケ地

旭川ハーフマラソン:北海道のマラソン大会の魅力と楽しみ方

旭川ハーフマラソンの歴史とコース 旭川ハーフマラソンは、北海道旭川市で毎年8月に開催されるハーフマラソン大会です。大会の歴史は古く、1954年に第1回大会が開催されました。当初は、旭川市内のコースを走るマラソン大会でしたが、後にハーフマラソンに変更されました。現在では、国内屈指のハーフマラソン大会として知られており、毎年約1万人のランナーが参加しています。 旭川ハーフマラソンのコースは、旭川市中心部を走るフラットなコースです。スタートとゴールは、旭川市役所の前にある常磐公園です。コースは、常磐公園から旭川駅前の平和通を通り、旭川大橋を渡って旭川市東区に入ります。その後、忠別川沿いを走り、忠別橋を渡って旭川市中心部に戻ります。ゴールは、常磐公園です。 旭川ハーフマラソンは、北海道のマラソン大会の中でも屈指の人気を誇る大会です。フラットなコースと美しい景色が魅力で、毎年多くのランナーが参加しています。また、大会当日は、旭川市中心部が歩行者天国となり、様々なイベントが開催されます。旭川ハーフマラソンは、ランナーだけでなく、市民にとってもお祭り気分が味わえるイベントとなっています。
施設名・ロケ地

西武旭川店とは?北海道旭川市にあった百貨店

* -西武旭川店の歴史と沿革- 西武旭川店は、北海道旭川市にあった百貨店である。1969年(昭和44年)に開店し、2006年(平成18年)に閉店した。 西武旭川店は、西武百貨店が北海道に出店する際に、旭川市に建設された。旭川市は、北海道の中央部に位置し、人口は約35万人である。旭川市は、北海道の経済の中心地であり、多くの企業が本社を置いている。西武百貨店は、旭川市に出店することで、北海道の顧客を開拓することを目指していた。 西武旭川店は、開店当初から好調な売り上げを記録した。旭川市は、北海道の経済の中心地であるため、多くの人が西武旭川店に買い物に訪れた。また、西武旭川店は、他の百貨店よりも安い値段で商品を販売していたため、多くの顧客に支持された。 しかし、西武旭川店の売り上げは、次第に減少していった。その原因は、旭川市の人口減少である。旭川市の人口は、1990年(平成2年)をピークに減少しており、2005年(平成17年)には約32万人まで減少した。人口減少に伴い、西武旭川店の売り上げも減少していった。 西武百貨店は、西武旭川店の売り上げ減少を受けて、2006年(平成18年)に閉店することを決定した。西武旭川店の閉店は、旭川市民に大きな衝撃を与えた。西武旭川店は、旭川市のランドマーク的存在であり、多くの市民に愛されていた。