北海道

その他

「カバコ」の魅力と特徴

「カバコ」誕生の歴史と由来 「カバコ」は、1960年代後半に東京で生まれた日本の伝統的な和菓子である。羊羹をパイ生地で包んで焼いたお菓子で、羊羹の甘さとパイ生地の香ばしさが絶妙なハーモニーを奏でる、どこか懐かしさを感じられるお菓子である。 「カバコ」の誕生には、あるエピソードがある。ある和菓子職人が、羊羹をパイ生地で包んで焼いてみたところ、その美味しさに驚いたという。羊羹の甘さとパイ生地の香ばしさが絶妙にマッチし、新しい和菓子が誕生した。 その和菓子職人が、このお菓子を「カバコ」と名付けたのは、その形がカバに似ているからである。カバは、アフリカに生息する大型の哺乳類で、その巨体と愛らしい顔立ちが特徴である。このお菓子も、カバのように大きく、愛らしい見た目をしていて、そのことから「カバコ」と名付けられた。 「カバコ」は、すぐに人気のお菓子となり、瞬く間に日本中に広まった。その美味しさは、子供から大人まで幅広い世代に愛されている。また、その愛らしい見た目も人気の理由の一つである。 「カバコ」は、日本の伝統的な和菓子である。その美味しさは、日本人に長年愛されてきた。そして、その愛らしい見た目も、人々を魅了している。
モノの名前

「おたるワイナリービール」北海道のクラフトビール

北海道ワイン株式会社は、1972年に北海道余市郡仁木町に設立されたワイナリーです。同社は、北海道産のブドウを使用したワインを製造しているほか、2016年からクラフトビールの製造も開始しました。クラフトビールは、小規模な醸造所で作られるビールのことで、大手メーカーのビールとは異なる個性的な味わいが特徴です。北海道ワイン株式会社が製造するクラフトビールは、「おたるワイナリービール」と名付けられ、北海道産の小麦やホップを使用し、丁寧に醸造されています。 「おたるワイナリービール」は、現在、3種類のビールが販売されています。そのうちの1つが、「ニセコゴールデンエール」です。ニセコゴールデンエールは、ニセコ産の小麦を使用したゴールデンエールで、軽やかで飲みやすい味わいが特徴です。もう1つのビールが、「余市ピルスナー」です。余市ピルスナーは、余市産のホップを使用したピルスナーで、すっきりとした味わいが特徴です。そして、3つ目のビールが、「仁木IPA」です。仁木IPAは、仁木産のホップを使用したIPAで、苦味と柑橘系の香りが特徴です。 「おたるワイナリービール」は、北海道産の原料を使用し、丁寧に醸造されたクラフトビールです。北海道の自然の恵みを味わいたい方や、クラフトビールに興味がある方は、ぜひ「おたるワイナリービール」を試してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

札幌サンプラザホール徹底紹介

札幌サンプラザホールの特徴 札幌サンプラザホールは、北海道札幌市中央区にある多目的ホールです。1990年7月にオープンし、2020年7月には開館30周年を迎えました。 サンプラザホールの特徴は、劇場型とアリーナ型の2つのホールを備えていることです。劇場型ホールは、収容人数2,236人で、主に演劇やミュージカル、落語などの公演が行われています。アリーナ型ホールは、収容人数1,000人で、主にコンサートやスポーツ大会などのイベントが行われています。 また、サンプラザホールには、大小さまざまな会議室や宴会場が備わっており、ビジネスやレジャーなど、さまざまな用途に使用することができます。 サンプラザホールは、札幌市中心部に位置し、アクセスも良好です。JR札幌駅から徒歩約10分、地下鉄東西線バスセンター前駅から徒歩約5分、札幌市営バスサンプラザ前バス停から徒歩すぐです。 サンプラザホールは、札幌市の中心部で、さまざまなイベントや公演が行われる多目的ホールです。アクセスも良く、便利に利用することができます。
施設名・ロケ地

ニセコHANAZONOリゾートの魅力と楽しみ方

スキーとスノーボードが楽しめるゲレンデ ニセコHANAZONOリゾートは、スキーとスノーボードを楽しむのに最適なゲレンデが揃っている。初心者から上級者まで楽しめるコースがあり、また、スノーパークやクロスカントリーコースも整備されている。 初心者向けのコースは、なだらかな斜面と幅広のコースが特徴で、安心して滑走を楽しむことができる。中級者向けのコースは、少し斜度がつき、コブやモーグルなどの地形変化も出てくるが、十分に滑走を楽しむことができる。上級者向けのコースは、 steepな斜面と難しい地形変化が特徴で、スリリングな滑走を楽しむことができる。 スノーパークは、ジャンプやレール、ボックスなどのアイテムが設置されており、スノーボーダーやフリースタイラーに最適な場所だ。また、クロスカントリーコースは、森の中を滑走するコースで、自然を満喫しながら滑走を楽しむことができる。
施設名・ロケ地

大洗ー苫小牧を結ぶ「さんふらわあしれとこ」の魅力とは?

北海道と本州を結ぶフェリーは、日本列島を行き来する旅の重要な手段です。その中でも、大洗と苫小牧を結ぶ「さんふらわあしれとこ」は、その魅力的な船内施設と、北海道の雄大な自然を間近に感じることができるルートで、多くの旅行者に愛されています。ここでは、「さんふらわあしれとこ」の魅力についてご紹介します。 「さんふらわあしれとこ」は、2008年に就航した大型フェリーで、全長215メートル、総トン数1万5580トンと、大型フェリーの中でも最大級の船です。船内には、レストラン、カフェ、バー、ゲームコーナー、キッズルームなど、充実した施設が整っています。また、船の最上階には展望台があり、北海道の雄大な自然を間近に感じることができます。 「さんふらわあしれとこ」が航行するルートは、大洗から苫小牧まで、約19時間かかります。しかし、船内では、その時間を飽きることなく過ごすことができます。レストランでは、北海道の海産物を使った料理や、地元の食材を使った料理など、バラエティ豊かなメニューが提供されています。カフェでは、コーヒーや紅茶を楽しむことができますし、バーでは、お酒を飲みながら、船の旅の思い出を振り返ることができます。また、ゲームコーナーやキッズルームでは、お子様も退屈することなく過ごすことができます。 「さんふらわあしれとこ」のもう一つの魅力は、北海道の雄大な自然を間近に感じることができることです。船が航行するルートは、太平洋と日本海に面しており、北海道の雄大な海岸線を眺めながら、船旅を楽しむことができます。また、春には、船の周りをイルカやクジラが泳ぐ姿を見ることができることもあります。
施設名・ロケ地

めむろ新嵐山スカイパーク:北海道の自然を満喫できる総合レジャー施設

自然豊かな美瑛町のなかに広がる総合レジャー施設「めむろ新嵐山スカイパーク」。この施設には、キャンプ場やパークゴルフ場、スキー場といった、様々なレクリエーション施設が充実しています。キャンプ場は、家族や友人とのキャンプに最適な空間をご用意しており、電源付きのサイトやオートキャンプサイトなど、様々なタイプからお選びいただけます。パークゴルフ場は、自然の中でのんびり楽しめるスポーツとして人気です。初めての方でも、気軽に挑戦できるやさしいコースから、上級者向けの難しいコースまで、幅広くご用意しています。スキー場は、北海道の広大なゲレンデで、最高のスキー・スノーボード体験をお楽しみいただけます。初心者用のコースから、上級者向けのコースまで、様々なコースがあり、ゲレンデ内にはレストランや休憩所も完備しています。他にも施設内には、遊園地や温浴施設、野外ステージなどがあり、一年を通して様々なイベントを開催しています。
施設名・ロケ地

茂世丑二の沢貯水池の魅力

北海道岩見沢市の郊外にある茂世丑二の沢貯水池は、岩見沢市民に水を提供するだけでなく、その美しい景色で人々を魅了しています。貯水池は、周りの山々に囲まれ、湖面には木々が映り込み、まるで一枚の絵画のようです。貯水池の周辺は公園として整備されており、ハイキングやジョギング、サイクリングなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。また、貯水池には鯉やフナなどの魚が生息しており、釣りを楽しむこともできます。貯水池の周辺には、キャンプ場やバーベキュー場もあり、家族や友人とアウトドアを満喫することもできます。茂世丑二の沢貯水池は、自然の美しさを堪能できるスポットとして、地元の人々や観光客に愛されています。
地名・ロケ地

歯舞群島にある志発島について

志発島の位置と面積 志発島は、日本の北海道の東端に位置する歯舞群島に属する島です。歯舞群島の最東端部に位置し、標高は189.2mです。面積は約10.99平方キロメートルで、歯舞群島の中で2番目に大きな島です。志発島は、東西約4キロメートル、南北約3キロメートルの大きさで、海岸線は複雑に入り組んでいます。島の周囲には、多くの小島や岩礁があり、その総面積は約12.34平方キロメートルになります。志発島は、北海道の根室市から東に約70キロメートル、歯舞群島の主島である色丹島から南東に約25キロメートルの距離にあります。志発島は、歯舞群島の中で最も標高の高い島であり、島の最北端にある志発岬は、歯舞群島の最高地点でもあります。志発島の海岸線は、複雑に入り組んでおり、多くの入江や湾があります。志発島の主な入江には、志発湾、志発西湾、志発東湾などがあります。志発島は、北海道の根室市から東に約70キロメートル、歯舞群島の主島である色丹島から南東に約25キロメートルの距離にあります。
施設名・ロケ地

北海道の貴重な産業遺産「千歳第四ダム」の魅力

千歳第四ダムの歴史と構造 千歳第四ダムは、北海道千歳市にあるダムであり、北海道で唯一の重力式コンクリートダムです。ダムの建設は1952年に始まり、1958年に完成しました。ダムの高さは82.5メートル、幅は260.7メートル、貯水量は3,800万立方メートルです。千歳第四ダムは、千歳川の水を貯留して、発電、農業用水、工業用水の供給、洪水防止などの役割を果たしています。 千歳第四ダムは、重力式コンクリートダムであり、ダムの重量によって水をせき止める構造になっています。ダムの本体は、コンクリートで造られており、ダムの内部には、貯水池や発電所があります。千歳第四ダムの発電所は、ダムの水を利用して発電しており、その発電量は年間約3億キロワット時です。千歳第四ダムは、北海道の貴重な産業遺産であり、その歴史や構造を学ぶために、多くの人が訪れています。
モノの名前

「サロベツ」号の旅:日本の北の果てを走る特急列車

「サロベツ」号の歴史と概要 「サロベツ」号は、北海道の稚内駅と旭川駅を結ぶ特急列車です。1986年に運行を開始し、現在は1日7往復が運転されています。 列車名は、宗谷本線沿線にあるサロベツ原野に由来しています。サロベツ原野は、広大な湿原と湖沼が広がる自然豊かな地域で、国内最大級の野生のタンチョウの繁殖地としても知られています。 「サロベツ」号は、北海道の観光客やビジネス客に人気の列車です。特急列車として運行されているため、停車駅が少なく、稚内駅から旭川駅までを約3時間で結んでいます。また、「サロベツ」号には、車窓からサロベツ原野の雄大な景色を眺めることができる展望車が連結されています。 「サロベツ」号は、北海道の観光客やビジネス客に人気の列車です。特急列車として運行されているため、停車駅が少なく、稚内駅から旭川駅までを約3時間で結んでいます。また、「サロベツ」号には、車窓からサロベツ原野の雄大な景色を眺めることができる展望車が連結されています。
モノの名前

摩周の霧水とは?北海道産の天然ミネラル水の魅力

-摩周の霧水の特徴- 摩周の霧水は、その名の通り、北海道の摩周湖周辺で採取される霧水です。霧水とは、空気中の水蒸気が水滴となって地面に降り注ぐもので、摩周湖周辺は霧が発生しやすい気候であることから、良質な霧水が採取されます。 摩周の霧水の特徴は、その高いミネラル含有量です。霧水は、水蒸気が水滴となる際に、空気中のミネラルを多く含んだ微粒子を一緒に取り込みます。そのため、摩周の霧水には、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。 また、摩周の霧水は、そのまろやかな口当たりも特徴です。霧水は、水滴が非常に細かいことから、口当たりが滑らかで、甘みのある味わいが特徴です。そのまろやかな口当たりから、多くの人々に愛されています。 摩周の霧水は、その高いミネラル含有量とまろやかな口当たりから、健康に良い飲み水として、また、美容に良い化粧水として、多くの人々に利用されています。
モノの名前

二風谷イタの魅力を紐解く

二風谷イタの歴史と伝統 二風谷イタは、アイヌ文化の豊かな歴史と伝統を持つ集落です。アイヌの人々は、数千年前からこの地域に住み、独自の言語、文化、伝統を育んできました。二風谷イタは、アイヌ文化を代表する集落の一つであり、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。 二風谷イタの歴史は、17世紀にさかのぼります。この頃、アイヌの人々は、日本人の入植によって、土地を追われ、厳しい生活を強いられていました。しかし、二風谷イタは、アイヌの人々が団結して土地を守り抜き、独自の文化を守り続けてきました。 二風谷イタには、アイヌ文化の伝統的な生活様式が残されています。アイヌの人々は、木造のチセと呼ばれる家に住み、狩猟、漁労、採集で生活しています。また、アイヌの人々は、独自の言語、伝統的な舞踊や音楽、工芸品などを伝承しています。 二風谷イタは、アイヌ文化の貴重な宝庫であり、その歴史と伝統は、アイヌ民族の誇りです。
施設名・ロケ地

新十津川ダムの魅力を徹底解説!

-新十津川ダムの歴史と概要- 新十津川ダムは、北海道上川郡新十津川町にある、石狩川水系新十津川に建設されたダムである。高さ111.0m、堤頂長656.0mのコンクリート重力式ダムで、洪水調節、不特定利水、発電の目的を有する。 ダムの建設は、1969年に着工し、1982年に完成した。総事業費は約1,000億円である。 ダムによって形成された人造湖は、新十津川湖と呼ばれ、総貯水容量は約3億7,000万立方メートルである。湖畔には、キャンプ場や遊歩道があり、観光スポットとして人気を集めている。 また、ダムには発電所が併設されており、最大出力20,000キロワットの水力発電を行っている。発電された電力は、北海道電力に供給されている。 新十津川ダムは、北海道の治水と利水に貢献している重要な施設である。また、観光スポットとしても人気を集めており、多くの人々に親しまれている。
施設名・ロケ地

マオイの丘公園の魅力を探る

北海道の空知管内にある長沼町に位置する道の駅「マオイの丘公園」は、豊かな自然に恵まれた公園として多くの人々に親しまれています。公園内には、四季折々の花々が咲き誇り、野鳥のさえずりが響く美しい景観が広がっています。また、キャンプ場やアスレチック施設、展望台など、さまざまなアクティビティが楽しめるのも魅力です。 道の駅の敷地内には、地元の農産物や特産品を販売する売店や、レストラン、温泉施設などもあります。長沼町の特産品であるやぎ乳製品を使ったソフトクリームやチーズケーキなどは、ここでしか味わえない絶品です。 今回、北海道の大自然を満喫できる人気のスポット「マオイの丘公園」の魅力を、より詳しく探ってみました。公園内の見どころやおすすめのアクティビティ、周辺のおすすめスポットなど、詳しくご紹介します。
モノの名前

「はさみ漬」の作り方・楽しみ方

「はさみ漬」とは、野菜や果物を細かく切って、醤油や酢などの調味料に漬け込んで作る漬物のことをいいます。一般的には、大根やにんじん、きゅうりなどの野菜を千切りや薄切りにし、醤油、酢、砂糖、塩などの調味料に漬け込みます。また、果物をはさみ漬にする場合は、梅干しや杏子、桃などを使用します。 はさみ漬は、野菜や果物の栄養素をそのまま取り入れることができるので、健康に良い食品です。また、はさみ漬は、そのまま食べても美味しいですが、天ぷらやサラダのトッピング、おむすびの具材など、様々な料理にアレンジすることができます。
施設名・ロケ地

自然豊かな北海道の公園「道立ゆめの森公園」の魅力

道立ゆめの森公園は、北海道旭川市東鷹栖町に位置する都市公園です。1988年(昭和63年)に開園し、広大な敷地内には、自然豊かな森林や花畑、キャンプ場や遊園地など、様々な施設が整備されています。 公園の総面積は約100ヘクタールで、そのうち約70ヘクタールが森林です。森林の中には、エゾマツやトドマツ、シラカバなどの針葉樹や広葉樹が生い茂り、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。また、公園内には、春には桜やタンポポ、夏にはラベンダーやひまわり、秋には紅葉、冬には雪景色など、一年中美しい花や自然を眺めることができます。 公園内には、キャンプ場や遊園地などのレクリエーション施設も充実しています。キャンプ場は、オートキャンプ場とテントサイトがあり、バーベキューや釣りを楽しむことができます。遊園地には、観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースターなどのアトラクションがあり、子供から大人まで楽しむことができます。 また、公園内には、森の博物館や体験学習館などの教育施設もあり、自然や環境について学ぶことができます。森の博物館では、北海道の森林や野生動物について展示しており、体験学習館では、木工や陶芸、自然観察などの体験プログラムを実施しています。 道立ゆめの森公園は、自然豊かな森林や花畑、キャンプ場や遊園地など、様々な施設が整備された、魅力的な公園です。四季折々の美しい景色を楽しむことができるほか、レクリエーションや教育の場としても利用することができます。
地名・ロケ地

ポンテシオ湖の神秘と魅力を徹底解説!

-ポンテシオ湖の雄大な自然と魅惑的な景色- ポンテシオ湖は、その雄大な自然と魅惑的な景色で知られる、世界で最も美しい湖のひとつです。湖は、イタリア北部のアルプス山脈の麓に位置しており、周囲を緑豊かな森林や雪をかぶった山々に囲まれています。湖の面積は約100平方キロメートルで、最大の深さは280メートルです。 ポンテシオ湖の魅力の一つは、その澄んだ水です。湖の水は透明度が高く、湖底まで見ることができます。湖には、ニジマスやイワナなどのさまざまな魚が生息しており、釣りを楽しむことができます。 ポンテシオ湖のもう一つの魅力は、その美しい景色です。湖の周辺には、緑豊かな森林や雪をかぶった山々が広がっています。湖畔には、中世の城や教会が建ち並んでいます。湖をクルーズしたり、湖畔をハイキングしたりすれば、雄大な自然と魅惑的な景色を楽しむことができます。 ポンテシオ湖は、その雄大な自然と魅惑的な景色で毎年多くの観光客を魅了しています。湖畔には、ホテルやレストラン、土産物屋が立ち並んでいます。湖をクルーズするツアーや、湖畔をハイキングするツアーも開催されています。ポンテシオ湖は、自然を愛する人や美しい景色を求める人におすすめの観光地です。
施設名・ロケ地

「スーパー宗谷」の思い出と歴史

「スーパー宗谷」とは、1968年から1987年まで北海道の稚内とロシアのサハリン島を結んでいたフェリーである。稚内とサハリンを結ぶフェリーは、この船が就航する以前にも運行されていたが、スーパー宗谷はそれまでのフェリーとは比べものにならないほど大型で豪華な船で、稚内とサハリンをわずか3時間で結ぶスピードを誇っていた。また、船内にはレストラン、バー、ゲームセンターなど様々な施設が備えられており、まるで豪華客船のような雰囲気であった。スーパー宗谷は、稚内とサハリンを結ぶ貴重な交通手段として、また北海道とロシアを結ぶ友好のシンボルとして、多くの人々に親しまれた。
施設名・ロケ地

徳富ダムは、石狩川に建設された多目的ダム

徳富ダムとは、北海道石狩振興局深川市朱鞠内町にある、石狩川水系石狩川に建設された多目的ダムである。堤高92.0m、堤頂長250.0m、総貯水容量1億3,300万m³、流域面積1,760km²である。北海道開発局が施工し、1978年に竣工した。 ダムの目的は、洪水調節、かんがい、河川維持用水、水道用水、発電である。洪水調節では、石狩川下流域の洪水を調節し、河川氾濫や土砂流出を防ぐ。かんがいでは、石狩川下流域の農地に灌漑用水を送る。河川維持用水では、石狩川の河川流量を維持し、水質を保全する。水道用水では、石狩市、当別町、深川市、旭川市、東神楽町、比布町に水道用水を供給する。発電では、最大出力7,500kWの水力発電を行う。
施設名・ロケ地

岩見沢萩の山市民スキー場:北海道で爽快な滑走を

岩見沢萩の山市民スキー場は、初心者から上級者まで楽しめる7つのコースを備えた、北海道では屈指のスキー場です。それぞれのパークやルートについて詳しく見ていきましょう。 1. 初心者向けコース広々としたゲレンデで、安心して滑走できます。また、ファミリーや子供たちにも最適な、起伏の少ないコースや緩やかなスロープも用意されています。 2. 中級者向けコース程よい傾斜と幅のあるゲレンデで、スキーやスノーボードのスキルを磨くのに最適なコースです。さまざまな地形や雪質を体験できるでしょう。 3. 上級者向けコース岩見沢萩の山市民スキー場の最長・最難関コースで、急斜面やオフピステを滑ることに挑戦したい上級者向けです。最高の雪質とスリリングな滑走をお楽しみいただけます。 4. スノーパークフリースタイルスキーやスノーボードを楽しむための施設です。キッカー、レール、ボックスなど、さまざまなアイテムを備えており、初心者から上級者まで楽しめるようになっています。 5. クロスカントリースキーコースゲレンデ外を滑走するコースで、美しい景色の中を滑走できます。また、クロスカントリースキーに必要な用具をレンタルすることも可能です。 6. スノーシューコース雪の上を歩くためのコースで、冬の森を探索したり、新鮮な空気を楽しんだりすることができます。スノーシューのレンタルも可能です。 7. そりコース子供たちや雪遊びをしたい方に最適なコースです。小さな子供でも安全に滑走できるよう設計されており、そりのレンタルも可能です。
地名・ロケ地

「北海道農業博覧会」とは?

-開催概要- 北海道農業博覧会(以下、農博)は、北海道の豊かな食と農、文化を広く国内外に発信することを目的として、毎年8月に北海道札幌市で開催されるイベントです。農博のメイン会場は、札幌市の中心部に位置する北海道大学構内です。農博では、北海道産の農畜産物や加工品、特産品などの物産展や、農業技術に関する展示、農業体験コーナーなど、さまざまなイベントが行われます。また、農業博覧会期間中は、北海道各地から集まった芸能人やアーティストによるステージショーや、農業に関する講演会なども開催されます。農博は、北海道の食と農の魅力を体感できる一大イベントとして、毎年多くの人々が訪れています。 農博の開催期間は、毎年8月の1週間です。会場は、北海道大学構内と札幌市中央区にある大通公園です。農博の主なイベントは、農畜産物の展示、農産物加工品の販売、農業技術に関する展示、農業体験コーナー、ステージショー、講演会などです。農博の開催中は、北海道各地から集まった芸能人やアーティストによるステージショーや、農業に関する講演会なども開催されます。農博は、北海道の食と農の魅力を体感できる一大イベントとして、毎年多くの人々が訪れています。
地名・ロケ地

利尻富士の壮大な美しさ

利尻島の象徴として愛される、そびえ立つ利尻富士。その優美な山容は、山頂まで続く白銀の雪化粧がその姿を一層際立たせています。島のどこからでも眺められる利尻富士は、季節や時間帯によって移り変わる表情を魅せ、見る者を魅了する絶景です。 利尻富士登山は、山岳愛好家にとっての憧れの地であり、その美しい山頂からの眺望は格別です。利尻富士のふもとに広がる広大な原始林や、島を取り囲む青い海など、利尻島ならではの自然景観を余すことなく堪能することができます。 また、利尻富士の周辺には多くの観光スポットが存在しています。利尻富士を一望できる鴛泊海岸や、温泉街として有名な姫沼温泉、固有種の高山植物が生息する礼文華山など、自然を満喫できる場所が数多く点在しています。 利尻富士は、その美しさだけでなく、島民にとって心の支えとなっています。利尻富士を背景に暮らす島民たちは、その雄大な姿に安らぎと勇気を見出しています。利尻富士は、利尻島の人々と自然が共生する大切なシンボルなのです。
地名・ロケ地

「おんねゆ温泉」の魅力

北見市にある道の駅「おんねゆ温泉」 北海道北見市にある道の駅「おんねゆ温泉」は、温泉や地元の特産品を販売する直売所、レストランなどがあり、地元の人や観光客に人気のスポットです。 温泉は、泉質が良く、疲労回復や美肌効果があることから、多くの人々に親しまれています。また、直売所では、地元産の野菜や果物、海産物などが販売されており、新鮮な食材を求めて多くの人が訪れます。レストランでは、地元の食材を使った料理が提供されており、特に海鮮丼やそばが人気です。 道の駅「おんねゆ温泉」は、北見市を代表する観光スポットのひとつであり、多くの人々に愛されています。
施設名・ロケ地

南丘森林公園の魅力を徹底解説!

南丘森林公園とは? 南丘森林公園は、大阪府池田市にある公園です。面積は約100haで、園内には森林、広場、池などがあります。また、ハイキングコースや遊歩道も整備されており、自然散策を楽しむことができます。 南丘森林公園は、1967年に開園しました。当初は、市民の憩いの場として整備されましたが、その後、自然観察や環境教育の場としても利用されるようになりました。また、公園内には、大阪府立自然史博物館や池田市野外活動センターなどの施設もあります。 南丘森林公園は、四季折々の自然を楽しむことができます。春には、桜やツツジが咲き誇り、夏には、新緑が美しい森の中をハイキングを楽しむことができます。秋には、紅葉した木々が美しい公園内を散策することができます。また、冬には、雪景色を楽しむことができます。 南丘森林公園は、市民に親しまれている公園です。休日には、家族連れやカップルで賑わいます。また、公園内には、バーベキュー施設やキャンプ場などもあるので、アウトドアを楽しむこともできます。