南松浦郡

施設名・ロケ地

「郷ノ首港」の概要と歴史

「郷ノ首港」の概要 「郷ノ首港」は、福井県敦賀市にある港湾である。敦賀半島の北東部に位置し、敦賀湾に面している。港湾面積は約10ヘクタールで、水深は最大10メートルである。港湾には、岸壁やバース、倉庫などが整備されており、主に貨物や旅客船が発着している。郷ノ首港は、敦賀市の重要な港湾であり、敦賀市の経済や物流を支えている。 郷ノ首港の歴史は、古くからある。平安時代には、すでに港として利用されていた記録が残っている。室町時代には、敦賀が北陸地方の重要な港町として栄え、郷ノ首港も賑わっていた。江戸時代には、加賀藩によって港湾が整備され、敦賀と大阪を結ぶ航路が開設された。明治時代以降、郷ノ首港は、敦賀市の発展に伴って、さらに整備され、現在では、敦賀市の主要な港湾となっている。
地名・ロケ地

串島:長崎県南松浦郡新上五島町の中通島の西に位置する無人島

串島は、長崎県南松浦郡新上五島町の中通島の西に位置する無人島です。周囲約1.5km、面積約0.2km2で、最高点は標高45mです。串島は、約2,000万年前に起こった海底火山の噴火によって形成された島で、玄武岩で構成されています。島全体が森林に覆われており、クロウサギやノウサギが生息しています。串島には、かつては人が住んでいましたが、現在は無人島となっています。串島は、手つかずの自然が残る美しい島として知られており、観光客に人気のスポットとなっています。
地名・ロケ地

五島列島の隠れスポット「桐ノ小島」魅力を大紹介!

桐ノ小島は、長崎県五島列島の南西部に位置する小さな無人島です。周囲約1.5km、面積は約0.25平方kmで、有人島から約3km離れています。島は、ほとんどが森林で覆われており、中央には標高約100mの山があります。この山からは、五島列島や有明海を一望することができます。 桐ノ小島は、その美しい景観から、近年では観光スポットとして注目を集めています。島には、キャンプ場や展望台などの施設があり、観光客が気軽に訪れることができます。また、島周辺は、透明度の高い海が広がっており、シュノーケリングやダイビングを楽しむこともできます。 桐ノ小島へのアクセスは、五島列島の有人島である福江島から船で約15分です。福江島には、長崎県本土から飛行機やフェリーでアクセスすることができます。
地名・ロケ地

相ノ島に秘められた歴史と絶景

相ノ島の立地と歴史 相ノ島は、長崎県の五島列島の南部に位置する島である。周囲は約10km、面積は約3.5平方キロメートルで、人口は約100人である。相ノ島は、五島列島の中で最も小さく、有人島の中では最も人口が少ない島である。 相ノ島は、約1,000万年前に海底火山によって形成された。その後、隆起と浸食を繰り返して現在の形となった。相ノ島は、周囲を海に囲まれているため、比較的温暖な気候である。しかし、冬になると強風が吹き荒れるため、島民たちは苦労している。 相ノ島には、縄文時代からの遺跡が残っている。これは、相ノ島に古くから人が住んでいたことを示している。相ノ島は、五島列島の他の島々と同じように、平安時代に平清盛によって征服された。その後、相ノ島は鎌倉幕府、室町幕府、戦国大名の支配下に入った。江戸時代になると、相ノ島は五島藩の支配下に入った。明治維新後は、長崎県に編入された。 相ノ島は、五島列島の中で最も小さく、有人島の中では最も人口が少ない島であるが、その歴史は古く、多くの遺跡が残っている。また、相ノ島は、周囲を海に囲まれているため、比較的温暖な気候である。しかし、冬になると強風が吹き荒れるため、島民たちは苦労している。
施設名・ロケ地

長崎県南松浦郡新上五島町の「ありかわ縁日花火大会」の魅力

五島うどんの里を会場にした花火大会 「ありかわ縁日花火大会」は、長崎県南松浦郡新上五島町の五島うどんの里を会場として開催される花火大会です。この花火大会は、毎年8月10日前後に開催され、約1万発の花火が打ち上げられます。花火大会当日は、五島うどんの里周辺が人でごった返し、とても賑やかです。また、花火大会に合わせて、五島うどんの里では、五島うどんの販売や、ステージイベントなどが開催されます。五島うどんの里は、五島うどんの製造工場や、五島うどんの販売店、五島うどんの飲食店などが集まる施設です。五島うどんの里は、五島うどんの工場見学や、五島うどんの試食などができるスポットとして、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

青方港の歴史と概要

青方港は、兵庫県豊岡市に位置する港湾です。日本海に面しており、兵庫県の北部に位置しています。青方港は、古くから港町として栄えており、現在でも漁業や観光業の中心地となっています。青方港の立地は、日本海に面しているため、漁業や海運に適しています。また、青方港は、京都府や大阪府など、大都市圏に近く、交通の便も良いため、観光地としても人気があります。青方港の特徴は、波穏やかな港湾であるということです。青方港は、湾の形をしているため、波が穏やかで、船が停泊しやすいです。また、青方港は、山に囲まれているため、風も穏やかです。そのため、青方港は、漁業や海運に適した港湾となっています。
地名・ロケ地

カヅラ島の魅力

カヅラ島とは カヅラ島は、瀬戸内海の小豆島からフェリーで約30分のところにある小さな島です。面積は約1.3平方キロメートル、人口は約200人と、とても小さな島です。しかし、その小さな島には、豊かな自然と美しい景色が広がっています。 カヅラ島の名前は、島のいたるところに生えているカズラに由来しています。カズラは、つる性の植物で、その長い蔓は木々や岩に絡みついて生えています。カヅラ島のカズラは、特にその数が多く、島全体が緑に覆われています。 カヅラ島は、瀬戸内海の国立公園に指定されており、その美しい景観は多くの観光客を魅了しています。島には、美しいビーチや奇岩、そして自然豊かな森林があります。また、カヅラ島は、映画やドラマのロケ地としてもよく使われています。
地名・ロケ地

「榎津港」の歴史と役割

-榎津港の歴史と沿革- 榎津港は、石川県加賀市の日本海に面した港です。古くから漁業や船運で栄え、現在では観光地としても人気があります。 榎津港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていた記録が残っています。鎌倉時代には、北陸と京都を結ぶ海上交通の要衝として整備され、戦国時代には、加賀藩の軍港として利用されました。 江戸時代になると、榎津港は加賀藩の直轄地となり、港の整備が進みました。また、この頃には、北前船の寄港地としても栄え、日本海沿岸の経済や文化の発展に大きく貢献しました。 明治時代になると、榎津港は開港場となり、外国船の入港が許可されました。これにより、榎津港は国際貿易の拠点としてさらに発展し、多くの商船や漁船が行き交いました。 大正時代には、榎津港に防波堤が建設され、港の安全性が向上しました。また、この頃には、榎津港を拠点とする漁業が盛んになり、多くの漁船が出漁するようになりました。 昭和時代になると、榎津港はさらに整備され、近代的な港となりました。また、この頃には、観光地としても人気が高まり、多くの観光客が訪れるようになりました。 平成時代には、榎津港に新しい埠頭が建設され、港の機能がさらに強化されました。また、この頃には、榎津港を拠点とする漁業や観光業がさらに盛んになり、榎津港は日本海沿岸の重要な港として発展を続けています。
地名・ロケ地

祝言島に行ってみよう!

祝言島の自然と特徴 祝言島は、南国の美しい島で、一年中温暖な気候に恵まれています。島のいたるところにヤシの木やトロピカルフルーツの木々が茂り、エキゾチックな雰囲気を醸し出しています。また、島の周囲にはサンゴ礁が広がり、熱帯魚やウミガメなど多種多様な海洋生物が生息しています。 祝言島には、いくつかのユニークな自然の特徴があります。その一つが、島の真ん中に位置する火口湖です。火口湖は、かつて噴火した火山の跡地に水が溜まってできたもので、現在は透明度の高い美しい湖として知られています。もう一つの特徴が、島にある鍾乳洞です。鍾乳洞は、長い年月をかけて石灰岩が侵食されることで形成されたもので、その中は神秘的な雰囲気に包まれています。 祝言島の自然は、手つかずのまま残されており、まるで時間が止まったかのような風景が広がっています。島を訪れる人々は、その美しい景色に魅了され、心身ともにリフレッシュすることができます。
作品名

五島列島の伝統的な鯨猟の歌「有川鯨組唄」

-有川鯨組唄の歴史と背景- 有川鯨組唄は、五島列島に伝わる伝統的な鯨猟の歌です。鯨組とは、鯨猟を行うグループのことです。有川鯨組唄は、鯨組のメンバーが鯨猟に出発する際に歌われる出航の唄、鯨を捕獲した際に歌われる獲物の唄、鯨を解体する際に歌われる解体の唄など、さまざまな場面で歌われます。 有川鯨組唄の歴史は古く、江戸時代初期まで遡ります。五島列島は、古くから捕鯨が盛んな地域であり、有川鯨組唄は、その捕鯨文化を伝える貴重な遺産です。有川鯨組唄は、五島列島の郷土芸能として大切にされており、現在でも毎年、五島列島各地で鯨組唄の発表会が行われています。 有川鯨組唄は、五島列島の豊かな自然や鯨猟文化を伝える貴重な民謡です。その歌詞には、鯨猟の辛苦や喜びが描かれており、五島列島の歴史や文化を知る上でも重要な資料となっています。
地名・ロケ地

長崎の秘境「ロクロ島」の魅力

ロクロ島の歴史と由来 長崎県の平戸諸島にあるロクロ島は、周囲約1.5キロメートルほどの小さな無人島です。島には、かつて平戸藩の役人や罪人が流された歴史があり、それが島の名前の由来とされています。「ロクロ」とは、「流罪」を意味する言葉です。また、ロクロ島は、江戸時代には平戸藩の軍艦の訓練場としても利用されました。ロクロ島の周囲には、大小さまざまな島々が連なっており、その美しい景観は「長崎の秘境」とも呼ばれています。 ロクロ島には、現在では人が住んでいませんが、かつては、約200人が暮らす小さな集落がありました。集落は、島の中央部に位置しており、平戸市の平戸島からは、約15キロメートル離れたところにあります。ロクロ島は、かつては、漁業や農業を生業とする人々が暮らしていましたが、1970年代に無人島となりました。現在は、ロクロ島に渡る定期船はありませんが、平戸市が運航する観光船や漁船などで、島を訪れることができます。
施設名・ロケ地

曽根港の歴史と特徴

曽根港の概要と沿革 曽根港は、神奈川県横浜市鶴見区に位置する港湾です。京浜工業地帯の中核をなす港湾として、1912年(明治45年)に開港しました。総面積は約500haで、水深は最大12mです。 曽根港は、京浜工業地帯の企業が使用する物資の輸出入に利用されています。また、観光客向けのクルーズ船の発着地としても利用されています。 曽根港の歴史は古く、平安時代にはすでに、この地に集落が形成されていたとされています。江戸時代には、幕府の直轄地となり、軍艦の建造や修理が行われていました。明治時代になると、横浜港の開港に伴い、曽根港も開港され、貿易港として発展しました。 大正時代には、京浜工業地帯の開発が進み、曽根港は、京浜工業地帯の企業が使用する物資の輸出入に利用されるようになりました。また、第二次世界大戦中には、軍需物資の輸送に利用され、重要な役割を果たしました。 戦後、曽根港は、京浜工業地帯の復興とともに、再び発展しました。1960年代には、コンテナ埠頭の建設が開始され、1970年代には、石油埠頭の建設が開始されました。1980年代には、客船埠頭の建設が開始され、曽根港は、国際貿易港として整備されました。 1990年代には、京浜工業地帯の衰退に伴い、曽根港の貨物取扱量は減少しました。しかし、2000年代に入ると、再び貨物取扱量は増加に転じ、曽根港は、京浜工業地帯の物流拠点として、重要な役割を果たしています。