単気筒

モノの名前

KX65とは?特徴と歴史を解説!

KX65の特徴 KX65は、カワサキが製造しているオフロードバイクです。2000年に発売され、現在も販売されています。KX65は、65ccのエンジンを搭載しており、軽量で操作しやすいのが特徴です。また、高いサスペンション性能を備えているため、悪路でも安定した走行が可能です。 KX65は、オフロードバイクの入門用として最適なモデルです。また、レースに参加したいという人にもおすすめです。KX65は、数多くのレースで優勝しており、その性能は折り紙付きです。 KX65の特徴を詳しく見ていきましょう。 ・軽量で操作しやすい KX65は、乾燥重量がわずか49kgです。これは、オフロードバイクとしては非常に軽量です。そのため、女性や子供でも簡単に乗りこなすことができます。また、KX65はシート高が低いため、足つき性も抜群です。 ・高いサスペンション性能 KX65は、フロントに43mmの倒立フォーク、リアに単筒ショックアブソーバーを採用しています。これらは、高いサスペンション性能を発揮し、悪路でも安定した走行を可能にします。 ・パワフルなエンジン KX65は、65ccのエンジンを搭載しています。このエンジンは、最高出力18psを発揮します。これは、オフロードバイクとしては十分なパワーです。また、KX65はエンジン回転数が低くてもトルクが太いため、扱いやすいのも特徴です。 KX65は、オフロードバイクの入門用として最適なモデルです。また、レースに参加したいという人にもおすすめです。KX65は、数多くのレースで優勝しており、その性能は折り紙付きです。
モノの名前

Dトラッカーのすべて 昔も今も愛されるオフロードバイク

Dトラッカーとは? Dトラッカーは、1998年にカワサキから発売されたオフロードバイクです。250ccの単気筒エンジンを搭載し、軽量で取り回しやすい車体が特徴です。オンロードでの走行性能にも優れており、街乗りから林道ツーリングまで幅広く楽しむことができます。 Dトラッカーの名前は、ダートトラックレースで活躍するマシンのような走破性と、トラッカーのようなスタイリッシュなデザインを併せ持っていることに由来しています。発売当初から人気を集め、現在でも多くのライダーに愛されています。 Dトラッカーには、標準モデルに加えて、よりオフロードでの走行性能を高めた「DトラッカーX」と、スーパーモタード仕様の「DトラッカーSM」がラインナップされています。いずれも個性的で魅力的なモデルで、ライダーの好みに合わせて選ぶことができます。
モノの名前

「LS650サベージ」の歴史と魅力

LS650サベージとは? LS650サベージは、1986年にスズキが発売したミドルクラスのクルーザーモデルである。空冷4ストロークOHV単気筒エンジンを搭載し、その力強いトルクと扱いやすさで、発売以来多くの人に愛されてきた。 サベージという名前は、野蛮人や未開人を意味する言葉であり、その名の通り、ワイルドで力強いスタイリングが特徴である。また、サベージは非常にカスタマイズ性が高く、様々なカスタムパーツが発売されているため、自分好みのスタイルに仕上げることもできる。 サベージの最大の魅力は、その力強いトルクと扱いやすさである。空冷単気筒エンジンは、低回転域から力強いトルクを発揮し、街乗りから高速道路まで、あらゆるシーンで快適な走りが楽しめる。また、サベージは非常に軽量なため、取り回し性に優れており、初心者でも安心して乗ることができる。 サベージは、発売以来30年以上が経過した現在でも、多くのファンに愛され続けている。その力強いトルクと扱いやすさ、そしてカスタマイズ性の高さは、今でも多くのライダーを魅了している。
モノの名前

CRM250Rのすべて

-ホンダのオフロードモデル、CRM250Rとは- CRM250Rとは、ホンダが1989年から2005年まで製造・販売していたオフロードタイプのオートバイです。水冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、その排気量は249cc。最高出力はピークパワー53馬力を8500回転で発生し、最大トルクは4.7kg・mを7500回転で発生します。乾燥重量は101kgで、ガソリンタンク容量は8.5L。前後サスペンションは、フロントがテレスコピック式、リアがプロリンク式を採用しています。 CRM250Rは、その軽量な車体とパワフルなエンジンにより、悪路での走破性を重視したオフロードモデルとして人気を博しました。また、オフロードレースにも積極的に参戦し、数々のタイトルを獲得するなど、その実力も証明されています。 CRM250Rは、現在では生産終了となっていますが、中古車市場では依然として人気があり、オフロードバイク愛好家から高い評価を得ています。
モノの名前

TS400の魅力を解説

-TS400の歴史- TS400は、ヤマハ発動機が1975年に発売したオフロードバイクです。オフロードバイクの歴史は古く、1900年代初頭にはすでに存在していましたが、本格的に普及し始めるのは1960年代後半からでした。その当時は、主にアメリカのメーカーがオフロードバイクを生産しており、日本メーカーはほとんど参入していませんでした。 ヤマハ発動機は、1960年代後半にオフロードバイク市場に参入することを決意し、TS400の開発に着手しました。TS400は、ヤマハ発動機初のオフロードバイクであり、当時としては画期的なバイクでした。軽量でコンパクトな車体、強力なエンジン、そして優れたサスペンションを持っていました。 TS400は、発売されるとすぐに大ヒットしました。オフロードバイク市場は、それまでアメリカメーカーが支配していましたが、TS400の登場により、日本メーカーもオフロードバイク市場に参入するようになりました。TS400は、オフロードバイクの普及に貢献し、現在のオフロードバイク市場の基礎を築いたバイクです。 TS400は、1985年まで生産されました。その間、マイナーチェンジを繰り返し、より高い性能を持つようになりました。TS400は、オフロードバイクの歴史に残る名車であり、今も多くのファンに愛されています。
モノの名前

ホンダ フォーサイトとは

-フォーサイトの歴史と特徴- ホンダ フォーサイトは、本田技研工業が2000年から2008年まで製造・販売していたスクータータイプのオートバイです。エンジンは水冷・4ストローク・OHC・単気筒で、排気量は250cc。最高出力は22馬力、最大トルクは2.2kg-mです。トランスミッションはCVT(無段変速機)で、駆動方式はベルトドライブです。 フォーサイトは、広い足元空間や豊富な収納スペースを備えた実用的なスクーターとして人気を集めました。また、低燃費で扱いやすいことから、初心者ライダーにもおすすめのモデルです。 フォーサイトの特徴としては、まず、そのスタイリッシュなデザインが挙げられます。シャープなヘッドライトや流れるようなボディラインは、他のスクーターとは一線を画す存在感があります。 また、フォーサイトは、その高い走行性能も魅力です。水冷・4ストロークエンジンは、力強く滑らかな加速を実現します。また、CVT(無段変速機)は、スムーズな変速で快適なライディングを可能にします。 さらに、フォーサイトは、その優れた燃費性能も注目すべき点です。カタログ上の燃費は、55km/lとなっていますが、実燃費では60km/l以上を記録することも可能となっています。 このように、ホンダ フォーサイトは、スタイリッシュなデザイン、高い走行性能、優れた燃費性能を兼ね備えたスクーターです。街乗りからツーリングまで、幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。
モノの名前

「ジョルノ」について

ジョルノの歴史 ジョルノは、1994年にイタリアで生産を開始した、イタリアのオートバイメーカーであるピアッジオのスクーターブランドである。ジョルノという名前はイタリア語で「一日」を意味する"giorno"に由来しており、毎日の生活に欠かせない存在となることを目指して名付けられた。 ジョルノは、そのスタイリッシュなデザインと、扱いやすい走行性能で人気を博し、世界中で販売されている。特に、ヨーロッパや東南アジアでは、多くのライダーに愛されている。ジョルノは、1994年の発売以来、何度もモデルチェンジが行われており、現在は4代目モデルが販売されている。 4代目ジョルノは、2018年に発売された。従来のモデルよりもさらにスタイリッシュなデザインとなり、走行性能も向上した。また、燃料噴射装置を搭載したことで、燃費も向上した。4代目ジョルノは、現在も世界中で販売されており、多くのライダーに愛されている。
モノの名前

ヤマハTZM50Rのすべて

-TZM50Rの歴史- TZM50Rは、ヤマハ発動機が1986年から1993年まで生産していた2ストローク50ccロードレーサーである。その歴史は、1980年代初頭にヤマハがロードレースで成功するために、50ccクラスのレーシングマシンを開発するプロジェクトを立ち上げたことに始まる。このプロジェクトは、1982年にTZM50というマシンが完成し、ロードレースでデビューを果たした。TZM50は、1983年に全日本ロードレース選手権50ccクラスで優勝し、ロードレースでの成功を収めた。 1986年、ヤマハはTZM50Rを発売した。TZM50Rは、TZM50の改良型であり、最高出力は11.5馬力にまで引き上げられていた。TZM50Rは、ロードレースで成功を収め、1987年に全日本ロードレース選手権50ccクラスで優勝した。1993年に生産が終了するまでに、TZM50Rはロードレースで多くの勝利を収めた。 TZM50Rは、その高い性能と軽量な車体が特徴で、レーサーの間で人気を博した。また、TZM50Rは、そのスタイリッシュなデザインから、一般ユーザーの間でも人気を博した。TZM50Rは、現在でも中古車市場で人気があり、その価格は高騰している。
モノの名前

ジェベル250の概要と歴史

-ジェベル250の誕生と開発- ジェベル250の誕生は、1980年代初頭にさかのぼります。当時、スズキは、オフロードレースとラリーに参戦するための新しい軽量で強力なオートバイの開発を目指していました。その結果、1982年にジェベル250が誕生しました。 ジェベル250は、その軽量さと優れたオフロード性能で、すぐに好評を博しました。また、そのスタイリッシュなデザインも人気の理由の一つでした。ジェベル250は、世界中で販売され、スズキのオフロードオートバイのラインナップにおいて重要なモデルとなりました。 ジェベル250は、その後、何度かのマイナーチェンジを経て、1998年まで生産されました。その間、ジェベル250は、ダカールラリーやその他のオフロードレースで数々の勝利を収め、スズキのオフロードオートバイとしての地位を確固たるものにしました。 ジェベル250は、その生産終了後も、多くのオフロードライダーに愛され続けています。その軽量で扱いやすい車体、優れたオフロード性能、そしてスタイリッシュなデザインは、今でも多くのライダーを魅了しています。
モノの名前

「MB5」の魅力

エンジンの特徴 MB5のエンジンは、水冷2ストローク単気筒で、排気量は49ccです。最高出力は6.6ps/7,500rpm、最大トルクは0.6kgm/6,500rpmを発揮します。このエンジンは、高回転域での伸びが良く、街乗りからワインディングまで、幅広いシーンで活躍します。また、燃費も良く、リッターあたり約30kmの走行が可能です。 MB5のエンジンは、信頼性も高く、長距離ツーリングにも安心して使用できます。また、メンテナンス性も良く、自分でメンテナンスを行うことも可能です。 MB5のエンジンは、その軽快な走りや、燃費の良さ、そして信頼性など、多くの魅力を備えています。このエンジンは、MB5を人気車種にした大きな要因の一つです。
モノの名前

スペイシー50のすべて

スペイシー50の概要 スペイシー50は、本田技研工業が製造販売しているスクータータイプの原付二種オートバイである。1985年に発売され、2023年現在も生産が続いているロングセラーモデルである。 スペイシー50の特徴は、その高い実用性にある。シート下には大容量の収納スペースが確保されており、買い物や通勤・通学など、さまざまな用途に活用することができる。また、ステップボードが広く、足元がゆったりしているため、長距離走行でも疲れにくい。 エンジンは、空冷4サイクル単気筒SOHC2バルブを搭載している。最高出力は4.5馬力、最大トルクは4.9Nmを発揮する。燃費は、50km/l以上を実現している。 車体は、スチール製のアンダーボーンフレームを採用している。サスペンションは、前輪がテレスコピックフォーク、後輪がスイングアーム式となっている。ブレーキは、前輪がディスクブレーキ、後輪がドラムブレーキとなっている。 スペイシー50は、その高い実用性と経済性から、幅広い層から支持されている。特に、買い物や通勤・通学に使用するユーザーに人気が高い。
モノの名前

NSR125Fとの出会い

イタリア生産のロードスポーツモデル NSR125Fは、1988年にホンダが発売したロードスポーツモデルです。イタリアのホンダの子会社であるホンダイタリアが製造し、日本国内では限定販売されました。 NSR125Fは、当時流行していたレーサーレプリカスタイルを採用しており、角張ったフォルムやカウルの中にヘッドライトを埋め込んだデザインが特徴です。エンジンは、水冷2ストローク単気筒125ccを搭載し、最高出力は15馬力でした。 NSR125Fは、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りが人気を博し、1990年代前半には、日本の公道でも多く見かけるようになりました。しかし、1990年代後半になると、4ストロークエンジンのバイクが主流となり、NSR125Fは生産終了となりました。 現在では、NSR125Fは希少価値の高いバイクとなっており、中古市場でも高値で取引されています。そのスタイリッシュなデザインと軽快な走りは、今でも多くのライダーを魅了しています。
モノの名前

XT500とは?パリダカで優勝したオフロードバイク

XT500の歴史と概要 XT500は、1976年にヤマハ発動機が発売したオフロードバイクです。パリダカールラリーで優勝したことで知られ、日本国内でも人気を集めました。XT500は、空冷4ストローク単気筒500ccエンジンを搭載し、最高出力は35馬力、最大トルクは3.6kgmを発生します。車重は145kgで、最高速度は160km/hです。XT500は、優れたオフロード性能と高い耐久性で評価され、多くのライダーに愛されました。しかし、1982年に生産が終了し、後継車種としてXT600が発売されました。 XT500は、オフロードバイクとしての基本性能を備え、扱いやすい車体とパワフルなエンジンで人気を集めました。また、XT500は、パリダカールラリーで優勝したことで一気に知名度が高まり、世界中のライダーに知られるようになりました。生産終了から40年近くが経った現在も、XT500は多くのライダーに愛され続けており、中古車市場でも人気です。
モノの名前

TS200Rのススメ

TS200Rの魅力 TS200Rは、1980年代に発売された2ストローク単気筒195ccのオフロードバイクです。その軽量な車体とパワフルなエンジンで人気を博し、現在でも多くの人に愛されています。 TS200Rの魅力は、何と言ってもその走破性です。軽量な車体と長いサスペンションストロークにより、悪路でも軽快に走ることができます。また、パワフルなエンジンは、急な坂道も楽に登ることができます。 TS200Rは、そのデザインも魅力的です。シャープなフォルムと鮮やかなカラーリングは、見る人を魅了します。また、細かい部分まで丁寧に仕上げられた車体は、所有する喜びを感じさせてくれます。 TS200Rは、オンロードでもオフロードでも楽しめるバイクです。通勤や通学に使うこともできますし、休日にツーリングに行くこともできます。また、オフロードコースを走ることもできます。 TS200Rは、現在でも中古市場で販売されています。価格は、年式や走行距離によって異なりますが、一般的には30万円前後で取引されています。
モノの名前

YZ250Fでモトクロスに挑め!

YZ250Fのスペックと特徴 YZ250Fは、ヤマハ発動機が製造するモトクロッサーです。2001年に発売され、現在も生産されています。YZ250Fは、250ccクラスのモトクロッサーの中では、最も人気のあるモデルの一つです。その理由は、軽量で扱いやすく、パワーとトルクが十分にあるからです。 YZ250Fのエンジンは、水冷4ストローク単気筒です。排気量は249ccで、最高出力は39馬力、最大トルクは29Nmです。エンジンは、軽量でコンパクトな設計になっており、車体の重量を軽減しています。また、エンジンは、低回転域から高回転域まで、スムーズにパワーを発揮します。 YZ250Fの車体は、アルミ製です。車体の重量は、106kgです。車体は、軽量で強度に優れており、モトクロスでの激しい走行に耐えることができます。また、車体は、スリムでコンパクトな設計になっており、ライダーの動きを妨げません。 YZ250Fのサスペンションは、フロントが倒立フォーク、リアがモノショックです。フロントの倒立フォークは、φ48mmのKYB製です。リアのモノショックは、φ50mmのKYB製です。サスペンションは、モトクロスでの激しい走行に耐えられるように、十分なストローク量があります。また、サスペンションは、調整機構が充実しており、ライダーの体重や好みに合わせてセッティングすることができます。 YZ250Fのブレーキは、フロントがシングルディスク、リアがシングルディスクです。フロントのシングルディスクは、φ270mmのフローティングディスクです。リアのシングルディスクは、φ245mmの固定ディスクです。ブレーキは、強力でコントロール性に優れており、モトクロスでの激しい走行でも、安心してブレーキングすることができます。 YZ250Fは、モトクロスでの激しい走行に耐えられるように、十分な耐久性を備えています。また、YZ250Fは、軽量で扱いやすく、パワーとトルクが十分にあるので、モトクロス初心者から上級者まで、幅広いライダーに適しています。
モノの名前

ヤマハRD50のすべて

RD50の歴史 ヤマハRD50は、1973年にヤマハ発動機が発売したオートバイである。当時の日本では自動二輪免許を取得するための年齢制限があったため、それまでオートバイに乗れなかった16歳以上の若年層をターゲットにした車種として開発された。海外市場では、スポーツ志向の強いRD250やRD350などの兄弟車とともに、ヤマハのスポーツモデルの入門車として販売された。 RD50は、空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載した車体で、最高速度は80km/h程度であった。当時はまだまだ二輪車に対する交通規制が厳しく、その中でRD50は最高速度80km/hという性能を持ちながらも、免許証の条件をクリアしているという絶妙なバランスのオートバイとして人気を博した。 RD50は、そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能で、1970年代後半から1980年代前半にかけて大ヒットした。特に、1980年に公開された映画「翔んだカップル」で、主演の薬師丸ひろ子がRD50に乗るシーンが話題となり、一躍人気車種となった。 1983年、RD50はモデルチェンジが行われ、2ストローク単気筒エンジンは水冷式となり、最高出力は10PSに向上した。また、デザインも一新され、よりスポーティな印象となった。このモデルは、1987年まで生産された。 RD50は、ヤマハ発動機が1970年代から1980年代にかけて販売したオートバイの中で最も人気のある車種の一つである。そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能は、現在でも多くのオートバイファンに愛されている。
モノの名前

GB250クラブマンの魅力を徹底解説!

-GB250クラブマンの歴史と背景- GB250クラブマンは、1980年にホンダから発売されたオートバイです。CB250RSの後継車種として開発され、前身車から大幅に改良されています。 GB250クラブマンは、当時としては先進的なデザインを採用しています。角ばったシルエットと、前後フェンダーを一体化したデザインは、非常に斬新でした。エンジンは、空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒の250ccで、最高出力は28馬力。トランスミッションは、5速マニュアル式です。 GB250クラブマンは、そのスタイリッシュなデザインと軽快な走行性能で人気を集めました。発売からすぐにヒット作となり、1980年代を代表するオートバイのひとつとなりました。 GB250クラブマンは、1982年にマイナーチェンジが行われ、1983年には生産終了となりました。しかし、その人気は衰えることなく、現在でも旧車市場で人気を集めています。
モノの名前

CB400SSの魅力とは

CB400SSの乗りやすさは、その扱いやすさにあります。車体はスリムでコンパクト、シート高も低く、取り回しが非常に楽です。また、エンジンは低回転域からトルクフルで、アクセルをひねるだけでスムーズに加速していきます。さらに、サスペンションはしなやかで、乗り心地も良好です。そのため、初心者からベテランまで、幅広いライダーに愛されるモデルとなっています。 CB400SSの乗りやすさは、街乗りだけでなく、ツーリングやワインディングロードでも発揮されます。街乗りでは、その小回りの良さと、低速域での扱いやすさが光ります。ツーリングでは、快適な乗り心地と、長距離を走っても疲れにくいポジションが魅力です。ワインディングロードでは、軽快なハンドリングと、鋭い加速が楽しめます。 CB400SSは、誰にでも扱いやすい乗りやすいバイクです。初心者からベテランまで、幅広いライダーに愛されるモデルとなっています。街乗り、ツーリング、ワインディングロード、どのシチュエーションでも、その乗りやすさを実感することができるでしょう。
モノの名前

スズキ・SP370の魅力と歴史

SP370は、1973年にスズキが発売した2ストローク370ccのオフロードバイクです。スズキのオフロード部門の創設者である鈴木修氏が自ら指揮を執って開発されたマシンで、スズキのオフロードバイクの歴史において重要な1台です。 SP370は、当時最先端の技術を惜しみなく投入して作られた意欲作で、2ストロークエンジンの特性を活かした軽量・コンパクトな車体と、足回りに採用されたモノショックサスによる高い走行性能を誇っていました。また、スタイリッシュなデザインも話題となり、多くのライダーの憧れの的となりました。 SP370は、発売後すぐにレースシーンでも活躍し、1973年の全日本モトクロス選手権では、全5戦中3戦で優勝を飾りました。また、1974年には世界モトクロス選手権250ccクラスに参戦し、シリーズチャンピオンを獲得しています。 SP370は、その後もマイナーチェンジを繰り返しながら1982年まで生産され、スズキのオフロードバイクの代表的な車種として親しまれました。現在でも、多くのファンに愛され続けている名車です。
モノの名前

AR125の魅力と歴史

- AR125の特徴と性能 AR125は、1985年にホンダが発売したスクータータイプのオートバイです。ARは「ホンダ・アトミック・リトル・ランナバウト」の略で、その名の通り、小柄で扱いやすい軽量モデルとして人気を集めました。エンジンは、空冷2ストローク単気筒125ccで、最高出力は12馬力、最大トルクは1.1kgmを発揮します。ミッションは、無段変速のVベルト式で、操作は簡単です。車体は、スリムでコンパクトなデザインで、取り回しも良好です。サスペンションは、前輪がテレスコピック式で、後輪がスイングアーム式を採用しています。ブレーキは、前輪がディスク式で、後輪がドラム式を採用しています。燃費は、30km/l前後で、実用性も高いモデルです。 AR125は、その小柄な車体と扱いやすい性能で、初心者や女性ライダーに人気のモデルでした。また、そのスタイリッシュなデザインも人気を集め、一時期は街中でよく見かけるモデルでした。しかし、時代とともに生産終了となり、現在は中古市場で取引されています。しかし、その人気は衰えることなく、中古市場でも高値で取引されています。
モノの名前

TZ125:ヤマハのレーシングマシンの歴史を語る

TZ125とは、ヤマハが1973年から1990年まで製造・販売していたレーシングオートバイです。ロードレース世界選手権(WGP)の125ccクラスのレーサーとして開発され、1973年のWGP第1戦でデビューしました。TZ125は、2ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力は15PS以上、最高速度は150km/h以上でした。また、軽量な車体と優れたハンドリング性能を備えており、WGPの125ccクラスにおいて多くのタイトルを獲得しました。1973年のデビュー以来、TZ125はWGPの125ccクラスで活躍を続け、1990年にWGPから撤退するまで、数多くのタイトルを獲得しました。
モノの名前

GB400ツーリストトロフィーの魅力

GB400ツーリストトロフィーの魅力GB400ツーリストトロフィーとは。GB400ツーリストトロフィーは、本田技研工業が1985年から1989年にかけて製造・販売したオートバイです。総排気量は399ccで、普通自動二輪車に分類されます。エンジン形式は、空冷4ストローク単気筒SOHCで、1960年代のイギリスで活躍したロードレース仕様車を模したデザインを持っています。単気筒のノンカウルモデルとなっており、クラシックな雰囲気を醸し出すオートバイとして人気を博しました。
モノの名前

不屈のオフロードレーサー RM250

スズキが誇るオフロードレーサー スズキは、1970年代からオフロードレーサーの開発に注力しており、その中でもRM250は、優れた性能と信頼性で高い評価を得たモデルです。RM250は、軽量かつコンパクトな車体、強力なエンジン、優れたサスペンションなど、オフロード走行に適した設計となっています。また、RM250は、世界各地で開催されるオフロードレースで数多くの勝利を収めており、その実力は世界に認められています。 RM250は、初心者から上級者まで幅広いライダーに適しており、オフロード走行の楽しさを存分に味わうことができます。また、RM250は、様々なカスタマイズ パーツが用意されており、ライダーの好みに合わせて自分だけのマシンを作り上げることができます。 スズキは、RM250の開発を通して、オフロードレーサーの技術を向上させ、常に新しい挑戦を続けています。RM250は、スズキのオフロードレーサーを代表するモデルであり、これからも多くのライダーに愛され続けるでしょう。
モノの名前

NSR50:ホンダが1987年から販売したオートバイ

NSR50の歴史 ホンダのNSR50は、1987年から1999年まで販売された2ストローク50ccオートバイです。競技場での成功に後押しを受けて登場しましたが、ホンダの歴史の中で最も成功したオートバイの1つとなり、100万台以上が販売されました。 NSR50は、1980年代半ばに登場した他の50ccオートバイよりもはるかに高性能でした。最高時速は70km/h以上に達し、0-400m加速は15秒を切る速さでした。この性能は、NSR50がレースで大活躍するのに役立ち、1987年から1991年までの5年間で、ロードレース世界選手権50ccクラスで5連覇を達成しました。 NSR50の成功は、そのレーサーレプリカ的なデザインにも助けられました。NSR50は、ホンダのロードレース世界選手権マシンであるNSR500を彷彿とさせるデザインで、若者を中心に人気を博しました。 NSR50は、1990年代後半に生産終了となりましたが、今でも多くのファンに愛されています。その性能とデザインは、今なお色あせることなく、中古市場でも高値で取引されています。