厚岸郡

地名・ロケ地

国泰寺の魅力と歴史

国泰寺の概要と歴史 国泰寺は、東京都世田谷区にある臨済宗円覚寺派の寺院です。建長8年(1256年)、北条時頼が南宋禅僧の蘭渓道隆を招いて開山したのが始まりとされています。鎌倉五山の第4位に列せられ、中世には禅を学びたい僧侶たちが多く集まる、禅宗の重要な拠点のひとつでした。 国泰寺の境内には、本堂、庫裏、方丈、開山堂、鐘楼、経堂、浴室などがあります。本堂は、寛政12年(1800年)に再建されたもので、入母屋造り、本瓦葺きの建物です。庫裏は、明治10年(1877年)に再建されたもので、寄棟造り、本瓦葺きの建物です。方丈は、元禄13年(1700年)に再建されたもので、入母屋造り、本瓦葺きの建物です。開山堂は、文政12年(1829年)に再建されたもので、入母屋造り、本瓦葺きの建物です。鐘楼は、江戸時代中期に再建されたもので、入母屋造り、本瓦葺きの建物です。経堂は、明治20年(1887年)に再建されたもので、寄棟造り、本瓦葺きの建物です。浴室は、江戸時代中期に再建されたもので、切妻造り、本瓦葺きの建物です。 国泰寺は、鎌倉五山のひとつとして、また、禅宗の重要な拠点のひとつとして、多くの僧侶たちが集まる寺院でした。境内には、本堂、庫裏、方丈、開山堂、鐘楼、経堂、浴室などがあり、いずれも歴史的な価値の高い建物です。
モノの名前

牡蠣最中(北海道厚岸郡厚岸町の銘菓)徹底解剖

牡蠣最中の歴史 牡蠣最中は、北海道厚岸郡厚岸町の銘菓として知られるお菓子です。その歴史は古く、明治時代初期にまで遡ります。厚岸町は、牡蠣の産地として知られており、牡蠣の佃煮や牡蠣の缶詰などが名物として販売されていました。ある日、厚岸町の菓子職人が、牡蠣の佃煮を最中に挟んで食べてみたところ、その美味しさに驚き、牡蠣最中を考案しました。牡蠣最中は、瞬く間に厚岸町の名物となり、現在では全国各地で販売されています。 牡蠣最中は、サクサクとした最中の皮と、甘辛い牡蠣の佃煮のハーモニーが特徴です。牡蠣の佃煮は、牡蠣の旨味が凝縮されており、最中の皮との相性は抜群です。牡蠣最中は、そのまま食べても美味しいですが、温めて食べるのもおすすめです。温めると、最中の皮がパリパリになり、牡蠣の佃煮の風味がより一層引き立ちます。牡蠣最中は、お茶請けやちょっとした手土産にも最適です。
地名・ロケ地

必見!火散布沼の魅力を徹底解剖!

-火散布沼とは?その魅力と特徴- 火散布沼は、岩手県久慈市にある、周囲約1kmのカルデラ湖です。カルデラとは、火山の噴火によってできた窪地であり、火口から流れ出た溶岩や灰が堆積してできたものです。火散布沼は、約2万年前の噴火によってできたカルデラであり、その名の通り、火口から散布された溶岩や灰が堆積してできた沼です。 火散布沼の魅力は何といっても、その美しい景色です。カルデラ湖の周囲には、緑豊かな森林が広がり、湖面に映る景色は絶景です。また、火散布沼は、周囲の森林に生息する野鳥の観察スポットとしても知られており、バードウォッチングを楽しむことができます。 火散布沼の特徴は、その高酸性の水質です。火散布沼のPHは、1.0前後であり、これはレモンよりも酸性です。この高酸性の水質は、火散布沼の火口から噴出する硫黄ガスによるものです。硫黄ガスが水と反応して、硫酸が発生し、これが火散布沼を酸性化しています。 火散布沼の酸性度の高さは、生物の生息を困難にしていますが、同時に、火散布沼の独特の景観を作り出しています。火散布沼の湖畔には、酸性の水質に耐えられる植物が生息しており、その植物が織りなす景色は、他の場所では見ることができません。また、火散布沼の酸性度の高さは、魚などの生物の生息を困難にしていますが、同時に、火散布沼には、希少な水生生物が生息しています。
地名・ロケ地

「大黒島」~北海道の秘境を行く

大黒島の歴史と文化を知る 大黒島は、北海道南部の太平洋に浮かぶ小さな島です。面積は約1.5平方キロメートル、人口は約100人です。島の周囲は断崖絶壁で、中央には標高162メートルの山がそびえています。大黒島は、その独特の自然景観と、古くから伝わる独自の文化で知られています。 大黒島の歴史は、縄文時代まで遡ります。縄文時代には、大黒島に人々が住んでおり、貝塚や土器などの遺物が発見されています。平安時代には、大黒島は奥州藤原氏の支配下に置かれ、鎌倉時代には北条氏の支配下に入りました。室町時代には、大黒島は蠣崎氏の支配下に入り、江戸時代には松前藩の支配下に入りました。明治維新後は、北海道庁の管轄となり、現在に至っています。 大黒島の文化は、アイヌ文化と和文化が混在した独特のものです。アイヌ文化の影響を受けた民謡や踊り、和文化の影響を受けた祭りや伝統芸能などが残されています。大黒島には、アイヌ文化と和文化の交流の歴史を伝える史跡や文化財が多く残されており、それらは大黒島の歴史と文化を知る貴重な資料となっています。
施設名・ロケ地

厚岸グルメパーク:北海道の海の幸を味わう

厚岸グルメパークの魅力 厚岸グルメパークは、厚岸町の特産品である牡蠣やホタテ、アサリなどの海の幸を味わえる飲食店が立ち並ぶグルメスポットです。新鮮な海産物を安く手に入れられる市場もあり、地元の人にも観光客にも人気があります。 厚岸グルメパークで最も人気のある料理は、牡蠣を使った料理です。牡蠣フライや牡蠣鍋、牡蠣の炊き込みご飯など、牡蠣を使った料理はバラエティ豊か。牡蠣の濃厚な味わいを存分に楽しむことができます。 ホタテやアサリを使った料理も人気が高く、ホタテのバター焼きやアサリの酒蒸しなど、新鮮なホタテやアサリをふんだんに使った料理が味わえます。 また、厚岸グルメパークには、海産物以外の料理を提供する飲食店もあります。ラーメン店やそば店、寿司店など、さまざまなジャンルの飲食店が入っているので、どんな人でも楽しめるでしょう。 厚岸グルメパークの魅力は、新鮮な海産物を安く手に入れられることです。市場では、牡蠣やホタテ、アサリなどの海の幸が安く売られており、自分で料理をすることもできます。 また、厚岸グルメパークは、厚岸町の観光スポットにも近く、アクセスしやすいのも魅力です。厚岸町には、厚岸湖や厚岸湿原などの自然豊かなスポットがあり、観光客に人気です。 厚岸グルメパークは、北海道の海の幸を味わうことができるグルメスポットです。新鮮な海産物を安く手に入れられる市場もあり、地元の人にも観光客にも人気があります。
地名・ロケ地

北海道厚岸郡厚岸町「厚岸小島」のすべて

北海道厚岸郡厚岸町に位置する「厚岸小島」は、厚岸湾に浮かぶ面積約0.3平方キロメートルの小さな島です。小島の周囲は約1.6キロメートルで、最高標高は約11メートルです。小島の地質は主に砂岩と泥岩で構成されており、海岸線は岩礁が多いのが特徴です。 小島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたことがわかっています。縄文時代の遺跡からは、土器や石器、貝塚などが発見されており、小島が古くから人々の生活の場として利用されていたことがわかります。その後、アイヌの人々が小島に住み着き、漁業や狩猟をしながら生活していました。江戸時代には、厚岸に場所が置かれ、小島は漁業の拠点として発展しました。明治時代になると、小島に学校が開校し、小島の人々は教育を受けるようになりました。昭和時代には、小島に道路が建設され、本土とのアクセスが良くなりました。現在は、小島には約100人が居住しており、漁業や観光業を営んでいます。
モノの名前

大黒さんまの魅力

大黒島とは? 鹿児島県薩摩川内市にある大黒島は、薩摩半島最南端の島です。面積は約1.2平方キロメートル、人口は約100人です。島には、大黒神社や大黒温泉など、多くの観光スポットがあります。 大黒島は、薩摩半島の先端に位置し、東シナ海に浮かぶ小さな島です。島は、周囲約4キロメートル、面積約1.2平方キロメートルで、人口は約100人です。島の海岸線は、入り江や岬が多く、変化に富んでいます。島の中央には、標高131メートルの山があり、島の最高峰となっています。 大黒島は、温暖な気候で、亜熱帯性の植物が生息しています。島には、サクラ、ツツジ、ハイビスカスなど、さまざまな花が咲き乱れています。また、島には、ウミガメやアオウミガメなどの海ガメが生息しています。 大黒島は、観光地としても知られており、毎年多くの観光客が訪れます。島には、大黒神社や大黒温泉、大黒島灯台など、多くの観光スポットがあります。また、島では、海釣りやシュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

「正行寺」ってどんなお寺?

正行寺の歴史と沿革 正行寺は、1591年に開山された臨済宗妙心寺派の寺院です。開山は、妙心寺第38世、愚中周及禅師です。愚中周及禅師は、近江国甲賀郡水口町(現在の滋賀県甲賀市水口町)の生まれで、幼い頃から仏教に帰依していました。16歳で妙心寺に入り、修行を重ねた後、1587年に妙心寺第37世、退耕行勇禅師の法を嗣ぎました。そして、1591年に京都市中京区に正行寺を開山しました。 正行寺は、開山以来、多くの僧侶や檀信徒に支えられて栄えてきました。江戸時代には、徳川将軍家から朱印状を賜り、寺領も広がりました。また、多くの文人や墨客が正行寺を訪れ、詩歌や書画を寄進しました。 明治維新後は、廃仏毀釈運動の影響を受けて一時衰退しましたが、その後、復興を果たしました。現在、正行寺は、京都市中京区の観光スポットの一つとして多くの人々に親しまれています。
地名・ロケ地

大黒島を知る

オホーツク海に浮かぶ孤島 大黒島は、北海道根室市に属する離島であり、面積は約1.3平方キロメートル、周囲約4.5キロメートルです。オホーツク海のほぼ中央に位置し、北海道本土からは約28キロメートル離れています。島の最高点は標高約130メートルで、その頂上からはオホーツク海の雄大な景色を眺めることができます。 大黒島は、周囲を断崖絶壁に囲まれた険しい地形をしており、島のほとんどが森林で覆われています。島の東側には、美しい砂浜が広がっています。大黒島には、常住人口はおらず、現在は無人島となっています。しかし、夏季には、観光客や釣り客が訪れます。 大黒島は、その美しい景色と豊かな自然から、観光客に人気のあるスポットです。島の東側にある砂浜は、海水浴やキャンプに最適な場所です。また、島の周囲の海は、釣りやダイビングのポイントとして知られています。 大黒島は、オホーツク海の離島ならではの美しい景色と豊かな自然を有する魅力的な島です。一度は訪れてみたい場所です。