原題《MurderthroughtheLookingGlass》

作品名

もうひとりの僕の殺人

大見出し「もうひとりの僕の殺人」の下に作られた小見出しの「マイケル・ヴェニングとクレイグ・ライス」は、二つの異なる事件について述べている。 マイケル・ヴェニングは、2011年に母親を殺害したとして有罪判決を受けた。彼は、母親をハンマーで殴打して殺害し、その後、彼女の遺体を裏庭に埋めた。ヴェニングは、精神疾患を患っており、犯行当時、その疾患のために責任能力を欠いていたと主張したが、裁判所はこれを認めなかった。 クレイグ・ライスは、2012年に妻を殺害したとして有罪判決を受けた。彼は、妻を絞殺し、その後、彼女の遺体を浴槽に沈めた。ライスは、妻との間にトラブルがあり、犯行当時は、そのトラブルに悩まされていたと主張したが、裁判所はこれを認めなかった。 二つの事件には、多くの類似点がある。両方の事件で、犯人は家族を殺害しており、その動機はトラブルや精神疾患であった。また、両方の事件で、犯人は有罪判決を受け、懲役刑を言い渡されている。しかし、二つの事件には、いくつかの相違点もある。ヴェニングの事件では、被害者は母親であったが、ライスの事件では、被害者は妻であった。また、ヴェニングの事件では、犯行はハンマーで殴打することで行われたが、ライスの事件では、犯行は絞殺で行われた。