古賀政男

作品名

りんどう峠の歴史と魅力

ヒットの裏に隠された物語 りんどう峠は大ヒットとなり、多くの人々に愛された曲となりました。このヒットの裏には、いくつかの秘話があります。 まず、この曲は当初、別の歌手のために作られた曲でした。しかし、その歌手の所属事務所が「歌詞が暗い」と難色を示したため、結局、りんどう峠が歌うことになったのです。 また、この曲のレコーディングには、苦労がありました。りんどう峠は、レコーディングの際に何度も歌い直しをさせられ、最終的には、喉を潰してしまいました。それでも、りんどう峠は諦めず、なんとかレコーディングをやり遂げました。 さらに、この曲は、発売当時はそれほど注目されていませんでした。しかし、ある日、ラジオ番組で流れたことをきっかけに、人気が爆発しました。このラジオ番組は、当時、非常に人気のある番組で、この番組で流れたことで、りんどう峠の知名度は一気に上がりました。 こうして、りんどう峠は、大ヒットとなり、多くの人々に愛される曲となりました。このヒットの裏には、いくつかの秘話があったのです。
作品名

「娘船頭さん」のすべて

「誕生の背景」 「娘船頭さん」は、1960年代初頭に、沖縄県の久米島で生まれた民謡です。誕生の背景には、久米島の伝統的な産業である海運業が衰退し、島民の生活が困窮していたという事情があります。 海運業の衰退は、久米島に大きな打撃を与えました。島民の多くが海運業に従事しており、その収入が生活の糧となっていました。しかし、1960年代に入ると、海運業はトラック輸送に取って代わられ、久米島の海運業は衰退の一途をたどりました。 海運業の衰退は、島民の生活を直撃しました。島民の多くが失業し、生活が困窮しました。この状況を打開するため、久米島の島民たちは、新しい産業の創出を模索しました。 その結果生まれたのが、「娘船頭さん」という民謡です。「娘船頭さん」は、久米島の伝統的なわらべ歌をベースに、新しい歌詞と曲調を加えて作られました。この民謡は、久米島の島民たちの生活の苦しみと、新しい産業の創出への願いを歌ったものです。 「娘船頭さん」は、久米島で爆発的な人気を博しました。そして、沖縄県全土に広まり、やがて日本全国に知られるようになりました。この民謡は、久米島の島民たちの苦しみと希望を歌ったものであり、人々の共感を呼び起こしたのです。
作品名

「浜昼顔」の魅力を探る

-「浜昼顔」の誕生秘話- 「浜昼顔」は、1964年に公開された日本映画である。主演は、若山富三郎と岩下志麻。監督は、川島雄三。脚本は、新藤兼人。音楽は、芥川也寸志。 「浜昼顔」は、川島雄三監督が、亡くなった妻を追悼するために作った映画である。川島監督は、1963年に最愛の妻を亡くし、大きなショックを受けた。妻との思い出を映画にしたいと思い、新藤兼人に脚本を依頼した。新藤は、川島監督の気持ちを汲み取り、妻との思い出を題材にした脚本を書き上げた。 「浜昼顔」は、川島監督の妻との思い出を綴った、美しいラブストーリーである。映画は、川島監督と妻が初めて出会った浜辺から始まる。二人はすぐに恋に落ち、やがて結婚する。しかし、幸せな結婚生活は長く続かなかった。妻は病気になり、若くして亡くなってしまう。 川島監督は、妻の死を乗り越え、映画監督として活動を続けた。「浜昼顔」の公開から2年後、川島監督は「古都」を監督し、大ヒットさせる。川島監督は、「浜昼顔」と「古都」で、日本映画界に名を残すことになった。
作品名

日本の漬物「こんこ」について

「こんこ」とは、九州地方で作られている漬物の一種です。九州では新漬けの代名詞とも言われており、「あさ漬け」や「白漬け」などとも呼ばれています。 「こんこ」は、大根やキュウリ、カブなどの野菜を塩や砂糖、酢などで漬け込んだものです。野菜は、生のままでも、一度茹でてから漬け込んでもどちらも美味しく食べることができます。 「こんこ」は、さっぱりとした酸味と野菜のシャキシャキとした食感が特徴です。また、野菜本来の甘みと塩気のバランスが絶妙で、ご飯のお供はもちろん、お酒のおつまみとしてもぴったりです。
作品名

映画「新蛇姫様お島千太郎」の主題歌「蛇姫様」

映画「新蛇姫様お島千太郎」の主題歌「蛇姫様」は、その妖艶なメロディーと歌詞で多くの人の心をとらえました。歌詞は、蛇姫様の美しくも冷酷な本質を巧みに表現しており、メロディーは蛇姫様の妖しさを見事に引き立てています。 「蛇姫様」の歌詞は、蛇姫様の美しさと冷酷さを同時に表現しています。一節で蛇姫様の「美しき花に毒を秘め」ていると歌い、別の一節では「美しき乙女よ、汝は蛇よ」と歌っています。この歌詞は、蛇姫様の二面性を巧みに表現しており、彼女がいかに魅力的で危険かを強調しています。 「蛇姫様」のメロディーは、妖艶で魅惑的です。蛇姫様の美しさと冷酷さを表現するために、抑揚のあるメロディーを採用しています。また、蛇姫様の妖しさを表現するために、日本の伝統音楽である「尺八」の音色を取り入れています。このメロディーは、蛇姫様の魅力と危険性を同時に表現しており、映画の雰囲気を盛り上げるのに一役買っています。
作品名

「悲しい酒」の歴史と影響

「悲しい酒」とは、大正時代に生まれた日本独特の酒類で、その名の通り、飲んだ人が悲しくなる、あるいは悲しさに浸るような気分になる酒のことを指します。 「悲しい酒」は、当時の社会情勢を反映して生まれたと言われています。第一次世界大戦後の日本では、経済の混乱や失業などにより、人々の生活は困窮を極めていました。また、スペイン風邪の流行により、多くの人が命を落としました。こうした社会情勢の中で、「悲しい酒」は、人々の悲しみや苦しみを紛らわせるための酒として飲まれるようになりました。 「悲しい酒」は、多くの人々に愛されましたが、その一方で、その危険性も指摘されていました。「悲しい酒」を飲みすぎると、中毒症状や健康被害を引き起こすことが知られていたのです。また、「悲しい酒」を飲んだ人は、暴力事件や犯罪を起こすことが多く、社会問題にもなっていました。 こうしたことから、政府は「悲しい酒」の販売を禁止しました。しかし、「悲しい酒」は、禁止された後も密造され、人々によって飲まれ続けていました。そして、第二次世界大戦後、「悲しい酒」は再び公然と販売されるようになりました。 現在、「悲しい酒」は、かつてほど人気はありませんが、一部の人々にとっては、今でも愛されているお酒です。また、「悲しい酒」は、日本の文化や歴史を語る上で欠かせない存在であり、その魅力は今もなお語り継がれています。
作品名

「わたしのこねこ」の魅力とその背景

絵本「わたしのこねこ」の特徴 絵本「わたしのこねこ」は、作者である新美南吉の優しい眼差しが感じられる、心温まる物語です。物語は、子ねこを拾った女の子の「わたし」と、その子ねこ「こねこ」の日常を描いています。 「わたしのこねこ」の特徴の一つは、そのシンプルなストーリーです。物語は、子ねこを拾った「わたし」が、子ねこに名前をつけ、餌をやり、一緒に遊ぶという日常を描いています。しかし、そのシンプルなストーリーの中に、子ねこへの愛情や、人と動物との絆という深いテーマが込められています。 「わたしのこねこ」の特徴のもう一つは、その美しい絵です。この絵本は、色鉛筆や水彩絵の具で描かれた絵で構成されています。絵は、子ねこのかわいらしさを余すところなく表現しており、読者を物語の世界に引き込みます。 「わたしのこねこ」は、子どもにも大人にも楽しめる絵本です。そのシンプルなストーリーと美しい絵は、読者の心を温かくしてくれます。また、この絵本は、人と動物との絆という深いテーマを扱っているため、読者に考えさせられるものもあります。
作品名

美わしの志賀高原と歌謡曲の遍歴

美わしの志賀高原の誕生秘話 「美わしの志賀高原」は、1965年に発表された歌謡曲である。作詞は中山大三郎、作曲は船村徹が担当した。この曲は、長野県にある志賀高原の美しさや雄大さを歌ったもので、発表以来50年以上愛され続けている名曲である。 この曲は、船村徹が志賀高原を訪れた際に、その美しい景色に感動して作ったと言われている。船村は、志賀高原の雄大な自然と人々の温かさに魅了され、この曲を作ったのだという。 この曲は、発表以来、多くの歌手にカバーされている。美空ひばり、島倉千代子、森進一、五木ひろしなど、そうそうたるメンバーがカバーしており、その人気は衰えることを知らない。 「美わしの志賀高原」は、志賀高原の美しさを歌った名曲であるとともに、船村徹の音楽性の豊かさを示す曲でもある。この曲は、日本の歌謡曲史に燦然と輝く一曲である。
作品名

『江戸の闇太郎』の魅力と歴史

-歌の魅力- 『江戸の闇太郎』は、昭和20年代後半から30年代初頭にかけて一世を風靡したラジオドラマである。その人気を支えた要因のひとつが、主題歌と劇中歌の数々である。主題歌の「江戸の闇太郎」は、作詞・サトウハチロー、作曲・古関裕而のコンビによるもので、軽快なリズムと覚えやすいメロディーが特徴だ。また、劇中歌の数々も、三味線や尺八などの日本伝統楽器を駆使した楽曲が多く、ドラマの世界観をより深く演出している。 主題歌の「江戸の闇太郎」は、イントロの三味線の響きで始まる軽快な曲調が特徴的だ。歌詞の内容は、主人公の闇太郎が、江戸の街を股にかけ、悪と戦うというもので、ドラマのストーリーをうまく反映している。また、サビの部分の「闇太郎、闇太郎、江戸の闇太郎」というフレーズは、ドラマの人気とともに広く知られるようになった。 劇中歌の数々もまた、ドラマの世界観をより深く演出している。例えば、第1話の「闇太郎登場」というシーンでは、闇太郎が三味線を弾きながら「おいらは闇太郎、江戸の闇太郎」と歌う。この曲は、闇太郎のキャラクターを印象づけるのに効果的である。また、第10話の「お染の死」というシーンでは、闇太郎が尺八を吹きながら「お染、お染、俺はお前を忘れない」と歌う。この曲は、お染と闇太郎の愛を表現しており、ドラマの感動的な場面を盛り上げている。 『江戸の闇太郎』の主題歌と劇中歌は、ドラマの魅力をさらに高めている。軽快なリズムと覚えやすいメロディーの主題歌、そして、ドラマの世界観を演出する劇中歌の数々。これらは、ドラマの人気を支えた大きな要因である。
作品名

無法松の一生

-5つの作品- 「無法松の一生」は、五部作の小説であり、それぞれ独立した作品として読むことができます。しかし、それぞれが密接に関連しており、松五郎の生涯を通して、彼の無法ぶりと生への執着が描かれています。 * 「無法松の一生」 これは、五部作の最初の作品であり、松五郎の誕生から彼が無法者になるまでの生涯が描かれています。松五郎は、貧しい家庭に生まれ、幼い頃から盗みや喧嘩に明け暮れていました。そして、ある日、彼が喧嘩で相手を殺してしまったことから、彼は無法者として指名手配されます。 * 「無法松の大逆襲」 これは、五部作の2番目の作品であり、松五郎が無法者として生きていく姿が描かれています。松五郎は、官憲に追われながらも、各地を転々として盗みや喧嘩を繰り返し、その名を轟かせていきます。そして、ある日、彼が盗みを働いた屋敷で、彼は幼い頃から生き別れていた妻と再会します。 * 「無法松の情話」 これは、五部作の3番目の作品であり、松五郎と彼の妻であるお艶の愛の物語が描かれています。お艶は、松五郎の無法ぶりを知りながらも、彼を愛し、松五郎もまたお艶を愛していました。しかし、二人の結婚生活は、貧困と官憲の追跡に悩まされ、幸せなものではありませんでした。 * 「無法松の受難」 これは、五部作の4番目の作品であり、松五郎が官憲に捕まり、獄中で死刑を宣告されるまでの生涯が描かれています。松五郎は、獄中で様々な苦難に遭いますが、それでも彼は決して諦めず、生きようとしていました。そして、ある日、彼は獄中で死刑を宣告されます。 * 「無法松の最後」 これは、五部作の最後の作品であり、松五郎が死刑を執行されるまでの生涯が描かれています。松五郎は、死刑を宣告されてからも、決して諦めず、生きようとしていました。そして、ある日、彼は刑場で死刑を執行されます。
作品名

東京五輪音頭:忘れられない日本のポピュラー音楽

-東京五輪音頭の背景と歴史- 東京五輪音頭は、1964年東京オリンピックを記念して作られた楽曲である。作詞は丘灯至夫、作曲は中田喜直が担当し、歌は三波春夫が歌唱した。 東京五輪音頭は、オリンピックの開催を機に、日本中を盛り上げることを目的に作られた。曲は、オリンピックの華やかさを表現した明るく軽快なリズムで、歌詞は、オリンピックの精神や日本の文化を歌った内容となっている。 東京五輪音頭は、1964年3月に発売されると、すぐにヒットし、オリコンチャートでは最高位3位を記録した。また、ラジオやテレビでも頻繁に流され、多くの人々に親しまれた。 東京五輪音頭は、東京オリンピックを象徴する楽曲として、現在でも人気が高い。オリンピックの開催前や開催中には、各地で東京五輪音頭が歌われ、人々を盛り上げている。 東京五輪音頭は、オリンピックの精神や日本の文化を歌った楽曲である。オリンピックの開催を機に作られたが、現在でも人気が高く、多くの人々に親しまれている。
作品名

「王道エンカ・お島千太郎」の魅力にせまる

美空ひばりの歌声が光る! お島千太郎の魅力を語る上で、美空ひばりの歌声を抜きにしては語れない。お島千太郎の主人公であるお島の生きざまを歌った「お島千太郎」は、美空ひばりの代表曲の一つであり、演歌の定番として今なお歌い継がれている名曲である。美空ひばりの歌声は、お島の切ない恋心を丁寧に表現しており、聴く者の心を打つ。また、「お島千太郎」以外にも、美空ひばりは「銭形平次」「人生一路」など、数々のお島千太郎の主題歌を歌っており、その歌声はいずれも秀逸である。 美空ひばりの歌声の魅力は、その声の美しさにある。美空ひばりの声は、澄んだ高音と伸びやかな低音を持ち、その声量も抜群である。また、美空ひばりは、その声色を巧みに使い分けており、お島の切ない恋心を歌った「お島千太郎」では、優しく哀愁を帯びた声で歌い、銭形平次の軽快な主題歌「銭形平次」では、明るく陽気な声で歌っている。美空ひばりの歌声は、その声の美しさに加えて、その表現力の豊かさも魅力である。 美空ひばりの歌声は、お島千太郎の主人公であるお島の生きざまを歌った「お島千太郎」をはじめ、数々のお島千太郎の主題歌で光っている。その歌声は、お島の切ない恋心を丁寧に表現しており、聴く者の心を打つ。美空ひばりの歌声は、その声の美しさに加えて、その表現力の豊かさも魅力であり、お島千太郎の魅力をさらに引き立てている。
作品名

長崎の郷土料理「いぎりす」の歴史と作り方

-その起源と由来- いぎりすの起源については諸説ありますが、最も有力な説は、ポルトガル人が16世紀に長崎に到来した際に、日本に伝えられたという説です。ポルトガル人は、日本に小麦粉や砂糖などの新しい食材を持ち込み、それらを日本の食材と組み合わせることで、いぎりすのような新しい料理を生み出しました。 いぎりすは、長崎の郷土料理として親しまれてきましたが、その名前の由来については、諸説あります。一説によると、「いぎりす」という名前は、ポルトガル人を意味する「いぎりす人」に由来していると言われています。また、別の説によると、「いぎりす」という名前は、長崎の郷土料理である「いんげん豆の煮物」に由来していると言われています。
作品名

「ゲイシャ・ワルツ」の歴史と魅力

「ゲイシャ・ワルツ」の誕生 「ゲイシャ・ワルツ」は、1920年代に日本で作曲されたワルツです。作曲者は、中山晋平。中山晋平は、日本の近代音楽の父と呼ばれている人物で、多くのヒット曲を世に送り出しました。「ゲイシャ・ワルツ」も、中山晋平の代表作のひとつで、今日でも世界中で演奏されています。 「ゲイシャ・ワルツ」は、日本の伝統的な音楽である三味線と、西洋の音楽であるワルツを融合させた曲です。三味線の哀愁を帯びた音色と、ワルツの軽快なリズムが絶妙にマッチしており、とても美しい曲です。また、「ゲイシャ・ワルツ」は、日本の伝統的な踊りである「日本舞踊」をイメージして作曲された曲でもあります。そのため、「ゲイシャ・ワルツ」を聴くと、日本の伝統的な文化を垣間見ることができます。 「ゲイシャ・ワルツ」は、日本の伝統と西洋の文化を融合させた曲として、世界中で愛されている曲です。日本の文化を世界に発信する役割を果たしてきた曲でもあり、日本の音楽史において重要な位置を占めています。
作品名

湯の町エレジーの歴史と魅力

-曲の背景と歌詞の意味- 「湯の町エレジー」は、1935年に発売された、東海林太郎が歌う演歌である。作詞は西条八十、作曲は古賀政男による。背景は、雪深い温泉街を舞台に、美しい女性と恋に落ちた男性の物語である。歌詞は、その男性の想いと、温泉街の情景を情熱的に表現している。 特に、歌詞は「雪の降る街に 湯の香がただよう 恋の季節に 君に逢ったよ」という部分で、雪の降る温泉街の情景を美しく表現している。また、「湯の町エレジー」という曲は、温泉街の風情を歌い上げた名曲として、現在でも多くの人々に親しまれている。