台風委員会

その他

「チョーイワン」:彩雲を意味する台風

「チョーイワン」誕生のきっかけ 「チョーイワン」という名前は、中国語で「彩雲」を意味する「朝云」に由来しています。2009年8月に発生した台風10号は、中国に大きな被害をもたらしました。この台風は、中国の気象当局によって「朝云」と命名されました。 その後、2010年7月に発生した台風8号は、フィリピンに大きな被害をもたらしました。この台風は、フィリピンの気象当局によって「チョーイワン」と命名されました。 「チョーイワン」という名前は、中国語の「朝云」とフィリピンの現地語である「チョーイワン」を合わせたものです。この名前は、2つの国に大きな被害をもたらした台風であることを意味しています。 「チョーイワン」は、その後も何度も発生しており、大きな被害をもたらしています。2015年には、台風18号が中国に大きな被害をもたらしました。この台風は、中国の気象当局によって「チョーイワン」と命名されました。 「チョーイワン」は、近年、発生頻度が増加している台風です。気候変動の影響で、台風の勢力も強まってきています。そのため、「チョーイワン」による被害が拡大する可能性があります。
モノの名前

「フォンウォン」って何?香港の台風国際名をご紹介

「フォンウォン」とは? 「フォンウォン」(馮媛)とは、中華人民共和国のアジアの女性の名前からとられた名称です。この「フォンウォン」という名前は、1993年に、当時の中国政府が世界気象機関(WMO)に提出した、熱帯低気圧に対する命名案のひとつでした。 世界気象機関は、発生地域ごとに、熱帯低気圧に付けられる名前を定めており、それぞれアジア、北西太平洋、北大西洋、インド洋などに、名前を付ける地域を決定し、それぞれの地域で採用する名前の候補リストを作成しています。 その候補リストは、各国の気象機関や専門家によって提案され、世界気象機関によって承認されたものです。そして「フォンウォン」という名前は、アジアの女性のリストに含まれ、1994年に使用が開始されました。
モノの名前

台風「ヴォンフォン」の概要と影響

「ヴォンフォンとは」 台風「ヴォンフォン」は、2020年9月14日にフィリピン東海上空で発生した台風である。台風はその後、急速に勢力を強め、9月16日には大型で非常に強い台風となった。台風は、フィリピン、台湾、中国、韓国、日本など、東アジア各国に大きな被害をもたらした。 台風の名前「ヴォンフォン」は、ベトナム語で「ハスの花」を意味する。台風は、熱帯低気圧が海洋上で発生し、温かい海水からエネルギーを得て、次第に勢力を強めていく自然現象である。台風は、特にアジア地域において、毎年多くの被害をもたらしている。
モノの名前

メイサーク―カンボジア発の台風の名前

メイサークとは? メイサークはカンボジア語で「幸福」や「幸運」を意味する単語です。近年、東アジアや東南アジアで発生した台風に名付けられています。2022年に日本を襲った台風10号は、カンボジア政府が提案した「メイサーク」という名前が付けられました。 メイサークという名前を台風に提案したのは、カンボジアの首相であるフン・セン氏です。フン・セン首相は、「メイサーク」という名前は、台風に苦しむ人々に幸福と幸運をもたらすことを願って提案したと述べています。 メイサークという名前は、カンボジアの人々にとって特別な意味を持っています。メイサークは、カンボジアの伝統的な正月である「チョル・チュナム・トム」でお祝いされる神様です。メイサークは、人々に幸福と幸運をもたらすと信じられています。
モノの名前

台風「ペイパー」の豆知識

「ペイパー」の命名由来 台風「ペイパー」は、2021年9月17日に発生した台風です。国際名は「Noul」で、フィリピンの言葉で「心」を意味します。フィリピンは台風発生の多い国で、毎年多くの台風が発生します。そのため、フィリピンでは台風の名前を付けるために、独自の命名規則を設けています。 この命名規則は、1964年に制定されました。台風は発生順に命名されます。1番目に発生した台風は「アンダ」、2番目に発生した台風は「バリオウ」というように、順に名前が付けられます。台風の名前は、フィリピンの言語であるタガログ語の単語から選ばれます。 台風「ペイパー」は、2021年に発生した16番目の台風です。そのため、フィリピンの命名規則に従って、「Noul」という名前が付けられました。その後、国際的には「ペイパー」という名前が付けられました。「ペイパー」は、英語で「紙」を意味する言葉です。 台風「ペイパー」という名前には、いくつかの由来があります。1つは、台風が紙のように薄い雲で覆われていたことです。もう1つは、台風が紙のように軽いもので、風に舞うように移動していたことです。また、台風が紙のように fragile(もろい)であることも、名前の由来と言われています。
モノの名前

台風「コップ」とは?

-コップとは何か?- 台風「コップ」とは、北西太平洋で発生した台風で、2022年9月にフィリピンに上陸し、大きな被害をもたらしました。この台風は、最大風速45メートル、中心気圧915ヘクトパスカルと、非常に強い勢力で、フィリピンでは、土砂崩れや洪水が発生し、多くの家屋が倒壊するなどの被害が出ました。 コップは、フィリピン語で「コップ」を意味する言葉で、この台風は、フィリピンに大きな被害をもたらしたことから、この名が付けられました。台風コップは、フィリピンだけでなく、ベトナムや中国にも被害をもたらし、多くの避難者が発生しました。 台風コップは、2022年に発生した台風の中で、最も強い勢力の台風であり、フィリピンに大きな被害をもたらしたことから、注目を集めました。この台風は、気候変動の影響もあり、今後もより強力な台風が発生する可能性が高まっており、防災対策を強化することが重要となっています。
モノの名前

「ナクリー」台風の国際名に関する解説

「ナクリー」の由来と意味 「ナクリー」という名前は、マレーシアの言語であるマレー語の「nakri」という言葉に由来しています。「nakri」という言葉は、日本語に訳すと「ネズミ」を意味します。「ネズミ」という名前が台風についた理由は、台風がネズミのように素早く移動するためです。また、台風はネズミのように破壊的な被害をもたらすこともあります。そのため、マレーシアでは台風を「nakri」と呼んでいます。 「ナクリー」という名前は、マレーシアだけでなく、インドネシアやフィリピンなどの東南アジアの国々でも使用されています。これらの国々では、台風は「nakri」または「nagri」と呼ばれています。「nagri」という言葉もマレー語に由来しており、日本語に訳すと「都市」を意味します。台風は、都市に大きな被害をもたらす可能性があるため、「nagri」という名前がつけられました。
モノの名前

「ソーリック」台風とは?

-ソーリックという台風の名前の由来は?- 「ソーリック」という台風の名前は、カンボジアが提案したものです。カンボジアの言語であるクメール語で、「黄金の鹿」を意味します。黄金の鹿は、カンボジアの伝説に登場する神聖な動物であり、国のシンボルとされています。 ソーリックという名前は、2012年に初めて使用されました。カンボジアは、毎年台風の名前を提案しており、ソーリックはカンボジアが提案した名前の中で初めて採用された名前です。 ソーリックは、2012年にフィリピンを襲った台風です。フィリピンでは、ソーリックによって大きな被害が発生し、多くの死者が出ました。 ソーリックは、カンボジアの人々にとって特別な意味を持つ台風です。黄金の鹿はカンボジアのシンボルであり、ソーリックという名前はカンボジアの文化を象徴しています。 ソーリックは、カンボジアの人々にとって忘れられない台風です。しかし、ソーリックがもたらした被害を教訓として、カンボジアの人々は台風への備えを強化しています。
その他

虹の台風「ムジゲ」と台風命名の豆知識

ムジゲ誕生の背景 2021年にフィリピンに上陸した熱帯低気圧が台風「ムジゲ」と命名され、その名前がインターネット上で話題となりました。その理由は、虹色の台風が描かれたイラストが公式機関から発表されたことです。 虹色の台風は、実際に存在するものではありません。しかし、ムジゲの命名に際して、台風の進路や勢力を示す画像に虹色の背景が使用されたのです。これは、台風が「希望と再生の象徴」であることを表現するためであり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックから立ち直ろうとするフィリピンの人々を励ますという意味が込められていました。 ムジゲの命名は、台風命名の慣例にとらわれないユニークなものでした。一般的に、台風は事前に決められたリストから名前が付けられます。このリストには、各国の気象機関が提案した名前が登録されており、毎年順番に使用されます。しかし、ムジゲは台風リストに載っておらず、特別に命名されました。 ムジゲの命名は、台風命名の慣例を変えるきっかけとなるかもしれません。これまでは、台風は番号や名前で呼ばれることが一般的でしたが、ムジゲのようにイラストやシンボルを使って台風を表現する事例が増えるかもしれません。これは、台風に対する人々の認識を高め、台風への備えを促す効果が期待できます。
その他

「サオラー」の全て

「サオラー」という名の由来 「サオラー」という名は、ベトナム語で「角の牛」を意味します。これは、サオラーのオスの角が長いことに由来しています。サオラーの角は、オスで約50センチ、メスで約30センチにもなります。この角は、サオラーが森林の中を移動する際に、障害物を避けるために使用されます。また、サオラーは角を使って、他のサオラーとコミュニケーションをとったり、縄張りを主張したりします。 サオラーは、ベトナムとラオスに生息する、ウシ科の動物です。サオラーは、森林の中に生息し、草や葉っぱを食べて暮らしています。サオラーは、非常にシャイな動物で、人間を避けて生活しています。そのため、サオラーの生態については、まだ多くのことがわかっていません。 サオラーは、絶滅危惧種に指定されています。サオラーの生息地が破壊されたり、乱獲されたりしていることが、サオラーの個体数を減少させています。現在、サオラーの個体数は、100頭以下になると推定されています。サオラーを保護するためには、生息地を保護したり、乱獲を規制したりする必要があります。
モノの名前

コンレイ:台風国際名の歴史と由来

-コンレイの由来と意味- コンレイという名は、ベトナムのハノイ市に本部を置く熱帯性低気圧に関する地域専門気象センター(RSMC)である、台風委員会が提案したものである。コンレイは、ベトナムで最も一般的なブドウの品種であるブドウの一種の名前である。この品種のブドウは、その甘さと酸味のバランスの良さから、ベトナムでは非常に人気がある。 コンレイという名前は、台風委員会によって提案された他の名前と同様、アジアの文化や歴史に関連したものである。他の名前には、アジアの女神の名前であるメイサック、タイの首都の名前であるバンコク、中国の伝統的な楽器の名前である琵琶などがある。これらの名前は、台風委員会の加盟国であるアジアの国々を代表しており、アジアの文化や歴史の多様性を反映している。
その他

台風の国際名「リーピ」

台風の命名は、主にその台風の進路や強さを考慮して、世界気象機関(WMO)の台風委員会によって行われます。台風委員会は、アジア太平洋地域に影響を与える台風の予報や警報の共有、台風の研究や対策の協力などを目的とした国際機関です。 台風の命名は、各国の提案に基づいて、WMOの台風委員会が決定します。台風の命名には、以下の規則があります。 * 台風は、アジア太平洋地域に影響を与えるものに限ります。 * 台風の名前は、その地域の言語や文化を反映したものにします。 * 台風の名前は、短くて覚えやすいものにします。 * 台風の名前は、政治的または宗教的なものを避けます。 * 台風の名前は、すでに使用されているものや、類似しているものを使用しません。 台風の名前は、毎年、WMOの台風委員会が開催される際に決定されます。台風委員会は、各国の代表者で構成されており、台風の命名規則に従って、新しい台風の名前を決定します。 台風の名前は、WMOのウェブサイトに掲載され、各国に通知されます。各国は、台風の名前を自国の予報や警報に使用します。台風の名前は、台風が発生した際に、一般に公開されます。
モノの名前

台風「ルンビア」とは?

ルンビアの台風の名称の由来 台風の名称は、台風委員会加盟国が提案したリストの中から、台風委員会によって順番に割り当てられていきます。ルンビアは、コロンビアが提案した名称です。コロンビアは太平洋に面する国ですが、ルンビアはコロンビアの首都であるボゴタに由来しています。 ルンビアは先住民の言葉で「穴」を意味します。これは、ボゴタが標高2600メートル以上の高地に位置し、盆地に囲まれていることに由来しています。ルンビアは、ボゴタの街を象徴する名前として、台風委員会によって採用されました。
その他

「ラブ・レター」(1998) – 感動のストーリーと名演が光る不朽の名作

1998年に公開された「ラブ・レター」は、感動のストーリーと名演が光る不朽の名作です。この映画は、海軍で勤務していたアンドリュー・ケラーが、偶然にも彼の亡くなった恋人であるサラ・ディアボーンからの手紙を受け取るというところから始まります。手紙は、彼が海軍を退役した後に再会することを約束して終わったものでした。アンドリューは、サラをまだ愛していることに気づき、彼女を探す旅に出ます。 アンドリューは、サラの故郷であるメリーランド州バルトモアにたどり着き、そこでサラの家族や友人に会います。そして、サラが亡くなったことを知ります。しかし、アンドリューはサラの記憶を大切に守り続け、彼女への愛を貫きます。 この映画の見どころは、アンドリューとサラの純粋な愛の物語です。二人は、時空を超えてお互いへの愛を貫き通します。また、映画の舞台となるバルトモアの美しい景色も魅力の一つです。そして、アンドリューとサラを演じた俳優のケビン・コスナーとロビン・ライト・ペンによる感動的な演技も必見です。 「ラブ・レター」は、感動のストーリーと名演が光る不朽の名作です。この映画は、愛の大切さについて考えさせられるとともに、美しい景色と音楽に癒されることができる作品です。
モノの名前

ノルー:2000年の台風国際名

-ノルーの意味と由来- 「ノルー」は、フィリピンに由来する名前です。これは、タガログ語で、「オオコウモリ」を意味します。台風「ノルー」は、2000年にフィリピンに上陸した台風で、大きな被害をもたらしました。そのため、この台風は「ノルー」と名付けられました。 台風「ノルー」は、フィリピンに大きな被害をもたらしました。この台風は、フィリピンで少なくとも100人の死者と数千人の負傷者を出しました。また、この台風は、フィリピンで大きな洪水を引き起こし、多くの建物が倒壊しました。 台風「ノルー」は、フィリピンに大きな被害をもたらした台風であり、この台風は「ノルー」と名付けられました。この台風は、フィリピンに大きな被害をもたらし、フィリピンでは少なくとも100人の死者と数千人の負傷者を出しました。また、この台風は、フィリピンで大きな洪水を引き起こし、多くの建物が倒壊しました。
モノの名前

「ハト」が襲来! 台風への備えを怠らずに

「ハト」とは? 小見出しの「ハト」とは、台風のことではありません。台風が接近すると、多くの「ハト」が発生する可能性があるため、その対策について注意喚起するものです。「ハト」とは、台風の接近に伴って発生する突風のことです。突風とは、瞬間的に強い風が吹く現象のことで、台風の接近に伴って発生する突風は、特に強い場合があります。突風は、建物を倒壊させたり、電柱を折ったり、停電を引き起こしたりするなどの被害をもたらす可能性があります。また、突風によって飛ばされたものが人に当たってけがをしたり、死に至ったりするケースもあります。そのため、台風の接近に伴って「ハト」が発生する可能性がある場合は、十分な対策を講じることが大切です。
モノの名前

「ソングダー」とは?2004年に激甚災害をもたらした台風

「ソングダー」という名前の由来 「ソングダー」という名前は、タイ語で「歌の達人」または「歌い手」を意味する「ソング」と、「雷鳴」や「嵐」を意味する「ダー」を組み合わせたものです。この名前は、この台風の強さと破壊力を反映しています。 「ソングダー」は、2004年に激甚災害をもたらした台風です。この台風は、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポールなどの国々に大きな被害をもたらしました。特に、タイではこの台風により5,000人以上が死亡し、数百万人が家を失いました。 「ソングダー」という名前は、この台風の記憶を風化させないために、タイ政府によって選ばれました。また、この台風から得た教訓を活かして、将来の災害に備えることを目指しています。
モノの名前

クローサとは何か

クローサという名前の由来と意味 クローサという名前は、英語の「closer(クローサー)」に由来しています。クローサーとは、野球で最後に登板して試合を締める投手のことを指します。クローサという名前が付けられた理由は、クローサーが試合を終わらせる最後の鍵を握る投手だからです。 クローサは、チームにとって非常に重要な役割を果たします。クローサが好投すればチームは勝利に近づくことができますし、クローサが崩れればチームは敗戦に近づきます。そのため、クローサには高いプレッシャーがかかります。 クローサには、高い制球力と変化球の多さが求められます。クローサは、試合の終盤に登板することが多いため、疲れが溜まっていることが多いです。そのため、クローサには制球力が求められるのです。また、クローサは、打者のタイミングを外すために変化球を多く投げます。そのため、クローサには変化球の多さが求められるのです。
モノの名前

台風の国際名「ウーティップ」の由来と意味

「ウーティップ」命名の経緯  台風21号(国際名ウーティップ)は、2023年4月に発生した台風です。ウーティップという名前は、カンボジアが提案したもので、カンボジア語で「蓮の花」を意味します。蓮の花は、カンボジアの国花であり、カンボジアの人々にとって大切な花です。  ウーティップという名前が選ばれたのは、2022年9月に開催された台風委員会の第56回年次会合で、カンボジアの提案が承認されたからです。台風委員会は、台風に関する国際的な協力を行う組織であり、2023年4月時点で144の国と地域が加盟しています。  台風委員会では、台風の名前を定める際に、以下の基準を設けています。 ・短い名前であること ・発音しやすい名前であること ・覚えやすい名前であること ・政治的または宗教的な意味合いを持たないこと  ウーティップという名前は、これらの基準を全て満たしており、カンボジアの国花である蓮の花を意味していることから、カンボジアの人々にとって親しみやすい名前であると考えられます。
モノの名前

プラピルーン:雨の神がもたらす台風

-プラピルーンの名前の由来とは- プラピルーンの名前は、カンボジアの雨の神「ピルーン」に由来しています。ピルーンは、雨や雷を司る神としてカンボジアで広く信仰されており、その名前に「雨」を意味する「プラ」を冠した「プラピルーン」という名がつけられました。 プラピルーンは、カンボジアでは幸運の女神として知られており、人々から広く信仰されています。特に、農民たちはプラピルーンに豊作を祈り、また、旅行者たちは安全な旅を祈願します。 プラピルーンは、カンボジアの各地に祀られており、その中でも最も有名なのがプノンペンにあるプラピルーン寺院です。プラピルーン寺院は、19世紀に建てられた寺院で、その美しい建築様式で知られています。 プラピルーンは、カンボジアの人々にとって大切な神であり、その名を冠した台風は、カンボジアに大きな被害をもたらしました。しかし、カンボジアの人々は、プラピルーンを信仰し、この困難を乗り越えていくでしょう。
モノの名前

「ハーロン」の基礎知識

-ハーロンの名前の由来- ハーロンという名前は、ギリシャ語の「haro」に由来しています。「haro」とは、「聖なる」または「神聖な」という意味です。ハーロンは、古代ギリシャ人にとって神聖な動物であり、多くの神話に登場しています。ギリシャ神話によると、ハーロンは冥界の王であるハーデスの馬車であるケリュネイアを操っていました。また、ハーロンは英雄ヘラクレスが冥界から脱出したときにも協力しました。
モノの名前

ダムレイとは?

-ダムレイの由来と意味- ダムレイとは、ダムの建設工事によってできた湖を指す言葉です。ダムによって川の流れがせき止められ、貯水池が形成されます。この貯水池のことをダムレイと呼びます。ダムレイは、ダムの建設目的によって、さまざまな形や大きさがあります。 ダムの建設目的には、主に以下の3つがあります。 * 治水ダムは、洪水を防ぐために建設されます。ダムによって川の流れを調節し、洪水を起こしにくくすることができます。 * 利水ダムは、農業や工業、生活用水などのために、水を貯めておくために建設されます。ダムに貯められた水は、灌漑や発電、水道水として利用されます。 * 発電ダムは、水力発電所を建設するために建設されます。水力発電所は、ダムに貯められた水を放出し、その水の流れを利用して発電します。 ダムレイは、ダムの建設目的によって、さまざまな形や大きさとなります。治水目的のダムは、洪水を防ぐために、大きな貯水池を形成します。利水目的のダムは、農業や工業、生活用水などのために、中程度の貯水池を形成します。発電目的のダムは、水力発電所を建設するために、小さな貯水池を形成します。 ダムレイは、ダムの建設によってできた湖であるため、ダムの建設場所によって、さまざまな景色を楽しむことができます。山間のダムレイは、雄大な山々を背景に、美しい湖面が広がっています。平野のダムレイは、広々とした田園風景の中に、静かな湖面が広がっています。 ダムレイは、ダムの建設によってできた湖であるため、さまざまな動植物が生息しています。ダムレイには、魚類、貝類、水生植物など、さまざまな動植物が生息しています。ダムレイは、動植物の宝庫であり、自然観察を楽しむことができます。
モノの名前

台風「ジェラワット」の解説と豆知識

ジェラワットの豆知識 * 台風「ジェラワット」の名前は、フィリピンの言葉で「猫」を意味する「ジェロ」に由来しています。フィリピンでは、台風には人間の名前が付けられており、毎年1月に発表される「台風委員会」で決定されます。 * 台風「ジェラワット」は、2018年に発生した台風で、フィリピン、台湾、中国に大きな被害をもたらしました。フィリピンでは、死者16人、行方不明者6人、負傷者137人、家屋損壊1万棟以上という被害が出ました。 * 台風「ジェラワット」は、2018年の台風シーズンで最も強い台風でした。最大風速は毎秒60メートル、中心気圧は915ヘクトパスカルを記録しました。 * 台風「ジェラワット」は、日本の南を通り過ぎましたが、九州や四国、中国地方に大雨をもたらしました。特に高知県では、1時間に100ミリ以上の雨が降り、土砂崩れや浸水が発生しました。 * 台風「ジェラワット」は、2018年の台風シーズンで最も被害をもたらした台風でした。総被害額は数兆円に上ると推定されています。
モノの名前

台風「ハイクイ」について

台風「ハイクイ」とは 台風「ハイクイ」は、2023年8月25日にフィリピン沖で発生した大型の台風です。その後、台湾や中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。8月28日現在、台風は日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。 台風「ハイクイ」は、中心気圧が940hPa、最大風速が45m/sという大型の台風です。また、暴風域の直径は500kmと広く、広範囲にわたって大雨や強風による被害をもたらす可能性があります。 台風「ハイクイ」は、8月26日に台湾に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。台湾では、土砂崩れや浸水が発生し、少なくとも1人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月27日には中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。中国では、洪水や土砂崩れが発生し、少なくとも10人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月28日現在、日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。沖縄地方では、大雨や強風による被害が懸念されています。