台風

その他

「防災の日」について知っておくべきこと

「防災の日」の歴史と由来 「防災の日」は、1960年(昭和35年)に制定された国民の祝日です。9月1日の防災の日に関連する行事を実施し、国民の防災意識の高揚を図っています。 「防災の日」は、1923年(大正12年)に起きた関東大震災に由来しています。関東大震災は、マグニチュード7.9の巨大地震で、東京、横浜、神奈川県、千葉県、埼玉県を直撃しました。震災による死者は10万人以上、行方不明者は4万人以上、負傷者は100万人以上と、甚大な被害をもたらしました。 関東大震災を教訓として、災害に対する備えの重要性が認識され、1947年(昭和22年)に「災害対策基本法」が制定されました。この法律に基づいて、1960年(昭和35年)に「防災の日」が制定されました。 「防災の日」は、毎年9月1日に開催されます。この日に合わせて、各地で防災訓練や防災講演会、防災展示会などのイベントが開催されます。また、この日に合わせて、各家庭で防災グッズの点検や避難場所の確認などを行うことも推奨されています。
地名・ロケ地

「ナンマドル」とは?ミクロネシアのポンペイ島にある遺跡

-# ナンマドルの歴史と概要 ナンマドルは、ミクロネシア連邦のポンペイ島の東海岸に位置する遺跡です。また、古代から17世紀まで存在した都市遺跡でもあります。世界遺産にも登録されており、かつてはポンペイ島の政治、宗教、経済の中心地でした。ナンマドルは、約1,000ヘクタールの広大な面積を持ち、その中には92の島と、その島々を結ぶ100以上の運河があります。島々は、サンゴ礁から切り出された石や、貝殻、土器などで作られています。 ナンマドルは、約2,000年前から建設が始まり、17世紀まで繁栄しました。しかし、17世紀後半にヨーロッパ人がこの島を発見し、征服したことで、ナンマドルは衰退し始めました。現在、ナンマドルは無人島となっており、遺跡として保存されています。ナンマドルは、その独特の景観と歴史的価値から、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。
その他

「ソングダー」とは?2004年に激甚災害をもたらした台風

「ソングダー」という名前の由来 「ソングダー」という名前は、ベトナム語で「大きな波」を意味します。この台風は、2004年7月にベトナム中部を襲い、壊滅的な被害をもたらしました。暴風雨は時速160キロに達し、高潮は10メートルを超えました。この台風により、少なくとも1,000人が死亡し、数千人が行方不明になりました。また、家や学校、病院など、数百万ドルのインフラが破壊されました。 「ソングダー」という名前は、この台風の規模と破壊力を表しています。この台風は、ベトナム史上最悪の自然災害の1つであり、その爪痕は今日でも残っています。
その他

「ハイタン」ってどんな台風?

ハイタンとは、2005年に発生した台風14号のことで、大型で非常に強い台風として知られています。中心気圧は915hPa、最大風速は65m/s、最大瞬間風速は85m/sに達した猛烈な台風でした。 ハイタンは、9月12日にフィリピンの東で発生し、その後、台湾、中国、韓国、日本列島を縦断しました。特に日本列島では、九州、四国、近畿、東海、関東など広い範囲に大きな被害をもたらしました。 ハイタンの被害は、死者70人以上、行方不明者19人、負傷者2,000人以上、住宅の全壊・半壊は約12,000棟に上りました。また、農業被害も深刻で、農作物の被害額は約1,000億円と推定されています。 ハイタンは、その規模の大きさや被害の深刻さから、近年発生した台風の中でも記憶に残る台風の一つとなっています。
モノの名前

パカー:メコン川に生息する淡水魚の名前

パカーとは パカーは、メコン川に生息する淡水魚の一種です。メコン川流域で広く分布しており、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムなどの国で見ることができます。生息地は、低地から高地までさまざまで、河川、湖沼、池などさまざまな環境に生息しています。 パカーは、大きさが10〜50センチほどで、体は細長く平べったくなっています。色は、背側は黒褐色で、腹側は白色です。背びれは2つあり、臀びれは1つです。口は大きく、下顎が上顎よりも突出しています。 パカーは、肉食性で、小魚、エビ、カニ、昆虫などを捕食します。特に、小魚を捕食することを得意としており、鋭い歯で小魚を捕まえて丸呑みします。 パカーは、食用として重要な魚です。タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムなどの国々では、パカーを使った料理が数多くあります。また、パカーは釣りを楽しむ魚としても人気があります。
モノの名前

「カンムリ」台風について

- カンムリ台風の概要 カンムリ台風は、2021年9月に猛威を振るった大型台風です。9月13日に発生し、沖縄、九州、四国、近畿、東海、関東、東北を縦断しました。台風は、中心気圧が940ヘクトパスカル、最大風速が45メートル、最大瞬間風速が60メートルを観測し、猛烈な風雨をもたらしました。 カンムリ台風は、沖縄県に甚大な被害をもたらしました。那覇市では、最大瞬間風速が59.8メートルを観測し、5人が死亡、30人が重軽傷を負いました。また、家屋や建物の倒壊、浸水などの被害が相次ぎました。 カンムリ台風は、九州地方にも大きな被害をもたらしました。宮崎県では、延岡市で土砂崩れが発生し、3人が死亡しました。また、鹿児島県では、鹿児島市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。 カンムリ台風は、四国地方にも被害をもたらしました。高知県では、宿毛市で土砂崩れが発生し、1人が死亡しました。また、愛媛県では、松山市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。 カンムリ台風は、近畿地方にも被害をもたらしました。大阪府では、大阪市で土砂崩れが発生し、1人が死亡しました。また、京都府では、京都市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。 カンムリ台風は、東海地方にも被害をもたらしました。愛知県では、名古屋市で土砂崩れが発生し、1人が死亡しました。また、三重県では、津市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。 カンムリ台風は、関東地方にも被害をもたらしました。千葉県では、千葉市で土砂崩れが発生し、1人が死亡しました。また、神奈川県では、横浜市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。 カンムリ台風は、東北地方にも被害をもたらしました。宮城県では、仙台市で土砂崩れが発生し、1人が死亡しました。また、福島県では、福島市で河川が氾濫し、浸水被害が発生しました。
モノの名前

台風委員会が制定した台風の国際名「ヤギ」

星座のやぎ座に由来 台風の国際名は、もともと香港天文台が命名していましたが、1953年に台風委員会が組織されてからは、台風委員会が命名しています。台風委員会が命名する台風名は、あらかじめ決められたリストから順番に割り当てられます。このリストには、140個の名前が記載されており、そのうち100個が女性の名前、40個が男性の名前です。ヤギは、このリストに含まれる女性の名前のひとつです。 ヤギという名前は、星座のやぎ座に由来しています。やぎ座は、南半球にある星座で、ギリシャ神話に登場するヤギのアマルテアにちなんで名づけられました。アマルテアは、ゼウスを育てたヤギで、角を折られてしまったとき、その角から牛乳や蜂蜜が流れ出たといわれています。 ヤギという名前は、台風委員会が命名する台風名としては、比較的珍しい名前です。1953年以来、ヤギという名前の台風は、わずか2回しか発生していません。1回目は、1964年に発生した台風18号で、2回目は、2006年に発生した台風13号です。 台風18号は、フィリピンに大きな被害をもたらしました。台風13号は、日本に大きな被害をもたらしました。
モノの名前

台風「コンソン」について

-# コンソンとは? コンソンとは、2021年8月22日に発生した台風19号の国際名です。フィリピンの言葉で「音」を意味し、2004年に台風委員会によって命名されました。コンソンは、フィリピンの東で発生し、北西に進路をとり、26日に沖縄地方に接近しました。 コンソンは、発生当初から勢力が強く、26日には中心気圧が930hPa、最大風速が45m/sに達しました。また、コンソンは、大型の台風で、直径が1,000km以上に及びました。そのため、沖縄地方では、暴風雨や高潮による大きな被害が発生しました。 コンソンは、27日以降、勢力を弱めながら、中国大陸に向かって進路をとり、29日に熱帯低気圧に変わりました。しかし、コンソンは、熱帯低気圧になっても、大雨や洪水を発生させ、被害をもたらしました。
その他

デラ台風(1949年)の被害と影響

1949年9月16日、大型で猛烈な台風15号(デラ台風)が、鹿児島県に上陸しました。台風は時速180kmの強風と高潮をもたらし、県内は壊滅的な被害を受けました。 鹿児島県の枕崎市では、高潮が最大6mに達し、沿岸部一帯が浸水しました。436人が死亡し、1,200人以上が行方不明になりました。市街地は完全に破壊され、家屋だけでなく、学校や病院、公共施設もすべて流されました。 枕崎市以外にも、鹿児島県内では各地で大きな被害が出ました。奄美大島では土砂崩れが発生し、100人以上が死亡しました。鹿児島市では、暴風雨によって家屋が倒壊し、多くの人が負傷しました。 デラ台風は、鹿児島県に大きな被害をもたらしただけでなく、九州や四国、中国地方にも大きな被害をもたらしました。台風による死者は1,200人を超え、行方不明者は2,000人近くにのぼりました。 デラ台風は、戦後最大の台風被害をもたらした台風の一つとして知られています。台風による被害は、当時の日本の復興に大きな打撃を与えました。
モノの名前

台風「ハイシェン」とは?知っておきたい豆知識

- 「ハイシェン」の意味と由来 台風「ハイシェン」の名前は、中国が提案した「海神」に由来しています。中国語で「海」は「ハイ」と読み、海の女神を意味し、日本では竜宮の乙姫様とも呼ばれます。また、「神」は「シェン」と読み、海の幸を司る神様を意味します。よって、「ハイシェン」という名前は、海の女神と海の幸を司る神様を合わせたもので、海の恵みをもたらすことを期待して名付けられました。 台風「ハイシェン」は、中国、フィリピン、韓国、日本、米国、ベトナムの6カ国が提案した名称の中から、世界気象機関(WMO)の台風委員会によって選定されました。この台風委員会は、台風による被害を軽減するために、台風に関する情報の交換や協力について協議する機関です。台風「ハイシェン」は、2020年に発生した台風で、フィリピンに大きな被害をもたらしました。
作品名

「宮古島台風」とは?1959年の台風14号

1959年9月16日、台風14号は沖縄本島を直撃し、国内各地に甚大な被害をもたらしました。この台風は、沖縄本島で死者・行方不明者1,252人、重傷者1,342人、軽傷者4,684人の被害をもたらし、全国では死者1,490人、重傷者1,605人、軽傷者4,708人の被害をもたらしました。 この台風は、沖縄本島では、台風の強風と高潮により、家屋が倒壊したり流されたりして、多くの死者・行方不明者が出ました。また、沖縄本島以外の地域でも、台風の強風と豪雨により、家屋が倒壊したり土砂崩れが発生したりして、多くの死者・行方不明者が出ました。 この台風は、沖縄本島に大きな被害をもたらしたことから、「宮古島台風」と呼ばれています。宮古島台風は、日本で観測史上最大級の台風であり、その被害は今も語り継がれています。
その他

シマロンとは?

シマロンの豆知識 * シマロンは、アメリカ大陸で逃亡したアフリカ系奴隷の子孫。彼らはやがて独自の文化や伝統を持つようになった。 * シマロンは、スペイン語で「野生の」を意味する「シマーロン」に由来する。 * シマロンは、主に現在のメキシコ、コロンビア、ブラジル、米国で発見される。 * シマロンは、奴隷制から逃れるため、森林や山岳地帯で生活していた。 * シマロンは、農業や狩猟によって生活を立てていた。 * シマロンは、しばしば奴隷主の農園を襲撃し、家畜や食料を奪っていた。 * シマロンは、奴隷制廃止後は、自由民として生活した。 * シマロンは、アメリカ大陸の歴史の中で重要な役割を果たした。彼らは、奴隷制に抵抗し、自由を求めた。 * シマロンは、現在でも、アメリカ大陸の多くの国々で暮らしている。彼らは、独自の文化や伝統を維持している。
モノの名前

「シンラコウ」の物語

シンラコウとは何か? シンラコウとは、現実世界とは異なる世界であり、人々がより平和に、より豊かに暮らせるために作られた世界です。この世界は、人々が互いに助け合い、協力し合いながら、持続可能な社会を築いていくことを目指しています。シンラコウには、戦争も貧困も病気もなく、人々は皆が幸せに暮らしています。また、シンラコウには、美しい自然や豊かな文化があり、人々は自然と調和しながら、豊かな生活を送っています。シンラコウは、現実世界と比べて、はるかに理想的な世界であり、人々が目指すべき理想郷です。
モノの名前

台風「ハイクイ」について

台風「ハイクイ」とは 台風「ハイクイ」は、2023年8月25日にフィリピン沖で発生した大型の台風です。その後、台湾や中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。8月28日現在、台風は日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。 台風「ハイクイ」は、中心気圧が940hPa、最大風速が45m/sという大型の台風です。また、暴風域の直径は500kmと広く、広範囲にわたって大雨や強風による被害をもたらす可能性があります。 台風「ハイクイ」は、8月26日に台湾に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。台湾では、土砂崩れや浸水が発生し、少なくとも1人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月27日には中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。中国では、洪水や土砂崩れが発生し、少なくとも10人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月28日現在、日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。沖縄地方では、大雨や強風による被害が懸念されています。
モノの名前

「ソングダー」とは?2004年に激甚災害をもたらした台風

「ソングダー」という名前の由来 「ソングダー」という名前は、タイ語で「歌の達人」または「歌い手」を意味する「ソング」と、「雷鳴」や「嵐」を意味する「ダー」を組み合わせたものです。この名前は、この台風の強さと破壊力を反映しています。 「ソングダー」は、2004年に激甚災害をもたらした台風です。この台風は、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポールなどの国々に大きな被害をもたらしました。特に、タイではこの台風により5,000人以上が死亡し、数百万人が家を失いました。 「ソングダー」という名前は、この台風の記憶を風化させないために、タイ政府によって選ばれました。また、この台風から得た教訓を活かして、将来の災害に備えることを目指しています。
その他

台風「タラス」と大災害

-2011年の大災害を振り返る- 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、マグニチュード9.0の巨大地震とそれに伴う大津波、原発事故を引き起こし、甚大な被害をもたらしました。この災害は、1923年の関東大震災以来、日本で最も大きな被害をもたらした災害であり、死者・行方不明者数は1万8000人を超えました。 東日本大震災は、日本全国に大きな影響を与えました。被災地では、住宅や公共施設が破壊され、多くの人が家を失いました。また、原発事故の影響により、放射能汚染が広がり、多くの人が避難を余儀なくされました。 東日本大震災から10年が経ちますが、被災地では復興が進んでいます。しかし、まだ仮設住宅で暮らしている人も多く、原発事故の影響で帰還できていない人もいます。 東日本大震災は、日本人に大きな教訓を残しました。それは、自然災害に対して備えをしておくことの大切さです。また、原子力発電所の安全性についても、改めて考える必要があります。
その他

台風「コンパス」について

コンパスってどんな台風? 台風「コンパス」は、2023年8月10日に発生した大型の台風です。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルとなっています。台風「コンパス」は、非常に強い勢力で日本の南海上を北上しており、12日には九州に接近する見込みです。台風「コンパス」は、大雨や強風、高波を引き起こすおそれがあるため、十分な警戒が必要です。また、台風「コンパス」は、進路が不透明なため、今後の動向に注意が必要です。
モノの名前

台風9号「マーロウ」の概要

台風番号と名称由来 台風「マーロウ」は、2023年6月1日に発生した台風で、台風番号は9号でした。台風番号とは、西太平洋で発生する台風に与えられる番号で、1年間に発生した台風の数に応じて順に振られます。 台風の名称は、加盟国が提案した名称の中から、台風委員会によって決定されます。台風「マーロウ」の名称は、米国が提案したもので、「マーロウ」は、シェイクスピアの戯曲「ヘンリー六世第2部」に登場する架空の人物です。 台風「マーロウ」は、発生後、フィリピン、台湾、中国に大きな被害をもたらしました。フィリピンでは、洪水や土砂崩れが発生して、多くの死傷者が出ました。台湾では、強風や豪雨によって、大規模な停電が発生しました。中国では、台風「マーロウ」が上海に上陸して、大洪水が発生しました。
モノの名前

台風の国際名「ディアンムー」について

ディアンムーの特徴 台風の国際名「ディアンムー」は、中国語で「電母」を意味します。電母は、中国の神話に登場する雷と稲妻を司る女神です。ディアンムーは、2023年8月に発生した台風で、フィリピン、台湾、中国、朝鮮半島に大きな被害をもたらしました。 ディアンムーは、非常に強い台風でした。最大風速は60メートルを超え、最大瞬間風速は70メートルに達しました。また、中心気圧は920ヘクトパスカルまで低下しました。ディアンムーは、フィリピンに上陸した際、暴風雨や高潮を引き起こし、多数の死者を出すなど大きな被害をもたらしました。その後、ディアンムーは台湾、中国、朝鮮半島を通過し、これらの地域でも大きな被害をもたらしました。 ディアンムーは、非常に速く移動する台風でした。移動速度は時速30キロメートルを超え、最大時には時速40キロメートルに達しました。このため、ディアンムーは各地に大きな被害をもたらした後、すぐに通過していきました。ディアンムーは、発達するスピードも非常に速く、わずか数日で熱帯低気圧から大型の台風へと発達しました。 ディアンムーは、非常に大きな台風でした。直径は1,000キロメートルを超え、面積は日本の国土の約1.5倍に相当しました。このため、ディアンムーは各地に広範囲にわたって被害をもたらしました。ディアンムーは、非常に強い台風であり、移動速度が速く、発達するスピードも速く、非常に大きな台風でした。このため、ディアンムーは各地に大きな被害をもたらしました。
その他

第二宮古島台風とは?

-第二宮古島台風の概要- 第二宮古島台風は、1966年に発生した台風である。1871年にトサボーダーが発生してから95年ぶりに死者1000人以上の甚大な被害をもたらした。 第二宮古島台風は、6月3日にサイパン島の北東約600kmの海上で発生し、北西に進路をとった。6月5日には最大風速65mを記録し、6日には宮古島に上陸した。その後、九州と中国地方を縦断して日本海に抜けた。 第二宮古島台風は、最大瞬間風速86m、最大降水量512mmを記録し、死者1000人以上、行方不明者200人以上、負傷者5000人以上という甚大な被害をもたらした。また、家屋3万戸以上が倒壊し、農作物も大きな被害を受けた。 第二宮古島台風は、日本史上ワースト5位の大型台風である。
モノの名前

台風ケッツァーナ(台風16号)の歴史と被害

台風ケッツァーナ(台風16号)命名の経緯 台風ケッツァーナは、2009年9月にフィリピンを襲い、甚大な被害をもたらした台風である。この台風は、当初は台風16号と呼ばれていたが、後に「ケッツァーナ」という名前が与えられた。 ケッツァーナという名前は、フィリピンの先住民族であるマングヤン族の言葉で「雨の女神」を意味する。この名前は、台風の規模と被害の大きさを考慮して、フィリピン大気地球物理局によって選ばれた。 ケッツァーナは、フィリピンに上陸した台風としては、史上最悪の被害をもたらした台風の一つである。この台風により、1,000人以上が死亡し、数百万人が家を失った。また、インフラや農業にも大きな被害が及んだ。 ケッツァーナの被害を受けて、フィリピン政府は、台風に備えるための対策を強化した。また、国際社会からも、フィリピンへの支援が寄せられた。
モノの名前

「ハーロン」の基礎知識

-ハーロンの名前の由来- ハーロンという名前は、ギリシャ語の「haro」に由来しています。「haro」とは、「聖なる」または「神聖な」という意味です。ハーロンは、古代ギリシャ人にとって神聖な動物であり、多くの神話に登場しています。ギリシャ神話によると、ハーロンは冥界の王であるハーデスの馬車であるケリュネイアを操っていました。また、ハーロンは英雄ヘラクレスが冥界から脱出したときにも協力しました。
モノの名前

チャンチー:2006年フィリピンに被害をもたらした台風

台風チャンチーは、2006年11月2日から12月1日までフィリピンに被害をもたらした台風である。 台風チャンチーは、11月2日にフィリピンの東で熱帯低気圧が発生し、4日に台風となった。台風はフィリピンに向けて北西に進路をとり、7日にサマール島に上陸した。その後、台風はルソン島、ビサヤ諸島を縦断し、12日に台湾に上陸した。台風は台湾で温帯低気圧に変わったが、その後も中国大陸を横断し、14日に日本海に抜けた。 台風チャンチーは、フィリピンに大きな被害をもたらした。フィリピンでは、台風の影響で1,000人以上が死亡し、数千人が負傷した。また、家屋やインフラも大きな被害を受けた。台風チャンチーは、21世紀に入ってフィリピンを襲った台風の中で最も被害が大きかった台風である。
モノの名前

台風「バービー」について知っておくべきこと

台風「バービー」の基礎知識 台風「バービー」は、2023年9月にフィリピンを襲った大型台風です。最大風速は毎秒60メートル、中心気圧は930ヘクトパスカルで、フィリピンに大きな被害をもたらしました。台風の名前は、国際気象機関が毎年公表している熱帯低気圧の名前リストの中から、台風の発生地域に最も近い名前が選ばれます。台風「バービー」は、フィリピン東部で発生したため、フィリピンの女性の名前である「バービー」が選ばれました。台風の強さは、最大風速や中心気圧によって分類されます。台風「バービー」は、最大風速が毎秒60メートル以上、中心気圧が930ヘクトパスカル以下であるため、大型台風と分類されています。大型台風は、非常に強い台風で、大きな被害をもたらす可能性があります。台風は、暴風、豪雨、高潮などの災害を引き起こします。暴風は、強風によって建物や木々が倒壊したり、停電が発生したりする災害です。豪雨は、大雨によって河川が氾濫したり、土砂崩れが発生したりする災害です。高潮は、台風の強風によって海水面が上昇し、海岸沿いの地域が浸水する災害です。台風「バービー」は、フィリピンで大きな被害をもたらしました。暴風、豪雨、高潮によって、多くの建物やインフラが破壊され、多くの人々が死亡または行方不明になりました。