名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

施設名・ロケ地

ドルフィンズアリーナのすべて

ドルフィンズアリーナの歴史 ドルフィンズアリーナは、2011年に完成した多目的アリーナです。フロリダ州マイアミにあるアメリカンエアラインズアリーナに代わるマイアミヒートの新しいホームアリーナとして建設されました。 ドルフィンズアリーナは、3万5,000人以上の収容人数を誇り、NBAの試合以外にも、コンサートやその他のスポーツイベントにも使用されています。また、アリーナには、200以上のスイートルームや、クラブラウンジ、レストラン、ショップなど、さまざまな施設が含まれています。 ドルフィンズアリーナは、マイアミのダウンタウンに位置しており、公共交通機関や高速道路へのアクセスも良好です。また、アリーナ周辺には、ホテルやレストラン、ショップなどが充実しており、試合観戦の前後に楽しむことができます。 ドルフィンズアリーナは、マイアミで最も人気のあるスポーツ施設のひとつであり、年間を通じて多くの人が訪れます。NBAの試合以外にも、コンサートやその他のイベントが開催されることもあり、常に賑わっています。
施設名・ロケ地

バスケ界の名古屋を盛り上げる「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」

名古屋の誇りとして歩んできた歴史 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、1999年に創設されたバスケットボールチームです。チーム名の「ダイヤモンド」は、名古屋の都心のシンボルであるテレビ塔に輝く電飾を、「ドルフィンズ」は、名古屋港を出入りするイルカをイメージして名付けられました。チームカラーは、名古屋城の金鯱をイメージしたゴールドとブルーです。 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、発足以来、bjリーグで優勝1回、準優勝4回、オールスターゲーム出場選手12人を輩出するなど、名古屋のバスケットボール界を牽引してきました。また、チームは地域貢献にも力を入れており、地元の学校や企業との交流活動や、地域のイベントへの参加などを行っています。 2016年、名古屋ダイヤモンドドルフィンズはBリーグに参入しました。Bリーグは、bjリーグとNBLが統合して発足した新しいプロバスケットボールリーグです。Bリーグ発足後は、2016-17シーズンのチャンピオンシップで準優勝、2017-18シーズンではレギュラーシーズン2位となりました。 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、名古屋のバスケットボール界を盛り上げるために、日々努力しています。チームは、ホームゲームで多くのファンを集め、熱い声援を受けています。また、チームは地域貢献にも力を入れており、地元の学校や企業との交流活動や、地域のイベントへの参加などを行っています。名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、名古屋の誇りとして、これからも歩み続けます。
モノの名前

Bリーグのディーディーについて知ろう

ディーディーの誕生と特徴を解説 ディーディーは、2016年に設立されたプロバスケットボールリーグ「Bリーグ」のマスコットキャラクターです。Bリーグの理念である「日本を元気に!」を体現する存在として誕生しました。 ディーディーの特徴は、縦長の体と大きな頭、そして明るい笑顔です。体の色は青と白で、Bリーグのロゴが入ったユニフォームを着ています。また、頭に大きなバスケットボールをのせているのが特徴です。 ディーディーは、Bリーグの試合会場に登場してファンを盛り上げたり、イベントに出演したりして活躍しています。また、子どもたちにバスケットボールの楽しさを伝えるために、学校や幼稚園を訪問することもあります。 ディーディーは、Bリーグの顔としてファンから愛されており、Bリーグを盛り上げるために重要な役割を果たしています。