名車

モノの名前

「アルシオーネ」と先進技術

「AUTO-4WDシステムと先進性」 SUBARUの「アルシオーネ」は、1985年に発売された4ドアハードトップのスポーツカーです。その特徴は、世界初の「AUTO-4WDシステム」を搭載していたことです。このシステムは、走行状況に応じて自動的に前輪と後輪の駆動力を分配するもので、オンロードでもオフロードでも優れた走破性を発揮しました。 AUTO-4WDシステムは、車速やスロットル開度、ヨーレートなどの情報をセンサーで検知して、前後輪の駆動力を最適に配分します。通常走行時は前輪駆動として走行し、滑りやすい路面や悪路では後輪にも駆動力を配分して4輪駆動となります。また、コーナリング時には後輪に駆動力を配分して旋回性を高めるなど、あらゆる走行状況に対応した制御を行います。 AUTO-4WDシステムは、その高い走破性と安全性で高く評価され、アルシオーネのヒットに大きく貢献しました。また、このシステムはその後、スバルの他の車種にも搭載され、スバルのAWD車の代名詞となっています。
モノの名前

スズキ GS400→ 偉大なる4ストロークの伝説

GS400の歴史と背景 1970年代初頭、日本車は世界中を席巻し始めました。その中でもスズキは、GS400で世界に衝撃を与えました。GS400は、4ストロークエンジンのバイクとして世界で初めて時速100マイルに到達したのです。 GS400は、1976年に発売されました。当初はアメリカ市場をターゲットにしていましたが、すぐに世界中で人気を博しました。その人気の理由は、高性能なエンジン、優れたハンドリング、そして手頃な価格でした。 GS400は、スズキの成功に大きく貢献しました。スズキは、GS400を皮切りに、GSX-Rシリーズや隼など、数々の名車を世に送り出しました。そして今なお、スズキは世界有数のバイクメーカーとして君臨しています。