和歌山県

モノの名前

「田村みかん」の魅力と特徴

和歌山県有田市、田村地区の特産品 和歌山県有田市にある田村地区は、温暖な気候と豊かな土壌に恵まれた地域であり、みかんの生産が盛んです。田村地区で生産される「田村みかん」は、そのおいしさから全国各地に出荷され、多くの人々に愛されています。 田村みかんの最大の特徴は、その甘さです。田村地区の温暖な気候と豊かな土壌は、みかんの生育に適しており、その結果、田村みかんは糖度が高く、甘みのあるみかんに育ちます。また、田村みかんは酸味が少なく、食べやすいのも特徴です。 田村みかんは、そのまま食べてもおいしいですが、ジュースやゼリーなどの加工品にしてもおいしく食べることができます。また、田村みかんは、ビタミンCが豊富に含まれているため、健康にも良いと言われています。 田村みかんは、和歌山県有田市の特産品であり、そのおいしさから多くの人々に愛されています。田村みかんを食べたことがない人は、ぜひ一度ご賞味ください。
モノの名前

和歌山の地酒「紀土」の魅力に迫る!

紀土の誕生秘話と酒造りのこだわり 紀土の誕生には、ある一人の男の情熱が込められています。その男の名は、坂口謹一郎。彼は、和歌山県田辺市に生まれ、幼い頃から酒造りに興味を持っていました。20歳の時、彼は家業の酒蔵を継ぎ、酒造りの道を歩み始めます。 坂口氏は、和歌山の豊かな自然と風土を活かした酒造りを目指していました。彼は、地元の米と水にこだわり、伝統的な製法を守りながら、新しい酒造りに挑戦しました。その結果、紀土は、フルーティーで華やかな香りと、まろやかで飲みやすい味わいの酒として、全国の日本酒ファンから愛されるようになりました。 紀土の酒造りのこだわりは、原料へのこだわりと伝統的な製法にあります。紀土の酒米は、すべて和歌山県産の山田錦を使用しています。山田錦は、酒米の王様と呼ばれ、芳醇な香りと旨味のある酒が醸造できます。また、紀土では、酒造りの水にこだわり、和歌山県田辺市の龍神山系から湧き出る清らかな伏流水を使用しています。 紀土の酒造りのこだわりは、酒造りの工程にも表れています。紀土では、伝統的な製法である生酛造りを行っています。生酛造りは、自然の乳酸菌を利用して酒母を培養する製法で、手間と時間がかかりますが、深い味わいの酒が醸造できます。また、紀土では、火入れを行わず、そのまま瓶詰めする生酒を多く製造しています。生酒は、フレッシュな香りと味わいが特徴で、日本酒本来の美味しさを楽しむことができます。
地名・ロケ地

新宮藩とは?歴史・産業・廃藩置県までの軌跡

新宮藩の歴史と起源 新宮藩は、現在の和歌山県新宮市にかつて存在した藩である。藩祖は水野重摩であり、1615年の大坂夏の陣で徳川家康に味方して功績を挙げたため、紀伊国の新宮領3万石を与えられた。重摩は新宮城を築いて居城とし、新宮藩を立藩した。 新宮藩は、紀伊半島の南端部に位置し、山林や海に囲まれた豊かな土地であった。藩の産業は、林業、漁業、農業が中心で、特に林業は盛んであった。また、新宮藩は、熊野古道の宿場町として栄え、商業も盛んであった。 新宮藩は、江戸時代を通じて、水野氏が藩主を務めた。水野氏は、代々徳川将軍家に忠勤を尽くし、新宮藩は安定した統治が続いた。しかし、1868年の明治維新によって新宮藩は廃藩となり、和歌山県に編入された。
施設名・ロケ地

高野山真言宗の総本山、金剛峯寺の魅力

弘法大師空海ゆかりの地 高野山に鎮座する金剛峯寺は、弘法大師空海によって開かれた真言宗の総本山として知られる。弘法大師空海は、唐の恵果阿闍梨のもとで密教を学び、日本に帰国した後に高野山に金剛峯寺を開いた。金剛峯寺は、弘法大師空海の死後も、真言宗の中心として繁栄を続け、現在では、世界中から多くの参拝客が訪れる。 金剛峯寺には、弘法大師空海ゆかりの多くの史跡が残されている。金剛峯寺の中心にある根本大塔は、弘法大師空海が自ら設計したとされる。根本大塔は、高さ約50メートルの大塔で、金剛峯寺のシンボルとなっている。金剛峯寺の境内には、弘法大師空海の生誕地である讃岐の善通寺から移築された善通寺本坊や、弘法大師空海の母である玉依御前を祀る玉依御前社などもある。 金剛峯寺は、弘法大師空海ゆかりの地として、多くの観光客が訪れる。金剛峯寺は、世界遺産にも登録されており、その荘厳な美しさは、多くの人を魅了している。
モノの名前

和歌山名物「ごぼう巻」の魅力とは?

ごぼう巻の歴史と由来 和歌山名物「ごぼう巻」の歴史は古く、江戸時代初期にさかのぼります。当時は、和歌山の郷土料理として親しまれ、庶民の間で広く食べられていました。「ごぼう巻」の誕生には、和歌山の豊かな水と温暖な気候が深く関わるといわれています。紀州の温暖な気候と豊富な水は、ごぼうやレンコン、にんじん、しいたけなどの野菜の栽培に適しており、これらの野菜をふんだんに使った「ごぼう巻」は、和歌山の食文化を象徴する一品です。
施設名・ロケ地

「しらまの里」の魅力を徹底解剖!

おすすめのスポット(温泉・食事処・カフェ) しらまの里には、温泉、食事処、カフェなど、魅力的なスポットがたくさんあります。 温泉は、美肌効果のあるアルカリ性単純泉で、露天風呂や大浴場など、さまざまなタイプのお風呂を楽しむことができます。 食事処は、地元の食材を使った手作り料理が味わえるお店がたくさんあります。 カフェは、ゆったりとくつろぎながらコーヒーや紅茶を楽しむことができるお店がたくさんあります。
地名・ロケ地

しんしんと日本の関係

しんしんと日本の出会いは、16世紀に遡ります。ポルトガルの宣教師フランシスコ・ザビエルが、1549年に鹿児島に上陸し、キリスト教の布教を開始しました。ザビエルの布教は、日本人に大きな影響を与え、多くの日本人がキリスト教に改宗しました。 その後、ザビエルに続いて、多くのポルトガル人が日本を訪れました。彼らは、キリスト教の布教とともに、日本の文化や風習を学び、日本に多くの新しいものを伝えました。例えば、ポルトガル人は、鉄砲や時計、タバコなどを日本に伝えました。 一方、日本人も、ポルトガル人から多くのことを学びました。日本人は、ポルトガル人の航海術や医学を学び、西洋の文化や思想に触れました。また、日本人は、ポルトガル人から、キリスト教の教えや、ヨーロッパの文化や思想を学びました。 このように、しんしんと日本は、16世紀にキリスト教の布教を通じて出会い、交流が始まりました。この交流は、日本の文化や風習に大きな影響を与え、日本の近代化にもつながりました。
施設名・ロケ地

和歌山の港「新宮港」の魅力

新宮港の歴史 新宮港は古くから紀伊半島南部と京阪神方面を結ぶ港として栄えてきました。平安時代には、熊野詣での人々がこの港から船に乗って伊勢神宮や熊野三山に向かいました。江戸時代には、新宮藩の参勤交代や物資の輸送で賑わいをみせました。 明治時代に入ると、新宮港は近代化が進み、汽船が就航するようになりました。また、1893年には新宮鉄道(現在の紀勢本線)が開通して、大阪や名古屋方面とのアクセスがさらに便利になりました。 大正時代には、新宮港は一大貿易港として発展しました。木材や水産物、農産物が輸出され、生糸や綿糸、機械類が輸入されました。また、この頃には新宮港に多くの倉庫や工場が建設されました。 昭和時代に入ると、新宮港は太平洋戦争の戦火に見舞われました。港湾施設は破壊され、貿易も一時的に中断されました。しかし、戦後すぐに復興が始まり、1950年には新宮港は国際貿易港に指定されました。 現在、新宮港は和歌山県南部を代表する港として、物資の輸送や旅客の輸送に重要な役割を果たしています。また、新宮港は観光地としても人気があり、毎年多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

「田中神社」の歴史と魅力

田中神社の歴史と起源 田中神社は、奈良県にある神社で、田中氏の祖神である田中大神を祀っています。田中氏は、飛鳥時代から続く歴史ある氏族で、その祖先は神武天皇の皇子である彦八井耳命であるとされています。田中神社は、その田中氏の本拠地である田中郷に、氏神として創建されたと伝えられています。 田中神社の創建年代は不詳ですが、平安時代の『延喜式神名帳』に記載されていることから、少なくとも10世紀以前には存在していたと考えられています。田中神社は、鎌倉時代には田中氏の庇護を受け、社殿が整備されました。その後、室町時代には一時衰退しましたが、江戸時代には再び復興し、現在のような規模となりました。 田中神社は、田中氏の氏神であるとともに、地域の人々からも信仰を集めています。田中神社の御神徳は、五穀豊穣、家内安全、厄除け、商売繁盛などです。田中神社の境内には、本殿、拝殿、幣殿、楼門、神楽殿などがあります。本殿は、江戸時代の初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。拝殿は、本殿の前にある建物で、参拝者が参拝する場所です。幣殿は、拝殿と本殿の間にある建物で、神楽や祭事を行う場所です。楼門は、境内への入り口にある門で、江戸時代の初期に建てられたものです。神楽殿は、神楽を奉納する場所です。 田中神社は、歴史ある神社で、田中氏の本拠地である田中郷に鎮座しています。田中神社は、地域の人々からも信仰を集めており、御神徳は五穀豊穣、家内安全、厄除け、商売繁盛などです。田中神社の境内には、本殿、拝殿、幣殿、楼門、神楽殿などがあります。本殿は、江戸時代の初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。田中神社は、歴史と文化を伝える貴重な神社です。
未分類

和歌山県勲功爵、「梅梅」の功績

和歌山が生んだスーパーパンダ 和歌山県日高郡日高町にある和歌山県勲功爵は、その名前からもわかるように、世界的に有名なパンダ「梅梅」の功績を称えて作られました。1982年、上野動物園にレンタルで来日した梅梅は、当時大人気だったパンダの「ランラン」と「カンカン」に並ぶほどの人気を集めました。梅梅は、その愛らしい容姿と温厚な性格で多くの人々に愛され、その人気は日本のみならず世界中に広まりました。梅梅は、日本のパンダブームの火付け役となり、その功績は今もなお語り継がれています。 梅梅は、1980年に和歌山県日高町のアドベンチャーワールドで生まれました。和歌山県は、日本で唯一のパンダの繁殖施設がある県であり、梅梅は和歌山県が生んだ最初のパンダです。梅梅は、その誕生からすぐに人気者となり、多くの観光客が彼女に会いにアドベンチャーワールドを訪れました。梅梅は、その人気を活かして、和歌山県の観光大使に任命され、和歌山県の魅力を世界中に発信しました。また、梅梅は、多くのテレビ番組や映画に出演し、その愛らしい姿で多くの人々を魅了しました。 梅梅は、2012年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。和歌山県勲功爵は、そんな梅梅の功績を称えて作られたものです。梅梅は、和歌山県にとってかけがえのない存在であり、その功績は永遠に忘れることはありません。
モノの名前

紀州梅干の魅力を徹底解説!

紀州梅干の歴史と文化 紀州梅干は、和歌山県で生産される梅干で、その歴史は古く、平安時代まで遡ります。紀州は、温暖で雨量の少ない気候が梅の栽培に適しており、古くから梅の産地として知られていました。紀州梅干は、梅の実を塩漬けにして天日干しにし、さらに熟成させたもので、その独特の風味と酸っぱさが特徴です。 紀州梅干は、和歌山県の特産品として知られており、県内各地で生産されています。中でも、みなべ町は紀州梅干の生産量が日本一で、梅の栽培面積も日本一です。みなべ町では、梅の収穫時期になると、梅畑一面が白い花で覆われます。梅の花は、和歌山県の県花にも指定されており、和歌山県のシンボルの一つとなっています。 紀州梅干は、和歌山県民のソウルフードとして親しまれており、様々な料理に使用されています。紀州梅干を入れたおにぎりや茶わん蒸しは、和歌山県の郷土料理として知られています。また、紀州梅干は、紀州の特産品として全国各地に出荷されており、日本全国で愛されています。
モノの名前

すさみケンケン鰹について知ろう!

すさみケンケン鰹とは? すさみケンケン鰹は、和歌山県周参見沖で獲れる鰹の一種です。その名の通り、鰹が海面を激しく跳ねるので、「ケンケン鰹」と呼ばれています。すさみケンケン鰹は、平均して1匹1.5kg前後と大きく、身が引き締まっていて脂がのっています。また、マグロに似た独特の旨味があります。 すさみケンケン鰹は、カツオの中でも特に美味とされています。その理由は、周参見沖の海水が清浄で栄養分が豊富なためです。また、すさみケンケン鰹は、餌となる小魚やプランクトンをたくさん食べて育っているので、身が引き締まっていて脂がのっています。 すさみケンケン鰹は、刺身、たたき、寿司など、さまざまな料理に利用されます。中でも、刺身はすさみケンケン鰹の旨味を最も楽しめる料理です。また、たたきは、鰹の皮を炙って香りを出した料理で、こちらもすさみケンケン鰹の旨味を存分に味わうことができます。
施設名・ロケ地

ドライブの休息にぴったり!和歌山の道の駅「龍神」の魅力

龍神道の駅の概要と施設案内 和歌山県田辺市にある龍神道の駅は、龍神温泉郷への玄関口として、また、熊野古道の起点として多くの人々に利用されています。道の駅は、敷地が広く、駐車場、売店、レストラン、足湯、公園など、さまざまな施設が充実しています。 駐車場は、普通車100台、大型車10台を収容することができます。売店では、地元で採れた新鮮な野菜や果物、道の駅オリジナルのお土産など、さまざまな商品を取り扱っています。レストランでは、龍神の名物である龍神そばや龍神バーガーなど、地元の食材を使った料理を楽しむことができます。 また、龍神道の駅には、無料で利用できる足湯があります。龍神の温泉は、古くから「美人の湯」として知られており、疲労回復や美肌効果があるとされています。足湯に浸かりながら、龍神温泉郷の景色を眺めることができます。 道の駅の敷地内には、公園があり、遊具やベンチなどが設置されています。子供たちが遊んだり、大人たちが休憩したりするのに最適な場所です。龍神道の駅は、ドライブの休息にぴったりな道の駅です。ぜひ、立ち寄ってみてください。
地名・ロケ地

袋港ってどんな港?

袋港の歴史 袋港は、江戸時代以前から存在していた港であり、その歴史は古く、室町時代には、すでに存在していたことが確認されています。江戸時代には、佐賀藩の藩船が大阪や江戸へ出入りする拠点として利用され、明治時代には、近代的港湾として整備されました。その後、袋港は、日露戦争や太平洋戦争などの戦時中に、軍港として利用されました。戦後は、再び民間の港として利用されるようになり、現在では、貨物や旅客船の発着港として、重要な役割を果たしています。
モノの名前

紀州漆器の伝統と技法

紀州漆器の歴史と起源 紀州漆器の歴史は古く、奈良時代の文献にその名が記されている。平安時代には、紀州漆器は朝廷に献上され、鎌倉時代には禅僧によって中国から新しい漆芸技術がもたらされた。戦国時代には、紀州漆器は武将の間で人気を博し、江戸時代には、紀州藩の奨励によってさらに発展を遂げた。 明治時代になると、紀州漆器は海外に輸出され、その美しさは世界中で賞賛された。しかし、第二次世界大戦後には、生産量が激減し、紀州漆器の伝統は危機に瀕した。しかし、近年では、紀州漆器の伝統を継承する職人たちが現れ、再びその人気が高まっている。 紀州漆器は、その独特の技法と美しさで知られている。紀州漆器の技法は、木地に漆を塗ってから、蒔絵や沈金などの装飾を施すというもの。蒔絵は、漆の上に金粉や銀粉を蒔いて模様を描く技法であり、沈金は、漆の上に模様を彫り込む技法である。 紀州漆器の美しさは、その繊細な装飾と、漆の深い光沢にある。紀州漆器は、日本の伝統工芸の中でも特に優れたものであり、世界中の人々に愛されている。
モノの名前

熊野名所せんべい~和歌山県新宮市の銘菓~

小見出し 和三盆糖の優しい甘さ 熊野名所せんべいは、その名のとおり、和歌山県新宮市の名物です。その優しい甘さは和三盆糖からきています。和三盆糖とは、さとうきびから作られる砂糖の一種です。その特徴は、そのきめ細かな食感と上品な甘さです。 和三盆糖は、その製造工程が非常に複雑で手間がかかります。そのため、生産量は限られており、希少価値の高い砂糖とされています。また、和三盆糖は、その上品な甘さから、高級和菓子に使用されることが多く、熊野名所せんべいもその一つです。 熊野名所せんべいは、その和三盆糖の優しい甘さが特徴です。その甘さは、決してしつこくなく、口の中でスッと溶けていきます。また、和三盆糖のきめ細かな食感も、熊野名所せんべいの美味しさに一役買っています。 熊野名所せんべいは、その優しい甘さと上品な味わいで、多くの人に愛されています。和歌山県新宮市を訪れた際には、ぜひこの銘菓を味わってみてください。
施設名・ロケ地

和歌山県の隠れた名湯「鮎川温泉」の魅力

和歌山県田辺市の「鮎川温泉」とは、南紀の名湯として知られる温泉地。「清流・鮎川」が流れる美しい自然の中で、心身ともに癒されることができます。 鮎川温泉の歴史は古く、1000年以上前に開湯したと伝えられています。平安時代には、後白河法皇と平清盛が湯治に訪れたという記録も残っています。江戸時代には、紀州藩主によって保護され、湯治場として栄えました。 鮎川温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性消化器病などに効果があるとされています。また、美肌効果もあると評判で、女性にも人気です。 鮎川温泉には、共同浴場や旅館、ホテルなど、さまざまな宿泊施設があります。また、周辺には観光スポットも多く、白浜温泉や串本温泉、高野山などにもアクセスしやすいです。
モノの名前

わかぱんの歴史と魅力

わかぱんの誕生と目的 わかぱんは、2013年にわかやま県の新しい特産品として開発されました。和歌山県は、みかんの生産量が日本一を誇る県であり、和歌山県産の温州みかんをふんだんに使用した食パンです。 わかぱんの開発には、和歌山県の農林水産部と和歌山県パン組合が協力しました。和歌山県の温州みかんの消費拡大と、和歌山県産の農産物のブランド化を目的としています。 わかぱんは、和歌山県産の温州みかんの果汁と果肉を練り込んだ生地を使用しています。そのため、みかんの爽やかな風味と甘みが特徴です。また、みかんの果汁には、ビタミンCが豊富に含まれており、健康志向の方にもおすすめです。 わかぱんは、和歌山県内のパン屋さんやスーパーマーケットで販売されています。また、和歌山県のアンテナショップでも取り扱われています。わかぱんは、和歌山県の新しい特産品として人気を集めており、多くの方に愛されています。
地名・ロケ地

和歌山県・田辺花火大会!3000発打ち上げの夏の風物詩

田辺花火大会は、和歌山県田辺市で毎年8月に行われる花火大会です。3000発もの花火が打ち上げられ、その規模は県内最大級を誇ります。花火大会の会場は、田辺湾に浮かぶくじら島。打ち上げられた花火は、島を背景に海面に映し出され、幻想的な雰囲気を醸し出します。 田辺花火大会の歴史は古く、1916年に第1回大会が開催されました。当初は、海上安全と大漁祈願を目的とした小さな花火大会でしたが、年々規模を拡大し、今では県内屈指の花火大会に成長しました。田辺花火大会の特徴は、何と言ってもその規模の大きさです。3000発もの花火が打ち上げられるため、その迫力は大迫力です。また、くじら島を背景に打ち上げられる花火は、どこから見ても美しく、その美しさは格別です。
モノの名前

サンマ寿司の歴史と作り方

サンマ寿司とは、サンマを寿司飯で握った寿司のことである。一般的には、塩焼きにしたサンマを使用するが、刺身でも握ることができる。サンマ寿司は、北海道や東北地方でよく食べられている郷土料理である。サンマの旬である秋になると、各家庭でサンマ寿司が作られ、親戚や友人と集まってサンマ寿司を食べるのが風習となっている。 サンマ寿司は、サンマの塩焼きを寿司飯で握るのが一般的だが、刺身で握ることもある。サンマの塩焼きは、サンマを塩で焼き上げたもので、香ばしくサクサクとした食感を楽しむことができる。サンマの刺身は、サンマを薄く切りつけたもので、サンマの新鮮な味わいをダイレクトに楽しむことができる。 サンマ寿司は、サンマの塩焼きと寿司飯を合わせることで、サンマの塩気と寿司飯の甘味がマッチした、絶妙な味わいが楽しめる。また、サンマの塩焼きにショウガやみょうがなどの薬味を添えることで、より一層おいしく食べることができる。
地名・ロケ地

和歌山県の隠れた絶景「稲積島」の魅力

「稲積島」は、和歌山県日高郡由良町にある小さな島です。周囲わずか1.5キロメートル、面積0.27平方キロメートルと非常に小さな島ですが、島の周囲は急峻な断崖絶壁になっており、その景観は圧巻です。また、島には数多くの洞窟があり、その中には国の天然記念物に指定されている「稲積洞」もあります。 稲積島は、古くから人々が住み着いていたとされ、縄文時代や弥生時代の遺跡も発見されています。また、島には「稲積神社」があり、この神社は713年に創建されたと伝えられています。稲積神社は、稲作の神様である「稲積大神」を祀っており、毎年10月には稲積大神を祀る「稲積神社祭」が開催されます。 稲積島は、和歌山県の隠れた絶景スポットとして知られており、近年では観光客も増えています。島には遊歩道が整備されており、島の周囲を一周することができます。また、島にはキャンプ場もあり、キャンプを楽しむこともできます。
施設名・ロケ地

「四季の郷公園」の楽しみ方と周辺観光スポット

-「四季の郷公園」とは?- 「四季の郷公園」は、東京都八王子市にある広大な公園です。園内には、四季折々の自然を楽しむことができるさまざまなエリアがあり、ハイキングやピクニック、バーベキューなど、さまざまなレジャーを楽しむことができます。また、公園内には、レストランや売店、休憩所などの施設も充実していますので、一日中過ごすことができます。 「四季の郷公園」は、1992年に開園し、以来、多くの人々に親しまれてきました。園内には、桜や紅葉などの木々が植えられており、春にはお花見、秋には紅葉狩りを楽しむことができます。また、園内には野鳥が生息しており、バードウォッチングを楽しむこともできます。 「四季の郷公園」は、都心からアクセスしやすい場所にあるにもかかわらず、自然豊かで静かな公園です。都会の喧騒から離れて、ゆっくりと過ごすことができる憩いの場としておすすめです。
未分類

「鈴木家住宅」の歴史と見どころ

鈴木家住宅の歴史 鈴木家住宅は、江戸時代中期に建てられた豪農の住宅です。敷地内には、主屋、土蔵、離れなどがあり、当時の生活の様子を知ることができます。主屋は、萱葺きの屋根と板張りの壁で、部屋数は10以上あります。土蔵は、米や味噌などを貯蔵していました。離れは、客間や茶室として使われていました。鈴木家住宅は、国の重要文化財に指定されており、貴重な歴史的建造物として多くの観光客が訪れます。 鈴木家住宅は、江戸時代中期に鈴木氏が建てた住宅です。鈴木氏は、この地域の大地主であり、代々庄屋を務めていました。鈴木家住宅は、当時の豪農の生活の様子を知る貴重な建物です。敷地内には、主屋、土蔵、離れなどがあり、主屋は、萱葺きの屋根と板張りの壁で、部屋数は10以上あります。土蔵は、米や味噌などを貯蔵していました。離れは、客間や茶室として使われていました。鈴木家住宅は、国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れます。
モノの名前

三宝柑について – 和歌山県の特産柑橘

三宝柑の歴史と特徴 三宝柑は、和歌山県の特産柑橘です。紀ノ川中流域の貴志川町、打田町、中津村などが主な産地です。 三宝柑の歴史は古く、奈良時代には栽培されていたという記録があります。室町時代には、紀伊国の特産品として京都や大阪に出荷されていました。江戸時代になると、三宝柑は全国的に知られるようになり、俳句や和歌にも詠まれるようになりました。 三宝柑は、直径3~4cm、重さ20~30gほどの小さな柑橘です。果皮は薄く、黄緑色からオレンジ色をしています。果肉はジューシーで、甘酸っぱく、独特の芳香があります。 三宝柑には、ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています。ビタミンCは、美肌効果や免疫力を高める効果があります。クエン酸は、疲労回復効果や食欲増進効果があります。 三宝柑は、そのまま食べても美味しいですが、ジャムやマーマレード、リキュールなどにも加工されます。また、三宝柑の皮を干したものは、陳皮として漢方薬に使われます。 三宝柑は、和歌山県の貴重な特産柑橘です。その歴史と特徴を知り、味わってみてはいかがでしょうか。