唐辛子

モノの名前

「梅ピリサルサ」について

島根県雲南市発祥の調味料 梅ピリサルサは、島根県雲南市発祥の調味料です。梅干し、玉ねぎ、にんにく、唐辛子、しょうゆ、酢などをすり混ぜて作られます。梅干しと唐辛子の酸味と辛味が特徴で、お好みでレモングラスやバジルなどのハーブを加えると、より風味豊かになります。 梅ピリサルサは、焼き鳥や揚げ物などの料理に付けて食べたり、炒め物やパスタのソースとして使ったり、ドレッシングにしたりするなど、様々な料理に活用できます。また、梅干しと唐辛子の栄養価も高く、健康にも良い調味料です。 梅ピリサルサは、地元の特産品として人気を集めており、雲南市内の飲食店や物産館などで販売されています。また、インターネット通販でも購入することができます。
モノの名前

「時漬」の魅力

時漬のおすすめの食べ方 時漬は、そのまま食べても美味しいですが、さまざまな料理に使えます。定番の食べ方は、ご飯のお供にすることです。白いご飯に時漬をのせて食べると、時漬の酸味と甘みがご飯の旨味を引き立ててくれます。また、お茶漬けの具材としてもおすすめです。時漬のお茶漬けは、さっぱりとしていて、夏バテ気味の時や食欲がない時でも食べやすいです。 時漬は、おつまみとしても人気があります。特に、お酒を飲むときのおつまみとして最適です。時漬の酸味と甘みが、お酒の旨味を引き立ててくれます。また、時漬は、野菜がたっぷり使われているので、ヘルシーなおつまみとしてもおすすめです。 時漬は、料理の隠し味としても使えます。例えば、煮物や炒め物に時漬を加えると、時漬の酸味と甘みが料理に深みを持たせてくれます。また、時漬を刻んでドレッシングに加えると、酸味と甘みの効いた美味しいドレッシングを作ることができます。 時漬は、そのまま食べても美味しいですが、さまざまな料理に使えます。定番の食べ方から、ちょっと変わった食べ方まで、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

秋田の郷土料理「花ずし」の魅力

花ずしの歴史と由来 花ずしの起源は、秋田県の旧上小阿仁村に伝わる郷土料理「花見ずし」にあるとされています。花見ずしは、春先に花見をする際に食べるために作られたもので、酢飯の上に鱒や鮭の切り身、錦糸卵、山菜などをのせた押し寿司の一種です。花見ずしは、徐々に秋田県全域に広がり、花ずしと名前を変えて親しまれるようになりました。 花ずしは、秋田県の郷土料理として、結婚式や法事などのお祝い事や、盆や正月のハレの日に、よく食べられています。また、花ずしは、その見た目も美しく、贈り物としても人気です。
モノの名前

燃え麺:激辛ラーメンの世界を探索

燃え麺の辛さの秘密 燃え麺の辛さは、唐辛子に含まれるカプサイシンによるものです。カプサイシンは、唐辛子の辛味成分であり、舌の痛覚を刺激します。燃え麺に使用される唐辛子は、世界で最も辛い唐辛子のひとつであるハバネロを使用しており、その辛さはスコビル値で10万~35万SHUです。これは、タバスコソースの辛さの約100倍に相当します。燃え麺の辛さは、唐辛子の量や種類によって調整することができ、辛さに耐性のない人は、唐辛子の量を減らすことで辛さを調整することができます。 燃え麺の辛さは、単に辛さそのものを楽しむだけでなく、健康にも良い効果をもたらすと言われています。カプサイシンには、発汗作用や脂肪燃焼作用があるため、燃え麺を食べることでダイエット効果が期待できます。また、カプサイシンは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。ただし、燃え麺は非常に辛い食べ物のため、食べ過ぎると胃腸に負担がかかることがあります。辛さに耐性のない人は、少しずつ食べるようにしましょう。
モノの名前

米唐番で米びつを虫から守る

米唐番の特徴 米唐番は、米びつに直接入れることで、米を虫から守ることができる天然素材を使った防虫剤です。米唐番の原料は、唐辛子、山椒、クローブ、桂皮、八角、陳皮の6種類です。これらの香辛料は、米の害虫であるコクゾウムシやシバンムシが嫌う刺激臭を発しています。また、米唐番には防カビ効果もあります。 米唐番は、米びつに直接入れるだけで使用することができます。使い方は簡単で、米びつに米を入れた後、米唐番を米の上に乗せるだけです。米唐番は、米を害虫やカビから守るために、常に米の上に乗せておきましょう。 米唐番は、天然素材を使用しているので、米に害を与えることはありません。また、米唐番は、無香料なので、米の風味を損なうこともありません。米唐番は、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用することができます。
モノの名前

日本の伝統調味料「黒七味」の魅力

黒七味の歴史と特徴 黒七味は、日本の伝統的な調味料であります。江戸時代初期に、京都の薬種問屋が、薬用の目的で調合した調味料として生まれました。 その後、庶民の間で、七味を黒焼きしたものとして「黒七味」が誕生、次第に使われるようになりました。 黒七味は、唐辛子、山椒、黒ごま、芥子の実、麻の実、陳皮、胡椒など、7種類以上の香辛料をブレンドして作られています。 これらの香辛料は、それぞれが独特の風味と辛味を持っているので、黒七味は、複雑で奥深い味わいに仕上がっています。 また、黒七味は、香辛料を黒焼きにすることで、香りが立ちやすく、辛味もマイルドになります。そのため、料理の風味を引き立てつつ、辛すぎない味わいに仕上げることができます。 黒七味は、さまざまな料理に使えます。焼き魚、天ぷら、うどん、そば、味噌汁など、和食全般によく合います。 また、洋食や中華料理にも使うことができ、料理のアクセントとして楽しめます。 黒七味は、日本の伝統的な調味料であり、幅広く使われている万能調味料です。 複雑で奥深い味わいが、料理の風味を引き立ててくれるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

しょうゆ豆の作り方と保存方法

しょうゆ豆の歴史と特徴 しょうゆ豆は、日本の伝統的な発酵食品のひとつであり、その歴史は古く、平安時代にはすでに作られていたとされています。当時、しょうゆ豆は高級品であり、貴族や武士の間で珍重されていました。江戸時代になると、しょうゆ豆の製造技術が発達し、庶民にも広まりました。また、この頃からしょうゆ豆は、しょうゆや味噌などの調味料の原料として使われるようになりました。 しょうゆ豆は、大豆に麹菌を付けて発酵させたもので、独特の風味と旨味があります。しょうゆ豆は、そのまま食べてもおいしいですが、煮物や炒め物などの料理に加えてもおいしく食べることができます。また、しょうゆ豆は、しょうゆや味噌などの調味料の原料としても使われます。 しょうゆ豆は、栄養価が高く、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。また、しょうゆ豆には、イソフラボンやサポニンなどの機能性成分も含まれており、健康維持に役立つと期待されています。
モノの名前

米びつ用心 で虫害を防ぐ

-米びつ用防虫剤「米びつ用心」の特徴- 米びつ用防虫剤「米びつ用心」は、米びつの中の害虫を駆除し、繁殖を防ぐための防虫剤です。殺虫成分であるピレスロイド系薬剤が害虫を駆除し、忌避成分である天然由来のハーブエキスが害虫を寄せ付けません。また、米びつ用心は、米びつの中の米に直接触れないように設計されており、米の風味を損なうことがありません。さらに、米びつ用防虫剤「米びつ用心」は、安全性を重視しており、人体に無害な成分を使用しています。そのため、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心して使用することができます。
モノの名前

デブコショウのすべて

-デブコショウの歴史- デブコショウは、唐辛子の品種のひとつで、日本の島根県が原産地です。1945年に、島根県の農家である下田清によって発見されました。下田氏は、野生の唐辛子の株から、果実が大きく、辛みの強いものを選抜し、栽培を開始しました。そして、この唐辛子を「デブコショウ」と名づけました。デブコショウは、当初は地元でしか知られていませんでしたが、1970年代に全国的なブームとなりました。その理由は、デブコショウの辛さが、他の唐辛子よりも格段に強いということが口コミで広まったからです。デブコショウは、その辛さから、主に薬味として利用されています。唐辛子は、古くから民間薬として使用されており、デブコショウも、その辛さから、血行を促進し、体を温める効果があるとされています。また、デブコショウには、抗酸化作用のあるカプサイシンという成分が含まれており、この成分には、がん細胞の増殖を抑制する効果があると言われています。
モノの名前

下関のご当地グルメ「とんちゃん鍋」を味わおう!

とんちゃん鍋とは、下関のご当地グルメのひとつで、豚モツをメインにした鍋料理です。豚モツは、下関では古くから好んで食べられており、とんちゃん鍋は、その豚モツをふんだんに使った鍋として親しまれています。豚モツは、下処理をして臭みを取り除いた後、一口大に切って鍋に入れます。そこに、キャベツやもやしなどの野菜と、ニンニクや生姜などの薬味を加えて煮込みます。とんちゃん鍋は、味噌ベースや醤油ベースなど、さまざまなバリエーションがあります。また、下関では、とんちゃん鍋にポン酢やゆずこしょうを付けて食べるのが一般的です。とんちゃん鍋は、豚モツの旨味が凝縮された、スタミナ満点の鍋料理です。
モノの名前

「うんなんスパイス」で地域を盛り上げよう!

雲南市の地元の食材を使用した調味料製造のプロジェクト 雲南市は、島根県にある市で、豊かな自然に恵まれた地域です。この地域には、古くから伝わる伝統的な食文化があり、地元の食材を使用した調味料が数多く作られています。 最近、雲南市では、地元の食材を使用した調味料製造のプロジェクトが進められています。このプロジェクトは、雲南市の特産品である「うんなんスパイス」を活かした調味料を開発し、地域を盛り上げることを目的としています。 「うんなんスパイス」は、雲南市産の唐辛子、山椒、柚子などをブレンドしたスパイスです。このスパイスは、ピリッとした辛さと爽やかな香りが特徴で、様々な料理に活用することができます。 プロジェクトでは、この「うんなんスパイス」を使用した調味料を開発しています。現在、開発が進められている調味料には、唐辛子と山椒をブレンドした「うんなんスパイスラー油」や、柚子と山椒をブレンドした「うんなんスパイスぽん酢」などがあります。 これらの調味料は、雲南市の地元の食材を使用しているため、新鮮で安全なだけでなく、雲南市の特産品である「うんなんスパイス」の風味を楽しむことができます。 プロジェクトでは、これらの調味料を広く販売し、雲南市の特産品としてアピールしていきます。また、雲南市の飲食店や宿泊施設などでも、これらの調味料を積極的に活用していく予定です。 このプロジェクトを通じて、雲南市の地元の食材の魅力を発信し、地域を盛り上げていきます。
モノの名前

辛麺の魅力とこだわり

* 辛麺の歴史と由来 * 辛麺とは、韓国発祥の麺料理で、唐辛子やコチュジャンをベースとした辛いスープと、コシのある麺が特徴です。韓国では「カルグクス」や「トッポギ」と並んで、国民的人気料理のひとつです。辛麺の歴史は古く、朝鮮王朝時代の文献に「辛湯麺」という名前で登場します。この料理が現在の辛麺の原型と考えられています。辛麺は、朝鮮戦争後に韓国で広まり、今では世界中に知られるようになりました。 辛麺は、その辛さが最大の特徴です。辛さの度合いは、お店によって異なりますが、中には激辛の辛麺もあります。辛麺を食べる際には、スープを飲み干さないように注意しましょう。また、辛麺にはトッポギや餃子、野菜などが入っていることが多いです。これらの具材を一緒に食べると、辛麺の辛さがマイルドになります。 辛麺は、韓国のソウルフードともいえる麺料理です。その辛さと旨さは、多くの人を魅了しています。辛麺を食べたことがない人は、ぜひ一度食べてみてください。
モノの名前

注目のおすすめ野菜「オニゴショウ」

上越市の牧区が生んだ伝統野菜 注目のおすすめ野菜「オニゴショウ」は、新潟県上越市牧区で栽培されている伝統野菜です。オニゴショウは、江戸時代から栽培されており、雪国である上越市牧区の気候に適した野菜として親しまれてきました。オニゴショウは、葉が大きく、葉脈が太く、茎がしっかりとしていて、独特の歯ごたえが特徴です。また、オニゴショウには、ビタミンCやカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれており、健康維持に役立つ野菜として注目されています。 オニゴショウは、主に漬物や煮物にして食べられています。漬物にすると、パリパリとした食感と、ほんのりとした甘みが特徴です。煮物にすると、オニゴショウの歯ごたえと、野菜の旨みが引き出されます。また、オニゴショウは、天ぷらや炒め物にしてもおいしく食べることができます。 オニゴショウは、上越市牧区の特産野菜として、地元の飲食店や道の駅などで販売されています。また、オニゴショウを使った加工品も販売されており、お土産としても人気があります。もし、上越市牧区を訪れる機会があれば、ぜひオニゴショウを味わってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

「トマスコ」とは?

「トマスコ」の原材料と製法 「トマスコ」とは、トマトを主原料とした加工食品のことです。トマトをすりつぶしたり、ピューレ状にしたりしたものを濃縮して作られます。「トマスコ」は、トマトの栄養素を凝縮した食品であり、トマトに含まれるリコピンやビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。 「トマスコ」の原材料は、主にトマトです。トマトは、世界各地で栽培されており、品種は数多く存在します。「トマスコ」を作るには、主に完熟したトマトを使用します。完熟したトマトは、糖度が高く、酸味が少なく、甘みのある「トマスコ」を作るのに適しています。 「トマスコ」の製法は、トマトをすりつぶしたり、ピューレ状にしたりして濃縮するプロセスを経て作られます。まず、トマトは洗浄され、ヘタや種を取り除かれます。その後、トマトはすりつぶしたり、ピューレ状にしたりされます。すりつぶしたり、ピューレ状にしたトマトは、次に濃縮されます。濃縮とは、トマトから水分を除去するプロセスです。濃縮されたトマトは、ペースト状になります。ペースト状になったトマトは、必要に応じて調味料や香辛料を加えて味付けされます。味付けされたトマトペーストは、容器に詰められ、「トマスコ」として販売されます。
モノの名前

「ピケ」メキシコ大会の公式マスコット

ピケ誕生秘話 メキシコ大会の公式マスコット「ピケ」は、大会の開催地であるメキシコを代表する動物である、チワワ犬がモチーフとなっています。ピケは、大会開催決定後、デザイン公募が行われ、応募総数3500点の中からメキシコ人アーティストのフアン・ヘルナンデス氏の作品が選ばれました。 ピケという名前は、スペイン語で「辛い」を意味します。これは、メキシコ料理が辛いことで有名であることにちなんでいます。また、ピケは、大会期間中、チームの勝利や敗北を表現するパフォーマンスを行います。このパフォーマンスは、ピケが大会の盛り上げに一役買っています。 ピケは大会期間中、メキシコ国内のみならず、世界中の人々から愛され、大会のマスコットとして大成功を収めました。大会終了後も、ピケはメキシコを代表するキャラクターとして人気を博し、現在ではメキシコ国内のみならず、世界中で愛されるキャラクターとなっています。
モノの名前

徳島県の郷土料理「フィッシュカツ」の魅力

フィッシュカツの歴史と由来 フィッシュカツは、徳島県の郷土料理として親しまれている揚げ物料理です。その歴史は古く、江戸時代初期にまで遡ると言われています。徳島には、豊かな海と川があり、新鮮な魚介類が豊富に獲れます。そこで、魚介類を余すことなく食べるために、すり身にして揚げたフィッシュカツが誕生したと考えられています。 フィッシュカツは、徳島県内の各地で食べられていますが、特に阿波市と美馬市で盛んに作られています。阿波市は、江戸時代に阿波藩の城下町として栄えた街であり、美馬市は、山間部に位置する自然豊かな街です。この2つの地域では、フィッシュカツを郷土料理として大切に受け継いでいます。 フィッシュカツは、一般的に、魚介類のすり身、玉ねぎ、パン粉、卵、小麦粉を混ぜて作られます。すり身には、タチウオ、カマス、ハモ、アジなど、さまざまな魚介類が使われます。すり身に玉ねぎを加えることで、甘みと食感がアップします。パン粉や卵、小麦粉は、フィッシュカツに衣をつけ、揚げるために使用されます。 フィッシュカツは、そのまま食べてもおいしいですが、ソースやタルタルソースをかけて食べるのもおすすめです。また、フィッシュカツをサンドイッチに挟んだり、お弁当のおかずに入れたりしてもおいしくいただけます。
モノの名前

郡上唐辛子の佃煮「葉なんばん」が美味しい!

郡上唐辛子の佃煮「葉なんばん」とは? 郡上唐辛子の佃煮「葉なんばん」とは、岐阜県郡上市で作られている郷土料理です。郡上唐辛子は、岐阜県郡上市で栽培されている唐辛子で、辛みが強く、香りが良いのが特徴です。この郡上唐辛子を葉ごと佃煮にしたものが「葉なんばん」です。葉なんばんは、ごはんのお供として食べたり、おにぎりやサンドイッチの具材として使ったりするほか、炒め物や煮物の調味料としても使われます。郡上唐辛子の辛みと葉の香りが食欲をそそり、一度食べるとやみつきになるおいしさです。