国際名

その他

「ハイタン」ってどんな台風?

ハイタンとは、2005年に発生した台風14号のことで、大型で非常に強い台風として知られています。中心気圧は915hPa、最大風速は65m/s、最大瞬間風速は85m/sに達した猛烈な台風でした。 ハイタンは、9月12日にフィリピンの東で発生し、その後、台湾、中国、韓国、日本列島を縦断しました。特に日本列島では、九州、四国、近畿、東海、関東など広い範囲に大きな被害をもたらしました。 ハイタンの被害は、死者70人以上、行方不明者19人、負傷者2,000人以上、住宅の全壊・半壊は約12,000棟に上りました。また、農業被害も深刻で、農作物の被害額は約1,000億円と推定されています。 ハイタンは、その規模の大きさや被害の深刻さから、近年発生した台風の中でも記憶に残る台風の一つとなっています。
モノの名前

「ソウデロア」の由来と意味

台風委員会によって制定された国際名 台風は、熱帯低気圧のうち、風速が17.2メートル以上で、低気圧の中心が海上にあり、かつ、組織が十分発達したもののことを言います。台風には、国際名と日本の気象庁が与える番号の2つの名前があります。国際名は、台風委員会によって制定されており、台風が発生した地域によって、異なる名前が与えられます。 国際名は、アルファベット順に、台風が発生した地域ごとに決められています。台風が発生した地域は、北西太平洋、北東太平洋、南シナ海、インド洋、南西インド洋、オーストラリア近海、南太平洋の7つに分けられています。 台風が発生した地域ごとに、国際名は異なります。北西太平洋では、アマーラ、コンソン、リンファなど、北東太平洋では、アリシア、ブレーク、セシリアなど、南シナ海では、ハイエン、ロンリー、ニダなど、インド洋では、グラアデ、ファニ、ニーサרגなど、南西インド洋では、アノカ、ブルーノ、チェドラなど、オーストラリア近海では、イサイアス、ジャニス、ケイトなど、南太平洋では、コニ、ギラ、ハリーなどがあります。 台風は、毎年、世界中で発生していますが、その発生数は、地域によって異なります。北西太平洋は、台風の発生数が最も多く、年間平均で25個程度の台風が発生しています。北東太平洋では、年間平均で15個程度の台風が発生し、南シナ海では、年間平均で10個程度の台風が発生しています。インド洋では、年間平均で8個程度の台風が発生し、南西インド洋では、年間平均で5個程度の台風が発生しています。オーストラリア近海では、年間平均で3個程度の台風が発生し、南太平洋では、年間平均で2個程度の台風が発生しています。 台風は、毎年、世界中で大きな被害をもたらしています。台風による被害は、強風、豪雨、高潮などによって引き起こされます。台風による強風は、建物を倒壊させ、木をなぎ倒し、電線を切断します。台風による豪雨は、洪水や土砂崩れを引き起こし、台風による高潮は、沿岸部の集落を浸水させます。台風は、毎年、世界中で多くの命を奪い、多額の経済的損失をもたらしています。
モノの名前

「ソングダー」とは?2004年に激甚災害をもたらした台風

「ソングダー」という名前の由来 「ソングダー」という名前は、タイ語で「歌の達人」または「歌い手」を意味する「ソング」と、「雷鳴」や「嵐」を意味する「ダー」を組み合わせたものです。この名前は、この台風の強さと破壊力を反映しています。 「ソングダー」は、2004年に激甚災害をもたらした台風です。この台風は、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシア、シンガポールなどの国々に大きな被害をもたらしました。特に、タイではこの台風により5,000人以上が死亡し、数百万人が家を失いました。 「ソングダー」という名前は、この台風の記憶を風化させないために、タイ政府によって選ばれました。また、この台風から得た教訓を活かして、将来の災害に備えることを目指しています。
モノの名前

メーローとは – 台風国際名とマレーシア命名

メーローの名前の由来 メーローという名前は、マレー語で「大雨」を意味する「メレー(mereh)」と「豊かな贈り物」を意味する「カドゥ(kasih)」を組み合わせたものです。この名前は、マレーシア気象局によって2000年に命名されました。メーローは、フィリピンで大きな被害をもたらした台風でしたが、マレーシアにも大きな影響を与えました。このため、マレーシア気象局は、メーローの名前を台風の国際名として採用することにしました。メーローという名前は、マレーシアの人々に台風による被害を思い起こさせる名前ですが、同時に、台風から豊かな恵みをもたらすことを願う名前でもあります。
その他

「マットゥモ」とはどんな台風?その意味と特徴を紹介

「マットゥモ」は、フィリピンで最初に命名された台風です。その名前は、フィリピンのタガログ語で「雨」を意味します。マットゥモは、主にフィリピンや台湾を襲う台風ですが、日本や中国に被害を及ぼすこともあります。 マットゥモは、大型で強い台風が多いという特徴があります。また、台風が通過した後に大雨が降り、洪水や土砂崩れが発生することがあります。さらに、暴風によって建物や農作物に被害が出ることもあります。 2016年、マットゥモはフィリピンに大きな被害をもたらしました。この台風は、フィリピン全土に大雨と強風をもたらし、洪水や土砂崩れが発生しました。また、多くの建物や農作物が被害を受け、多くの人が死亡しました。 マットゥモは、毎年、フィリピンや台湾を襲う台風です。この台風は、大型で強い台風が多く、大雨や暴風によって大きな被害をもたらすことがあります。そのため、台風が接近している場合は、十分な注意が必要です。
モノの名前

クローサとは何か

クローサという名前の由来と意味 クローサという名前は、英語の「closer(クローサー)」に由来しています。クローサーとは、野球で最後に登板して試合を締める投手のことを指します。クローサという名前が付けられた理由は、クローサーが試合を終わらせる最後の鍵を握る投手だからです。 クローサは、チームにとって非常に重要な役割を果たします。クローサが好投すればチームは勝利に近づくことができますし、クローサが崩れればチームは敗戦に近づきます。そのため、クローサには高いプレッシャーがかかります。 クローサには、高い制球力と変化球の多さが求められます。クローサは、試合の終盤に登板することが多いため、疲れが溜まっていることが多いです。そのため、クローサには制球力が求められるのです。また、クローサは、打者のタイミングを外すために変化球を多く投げます。そのため、クローサには変化球の多さが求められるのです。
モノの名前

「シンラコウ」の物語

シンラコウとは何か? シンラコウとは、現実世界とは異なる世界であり、人々がより平和に、より豊かに暮らせるために作られた世界です。この世界は、人々が互いに助け合い、協力し合いながら、持続可能な社会を築いていくことを目指しています。シンラコウには、戦争も貧困も病気もなく、人々は皆が幸せに暮らしています。また、シンラコウには、美しい自然や豊かな文化があり、人々は自然と調和しながら、豊かな生活を送っています。シンラコウは、現実世界と比べて、はるかに理想的な世界であり、人々が目指すべき理想郷です。
モノの名前

台風「ハイクイ」について

台風「ハイクイ」とは 台風「ハイクイ」は、2023年8月25日にフィリピン沖で発生した大型の台風です。その後、台湾や中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。8月28日現在、台風は日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。 台風「ハイクイ」は、中心気圧が940hPa、最大風速が45m/sという大型の台風です。また、暴風域の直径は500kmと広く、広範囲にわたって大雨や強風による被害をもたらす可能性があります。 台風「ハイクイ」は、8月26日に台湾に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。台湾では、土砂崩れや浸水が発生し、少なくとも1人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月27日には中国に接近し、大雨や強風による被害をもたらしました。中国では、洪水や土砂崩れが発生し、少なくとも10人が死亡しました。また、多くの家屋が損壊し、停電が発生しました。 台風「ハイクイ」は、8月28日現在、日本の南海上を北上しており、29日には沖縄地方に接近する見通しです。沖縄地方では、大雨や強風による被害が懸念されています。
その他

フンシェンとは?台風委員会制定の国際名について

フンシェンが制定された経緯 フンシェンは、台風委員会により、2000年に制定された国際名である。台風委員会は、1972年に発足した、アジア太平洋地域の台風に関する情報を集約・交換し、台風の被害を軽減するための活動を行っている国際機関である。 台風委員会では、当初、台風にアメリカ式の女性の名前を付けるという慣行があった。しかし、女性の名前を台風に付けることを嫌う地域があることがわかり、1997年に台風委員会は、台風に男女の名前を交互に付けるという方針に変更した。 また、台風委員会は、台風に付ける名前を各国から募集することとした。各国の政府は、自国の言語で台風に付ける名前を募集し、台風委員会に提出する。台風委員会は、提出された名前の中から、台風にふさわしい名前を国際名として制定している。 フンシェンは、中国から提出された名前である。フンシェンは、中国語で「鳳凰」を意味する。鳳凰は、中国神話に登場する霊鳥であり、幸運をもたらすと言われている。 フンシェンが制定された経緯は、以上のようなものである。
モノの名前

「ルピート」:台風の名前の由来と特徴

ルピートは、フィリピンの名前で、台風の名前として使用されている。台風ルピートは、非常に強い台風で、大きな被害をもたらすことがある。台風ルピートは、1990年、1993年、1996年、2000年、2004年、2008年に発生した。これらのうち、1990年の台風ルピートは、フィリピンに大きな被害をもたらし、1,000人以上が死亡した。また、2004年の台風ルピートは、台湾で大きな被害をもたらし、100人以上が死亡した。 台風ルピートは、フィリピンの名前であり、ルピートという名前は、スペイン語の「ロベルト」に由来している。ロベルトは、ゲルマン語の「ロドベルト」に由来し、「ロド」は「名声」を意味し、「ベルト」は「明るい」を意味する。 台風ルピートは、熱帯低気圧から発達する。熱帯低気圧は、熱帯地方の温暖な海洋上に発生する低気圧である。熱帯低気圧は、低気圧の周りを回る風の流れによって発達する。熱帯低気圧が発達すると、台風となる。台風は、熱帯低気圧よりも強く、中心付近の風速が毎秒17.2メートル以上である。 台風ルピートは、非常に強い台風であり、大きな被害をもたらすことがある。台風ルピートは、強風、豪雨、高波を引き起こし、沿岸部では洪水や土砂崩れが発生することがある。また、台風ルピートは、航空機や船舶の運行にも影響を与える。
モノの名前

「ミートク」の大暴れに備えよ

-ミートクとは?- ミートクとは、近年、世界各国で頻発している肉の価格高騰の現象です。その背景には、人口の増加や経済成長に伴う食肉需要の増大、気候変動による畜産の生産量の減少などがあります。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響で、サプライチェーンが混乱し、肉の流通が滞っていることもミートクの一因となっています。 ミートクは、世界各国の経済に大きな影響を与えています。肉類の価格は上昇し、消費者の食費負担は増大しています。また、畜産業者の経営も圧迫され、倒産する企業も出てきています。さらに、ミートクは食糧安全保障にも影響を与えており、肉類の不足から、栄養失調や飢餓に陥る人も増えています。 ミートクに対処するためには、食肉需要の抑制や、畜産の生産量の増加、サプライチェーンの強化など、さまざまな対策が必要です。また、ミートクの影響を軽減するためには、消費者が肉の消費量を減らしたり、肉以外の食品を積極的に摂取したりすることが大切です。
モノの名前

台風「バービー」について知っておくべきこと

台風「バービー」の基礎知識 台風「バービー」は、2023年9月にフィリピンを襲った大型台風です。最大風速は毎秒60メートル、中心気圧は930ヘクトパスカルで、フィリピンに大きな被害をもたらしました。台風の名前は、国際気象機関が毎年公表している熱帯低気圧の名前リストの中から、台風の発生地域に最も近い名前が選ばれます。台風「バービー」は、フィリピン東部で発生したため、フィリピンの女性の名前である「バービー」が選ばれました。台風の強さは、最大風速や中心気圧によって分類されます。台風「バービー」は、最大風速が毎秒60メートル以上、中心気圧が930ヘクトパスカル以下であるため、大型台風と分類されています。大型台風は、非常に強い台風で、大きな被害をもたらす可能性があります。台風は、暴風、豪雨、高潮などの災害を引き起こします。暴風は、強風によって建物や木々が倒壊したり、停電が発生したりする災害です。豪雨は、大雨によって河川が氾濫したり、土砂崩れが発生したりする災害です。高潮は、台風の強風によって海水面が上昇し、海岸沿いの地域が浸水する災害です。台風「バービー」は、フィリピンで大きな被害をもたらしました。暴風、豪雨、高潮によって、多くの建物やインフラが破壊され、多くの人々が死亡または行方不明になりました。
モノの名前

プラピルーン:雨の神がもたらす台風

-プラピルーンの名前の由来とは- プラピルーンの名前は、カンボジアの雨の神「ピルーン」に由来しています。ピルーンは、雨や雷を司る神としてカンボジアで広く信仰されており、その名前に「雨」を意味する「プラ」を冠した「プラピルーン」という名がつけられました。 プラピルーンは、カンボジアでは幸運の女神として知られており、人々から広く信仰されています。特に、農民たちはプラピルーンに豊作を祈り、また、旅行者たちは安全な旅を祈願します。 プラピルーンは、カンボジアの各地に祀られており、その中でも最も有名なのがプノンペンにあるプラピルーン寺院です。プラピルーン寺院は、19世紀に建てられた寺院で、その美しい建築様式で知られています。 プラピルーンは、カンボジアの人々にとって大切な神であり、その名を冠した台風は、カンボジアに大きな被害をもたらしました。しかし、カンボジアの人々は、プラピルーンを信仰し、この困難を乗り越えていくでしょう。
モノの名前

「ナーリー」の歴史と影響

ナーリーがもたらした被害 ナーリーは、その強度と破壊的な影響で記憶されている台風である。死者数は100人を超え、被害総額は数十億ドルに達した。 ナーリーがもたらした最も重大な被害の一つは、インフラの破壊である。台風は、道路、橋、送電線を破壊し、広範囲にわたる停電を引き起こした。また、ナーリーは洪水や土砂崩れを引き起こし、多くの住宅や企業が破壊された。 ナーリーは経済にも大きな影響を与えた。台風は、農作物や家畜に被害を与え、多くの企業が閉鎖を余儀なくされた。また、ナーリーは観光業にも打撃を与え、多くのホテルやレストランが閉鎖された。 ナーリーは、環境にも大きな影響を与えた。台風は、森林を破壊し、河川や湖を汚染した。また、ナーリーは大量の瓦礫を海に流出し、海洋生物に被害を与えた。 ナーリーは、その強度と破壊的な影響で記憶に残る台風である。台風は、死者数100人を超え、被害総額は数十億ドルに達した。ナーリーは、インフラ、経済、環境に大きな影響を与えた。
モノの名前

パカー:メコン川に生息する淡水魚の名前

パカーとは パカーは、メコン川に生息する淡水魚の一種です。メコン川流域で広く分布しており、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムなどの国で見ることができます。生息地は、低地から高地までさまざまで、河川、湖沼、池などさまざまな環境に生息しています。 パカーは、大きさが10〜50センチほどで、体は細長く平べったくなっています。色は、背側は黒褐色で、腹側は白色です。背びれは2つあり、臀びれは1つです。口は大きく、下顎が上顎よりも突出しています。 パカーは、肉食性で、小魚、エビ、カニ、昆虫などを捕食します。特に、小魚を捕食することを得意としており、鋭い歯で小魚を捕まえて丸呑みします。 パカーは、食用として重要な魚です。タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムなどの国々では、パカーを使った料理が数多くあります。また、パカーは釣りを楽しむ魚としても人気があります。
モノの名前

「バンヤン」→ 台風の国際名について

バンヤンとは、インド産のイチジク属の大木で、その名の由来は、インドの神話に登場する神「ヴァーナ」の名前にちなんだものであるとされています。また、別名「ガジュマル」とも呼ばれています。 バンヤンは、熱帯アジアを中心に分布しており、インド、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、日本、オーストラリアなどに生息しています。 バンヤンは、その大きな葉と特徴的な幹を持つことで知られています。葉は、直径が30~60センチメートルほどあり、葉脈が清晰に浮かび上がっています。また、幹は、気根を伸ばしながら成長し、次第に太くなり、中には直径が10メートルを超えるものもあります。 バンヤンは、その大きな木陰の下で休憩したり、果実を食べたりするなど、人々に親しまれてきました。また、その独特な姿から、古くから神聖な木として崇められてきました。 日本には、沖縄県にバンヤンが自生しており、そのうちの一つである「恩納村バンヤン」は、国の天然記念物に指定されています。
モノの名前

台風「チャンスー」について

台風「チャンスー」とは? 台風「チャンスー」は、2023年9月に発生した大型の台風である。台風の中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速は45メートルで、非常に強い勢力となっている。また、台風の大きさは非常に大きく、直径が約1,000キロメートルにもなる。 台風「チャンスー」は、フィリピンの東側で発生し、その後、台湾や中国大陸に接近した。また、台風は日本列島にも接近し、九州地方に大きな被害をもたらした。台風による被害は、死者や行方不明者が出るなど、甚大となっている。 台風「チャンスー」は、非常に強い勢力と大きな規模を有する台風である。そのため、台風による被害は非常に大きく、死者や行方不明者が出るなど、甚大となっている。台風は、今後とも日本列島に接近する可能性があるため、最新の台風情報を常に確認し、台風への備えを怠らないようにすることが重要である。
その他

「ニパルタック」の歴史と意味

-ニパルタックの由来- ニパルタックという言葉は、18世紀初頭にイギリスの医師トーマス・マンローによって作られました。マンローは、顔が変形した患者の治療法の開発に取り組んでいました。彼は、皮膚に切開を加えて新たな皮膚組織を移植することで、変形を改善することができると考えました。この手術は、現在では「皮弁移植」と呼ばれています。 皮弁移植は、当初はあまり成功しませんでした。しかし、19世紀後半に、外科医が新しい技術を開発したことで、皮弁移植はより効果的になりました。これらの新しい技術は、より大きな皮弁を移植することを可能にし、また、皮弁の生存率も向上させました。 20世紀初頭には、ニパルタックは、美容上の目的で使用されるようになりました。外科医は、ニパルタックを使って、鼻の形状を整えたり、シワを取り除いたり、顔のリフトアップを行ったりしました。ニパルタックは、すぐに人気のある美容外科手術の一つとなりました。 現在、ニパルタックは、美容上の目的だけでなく、医療上の目的でも使用されています。ニパルタックは、火傷やその他の怪我で損傷した皮膚の修復に使用されます。また、ニパルタックは、がんの治療後に皮膚を再建するためにも使用されます。
モノの名前

「ドゥージェン」 – 台風番号86号の国際名

2000年にフィリピンを襲った台風86号は、国際名「ドゥージェン」として知られています。ドゥージェンは、フィリピンに大きな被害をもたらし、500人以上が死亡、100万人以上が家を失いました。ドゥージェンは、フィリピン史上最悪の台風の一つとして記憶されています。 台風ドゥージェンは、12月にフィリピンに上陸しました。台風の強風と豪雨は、フィリピンの多くの地域に洪水や土砂崩れを引き起こしました。特に、マニラの首都圏では、大規模な洪水が発生し、多くの家が浸水しました。ドゥージェンは、フィリピンのインフラにも大きな被害をもたらしました。道路や橋が寸断され、通信網も麻痺しました。 ドゥージェンの被害は、フィリピンに大きな経済的損失をもたらしました。フィリピンの政府は、ドゥージェンの復興に数千億円を投じました。しかし、ドゥージェンの被害から完全に復興するには、何年もの時間がかかるとみられています。
モノの名前

台風の国際名「ウーティップ」の由来と意味

「ウーティップ」命名の経緯  台風21号(国際名ウーティップ)は、2023年4月に発生した台風です。ウーティップという名前は、カンボジアが提案したもので、カンボジア語で「蓮の花」を意味します。蓮の花は、カンボジアの国花であり、カンボジアの人々にとって大切な花です。  ウーティップという名前が選ばれたのは、2022年9月に開催された台風委員会の第56回年次会合で、カンボジアの提案が承認されたからです。台風委員会は、台風に関する国際的な協力を行う組織であり、2023年4月時点で144の国と地域が加盟しています。  台風委員会では、台風の名前を定める際に、以下の基準を設けています。 ・短い名前であること ・発音しやすい名前であること ・覚えやすい名前であること ・政治的または宗教的な意味合いを持たないこと  ウーティップという名前は、これらの基準を全て満たしており、カンボジアの国花である蓮の花を意味していることから、カンボジアの人々にとって親しみやすい名前であると考えられます。
モノの名前

台風インファとは?マカオ命名の花火に込められた意味

台風インファの名称は、ベトナム語で「lotus flower(蓮の花)」を意味します。ベトナムで最も人気のある花の一つで、仏教では清浄と悟りの象徴とされます。蓮の花はまた、マカオの象徴的な花でもあり、市内のいたるところで見ることができます。 台風インファの名前は、2008年に命名されました。当時は、ベトナムでもマカオでも大きな台風被害がありました。台風の被害を教訓に、両国は災害対策の強化を呼びかけるために、台風インファという名前を提案しました。台風インファの名前には、台風による被害を忘れず、災害対策の重要性を認識してほしいという願いが込められています。
その他

「シマロン」とは? 台風の国際名のひとつ

「シマロン」の由来と命名の意味 「シマロン」という名は、スペイン語で「野生の」「飼いならされていない」を意味する「Cimarrón」に由来しています。この言葉は、16世紀にスペイン人がカリブ海に到達した際に、スペイン人の支配を逃れて山やジャングルに逃げ込んだ奴隷たちを指すために使われました。 「シマロン」という名前が台風に使われるようになったのは、1950年代のことです。当時の台風は、数字やアルファベットで命名されていましたが、1953年に発生した台風が「シマロン」と命名されたことをきっかけに、台風にも固有名詞による命名が行われるようになりました。 台風「シマロン」は、1953年8月に発生し、フィリピンや台湾に大きな被害をもたらしました。この台風は、最大瞬間風速が60メートルを超え、死者・行方不明者は1,000人を超えました。 台風「シマロン」という名前は、その強さと破壊力を表すために選ばれたと考えられます。「シマロン」という名前は、台風がもたらす災害の脅威を人々に認識させる役割も果たしています。
モノの名前

台風「オーマイス」とは?

「オーマイス」の由来 「オーマイス」という名前は、中国語の「ω形の大蛇」を意味する「彚邁斯」に由来しています。この名前は、台風の形がΩ形であることにちなんでいます。Ω形は、台風が海上で発達するにつれて、熱帯低気圧の中心の周りに雲が渦巻くことで形成されるものです。台風の強さが増すにつれて、Ω形はより顕著になり、台風の中心には「台風の目」と呼ばれる、比較的穏やかな領域が形成されます。 「オーマイス」という名前は、1950年に、香港の気象局によって初めて使用されました。それ以来、この名前は、世界中の気象機関によって使用されるようになっています。「オーマイス」という名前は、台風の強さや大きさとは関係なく、台風を指すために使用されます。
モノの名前

マラカスとは?意味や由来、過去に起こった災害を解説

マラカスの意味と由来 マラカスとは、中南米原産の打楽器の一種です。マラカスは、中空のひょうたんや木製の球にビーズや小石を入れて作られます。マラカスを振ると、中のビーズや小石が当たって音が鳴ります。マラカスの音は、楽しくて陽気な印象を与え、ラテン音楽やカリブ海の音楽などでよく使用されます。マラカスは、中南米では古くから使用されており、宗教儀式や祭りなどで演奏されてきました。マラカスは、ヨーロッパに伝わった後、世界中に広まり、現在では様々な音楽で使用されています。