土木遺産

施設名・ロケ地

猿猴橋の魅力と歴史

広島一の橋と呼ばれた猿猴橋の歴史 猿猴橋は、広島県安芸太田町にある橋で、1336年に架けられた木製の橋で、広島県内で最も古い橋とされています。その歴史は古く、鎌倉時代末期に遡ります。当時の安芸国守護、吉川経見が、厳島神社への参拝客のために架けたと伝えられています。 この橋は、その景観の良さから、広島一の橋と呼ばれていました。橋の上からは、太田川の美しい流れと、その両岸に広がる山々の景色を一望することができます。また、橋の近くの猿猴川では、川遊びを楽しむことができます。 猿猴橋は、何度も洪水や火事によって流されましたが、そのたびに架け直され、現在も往時の姿を残しています。この橋は、安芸太田町のシンボルとして、多くの観光客が訪れる場所となっています。
施設名・ロケ地

旧片平橋の歴史と魅力

片平橋の歴史 片平橋は、東京都中央区日本橋川に架かる橋である。1659年に架けられたと記録されており、当時は木橋であった。1872年に石橋に改築され、1929年には現在の鉄筋コンクリート橋に架け替えられた。 片平橋は、その特徴的なアーチ橋の形で知られている。アーチ橋は、橋の両端にある2つのアーチ状の構造物を橋脚で支えている橋である。片平橋のアーチは、橋の両側に3つずつ、計6つある。このアーチ橋の形は、片平橋に優美な雰囲気を与えている。 片平橋は、日本橋川に架かる橋の中で最も古い橋である。そのため、多くの歴史的な出来事を目撃してきた。1868年の戊辰戦争では、片平橋は官軍と幕府軍の戦いの舞台となった。また、1923年の関東大震災では、片平橋は大きな被害を受けた。しかし、その後すぐに復旧され、現在でも人々に親しまれている。
施設名・ロケ地

中山橋の歴史と魅力

-中山橋の歴史- 中山橋は、熊本県熊本市中央区の白川に架かるアーチ橋である。1898年(明治31年)に完成し、1998年(平成10年)に国の重要文化財に指定された。中山橋は、熊本市のシンボルの一つであり、毎年多くの観光客が訪れる。 中山橋の建設は、1895年(明治28年)に熊本市議会で議決された。当初は、鉄筋コンクリート製の橋を建設することが計画されていたが、費用がかかることから、結局はアーチ橋を採用することになった。中山橋の建設は、1896年(明治29年)に着工し、2年後の1898年(明治31年)に完成した。 中山橋は、全長102.5メートル、幅11.5メートル、高さ22.5メートルのアーチ橋である。橋の両端には、レンガ造りの塔が立っている。中山橋は、熊本市のシンボルの一つであり、毎年多くの観光客が訪れる。 1998年(平成10年)に中山橋は、国の重要文化財に指定された。指定理由は、「中山橋は、明治時代のアーチ橋として貴重な遺構である。中山橋は、熊本市のシンボルの一つであり、景観的にも重要な役割を果たしている。」である。
施設名・ロケ地

堀切橋 – 土木遺産に認定された美しい桁橋

堀切橋の歴史と構造 堀切橋は、1932年に完成した桁橋です。関東大震災後に建設された橋梁のひとつで、当時の復興事業の一環として架けられました。橋長は231メートル、幅員は20メートルで、中央に2つのアーチ型の橋脚があり、その間に桁が架かっています。桁は2本のトラス構造で構成されており、その間に鋼材のブレースが張られています。 堀切橋は、その優美な姿から「東京の景観を代表する橋梁のひとつ」として親しまれており、2015年には土木遺産に認定されました。土木遺産とは、歴史的・文化的価値が高いと認められた土木構造物のことで、堀切橋は「技術的にも芸術的にも優れた橋梁」として評価されています。 堀切橋は、現在も首都高速道路の堀切JCTと堀切パーキングエリアを結ぶ橋梁として重要な役割を果たしており、1日平均約10万台の車が通行しています。しかし、建設から80年以上が経過しており、老朽化が進んでいるため、現在では補修工事が行われています。
施設名・ロケ地

美濃橋の歴史と魅力

美濃橋の歴史 美濃橋は、岐阜県中津川市にある木曽川に架かる橋です。1881年(明治14年)に完成し、木曽川に架かる最初の橋として知られています。美濃橋は、木曽川の上流にある美濃国と下流にある尾張国を結ぶ重要な橋として、古くから利用されてきました。美濃橋は、木曽川の流れが速く、水量が多いことから、架橋が難しい場所でしたが、地元の人々の努力によって、完成しました。美濃橋は、木曽川に架かる橋としては、最も古い橋であり、国の重要文化財に指定されています。美濃橋は、岐阜県の観光スポットとしても人気が高く、多くの観光客が訪れます。美濃橋は、木曽川の流れを眺めながら、散歩やサイクリングを楽しむことができる、風光明媚な場所です。美濃橋は、岐阜県の歴史と文化を伝える貴重な橋であり、今後も多くの人々に愛され続けるでしょう。
施設名・ロケ地

歴史とロマンが息づく「大手橋」の魅力

大手橋の歴史と由来 大手橋の歴史は古く、江戸時代以前には木製の橋が架けられていたとされています。しかし、洪水や火災により何度も流失し、現在の石橋が架けられたのは寛永11年(1634年)のことです。この橋は、初代将軍徳川家康の命により建設されたもので、将軍家や大名が江戸城に出入りする際に利用されていました。 大手橋は、長さ約120メートル、幅約30メートルで、中央に3つのアーチ状の橋脚があり、その上に橋桁が架けられています。橋の両端には、石製の欄干があり、欄干の上には、唐獅子の像が飾られています。大手橋は、その雄大な姿から「江戸の玄関口」とも呼ばれており、江戸時代には多くの旅人がこの橋を渡って江戸に入りました。 また、大手橋は、江戸城の防衛施設としても重要な役割を果たしていました。橋の両端には、番所があり、警備兵が常駐していました。また、橋の周辺には、大砲が設置されており、敵の侵入を防いでいました。 大手橋は、江戸時代の終わりまで、将軍家や大名が江戸城に出入りする際に利用されていましたが、明治維新後は、一般の人々も通行できるようになりました。現在、大手橋は、国の重要文化財に指定されており、多くの観光客が訪れる観光スポットとなっています。
施設名・ロケ地

創成橋の魅力と歴史

創成橋の歴史と特徴 創成橋は、北海道札幌市中央区にある橋である。豊平川に架かり、大通公園と創成川公園を結んでいる。橋の名称は、札幌市の創成期にこの橋が架けられたことに由来する。 創成橋は、1894年(明治27年)に木橋として架けられた。その後、1916年(大正5年)に鉄橋に架け替えられ、1966年(昭和41年)に現在のコンクリート橋に架け替えられた。現在の橋は、延長222.6m、幅員18.7mである。 創成橋は、札幌市における景観的重要建造物に指定されており、札幌市民に親しまれている橋である。橋からは、豊平川や大通公園、創成川公園の景色を楽しむことができる。また、橋の周辺には、札幌市資料館や北海道庁旧本庁舎などの歴史的建造物が多く残されており、歴史散策を楽しむことができる。 創成橋は、札幌市の発展の歴史を象徴する橋である。橋の周辺には、札幌市の創成期を物語る多くの史跡が残されており、札幌市を知る上で欠かせない場所である。
施設名・ロケ地

柳瀬橋の歴史と魅力

烏川と柳瀬橋 柳瀬橋が架かる烏川は、神奈川県南西部を流れる二級河川であり、その源流は秦野市にある大山に位置しています。川は南西方向に流れて相模湾に注いでおり、その流域面積は196平方キロメートルに及びます。烏川は古くから水運として利用され、江戸時代には大船が航行するほどの舟運の要衝でした。また、烏川は鮎釣りの名所としても知られ、多くの釣り人が訪れます。 柳瀬橋は、烏川に架かる橋であり、秦野市と伊勢原市を結んでいます。橋は1893年に完成し、その後1929年に架け替えられました。現在の橋はコンクリート製のアーチ橋であり、全長は117メートルです。柳瀬橋は、その美しい景観から秦野市の観光スポットの一つとなっています。特に、桜の季節には橋の両側に桜並木が咲き誇り、多くの花見客が訪れます。 柳瀬橋は、烏川の歴史と文化を象徴する橋です。橋は、かつて水運の要衝として、また鮎釣りの名所として栄えました。現在も、橋は重要な交通路として利用されており、また観光スポットとしても親しまれています。柳瀬橋は、秦野市の貴重な財産であり、これからも末永く愛され続けるでしょう。
施設名・ロケ地

姫川橋の魅力と歴史

姫川橋の歴史と構造 姫川橋は、1971年(昭和46年)に完成した、新潟県糸魚川市と富山県朝日町を結ぶ全長420mの橋です。姫川河口から約1km上流に位置し、姫川の河口付近にある姫川河口公園から眺めることができます。 姫川橋は、姫川下流域における治水と利水、交通確保を目的として建設されました。建設当時、姫川はたびたび氾濫を起こし、河口付近の地域に大きな被害をもたらしていました。姫川橋の完成によって、姫川の氾濫は大幅に軽減され、河口付近の地域は安全性が向上しました。 姫川橋は、トラス橋という構造の橋です。トラス橋とは、三角形を組み合わせた構造の橋梁で、荷重を効率的に分散させることができます。姫川橋は、12径間で構成されており、各径間の長さは35mです。橋の高さは、水面から約20mです。 姫川橋は、姫川下流域の重要なインフラであり、地域の生活に欠かせない橋です。また、姫川橋は、その美しい景観で観光客にも人気があります。
施設名・ロケ地

「龍頭橋」について

龍頭橋の歴史と構造 龍頭橋は、千葉県の印旛沼に架かる橋であり、その独特な形状から、日本一変わった橋としても知られています。1955年に完成し、全長400メートル、幅10メートルです。 龍頭橋の特徴は、橋の両端にある龍の頭部の像であり、これが橋の名前の由来となっています。この像は、高さ10メートル、幅6メートルで、ガラス繊維強化プラスチックで作られています。 龍頭橋の構造は、鉄筋コンクリート造で、橋脚は10基あります。橋の両端には、龍の頭部の像が設置されており、その下には、龍の胴体部分に相当する橋桁が架けられています。橋桁は、コンクリート製の梁で構成されており、その上にアスファルト舗装が施されています。 龍頭橋は、印旛沼の観光スポットとして人気があり、多くの観光客が訪れます。また、龍頭橋は、サイクリングコースとしても利用されており、サイクリングを楽しむ人も多くいます。 印旛沼は、千葉県の北東部に位置する湖であり、その面積は、約2,000ヘクタールです。印旛沼は、千葉県の貴重な自然環境であり、多くの動植物が生息しています。また、印旛沼は、農業用水としても利用されており、千葉県の農業を支えています。 龍頭橋は、印旛沼の観光スポットとして人気があり、多くの観光客が訪れます。また、龍頭橋は、サイクリングコースとしても利用されており、サイクリングを楽しむ人も多くいます。印旛沼は、千葉県の貴重な自然環境であり、多くの動植物が生息しています。また、印旛沼は、農業用水としても利用されており、千葉県の農業を支えています。
施設名・ロケ地

舞鶴橋の歴史と魅力

舞鶴橋は、京都府舞鶴市と福井県敦賀市を結ぶ舞鶴若狭自動車道の橋です。全長1,400メートルで、舞鶴若狭自動車道の中では最も長い橋です。舞鶴橋は、舞鶴若狭自動車道の開通に伴い、1992年(平成4年)3月に完成しました。 舞鶴橋の建設は、舞鶴若狭自動車道の開通を目的に行われました。舞鶴若狭自動車道の開通は、舞鶴市と敦賀市の両市を結ぶ新たな交通路を確保し、両市の経済発展に寄与することが期待されていました。舞鶴橋の建設は、その期待を担って行われたのです。 舞鶴橋の建設には、多くの困難がありました。舞鶴橋は、海上に架けられた橋であり、強風や高波に耐えられるようにする必要がありました。また、舞鶴橋は、長さ1,400メートルという長い橋であり、建設には高度な技術が必要でした。しかし、舞鶴橋の建設は、関係者の努力によって、無事に完成しました。 舞鶴橋の完成は、舞鶴市と敦賀市の両市に大きな経済効果をもたらしました。舞鶴橋の開通により、両市の間を行き来する時間が短縮され、両市の経済活動が活性化されました。また、舞鶴橋の開通によって、舞鶴市と敦賀市の間の観光客の往来も増え、両市の観光産業が発展しました。 舞鶴橋は、舞鶴市と敦賀市を結ぶ重要な交通路であり、両市の経済発展に大きく貢献しています。舞鶴橋は、その雄大な姿で両市のシンボルにもなっています。
施設名・ロケ地

桜宮橋、大阪のランドマーク

桜宮橋は、大阪府大阪市中央区の高麗橋と大阪市北区の中之島を結ぶ堂島川に架かる橋であり、大阪のランドマークとして知られている。日本最大級のアーチ橋であり、その優美な姿は多くの人々を魅了している。 桜宮橋は、1922年に完成した。設計者は、日本の近代土木工学の父とも呼ばれる内田祥三である。内田は、橋の美しさにこだわり、アーチ橋を採用した。アーチ橋は、橋脚を必要とせず、大きな空間を跨ぐことができるため、景観を損なうことがない。また、アーチ橋は地震に強いという特徴もある。 桜宮橋は、全長271.2m、幅22mである。アーチ部のスパンは85mで、これは日本最大級である。橋の景観を損なわないように、橋脚は川の中に隠されており、アーチ橋の優美な姿を際立たせている。 桜宮橋は、大阪を代表する橋であり、多くの観光客が訪れる。橋の上からは、堂島川や中之島を眺めることができ、大阪の街並みを一望することができる。また、桜宮橋は、大阪マラソンのコースにもなっている。
施設名・ロケ地

長良大橋の歴史と魅力

長良大橋の歴史 長良大橋は、岐阜県岐阜市の長良川に架かるトラス橋である。1882年(明治15年)に架橋され、1923年(大正12年)に改築された。1945年(昭和20年)に空襲で破壊されたが、1947年(昭和22年)に復旧された。1963年(昭和38年)には、現在の橋に架け替えられた。 長良大橋は、総延長225.9m、幅員9.8mである。トラス橋としては、国内最長の橋梁である。また、長良大橋は、岐阜市のシンボルとして親しまれており、多くの観光客が訪れる。橋の上からは、岐阜城や金華山などの景色を楽しむことができる。 長良大橋は、岐阜市の重要な交通路でもある。長良大橋を渡ることで、岐阜市と対岸の羽島市を結ぶことができる。また、長良大橋は、岐阜市内の観光スポットへのアクセス道路としても利用されている。 長良大橋は、岐阜市の歴史と文化を象徴する橋梁である。長良大橋は、岐阜市を訪れる観光客にとって、必見のスポットである。
施設名・ロケ地

大川・中之島の橋梁群の歴史と魅力

大川・中之島の橋梁群とは、大阪府大阪市を流れる大川と中之島を結ぶ数多くの橋梁の総称である。大川は、淀川の下流に位置する一級河川で、大阪市の中心部を貫流している。中之島は、大川の分流である堂島川と土佐堀川によって形成された中洲で、大阪市の中心部に位置する。大川・中之島の橋梁群は、大川と中之島を結ぶために架けられたもので、その数は大小合わせて20橋にも及ぶ。橋梁群は、その歴史的価値や景観的価値から、大阪市の観光スポットのひとつとなっている。
施設名・ロケ地

舞鶴橋の歴史と魅力

舞鶴橋の歴史 舞鶴橋は、京都府舞鶴市にある、由良川に架かる橋です。1934年(昭和9年)に完成し、現在の橋は2代目にあたり、1999年(平成11年)に架け替えられました。初代の橋は、木造の橋で、1899年(明治32年)に完成しました。しかし、老朽化が進んだため、1999年に架け替えられたのです。 舞鶴橋は、全長160メートル、幅員20メートルで、片側2車線の橋です。橋の両側には、歩道と自転車道があります。橋のたもとには、舞鶴公園があり、桜の名所としても知られています。 舞鶴橋は、舞鶴市と舞鶴港を結ぶ重要な橋で、1日約2万台の車が通行しています。また、橋の上からは、由良川の美しい景色を楽しむことができます。 舞鶴橋は、舞鶴市のシンボル的な橋として親しまれており、多くの観光客が訪れます。橋の上からは、由良川の美しい景色を楽しむことができます。また、橋のたもとには、舞鶴公園があり、桜の名所としても知られています。
施設名・ロケ地

【土木遺産】室戸台風の災害復旧橋梁群

岡山県高梁川の3つの鋼橋 岡山県高梁川には、室戸台風の災害復旧橋梁群として、3つの鋼橋が架けられました。 1つ目は、1963年に完成した高梁大橋です。高梁大橋は、高梁市中心部と新見市の境にある橋で、延長511.2m、幅員13.4mです。高梁大橋は、3径間連続鋼床版箱桁橋で、主桁は下路式となっています。下路式とは、橋桁が橋脚よりも低い位置にある形式で、橋桁が風や雪などの影響を受けにくくなります。 2つ目は、1964年に完成した成羽橋です。成羽橋は、岡山市東区と成羽町の境にある橋で、延長429.2m、幅員13.4mです。成羽橋は、6径間連続鋼床版箱桁橋で、主桁は下路式となっています。 3つ目は、1965年に完成した野馳橋です。野馳橋は、岡山市東区と浅口郡里庄町の境にある橋で、延長220.1m、幅員13.4mです。野馳橋は、3径間連続鋼床版箱桁橋で、主桁は下路式となっています。 高梁大橋、成羽橋、野馳橋の3つの鋼橋は、室戸台風の災害復旧橋梁群として、土木遺産に登録されています。3つの鋼橋は、いずれも下路式鋼橋で、風や雪などの影響を受けにくくなっています。また、3つの鋼橋は、いずれも景観に配慮して設計されており、高梁川の景観を引き立てています。
地名・ロケ地

「安倍川橋」歴史と構造

安倍川橋の歴史 安倍川橋は、静岡県静岡市葵区にある、安倍川に架かる橋です。橋の長さは210.9メートル、幅は19.5メートル、高さは14.8メートルです。橋は、1886年(明治19年)に架けられ、1901年(明治34年)に改修されました。その後、1973年(昭和48年)に現在の橋に架け替えられました。 安倍川橋は、静岡市と安倍川町の間に架かる橋として、古くから重要な役割を果たしてきました。橋は、江戸時代には東海道の宿場町として栄えた安倍川町と、静岡市を結ぶ重要な交通路でした。明治時代に入ると、橋は鉄道の敷設によってさらに重要な役割を果たしました。現在でも、橋は静岡市と安倍川町を結ぶ重要な交通路として、多くの車が行き交っています。 安倍川橋は、その歴史的な価値と、静岡市と安倍川町を結ぶ重要な交通路としての役割から、静岡県の有形文化財に指定されています。
施設名・ロケ地

岩井橋:愛知県の誇りある土木遺産

岩井橋の歴史と建築 岩井橋の歴史は古く、1608年にまで遡ります。当時は木造の橋でしたが、1928年に現在のコンクリート製の橋に架け替えられました。この橋は、当時としては最新の技術を用いて建設され、その美しさで人々を魅了しました。また、この橋は、愛知県の重要な交通路として、多くの人や車が行き交っていました。 しかし、岩井橋は、1945年の空襲によって大きな被害を受けました。橋の半分が破壊され、通行不能となりました。戦後、橋はすぐに復旧されましたが、その美しさは失われていました。 1990年代に入ると、岩井橋は再び架け替えられることになりました。この架け替え工事は、1997年に完了し、新しい岩井橋が誕生しました。この橋は、コンクリート製のアーチ橋で、その美しさは以前の橋を凌駕しています。また、この橋は、耐震性を考慮して建設されており、災害にも強い橋となっています。 岩井橋は、愛知県の誇りある土木遺産です。この橋は、その美しさで人々を魅了し、愛知県の重要な交通路として、多くの人や車が行き交っています。また、この橋は、愛知県の歴史を象徴する橋であり、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

武庫大橋の魅力:歴史、技術、美しさ

「武庫大橋の歴史と背景」 武庫大橋は、兵庫県尼崎市の武庫川に架かる道路橋です。1970年(昭和45年)に開通しました。全長730m、幅員25.5m、主塔の高さは110mです。 武庫大橋の建設は、尼崎市の発展に大きな役割を果たしました。これ以前は、武庫川を渡るには、フェリーを利用するしかありませんでした。フェリーは天候に左右されやすく、また、運航本数も限られていました。そのため、尼崎市と対岸の西宮市との間の移動は不便でした。 武庫大橋の開通により、尼崎市と西宮市との間の移動は格段に便利になりました。また、武庫大橋は、阪神高速道路神戸線の重要な一部を担っています。阪神高速道路神戸線は、尼崎市と神戸市を結ぶ高速道路です。武庫大橋を通過することで、尼崎市から神戸市までスムーズに移動することができます。 武庫大橋は、その歴史的、技術的、美的価値が認められ、1998年(平成10年)に土木学会選奨土木遺産に指定されました。また、2007年(平成19年)には、国土交通省の「日本の道100選」に選定されました。
施設名・ロケ地

天神橋(大阪)の歴史とロマン

- 天神橋の誕生と由来 天神橋は、大阪市北区と都島区を結ぶ淀川の橋である。橋の東詰は天神橋筋六丁目商店街、西詰は天神橋西詰交差点である。天神橋は、古くから淀川を渡る重要な橋として知られており、多くの歴史的な出来事の舞台となっている。 天神橋の誕生は、平安時代末期にまで遡る。当時、この地には「天神の森」と呼ばれる森があり、その中に「天神社」が祀られていた。天神社は、菅原道真を祀る神社で、学問の神様として信仰されていた。この天神社に参拝するため、人々は淀川を渡る必要があった。そこで、天神の森の近くに橋を架けることになった。これが、天神橋の誕生である。 天神橋は、当初は木製の橋であったが、その後、石製の橋に架け替えられた。そして、明治時代には、鉄製の橋に架け替えられた。現在の天神橋は、昭和5年に完成したもので、コンクリート製の橋である。 天神橋は、古くから淀川を渡る重要な橋として知られており、多くの歴史的な出来事の舞台となっている。例えば、1570年には、織田信長が天神橋を渡って淀川を渡り、石山本願寺を攻撃した。また、1615年には、徳川家康が天神橋を渡って淀川を渡り、大坂夏の陣を指揮した。 天神橋は、大阪の歴史とロマンを象徴する橋である。天神橋を渡ると、大阪の歴史を感じることができる。
施設名・ロケ地

汐止橋の魅力と歴史

-汐止橋の歴史と由来- 汐止橋は、東京都中央区にある橋で、隅田川に架かる。橋の長さは103メートル、幅は20メートルである。汐止橋は、1603年に架けられたとされており、江戸時代には木橋であった。1872年に鉄橋に架け替えられ、1929年に現在のコンクリート橋になった。 汐止橋の名前は、この橋のたもとにある汐止という地名に由来する。汐止とは、満潮時に潮が止まる場所という意味である。汐止橋は、隅田川の河口近くにあるため、満潮時には潮が川を遡って橋のたもとまで届く。そのため、汐止橋は「汐止」と呼ばれるようになった。 汐止橋は、江戸時代から明治時代にかけて、隅田川を行き来する人々の重要な交通路であった。また、汐止橋は、江戸城の鬼門を封じるために架けられた橋であるという伝説もある。汐止橋は、江戸時代には庶民に親しまれた橋であり、多くの浮世絵に描かれている。 現在、汐止橋は、隅田川の観光スポットの一つとなっている。橋の上からは、隅田川を行き交う船や、東京スカイツリーなどの景色を楽しむことができる。また、汐止橋のたもとには、汐止公園があり、公園内には汐止橋の歴史を紹介するパネルが設置されている。
施設名・ロケ地

堂々たる姿の天満橋:時代を超えた大川を架ける橋

天満橋の歴史と歩み江戸から令和までの架け橋 天満橋は、大阪市北区と中央区を結ぶ大川に架かる橋です。江戸時代には、天満と京橋を結ぶ船着場として栄え、明治時代には、木造の橋が架けられました。その後、大正時代には、鉄製の橋に架け替えられ、昭和時代には、現在のコンクリート製の橋になりました。天満橋は、大阪の発展とともに歩んできた歴史ある橋であり、大阪のランドマークのひとつでもあります。 天満橋は、全長211.7メートル、幅22.7メートル、高さ11.5メートルのコンクリート製の橋です。橋の両端には、ライオンの像が設置されており、このライオンの像は、天満橋のシンボルとなっています。天満橋は、大阪市内を東西に走る御堂筋の一部であり、大阪の主要な交通路のひとつです。また、天満橋は、大阪城や京橋などの大阪の観光スポットにも近く、多くの観光客が訪れます。 天満橋は、大阪の発展とともに歩んできた歴史ある橋であり、大阪のランドマークのひとつです。天満橋は、大阪市内を東西に走る御堂筋の一部であり、大阪の主要な交通路のひとつです。また、天満橋は、大阪城や京橋などの大阪の観光スポットにも近く、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

めがね橋の歴史と魅力

めがね橋の歴史は古く、紀元前1000年頃にはすでに存在していたと考えられています。もっとも古いとされるめがね橋は、ギリシャのクレタ島にあるアナポリス古代都市の遺跡で発見されたものです。この橋は紀元前1000年頃のもので、長さ3.5メートル、幅1.5メートル、高さ3メートルの石造りの橋です。 その後、めがね橋はローマ帝国時代に大きく発展しました。ローマ人は、石造りのアーチ橋である水道橋や道路橋を数多く建設しました。中でも、ローマの水道橋は、その規模の大きさや技術力の高さで知られています。ローマ水道橋は、紀元前312年に建設が開始され、最盛期には長さが約500キロメートルにもなりました。 中世になると、めがね橋はヨーロッパ各地で建設されるようになりました。特に、ゴシック建築が盛んになった12世紀以降は、多くのめがね橋が建設されました。ゴシック建築のめがね橋は、尖塔やアーチなど、ゴシック建築の特徴を備えています。フランスのパリにあるノートルダム大聖堂の橋や、イギリスのロンドンにあるロンドン塔の橋などが、中世のめがね橋の代表例です。 近世以降になると、めがね橋は建設されなくなり、代わりにアーチ橋や鉄橋が建設されるようになりました。しかし、現在でもめがね橋は世界各地に残されており、その美しさや技術力の高さから、多くの人々から愛されています。
施設名・ロケ地

甦った煉瓦橋「平木橋」

平木橋の歴史と構造 平木橋は、徳島県勝浦町にある煉瓦造りの橋です。1899年(明治32年)に平木川に架けられました。平木橋は、徳島県の近代化を象徴する橋の一つであり、国の登録有形文化財にも指定されています。 平木橋は、煉瓦積みのアーチ橋です。アーチ橋とは、アーチ状の構造で橋を支える橋の形式です。平木橋のアーチは、半円形をしています。平木橋の煉瓦は、地元の粘土で作られています。平木橋のアーチは、厚さ約1メートルあります。平木橋のアーチは、平木川の増水にも耐えられるように、頑丈に作られています。 平木橋は、平木川にかかる橋としては、最古の橋です。平木橋は、平木川を渡る唯一の橋であり、平木地区と勝浦地区を結ぶ重要な橋です。平木橋は、地元の人々に親しまれている橋であり、平木地区のシンボルの一つでもあります。