地ビール

モノの名前

湘南ビールの魅力と味わい

-湘南ビールとは?- 湘南ビールとは、神奈川県湘南地域で製造されているクラフトビールのことです。湘南地域は、豊かな自然と温暖な気候に恵まれており、ビール造りに適した環境となっています。湘南ビールは、地元の食材や水を使用しており、湘南の風土が生み出す独特の味わいが特徴です。 湘南ビールは、近年その人気が高まっており、多くの醸造所が誕生しています。湘南ビールの特徴は、その軽やかな飲み口とフルーティーな香りです。湘南の温暖な気候が、ビールの熟成を早めるため、短期間で美味しいビールが造り上げられます。また、湘南のビール醸造所は、地元の食材や水を使用しているため、湘南の風土が生み出す独特の味わいが楽しめます。 湘南ビールは、その飲みやすさとフルーティーな香りで、女性にも人気が高まっています。湘南のビーチで、湘南ビールを片手に夕日を眺めるのは、至福のひとときです。湘南ビールは、湘南の自然と文化を味わうのに最適な飲み物です。
モノの名前

伊吹バイツェンを知る!長濱浪漫ビールのクラフトビール

伊吹バイツェンの特徴と味わい 伊吹バイツェンの最大の特徴は、その爽やかな飲み口です。ラガービールのようなキレのある味わいですが、苦味が少なく、フルーティーな香りが広がります。また、アルコール度数も低めなので、ビールが苦手な方でも飲みやすいクラフトビールです。 伊吹バイツェンに使用されているホップは、ドイツ産の「ハラタウ」と「テットナング」です。この2種類のホップは、柑橘系のアロマとフルーティーな香りをビールに与えます。また、麦芽にはドイツ産の「ピルスナーモルト」と「ミュンヘンモルト」を使用しています。この2種類の麦芽は、ビールに軽やかでまろやかな味わいを生み出します。 伊吹バイツェンは、すっきりとした飲み口でありながら、麦芽とホップの風味がしっかりと感じられるクラフトビールです。食事との相性も良く、特に魚料理や肉料理によく合います。また、暑い季節には、キンキンに冷やして飲むのもおすすめです。
モノの名前

モクモクビールの魅力

モクモクビールとは、モクモクファームにて独自の製法で製造された地ビールです。モクモクファームは、北海道網走郡津別町にある酪農場兼観光農園であり、新鮮な牛乳や乳製品、野菜などを生産しています。モクモクビールは、モクモクファームで飼育されている牛の乳から作られたホエイ(乳清)を主原料として、ビール酵母とホップを添加して発酵させて作られています。ホエイは、チーズを製造する過程で出る副産物ですが、タンパク質やミネラルが豊富に含まれており、ビール造りに適した原料です。モクモクビールには、モクモクホワイト、モクモクブラウン、モクモク黒、モクモクIPAの4種類があり、それぞれに異なる味と香りを楽しむことができます。モクモクビールは、モクモクファームの直売所やオンラインショップで購入することができます。
モノの名前

「かみなりアンバー」レビュー!三重発のクラフトビール

「かみなりアンバー」は、三重県にある小さなブルワリー、伊勢角屋麦酒が製造しているクラフトビールです。このビールは、その名の通り、稲妻のようにぴりっとした味わいが特徴で、ホップの苦味がしっかりと効いています。また、カラメル麦芽を使用しており、ほのかな甘みと香ばしさも感じられます。 「かみなりアンバー」は、伊勢神宮の門前町である伊勢市で製造されています。伊勢市は、古くから酒造りが盛んな地域であり、「かみなりアンバー」もその伝統を継承しています。伊勢角屋麦酒は、伊勢市の豊かな自然環境を生かして、様々なクラフトビールを製造しています。「かみなりアンバー」は、その中でも特に人気の高いビールのひとつです。 「かみなりアンバー」は、その名の通り、稲妻のようにぴりっとした味わいが特徴です。ホップの苦味がしっかりと効いており、後味もすっきりとしています。また、カラメル麦芽を使用しており、ほのかな甘みと香ばしさも感じられます。 「かみなりアンバー」は、その飲みやすい味わいで、初心者にもおすすめです。また、そのすっきりとした後味は、食事にも合わせやすいビールです。魚介類や肉料理、チーズなど、様々な料理と相性が良いです。
モノの名前

「越中風雅」の美味しさとその魅力

越中風雅の歴史と背景 越中風雅は、富山県で古くから作られてきた伝統的な和菓子です。その起源は江戸時代まで遡り、富山藩の初代藩主である前田利長公が、京都から茶道師範を招いて茶の湯の指導を受け、その際に供された和菓子が越中風雅の原型になったと言われています。その後、富山県内の菓子屋が独自の工夫を凝らしながら作り続けてきた結果、現在の越中風雅が完成したと考えられています。 越中風雅の特徴は、もち米粉と砂糖を混ぜて蒸した生地に、小豆餡を包んだシンプルなものです。生地は柔らかくもちもちとした食感で、小豆餡は甘さ控えめで上品な味わいです。一口食べると、口の中に広がるもちもちとした食感と小豆餡のやさしい甘さが楽しめます。 越中風雅は、富山県を代表する銘菓として、県内外の多くの人々に愛されています。また、その素朴で滋味深い味わいは、海外の人々からも高く評価されています。
モノの名前

こだわり抜いた北海道の地ビール「はこだてビール」

北海道の地ビール「はこだてビール」は、ヴァイツェン、アルトなど、多彩なラインナップを誇っています。ヴァイツェンは、小麦麦芽を使用したフルーティーな香りが特徴のビールです。アルトは、濃い色合いとまろやかな味わいが特徴のビールです。他にも、ピルスナー、IPA、スタウトなど、さまざまなスタイルのビールを製造しています。 「はこだてビール」は、北海道産の原料にこだわり、丁寧に醸造されたビールです。北海道の豊かな自然が生み出した、新鮮な水と上質な大麦を使用して、じっくりと時間をかけて醸造されます。また、独自の酵母を使用することで、他にはない個性的な味わいを実現しています。 「はこだてビール」は、北海道の居酒屋やレストランなどで楽しむことができます。また、オンラインショップでも販売されているので、全国各地から取り寄せることができます。北海道の豊かな自然が生み出した、こだわりのビールをぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

「クラフトビアムーンライト」神奈川の地ビールの魅力

クラフトビア ムーンライトは、神奈川県で製造されているクラフトビールです。神奈川県は、箱根や鎌倉などの観光地を有する県であり、自然が豊かであることから、クラフトビールの製造に適しています。クラフトビア ムーンライトは、神奈川県の豊かな自然の中で育まれた麦やホップを使用しており、神奈川県の魅力を味わうことができるクラフトビールです。 クラフトビア ムーンライトは、神奈川県の地ビールであり、神奈川県の魅力を味わうことができるクラフトビールです。神奈川県は、箱根や鎌倉などの観光地を有する県であり、自然が豊かであることから、クラフトビールの製造に適しています。クラフトビア ムーンライトは、神奈川県の豊かな自然の中で育まれた麦やホップを使用しており、神奈川県の魅力を味わうことができるクラフトビールです。
モノの名前

「小樽ビール」の歴史と魅力

小樽ビールの特徴と味わいの特徴 小樽ビールの歴史と魅力の中でも、忘れてならないのがその特徴と味わいです。小樽ビールは、北海道産の良質な大麦と、北アルプスの天然水を使用して醸造されています。また、独自の酵母を用いることで、他にはない独特の味わいを生み出しています。 小樽ビールの味わいの特徴は、まず、麦芽の風味が豊かに感じられることです。また、ホップの苦味と甘みがバランスよく調和しており、飲みやすい味わいです。さらに、小樽ビールは、後味がすっきりとしているため、食事のお供にも最適です。 小樽ビールは、その特徴と味わいの良さから、国内外で高い評価を得ています。世界的なビールの品評会である「ワールド・ビア・アワード」で、小樽ビールは金賞を受賞したこともあります。 小樽ビールは、その歴史と魅力に加え、特徴と味わいの良さも兼ね備えたビールです。北海道を訪れた際には、ぜひ小樽ビールを味わってみてください。
モノの名前

クラフトビールの至宝「太郎左衛門」の歴史と味わいの魅力

-清々しいホップの香りに包まれる至福のIPA- 太郎左衛門IPAは、ホップの香りを最大限に引き出したIPA(インディア・ペールエール)です。ホップの爽やかな香りと苦味、そしてフルーティーな味わいが特徴です。 ホップは、ビールの苦味や香りを決める植物です。太郎左衛門IPAに使用されているホップは、アメリカンホップのシトラとモザイクです。これらのホップは、柑橘系の爽やかな香りと、ほのかなフルーティーな味わいが特徴です。 太郎左衛門IPAは、ホップの香りを最大限に引き出すために、低温発酵でじっくりと熟成させています。この低温発酵によって、ホップの香りと苦味が際立ち、キレのある味わいを実現しています。 太郎左衛門IPAのアルコール度数は6%です。苦味は50IBU(国際苦味単位)です。IBUとは、ビールの苦味を数値化したものです。10IBUが一般的なビールの苦味であり、50IBUはIPAの中では苦味が強い部類に入ります。 太郎左衛門IPAは、ホップの爽やかな香りと苦味、そしてフルーティーな味わいが特徴のIPAです。キレのある味わいで、飲み飽きしないビールです。
モノの名前

北海道「鬼伝説」の秘密に迫る!

北海道の「鬼伝説」は、アイヌの伝承や歴史、地理など様々な要素が複雑に絡み合った、大変興味深いものとなっています。 まず、アイヌの伝承において鬼とは、山の神や自然の精霊、あるいは死者の霊など、様々な存在を指す言葉として使われていました。アイヌの人々は、これらの鬼を畏敬の念を持って崇拝し、自然と共存する上で重要な存在と考えていました。 また、北海道の歴史を紐解くと、鬼は戦いに敗れた蝦夷の人々や、アイヌ民族を指す言葉としても使われていました。蝦夷の人々は、朝廷の支配に抵抗し続けた勇敢な戦士たちとして描かれ、鬼と呼ばれるようになったのです。 さらに、北海道の地理的な特徴も「鬼伝説」の形成に影響を与えています。北海道には、険しい山々や深い谷、鬱蒼とした森林が広がっており、これらの自然環境が鬼の住む場所として想像されたと考えられます。 このように、北海道の「鬼伝説」は、アイヌの伝承、歴史、地理などの様々な要素が複雑に絡み合って生まれたものなのです。
モノの名前

大山Gビールについて

-大山Gビールの特徴- 大山Gビールは、大山Gビール株式会社が製造している地ビールです。大山Gビールの特徴は、まずその原料にあります。大山Gビールは、大山山の麓にある湧き水と、地元の農家によって育てられた大麦やホップを使用しています。また、大山Gビールは、伝統的な製法で作られています。大山Gビールは、ドイツのビール純粋令に基づいて作られており、一切の添加物を加えていません。 大山Gビールは、その味も特徴的です。大山Gビールは、フルーティーな香りと、すっきりとした味わいが特徴です。大山Gビールは、様々な料理に合わせることができます。大山Gビールは、特に、肉料理や魚料理によく合います。 大山Gビールは、大山山の麓にある大山Gビール工場で作られています。大山Gビール工場は、一般公開されており、見学することができます。大山Gビール工場では、大山Gビールの製造過程を見学することができます。大山Gビール工場では、大山Gビールの試飲をすることもできます。 大山Gビールは、大山山麓の自然の恵みで作られた、おいしい地ビールです。大山Gビールは、大山山麓を訪れた際には、ぜひ飲んでみたいビールです。
モノの名前

美味しい地ビール 倉敷麦酒の魅力

倉敷麦酒の歴史と特徴 倉敷麦酒は、岡山県倉敷市にある地ビールメーカーです。1996年に設立され、2023年現在、9種類の地ビールを製造販売しています。倉敷麦酒のビールは、全て無添加で、自然な風味と味わいが特徴です。 倉敷麦酒の歴史は、1996年に遡ります。当時、倉敷市に住んでいた醸造家の木下裕介氏が、地ビールメーカーを設立することを決意しました。木下氏は、ドイツでビールの醸造を学び、帰国後に倉敷麦酒を設立しました。倉敷麦酒は、当初は小さな醸造所でしたが、次第に人気を集め、現在では岡山県を代表する地ビールメーカーとなっています。 倉敷麦酒のビールの特徴は、無添加であることです。倉敷麦酒のビールは、一切の添加物を加えずに製造されています。そのため、自然な風味と味わいが特徴です。また、倉敷麦酒のビールは、倉敷市の名水である「倉敷の湧き水」を使用して醸造されています。倉敷の湧き水は、ミネラルが豊富に含まれており、ビールにまろやかな味わいを与えています。
モノの名前

北海道ビール ピリカワッカの魅力

北海道ビール ピリカワッカとは 北海道ビール ピリカワッカとは、北海道で生産されるクラフトビールです。北海道産の原料にこだわり、丁寧に醸造されたビールは、豊かな味わいとはっきりとした喉越しが特徴です。ピリカワッカとは、アイヌ語で「美しい花」を意味する言葉です。北海道の美しい自然をイメージしたビールとして、その名が付けられました。 北海道ビール ピリカワッカは、北海道産の二条大麦を100%使用しています。二条大麦は、麦芽の香りと甘みが強いのが特徴です。また、北海道産のホップも使用しており、華やかな香りを楽しめます。北海道の清らかな水で仕込まれたビールは、雑味がなく、すっきりとした味わいです。 北海道ビール ピリカワッカは、現在6種類のラインナップがあります。ピルスナー、ヴァイツェン、ペールエール、IPA、スタウト、そして季節限定のビールです。それぞれに異なる味わいがあり、シーンに合わせて楽しむことができます。 北海道ビール ピリカワッカは、北海道の美しい自然をイメージしたビールです。北海道の豊かな大地で育まれた原料を使用し、丁寧に醸造されたビールは、北海道の澄み切った空気のように爽やかで、北海道の雄大な大地のように力強い味わいです。北海道の美味しさを感じられるビールとして、ぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

田沢湖 湖畔の杜ビールで秋田の味覚を味わおう!

田沢湖 湖畔の杜ビールの歴史 田沢湖 湖畔の杜ビールは、秋田県仙北市田沢湖畔にある田沢湖ビール株式会社が製造販売する地ビールです。1996年に創業し、2000年から本格的に販売を開始しました。 このビールは、田沢湖の伏流水と秋田県産の米やホップを使用しており、まろやかで飲みやすい味わいが特徴です。また、田沢湖の自然をイメージしたパッケージも人気となっています。 田沢湖 湖畔の杜ビールは、田沢湖畔の多くの飲食店で飲めるほか、道の駅たざわこやオンラインショップでも販売されています。また、毎年7月下旬には、田沢湖畔で「田沢湖湖畔の杜ビールフェスティバル」が開催され、全国から多くの人が訪れます。
モノの名前

月夜野クラフトビールを味わう

月夜野クラフトビールとは 月夜野クラフトビールは、群馬県利根郡月夜野町で製造されているクラフトビールです。2013年に創業し、現在では10種類以上のビールを製造しています。月夜野クラフトビールの特徴は、地元の天然水と厳選されたホップを使用した、香り高く味わい深いビールです。また、季節限定ビールやコラボレーションビールなど、様々な種類のビールを製造しているため、ビール好きにはたまらない breweryとなっています。月夜野クラフトビールは、地元の飲食店やホテルなどで販売されているほか、 brewery併設のビアパブでも楽しむことができます。ビアパブでは、月夜野クラフトビールの飲み比べセットやフードメニューなど、ビールと食事を一緒に楽しむことができます。
モノの名前

「妙高高原ビール」の魅力を存分に味わう

妙高高原ビールの歴史と地元とのつながり 妙高高原ビールは、新潟県妙高市にある妙高高原ビール株式会社が製造している地ビールです。1994年に創業し、それ以来、地元の人々や観光客に愛され続けてきました。妙高高原ビールは、妙高高原の豊かな自然の中で育った麦やホップ、そして妙高山の伏流水を使用しており、その品質の高さには定評があります。 妙高高原ビールは、地元の食材にもこだわっています。地元産の野菜や果物をふんだんに使用したビールを製造しており、その味は地元の人々に好評です。また、妙高高原ビールは、地元のイベントや祭りにも積極的に参加しており、地元とのつながりを深めています。 妙高高原ビールは、地元の人々や観光客に愛される地ビールとして、これからも発展を続けていくでしょう。
モノの名前

犬山ローレライビールについて

犬山ローレライビールの歴史と特徴 犬山ローレライビールは、愛知県犬山市で製造されている地ビールです。1999年に設立された犬山クラフトビール株式会社が、犬山の豊かな自然と文化を活かして造り始めました。犬山ローレライビールは、その品質の高さが評価され、国内外のコンテストで数々の賞を受賞しています。 犬山ローレライビールの特徴は、そのまろやかな口当たりと、華やかなアロマです。使用されている麦芽やホップは全て厳選されており、熟練の職人が丁寧に醸造しています。犬山ローレライビールは、どんな料理にも合わせやすい万能ビールで、幅広い層から人気を集めています。 犬山ローレライビールは、犬山市内にある犬山クラフトビール株式会社の直営店で購入することができます。また、県内のスーパーや酒店でも取り扱われています。犬山ローレライビールは、犬山の特産品としても知られており、お土産としても人気があります。
モノの名前

國乃長ビールとは?特徴や歴史を解説

國乃長ビールの歴史は古く、明治13年に創業された、日本でも有数の老舗ビールメーカーです。創業者の下条浅吉は、ドイツでビール醸造を学び、帰国後に北海道でビール工場を設立しました。國乃長ビールは、北海道の澄み切った水と、厳選された麦芽とホップを使用し、伝統的な製法で丁寧に醸造されています。そのため、國乃長ビールは、まろやかでコクのある味わいが特徴です。また、國乃長ビールは、原料に無添加にこだわっており、自然の恵みをそのまま味わうことができます。 國乃長ビールは、北海道で最も人気のあるビールのひとつであり、その人気は全国にも広がっています。また、國乃長ビールは、海外でも高い評価を得ており、数々の賞を受賞しています。國乃長ビールは、北海道の誇る銘酒のひとつであり、その歴史と伝統は、多くの人々に愛されています。
モノの名前

九州の麦の恵みと自然が育むビール「不知火海浪漫麦酒」

「不知火海浪漫麦酒」が生まれるまで 九州の麦の恵みと自然が育む「不知火海浪漫麦酒」は、2017年に誕生しました。このビールは、九州の麦と水、そして自然発酵によって作られています。 不知火海浪漫麦酒の原料となる麦は、九州産の二条大麦です。二条大麦は、麦の品種の中でも特に香りが高く、ビールにコクと旨みを与える特徴を持っています。 不知火海浪漫麦酒の水は、九州の地下水を使用しています。九州の地下水は、ミネラルが豊富で、ビールの味わいを引き立てる役割を果たしています。 不知火海浪漫麦酒は、自然発酵によって作られています。自然発酵とは、酵母を人工的に加えるのではなく、自然界に存在する酵母を利用してビールを発酵させる方法のことです。自然発酵によって作られたビールは、野生酵母の働きによって様々な香りが生まれます。 不知火海浪漫麦酒は、麦の恵みと自然が育む、九州の地酒です。このビールは、九州の気候や風土を反映した、独特の味わいを持ち合わせています。
モノの名前

熊本クラフトビールの魅力

熊本クラフトビールとは、熊本県内で製造されている地ビールのことです。熊本のクラフトビールは、地元の素材をふんだんに使用し、丁寧に造られていることが特徴です。 熊本には、多くのクラフトビール醸造所があり、それぞれが独自のビールを製造しています。そのため、熊本クラフトビールには、さまざまな種類があり、それぞれのビールに個性があります。 熊本クラフトビールは、熊本県内のレストランやバーなどで楽しむことができます。また、熊本県外のクラフトビール専門店や通販サイトでも販売されています。 熊本クラフトビールは、地元の素材をふんだんに使用し、丁寧に造られていることが特徴です。熊本のクラフトビールは、その土地ならではの味わいと、職人の技が感じられる逸品です。
モノの名前

クラフトビールの逸品「常陸野ネストビール」の魅力

常陸野ネストビールの誕生と歴史 常陸野ネストビールは、茨城県那珂市にある株式会社常陸野ネストビールが製造するクラフトビールです。醸造所は1996年に設立され、1997年からビールの製造を開始しました。常陸野ネストビールは、伝統的な製法と厳選された原料を用いて作られており、その味は国内外で高く評価されています。 常陸野ネストビールの創業者である木内酒造株式会社の三代目社長、木内裕氏は、大学卒業後、家業の酒蔵を手伝いながら、ビール造りを独学で学びました。木内氏は、ビール造りに必要な技術と知識を習得した後、1996年に株式会社常陸野ネストビールを設立しました。 常陸野ネストビールの醸造所は、茨城県那珂市の山間部に位置しています。この地は、清涼な水と豊かな自然に恵まれており、ビール造りに適しています。常陸野ネストビールは、この地の恵まれた環境を活かし、伝統的な製法と厳選された原料を用いて作られています。 常陸野ネストビールは、その味と品質の高さから、国内外で高く評価されています。2007年には、世界最大規模のビールコンテストであるワールド・ビア・カップで金賞を受賞しました。常陸野ネストビールは、現在では日本国内のみならず、海外にも輸出されています。
モノの名前

こぶし花ビールの魅力を紐解く

ピルスナーの爽やかな味わい こぶし花ビールの代表銘柄であるピルスナーは、その爽やかな味わいで多くの人々に愛されています。ピルスナーは、チェコ共和国にあるピルゼン発祥のビールで、世界中で最も人気のあるビールスタイルのひとつです。 ピルスナーの特徴は、その淡い黄金色の外観と、ホップの爽やかな香りです。また、苦味と甘みのバランスが良く、飲みやすいのが特徴です。ピルスナーは、さまざまな料理と相性が良く、特に暑い夏にはぴったりです。 ピルスナーは、麦芽、ホップ、水、酵母などの原料で作られています。麦芽は、大麦を発芽させて乾燥させたもので、ビールの甘みとコクのもとになります。ホップは、ビールの苦味と香りを出す植物で、ピルスナーにはチェコ産のザーツホップが使用されています。水は、ビールの約90%を占めており、ビールの味わいに大きく影響します。ピルスナーには、チェコ産の軟水が使用されています。酵母は、ビールの発酵を促す微生物で、ピルスナーには下面発酵酵母が使用されています。 ピルスナーの醸造方法は、伝統的な製法を守っています。麦芽を粉砕して水を加えて糖化し、ホップを加えて煮沸します。煮沸を終えたら、冷却して酵母を加えて発酵させます。発酵が終わったら、熟成させて完成です。 ピルスナーは、爽やかな味わいで飲みやすいビールです。さまざまな料理と相性が良く、特に暑い夏にはぴったりです。伝統的な製法を守って醸造されたピルスナーは、多くの人々に愛されています。
モノの名前

知多マリンビールの魅力と歴史

知多マリンビールとは 知多マリンビールは、愛知県知多郡美浜町にある知多マリンビール株式会社が製造する地ビールです。 知多マリンビールは、1994年(平成6年)に創立された知多マリンビール株式会社が、1995年(平成7年)に製造を開始しました。 知多マリンビールは、知多半島産の天然水と、厳選した麦芽とホップを使用して醸造しています。 知多マリンビールは、ピルスナー、ヴァイツェン、IPA、スタウトなど、さまざまな種類を製造しています。 知多マリンビールは、知多半島の飲食店やスーパーマーケットなどで販売されています。 知多マリンビールは、そのおいしさと飲みやすさが人気で、知多半島を代表する地ビールとして親しまれています。 知多マリンビールは、知多半島の観光スポットとしても人気があります。 知多マリンビール株式会社では、工場見学やビアガーデンを開催しており、多くの観光客が訪れています。
モノの名前

香川の地ビール「空海」の魅力を味わう

ヴァイツェンタイプの味わいと特徴 ヴァイツェンとは、小麦麦芽を50%以上使用して醸造されたビールのことで、ドイツで最も人気のあるビールのひとつです。ヴァイツェンは小麦麦芽のまろやかさと、ホップの爽やかな苦みが特徴で、フルーティーな香りも楽しめます。 空海のヴァイツェンは、小麦麦芽を65%使用して醸造されており、柔らかく滑らかな口当たりが特徴です。また、オレンジやバナナのようなフルーティーな香りも楽しめます。ヴァイツェンは、暑い夏にぴったりのビールで、さわやかで飲みやすいのが特徴です。 空海のヴァイツェンは、 香川県の地ビールで、地元産の小麦麦芽とホップを使用しています。ヴァイツェンは、小麦麦芽を50%以上使用して作られたビールで、まろやかな口当たりとフルーティーな香りが特徴です。空海のヴァイツェンは、小麦麦芽の柔らかな旨味と、ホップの爽やかな苦みがバランスよく調和しており、飲みやすいビールです。また、ヴァイツェンは、フルーティーな香りが特徴なので、暑い夏にぴったりです。