地名・ロケ地

江戸見坂(品川区)の坂道と歴史

江戸見坂とは、東京都品川区にある坂道の名前である。品川区内を南北に貫く国道15号線の旧道である旧東海道に位置しており、北品川1丁目と北品川3丁目を結んでいる。坂の全長は約150メートル、平均勾配は5.6%である。江戸見坂は、品川宿と荏原宿を結ぶ道筋にあり、江戸時代には旅人や荷物で賑わった。坂の名は、江戸の町並みを一望できることから名付けられたと言われている。坂の途中には、江戸見坂公園があり、公園内からは東京スカイツリーや東京タワーを望むことができる。また、坂の北側には、品川区立品川歴史館があり、品川の歴史や文化に関する展示が行われている。江戸見坂は、品川の街の歴史を伝える貴重な坂道である。
地名・ロケ地

「鉄砲坂」の魅力と歴史

坂の歴史と由来 鉄砲坂は、江戸時代初期に築かれた坂です。当時は、この坂の近くに鉄砲の鋳造所があったため、この名が付けられました。鉄砲坂は、急な坂ですが、その両側には江戸時代の町並みが残っており、風情のある坂として知られています。 鉄砲坂は、江戸城の西の丸と牛込御門を結ぶ道として整備されました。当時は、この坂の近くに鉄砲の鋳造所があったため、この名が付けられました。鉄砲坂は、急な坂ですが、その両側には江戸時代の町並みが残っており、風情のある坂として知られています。 鉄砲坂は、江戸時代には多くの旅人が行き交う道でした。また、この坂は、火消しの拠点にもなっていました。江戸時代には、江戸市中に火災が多発していました。そのため、江戸市中には多くの火消しが組織されていました。鉄砲坂には、火消しの詰所があり、火災が発生すると、火消しがこの坂から江戸市中に駆けつけていました。 鉄砲坂は、江戸時代から続く歴史ある坂です。この坂は、江戸時代の町並みが残っており、風情のある坂として知られています。また、この坂は、火消しの拠点にもなっていました。鉄砲坂は、江戸時代の人々の暮らしを垣間見ることができる坂です。
地名・ロケ地

「植木坂」を散策しよう

植木坂の歴史 植木坂は、京都市左京区にある坂道です。平安時代から続く古い坂道で、京都の観光スポットのひとつとなっています。植木坂は、かつては「植木坂」と呼ばれていました。これは、この地に植木屋が多く住んでいたためです。しかし、明治時代に「植木坂」と改名されました。 植木坂は、平安京の頃からあったと考えられています。平安時代には、この地に貴族の屋敷が建ち並んでいました。また、この坂道を下ったところには、白川が流れていました。白川は、京の都と郊外を結ぶ重要な水路でした。このため、植木坂は交通の要衝として栄えました。 鎌倉時代になると、植木坂に臨済宗の寺院が建立されました。この寺院は、建仁寺と呼ばれています。建仁寺は、京都五山のひとつに数えられる名刹です。建仁寺の創建は、1202年です。開祖は、栄西禅師です。栄西禅師は、日本に禅宗を伝えた人物です。建仁寺の創建により、植木坂はさらに栄えるようになりました。 江戸時代になると、植木坂には町屋が建ち並ぶようになりました。また、この坂道には、多くの茶屋や土産物屋が軒を連ねました。植木坂は、京都の観光スポットのひとつとして人気を集めました。 明治時代になると、植木坂は「植木坂」に改名されました。また、この坂道には、電灯が設置されました。植木坂は、ますます賑わうようになりました。 大正時代になると、植木坂に路面電車が通るようになりました。これにより、植木坂はさらに便利になりました。また、この坂道には、多くのアパートやマンションが建ち並ぶようになりました。植木坂は、京都の住宅地として人気を集めました。 昭和時代になると、植木坂はさらに発展しました。この坂道には、多くの商業施設や飲食店がオープンしました。植木坂は、京都の観光スポットのひとつとしてさらに人気を集めました。 平成時代になると、植木坂は京都市指定の景観重要建造物に指定されました。また、この坂道には、多くの観光客が訪れるようになりました。植木坂は、京都の観光スポットのひとつとしてさらに人気を集めています。
地名・ロケ地

桜坂の由来と歴史

桜坂の由来 桜坂の由来は、かつてこの坂に桜の木がたくさん植えられていたことにあります。江戸時代初期に、この地に桜の木を植えることが奨励されたことから、多くの桜の木が植えられ、桜の名所となりました。桜の木は、春になると満開に咲き誇り、人々の目を楽しませました。また、桜の木は、秋になると紅葉して、また違った美しさを見せてくれました。桜の木は、人々に愛され、桜坂は、桜の名所として知られるようになりました。しかし、明治維新後に、桜の木が伐採されてしまい、桜坂は、桜の名所ではなくなってしまいました。現在でも、桜坂には、桜の木が植えられていますが、かつての桜並木とは比べものになりません。
地名・ロケ地

洞坂とは?特徴と歴史

洞坂の特徴 洞坂は、標高1,200mを超える山々が連なる、険しい地形に位置しています。その急峻な坂道は、日本屈指の難所で知られ、古くから「洞坂越え」と呼ばれ、旅人や荷物を運搬する人々にとって、大きな難所となってきました。 洞坂のもう一つの特徴は、その美しい景観です。春には、山一面に咲く花々を眺めることができ、夏には、緑あふれる木々や、川の流れを楽しむことができます。秋には、紅葉が山々を彩り、冬には、雪化粧をした山々が、幻想的な風景を作り出します。 また、洞坂は、歴史的にも重要な場所です。江戸時代には、この地に洞坂宿が置かれ、多くの旅人や荷物を運搬する人々が行き交っていました。また、この地は、多くの戦いの舞台ともなりました。 このように、洞坂は、険しい地形や美しい景観、歴史的背景など、多くの魅力を持った場所です。
地名・ロケ地

落合坂の魅力と歴史

落合坂の歴史と由来 落合坂の歴史は、江戸時代初期まで遡ることができます。この坂は、現在の新宿区と中野区の境界線に位置し、神田川と妙正寺川の分水嶺にあたります。そのため、この坂は交通の難所とされ、人や荷物を運ぶ人々にとって、大きな負担となっていました。 江戸時代中期になると、この坂を改修する動きが起こりました。当時の江戸幕府は、都市の整備に力を入れており、交通の便を改善することがその目的の一つでした。この改修工事は、1724年に完成し、それ以降、この坂は「落合坂」と呼ばれるようになりました。 落合坂という名前の由来については、諸説があります。一説には、この坂が神田川と妙正寺川の分水嶺にあたることから、「水が合流する坂」という意味で名付けられたと言われています。また、この坂の付近に、落合という地名があったことから、その地名にちなんで名付けられたという説もあります。 いずれにせよ、落合坂は江戸時代から続く、歴史ある坂です。この坂の歴史を知ることで、江戸時代の都市の整備や交通の様子を垣間見ることができます。
地名・ロケ地

千代田区の鍋割坂を巡る

千代田区三番町の鍋割坂 千代田区三番町にある鍋割坂は、江戸時代から続く歴史ある坂道です。坂の途中には、徳川家康が鍋を割ったという伝説が残る「鍋割地蔵」が祀られており、地元の人々から親しまれています。鍋割坂は、また、江戸城の鬼門を封じるために作られた「鬼門除けの坂」としても知られており、かつては、坂の入り口に「鬼門除けの碑」が建てられていたそうです。 鍋割坂は、現在では、地元の人々が散歩やジョギングを楽しむ憩いの場となっています。坂の途中にある「鍋割地蔵」は、地元の人々から信仰されており、毎年、地蔵の命日である8月24日には、地蔵盆が行われています。地蔵盆には、地蔵の周りに提灯が灯され、多くの人々が参拝に訪れます。 鍋割坂は、歴史と信仰が息づく、千代田区三番町のシンボル的な坂道です。坂を歩くと、江戸時代の面影を感じることができ、地元の人々の生活を垣間見ることができます。
地名・ロケ地

新坂の歴史と魅力

新坂の成り立ちと由来 新坂は、京都市東山区にある坂道です。祇園と東山を結ぶ坂道で、平安時代から存在しています。新坂という名前は、平安京の新しい東門である新門が近くに作られたことに由来します。 新坂は、平安時代には都の東の玄関口として賑わっていました。多くの公卿が東山に住んでおり、また東山には多くの寺社がありました。そのため、新坂は公卿や僧侶が多く行き来する坂道でした。 鎌倉時代になると、新坂は武士の街である東山と、商人の街である祇園を結ぶ道として重要になります。室町時代には、新坂は京都五条の繁華街と東山の寺社を結ぶ道としてますます重要になります。 江戸時代になると、新坂は東山の茶屋街への道として賑わいました。また、新坂には多くの茶屋があったため、文人墨客が集まる場所としても知られました。 明治時代になると、新坂は京都と東山を結ぶ主要な道として整備されました。また、新坂には多くの旅館やホテルが建てられ、観光客が集まる場所になりました。 現在、新坂は京都を代表する観光スポットの一つです。多くの観光客が新坂を訪れて、坂道の両側に立ち並ぶ茶屋や旅館、寺社などを眺めています。
地名・ロケ地

坂の魅力を再発見!「犬坂」の特徴と歴史

-犬坂の歴史- 犬坂は、古くから人々が行き交う交通の要衝として栄えた場所です。平安時代には、京都と東北地方を結ぶ奥州街道の宿場町として栄え、多くの旅人が行き交いました。また、犬坂は犬神信仰が盛んな土地としても知られ、犬神を祀る神社が数多く建立されています。最も有名なのは、犬坂城に隣接する犬神神社で、犬神信仰の中心地として知られています。犬神神社は、平安時代初期に創建されたとされ、犬神信仰の祖である犬養部広助を祀っています。犬神神社は、犬を神聖な動物と考える人々にとって、重要な信仰の場となっています。
地名・ロケ地

御殿坂の魅力を探る

-御殿坂の歴史と由来- 御殿坂の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。当時は、徳川将軍家の御殿である江戸城が現在の日比谷公園一帯に位置していました。この御殿への参勤交代のために、多くの諸大名が江戸城へと向かいました。その際に、諸大名は坂を上り下りしており、その坂の名が御殿坂となったと言われています。 また、御殿坂の由来には、この坂が皇居(旧江戸城)の御殿に続く坂であることから、名付けられたという説もあります。御殿坂は、江戸時代には単なる坂道でしたが、明治以降に東京の街が急速に発展したことにより、多くの商店や住宅が立ち並ぶようになりました。また、御殿坂には数多くの寺社仏閣があり、東京を代表する観光スポットのひとつとなっています。 御殿坂で最も有名な寺社仏閣のひとつが、増上寺です。増上寺は、徳川将軍家の菩提寺であり、広大な敷地に多くの伽藍を有しています。また、御殿坂には、芝東照宮や、日枝神社など、数多くの神社もあります。これらの神社仏閣は、江戸時代から現在に至るまで、多くの人々の信仰を集めています。 御殿坂は、江戸時代から現在に至るまで、東京の歴史と文化を色濃く残す街です。坂道には、歴史を感じさせる風情があり、また、数多くの寺社仏閣が立ち並ぶことから、東京屈指の観光スポットとなっています。
地名・ロケ地

日東坂の歴史と由来

日東坂の名前の由来となった日東紡と日本製糖 日東坂の名前は、坂の途中にあった日東紡績株式会社(以下、日東紡)と日本製糖株式会社(以下、日本製糖)に由来しています。日東紡は、1897年に創業された紡績会社で、当初は愛知県西春日井郡豊岡村(現在の豊岡町)に工場を構えていました。しかし、工場の規模が拡大するにつれて、より広い土地が必要となり、1911年に現在の場所に移転しました。日本製糖は、1896年に創業された製糖会社で、当初は北海道函館市に工場を構えていました。しかし、こちらも工場の規模が拡大するにつれて、より広い土地が必要となり、1913年に現在の場所に移転しました。 日東紡と日本製糖は、どちらも大企業で、多くの従業員を雇用していました。そのため、この坂は、日東紡や日本製糖の従業員が通勤するのに利用され、日東坂と呼ばれるようになりました。日東紡と日本製糖は、どちらも1970年代に廃業しましたが、坂の名前は現在も残っています。
地名・ロケ地

富士見坂の魅力と楽しみ方

富士見坂の歴史と由来 富士見坂は、静岡県富士宮市の富士山を望む坂道である。富士山の麓にある富士宮浅間神社から、富士山の山頂まで続く全長約1kmの坂道で、標高差は約200mある。富士見坂は、富士山信仰の参拝者が富士山を拝むために登る坂道として古くから利用されてきた。 富士見坂の歴史は古く、11世紀にはすでに存在していたとされている。富士山の噴火によってできた溶岩流の上にできた坂道で、溶岩流の表面が風雨によって浸食されてできた階段状の地形になっている。富士見坂は、富士山信仰の参拝者が富士山を拝むために登る坂道として古くから利用されてきた。 また、富士見坂は、富士山の景勝地としても知られている。富士見坂から富士山を望むと、富士山が大きくそびえ立って見える。特に、早朝や夕暮れ時に富士見坂から富士山を望むと、富士山が美しく輝く姿を見ることができる。
地名・ロケ地

新坂の歴史と魅力

新坂の歴史 新坂は、江戸時代初期に開削された坂道で、新橋と虎ノ門を結んでいます。坂の途中には、新坂稲荷神社や新坂薬師堂などの歴史的建造物が残されています。 新坂は、江戸時代には大名や旗本の屋敷が立ち並ぶ、繁華な通りでした。また、新橋から虎ノ門にかけては、多くの料亭や芸者屋が軒を連ねており、花街として栄えていました。 明治維新後、新坂は、オフィスビルや商業施設が建ち並ぶ、ビジネス街へと姿を変えました。しかし、新坂稲荷神社や新坂薬師堂などの歴史的建造物は、今もなお残されており、新坂の歴史を感じることができます。 新坂は、江戸時代から続く、歴史ある坂道です。坂の途中には、新坂稲荷神社や新坂薬師堂などの歴史的建造物が残されており、昔ながらの風情を感じることができます。また、新坂周辺には、オフィスビルや商業施設が立ち並び、ビジネスの街としても栄えています。
地名・ロケ地

御殿坂の歴史と魅力

-御殿坂の由来- 御殿坂の由来は、江戸時代にさかのぼります。当時は、この坂の周辺に大名や旗本の屋敷が軒を連ねており、参勤交代の際に大名行列が通ったことから「御殿坂」と呼ばれるようになりました。坂の起点には「御殿坂下」という交差点があり、終点には「御殿坂上」という交差点があります。坂の途中には、徳川綱吉の側室であり、霊元天皇の生母であった桂昌院の屋敷があったとされており、その跡地には現在、ホテルニューオータニが建っています。また、坂の途中には、文京区立御殿坂小学校があり、この学校は、明治6年に創立された歴史ある小学校です。
地名・ロケ地

鍋割坂の歴史と由来

鍋割坂の由来と命名の理由 鍋割坂の由来と命名の理由には、さまざまな説があります。その中でも有力な説の一つが、坂の急峻な形状に由来する説です。鍋割坂は、急な坂道が続く険しい峠道であり、その形状が鍋を割ったように見えることから、「鍋割坂」と呼ばれるようになったと言われています。 もう一つの有力な説は、坂道の途中で鍋を割って捨てたという説です。この説は、坂道の途中で鍋を割ったという伝承に由来しています。伝承によると、ある旅人が鍋割坂を登っている途中で、持っていた鍋を落としてしまいました。旅人は鍋を拾おうとしましたが、坂道が急すぎて鍋を拾うことができませんでした。仕方なく、旅人は鍋を割って捨てて、坂道を登り続けました。 この伝承にちなんで、鍋割坂は「鍋割坂」と呼ばれるようになったと言われています。他にも、鍋割坂の由来と命名の理由としては、坂の途中で鍋を割って捨てたという説や、坂の途中で鍋を割って拾ったという説など、さまざまな説があります。
地名・ロケ地

狸坂の秘密

狸坂の由来 狸坂という名は、この坂に住み着いていた狸に由来しています。昔々、この坂に住むある老人が、ある日、山で見つけた狸の子供を家に連れて帰りました。老人は狸の子供を大切に育て、いつしか狸は老人の大切な家族の一員となりました。狸は老人の家を守り、畑仕事を手伝い、老人の心を癒やしました。 ある日、老人が亡くなり、狸は悲しみに暮れました。狸は老人の墓を守ろうと、坂の頂上に穴を掘って住み着きました。狸は昼間は山で食べ物を探し、夜は老人の墓を訪れて、冥福を祈りました。狸は毎日墓に通い続け、いつしか狸坂と呼ばれるようになりました。 狸坂の伝説は、人々が狸を神聖な動物として敬っていたことを物語っています。狸は、人々にとって大切な存在であり、人々は狸を大切にしていました。狸坂は、狸と人々の絆を物語る場所であり、人々が狸を敬っていたことを伝える歴史的な場所です。
地名・ロケ地

「峰原坂」の歴史と豆知識

峰原坂の歴史 峰原坂は、東京都調布市にある坂である。調布市の北西部に位置し、国分寺崖線の南端である。坂の全長は約200メートルで、標高差は約20メートルである。峰原坂は、古くから交通の要衝として利用されており、鎌倉時代には鎌倉街道のルートとして使われていた。江戸時代には、中山道の分岐点として重要視された。また、峰原坂は、景勝地としても知られており、多くの文人墨客が訪れた。松尾芭蕉も、峰原坂を詠んだ句を残している。 峰原坂は、現在でも交通量が多く、渋滞が発生しやすい。しかし、坂の周辺には、多くの商店や飲食店が立ち並び、賑わいを見せている。また、峰原坂からは、調布市街や多摩川を一望することができ、観光スポットとしても人気がある。
地名・ロケ地

皀角坂ってどんな坂?

皀角坂の歴史 皀角坂の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたとされています。当時は「角坂」と呼ばれており、鎌倉時代には「皀角坂」と呼ばれるようになりました。皀角坂という名前の由来は、坂の途中にある「皀角稲荷神社」からきています。皀角坂は、江戸時代には甲州街道の起点として栄え、多くの旅人が行き交いました。また、坂の途中には多くの茶屋が軒を連ね、旅人たちの憩いの場となっていました。明治時代以降も皀角坂は重要な道路として利用され続け、現在では東京都選定歴史的建造物にも指定されています。 皀角坂は、江戸時代には甲州街道の起点として栄え、多くの旅人が行き交いました。また、坂の途中には多くの茶屋が軒を連ね、旅人たちの憩いの場となっていました。明治時代以降も皀角坂は重要な道路として利用され続け、現在では東京都選定歴史的建造物にも指定されています。
地名・ロケ地

三べ坂 – 永田町の歴史ある坂道

三べ坂の歴史と由来 三べ坂は、永田町にある坂道である。永田町交差点から永田町二丁目交差点まで続く、約100メートルの坂道で、坂の途中には三べ地蔵尊がある。三べ坂の歴史は古く、江戸時代にはすでに存在していた。坂の名前の由来には、いくつかの説がある。一説によると、坂の途中に三つの碑があったことから、三べ坂と呼ばれるようになったという。また、坂の途中に三つの地蔵尊があったことから、三べ坂と呼ばれるようになったという説もある。 三べ坂の地蔵尊は、江戸時代後期に建立されたもので、坂の途中に三つ並んでいる。三つの地蔵尊は、それぞれ、延命地蔵、子安地蔵、厄除地蔵と呼ばれている。三べ坂の地蔵尊は、地元の人々から信仰されており、毎月24日には、地蔵尊の縁日が行われている。また、三べ坂は、桜の名所としても知られており、毎年4月には、三べ坂桜まつりが開催される。
地名・ロケ地

桐ヶ谷坂の歴史と由来

桐ヶ谷坂の歴史は、平安時代まで遡ります。当時は、京都と東国を結ぶ重要な街道であり、多くの旅人が行き交っていました。江戸時代には、徳川家康によって整備され、参勤交代の道としても利用されるようになりました。明治維新後は、鉄道が開通して交通手段が変化したものの、依然として重要な道路として残りました。 現在では、桐ヶ谷坂は人気の観光スポットとなっています。坂道には、江戸時代の石畳が残されており、当時の雰囲気を感じることができます。また、坂の途中には、展望台があり、京都の街並みを見渡すことができます。四季折々の花々が咲き誇り、観光客の目を楽しませてくれます。
地名・ロケ地

「正和坂」の由来と歴史

-「正和坂」の場所と由来- 正和坂は、東京都渋谷区にある坂です。渋谷駅から徒歩約5分の場所にあり、渋谷区と港区の境界に位置しています。坂の名称は、鎌倉幕府第15代将軍である正和天皇に由来しています。正和天皇は、1325年に鎌倉から京都への遷都を命じ、その際にこの坂を通ったと伝えられています。正和坂は、渋谷区と港区の境界に位置しているため、23区の最高地点になっています。坂の頂上からは、渋谷区や港区の街並みを見渡すことができます。 正和坂は、古くから交通の要衝として利用されてきました。江戸時代には、この坂を通って渋谷と赤坂の間を往来する人が多くいました。また、正和坂は、幕末には勤皇派志士が活躍した場所としても知られています。明治時代以降、正和坂は渋谷区と港区を結ぶ重要な道路として整備されました。現在、正和坂は、渋谷区と港区の境界に位置する主要な道路であり、多くの車が行き交っています。 正和坂は、渋谷区と港区の歴史を伝える貴重な坂です。坂の名称は、鎌倉幕府第15代将軍である正和天皇に由来しており、古くから交通の要衝として利用されてきました。また、正和坂は、幕末には勤皇派志士が活躍した場所としても知られています。正和坂は、渋谷区と港区の歴史を伝える貴重な坂であり、多くの観光客が訪れています。
地名・ロケ地

寛永寺坂の歴史と由来

「寛永寺坂の場所と経緯」 寛永寺坂は、東京都文京区にある坂である。文京区千駄木3丁目と根津1丁目にまたがっている。坂の北側は根津、南側は千駄木である。坂の途中には、寛永寺坂上バス停がある。 寛永寺坂は、1625年(寛永2年)に開削された。それまでのこの場所は、谷戸になっており、谷底を流れる小川に沿って道が通っていた。しかし、江戸時代初期に寛永寺が上野に建立されると、その参詣客が増加し、谷戸を通る道では狭隘になった。そこで、谷戸を埋め立てて坂を造ったのである。坂の名は、寛永寺に由来する。 寛永寺坂は、江戸時代には、寛永寺への参詣道として多くの人々が行き来した。また、坂の途中には、茶屋や旅籠が立ち並び、江戸の庶民の憩いの場となっていた。明治時代になると、寛永寺坂は、東京市電の路線となり、さらに、大正時代になると、バス路線となった。現在でも、寛永寺坂は、バス路線となっており、多くのバスが行き来している。 寛永寺坂は、江戸時代から続く歴史のある坂である。また、坂の途中には、寛永寺坂上バス停があり、バス路線となっているため、交通の便もよい。坂の周辺には、寛永寺や根津神社などの観光スポットもあり、多くの観光客が訪れる。
地名・ロケ地

杉並区「三年坂」の歴史と周辺施設

「三年坂」の由来と歴史 「三年坂」は、東京都杉並区和田にある坂。正式名称は「和田三年坂」と言い、長さ約220メートル、幅約4メートル。一説によると、この坂を3年通えば長生きができると言われていることから、「三年坂」という名前がついたと言われています。 また、別説としては、この坂が急勾配のため、上り下りに3年もかかったことから、「三年坂」という名前がついたとも言われています。また、この坂の途中には「三年坂地蔵」という地蔵が祀られており、この地蔵に三年間参拝すると長生きできると言われていることから、「三年坂」という名前がついたとも言われています。 いずれにせよ、「三年坂」という名前は、この坂にまつわる様々な言い伝えからつけられたものと考えられます。
地名・ロケ地

東京・六本木の坂「市三坂」について

市三坂とは? 市三坂とは、東京都港区六本木にある坂の名称である。六本木ヒルズと東京ミッドタウンの間に位置し、六本木通りの都道415号から六本木通りまでの約200メートルの坂である。坂の勾配は緩やかで、歩道が整備されているため、歩きやすい坂である。 市三坂の名前の由来は、江戸時代の豪商である市三に由来している。市三は、この坂の近くに屋敷を構えており、この坂を「市三坂」と呼ぶようになった。市三は、生糸の取引で財を成した人物で、江戸時代には「生糸王」と呼ばれていた。市三は、この坂の近くに屋敷を構えただけでなく、この坂に石段や石垣を寄進した。そのため、この坂は「市三坂」と呼ばれるようになった。 市三坂は、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの高層ビルが立ち並ぶ、六本木のど真ん中にある坂である。そのため、この坂からは六本木を一望することができる。また、この坂には、オシャレなカフェやレストランが立ち並んでいる。そのため、この坂は、デートスポットとしても人気がある。