埼玉県

モノの名前

「武州唐棧」の魅力と伝統

-武州唐棧の歴史と起源- 武州唐棧の歴史は古く、江戸時代初期にまで遡ります。当時は、インドから輸入された木綿布「唐桟」が日本国内で流通しており、武州(現在の埼玉県)では、この唐桟を模して織られた布が生産されるようになりました。これが武州唐棧の始まりです。武州唐棧は、唐桟と同じく、木綿を原料として織られており、丈夫で通気性に優れているのが特徴です。また、唐桟と同様に、カラフルな色使いや繊細な柄が特徴となっています。江戸時代中期には、武州唐棧は、庶民の間で広く普及するようになり、着物や布団カバーなど、様々な用途に使用されていました。明治時代になると、武州唐桟は、海外にも輸出されるようになり、その人気はさらに高まりました。しかし、第二次世界大戦後、化学繊維の台頭によって、武州唐棧の生産量は減少の一途をたどりました。現在では、武州唐棧を織ることができる職人は少なく、貴重な伝統工芸品となっています。
モノの名前

輝竜とは?特徴や魅力

-輝竜の歴史と誕生秘話- 輝竜は、古代のドラゴンの魂が現代に蘇って誕生したと言われています。その誕生秘話は、非常に興味深いものです。 輝竜は、かつてこの世界を支配していた古代のドラゴンの魂が、現代に蘇って誕生したと言われています。そのきっかけとなったのは、ある人間の少女でした。その少女は、古代のドラゴンの魂を宿したペンダントを拾い、それを身に着けたことで、輝竜を誕生させることになりました。輝竜は、少女の心とリンクしており、少女の思い通りに動かすことができます。 輝竜は、誕生以来、少女の忠実なパートナーとして、彼女を危険から守ってきました。輝竜は、その強力な力を使って、少女の敵を倒し、彼女を勝利へと導いてきました。輝竜と少女は、固い絆で結ばれており、お互いにとってかけがえのない存在となっています。 輝竜の誕生秘話は、非常に興味深いものであり、人々を魅了しています。輝竜は、古代のドラゴンの魂が現代に蘇って誕生したという伝説的な存在であり、その姿は多くの人々に憧れられています。
施設名・ロケ地

果樹公園 あしがくぼへようこそ!秩父郡横瀬町の道の駅で自然を満喫しよう

-果樹園での果物狩り- 果樹公園あしがくぼでは、新鮮な果物を自分で摘み取って収穫する果物狩りが楽しめます。果物狩りは、春から秋にかけて、さまざまな果物を狩ることができます。春には、いちご狩りが人気です。真っ赤に熟したいちごを、自分の手で摘み取ることができます。夏には、ブルーベリー狩りや桃狩りが楽しめます。ブルーベリーは、甘酸っぱい味が特徴です。桃は、果肉が柔らかく、ジューシーな味わいです。秋には、梨狩りやりんご狩りが楽しめます。梨は、シャキシャキとした食感が特徴です。りんごは、甘酸っぱい味が特徴です。果物狩りは、新鮮な果物を味わえるだけでなく、自然の中で過ごすことができるので、とてもおすすめです。
施設名・ロケ地

北本水辺プラザ公園の魅力:埼玉・荒川の憩いの場

-概要と沿革- 北本水辺プラザ公園は、埼玉県北本市荒川に位置する都市公園です。1993年に開園し、面積は18.8haです。園内には、芝生広場、花壇、池、噴水、遊具、多目的広場などがあります。また、荒川に沿って遊歩道が整備されており、四季折々の景色を楽しむことができます。 北本水辺プラザ公園は、市民の憩いの場として親しまれています。特に、夏にはプールや水遊び場が開放され、多くの人でにぎわいます。また、公園内では各種イベントが開催されており、いつも地元の人々の楽しみとなっています。 公園の沿革としては、1985年に北本市が荒川沿いに公園を整備する計画を発表しました。その後、1990年に着工し、1993年に開園しました。開園当初は、芝生広場や花壇、池、噴水などがありましたが、その後、遊具や多目的広場が整備されました。また、荒川に沿って遊歩道が整備され、四季折々の景色を楽しむことができるようになりました。
施設名・ロケ地

埼玉県立浦和西高等学校の魅力

埼玉県立浦和西高等学校は、1894年に創立された日本の公立高等学校です。埼玉県で最初に創設された女子高等学校でもあります。浦和西高校は、埼玉県の浦和市(現さいたま市)に位置し、浦和駅から徒歩5分のところにあります。 浦和西高校は、進学・就職ともに実績があり、近年では国公立大学への合格者数が100人を超えています。また、部活動も盛んで、サッカー部や野球部、陸上競技部などが全国大会に出場しています。 浦和西高校の歴史は、1894年にさかのぼります。この年、埼玉県の浦和市に「埼玉県立浦和高等女学校」が創立されました。これが浦和西高校の前身です。 その後、浦和高等女学校は、1948年に「埼玉県立浦和西高等学校」と改称され、男女共学化されました。1950年には、現在地に移転しました。 浦和西高校は、長い歴史と伝統を有する学校です。また、進学・就職ともに実績があり、部活動も盛んです。埼玉県の公立高等学校の中でも、トップクラスの学校の一つです。
施設名・ロケ地

「istα!日進」の魅力を徹底解剖!

「istα!日進」とは? 「istα!日進」は、愛知県日進市にある複合施設です。ショッピングモール、映画館、フィットネスクラブ、図書館など、さまざまな施設が入居しており、日進市に住む人々にとっての人気スポットとなっています。 「istα!日進」は、2006年にオープンしました。総面積は約4万5000平方メートルで、地上5階、地下2階建てとなっています。ショッピングモールには、ファッション、雑貨、食品など、さまざまな店舗が入居しており、映画館には、最新の映画を上映しています。フィットネスクラブには、プールやジム、スタジオなどがあり、図書館には、蔵書約13万冊が収蔵されています。 「istα!日進」は、日進市に住む人々にとって、ショッピング、映画、スポーツ、読書など、さまざまな楽しみ方ができる施設となっています。また、無料のWi-Fiが完備されており、休憩スペースも充実しているので、ゆっくりと過ごすことができます。
施設名・ロケ地

本庄総合公園市民球場とは?

- 施設概要と歴史 本庄総合公園市民球場は、埼玉県本庄市に位置する野球場です。1978年に開場し、本庄市民の憩いの場として親しまれています。収容人数は10,000人で、ナイター設備も備えています。 本庄総合公園市民球場は、本庄市営球場として建設されました。開場当時は、本庄市民のみならず、近隣の市町村から訪れる人も多く、大いに賑わいました。しかし、その後、近隣に新しい野球場が建設されたこともあり、観客数は減少傾向にあります。 それでも、本庄総合公園市民球場は、本庄市唯一の野球場として、市民に愛されています。高校野球や社会人野球の試合が行われるほか、市民による草野球大会なども盛んに行われています。 2018年には、本庄総合公園市民球場が改修されました。スコアボードが電光掲示板に改修され、照明設備もLED化されました。また、観客席も増設され、収容人数は10,000人となりました。 本庄総合公園市民球場は、本庄市の貴重なスポーツ施設です。今後も、市民に愛される野球場であり続けてほしいものです。
地名・ロケ地

春の風物詩!「加須こいのぼりマラソン」を徹底解剖

「加須こいのぼりマラソン」とは? 「加須こいのぼりマラソン」は、埼玉県加須市で開催されるマラソン大会です。1998年に第1回大会が開催されて以来、毎年春に開催されています。大会名は、加須市のシンボルである加須こいのぼりからとられています。 コースは、加須市内の田園地帯を走るフラットなコースです。距離は10km、5km、3kmの3種類あります。参加者は、加須こいのぼりをはじめ、田園風景や春の風物詩を楽しみながら、ランニングを楽しむことができます。 「加須こいのぼりマラソン」は、毎年多くのランナーが参加する人気大会です。2019年の大会には、約5,000人が参加しました。大会当日は、沿道で多くの市民がランナーを応援します。また、大会会場では、各種イベントや模擬店が開催され、多くの人でにぎわいます。
地名・ロケ地

入間納涼花火大会の見どころとアクセス方法

入間納涼花火大会の見どころ 入間納涼花火大会は、埼玉県入間市で開催される、関東屈指の花火大会です。毎年8月の最終土曜日と日曜日に開催され、全国から多くの人が訪れます。 花火大会の見どころは、まず何といってもその規模の大きさです。打ち上げ数は約1万発にもなり、その迫力ある花火が夜空を彩ります。また、花火の種類も豊富で、尺玉やスターマイン、仕掛け花火など、様々な花火を楽しむことができます。 花火大会のもう一つの見どころは、その演出の美しさです。音楽と花火がシンクロした演出や、花火の打ち上げに合わせて行われるプロジェクションマッピングなど、趣向を凝らした演出が花火大会を盛り上げます。 花火大会は、入間市駅から徒歩15分のところにある入間川河川敷で開催されます。会場には屋台が立ち並び、花火大会を楽しみながらグルメも楽しむことができます。 入間納涼花火大会は、夏の一大イベントとして多くの人々に親しまれています。迫力ある花火と美しい演出が楽しめる、入間納涼花火大会にぜひ足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

西武園ゆうえんち花火大会の魅力

全国の花火師によるスターマイン 西武園ゆうえんち花火大会の最大の見どころの一つが、全国の花火師によるスターマインです。毎年、全国各地から選りすぐられた花火師が集結し、それぞれの得意技を披露します。その数はなんと100発以上!夜空に打ち上げられた花火は、まるで満天の星のように美しく輝き、見る人々を魅了します。スターマインは、花火大会のクライマックスともいえるイベントで、毎年多くの観客が楽しみにしています。 全国の花火師によるスターマインは、西武園ゆうえんち花火大会の大きな魅力の一つです。花火師たちの匠の技が光るスターマインは、見る人々を感動させ、忘れられない思い出を作ってくれるでしょう。
モノの名前

「ハッピーこまちゃん」ってどんなキャラクター?

「ハッピーこまちゃんってどんなキャラクター?」 ハッピーこまちゃんは、神戸の人気キャラクター。2002年にデザインされて以来、神戸の観光大使として活躍中です。 「ハッピーこまちゃんのプロフィール」 ハッピーこまちゃんは、神戸の街をイメージしたキャラクターです。ジェンダーレスのキャラクターで、年齢は永遠の7歳。性格は明るく元気で、いつも笑顔を絶やしません。 ハッピーこまちゃんは、神戸の街を飛び回って、観光スポットやグルメ情報を紹介しています。また、イベントなどにも登場して、子供たちと触れ合っています。 ハッピーこまちゃんは、神戸を代表する人気キャラクターです。これからも神戸の観光大使として、神戸の魅力を世界に発信し続けてくれるでしょう。
地名・ロケ地

川越藩の歴史と功績

川越藩の藩祖と歴代藩主 川越藩の藩祖は、徳川家康の異父弟である松平康元です。康元は、天正18年(1590年)に川越を拝領して、川越藩を立藩しました。康元の後は、子の松平康重が藩主を継ぎ、その後は松平氏が10代にわたって藩主を務めました。 川越藩の歴代藩主は、いずれも徳川家康の血を引く名門であり、幕府の中でも重きをなしていました。特に、第2代藩主の松平康重は、大老を務めて幕政を主導し、第4代藩主の松平信綱は、老中を務めて幕政に貢献しました。 川越藩は、徳川幕府の譜代大名であり、幕府の財政や軍事の面で重要な役割を果たしていました。また、川越藩は、江戸と京都を結ぶ中山道の宿場町として栄え、商業や文化の中心地としても発展しました。 川越藩は、明治4年に廃藩置県が行われるまで、約270年間続きました。廃藩置県後は、川越県となり、その後、埼玉県に編入されて現在に至っています。
モノの名前

特集→ 埼玉県所沢市の郷土菓子「ファルマン」

埼玉県所沢市の郷土菓子「ファルマン」は、その名の通り、航空機のファルマン号にちなんで名付けられたお菓子です。 ファルマン号は、1910年にフランス人飛行士、アンリ・ファルマンが最初に日本を訪れた際に搭乗していた飛行機です。ファルマン号は、日本の空を飛んだ最初の飛行機として知られており、大きな話題となりました。 ファルマン号の来日にちなんで、所沢市ではファルマン号をかたどったお菓子を製造販売するようになりました。これが、ファルマンの始まりです。 ファルマンは、小麦粉、砂糖、卵、バター、牛乳などを原料とした焼き菓子です。形は、ファルマン号の機体を模しており、表面には粉砂糖がまぶされています。ファルマンは、その見た目のかわいらしさから、子供たちにも大人気のお菓子です。 ファルマンは、所沢市の郷土菓子として、現在も愛され続けています。所沢市を訪れた際には、ぜひファルマンをお土産に買ってみてください。
施設名・ロケ地

道の駅「おがわまち」ってどんなところ?

道の駅「おがわまち」は、埼玉県比企郡小川町にある道の駅です。秩父・長瀞方面へ向かう国道254号線沿い、小川町の中心部にある道の駅です。 道の駅「おがわまち」は、地元の農産物や特産品を販売する物産館、地元の食材を使った料理を提供するレストラン、小川町の観光情報を提供する観光案内所などがあります。また、広々とした公園、遊歩道、小川町の歴史や文化を展示する資料館などもあります。 道の駅「おがわまち」は、小川町を訪れる観光客に人気のスポットです。小川町の歴史や文化を学ぶことができ、地元の農産物や特産品を購入することができます。また、広々とした公園や遊歩道では、散歩やジョギングを楽しむこともできます。
モノの名前

北本トマトカレーの魅力

北本トマトカレーの誕生 北本トマトカレーは、埼玉県北本市で誕生したご当地カレーです。北本市は、トマトの生産量日本一を誇るトマトの産地です。そんな北本市で、2006年に開催された「北本トマトフェスタ」で、ご当地カレーを作るというアイデアが生まれました。 市内の飲食店や農家が協力して、トマトをふんだんに使ったカレーを開発。これが、北本トマトカレーの始まりです。その後、北本トマトカレーは、北本市内の飲食店で提供されるようになりました。今では、北本市の特産品として、全国的にも知られるようになっています。 北本トマトカレーの特徴は、なんといってもトマトの甘みと酸味を活かした濃厚な味わいです。トマトのほかにも、豚肉や玉ねぎ、にんじん、セロリなどの野菜がたっぷり入っています。また、スパイスも効いていて、ピリっと辛いのが特徴です。 北本トマトカレーは、ごはんにかけて食べるだけでなく、パンに挟んだり、パスタにかけたりと、アレンジも自由自在です。北本市を訪れた際には、ぜひ北本トマトカレーを味わってみてください。
その他

ニャオざねってどんな猫?

ニャオざねの活動内容は、主に保護猫の里親探しと、猫の保護活動です。保護猫の里親探しは、飼育放棄や虐待などにより行き場を失った猫を保護し、新しい飼い主を探す活動です。ニャオざねでは、保護猫の健康状態や性格などを詳しく審査した上で、里親候補者とマッチングさせています。また、猫の保護活動は、路上や公園など、保護猫の目撃情報があった場所に出向き、猫を保護する活動です。ニャオざねでは、保護猫を安全な場所に移動し、健康状態や性格などを詳しく審査した上で、新しい飼い主を探す活動を行っています。
モノの名前

船渡張子とは?その魅力と歴史

船渡張子は、青森県弘前市船渡に伝わる郷土玩具です。起源は定かではありませんが、江戸時代から作られていたとされています。弘前市の伝統工芸品として指定されており、その素朴な風合いと愛嬌のある表情が人気です。 船渡張りは、和紙を竹や木などで作った芯に巻き付け、それを漆喰で固めて作られます。その後、絵の具で彩色し、最後にニスを塗って仕上げます。伝統的な船渡張子は、だるまや招き猫、獅子、ふくろうなどの縁起物が多いのが特徴です。近年では、動物や花、果物など、さまざまなモチーフの船渡張子も作られるようになりました。 船渡張子は、地元の工芸店や土産物店で購入することができます。また、弘前ねぷたまつりや弘前城菊と紅葉まつりなどのイベントの際には、船渡張子の露店が並びます。弘前市を訪れた際には、ぜひ船渡張子をお土産に購入してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「長瀞オートキャンプ場」ファミリーで楽しむキャンプ場

-長瀞オートキャンプ場の魅力- ・大自然を感じられるロケーション 長瀞オートキャンプ場は、埼玉県の長瀞町にあるキャンプ場です。周囲には豊かな自然が広がり、キャンプをしながらハイキングや川遊びなどのアクティビティを楽しむことができます。 ・充実した施設 長瀞オートキャンプ場は、キャンプサイトやログキャビン、バンガローなど様々な宿泊施設が充実しています。また、炊事場やシャワー、トイレなどの設備も整っているので、初心者でも安心してキャンプを楽しむことができます。 ・ファミリーに優しい 長瀞オートキャンプ場は、ファミリーに優しいキャンプ場です。子供用の遊具があるほか、キャンプファイヤーや星空観察などのイベントも定期的に開催されています。また、近隣には長瀞ライン下りや宝登山ロープウェイなどの観光スポットがあるので、キャンプと合わせて楽しむことができます。 ・手ぶらキャンプも可能 長瀞オートキャンプ場では、手ぶらキャンプも可能です。レンタルテントや寝袋などのキャンプ用品を一式借りることができるので、キャンプ初心者でも気軽にキャンプを楽しむことができます。 ・リーズナブルな料金 長瀞オートキャンプ場の料金は、他のキャンプ場と比べてリーズナブルです。キャンプサイトは1泊1,000円から、ログキャビンは1泊3,000円から利用することができます。
施設名・ロケ地

小江戸川越ハーフマラソンとは?魅力や見どころ

-大会概要- 小江戸川越ハーフマラソンは、埼玉県川越市で開催されるハーフマラソン大会です。2013年に第1回大会が開催され、毎年11月の第2日曜日に開催されています。コースは、川越市街地を巡るフラットなコースで、初心者から上級者まで幅広く楽しめる大会です。大会の定員は10,000人で、毎年多くの人が参加しています。 大会には、ハーフマラソンの部と10キロの部の2つの部門があり、ハーフマラソンの部では、男子と女子のそれぞれに総合優勝、年代別優勝、川越市民優勝の表彰が行われます。10キロの部では、男女総合優勝と年代別優勝の表彰が行われます。 大会には、川越市をはじめ、県内外から多くのボランティアが参加し、大会の運営をサポートしています。また、大会当日は、沿道で多くの市民がランナーを応援しており、アットホームな雰囲気の中で大会が開催されています。 小江戸川越ハーフマラソンは、川越市の秋の風物詩として定着しており、毎年多くの人々が参加しています。大会の詳細は、大会事務局のホームページでご確認ください。
モノの名前

九重 – 宮城の郷土銘菓

-九重の歴史と由来- 九重は、宮城県仙台市発祥の郷土銘菓です。その歴史は古く、江戸時代初期の1641年に仙台藩の藩祖、伊達政宗が京都から菓子職人である西方寺を招聘したことから始まります。西方寺は、仙台藩の御用菓子司として召し抱えられ、数々の銘菓を生み出しました。その中でも、九重は伊達政宗のお気に入りのお菓子として知られています。 九重という名前の由来は、伊達政宗の九重の御所にあやかって名付けられたと言われています。また、「重なる」という縁起の良い言葉から、多くの人に愛されるお菓子になるようにとの願いが込められているとも言われています。
地名・ロケ地

丸神の滝の自然美と魅力

-丸神の滝の壮大な眺め- 丸神の滝は、その絶景で有名です。落差約30メートル、幅約10メートルの滝は、豪快に流れ落ち、滝壺に降り注いでいます。滝の周辺は木々に囲まれており、緑のカーテンの中に滝が流れ落ちる様子は、まるで絵画のようです。また、滝壺の周りは岩場になっており、そこからは滝の飛沫を浴びることができます。夏には、滝壺で水遊びをする人も多く、賑わいをみせています。 丸神の滝は、四季折々で異なる表情を見せてくれます。春には、滝の周りに桜が咲き誇り、ピンク色に染まります。夏には、滝壺で水遊びをする人が多く、賑わいをみせます。秋には、滝の周りの木々が紅葉し、錦秋の美しさを見ることができます。冬には、滝が凍りつき、氷のカーテンのように見えることもあります。 丸神の滝は、自然の美しさを感じることができるスポットです。滝の壮大な眺めは、見る人を圧倒するでしょう。ぜひ一度、丸神の滝を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

小野家住宅の建築的特徴と歴史的価値

小野家住宅は18世紀初めに建てられたと推定されており、現存する木造民家のなかで最も古いとされる貴重な建物です。その建築的特徴は、17世紀後半から18世紀前半にかけて流行した、いわゆる「数寄屋造り」にあります。数寄屋造りは、茶の湯の文化の影響を受けており、趣のある意匠が特徴です。小野家住宅では、数寄屋造りの典型的な特徴である「書院造り」と「茶室造り」が融合した造りがみられます。書院造りは、書斎や客間など、格式の高い部屋に用いられる造りで、床の間や違棚、長押などが設けられています。茶室造りは、茶の湯の儀式を行うための部屋に用いられる造りで、躙口や床の間、障子などが設けられています。小野家住宅では、これら2つの造りが巧みに融合されており、数寄屋造りの粋を尽くした建物となっています。
地名・ロケ地

彩の国ふれあい牧場がある「庄和(そうわ)」とは?

「庄和」の由来と歴史 「庄和」という地名は、室町時代の応永17年(1410年)に、足立郡内における下河辺庄と南河辺庄が統合されて成立した「河辺庄」に由来しています。その後、「河辺庄」は「河和庄」と表記されるようになり、さらに、江戸時代の初期に「庄和」と表記されるようになりました。 「庄和」は、古くから農業が盛んな地域で、江戸時代には、川越藩領と忍藩領に分かれていました。明治維新後、「庄和」は、埼玉県に編入され、明治22年(1889年)に、河辺郡庄和村として発足しました。その後、昭和29年(1954年)に、河辺郡日勝村と合併して、河辺郡庄和町となり、平成17年(2005年)に、北葛飾郡大利根町、南埼玉郡川里町、北葛飾郡栗橋町と合併して、久喜市となりました。 「庄和」は、現在、久喜市の北西部に位置しており、面積は約26平方キロメートル、人口は約35,000人です。この地域は、農業が盛んで、水稲や小麦、大豆などが栽培されています。また、「庄和」には、彩の国ふれあい牧場や、庄和総合公園などの観光スポットがあります。
施設名・ロケ地

伊佐沼公園の魅力と楽しみ方

伊佐沼公園の歴史と概要 伊佐沼公園は、福島県伊佐沼村にある都市公園です。面積は約15ヘクタールで、園内には伊佐沼、展望台、遊歩道、広場などがあります。伊佐沼は、面積約10ヘクタール、周囲約2キロメートルの沼で、湖畔には約300本の桜が植えられており、「伊佐沼桜まつり」として親しまれています。また、伊佐沼公園の展望台からは、伊佐沼や周辺の山々を一望することができます。遊歩道は、伊佐沼の周りを巡るコースと、周辺の山々を巡るコースの2つがあり、四季折々の景色を楽しむことができます。広場は、イベントやレクリエーションを楽しむことができる空間として開放されています。