大分県

施設名・ロケ地

ゆ~坊(別府競輪場マスコットキャラクター)のすべて

ゆ~坊のプロフィールと誕生秘話 ゆ~坊は、別府競輪場のマスコットキャラクターです。2007年11月11日に誕生し、以来、別府競輪場のPRやイベントに出演するなど、活躍しています。名前の由来は、別府温泉と競輪の「輪」を合わせて「ゆ~坊」となりました。 ゆ~坊は、別府温泉の湯けむりをイメージした白い体に、競輪選手のユニフォームをまとった姿をしています。頭には別府競輪場のシンボルである赤いヘルメットをかぶり、いつも笑顔で元気いっぱいです。 ゆ~坊が誕生したきっかけは、別府競輪場のイメージアップを図るためでした。別府競輪場は、日本の競輪発祥の地であり、歴史と伝統のある競輪場ですが、近年は観客動員数が減少傾向にありました。そこで、別府競輪場をより多くの人に知ってもらうために、マスコットキャラクターを作ろうという話が持ち上がりました。 ゆ~坊の誕生秘話は、別府競輪場の職員が中心となって進められました。職員たちは、ゆ~坊のデザインや性格、設定などを検討し、何度も話し合いを重ねました。そして、ようやく2007年11月11日に、ゆ~坊が誕生しました。 ゆ~坊は、誕生以来、別府競輪場のPRやイベントに出演するなど、活躍しています。また、グッズ販売も行われており、ぬいぐるみやキーホルダー、クリアファイルなど、さまざまな商品が販売されています。ゆ~坊は、別府競輪場のマスコットキャラクターとして、これからも活躍していくことでしょう。
作品名

「風のハルカ」あらすじと魅力

「風のハルカ」は、大森寿美男による日本の少女漫画作品です。1973年から1975年まで『りぼん』(集英社)に連載され、単行本は全3巻。1994年にはOVA化された。 物語は、中学1年生の少女・ハルカが、不思議な力を持った風を操り、様々な事件を解決していくというものです。ハルカは、ある日、母方の祖母である森崎志乃が亡くなったという知らせを受けて、九州の離島・五島列島にある祖母の家に引っ越すことになります。そこで、ハルカは、森に住む不思議な少年・リュウと出会います。リュウは、ハルカに自分が風の精霊であることを明かし、ハルカに風の力を授けます。 ハルカは、風の力を使って、五島列島で起こる様々な事件を解決していきます。また、ハルカは、リュウとの出会いを通じて、人間と自然との共生について学んでいきます。
施設名・ロケ地

観海寺温泉の魅力を徹底解説!

観海寺温泉の歴史と泉質 観海寺温泉は、奈良県宇陀郡御杖村にある温泉です。開湯は1300年以上前とされ、古くから湯治場として利用されてきました。この温泉は、奈良県内唯一の天然ラジウム温泉として知られており、その泉質は美肌効果や疲労回復効果が高いとされています。 観海寺温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉で、pH値は8.5です。無色透明で、ほのかに硫黄の香りがします。湯温は42~45℃で、適温のため、長時間入浴することが可能です。また、この温泉には、ラジウム、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれており、美肌効果や疲労回復効果、神経痛やリウマチなどの慢性疾患の緩和に効果があるとされています。
地名・ロケ地

湯布院映画祭の魅力と楽しみ方

湯布院映画祭の歴史と特徴 湯布院映画祭の歴史は、1994年に始まります。大分県の湯布院町で、地元の有志たちが「映画を通じて人々と地域を元気づけたい」という思いから立ち上げました。当初は、地元の映画ファンや映画関係者を中心とした小さなイベントでしたが、年々規模を拡大し、今では国内外から多くの映画ファンが訪れる一大映画祭となっています。 湯布院映画祭の特徴は、映画上映だけでなく、ワークショップやシンポジウム、トークショーなど、映画にまつわるさまざまなイベントが開催されることです。また、湯布院の美しい自然の中で映画を楽しめるということも魅力のひとつです。映画祭期間中は、湯布院の町全体が映画一色となり、映画ファンや映画関係者たちが集まって交流を深めます。 湯布院映画祭は、地域活性化にも貢献しています。映画祭期間中は、湯布院の宿泊施設や飲食店が賑わい、地元の経済が潤います。また、映画祭を通じて湯布院の魅力が全国に発信され、観光客誘致にもつながっています。
地名・ロケ地

日本の絶景!大分県白山川の魅力

清流白山川の魅力と名水百選に選ばれた理由とは? 大分県白山川は、その水質の美しさから「日本の絶景」と呼ばれるほど人気の観光スポットです。この川は、祖母山を源流とし、下流で大野川に合流しています。全長は約130kmで、川幅は狭く、深い渓谷を流れています。 白山川の魅力は、何と言ってもその水質の美しさです。川の水はとても澄んでいて、水底まで透き通っています。また、この川は流れが速く、水が激しく流れているため、とても迫力があります。 白山川は、1985年に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」に選ばれています。名水百選とは、水質が優れていて、かつ景観が優れた河川や湖沼、地下水などを選定したものです。白山川は、その水質の美しさに加え、その景観の素晴らしさから名水百選に選ばれました。 白山川は、その水質の美しさから、多くの観光客が訪れる人気スポットです。この川では、ラフティングやカヌーなどのアクティビティが楽しめます。また、この川沿いをハイキングしたり、キャンプをしたりするのもおすすめです。
モノの名前

佐賀関の銘菓「関さば最中」の魅力

関さば最中は、大分県佐賀関町で作られている銘菓です。佐賀関は、関さばの漁獲量日本一を誇る町です。関さばは、脂がのっていて身が締まっているのが特徴で、お刺身や塩焼き、煮付けなど、さまざまな料理に適しています。 関さば最中は、そんな関さばをモチーフにしたお菓子です。最中の皮は、パリパリとした食感で、中には関さばの甘露煮が入っています。関さばの甘露煮は、関さばを薄味で煮付けたもので、関さばの旨みがギュッと詰まっています。 関さば最中は、佐賀関町のお土産としても人気の一品です。佐賀関町を訪れた際には、ぜひ関さば最中をお土産に買って帰ってみてください。
未分類

「シャーロット」騒動を振り返る

「非難の声の要因」 「シャーロット」騒動で、多くの非難の声が上がった。その要因の一つは、教材の内容が不適切だとされたことである。教材には、一部の生徒にとって不快感を与えるような内容、例えば差別的な表現や性的な内容が含まれていた。また、教材の内容が年齢にふさわしくないという指摘もあった。 非難の声が上がったもう一つの要因は、教材の採択プロセスが不透明だったことである。教材は、関係者の間で十分な議論や検討が行われずに採択された。そのため、教材の内容が不適切であることが事前に把握できなかったという批判があった。 さらに、非難の声が上がったのは、学校や教育委員会の対応が不十分だったことである。教材の内容に問題があることが指摘されたにもかかわらず、学校や教育委員会は対応が遅れ、教材の使用を停止しなかった。そのため、生徒や保護者から不信感を持たれることとなった。
モノの名前

豊の国 – 香り高く深い味わいの麦焼酎

豊の国の特徴と魅力 豊の国は、九州地方にある麦焼酎の産地です。麦焼酎は、米を原料とする日本酒とは異なり、大麦を原料とする蒸留酒です。麦焼酎は、豊の国以外にも全国各地で生産されていますが、豊の国は麦焼酎の三大産地の一つであり、その特徴と魅力は他の産地とは一線を画しています。 豊の国の麦焼酎の特徴の一つは、その香りです。豊の国で生産される麦焼酎は、フルーティーで華やかな香りを持ち、その香りはまるで香水のような美しさを持っています。また、豊の国の麦焼酎は、その味わいが深いことも特徴です。豊の国の麦焼酎は、米を原料とする日本酒とは異なり、大麦を原料としているため、その味わいは甘みがあり、コクがあります。また、豊の国の麦焼酎は、その製造過程が厳格に管理されており、その品質は非常に高いことで知られています。 豊の国の麦焼酎の魅力は、その飲みやすさにあります。豊の国の麦焼酎は、その香りの良さ、味わいの深さ、そして品質の高さから、ストレートで飲んでも美味しく、ロックや水割りにしても美味しく飲むことができます。また、豊の国の麦焼酎は、そのアルコール度数が低いため、女性にも飲みやすいとされています。
施設名・ロケ地

久住山荘南登山口キャンプ場:大分県竹田市の自然を満喫

久住山荘南登山口キャンプ場の魅力 久住山荘南登山口キャンプ場は、大分県竹田市にあるキャンプ場です。久住連山の南麓に位置し、標高は約800mです。自然豊かな立地で、キャンプや登山、ハイキングを楽しむことができます。 キャンプ場の敷地は約6,000坪で、テントサイトが約30区画あります。テントサイトには、水道とコンセントが備えられています。また、炊事場やトイレ、シャワー室などの設備も充実しています。 キャンプ場周辺には、久住連山や阿蘇山など、雄大な景色が広がっています。また、キャンプ場からすぐに登山道が始まっており、初心者でも気軽に登山を楽しむことができます。 久住山荘南登山口キャンプ場は、自然を満喫できるキャンプ場として人気があります。特に、久住連山を望むキャンプサイトは、絶景スポットとして知られています。また、キャンプ場周辺には、温泉や観光スポットも多く、キャンプを楽しみながら観光することもできます。
地名・ロケ地

竹田湧水群で発見!天然の恵みを楽しむ旅

竹田湧水群は、大分県竹田市に位置する湧水の群生地です。その数はなんと300以上にもなり、毎分約50トンの水が湧き出ています。その豊かな水資源は、古くから地域の生活を支え、現在でも多くの田畑を潤しています。また、竹田湧水群は、美しい自然美でも知られています。湧き出る水が作り出す清流には、さまざまな水生生物が生息しており、周辺には緑豊かな森林が広がっています。竹田湧水群は、まさに自然の恵みそのものであり、多くの人に愛されています。 竹田湧水群を訪れるなら、ぜひ竹田湧水の郷を訪れてみてください。竹田湧水の郷は、竹田湧水群の源流である涌蓋山(わいたさん)の山麓に位置する公園です。公園内には、湧き出る水が作り出す清流が流れており、その周辺には緑豊かな森林が広がっています。また、竹田湧水の郷では、竹田湧水を使ったそば打ち体験や、湧き水で育った野菜を使った料理が味わえるレストランもあります。竹田湧水群を訪れたら、ぜひ竹田湧水の郷で、豊かな水資源と自然美を満喫してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

徹底解説!大分県大分市の「KCS大分情報専門学校」

-KCS大分情報専門学校の学科やコースを徹底解説!- KCS大分情報専門学校は、大分県大分市にある私立専修学校です。情報科学分野の専門教育に特化しており、情報処理と経営情報システムの2学科と、情報システムコース、情報ビジネスコースの2コースを設置しています。 情報処理学科では、プログラミングやネットワーク、データベースなど、情報システムの基礎を学びます。経営情報システム学科では、経営学やマーケティング、会計学などの経営に関する知識と、情報システムの知識を融合させた教育が行われています。 情報システムコースでは、情報システムの開発や管理に関する実践的なスキルを習得します。情報ビジネスコースでは、情報技術を活用したビジネスの企画や運営に関する知識とスキルを習得します。 KCS大分情報専門学校の学科やコースは、いずれも社会のニーズに合ったカリキュラムが組まれており、卒業後は就職に強い専門学校として知られています。
モノの名前

豊後国日田発! 安心院蔵 麦焼酎の魅力

大分銘醸株式会社は、明治2年(1869年)に大分県日田市で創業した老舗の焼酎メーカーです。創業者の安心院蔵は、もともと酒造業を営んでいましたが、明治維新後に焼酎の製造に転向しました。 安心院蔵が焼酎造りに転向した理由は、当時の日田が交通の要衝であり、酒造業に適した水と米が豊富に手に入ったからです。また、日田は古くから焼き物の産地でもあり、安心院蔵は焼き物の甕を利用して焼酎を貯蔵していました。 安心院蔵が製造した焼酎は、まろやかで飲みやすい味わいで、地元の人々から親しまれていました。また、安心院蔵は焼酎の製造技術を積極的に研究しており、明治10年(1877年)には、日本初の蒸留器を導入しました。 蒸留器の導入により、安心院蔵の焼酎はさらに品質が向上し、全国各地に出荷されるようになりました。大正時代には、安心院蔵の焼酎は「豊後麦焼酎」として全国的に知られるようになりました。 昭和20年(1945年)、日田は空襲を受け、安心院蔵の蔵も焼失してしまいました。しかし、安心院蔵は焼酎造りを諦めず、戦後すぐに焼酎の製造を再開しました。 戦後は、安心院蔵の焼酎は再び全国各地に出荷されるようになりました。昭和30年(1955年)には、安心院蔵が製造した焼酎が、全国清酒品評会で優等賞を受賞しました。 昭和40年(1965年)、安心院蔵は株式会社に改組され、大分銘醸株式会社となりました。大分銘醸株式会社は、現在でも麦焼酎の製造を続けており、豊後麦焼酎の代表的な銘柄である「安心院蔵」は、全国各地で愛飲されています。
モノの名前

「さいコロがし」って?大分発の和菓子✕アートのコラボ

大分県立美術館OPAMの開館記念に企画されたお菓子 大分県立美術館OPAMは、2022年3月に大分市にオープンした、大分県初の県立美術館です。大分県ゆかりの芸術作品を幅広く収集・展示し、県民に芸術の楽しさや素晴らしさを伝えることを目指しています。 OPAMの開館を記念して、大分県内の和菓子店8店舗が、美術館の所蔵作品をモチーフにした和菓子を制作しました。この企画は「さいコロがし」と名付けられ、参加者がサイコロを振って出た目によって、どの和菓子を食べるかを決定するというものです。 「さいコロがし」に参加した和菓子店は、以下のような老舗店が揃っています。 ・杵屋 八鹿 ・川野菓子舗 ・有限会社 福屋 ・清閑院 別府店 ・豊後製菓 ・浪花屋製菓 ・西中洲 川嶋 ・わかば菓子舗 各店が制作した和菓子は、いずれも大分県の特産品や郷土の味覚をふんだんに使用した、見た目も味も楽しめるものばかりです。例えば、杵屋 八鹿の「B-Speak(ビースピーク)」は、大分県産の小麦粉と牛乳を使用したどら焼きに、県産のイチゴやブルーベリーを使用した餡を挟んだ、見た目も華やかなお菓子です。また、川野菓子舗の「OPAMロール」は、大分県産の米粉を使用したロールケーキに、県産の抹茶や柚子を使用した餡を巻いた、しっとりとした和洋折衷のお菓子です。
モノの名前

大分合同新聞について

大分合同新聞の歴史 大分合同新聞の前身は、1878年(明治11年)に創刊された「大分日報」である。大分日報は、大分県初の新聞として創刊され、県民に広く読まれた。その後、1887年(明治20年)に「大分新報」が創刊され、大分日報と競合するようになる。 1905年(明治38年)、大分日報と大分新報が合併して「大分合同新聞」が誕生した。大分合同新聞は、県内唯一の新聞として、県民に広く読まれた。その後、1942年(昭和17年)に新聞統制令が施行され、大分合同新聞を含む全国の新聞が統合され、「九州新聞」が創刊された。 九州新聞は、1945年(昭和20年)に終戦を迎えて解散し、大分合同新聞は再び独立した。その後、大分合同新聞は県内唯一の新聞として、県民に広く読まれた。1990年(平成2年)には、大分合同新聞の系列会社として「大分放送」が開局し、県内唯一の民放テレビ局となった。 大分合同新聞は、県内唯一の新聞として、県民に広く読まれている。また、大分放送を通じて、県民に情報を発信している。大分合同新聞は、県民の生活に欠かせないメディアである。
地名・ロケ地

日出港について

日出港の歴史と由来 日出港は、大分県日出町にある港湾で、古くから貿易港として栄えてきました。その歴史は、平安時代まで遡り、豊後国日出郡の三隈郡司であった大友能直が、日出港を拠点として貿易を行っていたという記録が残っています。鎌倉時代には、日出港は豊後国の主要な貿易港となり、九州各地や中国、朝鮮半島との交易が行われていました。 室町時代には、日出港は九州の有力な貿易港としてさらに発展し、日明貿易の拠点となりました。日明貿易は、中国の明王朝と日本の室町幕府との間で行われた貿易であり、日出港は、明から輸入される生糸や陶磁器、日本から輸出される銀や銅の積み下ろしが行われる重要な港湾でした。 戦国時代になると、日出港は豊後国の戦国大名である大友氏の支配下に置かれました。大友氏は、日出港を拠点として九州各地を支配し、日明貿易によって莫大な富を蓄えました。しかし、豊臣秀吉の九州平定によって大友氏は滅亡し、日出港もその支配下に入りました。 江戸時代になると、日出港は幕府の直轄地となり、日明貿易は禁止されました。そのため、日出港の貿易は衰退しましたが、それでもなお、九州各地との交易が行われていました。明治維新後は、日出港は再び開港され、貿易港として発展しました。日出港には、現在でも多くの貿易船が寄港しており、九州各地や中国、韓国との交易が行われています。
地名・ロケ地

柞原八幡宮の「浜の市」の歴史と魅力

柞原八幡宮の「浜の市」は、古くから続く伝統的な市です。その起源は、約1,000年前の平安時代に遡ります。この頃、柞原八幡宮は、漁業や海上交通の守護神として広く信仰を集めていました。そのため、八幡宮の門前町には、多くの商人が集まり、市が立つようになりました。これが、「浜の市」の始まりです。 その後、「浜の市」は、時代とともに発展していき、江戸時代には、全国的に有名な大市となりました。市では、魚介類、農産物、日用品など、さまざまなものが売られ、多くの人でにぎわいました。また、「浜の市」は、文化交流の場としても重要な役割を果たしました。市には、各地から商人が集まり、情報や文化を交換しました。 明治時代以降、「浜の市」は、一時衰退しましたが、昭和時代に入ってから、再び復活しました。現在では、「浜の市」は、毎年7月15日と16日に開催される、柞原八幡宮の夏祭り「祇園祭」の期間中に開かれています。市では、約100軒の露店が立ち並び、さまざまなものが売られています。「浜の市」は、地元の人々や観光客に親しまれ、柞原八幡宮の夏の風物詩となっています。
施設名・ロケ地

大分県立中津北高等学校について徹底解説!

大分県立中津北高等学校の歴史 大分県立中津北高等学校は、1921年に中津町立実科高等女学校として創立された。その後、1948年に大分県立中津北高等学校と改称され、現在に至る。学校は、大分県中津市にあり、普通科と商業科の2つの学科を設置している。 中津北高等学校は、長年にわたり、地元の生徒に質の高い教育を提供してきた。学校は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、生徒の成長をサポートする教育方針を掲げている。また、学校は、地域との連携を重視しており、地域社会に貢献できる人材の育成を目指している。 中津北高等学校は、進学実績も優秀である。学校の卒業生は、毎年、全国の有名大学に進学している。また、学校は、生徒の就職支援にも力を入れており、生徒の就職率も高い。
地名・ロケ地

豊かな水量を誇る龍泉寺の滝の魅力

龍泉寺の滝の歴史と由来 龍泉寺の滝は、静岡県伊東市にある滝で、落差は20メートル、幅は5メートル。龍泉寺の境内にあることから、この名が付けられ、仏教の聖地として信仰を集めています。滝の水は、龍泉寺の裏山の湧き水から流れ出ており、その水量は豊富で、一年中枯れることがありません。 龍泉寺の滝の由来については、諸説あります。一説によると、この滝は、平安時代の僧侶、行基によって開かれたとされています。行基は、この滝の水を修行に用い、滝の近くに龍泉寺を建立したと伝えられています。また、もう一つの説によると、この滝は、鎌倉時代の武将、源義経が、平家打倒の際に立ち寄った場所であり、義経が滝の水を飲んだことで、その戦に勝利したとされています。 龍泉寺の滝は、その美しい景観と、仏教の聖地としての信仰を集め、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。滝の近くには、龍泉寺の本堂があり、本堂の中には、行基が修業したとされる洞窟があります。また、滝の周辺には、遊歩道が整備されており、滝を間近に見ることができます。
施設名・ロケ地

「三日月滝温泉キャンプ場」の魅力

玖珠川の畔に位置するキャンプ場 「三日月滝温泉キャンプ場」は、大分県玖珠郡玖珠町にあるキャンプ場です。玖珠川の畔に位置しており、雄大な自然を満喫できるロケーションが魅力です。キャンプサイトは、オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガローなど、さまざまなタイプが用意されています。また、温泉施設やバーベキュー場、釣り堀などのレジャー施設も充実しています。 キャンプ場の中心には、玖珠川の水を引き込んだ人工の川が流れており、夏には水遊びを楽しむことができます。また、キャンプ場の周辺には、三日月滝や青の洞門などの観光スポットがあり、キャンプと観光を一緒に楽しむことができます。 「三日月滝温泉キャンプ場」は、自然を満喫できるキャンプ場として、多くのキャンパーに人気があります。特に、夏には、川遊びやキャンプファイヤーなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。また、温泉施設やバーベキュー場などのレジャー施設も充実しており、ファミリーキャンプにもおすすめです。
施設名・ロケ地

臼杵港の魅力と歴史

臼杵港の歴史と沿革 臼杵港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていたと言われています。鎌倉時代には、臼杵荘の領主である臼杵氏が港を整備し、貿易や漁業で栄えました。室町時代には、臼杵氏は豊後国守護に任命され、臼杵港は九州北部の重要な港として発展しました。 戦国時代になると、臼杵氏は島津氏と争い、臼杵城は落城してしまいました。しかし、臼杵港は依然として重要な港として機能し続け、江戸時代には、参勤交代や物資の輸送で利用されました。 明治維新後は、臼杵港は近代化され、汽船や貨物船が寄港するようになりました。昭和初期には、臼杵港は国家指定の重要港湾に指定され、さらに整備が進められました。 第二次世界大戦後は、臼杵港は戦災で大きな被害を受けましたが、復興後は再び重要な港として機能するようになりました。現在、臼杵港は、大分県北部を代表する港として、物資の輸送や観光客の受け入れなどで活躍しています。
施設名・ロケ地

北川ダムの詳細と役割

北川ダムの基本情報 北川ダムは、兵庫県神崎郡市川町にある多目的ダムです。高さ105.5m、堤頂長379mで、総貯水容量は1億m³です。1958年に着工し、1970年に完成しました。 北川ダムの目的は、洪水調節、かんがい、発電の3つです。洪水調節では、北川上流域の水を貯留することで、下流域の洪水を防いでいます。かんがいでは、北川下流域の農地に水を供給しています。発電では、ダムの水を利用して水力発電を行っています。 北川ダムは、兵庫県にとって重要なダムです。洪水調節、かんがい、発電の3つの目的を果たし、県民の生活に貢献しています。
モノの名前

「泰明」は、大分県藤居醸造合資会社が製造する麦焼酎です。

大分県藤居醸造合資会社が製造する麦焼酎「泰明」は、大分県日田市で製造されています。日田市は、九州山地の北部に位置する大分県の南部に位置し、北は福岡県、東は熊本県、南は宮崎県、西は長崎県と接しています。日田市は、山々に囲まれた盆地であり、清流筑後川が流れています。日田市の気候は、亜熱帯性気候であり、温暖な気候で降水量は多く、年間平均気温は15℃です。日田市は、古くから酒造りが盛んな地域であり、江戸時代には30軒以上の酒蔵があったと言われています。現在でも、日田市には10軒ほどの酒蔵があり、「泰明」を製造している藤居醸造合資会社もそのうちの1軒です。藤居醸造合資会社は、1887年に創業した老舗の酒蔵であり、「泰明」は、藤居醸造合資会社を代表する銘柄です。「泰明」は、厳選された大分県産の二条大麦と、日田市の名水である筑後川の水を使用して製造されています。また、藤居醸造合資会社では、伝統的な製法を守りながら、「泰明」を製造しています。そのため、「泰明」は、麦の旨味と甘みが感じられる、芳醇な味わいの焼酎に仕上がっています。
モノの名前

「大分1号」の特徴と美味しい食べ方

「大分1号」は、大分県で生まれ育った柑橘類です。清見オレンジとポンカンを交配させて生まれた品種で、2003年に登録されました。見た目は扁平で、オレンジ色の果皮が特徴です。果肉はジューシーで、甘みと酸味のバランスが良いのが特徴です。また、種が少ないのも嬉しいポイントです。 「大分1号」は、そのまま食べる以外にも、さまざまな料理に使うことができます。例えば、サラダやデザートに加えたり、ピールにしてお菓子を作ったりすることもできます。また、果汁を搾ってジュースにしたり、お酒に混ぜてカクテルにするのもおすすめです。 「大分1号」は、ビタミンCが豊富に含まれているので、風邪予防や疲労回復にも効果的です。また、カリウムや食物繊維も含まれているので、健康維持にも役立ちます。 大分県では、温暖な気候と豊かな土壌のおかげで、さまざまな柑橘類が栽培されています。「大分1号」もその一つで、大分県を代表する柑橘類として親しまれています。ぜひ、機会があれば「大分1号」を食べてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

「かしわ汁」大分郷土料理を味わおう

かしわ汁の歴史と由来 かしわ汁は、大分県の郷土料理であり、県内各地で親しまれています。その歴史は古く、平安時代にはすでに食べられていたとされています。かしわ汁は、鶏肉、ごぼう、にんじん、こんにゃくなどをだし汁で煮込んだ料理で、シンプルな味付けながら、鶏肉の旨味と野菜の甘みが調和した、滋味深い味わいが特徴です。 かしわ汁の由来については、いくつかの説があります。一説によると、平安時代末期に大分を訪れた源義経が、地元の人々が食べさせてくれたかしわ汁を気に入り、そのレシピを京都に持ち帰ったのが始まりだと言われています。また、別の説によると、かしわ汁は、戦国時代に大分に攻め入った豊臣秀吉が、兵士たちに鶏肉や野菜をだし汁で煮込んだ料理を振る舞ったのが始まりだと言われています。 いずれにせよ、かしわ汁は、大分県で古くから親しまれてきた郷土料理であり、現在でも県内各地で食べられています。大分を訪れた際には、ぜひかしわ汁を味わってみてはいかがでしょうか。