大川

地名・ロケ地

湯野上温泉の魅力

福島県南会津郡下郷町の温泉 福島県南会津郡下郷町には、湯野上温泉という温泉地があります。湯野上温泉は、日本百名湯に選定されており、その泉質の良さで知られています。湯野上温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効果があるとされています。また、湯野上温泉には、露天風呂や貸切風呂など、様々な温泉施設があります。湯野上温泉は、豊かな自然に囲まれた温泉地で、季節ごとに様々な景色を楽しむことができます。春には、桜の花が咲き乱れ、夏には、緑の木々が茂り、秋には、紅葉が色づき、冬には、雪景色が広がります。湯野上温泉は、温泉を楽しみながら、自然を満喫できる温泉地です。
施設名・ロケ地

大川・中之島の橋梁群の歴史と魅力

大川・中之島の橋梁群とは、大阪府大阪市を流れる大川と中之島を結ぶ数多くの橋梁の総称である。大川は、淀川の下流に位置する一級河川で、大阪市の中心部を貫流している。中之島は、大川の分流である堂島川と土佐堀川によって形成された中洲で、大阪市の中心部に位置する。大川・中之島の橋梁群は、大川と中之島を結ぶために架けられたもので、その数は大小合わせて20橋にも及ぶ。橋梁群は、その歴史的価値や景観的価値から、大阪市の観光スポットのひとつとなっている。
施設名・ロケ地

堂々たる姿の天満橋:時代を超えた大川を架ける橋

天満橋の歴史と歩み江戸から令和までの架け橋 天満橋は、大阪市北区と中央区を結ぶ大川に架かる橋です。江戸時代には、天満と京橋を結ぶ船着場として栄え、明治時代には、木造の橋が架けられました。その後、大正時代には、鉄製の橋に架け替えられ、昭和時代には、現在のコンクリート製の橋になりました。天満橋は、大阪の発展とともに歩んできた歴史ある橋であり、大阪のランドマークのひとつでもあります。 天満橋は、全長211.7メートル、幅22.7メートル、高さ11.5メートルのコンクリート製の橋です。橋の両端には、ライオンの像が設置されており、このライオンの像は、天満橋のシンボルとなっています。天満橋は、大阪市内を東西に走る御堂筋の一部であり、大阪の主要な交通路のひとつです。また、天満橋は、大阪城や京橋などの大阪の観光スポットにも近く、多くの観光客が訪れます。 天満橋は、大阪の発展とともに歩んできた歴史ある橋であり、大阪のランドマークのひとつです。天満橋は、大阪市内を東西に走る御堂筋の一部であり、大阪の主要な交通路のひとつです。また、天満橋は、大阪城や京橋などの大阪の観光スポットにも近く、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

天神橋(大阪)の歴史とロマン

- 天神橋の誕生と由来 天神橋は、大阪市北区と都島区を結ぶ淀川の橋である。橋の東詰は天神橋筋六丁目商店街、西詰は天神橋西詰交差点である。天神橋は、古くから淀川を渡る重要な橋として知られており、多くの歴史的な出来事の舞台となっている。 天神橋の誕生は、平安時代末期にまで遡る。当時、この地には「天神の森」と呼ばれる森があり、その中に「天神社」が祀られていた。天神社は、菅原道真を祀る神社で、学問の神様として信仰されていた。この天神社に参拝するため、人々は淀川を渡る必要があった。そこで、天神の森の近くに橋を架けることになった。これが、天神橋の誕生である。 天神橋は、当初は木製の橋であったが、その後、石製の橋に架け替えられた。そして、明治時代には、鉄製の橋に架け替えられた。現在の天神橋は、昭和5年に完成したもので、コンクリート製の橋である。 天神橋は、古くから淀川を渡る重要な橋として知られており、多くの歴史的な出来事の舞台となっている。例えば、1570年には、織田信長が天神橋を渡って淀川を渡り、石山本願寺を攻撃した。また、1615年には、徳川家康が天神橋を渡って淀川を渡り、大坂夏の陣を指揮した。 天神橋は、大阪の歴史とロマンを象徴する橋である。天神橋を渡ると、大阪の歴史を感じることができる。
施設名・ロケ地

アクアライナーについて知ろう!大阪水上バスの魅力

アクアライナーとは? 大阪水上バス「アクアライナー」は、大阪市のウォーターフロントを巡る水上バスです。大阪城や海遊館、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの観光スポットを結んでおり、大阪の街並みを川から眺めることができる人気の観光スポットとなっています。 アクアライナーは、2005年に運行を開始した比較的新しい水上バスですが、すでに大阪の観光スポットとして定着しています。特に、大阪城や海遊館などの観光スポットを巡る「周遊コース」が人気で、多くの観光客が利用しています。 アクアライナーの運賃は、大人400円、子供200円です。周遊コースの所要時間は約60分で、途中5つの停留所があります。 アクアライナーは、大阪の街並みを川から眺めることができる貴重な観光資源です。大阪を訪れた際には、ぜひアクアライナーに乗車してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

桜宮橋、大阪のランドマーク

桜宮橋は、大阪府大阪市中央区の高麗橋と大阪市北区の中之島を結ぶ堂島川に架かる橋であり、大阪のランドマークとして知られている。日本最大級のアーチ橋であり、その優美な姿は多くの人々を魅了している。 桜宮橋は、1922年に完成した。設計者は、日本の近代土木工学の父とも呼ばれる内田祥三である。内田は、橋の美しさにこだわり、アーチ橋を採用した。アーチ橋は、橋脚を必要とせず、大きな空間を跨ぐことができるため、景観を損なうことがない。また、アーチ橋は地震に強いという特徴もある。 桜宮橋は、全長271.2m、幅22mである。アーチ部のスパンは85mで、これは日本最大級である。橋の景観を損なわないように、橋脚は川の中に隠されており、アーチ橋の優美な姿を際立たせている。 桜宮橋は、大阪を代表する橋であり、多くの観光客が訪れる。橋の上からは、堂島川や中之島を眺めることができ、大阪の街並みを一望することができる。また、桜宮橋は、大阪マラソンのコースにもなっている。