大理石

モノの名前

ズベボロイヤルについて – イタリアの名石

ズベボロイヤルとは ズベボロイヤルとは、イタリア・トスカーナ地方で産出される高級な天然石材です。その希少性と美しさから、世界中の建築家やデザイナーに愛されています。ズベボロイヤルの特徴は、淡いベージュを基調とした柔らかな色合いと、繊細な花柄模様です。また、非常に硬質で耐久性が高いため、長年にわたってその美しさを保つことができます。ズベボロイヤルは、主に内装材として使用され、床や壁、階段などに用いられます。また、その希少性から、ジュエリーや工芸品にも使用されています。 ズベボロイヤルの歴史 ズベボロイヤルの歴史は古く、古代ローマ時代から採掘されていました。当時は、神殿や宮殿の建設に使用され、その美しさと耐久性が人々に称賛されていました。その後、中世になってからは、教会や修道院の建設にも使用されるようになり、その名声はヨーロッパ中に広まりました。ルネサンス期には、フィレンツェの芸術家たちによってこぞって使用され、その美しい作品が世界中に知れ渡ることとなりました。 ズベボロイヤルの特徴 ズベボロイヤルの特徴は、何といってもその希少性と美しさにあります。まず、ズベボロイヤルは、イタリア・トスカーナ地方でしか産出されないという希少な石材です。そのため、他の石材に比べて価格が高く、入手が難しいという特徴があります。また、ズベボロイヤルは、淡いベージュを基調とした柔らかな色合いと、繊細な花柄模様が特徴です。この美しい模様は、長年にわたってその美しさを保つことができます。さらに、ズベボロイヤルは、非常に硬質で耐久性が高いため、長期間にわたってその美しさを保つことができます。 ズベボロイヤルの用途 ズベボロイヤルは、主に内装材として使用され、床や壁、階段などに用いられます。また、その希少性から、ジュエリーや工芸品にも使用されています。内装材として使用される場合、ズベボロイヤルは、その美しい模様と柔らかな色合いによって、高級感とエレガントさを演出することができます。また、ジュエリーや工芸品として使用される場合、ズベボロイヤルの希少性と美しさによって、特別な価値を創造することができます。
モノの名前

桑尾とは?特徴や産地・使用例を紹介

-桑尾の特徴と魅力- 桑尾は、広島県南部に位置する世羅町産のブランド梨です。果肉が緻密で硬く、甘みが強く、果汁が豊富なのが特徴です。また、日持ちが良く、保存性に優れているため、贈答用にも最適です。 桑尾の果肉は、白く緻密で、硬いのが特徴です。そのため、食べるとシャキシャキとした食感が楽しめます。また、甘みが強く、果汁が豊富なので、口の中でとろけるような感覚が味わえます。 桑尾のもう一つの特徴は、日持ちが良く、保存性に優れていることです。冷蔵庫で保存すれば、1か月程度は日持ちします。また、常温でも保存可能で、日持ちは2週間ほどです。 桑尾は、生で食べるのが最も一般的ですが、加熱調理しても美味しく食べることができます。煮物や焼き物、揚げ物など、さまざまな料理に使用できます。また、ジャムやゼリーなどの加工食品にも利用されています。 桑尾は、その特徴と魅力から、多くの人々に愛されているブランド梨です。広島県を訪れた際には、ぜひ桑尾を味わってみてください。
モノの名前

「ベセルホワイト」の特徴と用途

ベセルホワイトとは ベセルホワイトは、インドのベセル植物から抽出される天然のホワイトニング成分です。ベセル植物は、インドや東南アジアで古くから親しまれてきた植物で、その葉には美白効果があることが知られています。ベセルホワイトは、このベセル植物の葉から抽出されたエキスを精製して作られた成分です。ベセルホワイトには、メラニンの生成を抑制する働きがあり、シミやそばかすを防ぐ効果があります。また、ベセルホワイトは、抗酸化作用も高く、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。
モノの名前

石材「紅更紗」の美と魅力

-紅更紗とはどのような石材か- 紅更紗は、その独特の鮮やかな赤色と、複雑な模様で知られる石材です。紅更紗という名前は、インドネシアの伝統的な更紗織物である「紅更紗」に由来しています。紅更紗石は、インドネシアのスマトラ島やカリマンタン島で見ることができます。また、インドや中国でも産出されています。紅更紗石は、主に大理石や花崗岩などの変成岩から構成されており、その赤色は、鉄分の含有量によって決まります。紅更紗石は、その美しさから、建築材料や彫刻材料として人気があります。また、近年では、宝石としても注目を集めています。
モノの名前

ネロクラウンの魅力と活用方法

ネロクラウンとは、現代日本のダークカオス組織によって開発された、画期的な知的拡張デバイスです。あらゆる種類の情報を高次元で処理し、瞬時に意思決定を支援する能力を備えています。ネロクラウンは、その強力な処理能力と、AIによる学習機能により、ビジネス、医療、科学、工学など、様々な分野で活躍しています。ネロクラウンを活用することで、企業は生産性の向上やコスト削減を実現でき、研究機関は新薬の開発や新素材の発見を加速することができます。ネロクラウンは、人間の能力の限界を超えた世界を実現する、夢のデバイスなのです。
モノの名前

「ブレッチアオニシアータ」とは?その魅力と活用方法を紹介

「ブレッチアオニシアータ」の特徴と魅力 「ブレッチアオニシアータ」は、そのユニークな模様と鮮やかな色で人気の観葉植物です。葉には、黒、緑、白、ピンク、紫など様々な色が混ざり合い、まるで水彩画のような美しい模様を形成しています。また、葉は厚手でつやがあり、丈夫で育てやすいことも魅力のひとつです。 「ブレッチアオニシアータ」は、原産地である南米の熱帯雨林では、木の下や岩の間などの日陰に生息しています。そのため、半日陰や日陰でもよく育ち、耐陰性に優れています。室内の明るい窓辺や、屋外の日陰になる場所に置いてもよく育ちます。 「ブレッチアオニシアータ」は、観葉植物としてだけでなく、切り花としても人気があります。そのユニークな模様と鮮やかな色は、花束やアレンジメントに華やかさを添えてくれます。また、ドライフラワーにしても美しく、長く楽しむことができます。 「ブレッチアオニシアータ」は、その特徴的な模様と鮮やかな色で、観葉植物としてだけでなく、切り花としても人気のある植物です。耐陰性にも優れているため、室内の明るい窓辺や、屋外の日陰になる場所に置いてもよく育ちます。
モノの名前

コンブランシャンとは?フランス産大理石の特徴と用途

コンブランシャンの特徴 コンブランシャンは、フランスのブルターニュ地方で産出される大理石の一種です。ベージュ系の色調で、その美しさから、古くから建築や彫刻に使用されてきました。コンブランシャンは、石灰岩の一種であり、主に炭酸カルシウムで構成されています。 コンブランシャンの特徴は、その淡いベージュ系の色調です。この色調は、石材に含まれる鉄分などの不純物の含有量によって決まります。コンブランシャンは、鉄分の含有量が比較的少ないため、淡いベージュ系の色調となっています。 また、コンブランシャンは、比較的硬い石材です。そのため、彫刻や建築など、加工がしやすい石材として知られています。コンブランシャンは、古くからヨーロッパで建築や彫刻に使用されてきました。例えば、パリのノートルダム大聖堂やルーブル美術館にも、コンブランシャンが使用されています。
モノの名前

マーベラスクリーム~オリジナルのアイスを味わえるアイスクリームチェーン店~

マーベラスクリームとは?~アイスクリームチェーン店のパイオニア的存在~ マーベラスクリームは、1950年代に設立されたアイスクリームチェーン店で、アイスクリームチェーン店のパイオニア的存在として知られています。創業者のジョン・マーベラス氏は、アイスクリームをより多くの人に楽しんでもらうために、低価格で高品質のアイスクリームを提供するアイスクリームチェーン店を設立しました。マーベラスクリームのアイスクリームは、新鮮な牛乳と卵を使用して作られており、その滑らかさとクリーミーさが特徴です。また、マーベラスクリームは、さまざまなフレーバーのアイスクリームを提供しており、その数は100種類以上にもなります。マーベラスクリームは、その美味しさから多くの人々に愛されており、アメリカ全土に店舗を展開しています。
モノの名前

ブランコドマールの基礎知識

ブランコドマールの特性と特徴 ブランコドマールは、その希少性と耐久性で知られる宝石です。モース硬度は9で、ダイヤモンドに次いで硬い鉱物として知られています。また、その屈折率は1.73で、ダイヤモンドに次いで高い屈折率を誇ります。そのため、光が当たると非常に強く輝きます。 ブランコドマールの色は、無色透明から淡い黄色までさまざまです。透明感があり、インクルージョン(内包物)が少ないのが特徴です。また、二方向性劈開を持っており、一定の方向に沿って割れやすい性質があります。 ブランコドマールは、主に南アフリカ共和国、タンザニア、スリランカで産出されます。産出量は非常に少なく、希少価値が高い宝石です。そのため、価格も高価で、1カラットあたり数千万円から数億円するものもあります。 ブランコドマールの最大の用途は、ジュエリーです。その希少性と耐久性、そして美しい輝きから、高級ジュエリーに使用されます。また、その硬さから、工業用にも使用されます。たとえば、切削工具や研磨剤として使用されます。
モノの名前

ネグロマルキーナの魅力

-ネグロマルキーナの魅力- -ネグロマルキーナの歴史と特徴- ネグロマルキーナは、イタリア南部プーリア州原産の黒ブドウ品種です。その名前は、イタリア語で「黒い大理石」を意味する「ネグロ・マルモ」に由来しています。ネグロマルキーナは、19世紀初頭にプーリア州で初めて栽培されたと考えられており、すぐにその濃厚な色調と独特の風味で人気となりました。今日、ネグロマルキーナは、イタリアで最も人気のある黒ブドウ品種のひとつであり、様々な赤ワインに使用されています。 ネグロマルキーナは、中型のブドウで、濃い紫色をしています。果皮は厚く、果肉は多汁で、タンニンが豊富です。ネグロマルキーナは、様々な土壌で栽培することができますが、石灰質土壌を好みます。また、温暖な気候を好むため、イタリア南部でよく栽培されています。 ネグロマルキーナから作られるワインは、濃厚な色調と、ブラックベリーやプルーンのような果実味、スパイスの風味が特徴です。また、タンニンが豊富であるため、長期熟成にも適しています。ネグロマルキーナは、単一品種のワインとして、または他の品種とブレンドして使用されます。 ネグロマルキーナは、イタリアで最も人気のある黒ブドウ品種のひとつであり、様々な赤ワインに使用されています。その濃厚な色調と、ブラックベリーやプルーンのような果実味、スパイスの風味が特徴です。また、タンニンが豊富であるため、長期熟成にも適しています。
モノの名前

ノルウェージャンローズとは?特徴と活用例

ノルウェージャンローズの特徴 ノルウェージャンローズは、その名の通りノルウェー原産のバラです。バラとしては珍しい、ツル性の木立バラで、大きな房状の花序に、直径5~8cm程度の小さな花をたくさん咲かせます。花色は、白、ピンク、赤、オレンジなど、バラの品種の中でも特に豊富です。 ノルウェージャンローズの魅力は、何といってもその花の美しさにあります。房状の花序に咲く小さな花は、まるで雪のように清楚で可愛らしい雰囲気です。また、ノルウェージャンローズは非常に強健な品種で、病気や害虫に強く、初心者でも簡単に育てることができます。そのため、ガーデニング初心者にもおすすめのバラです。
モノの名前

「ベルデイッソニェ」の魅力と歴史

ベルデイッソニェの特徴 ベルデイッソニェは、その独特な外観と性格で知られる、美しい熱帯魚です。鮮やかな緑色のボディに、青や紫の輝きが特徴で、熱帯魚の愛好家たちから高い人気を誇っています。また、ベルデイッソニェは非常に好奇心旺盛な性格で、アクアリウムの中で活発に動き回ります。その愛らしい姿は、見ている人を癒してくれるでしょう。 ベルデイッソニェは、南米の熱帯地域に生息する魚で、アマゾン川やオリノコ川などの大河川に分布しています。肉食性で、主に小さな魚や甲殻類を捕食しています。飼育環境では、人工飼料や冷凍餌を与えれば問題ありません。 ベルデイッソニェは、比較的丈夫な魚ですが、水質や環境の変化に敏感な面もあります。飼育する際には、水質を安定させ、快適な環境を維持することが大切です。また、ベルデイッソニェは、群れで生活する習性があります。そのため、飼育する際には、最低でも5匹以上の個体で飼育することが望ましいです。
モノの名前

ドラマホワイトとは?その特徴と魅力

ドラマホワイトの特徴 ドラマホワイトとは、脚本家や監督が自由な発想で制作することができるドラマのことです。そのため、既存のドラマの枠にとらわれず、新しい試みが行われることが多いのが特徴です。例えば、一話完結のオムニバス形式のドラマや、ドキュメンタリータッチのドラマ、アニメーションを交えたドラマなど、さまざまなタイプのドラマが制作されています。 ドラマホワイトのもう一つの特徴は、若手俳優や女優の登竜門となっていることです。ドラマホワイトは、既存のドラマよりも制作費が少ないため、新人俳優や女優を起用しやすいというメリットがあります。また、ドラマホワイトは自由な発想で制作されることが多いので、新人俳優や女優が演技力を発揮しやすいというメリットもあります。そのため、ドラマホワイトをきっかけに、数多くの若手俳優や女優がブレイクを果たしています。
モノの名前

テレサロサタ:希少で美しいフィリピン産の大理石

# テレサロサタとは テレサロサタはフィリピン産の大理石の一種です。その希少性と美しさで知られており、高価な石材として利用されています。色は緑、青、黄色、ピンクなどさまざまで、大きなむらが特徴です。 テレサロサタは、フィリピン北部のルソン島にあるテレサという町で採掘されています。山の斜面にある鉱山から採掘されており、テレサの住民の多くは採掘業に従事しています。 テレサロサタは、教会や公共施設、高級住宅などの建設に使用されています。その美しさで知られており、装飾用にもよく使われます。テレサロサタで作られたタイルやカウンターは、高級感と重厚感があり、人気があります。
モノの名前

シェルベージュの魅力と活用方法

シェルベージュの歴史と特徴 シェルベージュという色は、その名の通り、貝殻からインスパイアされた柔らかく温かみのあるベージュの色調です。自然界に多く見られる色であるため、人々に親しみやすく、落ち着きのある印象を与えます。 シェルベージュの歴史は古く、古代ギリシャやローマの時代から使われていたと言われています。また、18世紀のフランスでは、マリー・アントワネットがシェルベージュを好んで使用したことから、貴族の間で流行しました。 シェルベージュは、その柔らかく温かみのある色調から、インテリアやファッションなど、様々な分野で使用されています。インテリアでは、壁や床、家具などに使用すると、落ち着いた雰囲気を演出することができます。また、ファッションでは、アウターやトップス、ボトムスなど、様々なアイテムにシェルベージュを取り入れることができます。 シェルベージュは、どんな色とも合わせやすい万能カラーです。白や黒などのベーシックカラーと合わせると、より落ち着いた印象になります。また、ブルーやグリーンなどの寒色系と合わせると、爽やかな印象になります。ピンクやオレンジなどの暖色系と合わせると、温かみのある印象になります。 シェルベージュは、その柔らかく温かみのある色調から、多くの人に愛される色です。インテリアやファッションなど、様々な分野で使用されているので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

ラングドックとは?

-ラングドックの産地- ラングドックは、フランス南部の地中海に面した地方である。広大な面積を誇り、様々な気候や土壌を有しているため、多種多様なブドウ品種が栽培されている。主要なブドウ品種には、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、グルナッシュ、カルignan(カリニャン)などがある。 ラングドックの産地は大きく分けて3つある。地中海沿岸部に位置する「コート・デュ・ラングドック」、内陸部の「オー・ラングドック」、そしてピレネー山脈のふもとにある「ルーション」である。 コート・デュ・ラングドックは、地中海の影響を強く受けた温暖な気候である。そのため、果実味豊かで柔らかな味わいのワインが生産される。代表的な産地は、モンペリエやナルボンヌなどである。 オー・ラングドックは、コート・デュ・ラングドックよりも内陸部に位置するため、気候はやや涼しい。そのため、酸味のある軽やかな味わいのワインが生産される。代表的な産地は、カルカソンヌやトゥールーズなどである。 ルーションは、ピレネー山脈のふもとにあるため、気候は冷涼で乾燥している。そのため、力強くスパイシーな味わいのワインが生産される。代表的な産地は、ペルピニャンやコリウールなどである。 ラングドックのワインは、その豊かな味わいとリーズナブルな価格から世界中で人気を集めている。特に、ロゼワインは、そのフレッシュな果実味と爽やかな酸味が特徴で、夏の暑い日によく飲まれている。
モノの名前

伊佐白の魅力を徹底解説!

「伊佐白とは?」 伊佐白とは、鹿児島県伊佐郡伊佐町で栽培されているサツマイモの一種です。その名は、伊佐郡伊佐町の「伊佐」と、サツマイモの別名である「白芋」に由来しています。伊佐白は、皮が薄く、果肉は白色で、甘味が強く、しっとりとした食感が特徴です。また、栄養価が高く、ビタミンCやビタミンE、カリウムなどが豊富に含まれています。 伊佐白は、江戸時代末期に、薩摩藩の農民である伊佐白氏が、中国から持ち帰ったサツマイモを改良して誕生したと言われています。その後、伊佐白は、鹿児島県内を中心に栽培されるようになり、現在では、鹿児島県の特産品として知られています。 伊佐白は、その甘味と食感が特徴で、焼き芋や天ぷら、煮物など、さまざまな料理に使用されます。また、伊佐白を使ったスイーツや加工品なども販売されており、地元の人々はもちろん、観光客にも人気があります。
モノの名前

イエローオニックスとは?特徴や用途を解説

イエローオニックスの特徴 イエローオニックスは、その名の通り、黄色のオニックスです。オニックスは瑪瑙(メノウ)の一種で、縞模様が特徴的な宝石です。イエローオニックスは、その鮮やかな黄色が特徴的で、他のオニックスとは一線を画しています。 イエローオニックスは、主にメキシコで産出されます。メキシコでは、イエローオニックスの採掘が盛んに行われており、世界各地に輸出されています。イエローオニックスは、その希少性から、高価な宝石として取引されています。 イエローオニックスは、その美しさから、ジュエリーに使用されることが多いです。イエローオニックスのジュエリーは、その鮮やかな黄色が目を引きます。また、イエローオニックスは、その硬度が高いため、ジュエリーに使用しても傷がつきにくいという特徴があります。 イエローオニックスは、ジュエリー以外にも、工芸品に使用されることもあります。イエローオニックスの工芸品は、その独特の風合いが特徴です。また、イエローオニックスは、そのパワーストーンとしての効果が注目されており、お守りとして身につける人もいます。
モノの名前

「コスミックグレー」石材の特徴と魅力

-コスミックグレーの採石地と産地- コスミックグレーは、インドのラジャスタン州ジャロル県で産出される石材です。ジャロル県は、インド北西部に位置する県で、広大な砂漠が広がる地域です。コスミックグレーの採石場は、ジャロル県の北東部に位置するサンガルワール村にあります。サンガルワール村は、小さな村ですが、コスミックグレーの採石場があることで知られています。 コスミックグレーは、インドで採掘される石材の中でも、特に高品質な石材として知られています。コスミックグレーは、硬度が高く、摩耗に強い石材です。また、コスミックグレーは、吸水率が低いため、汚れがつきにくく、メンテナンスが容易です。 コスミックグレーは、その美しい外観と優れた性能から、世界中の建築家やデザイナーから人気を集めています。コスミックグレーは、ホテルやオフィスビル、商業施設など、さまざまな建築物に使用されています。また、コスミックグレーは、墓石やモニュメントなどにも使用されています。
モノの名前

クリスタリーナとは? 希少なギリシャ産の大理石

クリスタリーナの特徴 クリスタリーナの特徴は、半透明なその名の通りクリスタルのようなその美しさにあります。希少な大理石の中でも最高級品とされており、ギリシャで採掘されています。クリスタリーナは、透明感があり、さまざまな色合いで見られます。白、淡いピンク、淡い青、淡い緑などがあります。また、クリスタリーナは非常に硬く、加工が難しいです。そのため、クリスタリーナで作られた彫刻や建築物は、とても貴重で価値があります。 クリスタリーナの美しさは、その透明感にあります。光が透けることで、まるでクリスタルのように輝きます。また、クリスタリーナは非常に硬く、加工が難しいという特徴があります。そのため、クリスタリーナで作られた彫刻や建築物は、とても貴重で価値があります。クリスタリーナは、ギリシャの首都アテネにあるアクロポリスなどの古代遺跡にも使われています。また、ローマのコロッセオやバチカンのサン・ピエトロ大聖堂など、世界中の有名な建築物にも使われています。
モノの名前

マロントラバーチンを探究する

マロントラバーチンの歴史と起源 マロントラバーチンは、北米のオニグルミ属の樹皮から採取される天然化合物です。1856年に初めて単離され、それ以来、様々な用途のために使用されてきました。マロントラバーチンは現在、食品添加物、化粧品、医薬品として使用されています。 マロントラバーチンの歴史は、古くから薬草として使用されていたことから始まります。アメリカ先住民は、マロントラバーチンを下痢、腹痛、発熱の治療に使用していました。ヨーロッパ人は、マロントラバーチンをマラリア、結核、梅毒の治療に使用していました。 19世紀後半、マロントラバーチンは食品添加物として使用され始めました。マロントラバーチンは、清涼飲料水、キャンディー、ガムなどの甘味料として使用されました。また、マロントラバーチンは、食品の色を改善するために使用されました。 20世紀初頭、マロントラバーチンは化粧品として使用され始めました。マロントラバーチンは、顔料として使用されたり、肌を滑らかにする効果があるとして使用されました。また、マロントラバーチンは、日焼け止めとして使用されました。 20世紀後半、マロントラバーチンは医薬品として使用され始めました。マロントラバーチンは、下痢、腹痛、発熱の治療に使用されました。また、マロントラバーチンは、マラリア、結核、梅毒の治療に使用されました。 現在、マロントラバーチンは、食品添加物、化粧品、医薬品として使用されています。マロントラバーチンは、安全に使用できる天然化合物であり、様々な用途に使用されています。
モノの名前

阿南市産出の大理石「新淡雪」の美しさと魅力

-新淡雪の採石場と産地の特徴- 新淡雪は阿南市の西部にある新野町で採掘されている大理石です。新野町は、阿南市の北西部に位置する人口約1万人の町です。町の中央部を流れる新野川が町を南北に二分しており、新淡雪は新野川の支流である淡雪川の上流で採掘されています。 新淡雪の採石場は、淡雪川の最上流部に位置しています。採石場は、標高約400mの山の斜面にあり、急勾配の地形になっています。採石場には、新淡雪を採掘するための採掘機械が設置されており、採掘された新淡雪は、トラックで運搬されていきます。 新淡雪の産地の特徴は、その美しさにあります。新淡雪は、淡い白色をしており、その表面には繊細な模様が施されています。また、新淡雪は非常に硬質で、摩耗や傷に強いという特徴を持っています。 新淡雪は、その美しさと硬質さから、建築材や彫刻材として古くから利用されてきました。現在でも、新淡雪は、阿南市内の公共施設や民間の建物に使用されています。また、新淡雪で作られた彫刻作品は、阿南市内の美術館や公園などに展示されています。
モノの名前

霞(石材)とは?魅力と活用法

-霞の魅力- 霞石は、その美しい模様と色合いが特徴の石材です。模様は、霞のように広がる雲のような模様や、山々の稜線のような模様など、さまざまです。色は、淡いピンク色や青色、緑色など、様々です。霞石は、その美しさから、古くから建築や装飾に使用されてきました。霞石を使用した有名な建築物には、京都の清水寺や、奈良の東大寺などがあります。霞石は、その美しさだけでなく、耐久性や耐火性に優れているという特徴もあります。そのため、外壁や床材など、さまざまな用途に使用することができます。また、霞石は、磁器やタイルの原料としても使用されています。霞石は、その美しい模様と色合い、そして耐久性や耐火性に優れているという特徴から、さまざまな用途で使用されている石材です。
モノの名前

タソスホワイト:ギリシャの純白な大理石

タソスホワイトとは? タソスホワイトは、ギリシャ北部のタソス島で採掘される白い大理石です。その純粋な白色度と耐久性で知られ、古代ギリシャ時代から彫刻や建築に使用されてきました。パルテノン神殿やアクロポリスで使われた大理石としても有名です。その純粋な白色は、彫刻の細部を繊細に表現することを可能にし、建築物には荘厳な美しさを与えます。 タソスホワイトの採掘は、紀元前6世紀にさかのぼります。古代ギリシャ人は、彫刻や建築に使われる大理石をタソス島から調達していました。中世には、タソスホワイトはヨーロッパ各地に輸出され、多くの教会や宮殿の建設に使用されました。ルネサンス期には、タソスホワイトはさらに人気が高まり、彫刻や建築に使用されました。そして現代でも、タソスホワイトは世界中で人気が高く、彫刻や建築、インテリアデザインなど幅広く使用されています。