天狗

モノの名前

天狗礫の謎を追う

天狗礫とは何か 天狗礫とは、空から降ってきたとされる石のことです。天狗が投げた石、または天狗そのものだともいわれ、神秘的な存在として古くから語り継がれてきました。 天狗礫は、様々な形状をしています。丸いもの、平らなもの、尖ったものなど、形は様々です。また、大きさも様々で、小さなものから大きなものまであります。 天狗礫の成分は、主にシリカやアルミナです。これは、地球上の岩石の多くと同じ成分です。しかし、天狗礫の中には、地球上には存在しない元素が含まれているものもあります。これは、天狗礫が宇宙から来たものであることを示唆しています。 天狗礫は、世界各地で発見されています。日本、中国、ヨーロッパ、アメリカなど、様々な地域で天狗礫が報告されています。天狗礫は、山岳地帯や森林地帯で発見されることが多いです。
施設名・ロケ地

天狗の魅力と特徴を徹底解説!

天狗のコンセプトと特徴 天狗は日本の神話や民間伝承に登場する超自然的な存在です。彼らは山伏と同じように山を拠点としており、人間に山に関するさまざまな知識を授けてくれると言われています。また、天狗は空を飛ぶことができ、山から里まで一瞬で移動することができるため、人々からは神のような存在として崇められています。 天狗の特徴として、まず挙げられるのはその長い鼻です。天狗の鼻は通常の人間の鼻よりもはるかに長く、曲がっています。この長い鼻は、天狗が山を駆け抜けるときに障害物を避けるために役立っていると考えられています。また、天狗は赤い顔と長い爪も特徴的です。赤い顔は、天狗が怒っているときの色であると言われています。一方、長い爪は、天狗が岩や木に登るときに使っているとされています。 天狗は、人間に害を及ぼすこともあると言われています。例えば、天狗は人間を山にさらったり、山で迷わせたりすることがあります。また、天狗は人間の食べ物を盗んだり、人間の家にいたずらしたりすることもあります。しかし、天狗は人間に恩恵をもたらすこともあると言われています。例えば、天狗は人間に山での安全を祈ったり、人間に山の恵みを与えたりすることがあります。 天狗は、日本の文化の中で重要な存在です。彼らは、山と人間の関係を象徴する存在であり、人々に山への畏敬の念を抱かせる存在です。また、天狗は、人々に自然の大切さを教える存在でもあります。
その他

「アマメハギ」と民俗行事

石川県の「能登のアマメハギ」 石川県には、「能登のアマメハギ」という伝統的な民俗行事があります。この行事は、毎年旧正月の時期に行われ、悪霊を払い、豊作や無病息災を願うものです。 「能登のアマメハギ」は、アマメハギと呼ばれる鬼のような姿をした人々が、家々を訪問し、家の中を清めたり、子供たちを驚かせたりするものです。アマメハギは、ワラや布などで作られた衣装を着て、顔には恐ろしいお面をつけ、腰には太鼓を下げています。 アマメハギは、家々を訪問すると、まず家の周りを歩き回り、悪霊を祓います。その後、家の中に入り、家の中を清めたり、子供たちを驚かせたりします。子供たちは、アマメハギを怖がって逃げ回りますが、アマメハギは子供たちを捕まえて、お面を外したり、太鼓を叩いたりして、子供たちを笑わせます。 「能登のアマメハギ」は、石川県の伝統的な民俗行事として、大切に受け継がれてきました。この行事は、悪霊を払い、豊作や無病息災を願うもので、人々の生活に密着したものとなっています。
その他

「川天狗」とは?関東に伝わる妖怪の正体とは

川天狗とは、関東地方に伝わる妖怪の一種です。川に住むとされ、頭は猿、体は鳥の姿をしています。その姿は非常に恐ろしく、鋭いくちばしで人間を襲うと言われています。また、川天狗は人を川に引きずり込んで溺れさせることもあると伝えられています。 川天狗の正体は、河童の一種であるという説が有力です。河童は、日本の各地に伝わる妖怪で、頭が皿状で、体はカエルに似ています。河童は、川に住み、人を襲うとされていますが、川天狗とは異なり、人を川に引きずり込んで溺れさせることはしません。 もう一つの説は、川天狗は山の神様の眷属であるというものです。山の神様は、山の神として崇められていますが、その眷属である川天狗は、山に住む人々を守護する存在であると言われています。しかし、川天狗は人を襲うこともあるとされ、山に住む人々からは恐れられています。
施設名・ロケ地

豊橋神明社の鬼祭:平安時代から続く伝統芸能

豊橋神明社の鬼祭は、平安時代から続く伝統芸能であり、愛知県豊橋市神明町の神明社で毎年2月11日に行われます。この祭りのハイライトは、赤鬼と天狗のからかいです。赤鬼は、頭には角があり、顔は真っ赤で、大きな牙が生えています。手には金棒を持ち、腰には虎の皮のふんどしを巻いています。天狗は、頭に烏帽子をかぶり、顔は長く、鼻は高く、口は大きく裂けています。手に団扇を持ち、足にはわらじを履いています。 赤鬼と天狗は、神明社の境内で出会うと、互いにからかい合います。赤鬼は、天狗に向かって「天狗どの、久しぶりだな。元気か?」と声をかけ、天狗は「赤鬼どの、元気でやってるよ。お前はどうだ?」と答えます。赤鬼は、「俺はな、最近ちょっと太り過ぎちゃってさ。ダイエットしなきゃいけないんだよ」と言うと、天狗は「赤鬼どの、ダイエットなんて気にしなくていいよ。お前は、そのままでいいんだよ」と励まします。 赤鬼と天狗は、しばらくの間、からかい合いを続けた後、仲良く神明社を後にします。この赤鬼と天狗のからかいは、五穀豊穣や厄除けを祈願するもので、豊橋市民に親しまれています。
施設名・ロケ地

天狗とは?魅力やメニューをご紹介

天狗の魅力とは? 天狗は、日本では昔からよく知られる伝説上の生き物です。一般的に、天狗は長い鼻と大きな翼を持つとされ、山や森に住んでいると考えられています。天狗は、様々な姿で描かれることがありますが、共通しているのは、その長い鼻と大きな翼です。天狗は、強力な力を持つとされ、時には人間に悪さをしたり、時には人間を助けることもあります。 天狗が人間に悪さをするときは、その長くて鋭い鼻を使って人間を突き刺したり、その大きな翼を使って人間を空中に放り上げたりします。時には、天狗は人間を誘拐して自分の住む山や森に連れて行ったりすることもあります。 しかし、天狗が人間を助けることもあるのです。例えば、天狗は人間に山の道を教えてくれたり、人間が病気になったときには薬草を教えてくれたりします。また、天狗は人間が戦っているときには、その大きな翼を使って人間を助けることもあります。 天狗は、その長い鼻と大きな翼を持つ独特な姿と、人間に悪さをしたり、人間を助けたりするその行動で、人々に親しまれてきました。天狗は、日本の文化の中で重要な存在であり、今でも多くの人々に愛されています。
モノの名前

伝説の怪鳥「木の葉天狗」を探せ!

「木の葉天狗」とは、日本の伝承に登場する怪鳥の一種です。その姿は、頭がハゲタカに似ており、体にはウロコが生えています。また、翼はコウモリのように長く、鋭い爪を持っています。 「木の葉天狗」は、主に山や森に住んでいると言われており、その鳴き声は、人間の赤ちゃんの泣き声に似ていると言われています。この鳴き声を聞いた人は、すぐに山から逃げ出さないと、木の葉天狗にさらわれてしまうという言い伝えがあります。 木の葉天狗は、人間を襲うこともあるとされ、その方法も様々です。あるときは、鋭い爪で人間を引っ掻き、あるときは、翼で人間を殴りつけます。また、人間の魂を吸い取ったり、病気をもたらしたりするともいわれます。 木の葉天狗は、日本の各地で目撃されていると言われていますが、その実態は謎に包まれています。しかし、その恐ろしい姿と、人間を襲うという伝説は、人々に語り継がれ、日本の妖怪文化の一翼を担っています。
その他

能登のアマメハギとは?

能登アマメハギの起源と歴史 石川県能登地方に伝わる伝統芸能であるアマメハギの起源は、古くからこの地方に伝わる「加賀ノ国石川郡古跡志」によると、平安時代末期に遡ります。この書物には、アマメハギが蘇民将来の故事に由来すると記されています。蘇民将来とは、疫病から逃れるために神を祀った人物で、アマメハギはその神を祀るために訪れる者と考えられていたのです。 その後、鎌倉時代になるとアマメハギは、能登地方の各地に広まり、室町時代には、全国的に広まりました。江戸時代になると、アマメハギは、庶民の間に定着し、正月になると、家々を回って厄払いをするようになりました。また、この頃には、アマメハギが、芸能として上演されるようになり、現在のような形が完成しました。 明治時代になると、アマメハギは、廃仏毀釈運動の影響で一時衰退しましたが、その後、復活し、現在でも、能登地方各地で行われています。近年では、アマメハギが、国の重要無形民俗文化財に指定され、世界無形文化遺産にも登録されるなど、その価値が認められています。
その他

「ゆらの助」:紀の国・和歌山の天狗キャラクター

「ゆらの助」誕生の由来 「ゆらの助」は、和歌山県のPRキャラクターである。誕生のきっかけは、2006年に開催された「紀の国わかやま国体」だった。国体を盛り上げようと、和歌山県のキャラクターを公募したところ、県内全域から多くの応募があった。その中から選ばれたのが、「ゆらの助」だった。 「ゆらの助」は、和歌山県南部に伝わる天狗伝説をモチーフにしている。天狗は、山の神様として崇められており、和歌山県では特に人気が高い。ゆらの助は、天狗の子供という設定で、頭に大きな葉っぱを乗せているのが特徴だ。 「ゆらの助」は、国体開催以降、和歌山県のPR活動に積極的に参加している。県内外のイベントに出演したり、グッズを販売したりしている。また、和歌山県に関する情報を発信するブログも開設している。 「ゆらの助」は、和歌山県の魅力を全国にPRする役割を担っている。天狗というユニークなキャラクター設定と、和歌山県の伝統文化を色濃く反映したデザインが特徴だ。今後も「ゆらの助」は、和歌山県のPR活動を担う重要なキャラクターとして活躍していくことだろう。
モノの名前

雷獣とは?その姿や性格、伝承をわかりやすく解説!

雷獣とはどのような妖怪か? 雷獣とは、日本の民間伝承に登場する妖怪の一つです。その姿は、トラやイヌに似ていて、全身が毛で覆われています。耳は小さく、目は赤く光っていて、口には鋭い牙が並んでいます。また、背中にはトゲがあり、尻尾は長く毛むくじゃらです。雷獣は、雷鳴とともに現れると言われています。雷獣が空から落ちてくると、その場所に雷が落ちるとも言われています。また、雷獣が鳴き声をあげると、その声は雷鳴のように聞こえると言われています。雷獣は、農家にとっては大敵とされており、稲作に被害をもたらすと信じられています。そのため、雷獣を撃退するために、雷除けのまじないを行うこともあります。
モノの名前

狗賓とは何か?〜日本の妖怪・天狗の異名〜

狗賓の種類 狗賓は、その姿や特徴によって、いくつかの種類に分類されています。 最も一般的なのは、犬のような姿をした狗賓です。このタイプの狗賓は、日本の各地に伝承されており、山や野原に生息していると言われています。犬のような姿をした狗賓は、一般的に「狗賓」または「犬天狗」と呼ばれています。 もう一つよく見られるタイプの狗賓は、カラスのような姿をした狗賓です。このタイプの狗賓は、主に中国に伝承されており、中国語で「烏天狗」と呼ばれています。烏天狗は、カラスのような姿をしていますが、頭には角があり、羽は黒く、目は赤く光っています。烏天狗は、一般的に凶暴な性格をしていて、人間を襲うこともあります。 また、猿のような姿をした狗賓も存在します。このタイプの狗賓は、主に日本の南西諸島に伝承されており、鹿児島県や沖縄県で「猿天狗」と呼ばれています。猿天狗は、猿のような姿をしていますが、頭には角があり、毛は赤く、目は金色に輝いています。猿天狗は、一般的に温和な性格をしていて、人間に危害を加えることはありません。 他にも、蛇のような姿をした狗賓や、狐のような姿をした狗賓など、様々な種類の狗賓が存在します。狗賓は、その姿や特徴によって、様々な種類に分類されています。
施設名・ロケ地

「天狗」の魅力を徹底解説!

「天狗」とは、日本の伝承に登場する伝説上の生物です。山に住む妖怪として知られ、大きな鼻とカラスのような翼をもち、長い髪をなびかせているのが特徴的です。また、強力な術を使うことができるとされ、山に入った人を惑わせたり、時には人間をさらったりすることもあるといわれています。 天狗は、古くから日本の民間伝承の中に登場しており、各地に天狗にまつわる伝説が残されています。中でも、京都の鞍馬山には、天狗にまつわる伝説が多く伝わっており、天狗の住む山として知られています。鞍馬山には、天狗を祀る寺院や神社があり、天狗の面や像などが残されています。 また、天狗は、日本の芸能にも登場します。能や歌舞伎、落語など、様々な芸能において、天狗は人気のある題材として取り上げられています。天狗は、その強力な術と神秘的な存在感から、人々を魅了し続けています。