奈良県

モノの名前

色鮮やかで珍しい紫とうがらし

紫色のとがらしは、その特徴的な紫色で知られる唐辛子の品種です。一般的に、甘くマイルドな風味を持ち、辛さは控えめで、スコビルスケールで0~100程度の辛さです。その紫色は、アントシアニンという色素によるもので、抗酸化作用があり、健康に良いとされています。紫色のとがらしは、様々な料理に使用でき、その美しい色合いを生かした料理も人気があります。 紫色のとがらしは、見た目の美しさに加えて、栄養価も豊富です。ビタミンCやカリウム、鉄分などが含まれており、健康維持に役立ちます。また、抗酸化作用のあるアントシアニンは、細胞の老化を防ぎ、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。 紫色のとがらしは、生で食べてもおいしく、炒め物や煮物などの料理にもよく合います。また、乾燥させて粉末状にしたものも市販されており、スパイスとして使用することもできます。紫色のとがらしは、見た目もきれいで、栄養価も豊富なので、健康的な食生活を送るためにはぜひ取り入れたい食材です。
モノの名前

朴葉ずし:日本の伝統的な包み寿司

朴葉ずしは、朴の葉っぱにくるんだ伝統的な日本の押しずしである。その起源は1,000年以上前に遡ることができると言われている。奈良時代(710年~794年)には、すでに朴葉ずしが存在していた証拠が残っている。朴葉ずしは、宮廷料理として食べられることも多く、貴族の間で人気があった。また、朴葉ずしは庶民の間でも愛され、お祭りや祝い事の際には欠かせない料理となっていった。江戸時代(1603年~1868年)になると、朴葉ずしは全国各地に広まり、さまざまな地方で独自の朴葉ずしが作られるようになった。現代でも、朴葉ずしは日本各地で愛されている郷土料理である。
モノの名前

せんとくんとは?誕生のきっかけや物議を醸した理由とは

-誕生のきっかけとデザイン- せんとくんは、奈良県マスコットキャラクターとして2010年4月22日に誕生しました。誕生のきっかけは、2010年に開催された「平城遷都1300年祭」のプロモーションでした。奈良県は、せんとくんを「平城遷都1300年祭のマスコットキャラクター」として公募しました。公募には、全国から600点以上の応募がありましたが、せんとくんのデザインは、奈良県出身のグラフィックデザイナーである西村淳平氏が手がけました。 せんとくんのデザインは、鹿をモチーフにしており、鹿の頭部と人間の胴体を組み合わせたユニークなキャラクターです。奈良県は、せんとくんのデザインを「鹿の角のような個性的な髪型と、奈良県の花である山吹色のネクタイが特徴的なキャラクター」と紹介しています。また、せんとくんは「奈良県のシンボルであり、奈良県の魅力をアピールする役割を担っている」キャラクターでもあります。
モノの名前

大和牛のおいしさの秘密

-大和牛の定義と特徴- 大和牛とは、特定の要件を満たした牛のことです。その定義は以下の通りです。 * 黒毛和種であること * 和歌山県内で肥育されたこと * 肉質等級が3等級以上であること 大和牛は、その定義によって、他の牛肉とは異なる特徴を持っています。その特徴は以下の通りです。 * 肉質が柔らかく、口の中で溶けるような食感がある。 * 脂肪分の融点が低いため、口の中でとろけるような食感がある。 * 肉の旨味成分が豊富に含まれており、深い味わいが楽しめる。 * 肉に程よい霜降りがあり、見た目が美しい。 大和牛のこれらの特徴は、その飼育方法や餌などに由来しています。大和牛は、和歌山県内の豊かな自然の中で、ストレスなく肥育されています。また、良質な飼料を与えられているため、肉質が良く、旨味成分が豊富に含まれているのです。 大和牛は、そのおいしさから、全国各地で人気があります。高級レストランやホテルなどで提供されることが多く、特別な日の食事として楽しまれています。また、近年では、大和牛を使った加工食品も人気を集めており、全国各地のスーパーやデパートなどで販売されています。
モノの名前

「無上盃」の魅力とは?

「無上盃」とは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて作られたとされる、金銀をふんだんに使った大ぶりの盃のことです。無上盃は、その豪華な装飾と優美なフォルムで、古くから人々を魅了してきました。 無上盃は、金と銀を交互に打ち延ばし、それを重ね合わせて作られます。表面には、鳳凰や龍などの吉祥文様が彫られ、中には金箔や銀箔が施されています。無上盃の大きさは、直径20センチ以上、高さ10センチ以上と、非常に大ぶりです。 無上盃は、もともと仏教の儀式で使用される器でした。しかし、その豪華さと美しさから、やがて貴族や武士の間で珍重されるようになり、酒宴や贈り物などに用いられるようになりました。無上盃は、その希少性と芸術性の高さから、現在でも多くの美術館や博物館で展示されています。
施設名・ロケ地

「大峰山の超名水 ごろごろ水」の美味しい秘密

大峰山の超名水 ごろごろ水ってどんな水? ごろごろ水は、奈良県吉野郡天川村にある大峰山の標高約1300mに湧き出る名水です。その名の通り、ごろごろと大きな音がしながら湧き出るため、その名前がつきました。ごろごろ水は、世界文化遺産にも登録されている大峰山の山懐に抱かれ、清らかな水が湧き出る場所として知られています。ごろごろ水の水質は非常に高く、pH7.4の弱アルカリ性で、硬度は10mg/Lと低く、まろやかな味わいです。ごろごろ水は、地元の人々はもちろん、遠方からも多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。
地名・ロケ地

「元興寺小塔院跡」を訪ねて ~奈良の歴史散歩~

「元興寺小塔院跡」とは 元興寺小塔院跡は、奈良県奈良市にある史跡です。元興寺は、643年に中大兄皇子によって創建された奈良最古の七大寺のひとつで、小塔院は、その元興寺に属していた寺院のひとつでした。小塔院は、平安時代には「元興寺の塔院」と呼ばれ、鎌倉時代には「元興寺の塔頭」と呼ばれていました。 小塔院の跡地は、現在の奈良県奈良市高畑町にあります。跡地には、基壇の一部が残っています。基壇は、東西約10メートル、南北約15メートルで、高さは約1メートルです。基壇の周囲には、瓦や土器などの遺物が出土しています。 小塔院跡は、1971年(昭和46年)に国の史跡に指定されました。
モノの名前

ほろ酔いあすか、明日香の風情を味わう銘菓

飛鳥ブランドに認定された名物菓子 飛鳥ブランドとは、奈良県明日香村の特産品や伝統工芸品を認証する制度です。この制度は、明日香村の昔ながらの伝統や文化を守りながら、地域産業の活性化を図ることを目的としています。 飛鳥ブランドに認定されるには、審査基準をクリアする必要があります。審査基準は、明日香村にゆかりのある素材を使用していること、明日香村の伝統的な製法で作られていること、明日香村の風情を表現していることなどです。 飛鳥ブランドに認定された名物菓子には、以下のようなものがあります。 * 飛鳥餅 米粉と砂糖を混ぜて蒸した生地に、こしあんを包んだお菓子です。 * 飛鳥の里 黄身あんと白あんを混ぜた餡を、小麦粉と砂糖を混ぜて焼いた生地で包んだお菓子です。 * 飛鳥の夢 ホワイトチョコレートとミルクチョコレートを混ぜたガナッシュを、小麦粉と砂糖を混ぜて焼いた生地で包んだお菓子です。 これらの名物菓子は、明日香村の特産品店や土産物店などで販売されています。飛鳥村を訪れた際には、ぜひこれらの名物菓子を味わってみてください。
モノの名前

奈良の恵み黄金まくわの魅力とは?

-奈良の伝統野菜「黄金まくわ」とは- 黄金まくわは奈良の伝統野菜のひとつで、その名の通り黄色の果皮が特徴的なうり科の植物です。江戸時代から栽培されており、奈良県内では主に大和郡山市や奈良市などで生産されています。黄金まくわは、果肉が柔らかく、甘味と酸味のバランスが絶妙な味わいが特徴です。また、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養価の高い野菜としても知られています。黄金まくわは、そのまま生食したり、サラダや漬物などの料理に使用したりすることができます。年間を通じて収穫することができますが、特に夏が旬の時期です。
モノの名前

往馬 – 菊司醸造の伝統ある日本酒

「往馬」の歴史と醸造方法 「往馬」の醸造の歴史は古く、江戸時代初期まで遡ると言われています。当時の奥州街道(現・国道4号線)には、旅人が往来していました。その旅人たちが、奥州街道の途中にある菊司醸造で一息ついて「往馬」を飲んだと言われています。また、菊司醸造では伝統的な醸造方法を今でも守り続けており、「往馬」は手作業で丁寧に仕込まれています。 「往馬」の醸造方法は、まず、精米した米を水に浸し、蒸します。次に、蒸した米に麹菌を振りかけ、麹を作ります。麹とは、米を発酵させたもので、「往馬」の甘みや旨味のもととなります。その後、麹と水を混ぜて醪(もろみ)を作り、酵母菌を投入して発酵させます。発酵が終わったら、もろみを搾って酒粕と清酒に分離します。清酒はさらに、火入れをして殺菌し、瓶詰めして出荷されます。 「往馬」は、伝統的な醸造方法で作られた、すっきりとした味わいの日本酒です。江戸時代から続く歴史あるお酒を、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

なすそうめん:夏にぴったりの郷土料理

なすそうめんの歴史と由来 なすそうめんは、奈良県が発祥の地とされます。奈良県では、古くからなすを栽培しており、江戸時代には、なすそうめんが庶民の夏の風物詩として親しまれていました。 なすそうめんは、なすを細長く切って、そうめんのように茹でた料理です。なすの歯ごたえと、そうめんのつるっとした食感が特徴で、夏にぴったりな涼やかな料理です。 なすそうめんが奈良県で生まれた理由は、奈良県がなすの産地であることと、奈良県が暑い夏が続く気候であることが関係しています。奈良県では、夏になると気温が30度を超える日が続き、食欲が落ちる人が多くいます。そんな暑い夏でも、なすそうめんはさっぱりと食べることができることから、奈良県で親しまれるようになりました。 なすそうめんは、奈良県以外にも、和歌山県や三重県など、関西地方で広く食べられています。また、なすそうめんは、夏だけでなく、一年中食べることができます。しかし、やはり夏に食べるなすそうめんが一番美味しく、夏になると、スーパーやコンビニでもなすそうめんを見かけるようになりました。
モノの名前

奈良の珍駄菓子『御神鹿のふん』とは?

奈良の珍駄菓子『御神鹿のふん』とは? 御神鹿のふんの製造過程と特徴 奈良で長年愛されてきた珍駄菓子「御神鹿のふん」。このユニークなお菓子は、その名の通り、御神鹿のふんを模して作られており、奈良土産としても人気を集めています。御神鹿のふんは、小麦粉、砂糖、水飴、着色料を混ぜ合わせた生地を、鹿のふんの形に成形して作られます。生地は、鹿のふんの形を忠実に再現するために、細かく砕いたクッキーを混ぜて固さを調整します。また、着色料で鹿のふんの独特の黒色を表現しています。御神鹿のふんは、表面がパリパリとしていて、中はしっとりとした食感です。甘さ控えめで、鹿のふんの形に成形されていることから、食べるときの楽しさも味わうことができます。
モノの名前

西行桜とは?吉野葛とさぬき和三宝糖の葛菓子

西行桜の歴史と由来 西行桜は吉野葛とさぬき和三宝糖を使った葛菓子で、その歴史は古く、江戸時代にはすでに作られていたとされています。西行桜という名前の由来は、この菓子を作る際に、桜の花びらに似せて形作られたことからきています。西行桜は、吉野葛のしっとりとした食感と、さぬき和三宝糖のまろやかな甘みが特徴で、上品な味わいが楽しめます。西行桜は、春の訪れを告げるお菓子として、古くから親しまれてきました。
その他

奈良のよごみの餡つけ餅とれんぞ

奈良盆地の農村地域の春は、よごみの餡つけ餅とれんぞが作られる季節です。餡つけ餅は、よもぎを混ぜた餅に、こしあんをまぶしたもので、れんぞは、よもぎを混ぜた餅を細長く切って、油で揚げたものです。どちらも、奈良盆地の農村地域に伝わる伝統的なお菓子です。 餡つけ餅は、よもぎの香りが春の訪れを感じさせるお菓子です。こしあんの甘さと、よもぎの香りの相性が抜群で、とても美味しいお菓子です。れんぞは、よもぎの香りと、揚げたもちっとした食感が特徴のお菓子です。油で揚げているので、少し歯ごたえがありますが、とても美味しいお菓子です。 奈良盆地の農村地域の春は、よごみの餡つけ餅とれんぞが作られる季節です。両者とも、奈良盆地の農村地域に伝わる伝統的なお菓子です。よもぎの香りが春の訪れを感じさせる餡つけ餅と、よもぎの香りと揚げたもちっとした食感が特徴のれんぞを、ぜひご賞味ください。
モノの名前

奈良の丼ぶり「ならならならどんぶり」

-ならならならどんぶりの特徴- ならならならどんぶりは、奈良の郷土料理である三輪そうめん、大和肉鶏、奈良漬けの3種類を贅沢に使用した、奈良県のご当地丼ぶりです。具材は、三輪そうめんを茹でて冷やし、大和肉鶏を焼いてタレで味付けし、奈良漬けは細かく刻んでトッピングしています。奈良県の三輪地域で古くから食べられていた郷土料理で、家庭でもよく作られてきました。最近では、奈良県内の飲食店で提供されるようになり、観光客にも人気を集めています。 ならならならどんぶりは、三輪そうめんのつるつるとした食感、大和肉鶏の柔らかくジューシーな食感、奈良漬けのシャキシャキとした食感の3つが絶妙にマッチした、とても美味しい丼ぶりです。また、三輪そうめんは奈良県の特産品であるため、奈良県を訪れた際にはぜひ一度は食べておきたい一品です。 また、ならならならどんぶりは、奈良県の歴史や文化を感じることができる丼ぶりでもあります。三輪そうめんは、奈良県三輪地域で古くから作られてきた郷土料理であり、大和肉鶏は奈良県産のブランド鶏です。奈良漬けも、奈良県で古くから作られてきた伝統的な漬物です。奈良県を訪れた際には、ぜひならならならどんぶりを味わって、奈良県の歴史や文化を感じてみてください。
地名・ロケ地

暗越奈良街道の歴史と魅力

-暗越奈良街道の歴史と背景- 暗越奈良街道は、奈良県と三重県を結ぶ歴史ある街道で、奈良時代から平安時代にかけて、京都と吉野を結ぶ重要な交通路として利用されてきました。暗越奈良街道の歴史は古く、奈良時代にはすでに存在していたとされており、平安時代には、貴族や僧侶が吉野詣でや修験道を行うために利用していました。 暗越奈良街道は、奈良県宇陀市の大宇陀から三重県名張市の名張までを結ぶ街道で、総延長は約30キロメートルです。街道は、山地を縫うように通っており、急な坂や谷が多いのが特徴です。また、街道沿いには、数多くの古い宿場町や寺社仏閣が残されており、歴史情緒を感じることができます。 暗越奈良街道は、交通の要衝としてだけでなく、文化交流の場としても重要な役割を果たしてきました。奈良時代には、京都から吉野への文化が伝わり、平安時代には、吉野から京都への文化が伝わりました。また、暗越奈良街道は、修験道の聖地である吉野大峯山への参詣道としても利用され、多くの修験者がこの街道を歩きました。 暗越奈良街道は、長い歴史を持つ街道であり、その歴史と文化は現在もなお受け継がれています。街道沿いには、数多くの史跡や観光スポットが残されており、多くの人が訪れています。また、暗越奈良街道は、ハイキングやサイクリングのコースとしても人気が高く、多くの人が街道を歩いています。
施設名・ロケ地

飛鳥の魅力を満喫!奈良県の道の駅を巡る旅

飛鳥の歴史と文化 飛鳥は、奈良県南部に位置する地域で、日本の歴史上重要な役割を果たした場所です。飛鳥時代の初期には、日本最初の首都である飛鳥京が置かれ、その後も天皇の居住地であり、政治や文化の中心地として繁栄しました。飛鳥には、日本最古の寺院である法隆寺や、世界遺産に登録されている石舞台古墳など、数多くの歴史的建造物が残されています。 飛鳥時代は、日本に仏教が伝来した時期であり、飛鳥には多くの寺院が建立されました。中でも、法隆寺は、日本最古の木造建築物として知られ、世界遺産に登録されています。また、石舞台古墳は、日本最大級の円墳であり、その規模と構造は古代日本の技術力の高さを物語っています。 飛鳥は、日本の歴史と文化を学ぶことができる場所であり、多くの人々が訪れる観光地となっています。飛鳥を巡る旅は、日本の歴史と文化を満喫するのに最適な方法です。
地名・ロケ地

関西広域連合の目的と取り組み

-関西広域連合とは- 関西広域連合とは、関西地方の自治体で構成される広域行政機関のことです。1997年に設立され、現在は京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県の5府県が加盟しています。連合の目的は、関西地方の総合的な発展を図ることであり、そのために、地域内の自治体間の連携や協力、情報交換、政策立案などを行っています。 連合の主な活動としては、次のようなものがあります。 * 関西地方の経済や産業の発展に関する施策の立案 * 関西地方の交通や物流の円滑化に関する施策の立案 * 関西地方の環境保全に関する施策の立案 * 関西地方の防災や減災に関する施策の立案 * 関西地方の人口減少や高齢化社会への対応に関する施策の立案 また、連合は、関西地方の自治体や民間企業などとの連携を図り、地域内の課題解決に取り組んでいます。例えば、連合は、関西地方の自治体や企業と連携して、関西地方の経済や産業の発展を図るための施策を実施しています。また、連合は、関西地方の自治体や企業と連携して、関西地方の交通や物流の円滑化を図るための施策を実施しています。 関西広域連合は、関西地方の自治体間の連携や協力、情報交換、政策立案などを行い、関西地方の総合的な発展を図るための重要な役割を果たしています。
モノの名前

柿「刀根早生」の魅力と特徴

刀根早生とは?その歴史と特徴 刀根早生は、柿の品種の一つであり、非常に甘く、食べやすいのが特徴です。奈良県の刀根地区で育成されたことから、その名がつけられました。成長が早く、早生品種のため、9月上旬頃から収穫が可能で、10月頃までが旬の季節です。渋柿ですが、渋抜きをすることで、甘柿として食べられます。 刀根早生は、果実が大きく、扁平な形をしています。果皮は、濃いオレンジ色で、果肉は、黄色をしています。甘みが強く、酸味はほとんどありません。また、食感は、柔らかくて、ジューシーです。ビタミンCが豊富に含まれており、栄養価も高いため、健康にも良い果物です。 刀根早生は、そのまま食べるだけでなく、干し柿や柿ジャム、柿酢などにも加工することができます。また、和菓子の材料としても使われています。近年では、刀根早生の生産量は減少していますが、その味は依然として人気が高く、多くの人に親しまれている柿の品種です。
施設名・ロケ地

近鉄百貨店 橿原店について知ろう!

近鉄百貨店 橿原店は、奈良県橿原市に位置する百貨店です。近鉄百貨店の店舗の中で最も歴史が古く、1927年に開業しました。当初は、近鉄橿原線の開業に合わせて建設された駅ビルの中にありましたが、1964年に現在の場所に移転しました。 近鉄百貨店 橿原店は、奈良県の中央部に位置する橿原市の中心部にあり、交通の便が良いことから、地元の人々を中心に多くの人が訪れます。百貨店には、ファッション、雑貨、食品、レストランなど、様々な店舗が入居しており、買い物客のニーズに応えています。 近年、近鉄百貨店 橿原店は、改装工事を実施し、館内の雰囲気をリニューアルしました。また、新しい店舗を誘致するなど、集客力の向上に努めています。2017年には、開業90周年を迎え、様々なイベントを開催しました。 近鉄百貨店 橿原店は、奈良県を代表する百貨店として、これからも地域の人々に愛され続けるでしょう。
モノの名前

「平核無」の美味しさや歴史

「平核無」とは? 「平核無」は、「平核無し」とも書かれ、千葉県松戸市が発祥地の梨です。その歴史は、江戸時代初期にまで遡ります。当時の松戸は、水運が盛んで、江戸への農産物の集散地として栄えていました。その中で、松戸の農民が、偶然にも種なしの梨の木を発見し、それを栽培したのが、「平核無」の始まりだと言われています。 「平核無」は、その名の通り、核(種)が入っていないのが特徴です。そのため、食べやすく、甘みも強いため、多くの人々に愛されるようになりました。また、「平核無」は、貯蔵性に優れているため、長期間楽しむことができます。 「平核無」は、現在では、千葉県の特産品として知られており、全国各地に出荷されています。また、その美味しさから、海外でも人気が高まっています。
施設名・ロケ地

国指定重要文化財「高木家住宅」(橿原市)の歴史と魅力

高木家住宅の歴史と変遷 高木家住宅は、奈良県橿原市にある国指定重要文化財です。室町時代末期から江戸時代初期にかけて建てられたとされ、江戸時代中期から後期にかけて増築や改築が行われました。明治時代には、内務省の技官である伊東忠太が、高木家住宅を日本建築の代表例のひとつとして高く評価しました。その後、高木家住宅は1952年に国指定重要文化財に指定され、1965年に橿原市が購入して公開しました。 高木家住宅は、茅葺屋根の寄棟造りで、桁行12間、梁間6間の規模です。住宅の内部は、表座敷、中座敷、奥座敷、書院、台所などがあり、それぞれが襖や障子で仕切られています。表座敷には、床の間があり、床柱には竹が描かれています。中座敷には、仏壇があり、仏壇の前には、座卓が置かれています。奥座敷には、違棚があり、違棚には、陶磁器や漆器などが飾られています。書院には、机や椅子があり、机の上には、本や筆が置かれています。台所には、かまどや流しがあり、かまどの上には、鍋や釜が置かれています。 高木家住宅は、江戸時代の住宅の代表例のひとつとして、建築史的に重要な建物です。また、高木家の歴代当主が代々保存してきた美術工芸品など、貴重な文化財も多数所蔵されています。高木家住宅は、橿原市の観光スポットのひとつとして、多くの観光客が訪れています。
施設名・ロケ地

「栗山家住宅」の歴史と魅力

栗山家住宅の歴史は、江戸時代初期の1662年にさかのぼります。栗山家は、代々庄屋の職を務め、地域の政務や村の運営を担ってきました。栗山家住宅は、その栗山家が住居として使用していた建物です。 栗山家住宅は、江戸時代中期の1750年に増築され、現在の規模となりました。栗山家住宅は、総二階建てで、切妻造りの屋根と木造の建物の構造を持っています。栗山家住宅は、江戸時代後期の1850年に改修され、現在の外観となりました。栗山家住宅は、妻入りの形式で、正面には唐破風と軒灯が設けられています。栗山家住宅は、内部は土間、台所、居間、座敷などから構成されています。 栗山家住宅は、江戸時代後期の1875年に、国の史跡に指定されました。栗山家住宅は、江戸時代の民家建築の典型的な例として、国の重要文化材に指定されています。栗山家住宅は、現在も栗山家が住居として使用しており、一般公開されています。
モノの名前

奈良の郷土料理「奈良のっぺい」の魅力

奈良の郷土料理「奈良のっぺい」の魅力 奈良のっぺいとは? 奈良のっぺいは、奈良県発祥の郷土料理です。こんにゃく、にんじん、里芋、鶏肉、油揚げなどの具材を、砂糖、醤油、みりん、酒で味付けしただし汁で煮込んだものです。奈良のっぺいの特徴は、具材が大きくカットされていることです。これは、奈良県が山間地で、古くから狩猟文化が盛んであったことが関係しています。また、奈良のっぺいは、奈良県産の野菜や鶏肉を使用することが多く、奈良県の風土が色濃く反映された料理です。奈良のっぺいは、奈良県内の料亭や旅館などで提供されているほか、家庭でもよく作られています。子供から大人まで楽しめる家庭料理としても人気があります。