妖怪

モノの名前

モシリシンナイサムの伝承とその特徴

モシリシンナイサムの概要と特徴 モシリシンナイサムは、北海道の奥深い山中にある神秘的な湖です。その名の由来はアイヌ語で「神々の住む湖」を意味する「モシリシンナイサム」に由来しています。 湖の周囲には険しい山々がそびえ立ち、湖畔にはモミ、トドマツ、カラマツなどの針葉樹が茂っています。湖水は澄み切っており、湖底まで見通すことができます。夏には湖畔でキャンプやハイキングを楽しむことができ、冬には雪景色を楽しむことができます。 モシリシンナイサムは、その神秘的な美しさから、多くの伝説や言い伝えが残されています。その中でも特に有名なのが、アイヌの英雄であるシャクシャインの伝説です。シャクシャインは、モシリシンナイサムに住む神々の娘であるシラヌカと恋に落ち、彼女を妻に迎えました。しかし、シャクシャインは、神々の怒りに触れ、モシリシンナイサムから追放されてしまいました。 モシリシンナイサムは、その美しい景色と神秘的な伝説から、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。湖畔には、キャンプ場やコテージなどの宿泊施設が整備されており、気軽に湖畔での滞在を楽しむことができます。
モノの名前

犬神の正体と憑き物の特徴

-日本の妖怪「犬神」とは- 犬神とは、日本の妖怪のひとつです。犬の姿をした神霊であり、人に憑依して悪さを働くと言われています。犬神の正体は、死んだ犬の霊魂であるとも言われていますが、はっきりとはわかっていません。「犬神」という言葉は、平安時代から使われており、古くから人々に恐れられてきました。 犬神に憑依されると、様々な症状が現れます。例えば、体が動かなくなったり、精神錯乱を起こしたり、狂暴になったりします。また、犬神の憑依により、病気になったり、死んでしまうこともあります。犬神は、主に女性に憑依することが多いと言われています。 犬神から身を守るためには、犬神除けのお守りを持ったり、犬神に憑依されないように注意したりする必要があります。また、犬神に憑依されてしまった場合は、すぐに神社やお寺で祈祷してもらうことで、犬神を祓うことができます。 犬神は、日本の妖怪の中でも特に恐ろしい存在です。犬神に憑依されると、様々な災いが降りかかってきます。犬神から身を守るためには、普段から犬神除けのお守りを持ったり、犬神に憑依されないように注意したりすることが大切です。
作品名

鞍野郎とは?「画図百器徒然袋」に描かれた妖怪

「鞍野郎」の正体 「鞍野郎」は、「画図百器徒然袋」に描かれた妖怪であり、その正体は不明なことが多い。しかし、いくつかの説がある。 一つの説は、「鞍野郎」は馬の霊であるというものである。これは、「鞍野郎」が馬の鞍の形をしていること、そして馬の鳴き声を発することからきている。 もう一つの説は、「鞍野郎」は人間の霊であるというものである。これは、「鞍野郎」が人間の顔をしていること、そして人間の言葉を話すことからきている。 また、ある説では、「鞍野郎」は馬の鞍が化けた妖怪であるとも考えられている。鞍が人間の姿に化け、馬に乗って悪事を働くという説もある。 いずれの説も、確証があるわけではない。しかし、「鞍野郎」の正体が何であるかを考えることは、妖怪の不思議さや奥深さを知る上で意味があるだろう。
モノの名前

猫又について知りたいすべてのこと

猫又の起源と歴史 猫又の起源は古く、平安時代にはすでにその存在が知られていたと考えられています。猫又の起源には諸説ありますが、最も有力な説は、「猫が長生きすると霊力を身に着け、化けることができるようになる」というものです。また、猫又が「猫が死んだ後に妖怪となる」または「人間の怨念や思念が猫に乗り移って猫又になる」という説もあります。 猫又は、日本では古くから猫に関する妖怪として知られています。猫又の物語は、平安時代の説話集『今昔物語集』にも登場しています。猫又が人間に憑依して悪さをしたり、人を殺したりするといった話は、江戸時代には庶民の間にも広く流布していました。 猫又の伝承は、日本だけでなく、中国や韓国にも存在しています。中国では、猫又のことを「猫妖」と呼び、妖怪として恐れられています。韓国では、猫又のことを「猫鬼」と呼び、同じく妖怪として恐れられています。 猫又の起源については、諸説ありますが、どの説も、猫又が長生きの猫から生まれた妖怪であるという点が共通しています。猫又は、日本の妖怪の中でも、最も人気のある妖怪の一つです。その人気は、猫又の不思議な力や、人間に憑依して悪さをするといった、スリリングな物語が人々を惹きつけているためと考えられます。
作品名

「しきるん蛇」のすべて

「しきるん蛇」とは、2022年のとあるテレビアニメ作品に登場する、不思議な力を持つ蛇のことです。その特徴は、ヘビの口から流れる分泌液が持つ、あらゆるものを石に変える能力にあります。 この分泌液を浴びたものは、たとえ人間であろうが動物であろうが、一瞬にして石像と化してしまうのです。また、この分泌液は、無機物にも影響を与え、石や金属を溶かしたり、植物を枯らしたりする力を持っています。 「しきるん蛇」は、その強力な能力から、作中では畏怖の対象として描かれています。登場するたびに、その分泌液を使って周囲を石化させ、恐怖を振りまいています。そのため、作中の人間たちは「しきるん蛇」に遭遇しないように、常に警戒を怠っていなければなりません。
その他

女郎蜘蛛(絡新婦)とは?各地の伝承と特徴

-女郎蜘蛛の起源と各地の伝承-  女郎蜘蛛の起源は、古代ギリシャ神話の女神アラクネーに由来するといわれています。アラクネーは、その技術の高さで神々からも賞賛されるほどの名工でした。アラクネーは、自分の技術に過大な自信を持っていましたが、織物競技で女神アテナに敗れてしまいました。アテナは、アラクネーの技術を罰するために、彼女を蜘蛛の姿に変えたと伝えられています。  女郎蜘蛛は、世界各地に伝承が残る伝説上の生物です。日本では、女郎蜘蛛は、女の姿をした蜘蛛で、口にくわえた食事を男に提供し、その男を蜘蛛の巣に閉じ込めて食べるという伝承があります。女郎蜘蛛は、男を誘惑して食べるとされ、その姿は、美しい女の姿をした蜘蛛として描かれています。  中国では、女郎蜘蛛は、蜘蛛の精霊とされ、人間に悪夢を見せたり、災いをもたらしたりすると信じられています。また、女郎蜘蛛は、恋愛運をアップさせるともされており、お守りとして身につけたり、家に飾ったりする人もいます。  インドでは、女郎蜘蛛は、幸運の象徴とされています。それは、女郎蜘蛛が網を張る場所が、金運や幸運をもたらす場所であると信じられているからです。  このように、女郎蜘蛛は、世界各地でさまざまな伝承が残る伝説上の生物です。その姿や伝承は、その土地の文化や風習を反映しており、人々の生活に密着したものとなっています。
モノの名前

柳婆の怪異譚 -日本の妖怪伝承の恐怖-

柳婆の怪異譚 -日本の妖怪伝承の恐怖- 柳婆 日本の民間伝承に登場する妖怪の名前で、柳の古木の化身と恐れられていた。柳婆は、主に北日本、特に東北と北海道で目撃され、その物語は、地域から地域へと代々語り継がれていった。柳婆は、主に夜間に出没し、人々が道を歩いていると、その背後にそっと忍び寄り、背中を撫でるという。その撫でられた瞬間は、冷たさと恐怖が全身を駆け巡り、振り返ると、柳婆の不気味な老女の姿がそこに立っているのだった。 柳婆の怪談は、単に人々を怖がらせるものではなく、背後には教訓が隠れていることが多い。中には、柳婆が旅人を助けてくれたという話もあり、人は柳婆に対して恐怖を抱くだけでなく、敬意を払うことも大切だと考えられていた。柳婆の怪談は日本の妖怪伝承を物語る重要な一部であり、その独特な怖さは、何世代にもわたって語り継がれており、今後も語られたり語られたりし続けるであろう。
作品名

司馬遼太郎の「妖怪」を読み解く

1886年、九州の片田舎に生まれた一人の少年がいた。彼の名は司馬遼太郎。後に日本の文壇を代表する作家となるこの少年は、幼い頃から妖怪に興味を持っており、その興味は大人になってからも変わることはなかった。司馬遼太郎の「妖怪」は、彼が妖怪について書いた数多くの作品の一つであり、1966年に発表された。 「妖怪」は、1862年の薩摩藩を舞台にした物語である。主人公は、薩摩藩の藩士である西郷隆盛。西郷は、維新の立役者の一人として知られており、「妖怪」では、西郷の妖怪に対する思いが描かれている。 西郷は、妖怪を「人間の心の闇の部分」と捉えていた。彼は、妖怪は人間の心の闇の部分が具現化したものであり、妖怪を倒すためには、人間の心の闇の部分を克服することが必要であると考えていた。西郷は、妖怪を倒すことで、人間の心の闇の部分を克服し、より良い社会を築くことができるという信念を持っていた。 「妖怪」には、西郷以外にも、妖怪に翻弄される人々の姿が描かれている。西郷は、妖怪に翻弄される人々を「妖怪に操られている」と表現している。西郷は、妖怪に操られている人々は、心の闇の部分に支配されており、その支配から逃れるためには、妖怪を倒すことが必要であると考えていた。 「妖怪」は、妖怪を題材にした物語でありながら、人間の心の闇の部分をテーマにした作品でもある。西郷は、「妖怪」で、人間の心の闇の部分を克服することが、より良い社会を築くために必要なことであると説いている。
作品名

トジコウモリの魅力

トジコウモリの概要 トジコウモリは、コウモリの仲間で、世界中に約1,400種が生息しています。そのうち、日本では約50種が生息しています。トジコウモリは、昆虫、果物、花粉、蜜など、さまざまなものを食べます。主に夜行性で、日中は洞窟や樹洞などで休んでいます。 トジコウモリは、その名の通り、指の間に皮膜があり、飛ぶことができます。翼は、前肢と後肢の間の皮膜で構成されており、コウモリの体重を支え、飛行を可能にしています。トジコウモリは、夜間に活動し、獲物を探して飛び回ります。トジコウモリは、高い視覚と聴覚を持っており、暗い夜でも獲物を捕まえることができます。 トジコウモリは、生態系において重要な役割を果たしています。トジコウモリは、昆虫を駆除することによって、農作物の被害を軽減するのに役立ちます。また、トジコウモリは、果物や花粉を媒介することによって、植物の繁殖に貢献します。さらに、トジコウモリは、洞窟や樹洞などの生態系において、重要な役割を果たしています。 トジコウモリは、その独特な生態と役割から、古くから人々に親しまれてきました。日本でも、トジコウモリは、縁起の良い動物とされており、お守りや置物などにも用いられています。
モノの名前

「ノガッパ」の魅力を探る

ノガッパとは、長野県北安曇郡小谷村に伝わる、古い日本の生活様式を色濃く残した地域のことです。ノガッパとは、小谷村の方言で、山里に住む人びとを意味します。ノガッパの人びとは、古くから山林を拓き、畑を耕し、家畜を飼育して生活してきました。 ノガッパの最大の特徴は、その美しい景観です。小谷村は、北アルプスに囲まれた自然豊かな地域で、四季折々の景色を楽しむことができます。春には山一面に花が咲き乱れ、夏には清流を遡上する鮭を見ることができます。秋には紅葉の美しい山々を眺め、冬には一面の雪景色が広がります。 ノガッパは、その歴史と文化も魅力的です。ノガッパには、古くから伝わる伝統的な民俗芸能や工芸品があります。また、ノガッパの人びとは、今でも古くからの生活様式を守り続けています。ノガッパを訪れれば、日本の原風景を垣間見ることができます。
モノの名前

怪談の定番!大首とは?

-大首の言い伝え- 大首には、さまざまな言い伝えがあります。その中でも、最も有名なのは、平安時代の貴族の女性である玉藻前の話です。玉藻前は、狐が化けた姿であり、帝の寵愛を得ていましたが、正体がばれてしまい、退治されました。その怨念が大首となって、人々を襲ったと言われています。 また、大首は、蛇が化けた姿であるという言い伝えもあります。蛇は、古来より霊的な力を持つ生き物とされており、その怨念が大首となって現れるという説もあります。 さらに、大首は、人間の怨念が具現化したものであるという言い伝えもあります。何らかの理由で、強い怨念を持った人が亡くなった場合、その怨念が大首となって現れるという説です。 大首は、日本全国各地に伝わる妖怪です。その姿形や言い伝えは、地域によってさまざまですが、共通しているのは、大首が恐ろしい妖怪であるということです。
モノの名前

炎に包まれた車輪の妖怪「輪入道」の謎

「輪入道」とは、日本の妖怪の一種で、車輪に火の玉が宿ったような姿をしています。その姿は、まさに炎に包まれた車輪の妖怪そのものです。 「輪入道」は、主に交差点や辻、墓場などに現れると言われています。また、火事の際には必ず現れるとも言われており、火事の際には「輪入道」が現れるかどうかを占う風習もあるそうです。 「輪入道」の正体は、諸説あります。一説によると、車輪に火の玉が宿ったものだと言われています。また、別の説では、人間が死後、輪入道になるのだとも言われています。 「輪入道」は、人に害をなす妖怪だと言われています。車輪に火の玉が宿った姿をしていることから、火災を引き起こしたり、人を火傷させたりすると言われています。また、人間が死後、輪入道になるのだという説があることから、死者の霊が人を呪うために現れるとも言われています。 「輪入道」は、日本各地に伝わる妖怪です。その姿は、まさに炎に包まれた車輪の妖怪そのものであり、人に害をなす妖怪だと言われています。
作品名

豆腐小僧の真実は江戸時代にあった!

-豆腐小僧の見た目の特徴- 豆腐小僧の見た目は、地域によって若干異なるが、共通の特徴としては、頭は大きく、目はつり上がっており、口は大きく裂けていて、歯が鋭く尖っている。体は小さく、痩せていて、肌は緑色をしている。手には豆腐を乗せた皿を持ち、腰には包丁を差している。また、頭には三角巾をかぶり、足には草履を履いている。 豆腐小僧の見た目のモデルとなったのは、江戸時代の豆腐売りである。江戸時代には、豆腐は庶民の間で広く食べられており、豆腐売りは街中を豆腐を売り歩いていた。豆腐売りは、豆腐を運ぶために、頭にかごを乗せていた。かごには、豆腐が乗った皿や、豆腐を切るための包丁が入っていた。豆腐売りの服装は、白いかっぽう着に、三角巾をかぶり、足には草履を履いていた。 豆腐小僧の見た目は、江戸時代の豆腐売りの姿がモデルとなっている。豆腐小僧の見た目は、庶民の間で親しまれており、江戸時代の文化を伝える存在となっている。
モノの名前

蛇の化身「トウビョウ」

日本の妖怪「トウビョウ」 トウビョウは、日本の妖怪の一種です。蛇の化身とされており、その姿は巨大な蛇の姿をしています。頭には角があり、目は赤く光っています。体には鱗があり、その鱗は非常に硬く、刀や槍でさえも傷つけることができません。トウビョウは、山や森に住んでおり、人間を襲うことが知られています。トウビョウに襲われた人間は、その毒によって殺されるか、あるいはトウビョウの眷属とされてしまいます。トウビョウは、非常に強力な妖怪であり、人間にとっては恐ろしい存在です。そのため、トウビョウを退治するために、さまざまな方法が考えられてきました。その中には、トウビョウの好物を与えておびき寄せて退治するという方法や、トウビョウの弱点である首を攻撃するという方法などがあります。しかし、トウビョウは非常に強力な妖怪であり、退治するのは容易ではありません。
モノの名前

ズキュキュン太の魅力

ズキュキュン太の魅力 キュートな見た目 ズキュキュン太の最大の魅力は、そのキュートな見た目だ。大きな瞳と長いまつ毛、そしてピンク色の毛並みは、誰もが思わずキュンとしてしまうような可愛らしさを持っている。 また、ズキュキュン太は常に笑顔で、その姿を見ただけで心がほっこりする人も多い。さらに、ズキュキュン太は非常に人懐っこい性格で、誰にでも甘えることができる。こうした性格も、ズキュキュン太の可愛さを引き立てている。 ズキュキュン太は、そのキュートな見た目と性格で、多くの人々を魅了している。ズキュキュン太を見た人は、誰もが笑顔になり、癒されること間違いなしだ。
作品名

『妖怪ウォッチ』のかぜカモについて

妖怪ウォッチとは 妖怪ウォッチとは、レベルファイブが開発し、任天堂が発売したゲームソフトのことです。2013年7月11日にニンテンドー3DSで発売され、2014年12月18日にはニンテンドー2DSで『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』が発売されました。また、2015年12月10日にはニンテンドー3DSで『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』が発売されました。 妖怪ウォッチは、プレイヤーが妖怪ウォッチを使って妖怪を召喚し、他の妖怪とバトルを行うというゲームです。プレイヤーは、妖怪を召喚したり、妖怪を進化させることで、妖怪をより強力にすることができます。また、プレイヤーは、妖怪を使って様々なクエストをクリアしたり、他のプレイヤーとバトルを行うことができます。 妖怪ウォッチは、子供に人気のゲームソフトであり、2015年には映画化もされました。また、妖怪ウォッチは、グッズ展開もされており、妖怪ウォッチのぬいぐるみやフィギュア、妖怪ウォッチのゲームソフトの関連書籍などが発売されています。
モノの名前

キライギョとは?その能力や必殺技を解説!

キライギョの基本情報 キライギョは、スズキ目アナバス科に属する淡水魚です。原産は東南アジアであり、熱帯・亜熱帯地域に広く分布しています。日本では、観賞魚として輸入されたものが野生化して、現在では全国各地で見ることができます。 キライギョは、その独特な外見から「キライギョ」と呼ばれています。体長は最大で50cmほどになり、体は細長く、頭部は大きく、口は大きく裂けています。キライギョは、主に昆虫や小魚を食べており、その鋭い歯で獲物を捕らえます。 キライギョは、その習性から、しばしば「厄介者」と見なされることがあります。キライギョは、他の魚を食べてしまったり、水田を荒らしたりすることがあります。しかし、キライギョは、水質浄化に役立つ魚としても知られています。キライギョは、水中のプランクトンやゴミを食べてくれるため、水質を改善するのに役立ちます。
作品名

鈴彦姫の謎を解く

鈴彦姫とは何者か? 鈴彦姫は、日本の古代神話に登場する謎の女性である。彼女の名前は、『古事記』と『日本書紀』の両方に登場するが、その正体については諸説ある。 『古事記』では、鈴彦姫は、須佐之男命と櫛稲田姫の娘とされている。しかし、『日本書紀』では、彼女を須佐之男命と大己貴命の娘としている。『古事記』と『日本書紀』の両方に登場するにもかかわらず、彼女が誰の娘であるかは不明である。 鈴彦姫の名前は、「鈴」と「彦」という二つの漢字から構成されている。「鈴」は、金属製の鈴を意味し、「彦」は、男性を意味する接尾辞である。そのため、鈴彦姫の名前は「金属製の鈴を身に着けている男性」を意味すると考えられている。 鈴彦姫については、様々な説がある。一説では、彼女は鈴を鳴らして人々を惑わせる悪霊であるとされている。また、一説では、彼女は鈴を鳴らして人々を助ける善霊であるとされている。さらに、一説では、彼女は金属製の鈴を身に着けた男性であるとされている。 鈴彦姫の正体については、現在も謎に包まれている。しかし、彼女の物語は、日本の古代神話において重要な役割を果たしており、多くの人々の関心を集めている。
モノの名前

がしゃどくろの真実~怨念が生んだ妖怪~

がしゃどくろの起源は、古くから日本に伝わる民間伝承にあります。その昔、ある村に滞在していた多くの武士が近隣村を襲い略奪を繰り返していました。恨みを抱いた近隣村の住人は、討伐の計画を立てました。計画は順調に進み、ついに武士たちを打ち負かしました。しかし、武士たちは死の間際に「怨念によって我々は甦るであろう。その時は村人を殺戮して仇をとるであろう」と言い残しました。 その後、村人は疫病や災害に悩まされるようになりました。さらに、村の周辺では、夜な夜な人骨ががちゃがちゃと音を立てて歩くという声が聞こえてくるようになりました。やがて人骨は巨大な妖怪へと変化し、村人を襲い始めました。それが、がしゃどくろの始まりとされています。
作品名

「灯台鬼」の謎に迫る!

「灯台鬼」の伝説と伝承 「灯台鬼」の伝説は、日本の各地に数多く残されています。その多くは、灯台の近くに住む漁師や船乗りによって伝えられたものです。 最も有名な「灯台鬼」の伝説のひとつは、和歌山県の潮岬にある「潮岬灯台」のものです。この伝説によると、潮岬灯台が建設されたとき、工事現場で多くの労働者が亡くなりました。彼らの霊が灯台にとりついてしまい、「灯台鬼」になったと言われています。 「灯台鬼」は、夜になると灯台の上で暴れ回ると言われています。その姿は、全身が真っ黒で、頭に角が生えているそうです。また、「灯台鬼」は、灯台の灯りを消したり、船を沈めたりすると言われています。 「灯台鬼」の伝説は、人々を恐怖に陥れてきました。しかし、その一方で、「灯台鬼」は海難者を救うために現れるという言い伝えもあります。また、「灯台鬼」は、海を守るために現れるという言い伝えもあります。 「灯台鬼」の伝説は、日本の海の文化を象徴するものです。その伝説は、人々と海との関わりを物語っています。
モノの名前

五体面とは?妖怪の見た目や特徴を解説

五体面とは、妖怪の一種であり、その名の通り、頭、胴体、手、足、尾の五体で構成された面である。その姿は、まるで人間が頭と胴体だけになったようなものであり、人間の上半身と猿の下半身を組み合わせたような姿をしているものもいる。五体面は、その姿から、しばしば「河童」や「天狗」と混同されるが、実際には、それらとは異なる妖怪である。五体面は、主に、山や川に住んでいるとされており、人間を襲うこともある。ただし、五体面は、基本的に人間に対して友好的であるとされており、人間に危害を加えることはほとんどない。五体面は、そのユニークな姿から、しばしば、絵画や彫刻などの芸術作品に登場する。また、五体面は、日本の妖怪を扱った映画やドラマにも登場しており、その姿は、人々に親しまれている。
作品名

海座頭の謎に迫る

「海座頭」とは、日本に伝わる妖怪の一種です。その姿は、頭が大きく、目は一つしかなく、体は魚のような形状をしています。また、背中には大きな瘤があり、それが弱点とされています。海座頭は、その見た目のせいで、昔から人々に恐れられていました。 海座頭は、主に海に生息しています。しかし、川や湖に生息しているという話もあります。海座頭は、夜になると海面から姿を現し、魚を襲ったり、人間をさらったりすると言われています。また、海座頭は、嵐を起こしたり、船を沈めたりする力を持っているとも言われています。 海座頭は、その見た目や性質から、人々に恐れられてきました。しかし、海座頭は、単なる妖怪ではありません。海座頭には、生態系を維持する役割があるのです。海座頭は、魚を食べることで、魚の数をコントロールしています。また、海座頭の死骸は、海中のプランクトンのエサになります。このように、海座頭は、海の生態系に重要な役割を果たしているのです。
その他

くらやみ目とは何か?特徴と伝承

# くらやみ目の特徴と能力 くらやみ目は、主として地下や洞窟などの暗いエリアで生活する動物です。多くの場合、視覚が退化しており、暗い環境に対応するために、聴覚や嗅覚、触覚などが鋭く発達しています。 くらやみ目の代表的な動物には、モグラ、コウモリ、フクロウなどがあげられます。モグラは、地中を掘って生活し、聴覚と嗅覚を使って獲物を探します。コウモリは、夜間に活動し、超音波を使って獲物の場所を特定します。フクロウは、夜行性で、大きな目で暗い場所でも獲物を捕まえることができます。 くらやみ目の特徴は、その生活環境に適した進化を遂げたことにあります。暗闇に適応するために、視覚が退化し、聴覚や嗅覚などの他の感覚が鋭く発達しています。また、体温を維持するために、厚い毛皮や羽毛に覆われています。 くらやみ目の能力は、その生活環境で生き残るために必要なものです。聴覚や嗅覚を使って獲物を探したり、体温を維持するための厚い毛皮や羽毛を持っています。これらの特徴と能力は、くらやみ目の生存に欠かせないものとなっています。
その他

雨女とは何者か? 日本に伝わる妖怪の正体を解き明かす

雨女とは、日本に伝わる妖怪の一種であり、その名の通り、雨を降らせる妖怪として知られています。古くから日本では、雨乞いの際に「雨乞い歌」を歌うことで雨女を呼び寄せて雨を降らせていたと言われています。また、雨女は水神や竜神と関連付けられており、水辺や山奥に住んでいると伝えられています。雨女の姿は、髪が長く顔立ちの美しい女性の姿をしていることが多いですが、中には顔のない姿や、片目だったり、片腕だったりする姿をしている雨女もいると言われています。