室町時代後期

施設名・ロケ地

日本第一熊野神社の魅力

熊野神社の歴史と由来 熊野神社は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社という三社からなる神社で、熊野三山とも呼ばれています。熊野三山は、古くから神聖な地とされており、多くの修験者が参拝に訪れました。熊野詣りは、平安時代から盛んになり、熊野三山は、日本人の信仰を集めるようになりました。 熊野三山の起源は、古代にまでさかのぼります。熊野本宮大社は、紀元前23年に創建されたと伝えられており、熊野速玉大社は、701年、熊野那智大社は、714年に創建されたと伝えられています。熊野三山は、それぞれ異なる神様が祀られており、熊野本宮大社には、熊野権現、熊野速玉大社には、熊野速玉神、熊野那智大社には、熊野那智神が祀られています。 熊野三山は、平安時代から鎌倉時代にかけて、熊野詣りが盛んになりました。熊野詣りは、熊野三山に参拝することで、現世での幸せや来世での救いを願うものでした。熊野詣りは、貴族や武士だけでなく、庶民の間でも広まりました。熊野詣りには、熊野三山を巡る「三山参り」や、熊野本宮大社のみを参拝する「本宮参り」などがありました。 熊野三山は、修験道の聖地としても知られています。修験道は、山岳信仰を基にした宗教で、熊野三山は、修験道の開祖である役小角が修行した場所と伝えられています。熊野三山には、役小角が修行したとされる場所が数多く残されており、修験者たちが熊野三山に参拝に訪れます。 熊野三山は、日本の歴史や文化において重要な意味を持つ場所です。熊野三山は、古くから神聖な地とされており、多くの修験者が参拝に訪れました。熊野詣りは、平安時代から盛んになり、熊野三山は、日本人の信仰を集めるようになりました。熊野三山は、修験道の聖地としても知られており、数多くの修験者が参拝に訪れます。
作品名

百鬼夜行絵巻の魅力と歴史

百鬼夜行絵巻とは 百鬼夜行絵巻とは、日本の絵巻物の一種で、百鬼夜行の様子を描いたものです。百鬼夜行とは、妖怪や幽霊、動物などが夜中に大挙して練り歩くという怪奇現象のことです。百鬼夜行絵巻は、平安時代から鎌倉時代にかけて多く作られましたが、室町時代以降はあまり作られなくなりました。現存する百鬼夜行絵巻は、平安時代末期に描かれた「鳥獣戯画」や、「一遍聖絵」、「餓鬼草紙」、「地獄絵巻」などが有名です。百鬼夜行絵巻は、妖怪や幽霊の姿が細かく描かれており、当時の日本人の妖怪観や死生観を知る貴重な資料となっています。
施設名・ロケ地

秘境と神秘に包まれた丹生白岩神社

秘境に佇む荘厳な神社丹生白岩神社 大自然の神秘に包まれた、秘境に位置する丹生白岩神社は、古くから神聖な場所として崇められてきました。その荘厳な社殿は、周囲の緑に映え、訪れる人々を魅了します。 丹生白岩神社は、奈良県吉野郡十津川村大字上野地にある神社です。この神社は、大峰山脈の奥地に位置しており、山道を1時間ほど歩いたところにあります。秘境に位置しているため、訪れる人は少なく、静かで神秘的な雰囲気を感じることができます。 社殿は、国の重要文化財に指定されており、朱塗りの本殿と拝殿が特徴的です。本殿は、入母屋造りの屋根で、軒下には彫刻が施されています。拝殿は、切妻造りの屋根で、正面に唐破風が設けられています。 丹生白岩神社は、修験道の開祖である役行者が開いたと伝えられています。役行者は、この地で修行を積み、神仏の教えを説いたとされています。この神社は、修験道の聖地としても知られており、多くの人々が参拝に訪れます。 丹生白岩神社は、大自然の神秘に包まれた、荘厳な神社です。秘境に位置しているため、アクセスは困難ですが、一度訪れると、その神秘的な雰囲気に魅了されることでしょう。
地名・ロケ地

静けさに包まれる三郷八幡神社

国の重要文化財に指定された本殿 三郷八幡神社の本殿は、国の重要文化財に指定されています。本殿は、室町時代に建立されたもので、入母屋造、茅葺き屋根の建物です。本殿には、八幡神を祀っており、毎年9月に行われる八幡祭では、多くの参拝者が訪れます。 本殿は、三郷八幡神社の境内の中央に位置しており、朱色の鳥居をくぐると、正面に本殿が見えてきます。本殿は、周囲を木々に囲まれており、静かで厳かな雰囲気があります。 本殿は、三郷八幡神社のシンボルであり、毎年多くの参拝者が訪れます。本殿は、国の重要文化財に指定されており、貴重な文化遺産となっています。
施設名・ロケ地

平等寺の歴史と建築の魅力

平等寺の成り立ちと歴史 平等寺は、平安時代中期の天永2年(1111年)、平等院鳳凰堂を建立した藤原頼通の父、藤原道長の菩提を弔うために、その子である頼通が建立した寺院です。平等院は、極楽浄土を模して建てられた阿弥陀堂であり、阿弥陀如来坐像を本尊として安置しています。平等寺は、阿弥陀堂を中心に、阿弥陀堂を取り囲むように建てられた回廊、回廊の外側にある僧坊や食堂などから構成されています。 平等寺は、鎌倉時代には、源頼朝が保護するようになり、室町時代には、足利尊氏がたびたび参詣するようになりました。戦国時代には、織田信長が平等寺を焼き討ちしましたが、江戸時代には、徳川家康が平等寺を再興しました。明治時代には、平等寺は、古社寺保存法によって指定され、現在では、世界遺産にも登録されています。
施設名・ロケ地

明王寺の歴史と魅力

-大出しの定義- 大出しとは、日本の伝統的な芸能である歌舞伎の演出技法のひとつです。舞台の奥から俳優が現れて、花道を通り、舞台の中央に立つというものです。大出しは、俳優の登場を華やかに演出するためによく使われます。 -大出しの歴史- 大出しの起源は、17世紀初頭までさかのぼります。歌舞伎が誕生した当初は、野外の芝居小屋で上演されていました。野外の芝居小屋は、舞台と客席の間に仕切りがなく、俳優は客席の目の前まで出てきて演技をしていました。しかし、17世紀後半になると、歌舞伎は劇場で上演されるようになりました。劇場は、舞台と客席の間に仕切りがあり、俳優は客席から舞台が見えにくくなってしまいました。そこで、俳優の登場を華やかに演出するために、大出しが考案されました。 -大出しの魅力- 大出しの魅力は、俳優の登場を華やかに演出することです。大出しによって、俳優は客席の注目を集めることができます。また、大出しは、俳優の演技力をアピールする場でもあります。俳優は、大出しで登場する際に、力強い演技を見せることで、客席の観客を魅了することができます。 -大出しの下に絞られた概要- * 大出しとは、日本の伝統的な芸能である歌舞伎の演出技法のひとつです。 * 大出しは、舞台の奥から俳優が現れて、花道を通り、舞台の中央に立つというものです。 * 大出しは、俳優の登場を華やかに演出するためによく使われます。 * 大出しの起源は、17世紀初頭までさかのぼります。 * 大出しの魅力は、俳優の登場を華やかに演出することです。 * 大出しは、俳優の演技力をアピールする場でもあります。
施設名・ロケ地

「村檜神社」の魅力を徹底解説!

村檜神社の歴史と由来 村檜神社は、奈良県奈良市にある神社です。祭神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)です。天児屋根命は、天照大神の孫であり、神々の世界と人間の世を結ぶ役割を担った神とされています。 村檜神社の創建は、平安時代初期の806年と伝えられています。桓武天皇が平安京に遷都した際、天児屋根命を祀るために建立されたのが始まりとされています。その後、村檜神社は、平安京の守護神として崇敬を集め、多くの参拝者が訪れるようになりました。 室町時代には、村檜神社は火災によって焼失してしまいましたが、その後、再建されました。江戸時代には、徳川将軍家から社領を寄進され、さらに栄えました。明治時代以降も、村檜神社は、地元の人々から親しまれる神社として、現在に至っています。 村檜神社には、天児屋根命が乗ったとされる神馬像が安置されています。この神馬像は、平安時代後期に作られたもので、国の重要文化財に指定されています。また、村檜神社には、多くの絵馬や扁額が奉納されており、その中には、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎が描いた絵馬もあります。
施設名・ロケ地

千葉県君津市にある「神野寺」の魅力

神野寺の歴史と由来 神野寺は、千葉県君津市の神野山にある曹洞宗の寺院です。開山は、鎌倉時代初期の1225年(嘉禄2年)に、道元禅師の高弟である孤雲懐奘禅師によって行われました。孤雲懐奘禅師は、中国から日本に禅を広めたことで知られる僧侶であり、神野寺は、孤雲懐奘禅師が最初に開いた寺院とされています。 神野寺の寺号は、開山時の山号である神野山から取られました。神野山は、千葉県の房総半島南部にある山で、標高は108.7メートルです。神野寺は、神野山の山頂付近に位置しており、境内からは房総半島の景色を楽しむことができます。 神野寺は、鎌倉時代から室町時代にかけて、関東地方の禅宗寺院として栄えました。しかし、戦国時代になると、戦火に巻き込まれて焼失してしまいます。その後、江戸時代になってから再建されましたが、明治時代初期に再び火災で焼失してしまいました。現在の神野寺は、明治時代後期に再建されたものです。 神野寺は、歴史ある曹洞宗の寺院として知られており、毎年多くの参拝者が訪れます。境内には、本堂、庫裡、山門、鐘楼などがあり、本堂には、釈迦牟尼仏、薬師如来、阿弥陀如来の三尊像が安置されています。神野寺は、紅葉の名所としても知られており、毎年秋になると、境内は美しい紅葉で彩られます。
施設名・ロケ地

古井家住宅の歴史と魅力

古井家住宅は、室町時代後期に建てられた日本最古級の民家です。奈良県橿原市今井町に所在し、国の重要文化財に指定されています。 古井家住宅は、平入りの茅葺き屋根で、桁行10間、梁間7間、面積は約180坪の規模を誇る大型民家です。内部は、土間、居間、座敷、台所、納戸などの部屋に分かれています。 古井家住宅の特徴は、室町時代後期に建てられた民家であるという点です。日本の民家は、江戸時代以降に建てられたものがほとんどで、室町時代以前の民家はほとんど残されていません。そのため、古井家住宅は大変貴重な民家であると言えます。 また、古井家住宅は、日本最古級の民家であるだけでなく、建築様式にも特徴があります。古井家住宅は、大和棟梁と呼ばれる大工集団によって建てられたと考えられていますが、その建築様式には大和棟梁の特徴が色濃く残されています。 古井家住宅は、国の重要文化財に指定されており、一般公開されています。日本の民家の歴史を知りたい方、建築様式に興味のある方におすすめのスポットです。
施設名・ロケ地

田村堂の魅力を徹底解説!

田村堂の歴史と背景 田村堂は、1872年に創業した和菓子屋です。初代の店主である田村源蔵は、京都で和菓子の修行を積み、故郷の奈良で店を開きました。田村堂は、その昔ながらの製法と伝統の味を守り続け、地元の人々に愛され続けています。 田村堂の看板商品は、どら焼きです。しっとりとした生地に、甘さ控えめのあんこがサンドされたどら焼きは、誰からも愛される素朴な味です。また、田村堂では、季節限定の和菓子も販売しています。春には桜餅、夏には水羊羹、秋には栗まんじゅう、冬にはお汁粉など、四季折々の和菓子が楽しめます。 田村堂は、奈良県の橿原市に本店を構えています。奈良県内には、他に数店舗の支店があります。また、田村堂の和菓子は、奈良県内の百貨店やスーパーでも販売されています。田村堂は、奈良県の代表的な和菓子屋として、多くの人々に親しまれています。