室町時代

施設名・ロケ地

白山社って知ってる?

長野県の白山社とは、長野県に点在する複数の神社の総称です。白山信仰に基づく神社で、白山比咩神社を総本社として、各地に末社や分社が祀られています。白山信仰は古くから行われており、白山比咩神社は平安時代には朝廷から勅使が派遣されるほど、重要な神社とされていました。 白山社は、白山比咩神社を総本社として、長野県松本市、安曇野市、小谷村、乗鞍岳などの各地に点在しています。各神社には、白山比咩大神、菊理姫神、伊邪那岐神、伊邪那美神などの神々が祀られています。白山社は、五穀豊穣や家内安全、厄除けなどのご利益があるとされています。 長野県の白山社は、歴史と伝統のある神社として、多くの人々から信仰されています。毎年、多くの参拝者が訪れ、神様のご加護を祈願しています。白山社は、長野県の貴重な文化遺産であり、地域の人々にとって大切な信仰の場となっています。
その他

新島の大踊:東京都新島の伝統的な盆踊り

歴史と起源 新島の盆踊りの起源は、江戸時代初期に遡ります。新島は、徳川家康の治世下で、伊豆諸島の一部として八丈島に属していました。八丈島では、毎年8月15日を中心に、盆踊りが盛大に行われていました。新島も、八丈島の影響を受けて、盆踊りが行われるようになりました。 新島の盆踊りは、当初は、八丈島の盆踊りを模倣したものでしたが、次第に独自の特色を帯びるようになりました。その特色の一つは、踊り手の衣装です。新島の盆踊りの踊り手は、色鮮やかな着物に身を包み、頭には花笠をかぶります。この衣装は、新島の豊かな自然を象徴しています。 もう一つの特色は、踊りの振り付けです。新島の盆踊りの振り付けは、八丈島の盆踊りの振り付けを基本にしていますが、より簡素化され、踊りやすいようになっています。また、新島の盆踊りは、男女がペアになって踊るのが特徴です。これは、新島の男女の仲睦まじさを象徴しています。 新島の盆踊りは、江戸時代後期に、大いに盛んになりました。しかし、明治時代に入ると、廃仏毀釈運動の影響を受けて、衰退しました。しかし、大正時代になると、新島の盆踊りは復活し、今日まで伝承されています。
施設名・ロケ地

日本の伝統美が息づく「風浪宮」

国の重要文化財に指定された本殿と石造五重塔 「風浪宮」の本殿は、江戸時代初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。本殿は、一間社流造、茅葺き屋根で、正面に唐破風、左右に脇障子があります。本殿内部には、ご祭神である風浪大神の像が祀られています。 「風浪宮」の石造五重塔は、江戸時代中期に建てられたもので、こちらも国の重要文化財に指定されています。石造五重塔は、高さ約10メートルで、五輪塔の上に五重の塔が乗っています。石造五重塔は、日本国内に数多く残っていますが、「風浪宮」の石造五重塔は、その中でも特に美しいとされています。 本殿と石造五重塔は、「風浪宮」のシンボル的存在であり、多くの観光客が訪れます。本殿と石造五重塔は、日本の伝統美が息づく貴重な文化財であり、これからも大切に守られていくべきでしょう。
モノの名前

根来寺根来塗の魅力

根来寺根来塗の歴史 根来寺根来塗は、その名の通り、和歌山県にある根来寺の門前町で発展した漆器の技法である。根来寺は、戦国時代には一万人の僧兵を擁するほどの勢力を誇り、その僧兵たちは、武器の製造や漆器の制作にも長けていた。根来寺根来塗は、僧兵たちが、武器の製造で培った技術を漆器制作に応用したもので、その特徴は、丈夫で耐久性に優れていることである。また、根来寺根来塗は、その漆黒の美しさでも知られており、茶道具や仏具としても珍重された。 根来寺根来塗の歴史は、古くは平安時代までさかのぼる。平安時代には、根来寺に、漆器を製作する工房が設けられ、根来寺根来塗の原型となる漆器が作られていた。鎌倉時代になると、根来寺は、武家の庇護を受け、勢力を拡大した。それに伴い、根来寺根来塗も発展し、その技術は、全国に広まった。 戦国時代になると、根来寺は、一揆を起こして、織田信長と戦った。しかし、信長に敗れ、根来寺は焼失した。根来寺根来塗も、そのほとんどが失われてしまった。江戸時代になると、根来寺は、復興され、根来寺根来塗も復興した。根来寺根来塗は、その伝統的な技法を守りながら、現代でも作られ続けている。
地名・ロケ地

六十尋滝の魅力と見どころ

-自然の美しさと雄大さ- 六十尋滝は、その自然の美しさと雄大さで知られています。滝は、高さ約120m、幅約20mの断崖から流れ落ち、その姿は圧巻です。滝の周りは、緑豊かな森林に囲まれており、滝の音と鳥のさえずりが響き渡る、まさに大自然のパノラマです。 滝の近くには、いくつかの展望台があり、そこから滝を様々な角度から眺めることができます。最も人気のある展望台は、滝の上流にある「展望台岩」です。この展望台からは、滝の流れ落ちる様子を一望することができます。また、滝の下流にある「河原の展望台」からは、滝が流れ落ちる様子や、滝壺の様子を眺めることができます。
施設名・ロケ地

歴史と美しさに溢れる天恩寺

天恩寺の歴史と由来 天恩寺は、京都府京都市左京区にある真言宗醍醐派の寺院です。836年、円仁(慈覚大師)によって開創され、平安時代には貴族や皇族の崇敬を集めました。境内には、本堂、三重塔、鐘楼、仁王門など、多くの貴重な建造物が残されており、国の重要文化財や登録有形文化財に指定されています。 天恩寺は、平安時代初期に円仁が中国から帰国した後、師匠である空海の遺志を継いで建立した寺院です。当初は「円覚寺」と名づけられましたが、後に「天恩寺」に改称されました。平安時代中期には、藤原道長や藤原頼通などの貴族が寄進を行い、寺勢が拡大しました。また、平安時代後期には、源頼朝の側近であった梶原景時が、天恩寺で出家して晩年を過ごしました。 鎌倉時代以降、天恩寺は衰退しましたが、江戸時代になって復興しました。1603年、徳川家康が京都に「東山御所」を造営する際に、天恩寺を移転させました。現在の天恩寺は、そのときに移転されたものです。江戸時代には、後水尾天皇や徳川家光などの皇族や将軍が天恩寺を訪れ、寺領を寄進しました。また、天恩寺は、多くの文人墨客にも愛され、松尾芭蕉や与謝蕪村などの俳人が句を残しています。 明治時代以降、天恩寺は、京都府の史跡や名勝に指定されました。また、1994年には、ユネスコの世界遺産に登録されました。現在、天恩寺は、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。
地名・ロケ地

円融寺の歴史と魅力

円融寺の創建と歴史 円融寺は、平安時代後期に法然上人が開いた浄土宗の寺院で、通称「清水寺」として知られています。場所は、京都市東山区の清水坂に位置し、京都の街並みを一望できる絶好のロケーションにあります。 円融寺の歴史は、1633年に法然上人が、讃岐国(現在の香川県)の円融寺を再興したことに始まります。その後、1235年に上人はこの地に新しい円融寺を建立し、浄土宗の根本道場としました。その後、円融寺は、たびたび火災に見舞われましたが、その度に復興され、現在に至っています。 円融寺は、法然上人が開いた浄土宗の根本道場として、浄土宗の信仰の中心地として栄えてきました。また、円融寺は、京都の街並みを一望できる絶好のロケーションにあることから、観光名所としても人気を集めています。毎年、多くの参拝客が訪れ、その歴史と美しさを堪能しています。
施設名・ロケ地

徳島県の「丈六寺」の歴史と魅力

丈六寺とは、徳島県鳴門市にある真言宗御室派の寺院です。山号は金剛山、院号は宝蔵院です。本尊は薬師如来で、丈六寺釈迦如来坐像が倒れて2つに分裂したものと伝えられています。丈六寺は、奈良時代初期の727年に聖武天皇の勅命により行基が開基したと伝えられています。その後、空海が四国八十八ヶ所霊場を巡錫した際に参拝し、弘法大師の寺として知られるようになりました。平安時代には、藤原道長の寄進により伽藍が整備され、隆盛を極めました。しかし、鎌倉時代以降は衰退し、荒廃しました。江戸時代には、阿波藩主蜂須賀氏の保護を受け、復興しました。 丈六寺は、徳島県の鳴門市にある真言宗御室派の寺院です。金剛山宝蔵院丈六寺と称し、本尊は薬師如来です。平安時代初期に創建され、空海が四国八十八ヶ所霊場を巡錫した際に参拝したと伝えられています。その後、藤原道長の寄進により伽藍が整備され、隆盛を極めました。鎌倉時代以降は衰退し、荒廃しましたが、江戸時代には阿波藩主蜂須賀氏の保護を受け、復興しました。
モノの名前

野口菜の魅力と歴史

野口菜の特徴と栄養価 野口菜は、江戸時代の後期に野口甚兵衛という人が、菜の花畑を通りかかった時に、菜の花がちょうど咲き誇ったばかりで、菜種が小さいうちに収穫して、漬物にしたらおいしいのではないかと考え、種子専用の菜の花を品種改良して誕生しました。野口菜は、アブラナ科アブラナ属に分類され、別名では菜種菜、油菜菜、雪菜とも呼ばれています。 野口菜の特徴は、柔らかな葉と茎を持ち、ほのかな辛味と甘みがあることです。また、生長するにつれて葉や茎が緑から赤紫色に変化するため、見た目が鮮やかで美しい野菜です。野口菜は、主に冬から春にかけて旬を迎えますが、夏場でも栽培することができます。 野口菜は、栄養価も高く、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄分、食物繊維などを豊富に含んでいます。ビタミンCは、風邪予防や美肌効果に効果があると言われています。また、ビタミンKは、血液の凝固を促進する働きがあり、カルシウムは、骨や歯を丈夫にする働きがあります。鉄分は、貧血予防に効果があると言われています。食物繊維は、腸内環境を整える働きがあり、便秘予防やダイエット効果が期待できます。
作品名

室町無頼の魅力を探る

戦乱の世を舞台にした壮大な歴史小説は、室町無頼の生き様を描くことで、人々の心を魅了します。戦国時代の群雄割拠の世に翻弄されながらも、己の信念を貫き、数々の困難に立ち向かう姿は、勇気と希望を与えてくれます。 また、室町無頼は、その破天荒な生き方や、義理人情に篤い性格で、多くの読者から愛されています。彼らが活躍する物語は、勧善懲悪がはっきりとしていて、痛快な読後感を得ることができます。 さらに、室町無頼は、様々な逸話や伝説が残されており、その謎めいた存在も魅力のひとつです。彼らの人生は、数々のドラマに満ちており、小説や映画、ドラマなど、様々な作品で取り上げられています。 戦乱の世を舞台にした壮大な歴史小説は、室町無頼の生き様を描くことで、人々の心を魅了します。彼らの勇気と信念、そして義理人情に篤い性格は、多くの読者から愛されています。
モノの名前

赤大葉高菜:熊野市の伝統野菜

赤大葉高菜は、熊野市で古くから栽培されている伝統野菜です。その歴史は古く、江戸時代初期にはすでに栽培されていたとされています。赤大葉高菜は、熊野市の気候風土に適しており、特に熊野市の中川地区で多く栽培されています。赤大葉高菜は、葉が大きく、肉厚で、独特の辛みと風味を持っています。また、栄養価が高く、ビタミン類やミネラル類が豊富に含まれています。赤大葉高菜は、主に漬物やサラダにして食べられます。また、おひたしや炒め物にしてもおいしく食べることができます。赤大葉高菜は、熊野市の特産品として知られており、熊野市を訪れた際にはぜひ味わいたい一品となっています。
その他

「久多花笠踊」のすべて

「久多花笠踊」の歴史と由来  久多花笠踊の起源をたどると、江戸時代まで遡ります。当時、福岡県久留米を拠点に活動していた久留米花笠踊の踊り手が、久多の村を訪れ、その踊りを披露したことが始まりとされています。やがて久多の村の人々はその踊りの美しさに魅了され、自分たちも踊りたいと願うようになりました。  久多花笠踊が本格的に広まり始めたのは、昭和30年代に入ってからです。当時、久多で活躍していた民謡歌手、立花家千栄師匠が、久多花笠踊の振付けを考案し、それを村の人々に教えました。立花家千栄師匠のもとで久多花笠踊を習得した人々は、やがて自分たちのグループを結成し、村の祭りやイベントで踊りを披露するようになりました。  昭和50年代に入ると、久多花笠踊は福岡県内外で徐々に知られるようになりました。平成に入ってからは、全国各地で久多花笠踊を踊るグループが誕生し、今日では日本を代表する民踊の一つとして親しまれています。
施設名・ロケ地

遠照寺の魅力

釈迦堂は、遠照寺の境内にある仏堂で、1664年(寛文4年)に建立されました。入母屋造、銅板葺きの建物で、桁行七間、梁間五間、正面に唐破風があります。内部には、本尊の釈迦如来像が安置されています。釈迦如来像は、高さ約2メートル、寄木造、漆箔仕上げの像で、13世紀の作と伝えられています。像の右脇侍には文殊菩薩像、左脇侍には普賢菩薩像が安置されています。釈迦堂は、1961年(昭和36年)に重要文化財に指定されました。
地名・ロケ地

日ノ島:長崎県の島

-日ノ島の歴史- 日ノ島は、長崎県の五島列島の島の一つです。面積は13.13平方キロメートル、人口は約1,000人です。 日ノ島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたとされています。弥生時代には、島の東部にある峰山に集落が築かれ、弥生土器や石器などが発見されています。古墳時代には、島のいたるところに古墳が築かれ、島内には60基以上の古墳が存在しています。 鎌倉時代には、日ノ島は平家の支配下に入りました。その後、島は鎌倉幕府の御家人である長崎氏の支配下に入り、長崎氏の家臣である日ノ島氏が島を治めていました。戦国時代には、日ノ島は島津氏の支配下に入り、島津氏の家臣である日ノ島氏が島を治めていました。 江戸時代には、日ノ島は長崎県の島原藩の領地となりました。島原藩は、日ノ島に代官を派遣し、島の統治を行いました。また、島原藩は、日ノ島にキリスト教の布教を許可し、島のいたるところに教会が建てられました。 明治時代には、日ノ島は長崎県の管轄となりました。明治政府は、日ノ島に学校を開設し、島の住民に教育を行いました。また、明治政府は、日ノ島に港湾を整備し、島の産業を振興しました。 昭和時代には、日ノ島は太平洋戦争の戦場となりました。日ノ島は、米軍の空襲を受け、島のいたるところが破壊されました。また、日ノ島は、米軍の艦砲射撃を受け、島の住民の多くが犠牲になりました。 戦後、日ノ島は復興を遂げ、現在では、観光地として知られています。島のいたるところには、歴史的建造物が残されており、島内には、多くの観光客が訪れています。
施設名・ロケ地

歴史ある出雲伊波比神社の魅力

出雲伊波比神社の歴史は古く、その起源は不明ですが、少なくとも7世紀には存在していたとされています。出雲国風土記によると、出雲伊波比神社は、伊波比命(いわれひのみこと)が天照大神の命を受けて、出雲国を平定するためにやってきて、この地に宮居を構えたのが始まりとされています。 その後、出雲伊波比神社は、出雲国の有力豪族である出雲氏によって崇敬され、平安時代には、朝廷から官幣社に列せられました。また、鎌倉時代には、源頼朝が参拝し、社殿を修築したと伝えられています。 室町時代には、出雲伊波比神社は、戦乱によって衰退しましたが、江戸時代になると、徳川将軍家によって社殿が再建され、再び栄えました。明治時代には、近代社格制度によって、官幣大社に列せられました。 現在、出雲伊波比神社は、出雲国一宮として、多くの人々の信仰を集めており、毎年、多くの参拝者が訪れます。また、出雲伊波比神社は、国宝に指定された本殿をはじめ、多くの文化財を所蔵しており、歴史的にも貴重な神社です。
その他

牡丹花忌、夏の風情

牡丹花忌の歴史と起源 牡丹花忌は、江戸時代前期に京都の祇園で始まったとされる伝統的な祭りです。毎年7月中旬に開催され、祇園の街は牡丹の花で埋め尽くされます。牡丹花忌の起源は、祇園の芸妓が牡丹の花を愛好したことに由来します。芸妓たちは牡丹の花を髪飾りや衣装に用いたり、牡丹の花をモチーフにした唄や踊りを披露したりして、牡丹の花を愛でました。やがて、祇園の芸妓たちの牡丹の花を愛する風習が庶民の間にも広がり、牡丹花忌が誕生したと言われています。 牡丹花忌は、牡丹の花を愛でるだけでなく、芸妓たちの舞踊や音楽を楽しむことができる祭りでもあります。毎年、祇園の街には多くの観光客が訪れ、牡丹花忌の華やかな雰囲気を満喫しています。
施設名・ロケ地

神角寺の魅力を探る

神角寺の由来と歴史 神角寺は、806年に弘法大師空海によって開山された真言宗の古刹です。弘法大師が唐から帰国後、四国を巡錫した際に、この地に立ち寄り、神仏が宿る霊地であると感得して開山したと伝えられています。神角寺は、弘法大師の四大霊場の一つであり、また、四国八十八ヶ所霊場の第七十五番札所でもあります。 神角寺の山号は「神峯山(しんぽうざん)」といい、本尊は「薬師如来」です。薬師如来は、病気平癒や厄除けにご利益があるとされ、多くの人々が参拝に訪れます。神角寺境内には、本堂や大師堂、鐘楼などがあり、国の重要文化財にも指定されています。 神角寺は、古くから信仰を集めてきた霊場で、多くの伝説や言い伝えが残されています。その一つに、弘法大師が神角寺を開山した際、この地に生えていた角の生えた木を杖にしていたという言い伝えがあります。この木は「神木」と呼ばれ、現在も神角寺境内に大切に保存されています。
モノの名前

櫻室町:岡山県の室町酒造株式会社の日本酒

櫻室町は、岡山県岡山市北区に本社を置く室町酒造株式会社が製造・販売する日本酒の銘柄です。室町酒造株式会社は、1892年(明治25年)に創業した老舗の酒蔵で、櫻室町は同社の看板銘柄として知られています。 櫻室町の製造元は、室町酒造株式会社です。室町酒造株式会社は、岡山県岡山市北区に本社を置く酒造メーカーで、1892年(明治25年)に創業しました。同社は、櫻室町をはじめとした日本酒の製造・販売を行っており、岡山県内を中心に多くのファンを獲得してきました。 櫻室町は、岡山県産の酒米「雄町」を使用し、伝統的方法で製造されています。雄町は、大粒で心白が大きく、芳醇な香りと味わいが特徴の酒米です。櫻室町は、雄町の特性を活かし、華やかな香りとまろやかな味わいに仕上げられています。 櫻室町は、日本酒の品評会で数々の賞を受賞しており、その品質は折り紙付きです。2018年(平成30年)には、全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、その年の全国で最も優れた日本酒の一つに選ばれました。 櫻室町は、岡山県内の酒販店や飲食店で購入することができます。また、室町酒造株式会社のオンラインショップでも販売されています。櫻室町は、その華やかな香りとまろやかな味わいで、幅広い層の方に愛されています。
施設名・ロケ地

厳島神社の探訪 〜歴史と信仰の交錯〜

大阪府枚方市にある厳島神社は、古くは「廣畑大明神」「大明神さん」と呼ばれ、地元の人々に親しまれてきました。創建は、奈良時代の天平神護2年(766年)と伝えられています。 平安時代には、京の都から多くの参拝客が訪れるようになり、厳島神社は、全国的に有名な神社となりました。室町時代には、足利将軍家や細川家の崇敬を受け、社殿が整備されました。江戸時代には、徳川将軍家や豊臣秀吉からも崇敬を受け、さらに発展しました。 明治時代になると、政府の神道政策により、厳島神社は、府社に列格されました。第二次世界大戦後、厳島神社は、神社本庁に加盟し、現在に至っています。 厳島神社は、朱塗りの社殿と、周りの緑豊かな自然が調和する、美しい神社です。本殿は、国の重要文化財に指定されており、室町時代の建築様式を今に伝えています。また、境内には、数多くの摂社や末社があり、それぞれに歴史と信仰があります。 厳島神社は、毎年、多くの参拝客が訪れる、人気の観光スポットです。特に、厳島神社の春季大祭である「廣畑祭」は、全国から多くの人が集まる、盛大な祭りです。
施設名・ロケ地

新潟県の秘宝「護徳寺」

国の重要文化財に指定されている観音堂の見どころは、まずその建築様式にあります。寄棟造、本瓦葺き、三間四面、二重の堂で、禅宗様と和様の折衷様式となっています。入母屋造の向拝と唐破風の付いた軒が特徴的で、平安時代後期の建築様式をよく残しています。 また、観音堂には多くの仏像が安置されています。本尊は十一面観音菩薩立像で、平安時代後期の作とされています。この像は、像高約2メートルの大型の仏像で、白檀の一木造りとなっています。観音菩薩の両脇には、毘沙門天立像と不動明王立像が安置されています。毘沙門天立像は平安時代後期の作、不動明王立像は鎌倉時代の作とされ、いずれも国の重要文化財に指定されています。 観音堂には、他にも多くの仏像が安置されています。その中には、平安時代後期の作とされる阿弥陀如来坐像や、鎌倉時代の作とされる地蔵菩薩立像などがあります。これらの仏像は、いずれも国の重要文化財に指定されており、護徳寺の見どころとなっています。
モノの名前

有馬の人形筆の魅力と楽しみ方

有馬の人形筆の歴史と伝統 有馬の人形筆は、江戸時代初期から続く伝統工芸品です。兵庫県神戸市北区有馬町で作られており、その特徴は、毛先が細く、腰が強いことです。このため、人形の髪や眉毛、まつげなどを描くのに適しています。 有馬の人形筆の歴史は古く、江戸時代初期に人形師の平野伊兵衛が、人形の髪や眉毛を描くために考案したと言われています。その後、有馬の人形筆は、人形師の間で評判となり、全国に広まりました。 明治時代になると、欧米文化の影響を受けて、人形の髪型や眉毛の形が変化しました。それに伴い、有馬の人形筆も、より柔軟性のある筆が求められるようになりました。そこで、有馬の人形筆の職人たちは、筆の毛先をより細くし、腰を強くする工夫を凝らしました。 大正時代になると、有馬の人形筆は、国内だけでなく、海外でも評価されるようになりました。昭和時代には、日本の伝統工芸品の代表格として、国の重要無形文化財に指定されました。 現在、有馬の人形筆は、人形師だけでなく、絵師や書道家にも愛用されています。また、その美しい見た目から、インテリアとしても人気を集めています。
施設名・ロケ地

藤津比古神社の美しさ

-国指定重要文化財の本殿- 藤津比古神社の本殿は、国指定重要文化財に指定されている。1602年に築造されたと伝えられており、入母屋造、銅板葺の建物である。本殿内部には、藤津比古神と藤津比売神が祀られている。藤津比古神は、藤津の地の開拓神とされ、藤津比売神は、藤津の地の安産の神とされている。本殿は、藤津比古神社のシンボル的な存在であり、多くの参拝者が訪れる。 本殿の彫刻は、特に見応えがある。本殿の外壁には、鳳凰や麒麟などの瑞獣が彫刻されており、本殿内部には、龍や雲などの彫刻が施されている。これらの彫刻は、いずれも精巧で、本殿の美しさを引き立てている。本殿は、藤津比古神社の長い歴史を物語る貴重な建造物であり、藤津比古神社の参拝の際には、ぜひ見ておきたい。
施設名・ロケ地

日枝神社の魅力と歴史

日枝神社の歴史神社の起源と変遷 日枝神社は、長い歴史と豊かな伝統を持つ神社です。その起源は、奈良時代の767年にまで遡ります。桓武天皇が平安京遷都の際に、比叡山に鎮座していた日吉大社から分霊を勧請し、平安京の守護神として祀ったのが始まりです。当初は「日吉社」と呼ばれていましたが、後に「日枝神社」と改称されました。 平安時代には、日枝神社は朝廷の崇敬を受け、多くの貴族や武家が参拝に訪れました。また、日枝神社は、京都の三大祭りの一つである祇園祭の起源にもなりました。祇園祭は、日枝神社の祭神である素戔嗚尊が、京都の疫病を鎮めたことに感謝して行われる祭りです。 鎌倉時代になると、日枝神社は武家の崇敬を受け、源頼朝や足利尊氏など、多くの武将が参拝に訪れました。また、日枝神社は、日吉舞や猿楽などの芸能の保護にも力を入れ、京都の芸能文化の発展に貢献しました。 室町時代には、日枝神社は応仁の乱で焼失してしまいますが、後に復興されました。戦国時代には、織田信長や豊臣秀吉など、天下人と呼ばれる武将が参拝に訪れました。また、日枝神社は、京都の町衆の信仰を集め、庶民の間でも親しまれる神社となりました。 江戸時代には、日枝神社は徳川幕府の崇敬を受け、江戸城に日枝神社の分霊を勧請して祀りました。また、日枝神社は、京都の観光名所としても知られ、多くの参拝客が訪れました。 明治維新後は、日枝神社は近代国家の神社制度に組み込まれ、官幣大社に列格されました。また、日枝神社は、京都の近代化に伴い、社殿や境内が整備され、現在の姿になりました。 日枝神社は、長い歴史の中で、京都の歴史や文化の発展に大きな影響を与えてきました。そして、現在もなお、京都のシンボルの一つとして、多くの人々に親しまれています。
施設名・ロケ地

石川県の松尾神社の歴史と見どころ

松尾神社の歴史 松尾神社は、石川県加賀市にある神社です。主祭神は、酒造りの神様である松尾大神です。松尾大神は、酒造りの技術を人々に授けたとされており、酒造業者の信仰を集めています。 松尾神社の創建は、平安時代の初期である817年とされています。当時、この地には松尾の庄という村があり、村人たちが松尾大神を祀ったのが始まりとされています。その後、加賀藩の藩主である前田利家が、松尾神社を社殿を改築し、社領を寄進しました。これにより、松尾神社は加賀藩の祈願所となり、多くの参拝者が訪れるようになりました。 明治維新後、松尾神社は神仏分離が行われ、神社となりました。その後、1873年には郷社に列格され、1884年には官幣小社に昇格しました。現在の社殿は、1892年に再建されたものです。